5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

出会い系斎藤2

1 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:12
ヒマなので立ててみた。はじめてのスレ立て。ドキドキ。


前スレ(dat落ち)
☆       出会い系 斎藤      ☆
ttp://etc.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1063983341/

2 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:13
前スレより転載


実録!出会い系体験談!(1)


出会い系で必死にひっかけた女と会いました。
顔を合わせた瞬間、

「最低!」

の言葉とともにケリをくらいました。
彼女はそのままどこかに行ってしまいました。
メールは送れなくなってしまいました。


いったい、何がわるかったんだろう……

3 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:13
実録!出会い系体験談!(2)


出会い系で必死にひっかけた女と会いました。
ていうか実際会ってみたら男の人でした。
しかも角刈りでした。
でも

「あなた私好みのデブね」

と求愛されてぼくは激しくラブを感じ、
そのまま彼と一夜を共にしました。

ところが一晩明けると彼は

「消えろ早漏!」

といって僕を蹴飛ばしました。
ぼくはラブホテルの2階から裸で落ちて怪我をしました。
彼はその間にどこかに行ってしまいました。
メールも送れなくなってしまいました。


いったい、何がわるかったんだろう……

4 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:14
実録!出会い系体験談!(3)


どこから調べたのか知らないですが、
斉藤からメールが来ました。
しかもタイトルが「ウホッ」で本文が

や ら な い か

で終わりです。何考えてるんだこのバカ。
返事をしなかったところ、
日に日にたくさんのメールが来るようになり、
一時期は1日100通ものメールが来るようになりました。
タイトルはだいたい「ウホッ」なのですが
中には「うきょっ」や「ゲロンパ」なども混じっていて、
工夫と熱意が感じられたため一度彼と会うことにしました。

待ち合わせ場所にはスーツを着て行ったのですが、
なぜか斉藤は現れませんでした。

家に帰ってメールをチェックすると
「またお前は騙されわけだが…」というタイトルのメールが
100通ぐらい来ていました。本文はなくて、
斉藤を待って立ち尽くす僕の写真が添付されていました。
3日ほどで斉藤からのメールは来なくなり、
やがて彼のメルアドは使えなくなりました。

いったい、何がわるかったんだろう……

5 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:15
実録!出会い系体験談!(4)


いったいどこから調べたのか
全くわかりませんが、ぼくのMSNメッセンジャーに
セクシャルバイオレットがいきなりアクセスしてきました。
奴は言いました。

「やらせろ。」

ストレートでしかも命令形です。奴は本気です。

こわくなった僕は回線を切ってパソコンを消して
家を飛び出ました。ところが、ドアを開けるとそこにはあやしげな
男性が立っていました。押し売りかな…?と思ったのですが
彼は口を開くとこう言いました。

「セクシャル・バ〜イオレ〜ット…」

悲鳴をあげる間もなく僕は家の中に連れ戻され、
無理やりセクシャルバイオレットされました。
奴は何と7発もやりました。変態です。

事を終えると、奴は言いました。

「安心しろ…もう来ねえよこのワキガデブ!!」

じゃあどうして7発もやったんだこのハゲ!と突っ込む間もなく、
僕の今月のバイト代をひっつかむと奴はそこから去っていきました。

いったい、何がわるかったんだろう……

6 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:17
29 名前:名無しちゃん…電波届いた? 投稿日:03/09/24 17:12
わたしのおまんこなめなめしてよ

31 名前:麦丼 投稿日:03/09/25 16:56
実録!出会い系体験談!(5)

朝起きると>>29が僕の枕もとに立っていました。
>>29は言いました。
「ねェ…私のおまんこなめなめしてよ」
20代も後半なのにいまだチェリーの僕はとても興奮して
なめなめしたくなりましたが、すぐに持ち前の冷静さを取り戻してこう考えました。
「なめなめするのは簡単だ…。
でも、はじめて会っていきなりなめなめというのは
いくらなんでもチェリー丸出しじゃないだろうか…。
そうだ。この関係において僕が主導権を握るためには…」

僕はベッドのうえにすっくと立ち上がり>>29を見下しつつこう言いました。
「ふふ…その前の僕のモノをなめなめしてくれよ」
僕は僕の大切なアレを>>29の目の前にポロリと出して見せつけやりました。
>>29はドキドキ大爆発に違いありません。

…ところが!
>>29は僕のアレを見ると急に萎えた顔をして
「ふふん!」
と鼻で笑いました。
そして僕の大切なアレに対してデコピンをかましました。

激しくもだえる僕を背に>>29は僕の部屋を出て行きました。
部屋には僕のうめき声だけが響いていました。

いったい、何がわるかったんだろう…

7 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:17
実録!出会い系体験談!(6)


勇気を出して有料の出会い系サイトに登録してみた。
とても可愛い子ばっかりで、有料はやっぱりいいなあ、って思った。
可愛くて近くに住んでいる子を見つけたので
連絡を取ってみると、すぐに会おうということになった。

むはむは。

待ち合わせ場所に行くと、彼女は本当にそこにいた。
「有料はいいなあ…」と僕は思い、そして彼女に話しかけた。

「こんにちは。○○って言います。××さんですよね?」
「ええそうです!キャー!○○さんって、恰幅が良くて男らしいですね!」

こんな誉められ方をしたのははじめてだ。
いい気になった僕は彼女に尋ねた。
「××って、ハンドルネームだよね。本名教えてくれる?」

彼女はにっこり笑って答えた。
「ええいいですよー。私の本名は、
栗絵 香美[くりえ かみ]です!」

!!!!!
く、くりえ?!

僕は雄たけびをあげながらそこから逃げ去った。

いったい、何がわるかったんだろう…

8 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:18
実録!出会い系体験談(7)


いろんな人にアレされた僕はもう
すっかり出会い系に疲れてしまい、
普通のチャットに出入りするようになりました。

ところがどうして!
普通のチャットの方がマトモな女の子が多いうえ、
なぜか僕は彼女たちにモテモテで、メル友がたくさんできました。

あるメールのやりとり。
「…でも僕はさあ、太ってるし格好悪いし、本当モテないよ!」
「えーー。それは女の子に見る目がないのよ!
 だって、キミすっごい面白いもの!
 多少見た目が悪くたって私キミのこと結構好きよ?」

……僕は、彼女と会うことを決意しました。

「君と会いたいよ」
「うーんそうねえ。じゃあ、キミの写真見せてよまず!」
「…これだよ。(写真添付)」

……沈黙が続きました。そして…

「あー……やっぱりさあ…ギリギリのラインってあると思うんだ…人として。」

彼女からは2度とメールが来ませんでした。

いったい、何がわるかったんだろう…

9 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:18
実録!出会い系体験談(8‐1)


出会い系サイトにはたまに、「パパ募集」という書き込みがあります。
僕にはそれがどういう意味かわからなかったので、
出会い系サイトのチャットで仲良くなった
師匠(僕にいろいろ教えてくれる)に聞いてみました。

「ふふ…それはだな…
 幼い頃にお父さんを亡くした少女が、新しいお父さんを探してるんだよ。
 つまり、『私のママと結婚してくれませんか』というお誘いさ。
 未亡人もいいもんだぜ……(じゅるり)」

僕はそのあと師匠に、未亡人の良さについてえんえんと聞かされました。
僕はその話にひどく興奮して、ぜひ未亡人をゲットしたいと思うようになり、
「パパ募集」の少女にメールを出しました。

少女はすぐにOKをくれて僕と会ってくれました。
なかなか可愛い子でした。
この子が僕の娘になるのだと思うと感慨もひとしおです。

「それじゃ行こうか、パパ!」
むう。どこに行くのかよくわかんが行こうかな、とどっしり構えていた僕でしたが、
なぜか少女と一緒にラブホに入る段階になって何か変だと気づきました。

つづく

10 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:19
実録!出会い系体験談(8‐2)

「あの…どうしてこんなところに?」
「え?どうしてって…やーねえ。これが目的なんでしょ。
 まどろっこしいの嫌いなの、私。」
「……?」

部屋に入るといきなり私の娘は服を脱ぎだしました。
「や、やめないかはしたない!僕たちは親子になるんだぞ!」
…ここにきて少女も何かおかしいと気づいたようです。
「……もしかして、『パパ』の意味わかんない?
 『足長おじさん』って知らない??」
「……パパは足が長い方がいいかね?まあ私は確かに短足…うふあ!」

少女の右ストレートが私のテンプルに直撃しました。
薄れゆく意識の中、少女がフロントに電話する声が聞こえます。
「お、犯される!!」とか言っているようですが…ううーん。

…気づくと僕は留置所にいました。
出会い系規正法違反および強姦罪の容疑だそうです。

いったい、何がわるかったんだろう…

11 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:22
↑ここまで転載。

あともうネタがないので誰かかわりに書いて。

12 :僕はかぐや姫 ◆q/QGqU7FKk :04/01/10 01:23
l・´)ソローリ


|ミ ピャッ



l・´)ソローリ


lω・´) ジー


13 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:39
実録!出会い系体験談2 第1話


いつもはマトモな人間のフリをして出会い系サイトに
書き込んでいる僕ですが、本当は電波。
たまには電波板の住人らしく…と思って

題名:むきゅるあー
本文:
簿ぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼくは!
むぎゅぅぁほいあひおだじおhにあ
ほあdjかjhぢおあじおえ
GJかh儀えおはいお;jhなp:おjれ:ぱ

という書き込みをしてみました。
2日ほど経って、まあどうせ返事なんて来てないだろうなあ…と思って
メールをチェックしてたら意外や意外。何十通も返事が返ってきていました。

つづく

14 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:40
実録!出会い系体験談2 第2話

1通目:
私、ぁなたみたいな個性的で元気な人がスキです☆キャハ♪♪

女子中学生…みたいな文体だなあ。と思って次のメールを見る僕。

2通目:
ねぇどうして返事くれないの??ねぇねぇねぇーーー。

3通目:
ねぇ返事ちょうだいよ!ぁいたいの!ぉねがいだから!

4通目:
もしかして私のコトきらいになったの?
…許せない…………わ、私…ぁなたのことを本気で…

5通目:
こ……頃してやる……(death!

…1通目が来てから5通目が来るまで、1時間と経っていませんでした。
……私は、6通目のメールをクリックしました。


つづく

15 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:52
実録!出会い系体験談2 第3話
(便宜上、「僕」へ5通のメールをくれた人物の名を「A子」とします)

6通目:
A子の恋人です。
あなたがA子を誘惑し、なおかつ襲って辱めたと聞きました。
許せません。う…訴えやる!見てろよチンカス!

7通目:
A子の父です。
A子は泣いています。藻前のせいで泣いています。
藻前は今すぐ腹を切って死ぬべきです。
これが最後です。メールを出しなさい。
A子へ、謝罪の気持ちをあらわしたメールを出しなさい。

8通目:
A子の母です。
A子は氏にました。
藻前のせいで氏にました。
末代まで祟ってやる!!ゆ、ゆるさなhごいあじょいgは

つづく

16 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:54
9通目:
××弁護士事務所の者です。
このたび…
(以下略)

そのほかにも、A子の友だちと称する人物や
A子の親戚と称する人物からの非難のメールがたくさん来ていました。
私は恐ろしくなりました。
私がうっかり出会い系サイトを利用したから、
人が一人死んでしまったんだ。私が、エッチなことをしたいと思ったばっかりに!
……私は激しく泣きまくり、なおかつ吼えました。
「どうすればいいんだぁーーーー」

…そのとき、電話が鳴りました。
「もしもし。麦丼さんですね?」
「はい。」
「私、A子の父なんですが…」
「ああっ!ご、ごめんなさい全部私が悪いんです!」
「何ィ…?ごめんで済むなら警察は要らないんだ!
 ちょっと××公園まで来い!今すぐだ!」

××公園とは、僕の家のすぐ近くの公園です。
僕は出かけることにしました。

つづく

17 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 01:58
実録!出会い系体験談2 第5話

公園には強面かつ頑強そうな男たちがたくさんいました。
みんな、薄ら笑いを浮かべてよだれを垂らしています。

「麦丼くんだね?」
そのうちのひとりに声をかけられました。
「は、はい!僕…」
「……トイレで話そうか。」

…そして僕は、彼らにいろんなアレをアレされ、
世の中の厳しさと出会い系サイトの恐ろしさとアレの痛さを知りました。
僕は彼らにアレされながら思いました。

いったい、何が悪かったんだろう…



18 :僕はかぐや姫 ◆q/QGqU7FKk :04/01/10 02:35
先日 出会い系のサクラをしていると>>1がきました
ちょっと話をあわせてあげたらすぐ

「君は僕の運命の人だ」とか「今すぐ君にあいたいよぉぉぉぉ」

・・・とかいってくるんですよ。いい加減ウザァくなってきたので
窓から見えた米屋の住所と電話番号を教えてやったのですね

しばらくすると 外がなにやら騒がしいんですよ
よく見てみると男が米屋に向かってなにか喚いているのです
他のバイターも気になるらしく 窓を開けてヲチしてみると

「漏れのアノ子をだせぇぇぇ!!そこにいるんだろ?隠してるんだろ!!」
「お客さんうちはコメ屋ですから...白米以外はお出しできませんんよ」
「いいからだせ!いるんだろアノコ!だいたいその白米ってなんだよ!漏れはアノコの話してんだよ」
「白米はその...精米した米ですよ。ほら周りの皮を剥いて、真っ白にした!美味しいですよ」
「精マッ!!皮を剥いてムキムキからできた真っ白いモノだと!!!美味いだとぉぉぉ!!
も前それをアノコの口に!!だからだせないんだぁ・らkwシネ5糞aまw,@K9ご゛`cだEせ/0っ!!!」
「お前!!早く警察に電話だ!!警察に!!ゴフッ・・・」

数分後彼は警察に取り押さえられ コメ屋の主人は病院に運ばれました
そして私は今日の分のバイト代12000円を頂きました

いったい、何が悪かったんだろう・・・・

19 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 23:04
実録!出会い系体験談3 第1話


新しく写真が撮れるケータイを買いました。2万ぐらいしました。
出会い系サイトに載せるための写真を撮るためのものです。
…とはいってももちろん僕の写真など載せても誰も寄ってきません。
そこで、「かっこいい」と評判の近所のお兄さんを盗撮してそれを僕の顔として使いました。

するとビックリ。登録してすぐにバンバンメールが送られてくるではありませんか。
うはははは。しかもどいつもコイツも結構可愛いじゃねえか。
…と、僕の目を一際ひいたメールがありました。

件名:逆援交で…
本文:
人妻です。最近主人が相手してくれないの…。
こんなオバさんでも良ければ、逆援助20万までイケます。

20 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 23:05
実録!出会い系体験談3 第2話


に、に、に、20万?!
すすす凄い!やっぱり顔がいいとこうまで違うのか…。
……まあ実際の僕はかっこ悪いから20万は無理だとしても、
もしかすると3万ぐらいもらえるかもしれない。
僕はすぐに返事を返しました。すると大胆人妻さんはこんなお返事を。

「ありがとう。すぐに会いたいんだけど、いいかな?××駅の前に来て…」

時刻は深夜1時。深夜1時に会いたいったら、もうアレしかない!と興奮した僕は
全速力で××駅に駆けつけました。…と、そこにメールが。

「ごめん。やっぱり場所変えよう。○○ビルの前に来て。」

急ぎ駆けつける僕。…と、再びのメール。

「やっぱり…ガマンできない…。私のとこに来て!
私は今、○○ビルから北に(中略)のビルにいます!」

そして指定された家まで全力疾走の僕。胸が期待で高鳴ります。
…しかし辿りついたのはボロボロのビル。こ、こんなところで…?
そしてまたもメール。

「5階よ。」


21 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/10 23:06
実録!出会い系体験談3 第3話


…5階にはかすかに光が漏れる部屋が一室。ノック。
……でも僕を待っていたのは…黒服の男たちだったんだ……

「んー?顔違うじゃねえか…」
「まあいいべ。穴がついてりゃな!!」

…その部屋では何かのビデオの撮影会が行われる準備がされていました。
そして僕は……撮影されてしまったのです…

……全てを終えた僕を残し、男たちは去っていきました。
最後に彼らは言い残しました。

「ご苦労だったな。報酬はテーブルの上だ。」

残る力を振り絞ってテーブルの上を覗き込むと、
そこには何かお金のようなものが袋に入っていました。

「あ、ああっ!お金だ!」

……1000円分の図書券でした。
僕は真昼間から本屋に行って1000円分のエロ本を買って家に帰りました。
道すがら、僕は思いました。

いったい、何が悪かったんだろう…




22 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/15 00:23
実録!出会い系体験談4

はじめてケータイを買って
出会い系サイトにいっぱい登録しました。
いっぱい返事が来ました。
いっぱい返事しました。
いろんなサイトにアクセスしました。
楽しかったです。
でも、彼女は結局できませんでした。
みんな、僕の写真見ると返事よこさなくなるだよね…恥ずかしいのかな?

…月末になりました。
ケータイ料金の請求が来ました。
……僕は、泣きました。
パケット料がこんなに高かったなんて…。
お父さんとお母さんがもの凄い顔をして僕を睨んでいました。
あ、あああああ…

いったい、なにが悪かったんだろう…

23 :名無しちゃん…電波届いた?:04/01/15 16:58
ワロタよ。
スキスキ光線出す男ってやっぱ信用しちゃあかんかね?

24 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/15 22:34
とりあえず男の判定にはじっくり時間かけたほうがいいかと。


ところでスキスキ光線って何ですか?
電波の一種ですか?
いつもあなたのことを見つめていますか?
へえー。(3万へえ

25 :名無しちゃん…電波届いた?:04/01/16 22:47
いや、メッセとかでさ。ダイスキとかいってくるんだよね。
I like youとか言ってくるんだけど、as personalityとか語尾についてるし、
hug and kissとか言うわりにははっきりとconfessされないし。ダーリン ハニー
呼ばわりされてもどうしようもないから「おにいちゃん」って呼んでるけど。
キスしてとかどうでもいい日本語覚えるなヨ。これってスキスキ光線?
複数に言ってる気がしてどうも信用できません。方言についてのレポート
書きつつ相手してたらいつの間にかそんなになってました。なんでやねん。

男の判定には何万光年必要ですか?

26 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/17 02:18
スキスキ光線かもね。
……でも外人さんかあ。外人さんのコトは正直よくわからないね。

とりあえずチャットとかメッセとかメールでたくさん話しましょう。
それで好きになったら会えばいいしまあ好きにしてください。
信用できなきゃテキトーに流しとけばよろし。

***

少々荒っぽい方法になりますが、相手の頭脳に直接ハッキングするというのもアリですね。
直接相手の頭脳をハッキングすれば簡単に本心を探れます。
ただこの方法だとログイン時ログアウト時に向こうの脳神経に多大な負担がかかり、
強制終了などした日にゃあ相手の精神が破壊される可能性もあります。
やはりハイリターンを求めるためにはハイリスクが必要なのですよ。
この場合リスクを負うのは相手ですが。
ちなみに光年とは距離の単位ですが。
イエモンがあんな歌歌ってるせいで間違った常識が確実に広がったね!

27 :名無しちゃん…電波届いた?:04/01/17 11:17
当方三流私大文系のバカですみません。
ハッキングはいいアイデアですがよく方法がわかりません。
タロットにより相手の心をリーディングするのが私の唯一の手段です。

ていうかやっぱ最初に写りのいい写真を送るのは罪悪感にさいなまれるのですが
やめることができません。どうすればいいですか。

28 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/17 21:40
自分の写真を送るだけ誠実だと考えましょう。
世の中には雑誌の切抜きをスキャンして送る方もいらっしゃるそうです。

どうしても罪悪感に苛まれるようなら、
5円玉か何かを使って自己暗示をかけましょう。
「これが私の本当の顔〜」みたいな。
ずーっっとそう思ってりゃ本当にそういう顔になることもあるそうです。

という話を今思いつきました。

29 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/17 21:59
実録!出会い系体験談5 第1話

何ヶ月もしつこくアタックしたネットアイドルと会えることになりました。
通販でいっぱい高価なもの買ってあげたかいがあるというものよ。
ウキウキしながら準備していると、母さんもお出かけの様子。
「母さん、どこ行くの?」
「秘密よ。ウフフフフ。」
すごく機嫌が良さそうです。

家を出て待ち合わせ場所に向かってるとメールが届きました。
例のネットアイドルからです。
「ハァハァ。私もうガマンできない!ホントは私、すごくみだらな女なの!
 ○○ホテルの×××号室にいるわ!お願い!今すぐ来て!」

全力で走り○○ホテル×××号室に入った僕。
しかしそこに彼女の姿は無く…あっ!シャワーの音が聞こえる!
シャワー室に入ろうとすると中からこんな声が。

30 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/17 22:00
実録!出会い系体験談5 第2話

「あら…もう来たのね。今シャワー中。
 ちょっと待ってて。ベッドの中で…ネ。」
もう興奮マックスです。いろんな思いが頭を駆け巡り、もう…もう!!

…ベッドの中で妄想たくましくしていた僕ですが、ふと思いました。
彼女、どんな服着てるんだろう…。
ベッドから出ると、すぐそこに彼女の着ていたと思われる服が脱ぎ捨ててありました。
こ、これが彼女の服…。
……ん?こ、これは母さんが今朝着ていた…

ガチャ。

「お待たせー。」
ネットアイドルが姿を現しました。向かい合った僕らは…何も言えませんでした。

……僕と母さんは一緒にホテルを出て喫茶店に行きました。
僕は母さんにパフェをご馳走してもらいました。そのあと帰りました。
僕はインポになりたい気持ちでいっぱいでした。

いったい、何がわるかったんだろう…

31 :キッド ◆KIDDObSbXI :04/01/17 23:09
 ∧ ∧
 λ,,゚Д゚ λ < んぽ
⊂ 彡彡つ
 |彡|
  し丶O


32 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/18 21:18
ずっと好きだった人にフられた。
電話口で「ごめんね」って泣かれた。

涙も出なかった。。


…ああごめんなさい何一つ電波じゃないね。
しばらくsage進行でいきます。
事の経緯をいづれ小説化するかも。

33 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/19 04:54
書いた。

【復活】思わず涙が出てしまった恋愛体験
http://love.2ch.net/test/read.cgi/pure/1049981215/
>>384からです。異様に長いです。

笑えるものではありません。

34 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/19 04:54
名義は「とよ」です。

35 :名無しちゃん…電波届いた?:04/01/22 17:19
イ`

36 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/22 22:28
実録!出会い系体験談6 〜海外編〜  第1話

MSNメッセンジャーにメッセージが届きました。
知らない人からだ。何だろう…と思ってメッセージを見た僕は、少し驚きました。
それは、こんなメッセージだったのです。

risa says:
S E X シ マ セ ン カ ?

…外人さんかなあ…それにしても少々頭が弱そうな文章です。
……と!ここで僕はふと気づきました。

頭が弱い→セックスにルーズ→本当にヤらせてくれるかも?!
外人さん→フリーセックス→本当にヤらせてくれるかも?!

おお、素晴らしい!
そこで僕が「今キミはどこにいるのか」と尋ねると彼女はこう答えました。

risa says:
canadaデス。
mugidonサンガcanadaマデキテクレタラ S E X シマス。

……が、外国かあ…。
いやしかしこれは滅多にないチャンス!
行くしかない!

そう考えて僕は、カナダへと飛んだのです…

37 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/22 22:29
実録!出会い系体験談6 〜海外編〜  第2話

…そして着いたカナダ。
カナダは…特に何もなく…まあ…自然は多かったです。

大草原の真ん中にあるリサの家に着く頃、
すでに日本を出てから3日間が経過していました。
時刻は夜8時。
草原の真ん中にぽつんと立っているログハウスから光が漏れています。
アレがリサの家なのか…!
お金がないためここまで歩いてきてボロボロになった僕ですが、
根気を振り絞ってその家のドアをノックします。

ガチャ…

「Oh! Are you "mugidon"? I'm Risa!!」
…僕の目の前には…リサが立っていました…
そ…それは…とても信じられない光景でした…

38 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/22 22:30
実録!出会い系体験談6 〜海外編〜  第3話

リサは…リサは…

ニ ュ ー ハ ー フ だったのです…

…ひ、ヒゲが…青…青と…
…そして僕は意識を失いました。気づいたとき、僕はすでにあお向けになっていて、
そして……ううっこれ以上は書けません……察してください…。

あとはまたいつも通り、コトが済むとすぐに叩き出されました。
とぼとぼ草原を歩く僕は、その後3回ほど、ゴツくてステキな男の集団に襲われました。
すっかり僕は開発されてしまいました。
それにしても向こうの人のアレって、長いけど柔らかいんですね。ふにゃふにゃ。

そして…帰りの飛行機の中で僕は思いました…

…いったい、何が悪かったんだろう…

39 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/22 22:33
>>35
ありがと。。
とりあえずは落ち着きました。

もうエッチなこととか結婚とかどうでもいいから、
ただあの人のそばにいたいなあとか思ったり。
そばにいたり、話してるだけで幸せなのよーー。

…。
あー。やっぱまだ落ち着いてないかも。

40 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/26 22:07
実録!出会い系体験談7 第1話

…どうもボクは文章がヘタらしく…
たくさんメールを送ってきても、返ってくるのはほんのわずか。
ごくまれに返ってきても、それがメル友にまで発展することはありません。

うーんそうはいっても急に文章なんてうまくならないし…
せめて、「一通目のメール」でいい文章書けたらなあ…
…と、ここで思いつきました僕。賢い僕。

出会い系サイトでサクラをやるんです。

女の子のフリをして出会い系サイトに書き込むんですよ。
そうするとホラ、寄って来るでしょバカな男ども。
たくさんメールが送られてきますよ。
まあもちろんそんなメールに返事なんてしませんよ。
僕はホモなんかじゃないですからね。
何をするかっていうと、そう。
「いいメール」を探すんです。
男の僕のコトでさえ虜にしてしまえるような、ステキなメール…。
当然…女の人には効果たっぷりでしょう。
ウフフフそこで!
サクラをやって受け取った「いいメール」を今度はそのまま、
出会い系サイトの女性に送るんですよ!
そうすればきっと、その女性は僕に…オチますね。確信がありますよ僕は。

41 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/01/26 22:07
実録!出会い系体験談7 第2話

…ということでネカマとして出会い系サイトに書き込む僕。
…でもけっこう、女の人の文章って書きにくい…
………そしてどんなこと書けばいいのかわからん…
とりあえずエッチなこと書いておけばいいのかな…

そしてこんな文章ができあがりました。

「こんにちわ!私、ムギ子っていいます!
趣味はオナニーです!ローターは常に5個常備していて、不測の事態に備えています!
わけあって彼氏がいません!誰か、私のグチャグチャのアレをアレしてください!
イ、イクーーーーー!!!」

最高です。僕なら絶対メールしますよ。
そしてさっそく投稿。投稿。投稿。
ウフフフ…はやく返事来ないかな…

……





でも…何時間待っても…何日待っても…僕のところには一通もメールが来なかったんだ…
僕は…泣きました。

いったい、何が悪かったんだろう…

42 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/03 12:31
実録!出会い系体験談8〜妄想編〜 第1話

彼女ができないという現実に飽いたのでパソゲーをして自分を癒す日々が続いています。
ディスプレイの向こう側にいるCGの彼女はこんなにも僕を慕ってくれるのに、
三次元な女性はどうして僕に辛く当たるんだろう、と悲しくなります。
悪いのは世の中だ!僕みたいな人間が大事にされない世の中だ!

…そんなことを考えながらも僕はずーーっとゲームを続けました。
無職で一人暮らし、今はバイトもやってないので誰も僕のこの所業を
止めようとはしません。…ゲームを始めて3日が経過しました。
僕は未だ、不眠不休でゲームを続けています。
もうじきで全員分のエンディングが見れます。パーフェクト攻略です。ドキドキ。

……ゲーム開始から75時間32分。
僕は、全ての女の子を攻略したあとにしか見られない真のエンディングに
涙を流していました。思えば、長い道のりだった…。
心地よい疲労感と眠気が僕を襲ってきます。ムム。そろそろ寝ようかな。
しかし眠りにつこうとする僕に呼びかける声。

「お兄ちゃん…」

43 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/03 12:32
実録!出会い系体験談8〜妄想編〜 第2話

ム!だ、誰だろう?!

「お兄ちゃん…ここよ」

声のする方に目をやると、僕のやっていたゲームのヒロインのひとりが
ベッドの上にちょこんと座っていました。こ、これは…夢?!

「違うわよお兄ちゃん。これは、ノーコンティニューかつ断食&不眠不休で
ゲームをクリアしたご褒美だよ…。さあ…おいで。」

あわわわわ。やったあ。僕のやったことはムダじゃなかったんだ。
ヨダレをたらしてガタガタ震えながらもヒロインのもとへ歩む僕。
「さあ、捕まえ…た!」

しかしそこには彼女の姿は無く。
気づくと彼女はテレビの横にしゃがんでいました。

「はやく捕まえてよ…」

44 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/03 12:33
実録!出会い系体験談8〜妄想編〜 第3話

ウヒョー。そんな感じで僕と彼女はしばらく追いかけっこを楽しみました。
それは夢のような時間でした。
いつの間にか部屋の外に出てしまっていることにも、まるで気づかないほどに…。

…気づくと僕は黄色い病院に入れられていました。
ゲームのやりすぎにやる精神錯乱、ということで何とか退院するコトはできましたが、
近所の目が非常に痛いのでもう今のアパートには住むことができません。
引越ししなきゃな…。

いったい、何が悪かったんだろう…

45 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/04 15:17
エロゲンガーって男が多いの?男の方が可愛い絵が描けるの?

46 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/04 16:54
そりゃあ男の方が多いですよ。
ていうか女のエロゲンガーなんているんですかね。

だって男の方が女の人好きでしょ?
あと男の方がエロいの好きでしょ?
しかもエロゲーユーザーは9割5分男なわけだから、
結果としてどうしてもそうなるんじゃないかな。

47 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/04 19:57
逆もまた然り?

48 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/05 01:10
逆?ヤオイですか?ボーイズラブ。

まあ男でヤヲイ描く人はあーんまりいないでしょうね。
ジャンプ系のアンソロ本なんか見てもだいたい女性が描いてるし…。

49 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/09 15:40
801

50 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/17 03:12
実録!出会い系体験談9 第一話


冷静に考えてみました。
世の中にサイトは数あれど、日本で2ch以上のヒット数を
誇るサイトはないですよね。
てことはつまり、日本で一番女が集まってるサイトは2chに違いないんですよ!
てことは、2chには出会いが溢れてるはずなんです!!

ということで、お水出会い系板に行ってみました。
…でも何だか、どのスレッドに行けば女の子と会えるのかわかんない。
なんだか、出会い系サイトの情報とか風俗情報ばっかりなんですね。
こんなにたくさんのスレから、僕の目的のスレを探し出すのは
困難だと思ったので自分でスレ立てちゃいました。
こんなスレです。

【女性歓迎】僕はあなたと今、出会う!【SEX!】

いいスレですよね。でも何だかお水出会い系の人たちは、
みんな怒りっぽいみたいです。
>>1氏ね」とか「削除依頼出すぞ」とか、
そういうレスばっかりがつくんですよね。困りますよね。
あ、みんな恥ずかしがってるのかな?
…でも、レスが300越えた頃に、こんな書き込みあったんですよ。

>>1さんこんにちわ。私、仙台に住む淫乱な女子高生です。
>>1さんと一緒に八木山動物園に行きたいな…」

51 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/17 03:14
実録!出会い系体験談9 第二話

ウヒョー!やりました!ついに来ました!いや、来ると思ってたんですよ。
僕のやったコトは間違ってなかった。
その子(名前を「MIKA」といいました)は、こんなこと言うんですよ。

>>1さん、会いたいよ!>>1さんの電話番号とケータイのメルアド教えてよ!」

2chで電話番号やメルアド晒すのは、
正直ちょっと怖かったんですが…でも、MIKAのためですもの。
MIKAにだけわかるように、メール欄にこっそり晒しました。…すると晒した途端に電話鳴りましてね。
うわあMIKAだ!って電話取ったら、「ワハハハハ。バーカ!」って言われました。
いきなりですよ。ひどい。
何か言い返そうと思ったんですけど、すぐに切られちゃって。
ナンバーディスプレイもないのでかけなおすこともできませんよ。
…と、また電話が!今度こそMIKAだろ、と思って電話取ったですが、
今度は「プ。」との一言。ひどい。
おや、また電話が…

………それから3日間、僕の家の電話は鳴りっぱなしでした。
メールサーバは知らない間にパンクしてました。
削除依頼して問題の書き込みは削除してもらったんですが、
なぞの電話はしばらく鳴り続けました。
MIKAは…MIKAなんて人物は本当にいたんでしょうか…
僕はインターネットというものが すごく こわいものに思えてきました。
しばらくは、何もできそうにありません。

いったい、何が悪かったんだろう…

52 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 04:35
出会い系じゃないけど
サークルとも違うけど

青春したいっていう人が集まる
溜まり場的なサイトをつくりますた

■青春の補完■
http://jbbs.shitaraba.com/sports/11183/

53 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/17 04:36
あがってるよ!

54 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/17 04:38
だーれーだーageたのは。
出会い系体験談が10個になったら記念ageしようと思ってたのにー。

55 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 05:04
どうか、おゆるしを・・・
ウキャ〜


56 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/17 05:09


戻ってくるとは思わなかった。
正直者なので許します。

57 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 16:49
!  ←これ見るとドラクエ思い出すな

10個目まだ? ちんちん

ここは電波版だからそれなりに振舞ってみたでごんす

58 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 19:45
再び登場、こんにちは。出会い系ってさみしくないですか〜?!
って、わしは利用したことないんですけどね(汗。
なにがさみしいって、会って気が会わなければ、はいア・バ・ヨ!。
その場限りの人間関係っていうか・・

そこで、遊びたい、青春したい、バカなことしたい、
そんな人たちが集まる「溜まり場」的なサイトをつくりました。
その名も「青春の補完」。これ最強! みたいな。
できたばかりのサイトでして、今年の1/31に初のオフ会をやって大成功しました。

青春→恋愛→SEX、というのが普通の連想だと思うのですが
ここのサイトは、「バカなことをやる」「仲間を探す」「ミーハーを追いかける」など
遊びがメインで、恋愛はその延長って感じ。
だから最初から恋人だけを求めてオフに来るのは、浮くと思います。
恋人GETしたから、はいア・パ・ヨ!っていうのはちょっと・・。柳沢信吾ならokとしますけどね(笑

もちろん「青春」と謳ったサイトですから、「合コン」や「ねるとんパーティ」みたいなのもokと思ってます。
でも、そのときはオフ会の名前に「"合コン"オフ」のようにちゃんと明示してくださることをお願いします。

では、お待ちいたしております

■青春の補完■
http://jbbs.shitaraba.com/sports/11183/



どうよ?

59 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 20:02
sports?

60 :ぬけがら ◆TV..sa27E2 :04/02/17 20:14
自己紹介文にに「タイトルに年齢、本文にアド書いて送って」って書いて放置。
届いたメールのタイトルに年齢が無い奴はサクラ。あってもだいたいサクラ。

61 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 20:28
青春はスポーツだ

62 :ぬけがら ◆TV..sa27E2 :04/02/17 20:32
清春は?

63 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 20:32
I don't do any sports.

64 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 21:18
>>62
しらん

>>63
Not even sex?

65 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 21:53
>>64
I can't answer your question,because I'm cherry.

66 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:02
>>65
I guess the last word that you've given me is the answer, isn't it?
I mean, you did answer my question.
Thank you for your reply.


67 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:04
If you don't do any sports, then what do you usually do on holidays?

68 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:12
>>66
Sorry,I wanted to say I can't answer your question since I haven't
done it.I have no hobby,I just chat or something like that on my holidays.
But I'm not hikikomori,just the student who have much spare times.
How about you?

69 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:14
時制の一致とかの突っ込みは勘弁してください苦手なの

70 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:20
>>68
Oh, I understand.
You just chat on holidays?
Doesn't that sound so lonely, so miserable, and so pathetic?
Sorry if it offended you, but I didn't mean to.
Why don't you go out and try to do whatever you will find outside?

I recommend that you come to my web site and enjoy together,
then your life would be much happier than otherwise.

71 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:24
Me?

I'm just an ordinary graduate student.
I quitted my job several years ago,
because I made up my mind to hopefully become a professor.

Tense agreeent? That's ok. In fact I don't think you have made any mistake.

72 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:26
>>69
This is a porn pictures site dedicated to the best porn adult links
and the pursuit of seeing free naked girls or big tit woman,
whatever pictures prefer to see -
if you are a fan of great porn then these adult links is the place
you have been looking for.
ya may find plenty of hardcore porn pictures for your enjoyment.

73 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:28
>>70
Yes,this my long spring break will be so miserable.
Nevermind,I'm just what we call a depressive.
I know I must away from here,or I would feel more lonely.
I'm planning hang out with one of my friends tomorrow,so maybe it'll
be lots of fun.
I'd like to be graduate from 2ch...and the Internet if possible.sorry.

74 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:29
>>72
Thanks for your coution.

75 :Kate:04/02/17 23:31
>>69
hello!
My name is Kate.
The site is supported by me and my friends from SAW.
Find references on high quality free porn sites that were selected very carefully by us.
Please hit Ctrl+D to bookmark this site and you will find something new and hot here at every time.

76 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:33
>>72
What a nerd!
I've never met a person more stupid, more silly, and more absurd than you.

>>73
That's a good idea.
I hope you will.

77 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:34
>>75
Who are you?

78 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/17 23:37
>>76
Thanks,I'll try to do my best.
In fact,this 板 is only my favorite 板.
So I'll manage to keep away from here.All I can do is it I guess.

79 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:41
Oh my gosh.
What a complicated board it is here.
Lots of people... talking in English.

>>78
If you feel any trouble keeping away fom here,
Just come here and have fun, ok?
http://jbbs.shitaraba.com/sports/11183/

80 :NSAIDS:04/02/17 23:41
>>69
Doctors may not mention this to women who are trying to get pregnant,
but the use of non-steroidal anti-inflamatory drugs, including Advil and Aleve, and aspirin cause ovulation problems.
Specifically, the use of these medications can cause a failure of the follicles to burst and release eggs -- called luteinizing unruptured follicle syndrome (LUF or LUFS).
Below are some abstracts on the subject.
Full journal articles may be ordered through Medline or found at medical libraries.

81 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:44
Hey, 80.
Doctors? Drugs?
What are you babbling about.
What is this room for?

82 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/17 23:52
I'm sleepy, so I've gotta go.
You can see me at the site below anytime.
I want to talk to you guys again. See ya, Bye. :-)

http://jbbs.shitaraba.com/sports/11183/

83 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/18 00:32
ヒィ!何コレどうなってるの!

84 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/18 00:33
10個目はあと一週間ぐらいしたら書くかも。

85 :SH ◆o0YaFC1j5s :04/02/18 00:37
No way.
You've gotta post a message immediately, alright?

86 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/18 00:43
イやです。面倒だから。

87 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/18 01:00
・キモイ遊びは623個

88 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/19 01:40
希望の数だけ絶望は増えるそうだ。

しかしだからといって絶望を撒き散らしながら、
悪意を撒き散らしながら生きていくコトには何の意味もない。
それがキミのやり方?
どうしてそんな方法を取る?楽しいのか?

悪意に当てられ、悪意に満ちる。
悪意は悪意を呼び、果てしなく。
単純なる連鎖。それがわからない?
くだらねぇ世界だからこそ、笑えよ。

俺は馴れ合わなければ生きていけない。
寂しくてもきっと生きていけるけど、
でも悪意に対しては弱い。悪意は常に俺を破壊する。
心の防衛機能を持たない俺は、自分の一番柔らかい部分を壊れてしまう。
そう、あのときもそうだった。
あのときはお腹がいたくなって。そして、殺意が芽生えた。
これ以上のコンタクトはきっと殺意を。
だからキミの名前は俺のコンタクトリストから消え去って。

触れ合うコトは痛みであり。恐怖であり。
だからといって。
触れ合うべきでない、という結論をすぐに導けるわけではない。
しかしそれは自分が保てる範囲の話であり。
自分を壊すものに接するのは、死にたがりのやることで。

さようなら。
電波板の、哀れな生物よ。

89 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/19 01:41
ちょっと愚痴。でつ。

気にしないでね。

90 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/19 15:02
    /⌒\  /⌒\
  ((    ; 三    ,,))
    ヽ   (  /    ミ   マラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラマラ・・・・・・・・・・
     キ   .メ   ./
     乂____ノ       -‐、
     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;'''''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、  ,━ i
  i 、'||   ⌒   ⌒|  mozomozo
  '; ' |]     ' i,.  |         
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!     
イ i  ゙t:::::::、'、 三ツ::;'     <きにすんな。
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ     
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、   
     \___ ノ.    ゙ヽ      ハァハァ


91 :名無しちゃん…電波届いた?:04/02/27 02:36
>>84
10個目、プリーズ

92 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/27 21:40
実録!出会い系体験談10 〜あいのり編〜

前回(>>50-51)さんざんな目にあった僕は、
しばらくインターネットから離れることにしました。
匿名掲示板なんて…顔の見えない関係なんて、まっぴらだ!
そんなことを考えながら街を歩いていると(オタクショップを回っていました)、
旅行代理店のこんなチラシが目に入りました。

『出会いのバス「あいのり号」に乗車しませんか?』

どうもバスツアーのチラシみたいです。
明らかにあの番組のパクり企画ですが、この際そんなことはどうでもいいです。
大事なのは内容ですよ。チラシによると、男女合わせて30人ほどで日本全国を
1ヶ月もかけて巡る、というバスツアーのようです。

参加者が支払うのはバス料金のみ。食事は各自自由に食べることができるし、
夜はホテルに泊まってもバスに泊まってもOK。観光名所には行くけど、入るかどうかは
各自の自由、と。ほほう。ヒマな大学生のボクにはもってこいのツアーではないですか。

それにホラ、旅行って、男女間の関係を近づけるのにすっごい重要だと思いません?
見ず知らずの男女でも、同じバスに乗って1ヶ月も生活したらきっとすっごい仲良しに
なれると思うんですよ!…ということでボクはそのツアーに参加することにしました。

93 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/27 21:42
出発日。
集合場所に行くと(集合2時間前)、すでにバスは停めてありました。
誰も来ていませんでしたが、運転手さんに聞いたところもう入ってていい、とのこと。
さっそくバスに乗り込むボク。…と、ふと横を見るとすでにそこには人が。
…何ですかね。何だか、小汚くて醜い男がそこにつっ立っていました。
チッ。こんな人も参加するんだ。
ボクと、ボクのの未来の嫁さんの邪魔しないでくださいよ!
……でもよーく見たらそれはどこかで見た顔。

ああ、何。この人、ボクじゃん。

ああコレって鏡…。ああ…。…いや、よく見るとなかなか可愛い顔してる。
ボクの好みですよ。
ボクがそんな一人芝居をやっているうちに他の参加者たちが次々入って来ました。
…そして…その参加者たちを見るたび、僕の顔は絶望に沈んでいったのです…。

「発車5分前でーす。あと1人来たら発車いたしまーす」
運転手の声がバスに響きます。全参加者30人はこんな内訳になっていました。

男…20人
おばあちゃん…9人
まだ来てない…1人

……ああ…はかない夢だった…。

「あぶなーい!発車するトコだったわ!」
…えっ…?この声…若い女性…?
何と最後の一人は、とても美しい女性でした。彼女は言いました。
「みなさん、よろしく!」

ボクは、奇跡が起きたと感じました。

94 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/27 21:44
…でも…それは幻だったんだ…………。

旅行のあと、僕に残ったのは300万円の借金。
いやね。彼女が旅行の途中、急に僕に話しかけてきたんですよ。
「私…借金があるの…」って。
なんでも悪い男につかまって、借金をつくらされたとか…。
彼女、泣きながら言うんですよ。かわいそうになるじゃないですか。
だからね、言ってやったんです。

「借金なんて、俺が何とかしてやる!だから、俺の女になれ!」

彼女、すっごい嬉しそうでした…。でも、気づくべきでしたよ。
その場面で「まずお金をちょうだい。話はそれからよ!」なんてことを
言い出すような女、普通じゃない、ってことに…。
…消費者金融で金をかりて、彼女に金を渡しました。
彼女、とっても喜んでくれました。
そして、「ねぇ…明日の夜、一緒にディナー食べよう…」って言ってくれたんです。
ああ、ボクにもこの世の春が来たんだなあ、って思いましたよ。

95 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/02/27 21:45
でも、違った。次の朝、気づくと彼女はいませんでした。
そして、バスにはスプレーのようなものでこんな落書きがしてあったんです!

( ´,_ゝ`)プッ

ボクは人目もはばからず泣き叫びました。
他にも泣き叫んでいる男たちがいました。彼らも騙されたんだそうです。
…結局彼女は、3000万円近い金を手にして、そして僕らの前から姿を消したのです。
登録してあった名前も住所も、ウソでした。

騙された僕らは多いに泣き、そして、
その夜はみんなで酒を飲んで寝ました。
朝起きると、なぜか肛門が痛かったです。

…借金…どうしようかなあ…。

いったい、何がわるかったんだろう…

96 :名無しちゃん…電波届いた?:04/03/06 02:19
こ、肛門?下痢?まさか…

97 :名無しちゃん…電波届いた?:04/03/07 14:52
あーじゅ

98 :名無しちゃん…電波届いた?:04/03/19 16:52
腕を伸ばしてよぎゅっとつかむから

99 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/19 16:59
そろそろ書こうかな。

100 :名無しちゃん…電波届いた?:04/03/19 17:02
かいてね

101 :名無しちゃん…電波届いた?:04/03/25 13:41
続きマダー?

102 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/25 14:14
うあう。そうだなあ。んじゃあ今夜にでも。

今夜といってもおそらく明日の朝近くになるだろうけど。

103 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/26 15:09
朝どころじゃなかったな。

とりあえず完成。アップ。

104 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/26 15:10
実録!出会い系体験談11 (前編) 〜出会い系攻略法〜

春は別れと出会いの季節。
友だちがいない僕には別れもクソもありませんので、
すなわち春は出会いの季節です。
…ということで、僕は毎日出会い系サイトに書き込み、メールを出し、
女の子をゲットしようと躍起になっていました。

そんなある日、こんなメールが届きました。
「麦丼さん、こんにちわ!麦丼さんて、××大学に通ってるんですよね?
ワタシこの春、××大学を受験したんです。
今、後期の発表待ちなの。受かってるかなあ。
受かってればいいなあ。受かってたら、
ワタシ麦丼さんに××大学についていろいろ教えてほしいな!
あ!ちなみに、ワタシは処女です!」
おおおおお!!
僕の経験則から言って、コレはおそらく、
処女を捨てたがってる処女素人高校生からのメールですねええ!!

僕は「受かってればいいねえ」とか「ところでバストはいくつ?」などの
小洒落た話題を振りながら何度かメールの交換を続けました。
そしてその日がやってきたのです。後期合格発表の日。
合格ならば彼女からメールが届くコトになっています。
どうなったんだろう…。

105 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/26 15:12
♪じゃじゃじゃん じゃじゃじゃん じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃん

僕のメール着信音(ゴジラ)が鳴り響きます。
き、来た!!
そして僕の期待通り、それは彼女からのメールでした。

「受かりました!う、嬉しい!嬉しくてAがお;hなrgzdjんmぎあぞ」!

混乱しているようです。さっそく返信します。
「おめでとう!じゃあさっそく会いましょう!」すると返事が。

「ええ!えーと、正門前で待ってます。でも、お願い。
声はかけないでください。ワタシ、恥ずかしがりやで…
人がいっぱいいるとこで話すの苦手なの。
ワタシを見つけたら遠くから見ていてください。
ワタシ、あなたに気づいたら、すぐに移動をはじめます。
人気のないところに行きますね。
そして…ワタシが立ち止まったら声をかけてください。
そこで…ネ☆」

う、うひょおおおおお!やったぜ!
「すぐ声をかけないでください」ってのが気になるけど、
でもコレはイケそうだぜ!ということで学校に急ぐ僕。
…正門前には思ったよりたくさんの人がいます…。
ど…どの人だろう…。…と、一人の美少女が移動をはじめました!
ム!この子だ!間違いない!

106 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/26 15:13
そんなわけで僕の尾行大作戦がはじまりました。
彼女はどんどん人気のないところに向かっていきます。
途中何度かこっちを振り向きました。
僕がついてきてるかどうか確認してるんですね。
歩き出して20分、彼女がある建物に入っていきました。
つ、ついにここで…

…ん。

…この建物って…警察じゃあ…
中から制服のお兄さんが出てきて僕に言いました。
「ちょっと話を聞いてもいいかな…」

……僕がつけまわしていた子は、僕のメル友じゃなくて、
普通の合格者だったそうです。ちょっと早とちりしちゃったかな。
じゃあ僕のメル友はどうしたのかな…。
家に帰ってそんなことを考えている僕のもとに
一通のメールが届きました。メル友のあの子からでした。

107 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/26 15:14
「ゴメン。オレ、サクラなんだ。本当は男。お前、面白かったぜ。
本当に知らない女にストーカーはじめるんだもんなあw
でも、オレが××大学を受験したってのは本当だし、
受かったのも本当だ。お前のメール、結構嬉しかったぜ?
…でよ。お礼としてお前に、【出会い系攻略法】を
伝授してやりたいんだが、どーよ?タダでいいぜ。」

こ、コレは…。
いろいろとショックではあるけれど…
しかしそれよりも気になるのが【出会い系攻略法】!
そんなものがあるんでしょうか…。
また僕は騙されようとしているのでは…。
でも、タダで教えてくれるんだよね。聞くだけ聞いても…いやしかし…

僕は一晩悩み続けました。

(つづく)

108 :ぺぷり大学 ◆Uupepli5ac :04/03/26 17:06
続いて

109 :名無しちゃん…電波届いた?:04/03/26 23:17
見てますよ!( ̄ー ̄)ニヤリッ

110 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/03/27 00:53
意味もなく続けたけど次の展開がまるで


思い浮かばないワタシに電波をください。

111 :ぺぷり大学 ◆Uupepli5ac :04/03/27 13:25
>>110
write right now

112 :名無しちゃん…電波届いた?:04/04/02 00:30
あれ、麦丼さんとお話できるスレッドだって聞いてきたんですけど…

113 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/04/02 01:40
ソレは誤解でつ…

なんか他のとこ行きませう。

114 :名無しちゃん…電波届いた?:04/04/04 22:30
age

115 :名無しちゃん…電波届いた?:04/04/06 19:53

女性を騙そうと考えている人は絶対読まないでください。

無料メルマガ 『超簡単に女の子にモテる方法』

http://www.mag2.com/m/0000125958.htm


116 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/04/07 19:43
スレ違いもいいところだ!


…さて、続きどうしようかなあ…。

117 :名無しちゃん…電波届いた?:04/04/08 14:48
出会い系攻略法マダー?

118 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/04/15 14:55
まだまださ…

でもほっとくとdat落ちしそうなんで近いうちに書くよ。

119 :名無しちゃん…電波届いた?:04/04/19 16:42
がんばってね。応援してないけど

120 :名無しちゃん…電波届いた?:04/04/26 23:56
がんがってね、

121 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/04/27 03:10
じゃあ4月中に書くコトにしまつ。
たぶん30日になりまつが。

…前編って一ヶ月前に書いたんだな…

122 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/01 11:23
実録!出会い系体験談11 (中編) 〜その男、醜悪につき〜

1ヶ月の間悩みましたが、結局僕は『出会い系攻略法』を伝授してもらうコトにしました。
使う使わないは別にしても、知っておいて損は無いと思えたからです。
サクラの人にその旨伝えると、彼は言いました。
「それが賢い選択だぜ。」

そして、彼は語りだしました。

「出会い系サイトを利用する女は何を求めているのか…わかるか?
『刺激』と『恋愛』と『金』だ。
これらの欲求のうち、どれかひとつでも満たしてやることができるなら、
女を落とすことができる。お前に必要なのは『金』と『顔』と『面白トーク』だ。

「どれもないです。

「わかってる。だが安心しろ。『顔』と『面白トーク』だけなら、何とかなる。
トークは鍛えることができる。顔写真は、写りのいい角度で撮った写真を
加工するか、何ならイケメンの友人でも使っておけ。

「そ、そんな!騙すんですか?!

123 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/01 11:25
「だからお前はダメなんだよ!いいか!女を人間だと思うな!
こっちが本音を曝け出せば…こっちが真実を明かせば、
奴らはどこかに行ってしまう。女ってのはそういう生き物なんだよ。
奴らは、そういうことを求めてるんじゃない。
奴らは、ふわふわした夢物語の世界に生きたいと願ってるんだ。
だから…多少のウソは、悪いことじゃない。
いや、ウソこそが必要なんだ。

「…そうなんですか…」

「いいな。まず、写りのいい写真を用意しろ。
お前の写真じゃなくたって構わん。
そして、トークを鍛えろ。ステキなメールを描ける文章力を身につけろ。

「トークってどうやって鍛えるんですか。

「たくさん文章を書け。たくさんメールを送れ。本音は書くな。
いかに、女を楽しませるかだけに主眼を置け。そうすりゃ文章は上手くなる。

「わかりました…頑張ります!

「待て。お前がそこまでやったとしても…必ずしも女が落ちるとは限らない。
出会い系サイトにはサクラも多いし、金だけが目当ての女もいるからだ。
だが、引くな。何回だって、何人にだってメールしまくれ。
要は忍耐だ。・・・頑張れよ!

「はい!」

124 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/01 11:27
そうして僕は出会い系サイトにのめりこみました。
毎日、たくさんのメールを打ちました。
最初のうちは全然返事が来なかったですが、
やがてボチボチ返事が来るようになりました。
メールのやり取りをすることもできるようになってきました。
そして…僕はついに、ある女性と実際に会うコトになったのです!!

…しかし…女性は待ち合わせ場所には現れませんでした。
そして、その女性とは連絡が取れなくなりました。
似たようなことが何度も続きました。

…僕は、何かがおかしいと気づき始めていました…。

彼女たちは待ち合わせ場所に来てないのだろうか…
それとも…僕の姿を見て、何も言わずに姿を消したんだろうか…。
僕は、サクラの人に電話してみました。彼は言いました。
「気にするなよ。そのまま続けろ。」

言われるままに僕は続けました。
でも…結局一度も、女性と会えるコトはありませんでした。
一度、メル友の女性らしき人を見かけたこともあります。
でも、僕が声をかけようとするとその人はどこかに逃げてしまいました。
僕はサクラの人に何度も電話しました。
彼は適当に流していましたが、あるとき急に笑い出しました。

125 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/01 11:28
「はははははははは!!
まあ…そりゃあなあ…お前と寝たい、なんて女はいないだろうよ…

「ど…どういうことですか?

「バーカ。俺はずっと…お前のコトをからかってたんだよw
…いや、お前に教えた出会い系攻略法は、決して出鱈目ではない。
アレも、フツーの男ならそれなりに『使える』攻略法なんだ。
ただお前の場合…あまりにも顔が悪すぎる!圧倒的に、な!!
それゆえ俺の攻略法もイミをなさない!
フツーは会えればあとは何とかなるんだが、お前の場合、会う約束を取り付けても、
女は決して会ってくれない。待ち合わせ場所まで行っても、お前には声をかけない。
ククク…。どうしてこんなことが想像できないかね…。
この結果…最初から、俺にはわかってたって言うのによ…。

「そんな…ずっと…騙してたんだ…

「当たり前だ…。どうして俺が、
お前の出会い系攻略を手伝わなくちゃいけないってんだ…。じゃあな。

電話は切れました。僕は…ショックでした。
フラフラと、メールをチェックしました。誰かから、メール来てるかな…。
来てたとしても、どうせ会ってはくれないんだろうな…。

…もう、イヤだ。もしメールが来てたなら、
その人に、全部、本音も何も全部、ブチまけてやる!

…一通だけ…新着メールが届いていました。

(つづく)

126 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/01 11:29
終わんなかったでつ。

でも、残りの展開は決まってるので、水曜の夜か木曜の朝にでもうpりまつ。

127 :名無しちゃん…電波届いた?:04/05/10 16:57
ぽん!?

128 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/10 17:20
うっ。面倒なのでまたうpってません。

も、もう少々お待ちを。

129 :名無しちゃん…電波届いた?:04/05/12 20:56
seki

130 :名無しちゃん…電波届いた?:04/05/14 13:37
ここは必ず出会えるよ。
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/furin/1082944976/31

131 :名無しちゃん…電波届いた?:04/05/15 17:34
必ず出会えるサイトなんかねぇだろ
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=deaiiaeddeai&md=mb

132 :ぬけがら ◆TV..sa27E2 :04/05/16 03:16
斎藤は出会い系サイトなんてやらないぞ。

133 :ぬけがら ◆TV..sa27E2 :04/05/16 03:19
麦丼はセックスマシーン。

134 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/16 18:14
失礼な。


ところで最近、自分のスレに顔出すのが面倒です。
病気でしょうか。

135 :ぬけがら ◆TV..sa27E2 :04/05/17 02:51
歯の病気と生殖器の病気は同類項の陰鬱らしいので陰鬱ですか麦丼?

136 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/05/18 02:31
よくわかんないけど漏れの生殖器は正常でして、
毎日のシュッシュッ!にもよく耐えておられます。
よって陰鬱ではないかと思われまつが、
まあ軽い鬱かもしれませんね!!

137 :名無しちゃん…電波届いた?:04/05/18 19:16
:ぬけがら ◆TV..sa27E2 :04/05/16 03:19
麦丼はセックスマシーン。


138 :mugi:04/05/27 05:38
あれ?落ちてる??

139 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/02 20:33
将来の職業選択で悩む日々。

一番やりたいのは漫画家。
でも、それじゃあ食ってけないし親にも悪い。

他の道を選ぶとしたら、
公務員とか弁護士とか。
でも正直やりたくない。
やりたくなくても、生きていくためには仕方ないのか。
そこで妥協しなきゃいけないのか。

140 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/02 20:41
「とかくこの世は生きにくい」という言葉があった。

私の悩みはきっと、
世の中のたくさんの人の悩みよりも
ずーっっとちっぽけなものなんだろうけど、
それでも私にとっては、大きな、大きな、悩みであり。

そして私は途方に暮れる。

141 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/08 21:52
日記スレにでもするべか。
そうするべか。
だってみんな日記スレ持ってるしな。そうだそうだ。それがいいべ。

142 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/08 21:59
実録!出会い系体験談11 (後編)、
もしかして待ってた人がいるかもしれないので
あらすじのみ書いておきます。何かもう、長い文章めんどくて。

新着メールは女性からでした。
「ひどい男に捨てられた。ヤケクソだ。会って。」
みたいなメールで、こっちもヤケクソだから会うコトに。
何と本当の女性で、しかも凄くいい人。あと美人。
その夜は話してメシだけ食べて別れたけど、そのあとも会う約束をする。
あとメール交換もする。
…で、次に会う日に待ち合わせ場所に行ったんだけどその人はいない。
「また騙されたのか…」と帰ってメールチェックすると、その人からこんなメールが。
「私がひどい目に会ったことを知った幼馴染に告白されました。
 この人と付き合うコトになったので、もうあなたとは会えません。ごめんね。ありがとう。」
みたいなメール。悲しい気持ちでいっぱいになるけど、でも、
あんな優しい人だから、幸せになればいいなあ、って思って空を見上げてつぶやく。
「いったい、何がわるかったんだろう…」

143 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/10 14:22
小学校の頃、親友がいた。

すごいのっぺりした子で、一緒にいるとふわふわした気持ちになれた。
仲良しで、いっぱい遊んだ。お菓子屋さんの息子だった。
遊びに行った帰りにパンの耳をいっぱい貰った。

俺が風邪をひいて休んだ翌日、その子に聞いた。
「昨日学校でなんかあった?
「えー。俺も風邪で休んでたから知らないよ。
…そんな仲だった。

のっぺりしていたその子は、
勉強も運動もからきしだった。
でも、いい子だった。

好きだった。

144 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/10 14:24
中学校に入ってからはそんなに遊ばなくなった。
高校は違うところに行った。
高校を出た彼は東京の専門学校に行った。

たまーにお盆に帰省すると彼に会えた。
あいかわらずのっぺりしていた。ストパーが似合わなかった。

「先輩に怒られてばっかりだよ」って笑ってた。

美少年ではないけれど。
そんなに可愛いわけでもないけれど、
でも、いい笑顔だった。

145 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/10 14:27
父から電話が来た。

その子が亡くなった、っていう知らせだった。

悲しくはない、と思う。
まるで現実感がなくて、ちょっと信じられない。
お盆に帰ってあの店に行けば、また会えるんじゃないのだろうか。

だって、だって、
まだ俺と同じ年なのに。

死んでしまうなんて、
信じらなれない。ウソだ。

146 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/10 14:30
ちょうど別の友人からメールが来てた。

「メルアド変わったよ。登録ヨロシクね」ってメールだった。

その子の死を確認しようと、返信した。
…なぜだろう、エラーになって送信できなかった。

もう一度試してみようかと思ったけどやめた。

147 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/10 14:33
楽しかった日々は戻らないし、
いつか私たちは、永遠に離れ離れにならなきゃいけない。

それは当然なんだけれど、でも、
そんな日が来るのはずっと先のことだと思ってた。

でも彼にとっての「明日」は、既に永遠に失われてしまった。
わずか、20年で。

どうして?

148 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/14 08:27
葬式にでも行くか…

149 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/16 18:35
実に面白くない葬式だった。
若い人の葬式はサイアクでつ。

最低でもあと30年は生きな…。

150 :名無しちゃん…電波届いた?:04/06/20 13:29
麦丼はおいくつですか?

151 :麦丼 ◆dfIbGMkO62 :04/06/22 11:46
そろそろ書き込めるかな…?

20さいでつ。

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)