5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   僕の廃墟   

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:28 ID:4+O+AKYv
居心地は悪くない。ただちょっとじめじめしているけど、
空はカラッとはれて光のカーテンが揺れる。青。空は高い。
どこまで登っても出られない。どこまで潜っても何もない。

僕の廃墟。居心地は悪くない。

2 :にゅうどん ◆NewdonAVd. :03/12/27 00:30 ID:+Rdf6LMh
にゅうどん

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:32 ID:4+O+AKYv
カップアイスを二つ。バニラとコーヒー。持ってきたつもりが。
二つともコーヒーだった。アイスだと美味しいからいいや。
冬のアイスはおいしいね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:38 ID:4+O+AKYv
こんな広い廃墟なのに、何故だか隅っこで体育座りしてしまう。
僕なりの心地よさなんだろう。僕なりの感じ方なんだろう。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:40 ID:4+O+AKYv
僕は星空が見えるこの場所が好きなんだけど、
その右奥の方が長い間居やすいんだ。何故だろう。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:41 ID:8f0gWSnb
意味不明でも結婚キチガイだから関わるとおまえも
まとわりつくな!レスすんな死ねはげhttp://monachat.dyndns.org/main1.html
もなちゃとのにゃんぱらりは鬱をうざいという心の傷を殺した犯人だ。
弟が鬱のためうざがる。
こいつに私は苦しめられた。死にたいと思った。
すべてはおまえのせいだ!!!
27歳無職!
おまえ絶対許さない!
許さない!!!!!
女の前ではカイコブリッコノキャラ使いやがって
夜中は殺伐にしやがって
人によって態度違いすぎだぼけ
無視機能つかってんじゃねーよ!
男のくせにうじうじもんくいってんじゃねー


なにが正直うざいだ!
薬なんかなんの回復にもなんねーとかいうなはげが!
おまえの家族とは違う症状なのまに
いろいろほざいて男のくせに女ないじめてんじゃねーよみそはげが


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:42 ID:jHM2xjvh
うーん何かいいなこのスレ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:51 ID:4+O+AKYv
誰が覗きに来ても居付いても構わない。
ただ僕が勝手に僕の廃墟って決めただけだから。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 00:55 ID:4+O+AKYv
僕は他人の事には上の空だから、
すぐ傍で揉め事があってもひとり騒いでる人が居ても、
ああうるさいなぁってまるくなるかとぼとぼ移動するだけさ。
僕の廃墟から僕は抜け出せない。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 01:00 ID:4+O+AKYv
僕の姿が見えなくても必ずここのどこかに居る。
眠っているのかもしれないし、物思いに耽っているのかもしれない。
ああ眠くなったよ。あの犬はどこに行ってしまったのだろう。寝よう。

11 :(*´・ω・`*)ヌルー ◆kXn47FN4zU :03/12/27 01:05 ID:2UuUlAdH
廃虚、辺り一面が焼け野原の大地に崩れかかった洋館の情景が浮かぶ。
『戦場の天使』という映画で空襲で破壊された廃虚に群れる少年少女たちの居る情景。
空は青みがかった灰色で雲の隙間から一筋の光の柱が屹立しているみたいね、ほら。
遥かな上空で爆撃機侵入阻止バルーンの一つが縄が切れたのかゆっくりと漂っている。
少年達は夢中になって不発弾を解体している、侵入してくる敵兵を爆殺せんと
火薬を取り出してジャムやハチミツの瓶に詰め込んでいる。楽しそうだし加わろうよ。
廃虚には地下室がある、ボイラーや貯蔵庫として使用されていたものだが、今は
少年少女たちの遊び場の中枢となっている。少年たちは熱心に空襲で変容してしまった
街の地図を作成し、近接する少年グループとの縄張り争いについて議論する。
少女たちは廃虚と化した住宅街を探索して絹のパラシュートやキラキラ光るスパンコールの
ドレスを発掘しては大喜びで仲のイイ少年に知らせ、少年は自分だけの秘密の穴倉にそれを隠す。
ああ、全てが自由なんだね、戦争という非日常的な祝祭によって空白が生まれて
抑制されていた子供達をとことん開放しているんだ、そらみんな生きる為に必死で活き活きしてるじゃないか。
廃虚のイメージ、シェルター防空壕のイメージ、大小様々な壷が並んだ古物商の店のイメージ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 01:10 ID:4yBKtNMJ
漏れは純粋自己

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 02:00 ID:jHM2xjvh
廃虚を見つけた。 しんとしている。誰か、いないのだろうか? いつの間にかふりだした雨が、廃虚の扉の脇にあるバケツを打っていた。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 02:05 ID:jHM2xjvh
その音と、雨のにおいと、静寂が心地よくて。 腰をおろすと、廃虚の戸にもたれた。 きしんだ音がした。 一服した。 妙に心が落ち着いた。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 02:07 ID:jHM2xjvh
いるかも知れない廃虚の主へ。 お礼として、どこか外国の銅貨を、置いていった。 生憎それしか、持ち物がなかったのだ。 錆びたバケツの脇に置いていった。 疲れたら、また来るよ。

16 :ムキンポ:03/12/27 10:22 ID:xYFvZ3ue
廃墟があった。
むしゃくしゃしていたので火をつけた。

17 :ムキンポ:03/12/27 11:14 ID:xYFvZ3ue
壁一面に張りついている、枯れた蔦に火をつける。
火はぬらりと壁を這い、破れた窓からその内側に侵入した。
木で出来た雨戸に、燃え移った。
やがて、色あせたカーテンにも火がつき、薄汚れた布が華やかな紅に染まった。
それからは、よく燃えた。
比は炎へと変わり、舐めるように家を侵略していった。
焔はその力を誇示するように、身を躍らせながら、家の内を赤々と照らし出していた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 11:25 ID:1vukGG66
僕は寒さで目が覚めた。お気に入りの場所、
塔になっている吹き抜けの部分に行くと、雪で覆われていた。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 11:38 ID:1vukGG66
ここは広い。あちこちで何かが起きているようだった。
僕はいつものようにリンゴをかじるだけ。
お腹の大きな女性が度々置いて行ってくれる食べ物を。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 12:29 ID:1vukGG66
眠いなぁ。でも僕は眠れない。ぼんやりとしていよう。

21 :アボカド ◆AGAPEyjo/I :03/12/27 12:50 ID:lP9i3oWl
詩なら詩のスレへ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 13:19 ID:jHM2xjvh
>>21確かにポエミーだとは思った。 でも、メンヘラーがちょっと安らげる場所って感じがする、ここ。 こんな場所があっても良い、と思う。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 13:24 ID:1vukGG66
詩じゃないよ。ここは僕の廃墟。
僕の文章の書き方に問題があるだけさ。
でも直せないから仕方がない。これが僕だから。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 14:26 ID:1vukGG66
眠れないかもしれないけど、少し寝てみようっと。

25 :アボカド ◆AGAPEyjo/I :03/12/27 15:04 ID:lP9i3oWl
ていうかここは>>1さん専用スレだったのかw

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 16:02 ID:V9hMeA21
少し眠れた。夢を見たよ。でも覚えてない。

僕の廃墟って、僕が勝手に自分の中で決めただけで
誰が引っ掻き回して帰っていっても澄み付いても
僕はかまわないというか、僕には何の権限もないよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 16:25 ID:epFs6vO0
スレの私有化は削除対象

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 16:26 ID:epFs6vO0
私有化っつーか私物化

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 16:45 ID:Z2eVbMJD
別にどうでもいいじゃん

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 19:53 ID:GkDGTFNJ
>>29
そうでもない

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/27 20:28 ID:TWzE6F+q
僕は日の当たる場所は嫌いだ。
まぶしすぎる。
やっぱりこの廃墟が一番落ち着く。
小さい頃からずっとずっと住み慣れたこの廃墟が。
それがどんなに汚くても、居心地が悪くても。

32 :ムキンポ:03/12/27 20:44 ID:xYFvZ3ue
一軒の廃屋を灰燼に帰させたあと、ぼくはまた歩き出す。
夕暮れて、星が輝き、月が昇り、空が白んで、朝日が昇った。
ぼくは歩き続けた。
冷たい岩場を越えて、退屈な原っぱに出たところで、
またぼくは、打ち捨てられた家を見つけた。
あたり前のように、その中に入る。
玄関を引くと、ギイときしんで開く。
開ききったところで、蝶番がうめくような音をたてて壊れ、扉は傾いてそのまま閉まらなくなった。
中にはかび臭いにおいが漂っていた。
壁が黒ずみ、柱は虫に巣食われて穴だらけであった。
冷たい空気が、床を這っている。
死体が、転がっていた。
胸にナイフを突き立てた、大きな死体。
天井からぶら下がる、小さな死体。
素敵なオブジェだと、ぼくは思った。
ぼくはしばらくそこに住むことにした。

33 :ムキンポ:03/12/27 23:31 ID:xYFvZ3ue
キッチンの天井からぶら下がった少年と向き合って、ぼくは昼食を食べた。
「何がそんなに気に入らなかったんだい」
ぼくは少年に尋ねてみた。
けれど無口な少年は、うつむいたまま、ただじっとぶら下がって、ぼくを見下ろしているのだった。
眼球を失い、がらんどうになった眼で、じっと見つめてくるのだった。
「殺すほど、憎かったんだね」
そう言って、ぼくは横になっている彼の父親に眼をやる。
父親は、息子を呪うような表情で死んでいる。
肉が腐って落ちたその顔からも、その呪いは見て取れた。
「あんたも、どうせ、似たような憎悪を抱えながら生きてたんだろ」
父親を見下ろしながら、ぼくは言った。
「似たもの親子だよ。まったく」
そう言って、ぼくは笑って見せた。

34 :ムキンポ:03/12/28 00:27 ID:Px1iF7wF
昼食の団欒の後、ぼくは家の外に出た。
そとはよく晴れていて、気持ちのいい大気がぼくの身体を撫でていた。
どこまでも広がる草原は、ぼくを本能的に駆け回らせたくする。
彼らを誘って、運動でもしようと思った。
こんなひろい場所でなら、きっと、サッカーをすると楽しいんだ。
庭にあった物干し竿とその支柱で、ゴールの枠は出来る。
少年を、物干し竿の真ん中にぶら下げて、ゴールキーパーになってもらおう。
サッカーボールが無かったので、父親の頭蓋を借りることにした。
椎骨は、頭蓋骨にまだくっ付いていたが、かまうもんか。
蹴り飛ばしてやると、まぬけな音をたてて、あたまは外れた。
あたまのサッカーボールは、ひどく軽くてよく飛んだ。
あまり中身が詰まっていないらしい。
奇怪な転がり方をするのは、きっと生前からの性格なのだろう。
まったく、どうしようもない奴だった。
跳ねたり止まったりしながら転がる父親を、思いきり蹴飛ばして、ぼくはシュートを放つ。
真正面から受けとめた少年は、腹にボールを抱えこんだ。
そのまま腹から下が千切れて、ゴールの中に入っていった。
まったく、どうしようもない奴だった。

35 :くれは ◆C.LloTMsUA :03/12/28 23:09 ID:vQyBxiCU
にゃんにゃにゃんにゃ にゃんにゃにゃんにゃ
僕は僕で居る事に疲れて 唄って踊ってみたけど虚しい。
太鼓を叩いたりして酷く疲れたのでもう寝よう。

僕が立てたスレ。だけど僕だけのものじゃないよ。
この廃墟は僕が勝手に僕の廃墟って決めたけど、
きみらの心にはにはきみらの廃墟があるはずさ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/28 23:33 ID:IvZuv+R6
なんか居心地いいね、このスレ。
文学的日常記?

37 :くれは ◆C.LloTMsUA :03/12/28 23:58 ID:vQyBxiCU
個々に世界観があって面白いよね。
でも僕はあまり他人事には興味を持ち合わせていないんだ。
僕が安全で居るために、すこし耳をすましてみるけれどね。

38 :36:03/12/29 00:07 ID:U6yujP3h
=1さん?>>くれは

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 06:29 ID:KUzhvANY
よく考えたら廃虚って見た事無い。
イメージとしては瓦礫の城?
俺の心にもあるのかな?
見つけられるまでの少しの間だけお邪魔します。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 14:14 ID:U6yujP3h
納屋とは違うよね。
火をつけて焼くことはない。
私のイメージも瓦礫の建物。

でも、廃墟は寒いでしょう?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 20:21 ID:Gl4IFdBD
よさげなスレだね。

42 :くれは ◆C.LloTMsUA :03/12/30 01:19 ID:zWUc5BT8
>>38
そだよ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 22:12 ID:dRDg+DN5
あげ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/31 22:17 ID:lrUgSInQ
廃駅とか好きだな。
なにも起こらない長いホーム。

廃液じゃないぞ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 01:54 ID:4NWCSE51
昔ホテルだった所とか、教会だった所とか。

このスレ静かでいいなあ。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 14:10 ID:d3Rm++19
ここ、好きだな

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 14:22 ID:d3Rm++19
今日は、あたたかいな。新年にふさわしい天気。だけど、僕の心はどんよりしていた。外にはでたくない。「あけましておめでとー」の声、シャッターを切る音…僕の孤独の輪郭を、一層際立たせる。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 14:29 ID:d3Rm++19
周りが楽しそうであればあるほど、私の胸には影が落ちる。だから、今日は廃虚にこもっていることにした。廃虚の中庭に出て、お昼ご飯。くずれた塀にもたれて、好物の林檎とバナナをランチマットに広げた。僕なりのごちそうさ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 14:34 ID:d3Rm++19
ここは、閑かで、いい。誰かと自分を意識の底で較べて、悲しまずにすむし。だから、好き。趣味で、アンティークドールやら、古びたおもちゃの列車やら、のこぎりを持ったサンタクロースやら、一風変わった物が、無造作に散らかしてある。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 14:38 ID:d3Rm++19
自分の心理を推測するに、おそらく、極力ここを世間から遠い場所にするために、そんな浮世離れしたものばかり置くのだろう。ああ、風がきもちいいなあ。母さん、年明けに顔も見せずに、ごめんよ。今外に出る勇気がないんだ。本当にごめんよ。ちょっとひといきついたら行くよ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 20:28 ID:4NWCSE51
今朝。
海岸は日の出を見に集まったひとでいっぱい。
でも、どんよりした厚い雲が東の空にたちこめて、
いつしかいっぱいいた人は消えていて
ひとりきりに。

ずっと待っていたら、雲の切れ間から太陽の光が海に落ちていたよ。

新年おめでとう>くれは、&all

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/01 22:14 ID:d3Rm++19
>>51おめでとう(^∀^)またこの廃虚で会いましょう。

53 :くれは ◆C.LloTMsUA :04/01/02 17:00 ID:/eW+oKna
新たなる年に、おめでとう。
初夢は忘れちゃったけど、なんだか楽しげだったよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 05:24 ID:nHe0+2fm
くれはさんおめでとう。今年もよろしく。

55 :ムキンポ:04/01/03 15:11 ID:lGgTQDCy
冷たくて、鋭い風が吹いている。
電線をゆらして、こころを急き立てるような音を響かせる。
信号はめまぐるしく変わり、神経を苛立たせる。
何もかもが、人を死にいそがせる町だった。
そして、全てが死に絶えてた町だった。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/03 15:15 ID:+IxqhjzY
新年明けましておめでとう!
なにげに、このスレのファンでつ。
くれはさん、これからもマターリと続けて楽しませてね〜

57 :くれは ◆C.LloTMsUA :04/01/03 23:59 ID:22cPw1NJ
僕だけの廃墟じゃないから 廃墟はひとつじゃないから
みんなが落ち着ける そんな場所 みつかるといいね

冷たい壁に背もたれて目を瞑り 片ひざ立てて手を組む
信じる事と信頼を得ることを考えながら

このまま眠ろう 僕の廃墟で

58 :ムキンポ:04/01/04 00:03 ID:NqWI41Rl
ぼくがそこに着いたのは、曇った夜のことだった。
まばらに設けられた水銀ランプが、あたりを光と闇のまだらに彩っていた。
公園では、首の長い十本足の犬が、巨大な灰色のインコとじゃれ合っている。
砂場で、二匹は跳ねまわり、もつれ合って遊んでいた。
狂ったような彼らの鳴き声と、悲鳴のような風の音が、この町にはよく似合っている。
歪んだこの町で、なお、彼らは生きつづけているのだ。
もうとっくに終わったはずのこの場所に、あやまって産まれてしまった二匹にとって、

59 :蟲市 ◆MusiWfuZok :04/01/04 17:47 ID:wU27ZjTS
古びた駅 所々が錆だらけ 何年も使われてない様子 廃駅か
どうやって自分がこんなところへ来たのかさっぱり思い出せない いったいここはどこだ? 
周りに人の気配は全くない だが気分は不思議と落ち着いている 懐かしい匂い 懐かしい?

私は電車を待つことにした 来るはずもないのに でもなぜかそういう気分だった
もしこの廃駅に電車が来たら できるだけ遠くへ行こう そう思った

60 :ムキンポ:04/01/05 00:44 ID:iuvDbmgV
もうとっくに終わったはずのこの場所に、あやまって産まれてしまった二匹にとって、
絶望こそが世界だった。
人がいなくなってなお、町にあった機械の大半は動き続けていた。
町の外れにあるペットショップの人工子宮も、その機能を、しばし維持していた。
その中から彼らが産まれ落ちたときには、世界はもう、終わっていたのだ。
どこにも、希望も、救いも、なかった。
彼らが享受できるはずだった安らぎは、もう、枯れ果てていたのだ。

61 :ムキンポ@視点が定まらない……:04/01/05 13:50 ID:iuvDbmgV
遊びつかれた十本足犬は、ハイイロインコから離れ、公園を後にした。
振り向くと、ハイイロインコはベンチの上にとまって、静かに目を閉じている。
十本足犬は、暗い通りをのろのろと歩いてゆく。
左右五本ずつの足を器用に前後させて、波打つような足取りで進む。
やがて、十本足犬の目には、無数のパイプが壁からのび出している建物が見えてくる。
無機質なパイプが有機的に絡まった、工場プラントであった。
その一本のパイプが、十本足犬の目当てであった。
のろのろとそのパイプの下に歩いてゆくと、パイプを伝って流れ落ちる廃液を舐めた。
パイプがわずかに破れているのだろう。
いつも、微量ずつ、よどんだ廃液がこぼれて流れ出していた。
それを飲むのが、十本足犬の目的である。
ここは、彼が見つけた、水のみ場なのだ。
それは苦くて、吐き気を催す液体だった。
現に、十本足犬はよく嘔吐していた。
ひとしきり水を飲み終えた十本足犬は、きびすを返し、工場から離れる。
足がもつれた。
三本目の足が、痙攣している。
めまいもして、世界がぐにゃりと歪んで見える。
水を飲んだ後は、いつもそうだ。
けれど、それが彼にとっての当たり前だった。
それ以外の飲み物を、知らなかった。
うまれたときから、それが当たり前だったのだ。

62 :蟲市 ◆MusiWfuZok :04/01/05 14:43 ID:wGNYtJ/0
いつまでたっても電車は来なかった 私は途方にくれた
誰かいないか探してみよう 寂れた廃駅を浮浪者のようにヨロヨロと歩く
車輪の壊れた車椅子 錆びた金属バット 点滴用の輸血パック 気味の悪いものが所々に散らばる 
まるでホラー映画だ プラットホームに戻ろうか? いや 待ったって電車は来ない

小さい駅だと思っていたが どこまで歩いても出口がない 疲れた 戻ろう
しかし虫の一匹くらい居ていい気もするのだが 自分以外の生命の気配は全く無い 
だが懐かしい匂い ここに来たことがあるのだろうか? 何も思い出せない

結局私はまた電車を待つことにした 来ないはずの電車を 遠くへ行く自分を夢想しながら
ん?何かが線路を走ってくる。。。あれはなんだろう。。。

63 :くれは ◆C.LloTMsUA :04/01/05 23:41 ID:vmJ9o7bx
居心地のいい場所。僕の廃墟。今日はもう寝よう。いつもの場所で。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/05 23:45 ID:eKUKCV+R
おやすみ

65 :くれは ◆C.LloTMsUA :04/01/06 14:38 ID:P1Tpr3Tk
メッセのアカを取得したよ。
kurenainohane@hotmail.com

寒くなってきた。火にあたる事にしよう。

66 :36:04/01/06 22:22 ID:5mtEhABj
>>65
これってどう使うの?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/07 00:37 ID:WkHTvJlz
僕の廃墟。略して「ボクノハ」。

68 :くれは ◆C.LloTMsUA :04/01/07 18:21 ID:60MvtCUd
>>66
みんなでメッセやろうよスレで訊いてくらはい。
僕は疲れました。寝るー。でもあとちょっとでごはんだ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/12 01:59 ID:r4z+/OnW
風が、ごうごうとうなっている。屋根はばたばたとはねて、いまにも吹き飛びそうだ。雨漏りも凄い。バケツやら洗面器やらを幾つ持ってきても足りなくて。私は疲れてその場に膝小僧をついた。うなだれた。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/12 02:00 ID:r4z+/OnW
いっそ、私の輪郭も吹き飛ばしてよ、風さん。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 02:40 ID:0n02nSKZ
消えちゃやだー。あげ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 03:25 ID:uS0ApA9B
クタクタになった毛布が一枚。
だけど、これだけで十分。
みんなおやすみ。
明日は暖かくなると良いね。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 23:48 ID:H8b+GnuE
くれはさんまだいる?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/17 04:58 ID:coGFsIwc
というか皆さんいますか?
内面を文学的に描いたスレが多いし、
ムードも落ち着いてて秘かに好きなん
です、此処。

75 :74:04/01/17 04:59 ID:coGFsIwc
連投ごめんなさい。スレじゃなくてレスだ…。

76 :くれは ◆C.LloTMsUA :04/01/17 12:39 ID:OS940EiM
>>73
いるよ。僕はずっと此処から出られないんだ。
心地良い呪縛。今日は寝て過ごそう。

77 :マリア観音 ◆rI2jLqqnqQ :04/01/20 01:34 ID:OLDpI1w9
廃墟っていいですよね。
僕も脳内廃墟が欲しい。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 19:29 ID:fbQWaxSI
>>76 またくるよ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 23:53 ID:PGE0/eN9
このスレ本当に廃虚になってきちゃったな…

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/21 16:15 ID:RvQt5i0J
書いて感想が返ってくるわけでもなし、各人の「廃墟」が相互に関連するわけでもなし、
スレの発展の仕様がないからな。

81 :Mkimpo:04/01/22 18:24 ID:L56PqXIz
 歩くほどに、十本足犬の目眩はひどくなってきた。空と地面が混ざり合っている。
平坦なはずの路地が、右へ、左へと、交互に傾斜する。
 壁にぶつかった、と思うと、それがアスファルトの地面であった。知らぬ間に、
倒れているのだ。どこが上でどこが下なのか、まるで分からない。それでも十本足犬は、
足をばたつかせ、自分の身体を吸い付ける冷たい地面を、押しのけて立ち上がる。
くらむ頭を振った。よけいに世界がぐるぐると回った。吐き気がひどくなり、
しばらく動けなかった。じっと目を閉じていると、ようやく大地が足元に落ち着いた。
 ゆっくりと、足を前に出す。一歩いっぽ、歩いてゆく。歩き出すと再び世界は揺らめきだし、
十本足犬を倒れさせるのだった。何度もなんども、十本足犬は地面に倒れ込むのだった。
 十本足犬は吠えた。やり切れぬ怒りと苦しみを吠えた。大地を呪った。空を呪った。
そして、思い通りにならぬわが身を呪った。呪いながら、ふたたび立ち上がり、歩いた。
公園を目指して、歩きつづけた。そこにいるはずのハイイロインコを求めて、
僅かずつ歩を進めてゆくのだった。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/23 10:49 ID:kK4KaiXY
木漏れ日がさしてきた。
なんか良くない?

>>76 心地よさにひかれて、また来てみた。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/24 23:56 ID:0HfURAhh
ICOスレでつか・・・?
なんかそんなイメージでつ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 19:14 ID:E67YLvtj
風邪引いた

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/31 09:47 ID:bt0Z7Ukg
あったかくしてよく寝なよ。ほら、林檎を持ってきたよ。

86 :84:04/02/02 16:45 ID:EhLjky2e
>>85 風邪治ってきたよ。林檎ありがとう。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 02:12 ID:xMCKZ9Bi
誰かいるかな?

落葉をふみしだく音と共に、
私はまたこの廃虚にやってきた。
此処にいると、ひどく心が落ち着くのである。
廃虚の前で、落葉を集めて焚火をしてみた。
ひとりもいいけれど、だれかこないかな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 02:16 ID:hgb8SG38
こんばんは。暖かそうですね。

89 :Matisse ◆04xSIyrRnM :04/02/10 02:17 ID:r8DmDv2T
『少し隠れたくなっちゃったよ
てぶくろ 落ち葉で汚れちゃってるね 折角買った白。』


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 02:25 ID:xMCKZ9Bi
こんばんは。
眠れなくて困っていたんだ。
お会いできて嬉しいな。やきいもをおすそ
わけ。

折角買った白の手袋、明日が晴れたら洗濯
しよう。
黒の方が汚れにくいけど、何だかなぜだか
白がいい。
明日が晴れたら、いいね。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 02:49 ID:xMCKZ9Bi
眠剤を入れてみたよ。
廃虚の片隅で、ブランケットをかぶって
身を丸めてみるよ。さあ、睡魔がおそって
くると良いのだけど。
良ければ誰か、歌を歌ってくれないかな。
子守歌がいい。さみしくて仕方がないんだ。
さて、眠って、いい夢が見られるといいな。
夢を見るのが、趣味なんだ。
くれはさんはどうしているのだろう。
心地良い静寂。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 10:22 ID:xMCKZ9Bi
十本足犬はどうしただろう。

今日はいいてんき。ぬけるように青い空。
さあ、洗濯をしよう。
青い空とは裏腹に、今日の私の気分はどんよりしているけれど。

新品の赤いバケツを持って川に行く。
ちょっとだけ、いいきぶんになった。
洗剤の香り、ここちいい。
どこかとおいところで、鳥がさえずっている。
どうせなら、もっと近くで、羽でも洗っていておくれ。
涙が出そうだから。
さあ、帰ったらもういちど、眠りに沈もう。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 11:33 ID:yNCmHO2Z
sage

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 16:21 ID:7eshqbat
あー!
重症ナルシストォォォォォォォ!!!

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 01:18 ID:TLPBttfs
ここの>>1のイメージは
[文だけ]見ると細身の美少年と
勝手に思い込んでます‥
ほっといて下さい
最近自分おかしいんです過去にも増して‥
もう終わりなんですかね‥
このスレ好きです。そんだけ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 04:46 ID:KTvJ33YP
私も好きです。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 11:47 ID:Rmluz+Yr
昨日も好き
今日も好き
明日も好き

明日は‥あるのかばっきゃろーィ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 02:54 ID:kZ5BjQ28
温室。
じっとりとした温室。
僕はその片隅で、ぼんやりとしている。
虚ろな気分だ。
此処から出たい。
何となく息苦しい。
出口は、どこだ?
意識が、臨界点に達していく…。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 04:14 ID:D0TRFJfF
不意に目が覚めた。
ようよう潜り込んだ建物の外では、風がうなり声をあげている。
雨風はしのげるけど、空気が冷えた気がして、
私は古毛布をきつく体に巻き付けた。
明け方は、まだ遠い。

100 :◆lHUpm9zNmY :04/02/13 07:39 ID:Mhpyvfj2
非現実的で同時になによりもリアルな空間。
僕の廃墟と僕の飛べない鳥…
逃がしてしまおうか、それともこのまま一緒に朽ち果てようか。

そして、100の廃墟。

101 :ムキンポ:04/02/14 00:01 ID:Kp3gWO3L
ぼくの廃墟はねー、
壁になんか緑色のコケみたいなもんがブワーはえててー、
部屋の真ん中に何かしらんけど綺麗なキラキラーなるもんがドガーンあってー、
天井とかギュワーンなるあれがバーンなっててー、
扉がドバーンって感じの装飾がビヨーンってされててー、
絨毯とかヌホーって感じですごいねんけどー、
それより柱にくっ付いてる名前忘れたけどあれがもっとすごくてヌラヌラした感じでー、
もうたまらんねん。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 00:47 ID:iahQ3dRc
あはは
擬音おもろいなぁ

ところで天湖君みたいな王子さま転がってませんか
ひとりごとですごめんなさい

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 08:48 ID:BlrU49Or
>>99
奇遇なことに、私も同じころに目を覚まして
この廃虚に来たんだ。ひどくめまいがして、
うずくまっているばかりだったけど。
>>100
もう100の廃虚があるんだね、此処に。
それぞれの世界、それぞれの廃虚。
それを垣間見れる場所。
>>101
前々からやけに私のツボでした。ムキンポ
さんの廃虚。思わずログを見返してみたよ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 09:00 ID:BlrU49Or
今日もひどく憂鬱で。
困った、発作だ。
もう出ない噴水のふもとに腰掛けて、
空を見る。
墨でマーブリングしたかのような、空。
泣き出しそうだ。
私のようだ。
空が、泣き出した。
噴水の日々をつたって、雨水が流れていく。
風邪をひくだろうか。
でも雨の匂い、嫌いじゃない。
壮麗な廃虚を少し遠くに見つつ、雨をあびる。
うん、いいにおい。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 09:12 ID:BlrU49Or
>>102
すこし、さがしてみたよ。王子様。どこかに転がっていると、いいね。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 09:15 ID:hSedPT+W
ポ…ポエム?(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 09:23 ID:vFBKUTwG
>>98
出口なら亜熱帯の草草をかきわけて
いった、その奥。早く抜けられると
いいね。
>>106
ま、ええやん。ポエミーなスレがあ
っても。俺は好き。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 09:36 ID:BlrU49Or
ポエムというか、メンヘラが心象世界をかきこむ
スレかな?と。
たまに廃虚と廃虚がリンクしたり、レスに反応
があったりすれば発展しそう。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 00:41 ID:853kVJbm
>>107
とりあえず出られたよ。夜風、気持ちいいね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 13:50 ID:cbc/Rt/H
>>105
ありがとう。
現実では無理に近いかもしれない

近頃眠りにつけないけれど
せめて、夢で逢えたら…

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 00:11 ID:bOp8R8FH
せめて夢で逢いたい、ってこと、あるよね。
イメージを明確に持って眠りにつくと遭える
率があがるみたいだよ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 00:16 ID:qN/naKRu
? 何だかよく分からないスレだけど、
廃墟っていうものは自分も好きだ。写真集みたいな本も買ったぐらい。
実際に行ってみたいけど、ちょっと怖いな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 00:21 ID:bOp8R8FH
ピンク色の、空。
どこまでも続く、オレンジ色の平原。
その真ん中に、立つ。
ひつじは何匹いるのかな。
遠い空を飛ぶよだかの影を追おう。
誰かいないのか。
ここに、僕は独りぼっちで。
林檎の木の下でハニートーストをかじる。
蒼い犬が鳴いている。
どこだろう、此処は。
誰だろう、僕は。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 00:29 ID:bOp8R8FH
>>112
確かに何がなんだかわかりづらいよねー。
でも、心象世界を書き込むスレだと私は解釈してるよ。
廃虚って、いいよね。実際行くとなると
何か出そうでこわいけど(笑)でも行って
みたい。

115 :ムキンポ:04/02/16 04:44 ID:k8vY5NhH
「雨だ……」
空を見上げた彼女が、ふいにそう言った。
彼女の横顔をながめていたぼくも、顔を上向けて彼女の視線を追う。
灰色の空が、破れたトタンの屋根に千切られてみえた。
トツ、と、ひたいに冷たい雨粒があたった。
「雨だ……」
そう、ぼくも言った。

雨足はゆっくりと強くなっていった。
ぼくらは空を見上げたまま、雨粒が落ちてくるのを見ていた。
もはや意味をなしていないトタンの屋根が水滴に叩かれて、不規則に音を鳴らす。
子供がでたらめに鳴らす楽器のようだった。
ぼくらは身体をぬらしながら、そのまま雨の演奏を聴いていた。
雨は灰色の空から、無数に落ちてくる。
床には水溜りができていった。
壊れた時計や汚れた人形、額に入った誰かの写真の上にも、雨は降った。
遠い時代の11月25日で止まっている日記の中にも、じっとりと雨はしみ込んだ。

ぼくは体が冷えてゆくのを感じた。
ぼくはぬくもりが欲しくて、そっと彼女に近づき、肩を寄せた。
雨が、彼女の白いシャツを濡らし、肌を透けさせていた。
ぼくは少し、緊張する。
彼女がそっと体重をかけてくるのを、ぼくは感じた。
しっとりと濡れた布越しに、彼女の体温が、伝わってくる。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 08:19 ID:zlOjeSv3
>>115のムキンポさんの廃墟は続きがあり
そうなかんじですね。
>>104など、雨をモチーフにしたものが
結構ありますね。
雨の音、匂い、しみとおっていく感じ、
いいですよね。
では、自分は雪をモチーフにやってみます。

雪。
雪が降っている。
らいちょうの若毛のような雪が、とめどなく、
幾つも、幾つも。
見上げると、吸い込まれそうだ。このまま、
天に連れ去ってくれないだろうか。
雪のオブジェが、幾つも、幾つも。
枯れた花。
しなる枝。
雪の廃墟。
林檎をみつけた。
あの枝の端にぶらさがっている。
てをのばしてみた。
駄目だ。
背伸びをしても、届かない。

さて、どなたかが気が向いたらこの
続きを書いてくれたりすると・・・
面白そうだなあ。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 09:17 ID:WUH7yEZD
シザーハンズって映画見たことある?
山の上のお城で人造人間のエドワードが
永遠に行き続けるの
産みの親は人間だからエドワードが未完成なまま死んで
お城は廃墟で、広くてそこに一人でエドワードは
永遠に生きる
氷の彫刻を作るとふもとの町に雪が降る(氷の屑で)
で、ふもとの人たちはエドワードが生きていることを
雪がふると思い出す

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 10:13 ID:3MwB9GF0
>>117
エドワードが生きている事を知っているのは、一人だけじゃなかったっけ?
ふもとの住民達は最後エドワードを捕まえに山の上のお城まで押しかけて行っていたし。
だから、雪がふるとエドワードを思い出すのはその一人の女だけということ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 10:16 ID:WUH7yEZD
>118
あぁ、そうだよね。覚えているのはヒロインと孫だけか。
でも私は雪が降ると
「エドワード、生きてるな」って思い出すんだよ。
あの廃墟の城で氷の彫刻を作っているんだなって。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 10:44 ID:bOp8R8FH
シザーハンズはタイトルだけ知っています。
確か、両手がはさみの人が出てくるんでしたっけ。
雪に、廃虚。惹かれる要素満載ですね。
さっそくかりてこよう。
そして私も雪を見たらせつなく思い出そう。
ああ、エドワードがまた彫刻をつくっているな、と。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 10:47 ID:bOp8R8FH
ちなみに↑は>>116のカキコです。今携帯からなんよ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 11:05 ID:3MwB9GF0
>>119
素敵ですね。雪が降るたびにそんなに感慨深くなれるんですから。
私は最近感動した事がない、無感情男になりつつあるもんで。
>>120
素敵な詩だ。私のセンスでは続きは書けそうにありませんね。次回作を期待しております。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 12:22 ID:WUH7yEZD
>>120
ちなみにヒロインは「17歳のカルテ」のウィノナ・ライダーですよ。
エドワードはジョニー・デップ(TVアイドルから脱却を図っての
映画進出作品)
2人とも若いよ…!

124 :◆lHUpm9zNmY :04/02/16 17:27 ID:KtjaHiLg
ジョニーデップいいですよね。
私もシザーハンズ大好きで何度も観ました。
でも凄く切なくなるんですよね…

125 :◆lHUpm9zNmY :04/02/16 17:31 ID:KtjaHiLg
今年の冬は雪が積もらなくて寂しいな…

126 :208:04/02/16 20:01 ID:WUH7yEZD
>蜜さん
ちょっと不都合でも雪積もって欲しいよね
あぁ、エド頑張ったなとかやりすぎだよエドとか
あの映画だけ20世紀FOXのオープニング画面に雪が
降り注いでいる
初めて見た時はわからなかったのに2回目からは
オープニングで泣けてしまう
自分がエドみたいな異邦人であるとしても
誰も受け入れてくれない事実と照らし合わせて

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 01:07 ID:8mIxohyd
雪が積もると、その重みで屋根が落ちそうで、こわい。
今のうちに、できるだけ屋根が傷んでいない場所へ移動しておこう。

128 :優しい名無しさん:04/02/17 11:06 ID:UpLqobH/
ここには雪は無いよ。
でも、ここまで太陽の光はさしてこないんだ。



129 :◆lHUpm9zNmY :04/02/17 13:42 ID:Z2Fz4gES
>>126
うん、雪降ってほしいよね。雪大好き。
普段全くと言っていいほど外へは出ないんだけど雪の日だけは別。
自分と照らし合わせて見てしまうよね…。

130 :208:04/02/17 14:35 ID:kiZMu/UZ
ごめん、>>126の文章酔っ払ってたんで今読むと恥ずかしい。
買い物頼まれたついでに酒買ってしまった。
一ヶ月ぶりなんですぐ飲み始めてしまった。

私の廃墟(部屋)には電子レンジもトースターも冷蔵庫も
ミシンもドライヤーも掃除機もある。
一見住み心地良さそうに聞こえるかもしれないが
つまりは「オープンスペース」家族が当然のように入ってきて
それらを使う。
見張られているような感じ。
昼夜逆転させられないよく出来たシステム。
誰も使い方を知らないので触れない、このPCだけが私の廃墟。
自分でも読み返したくない毒がメモ帳に吐き出されている。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 14:37 ID:0oAXvV6B
おまえらそのクソ掴んだおててで色んな物をこねくりまわさないでください( ´ー`)つ━・oO
そんなことしなくても自分の口があるでしょ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 14:39 ID:i/ly1abh
>>128
土の上にいるのかな。土の
ぬくもり、落ち着いたにおい、いいよね。
>>129
私も雪大好きです。一面の銀世界、きれいだよね。
曇りの日はちょっと影のかかった白、
晴れの日はきらきらの白。
雪の積もった日に外へとびだして、あしあと
つけるの、好きだな。我ながら子供っぽいけれど。
確かに、自分と重なるな。私の場合、すぐ溶
けてしまうところとか。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 14:48 ID:i/ly1abh
>>130
うーん、いろんな廃虚があって面白いなあ。
130さんの廃虚は、一見すみよいようで、そ
うでない感じだね。パソコンが唯一安らげる
廃虚みたい。なんだか、ちょっぴりせつない。
私の廃虚は胸の内。全部胸の内にしまって
あって、くるくる風景が変わるんだ。
たまにこのスレや、日記帳に姿をあらわす。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 07:28 ID:Pj4vLghO
風邪で息がくるしいよ。
廃虚の奥の、ふかふかのベッドに潜り込む。
ふかふか、ふかふか。
あったかい。
ずっとここに沈んでいたい。
どんより空、鮮烈な白。

135 :ムキンポ:04/02/18 07:51 ID:s2MZ1w5H
「このまま」
ちいさな、ちいさな声で発せられた彼女の言葉は、
ざあざあと降りつづける雨の音にまぎれて聞き逃してしまいそうだった。
「世界が雨に沈んでしまえばいいのに」
そうつぶやいた彼女は、頭をぼくの肩によせたまま、くずれ落ちた壁の外を見つめていた。
雨の音が世界をつつみ、白いもやがすべての景色を溶かしていた。
ノイズの走る真っ白な異空間に、この廃屋が迷い込んでしまったようだった。
僕はただ、そっと彼女の手の上に自分の手のひらを乗せた。
しろく、つめたい、氷のような手だった。
彼女の身体が、こきざみに震えていた。
カチカチと、歯が鳴っている。
見ると、顔は色を失って白く、まるで死にゆく人のようだった。
わけもなくぼくは、彼女にくちづけた。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 09:24 ID:Pj4vLghO
>>135
ムキンポさんの文章って文学性を感じる。
他スレ(1行小説リレーとか)
でも見掛けたりして、ひそかにファンです。

137 :城守:04/02/18 20:53 ID:cb64jbRP
丘の上の 朽ちた城砦
僕は ここの城守
朝 塔のてっぺんに登り
小さな赤い旗を揚げ
夕方に下ろす
塔の石彫りの 獅子の紋章は
もうすぐ崩れ落ちるだろう

どこまでも続く赤茶けた大地を
つむじ風が横切っていく
丘の下を ときたま
馬や荷車が 小さな砂ぼこりをあげて通っていく
動くものは それだけ
地平線の上で 稲妻が光った
雨がこちらに向かってくる
今日は早めに 旗を下ろそう

だけど 戦(いくさ)は
もう 百年も前に終わったんだ
ここには何年も 誰も登ってこない
おまえは なんのためにいるのかと
おまえは なにをしてきたのかと
人は聞くだろう
でもいいんだ 僕はここの城守
ここが僕の廃墟だから

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 22:06 ID:Pj4vLghO
>>137
孤高な城主、カコイイ(・∀・)

139 :アッシュ ◆Fn0.ce5zME :04/02/18 22:07 ID:uqtgtZvB
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ

140 :優しい名無しさん:04/02/18 22:39 ID:S6rSJEaw
>>137 ほんとだ。カコイイ!
「廃墟」のイメージにぴったりだ。

141 :城守:04/02/18 23:27 ID:qu/16t2r
>>138, 140
どうもありがとう (*^^*) テレッ

>>139
大丈夫?
言葉にならない想いってあるよね。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 23:46 ID:Pj4vLghO
城守さんて優しい方ですね(^▽^)私も見習わなくちゃ。

143 :116:04/02/18 23:49 ID:Pj4vLghO
>>122
遅レスですが、ありがとうございます。
創作意欲が湧いてきました!

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 23:57 ID:juZ3kseu

詩スレ?
気が向いたら書いていい?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 00:05 ID:goKiAt1x
私は心象風景をかきこむスレだと思ってます。
ポエミーなのが多いよね。
色んな方の廃虚が見たいので、気が向いたら是非!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 00:27 ID:Nv/pN4Ln
>>145タソ
ハーイ。

とりあえず潜ってき松。
その内コソーリ書き松ね。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 01:13 ID:goKiAt1x
>>146タソ
たのしみにして松!

148 :廃墟 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/19 03:35 ID:HN2TQ0gy
白い壁は静かに、灰色に光って、
俺と、忘れてしまった文字と音の抜け殻とを
ぼやかしている。

ここには、
たくさんのものがある。

話し相手、だったもの。

今はすべて、
止まって見える。

四隅の埃と
同じように。

乾いた空気に煙草のフィルターを焦がした匂いがする。

なかなか消えない。

俺はそこに寝転んで、手を伸ばし、
煙を動かそうとしている。
さもないとすぐに、
三つの時計の音までが
消えてしまいそうなのだ。

「俺はもう頭を割られたんだぜ。」
「ここは廃墟だ。」
「俺の、棺の中。」

誰も入っては来ないだろう。

外側のすべては高速に通り過ぎていく。
逆向きに走る汽車の中のように。

停車駅も、終点もない。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 05:43 ID:goKiAt1x
>>148
煙草のフィルターが焼ける匂い、つんとくる。
でも、何か心地よくて、煙をこちらにあおるんだ。
白い快感が、脳内をさっと横切る。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 05:51 ID:goKiAt1x
それにしても私のID…ゴキかい。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 08:29 ID:wwmk1Dgy
蒼い犬が鳴いている。
さあ、あの丘を越えて大樹の傘に守ってもらおう。
丘の上にはゴブリンがいて、なぞなぞをしかけて
くるんだ。
「お前の脳みそどこにある?」
簡単だよね、肺の上。
かわいいもんさ。
大樹の麓で目が覚めるまで眠ろう。
悪夢が襲ってきそうだよ。
蒼い犬の遠吠えを聞きながらだから。
脳内で歌いながらねむろう。
モンスターをおっぱらえ!

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 05:03 ID:kscNHLz9
あげてもいいかな?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 05:05 ID:7K5tfgzi
寂しい寂しい寂しい寂しい

154 ::04/02/20 05:16 ID:LVrJ+xix
>>151
自分の不安をどこか明るく綴っているところが切ないと思った。

155 :真白:04/02/20 05:17 ID:kscNHLz9
>>153
となりに座ってもいいかな?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 05:29 ID:7K5tfgzi
ありがとう。ずっとそばにいてね。

157 :真白:04/02/20 05:32 ID:kscNHLz9
うん。いるよ。廃虚のテーブルにランプをともして、林檎でもたべようか。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 05:38 ID:7K5tfgzi
ありがとう。おいしい。どうしてそんなに優しいの?

159 :真白:04/02/20 05:42 ID:kscNHLz9
優しいのかな?ただ君のそばに居たかった、それだけだよ。
林檎は皮に栄養があるんだよ。
他に欲しいもの、ある?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 05:48 ID:7K5tfgzi
もういっぱいもらったよ。あなたは天使みたい。ずっとずっと忘れない。バイバイ。ありがとう。

161 :真白:04/02/20 05:50 ID:kscNHLz9
ばいばい。また来てくれると嬉しいな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 05:54 ID:7K5tfgzi
うん。また来る。ありがとう。ばいばい。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 13:06 ID:bNEZM2AQ
ヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ:  ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:  ヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞ
,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ     ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞ      `
ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ `  ``
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ;ゞゞヾゞ;    `
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  ,            ` ザザァ…
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ        `
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|       `   `             `
  `    |iiiiiiii;;;;;;::: :| `      `            `    ` ,
 `     ,|i;iiiiiii;;;;;;::: :| `    `         `     `      ` `   `
     `  |ii,iiiiiii;;;;;;::: ::| `    ,  どこまでもどこまでもがらんどうなせかい
      ,|iiii;iiii;;;;:;_ _: :|        あんまりさみしいのでぼくはまたまいごになってしまった 
 `    |iiiiiii;;;;;;((,,,)::.:|               ` ,
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|∧                  `    `
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: :::: |::: ゚) `      `             ,
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::::::::|∪)       `   
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i. :: .,|:::.,つ..... ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.,...,.. .. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,  
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,.,.. ... ,,,.. ,. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,




164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 13:24 ID:oNibMifv
>>154
レスがくるって嬉しいものですね。ありがとう。
蒼い犬はまだ吠えている。
僕は藁の家でふるえている。
レンガでもつもうかな。

165 :真白:04/02/20 13:30 ID:kscNHLz9
>>163
素敵な絵ですね。
でも、なんだかとってもさみしい。
とりあえず、この廃虚でひといったらどうかな。
そのうち、道も見えてくるかもしれない。
ロイヤルミルクティーをいれるね。
あ、ちょっとお茶っ葉いれすぎちゃった。

166 :真白:04/02/20 13:34 ID:kscNHLz9
「ひといったら」ではなく「ひといきついたら」でした。
かつぜつおかしいよ、私(笑)
うーん、今日も天気がいいなあ。
この廃虚、すきだな。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 15:11 ID:QtxCUI/e
ヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ:  ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:  ヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞ
,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ     ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞ      `
ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ `  ``
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ;ゞゞヾゞ;    `
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  ,            `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ        `
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|       `   `             `
  `    |iiiiiiii;;;;;;::: :| `      `            `    ` ,
 `     ,|i;iiiiiii;;;;;;::: :| `    `         `     `      ` `   `
     `  |ii,iiiiiii;;;;;;::: ::| `    ,
      ,|iiii;iiii;;;;:;_ _: :|        `        `        `,
 `    |iiiiiii;;;;;;((,,,)::.:|∧∧           ` ,
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|:::::::::)                  `             `
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: :::: |::::::∪`     `             ,
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::::::::|:::::::|      `   
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i. :: .,|/∪. ,.... .....,,,.,.. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.,...,.. .. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,.,.. ,.... ,,,  
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,.,.. ... ,,,.. ,. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 15:29 ID:GIaknEFm
                 ,,..、 -‐、─、--、、.,_
              ,. -f"  \ \ \ \\`ヽ-、、
           _,. -''"  }   ,.....ゝr-'r-ヽ、ヽ.,ヽ.\ヽヽ、,
          /:::     込 ,.ュFi::l」:l」::レ'レ::l):/T'''r'-、i 丶ヽヽ
         ,':::::     ,人ニンェェェェュ:,>‐‐-'、:///ノ >::'、 ヽ \
          l::::_,.、、-=ニェ;彡ニ三三/‐',二ミヾV//:/:/:iヾ.i  ヽ
         {/l//`、ヾミュ、_ ';三三/ /::::::、 l |ト-、////l::::... `、
         IVIリf)=い',..>''}三/ / ,.-='_,...、:/   `';/:ノ :::::: }
         ;'^`,.=‐'''"" |;;;;// /‐'" i゙r‐‐-、ヽェ;ァ  `-'、__,. -‐‐i
            `"     {;;シ_/::::''ニ  l゙::   ヾ、    ,.‐_,゙-‐'''ヾ
                  /iヒニ..,,__/`i ..:ヽ,丶 r-、ヽ,.//
                 }:!|::三二ニ‐-、;;;;;;;;;:>、 ヾ//ヾ;<
                 }li|三二三ニチ二二二>_、`'':<シ.\-─‐┐
      ___,.. -‐'''''''''i.l!:ニ三ニチ三三三:/(llllll7>、::::::...ヾ. ̄` お茶ください・・
  _,r''''''"-/i  __,,__,._ゝ、‐=ニ;/三三ニ/`''''''''"  ``'>;;‐r`'i
  (.l/´~フ,. ‐''"´         ヽ;:::::``''‐=-‐',      ,.イヾシ ,ノ',i
  ,llヘ:、ヾ(,               }_∩;:::::::::::::(    _,/  ~,/‐,シ
    `'               i;: l! l(__),. -'─‐ヾ、,r=ニ´‐''"´
                     i !:|! ,'/´i:::.... ,... }‐''"
                    ,Ei=r-、|i::://'7/´!.|‐-、
                  /:::||  / レ' i l  |,' .::::i

169 :真白:04/02/20 16:32 ID:kscNHLz9
>>167
木枯らしに踊らされて舞い落ちる葉、綺麗だね。
私はいつか桜が見たいな。
満開の桜。
でも、紅葉も悪くないよね。
しいの実でくびかざり、つくれるかな?
>>168
こんにちは。
ええ、喜んで。
何のお茶がお好きなのかな?
アップルティー?
レモンティー?
それとも緑茶の方がいいのかなあ。
私に作れるものならいいのだけど…。

170 :146:04/02/20 16:55 ID:vrzo1uyF
零れ落ちる水滴に濡れた頬
時の欠片を寄せ集め築いた世界
束の間の夢から醒め私は戻ってくる
ひび割れた仮面は置き去りにした

月の影が私を包み
滅びが詩を歌ってくれる
星喰いを招き
血を流す虚ろな空で宴を催す

怠惰な快楽に身を委ねながら
単調な音楽に合わせて踊り
狂気に染まる手で自らを抱き締め
死の瞬間を想い恍惚としている

私の真実はもう映らない
鏡は砕けてしまったから
乱反射を繰り返しながら
歪な像を結ぶだけ...

171 :146:04/02/20 17:01 ID:vrzo1uyF
_〆(・∀・*)フム。

172 :真白:04/02/20 17:25 ID:kscNHLz9
わーい>>146タソ降臨!
繊細な世界だね。(・∀・)イイ!

173 :146:04/02/20 18:29 ID:vrzo1uyF
>>真白タソ
(*^▽゚)v アリガトー!
想像を喚起するように書いてみました♪

アヒャ(゚∀゚;≡;゚∀゚)アヒャ
降臨AAがない
(´∀`;)

174 :146:04/02/20 19:49 ID:vrzo1uyF
アゲアゲ...._〆(・∀・*)

175 :真白:04/02/20 20:25 ID:kscNHLz9
あげあげー。>>146タソかわいいなあもう!

176 :146:04/02/20 20:35 ID:vrzo1uyF
では、改めまして…

降臨!!(`・ω・´)
"ケターイAA"
   │
__ │ |||
  ││
∧__∧?  やあ
;・∀・)(゚∀゚)ノヘヘ
 つ━つ┫し_/┃
 ̄ ̄ │┗━━━┛
_、、ノ│_____
コレクションに追…

177 :146:04/02/21 18:41 ID:ofeXOhca
誰かこないかな…
アゲアゲ..._〆(・∀・*)

178 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/21 22:27 ID:TwLXAC86
来てみたよ。
今日はふるびたしなるベッドで1日おひるね。
練乳がけのいちご。
わたしのごちそう。
赤のチェックのクロスにふたりぶん。
誰かと約束しているわけでもないのだけど。
赤のチェックのテーブルクロスにふたりぶん。

179 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 05:39 ID:pnpP2TKt
誰かいませんか?さみしいよ、さみしいよ、さみしくて苦しいよ。

180 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 05:44 ID:nFLC0mWV
やあ。
来てみたよ。
眠れないのかい?

181 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 05:48 ID:pnpP2TKt
ありがとう(^-^)寝ようと思えば眠れそう。
でも、誰かにそばにいてほしくて。

182 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 05:48 ID:nFLC0mWV
もうすぐ俺の大好きな色が見れるんだよ。
俺はそれを待ってたところなんだ。

183 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 05:49 ID:nFLC0mWV
そうなんだ。
きみのところへも彼はやってくるよ。

184 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 05:53 ID:pnpP2TKt
あなたのすきな色、それは朝焼けの色?
あなたになまえは、ないの?

185 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 05:55 ID:pnpP2TKt
私も一緒に彼を待って、いいかな?

186 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:00 ID:nFLC0mWV
ばれちゃった。
そう。朝焼けが大好き。
俺の名前はまだないんだ。
きみの好きな名前をつけてくれたら嬉しい。だめかな?

187 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:01 ID:nFLC0mWV
うん、一緒に彼を待とうか。

188 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:04 ID:+ZmubBe2
まどをあけはなしてみたよ。
東の空が白みはじめているね。

189 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:05 ID:+ZmubBe2
彼は、私のところにもきてくれるんだね。
おなたのなまえ、かんがえてみるね。

190 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:06 ID:nFLC0mWV
本当だ。すごく綺麗だ。
俺はいつもこの時間、世界にいるのは自分一人のような気がするんだけど、
誰かと一緒にいたのは初めてだ。

191 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:07 ID:nFLC0mWV
真白さん、ありがとう。
すごく嬉しい。

192 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:08 ID:+ZmubBe2
うん、きれい。
一緒に待ってくれてありがとう。
あなたの名前、緋色、なんてどうかなあ。
お気にめしたかしら。

193 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:10 ID:+ZmubBe2
きれいだね。
涙がでそうなくらい。
それはきっと、あなたが一緒に居てくれたから。
朝の、清浄な空気。

194 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:11 ID:nFLC0mWV
うん、嬉しい。
朝焼けがもっと側にくる色だ。
よかった。これで俺はここにいることができるね。
ほんとにありがとう。


195 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:13 ID:+ZmubBe2
嬉しいな、ほんとうに、うれしいな。
これから昼の人々の生活がはじまっていくんだね。

196 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:15 ID:nFLC0mWV
そうだね。
今日は嬉しくて一日中の人になってしまうかもしれない。

197 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:16 ID:nFLC0mWV
せっかくもらった名前をいれ忘れてしまった。
ごめん。

198 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:17 ID:+ZmubBe2
今日から緋色さんだね。
わたしのかんがえたなまえ、つけてくれてありがとう。
東から、緋のいろに染まっていくね。

199 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:18 ID:+ZmubBe2
わたしもあるよ。
名前を忘れちゃうこと。

200 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:18 ID:nFLC0mWV
うん。すごい早さで。
こんな時間を真白さんと一緒に見れて本当によかった。
最高の贈り物ももらったし。

201 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:20 ID:+ZmubBe2
きょうはうっすら、霧のような雲がかかって
いるね。

202 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/22 06:22 ID:nFLC0mWV
うん。それはきっと空が寂しがってるからだよ。

ありがとう。
また、ここに来るね。

203 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:22 ID:+ZmubBe2
私も、緋色さんとみられてよかった。


204 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:23 ID:+ZmubBe2
うん。
またあいたいな。

205 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 06:23 ID:+ZmubBe2
わたしもまた来るから。

206 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 11:50 ID:pnpP2TKt
誰かブランチしませんかage。

207 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 12:04 ID:eiCdNPBs
私はこの廃墟が好きで、たまらなく
好きで、つい此処に来てしまうんだ。
ごめんよ。
ツナのサンドイッチが昼ごはんがいい。
神経性摂食障害だから、栄養剤しか入らない
けど。
此処ではべつ。

くだもの、すきだな。
林檎、キウイ、バナナ・・・。

208 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 12:07 ID:eiCdNPBs
廃墟の前に、シートをしいて、食事をとるよ。
いい日和だな。
誰もいないみたいだから、ひとりでごはん。
甘い蜜のような静寂。

209 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 12:44 ID:eiCdNPBs
ブランチが終わったよ。
空がきれい。
とてもきれい。
でもごうごうと襲ってくる風の音、
まるで魔物のよう。
魔物。
魔物。
お友達になれるのならいいのだけど。
一応毛布にくるまろう。

210 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 12:46 ID:eiCdNPBs
>>177タソ
あげあげありがとうv
またここでお会いできることを期待しています。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 15:48 ID:Zk6+sKEI
                 ,,、
            ,''':、.    ..;:``:..
          ;;、. `:、  .;:;   `.:.
          .;;:   :::''''"""   `.:;.
          .,::".               `':;     
         .,:':::            ○  `;,
        .,'::::   ,, ○        ''"  :;:    
      .:;::::    .;''            ,;:
      .;;:::::   J      σ    :,;:
       .';::::::::              ,;
        '':;:::::::            ,;,:'
         '',:,'::::::::        " :':;,
          .';;::::     ,:        ':;,
            ;,;:::  ,;   ,:;:         ':;,
            :,;:::  ;',  ,;:   ;,        ':;,


212 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 16:48 ID:eg95Geoz
>>211
ほわほわで、かわいいね。なでなで。
何を泣いているの?
わたしもつられて涙が出たよ。
ぎゅってしたい。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 17:18 ID:/aY7mvNZ
             ,,:'`:、   ,:'`:、
              ;"  `;.,.,.,.,.;'  :゙;;.
           ;;         : :;;
           ;;          : :; ← >>212
           :;          : ;;
           :;  ー   ー  ,,''
           ,,:'`:、、 ー一 ,:'`:、 ''""'':;;
            ;;;"  `'''"""''`  : ;;.   ::;;
         ;; .;;          : :;;   ::;;
           ;; ;;          : :;    ::;; ← >>211
         ;; :;         : :;;   ::;;
         ;;  ::、 ー   ー  ,,'、  ::::;;
         '':;;   '''  ▽  ''""`  ::;;::''
          "''::;;,,.. ミ、   ,,,,,,,,:::'''':": : : :
              :;   '''';'' ""''''''' ;   .,:: ;;: : : :
      : …ーー;;   `:、┃  ,:'   .,:'ー‐―: : : : : :
        : :  : 、、 .   ゙┃;、;、: _ノ : : : : :
       :   : ./``"''"`′""`"ヽ: : :
         /   :        /
         `丶、        /


214 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/22 17:57 ID:KKOr9OAb
>>213
ぎゅ。
笑顔になれたよ。
笑顔なのに涙がでてくるんだ。
なぜだろう。
ありがとう。

215 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/23 05:44 ID:eT4K8/6D
待っている。
東からやってくる彼を。
でも今朝は雲影が濃いね。
逢えるかな。

216 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/23 05:52 ID:eT4K8/6D
寒くて、寂しくて、私は、廃虚の壁にもたれて
毛布をきつくまきつけた。
深海のような空。
墨をまいたような雲。
此処には、私しかいないのかな。

217 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/23 06:03 ID:eT4K8/6D
彼はやってきた。
窓を開け放した。
清浄なくうきのにおい。
朝焼けの空。あさひをあびた海みたいだね。

218 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/23 06:13 ID:6OKh70Qu
ちなみに、東からやってくる彼の
ことを教えてくれたのは緋色さんという
ひと。
緋色さん、ありがとう。
しあわせがひとつふえたよ。

219 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/24 01:42 ID:pWo3W+rg
廃虚のかたすみで身をまるめてひとりぼっち。
さみしいよ…。

220 :ウサギ犬 ◆WHITE/n/ro :04/02/24 02:23 ID:lUiIIo0Q
まだあったんだね、「僕の廃墟」。なんだか嬉しい。
立て逃げじゃないくてむしろ僕はこの廃墟から抜け出せないで、
ここがあるのか僕がいるのかも解らないくらい狂いそうなんだ。

キミの廃墟は、ある?

221 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/24 04:58 ID:pWo3W+rg
いつの間にか眠ってしまったみたいだ。
体に、毛布がかかっている。
誰か、来たんだね。
ありがとう、また置いておくよ、どこか外国の硬貨を。
私はここが好きで、たまらなく好きで、ふらっとここに来てしまうんだ。
ふるびたランプ、機関車の模型、林檎、地図。
大分生活のにおいがしてきた。
私の廃虚は、ここにある。

222 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/24 05:09 ID:pWo3W+rg
いや、この場合は勝手に私がいついたというべきだろうか。
私の廃虚、たくさんあるよ。
雪の廃虚、オレンジ色の廃虚、深い森の廃虚…。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 05:19 ID:LopS4xqV
 

224 :|。・ω・)ノシ☆はっち@2段 ◆h.XbuXOg6s :04/02/24 14:29 ID:ET4HsOGi
初カキコ..._〆(゚▽゚*)
ここはマターリしててイイ場所だね。
たまに来るのでヨロシコ...

225 :優しい名無しさん:04/02/24 22:46 ID:RzncoJKv
「廃墟」という言葉が心象風景にぴったりなんだ。

ここから抜け出せなくても、いつも廃墟はあっても、
間違いなくここにいるから。

くれはさん元気?

226 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/25 05:33 ID:JBUOBdyd
>>225
くれはさん、元気ですかね・・・。

あるいはウサギ犬さん。

ここ、好きです。すごく、好きです。

227 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/25 06:45 ID:Jinnxfga
廃虚のベッドにもぐりこんでみる。
だれかに、あいたい。

228 :|。・ω・)ノシ☆彡はっち ◆hacchiFXL6 :04/02/25 17:56 ID:f0Mu+D5E
真白タソ..リスカしちゃ駄目だよ。
寂しくて苦しいのは痛感するけど、傷つける真白タソは見たくないよ。・゚・(ノД`)・゚・。

傍に居たら真っ先に手を掴んでギュッと抱き締めてあげたいけどさ...

余計なお世話でごめんね。
あの人に早く逢えるといいね。


229 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/25 19:57 ID:GE46NPnH
>はっちさん
ありがとう・・・・゚・(ノД`)・゚・。

今朝もあの人を待ちました。
ひっそりと待ちました。
ホットココアをにぎりしめながら。
でも、今日もあの人は現れませんでした。

あの人を、真っ先にさがしてくれたはっちさん。
あの人の情報をくれたはっちさん。
色々なスレで、明るく振舞っては元気づけて
くれたはっちさん。
今日、この廃墟に来て励ましてくれたはっちさん。
どうして、そんなに一生懸命になってくれるんで
すか?
どうして、そんなに優しいんですか?
まだ、出会って間もないけれど。
はっちさんに、

傍に居て、真っ先に手を掴んで、ギュッと抱き
締めて欲しい。

そんなふうに思っている真白がいます。
軽い女の子と思われそうで、言うべきかどうか
迷ったけれど。
素直な気持ちです。
迷惑ですよね・・・。

はっちさん、よければまたお話してくださいね。

230 :|。・ω・)ノシ☆彡はっち ◆hacchiFXL6 :04/02/25 20:12 ID:f0Mu+D5E
>>真白タソ
そっかぁ。ずーーーっと待ってたんだね。心身疲れてない?ちゃんと寝てる?
取り敢えず、お風呂入って、飯食べて、少し休んでね。
気長に待ってみようね。
彼は必ず現れるからさ!

んとね、君の気持ちがすごーく判るから探してあげたいと思ったんだよ。
こんな時ってさぁ〜一人じゃ不安でしょ?一緒に探せば怖くないじゃん!
(´∀`)ノシ

君は軽くなんか無いよ。
ちゃんと心から想ってる人が居るじゃない!
俺はそんな風に君を見たりなんかしてないよ。
安心してね。

また会ったら話しましょう(´∀`)ノシ
見つけたら報告するからね。


231 :|。・ω・)ノシ☆彡はっち ◆hacchiFXL6 :04/02/25 20:15 ID:f0Mu+D5E
それと、けして迷惑なんかじゃないからね。
心遣いありがとう。嬉しいよ。
(´∀`)ノシ


232 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/25 20:32 ID:5pT0AOsr
はっちさん、ありがとう!やっぱり、優しい。

233 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/25 22:44 ID:5pT0AOsr
正直、緋色さんって男の人かも女の人かも
わからないんだけどねー。
私が寂しがっているときに来てくれた、優しい
ひとってことはわかってる。
それになにより、居心地のよかった、あの時間。
だから、またお話したいんです。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 08:24 ID:FJsD7PFa
静かだね。
今日は明るいうちに起きられた。
いいことあるかな。


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 08:45 ID:cN+z6qHu
私を早く消し去って・・・。
私はあなたを心から消し去るなんてできない。
あなたは私を消し去る事なんて容易い事よね。
今まで、何度も私は消されてきたのだから・・・。

236 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/26 10:39 ID:33ngYGui
>>234
きっといいこと、あるよ。
今日は、とっても空がきれい。
>>235
私の影を心にとどめてくれたひと、
いるだろうか。
私は雲のよう。
風にさっと吹き消される雲のよう。

あの人の影は、未だ不意に夢にちらついて、
私を苦しめる。

おせっかいな上、さっぱりなレスして、ごめん。
また、気が向いたら、この廃墟へと
来てください。
いくらでも辛い気持ちを吐き出せる場所。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 11:50 ID:BVz2aFrE
>>236
あなたの影を忘れない・・・

あなたの影に私の影を重ねてみようか・・・。
白い影が赤黒く染まるよ。


あの人の影・・・

私は何を求めているのだろうか・・・。
顔のない夢になにをすがり付いてるの。



気が向いたら、また来ます。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 18:09 ID:bfCLbk5f
こっちへおいでよ。
おじちゃんとイイことしよう。
ゲハハハ。
待てよ。
逃げるなよ。
ゲハハハハハハ。
叫んでも誰もこねえよ。
ここには誰もいないんだから。
お前も好きこのんで人を避けてるんだろ。
都合のいいときだけ助けてもらおうなんて虫が良すぎるんだよ。
ゲハハハハ。
暴れるなよ。
なあにすぐに良くなるさ。
ハアハァ。
ゲハハ。

239 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 02:04 ID:zKMk5WNe
ずっと、愛が欲しかった。
いまも愛を探しつづけている。
ただ愛をこめてぎゅってしてほしいだけなのに。
私の願いは叶わない。
おじさん、私のこと、好き?
だれかハグしてよ。
愛し、愛されたい。
私のこと、好き?
愛がほしいの。
ただひとつ、安らげる愛が。
愛して、愛されたいの。
私のこと、好き?
私のこと、好き?
私のこと、好き?
むなしくこだまする言葉。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 10:52 ID:Ychuk3Zw
好きッてなに?
愛って?
恋って?
付き合う事があってもわからない。
相手に合わせて好きっていってる。

私はいつ人を愛せるの?

241 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 11:39 ID:zKMk5WNe
>>223
遅いレスだけど。
どうやって言葉をかけようか迷ったの。
何にも言葉にならないときって、あるよね。
よくここまできたね。
お茶のひとつもださずにごめん。

242 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 11:46 ID:zKMk5WNe
>>240
お気持ち、分かります。
愛されたい。愛したい。
きっと言葉をかわしてときめいたら、
ぎゅってして気持が安らぎが得られたら、
キスをして幸せが感じられるのだったら、
それが好きってことなのだと、私は思います。
まだ、よく理解できたわけじゃないけど。
もし、偉そうにきこえたらごめんなさい。
ただ、素直な気持ちです。

243 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 15:56 ID:YDO6HvHZ
>>116および>>120です。
コテ名付けました。
シザーハンズ見ました。
>>119さんの気持ちがよく分かりました。
雪を見る度思い出すでしょう。
彫刻を、あの手で造るエドワードを。
孤独なエドワードを。
純粋すぎたエドワードを。

雪、降らないかな。

ちょっと切なくなってしまいそうだけど。
それにしても本当に、ヒロインの方若すぎですね。



244 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 16:13 ID:YDO6HvHZ
ついしん:素敵な映画を紹介してくださって
ありがとうございます。

>>116の続きを自分でかこうと思います。

紅い林檎がゆれている。
僕のかおを映し出してしまいそうな、
不思議な光沢を放って。
木に登ることにした。
枝がしなって、雪がすべり落ちる。
登って、林檎に手をのばす。
この白い世界で見つけた、たったひとつの
林檎。
林檎。
林檎。
どんなに手をのばしても、届かなかった。
苛立った僕は、枝をはげしくゆすった。
おちる。
林檎が、おちる。
雪の上に、ぼすっと音を立てて。
そして僕も。
林檎の紅。
血の赤。

雪が降っている。
ホワイト・テリアの毛を刈り散らした
ような雪が、とめどなく、いくつも、
いくつも。
吸い込まれそうだ。天へと連れ去られる日がきた。
あたたかい。
あたたかい雪にいだかれている。


やや鬱状態なので鬱な詩でごめんなさい;
でも、かいててたのしかった。



245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 19:04 ID:Nsf7UofR
ここは静かで素敵なところですね!

246 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 22:13 ID:zKMk5WNe
うん。だから、すき。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 22:25 ID:Nsf7UofR
焼きたてのマフィンとグランベリージャムとティーポットを籠に入れて一番見晴らしのいいあの場所で食べようかな。

248 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/27 22:47 ID:zKMk5WNe
いいね。
パウンドケーキ、焼きすぎちゃったの。
だから、よければおすそわけ。
レモン風味のパウンドケーキ。
まんなかの、ふっくらしたところをおすそわけ。
お菓子をつくるにおい、すき。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 01:18 ID:LeHo2W3x
わ〜いありがと♪レモン風味のパウンドケーキ美味しそう!飲み物は何がいいですか?ミルクティー?それともフレーバーティー? ホントお菓子を作るときのあの香りはイイですね!アロマ効果みたいに心がほんわかします(^-^)

250 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 03:11 ID:8JFmiSCW
喜んでもらえてとっても嬉しいな。
私は、珈琲が好きなんだ。
わたぐもみたいなクリームを、ふんわり浮かべたカプチーノ。
でも、今日は紅茶の気分、だから、レモンティにしよう。
あなたは、何がお好みかしら?
大概のものはいれられるよ。喫茶店で働いていたことがあるんだ。
さあ、赤いチェックのテーブルクロス広げて、お茶にしよう。
冬の空はきれいだね。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 08:14 ID:LeHo2W3x
真白サンおはようございます! 真白サンは珈琲がお好きなんですね。私も珈琲好きですよ。毎日飲んでます。カプチーノいいですね!ふわふわの泡の所が好き。喫茶店で働いたことがあるんでしたら是非カプチーノをリクエストします(^-^)/
真白サンが入れてくださった珈琲の香りで冬の凛とした空気がまろやかに。赤のテーブルクロスが透き通るような青空によく映えてます。

252 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 10:34 ID:P1rFLp2U
>>251さん
おはようございます。今日はとってもいい天気。
何だかとっても気持ちがいいから、自転車でも
ころがそうかな。
珈琲は大好きですよv特にカプチーノとエスプレッソ。
さあ、あたたかいうちにどうぞ。目が覚めますよ。
トーストにバターを塗って、朝ごはんにしようか。
本当に、あなたの言うとおり。
空に、赤と白のクロスがよく映えてるね。
素敵な気分。
笑顔で始まった一日。

253 : ◆ALLFmMSYY2 :04/02/28 12:29 ID:q8Sk8TAW
こんにちわ真白さん。
暖かいねえ。
家の前の道路の雪はもうほとんど無くなってしまいました。
俺もどこかに行こうと思ってます。
明日まで街に特別なイルミネーションが灯されているんだ。
本当に今日はいい一日になりそうです。

254 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 13:24 ID:8JFmiSCW
こんにちは。よく来てくださいました。
お茶は、珈琲でだいじょうぶかな。
小春日和ですねえ。今日はのんびり自転車を
ころがして、風を感じたい。
雪、ですか。いいなあ、雪が降ったんですね。
こっちは全然です。雪…見たいな…。
イルミネーションも楽しみですね。良い街に
いらっしゃるんですね。私は、夜は星でもさがそう。
何となく、いい日。

255 :251:04/02/28 13:24 ID:LeHo2W3x
真白サン珈琲ごちそうさまでした!美味しかった♪自転車でどこまで行きましたか?今日は風もない穏やかな日だから少し遠くまで足を伸ばしてもいいですね!
253サンも素敵な所へ行きましたか? 私は近くをお散歩してきます。 お二人とも素敵で楽しい一日を過ごしてくださいねo(^-^)o

256 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 13:39 ID:KCNrXTGa
>>255さん
よかった♪自転車で、これからでかけます。
さて、どこまでいこうかな。帰ってきたら
また勝手に報告します。255さんも、日をあびて、
素敵な一日をすごしてね。



257 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 13:41 ID:KCNrXTGa
雪が見たい。
無音の、銀世界。
新雪に足をうずめて、雪の廃墟をながめたい。

258 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/02/28 16:21 ID:1X4Sxd5j
255です。
風が少し冷たくなってきました。ブランケット
に包まってもう少しここに座っていよう。
今日は綺麗な夕焼けが見られるかな。

259 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 16:58 ID:HeiFs88g
自転車に乗って、徒然旅。
近所だけれど。
どっと疲れたけど、久々に運動したー。
この廃墟に戻ってくると安心するよ。
ホットココアを入れよう。
よければレイさんもどうぞ。
今日は素敵な夕焼けが見られそうな予感。

260 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 17:18 ID:8JFmiSCW
絵ふでを買ってきたよ。
8本の絵ふで。
さて、何を描こうか。

261 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/02/28 17:39 ID:1X4Sxd5j
あっ真白サンおかえりなさい!自転車での
徒然旅は楽しかったようですね!
私もこの廃墟の居心地のよさが大好き。
なにか空気が違うんです。ゆったりとした
時間の流れ。疲れたときにここに戻ると
なんだか癒されます。
ホットココアいただきます!
絵ふででどんな絵を描くんですか?
真白サンならとっても素敵な絵を描きそう。





262 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 19:28 ID:8JFmiSCW
さて、何を描こうか。君の肖像にしようか、それとも…。
紙の上には私の世界。私の廃虚がここにも生まれる。

263 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 20:42 ID:8JFmiSCW
雪が、見たい。
雪の絵にしようか。
純白のアルシュ紙を広げるだけでいい。
けがれなき、雪。

264 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 20:45 ID:8JFmiSCW
レイさん、不意に気が向いたら、ここに戻ってきてね。
寂しいの。
時には、涙が出るほどに。
ありがとう。

265 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/28 20:46 ID:8JFmiSCW
私はひどく不器用だけど、誰かにあえるとうれしいんだ。

266 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/02/28 22:05 ID:LeHo2W3x
真白サン戻ってきましたよo(^-^)o
やっぱりココはいいな!真白サンの素敵な絵見てみたい♪真白サンの絵はきっとやわらかで優しくて見る人の気持ちが安らぐような感じの絵なんだろうな。
私も寂しがりだからここに頻繁に来ますよ!

267 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 00:01 ID:oqwsWs6J
ありがとう、レイさん!
レイさんがくると急にこの
廃墟がなんだか明るくなるね。
陳腐な表現だけど、ひまわりが咲いた
みたいに。

268 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/29 00:22 ID:be/TQhOK
>>254
真白さん遅くなってごめん。
珈琲頂くよ。大好きだよ。
男のくせにミルクも砂糖も入れるけど。

出かけてきました。
俺の街にはまだまだ雪が降るよ。
暖かい日も多いからすぐに溶けてしまうけど。
延々追いかけっこしてるみたいだ。
真白さんは暖かいところに住んでいるんだね。
俺はかなり寒がりだから羨ましい。
こっちはイルミネーションがある分星がよく見えなかったよ。
きれいだったけど、どっちも手にすることはできないんだね。

>>255
レイさんはじめまして。
ありがとう。
遅くなってごめんね。
今日は暖かくて素敵な一日だったよ。
俺もレイさんには暖かい生命力を感じる。
今日はきれいな夕日が見れたのかな。

269 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 01:02 ID:oqwsWs6J
緋色さん、お話できて嬉しいです。
珈琲、私も大好きです。
ミルクとお砂糖いれるのに、男とか
女とか関係ないですよ!わたしはどばーっと
お砂糖いれるのが好きです。

緋色さん、煙草はお好きですか?唐突な
質問だけど。わたし、煙草と珈琲のにおいを
かぐと落ち着くんです。父の、においだから。

緋色さんは寒い地方にいらっしゃるんですね。
私は埼玉にいます。私もすんごい寒がりだけど、
雪は大好き。
見上げると、本当に空まで飛べそう。

今夜は星が見えないよ。
さみしいよ。
でも、闇の中にぽつぽつともる街灯の
灯り、きれい。

270 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/29 02:11 ID:be/TQhOK
真白さん、ありがとう。
俺は煙草吸ってるよ。
>>148は俺の廃虚なんだ。
煙草と珈琲とは当分お別れできないね。

埼玉かあ。俺は北です。北の国にいます。
俺も寒いのは嫌だけど雪は好き。
何だか現れたり消えたりするのを見てると、
自分と照らし合わせてしまうんだよね。

冬は星と空が綺麗なことが多いね。
それを見ると嬉しくなるんだけど、
なんだか少し寂しくもなる。
届かないなって思うんだよね。

271 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 03:38 ID:wbGLyTIa
そして>>149は、私だったりするんですよ。

かっこいいです、緋色さん。

実は、私も煙草と珈琲、大好きなんです。
煙草と珈琲のにおいをかんじると、心が
おちつくんです。
父のにおいだから。
家は母が厳しかったので、私はすっかり
お父さん子になってしまったんです。

銘柄が、気になります。

北って、北海道ですか?
雪の降った朝の、沈黙が好きです。
我ながら子供っぽいけど、新雪に足跡を
つけるのが好きです。
雪・・・羽のようにちらついて、手の上で
消えてしまいますよね。

儚いですよね。

星と空には届かない。
なんだか寂しい気もするけれど、それで
いいかなとも思えるんです。
届かないからこその美しさがある。
届かないからこその愛しさがある。

272 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 11:47 ID:9d6QIwbO
ペーパームーンのDVDを買ったよ。
嬉しいな。
私は古い映画が大好きなんだ。
廃虚のテレビはおんぼろで、時々ブレるけど。
そんなところが、すき。

273 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 11:50 ID:9d6QIwbO
天気はまぶしいくらいにくもりだ。
ところによっては雨らしい。

274 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/02/29 13:31 ID:DVjMFIcy
>>271
そうなんだ、あの人は真白さんだったんだ!
煙草の銘柄はヴァージニアスリムです。
お父さんはハイライトか何かだったのかな?
真白さんは吸わないの?

北海道のどこかです。
これ以上言うと、万一知り合いが見てしまうと
恥ずかしいので、ちょっと言えません。

雪が降ると、静かですね。
雪が音も色も消したようになります。
だから俺も、そこら中自分の足跡で埋め尽くして、
ここにいたってことを残して置きたくなります。
これはやっぱりちょっと子どもっぽいですね。

星もだけれど、昼の空は余計に高いと思いませんか?
俺が朝焼けを好きなのは、のしかかって来るようで
手が届きそうだからなんです。
でも届かない憧れも素敵ですね。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 16:05 ID:LWT7q8Qp
>緋色さん
北海道か、広いんでしょうね。
空が高く見えるのは、きっと広いから。

一面雪というのも綺麗だろうな

276 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/02/29 16:21 ID:LDUbtu+v
こんにちは!今日は朝から雨降りでした。
ココも雨がしとしと降っていたね。雨に
濡れた廃墟は少し寂しそうだったから
チューリップの花束持ってきたよ。花瓶
探してテーブルに飾っておくね。
真白サンと緋色サンに気づいてもらえるよう
に真白サンには「雪ウサギ」緋色サンには「煙草」
を置いておきますね。
窓から外を眺めたら雨が上がってきた
みたい。雨上がりの草の匂いが鼻をかす
めていったよ。
私が向日葵みたいだなんてテレます。
私が向日葵なら真白サンは百合の花。
なんか清楚な感じのする人だから。
緋色サン昨日はとってもキレイな夕焼け
が見られましたよ。いろんな色の絵の具
を空に塗ったみたいに。


277 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 21:26 ID:21B62YSB
>>274緋色さん
すごいです、ぴったりあてちゃいました。
そうです、父はハイライトです。
この煙草の副流煙で、安心するんです。
ああ、お父さんのにおいだなあって。
父は昔からヘビースモーカーでしたから。
でも、実際吸ってみるとすっぱいんです
よね。
私はラッキーストライクです。外国かぶれ
なので、洋モク。ふかしですけどね。
ただ、匂いだけがほしいんです。
肺まで入れるとせきこみます。
吸う量も、一日2〜5本程度です。

北か・・・遠いなあ。私の憧れる世界です。
九州のほうには母の実家があるので数回行った
ことがありますが、北は一度もありません。
銀の世界で過ごしてみたい。
雪の廃墟は、きっと素敵なところでしょうね。
こっちでもまた雪、降らないかな。
顔面いっぱいに雪をうけとめて、あの空へ
のぼるような感覚を、また実感したい。

昼の、雲ひとつない空。
高い高い空。
星より遠いですからね。
>>275さんのおしゃるみたいに、
北海道の空はひときわ高いんでしょうね。

>>276レイさん
雪ウサギ、ありがとう。とってもかわいい。
雪ウサギ、すき。
溶けると赤い実と葉っぱだけが残って、儚くて、
せつない。
そんなところも、好き。
ここにいたんだよって名残を、残していく
ところが。
チューリップの花のおかげで、外は雨でも、
廃墟の中はぱっと明るいね。
ありがとう。
そぼ降る雨に濡れる廃墟を、傘も
ささずにながめたよ。
これはこれで素敵。
水もしたたるなんとやら。
このごろ、この廃墟はそんなに寂しそう
じゃないね。
雨あがりのにおい、いいよね。ぱっと
窓をあけはなして、そのにおいを
吸い込んだよ。
じゃあ私はお礼に、またどこか外国の
銅貨をおいておくよ。
がらくただけど。
がらくたにはがらくたの良さがある、
そう思うの。
百合の花、か・・・。
そんなに綺麗なものかな?レイさん、ありがとう。
綺麗な夕焼け、見られてよかったね。



278 :真白 ◆xw82cQytfg :04/02/29 21:47 ID:9d6QIwbO
眠剤がきかない…。
昨夜は一睡もできず、廃虚の毛布に、こしかけてくるまってた。
今夜こそは来てよ、睡魔さん。

279 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/02/29 22:18 ID:s+X40koq
こんばんは!すっかり雨も上がって星がたくさん瞬いてるよ。ここは空気がキレイだから星がたくさん見える。古い銅貨素敵だね!古いものには新しい物にはない歴史や思いがたくさん詰まってるからいいものです。ここにある大きな宝物箱にしまっておくね!

280 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/02/29 22:25 ID:s+X40koq
あとね雪ウサギは特別な雪を使っているからずっとずっと溶けないよ!だから安心してね。
今夜は真白サンがゆっくり寝られるようにフカフカで太陽のにおいがする毛布とお砂糖がちょっぴり入ったホットミルク置いておくね。

281 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 02:15 ID:fGEhvFVC
そしてふらふらと廃虚にやってくる。ねむれない。ねむれないよ。

282 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 02:17 ID:fGEhvFVC
レイちゃんは純粋だね。ただただ、ひたそう思う。
ホットミルクありがとう。
あたたまったよ。

283 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 02:21 ID:fGEhvFVC
残念ながら私のいるこの場所からは、星はひとつも見えない。
その星は、レイちゃんの心にまたたいているものかもしれない。
眠りたい。
せめて、夢で星が見れたら。
私の心は曇っているから。

284 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 02:28 ID:fGEhvFVC
寂しい。苦しい。寂しい。
廃虚の外のバケツを、雨が打っている。

285 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 02:29 ID:fGEhvFVC
でも雨のにおい、すき。

286 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 02:30 ID:fGEhvFVC
狂ったように連投する私。
壊れたオルゴールのよう。

287 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 03:36 ID:kdYtZjIb
真白サンちゃんと眠れたかなぁ・・・。
私は夜中に聞く雨音がすき。
夜中の雨音を聞くとすごく落ち着く。


288 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 06:28 ID:fGEhvFVC
レイちゃんへ
ありがとう。3:00ごろにはねつけたみたい。
レイちゃんの方は、大丈夫かな?


夜中に聞く雨音、いいよね。ベランダに出て
においも欲しくなる。BGMはJanne Da Arcの
「Rainy 愛の調べ」
今日も曇っているけれど、笑って過ごせるといいね。
ましろ

289 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 08:43 ID:xgbPDKFD
ましろチャンおはよ! 3時位には眠れたみたいでよかった! 私はあの後すぐ寝たよ。今日は曇りだね。 曇り空って何となく圧迫感がある気がして嫌だな。
さあさあ美味しい珈琲一緒に飲みましょ。 焼きたてのクロワッサンもどうぞ。 今日も笑顔で一日過ごせたらいいね!

290 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 09:00 ID:fGEhvFVC
ほんとうだ、落ちてきそうな空だ。気持ちもどんより。
それに、寒い。
素敵な朝食だね。ありがとうv
でもレイちゃん寝不足になってないかな?大丈夫?
私は朝食がすんだらまたひと眠りしようかなあ。
今日もいいこと、あるといいね。

291 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 10:16 ID:xgbPDKFD
ましろチャンゆっくり眠ってね。眠りは体にも心にもとってもいい薬だもん。私は大丈夫!頑丈だから(^^)v あらあらとうとう雨が降ってきた。用事で外に出なきゃならないのに。せめて鮮やかな傘でもさして気分を楽しくしよう。またあとでね!

292 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 11:33 ID:fGEhvFVC
うん、今日はゆっくり眠るよ。
レイちゃんは明るくて前向きだね。メンサロ
板の住人とは思えない(笑)。
今日は天気が悪いけど、気をつけて行ってらっしゃい。
どんな傘をさすのかな。
さて、私は今日も眠る。廃虚の奥のすみっこで。

293 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 11:37 ID:fGEhvFVC
夢を見た。
子犬を、親犬が喰う夢だ。
ぺろぺろと口のまわりをなめてきて、甘えて
くる子犬を、突然親犬が喰らったのだ。

これも、私の廃虚なの?

294 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 13:41 ID:xgbPDKFD
ましろチャン悲しい夢を見たね。楽しい夢ばかり見られるようなお薬あればいいのにね。 いつもノー天気な私だけどお天気が良くないと欝ぽくなるよ。今日は結構そんな日。何もかもが嫌で仕方がない。だから嫌な事を考えないように一人で自分を盛り上げてるの(^o^;

295 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 13:45 ID:xgbPDKFD
でもね、ココはすごく居心地がいいから、ココにいるときは自然と気分が前向きになるの。 そうそう傘は赤いのだよ。

296 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 16:59 ID:fGEhvFVC
いや、たまには悪い夢も悪くないよ。私の深
層心理では何がおこっているのか…。
レイちゃん、今日は天気が悪いけど大丈夫?何かして、気をまぎらわせられたらいいね。

297 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 17:02 ID:fGEhvFVC
ここは確かに居心地がいいね。
私がここに来るときは、大概気分の暗いとき。
私とレイちゃんでは見ている廃虚が違うのかもしれない。
私はじっとりと暗い廃虚を見ている。
そしてそんな此処が好きだ。
赤い傘、いいね。
私の一番好きな色だ。

298 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/01 17:04 ID:fGEhvFVC
雨の日も嫌いじゃなかったりする。

299 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 18:10 ID:xgbPDKFD
そっかぁ廃墟にもいろいろあるんだよね。私の廃墟は海原が広がっているなかに崩れかかった石のお城みたいなのがあるの。そこはいつも優しい風が吹いてる。私は廃墟に安らぎを求めているのかそんなイメージを抱いてるよ。

300 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 18:36 ID:xgbPDKFD
私も雨の日はキライじゃない。静かな雨は好き。夜の雨は胎内回帰みたいに安らぎを感じる。なのに曇り空は何故か苦手。今日も気分が悪かった。そっか赤い傘好きなんだ!廃墟に一本置いておくね。

301 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/01 18:41 ID:xgbPDKFD
連続カキコごめんなさい。ましろチャンは今、気分があまり良くないの?悪い夢もそういうのが影響してるのかな?

302 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/02 05:22 ID:+3WpZI3P
レイちゃんの廃墟はファンタジックで素敵だね。
私の廃墟は暗い。暗いどこか外国のアパート
のレトロな一室ってかんじ。
でも、私の廃墟は気分によって姿をかえる。

曇り空はまぶしいね。時にはのしかかってきそう。
赤い傘、ありがとう。私好みの紅色。
雨の音とにおい、いいよね。

真白が廃墟をおとずれるのは、鬱な時が多いです。

303 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/02 05:35 ID:aJcbDLdQ
寂しい…ただひとり、廃虚の壁によりかかっている。

304 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/02 05:36 ID:aJcbDLdQ
そして今日がやってきた。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 05:43 ID:qmjE5MX5
歪んだ王国に ぼくたちは住んでる 歪んだ鏡を 守っている
歪んだ王国の 歪んだ鏡に ぼくときみだけが まっすぐにうつる
広間にさしこむ 日射しの角度は 凍りついたように 幾千年 動かない
ほかに誰もいない ふたりだけの国で ヒスイの玉座に きみをそっと すわらせて
やさしくきみの目に 目隠ししてあげよう 白い首筋に キスをあげよう

歪んだ王国に ぼくたちは住んでる ほかに住めるところが ふたりにはない
ここでだけガラスの 美しい花が咲き 泉は歌い 風はまどろむ
広間の地下には 巨大な迷宮 ひとすじの光も 射さない 闇の底
死者のざわめきと 身もだえ 泣く声 錆びついた仮面と 砕かれた 時計たち
だけどきみは何も 知らないままでいい ふるえてお休み ぼくの腕の中で

翼ある鳥は 翼をもぎとれ 世界へと続く 通路をとざせ すべて
そしてぼくたちは 王宮の床に 輝く偽りの歌を 刻み付けた

きみを 永遠に ぼくは 愛しつづける きみだけを ぼくは 愛しつづける…

306 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/02 05:44 ID:aJcbDLdQ
清浄な朝の空気を感じながら、私は眠りにつく。

307 :|。・ω・)ノシ☆彡はっち ◆hacchiFXL6 :04/03/02 06:21 ID:6+BMgW9D
淀んだ曇り空。
穴を開けて光を差し込みたい。
そして、その光を苦しんでる人たちに照らし、希望と勇気を与えてあげたい。
俺は消えて無くなる飛行機雲でいいから…

308 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/02 18:13 ID:3aDghhbY
今日は廃墟から離れた場所に行ってきた。
そこは荒れ果てた場所。ゴロゴロ転がる石を拾い
土を返し花の種を蒔いた。もう少し暖かくなって
きたら小さな芽が顔を出すだろう。春になったら
色とりどりの花が咲き乱れるだろう。上手に花を
咲かせることが出来たら少しずつ範囲を広げ、や
がて辺り一面花で埋め尽くしたい。
どれくらいの年月が掛かるだろうかそのときまで
あの人は待っていてくれるだろうか。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 20:51 ID:eBMPPkKI
廃墟にも芽吹きの季節がくるのかな。

薔薇の芽が出てた。

310 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/02 21:18 ID:E3a6R1rY
>>309さん廃墟にもきっと芽吹く季節がやってきますよ(^^)

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 03:29 ID:eP2bPhN7
よっこらせ。
あーつかれたな。
タバコすおうかな。

あれ?君はだれ?
かわいいね。
こっちおいで。
ふわふわだね。
こっちこないで。
ふわふわだね。
君もイヤでしょ?
ぼくもイヤだよ。
そのうち仲良くなれるといいね。
なれなくても困りはしないけどね。
でもふわふわは好きだよ。
ぼくはぐちゃぐちゃだからね。
一緒にいたらチョンチョンになるかな。
半分ずつ交換しよう。それがいい。
帰るのかい?
じゃぁまたね。またきてね。

よっこらせ。
あーつかれたな。

312 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/03 07:58 ID:x8XwfPiK
廃墟にもやがて芽吹く季節がやってくる・・・か。
いいなあ。嬉しいなあ。

>>305
白い首筋にキスをください。
なんだか「鏡の国のアリス」を思い出したよ。

>>307
そんなはっちさんを慕っているひとは沢山いるよ。
だから消えてなくならないで。
堂々とした入道雲でいてほしい。

>>308
たまには廃墟から離れてみるのもいいもんだね。
レイちゃん、ありがとう。
レイちゃんがいると廃墟が明るくなるね。

>>311
ライター、使います?

レイちゃんに触発されて、私も廃墟から
離れた場所へ行ってきた。
広く、海の見渡せる断崖。
今日は、穏やかに波打っている。
やがて、チェリーブロッサムの花弁を
うかべて、たゆたうのだろう。


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 09:46 ID:zjs+jOC3

       .  ゚       o     .   。        o
   ゜ o        .  ゜            .    ゚
          o              ゜    。      ゜
     。  ゚  __,,,,;'''''~~ ゜-,,   o   。
      _,,,-''''~ ;:,:'; :;;::.,:;;: :: o ,.~ヽ,   ,,-^ー,゜,,   o   ゜ .
   _,o''~::,.:.::. ;; ゚ ;.:.:::.. ゚ ::.:. ::.,,:..;:  'i,_,-'~ .:., 。:.. ..:.~~ー, 、    。
  ~ :..:...:.:..:∧∧∧∧ ::: ゜..:. 。:..,:.;...  -,, ;;;;;:;;;;:;:;: :: :゜ ..,..'~ '' -ー,,,,____
  ;;: .,..::.:;::: /⌒つ ヽ) ;o :...::.:.;;:..: o ;:::....  ll;;;:..:;.;,l!ー、,,,, ゚  ::;..:.:..::. o :.,
  . .:::..〜(  (_ __) :::.::...::.:.:.:;;..:..:.:.:;;:.:.:;.; ゜|i‐―;;i| :,,..::;;,~~''--,,,, :::. ゚ :.:.:.:::..
  `'~` ''" ""''"" "'' '''`' ''" ""''"" "'' `'`~' ''" ""''"" "'' ~~` ''" ""''"" "''


314 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/03 10:00 ID:x8XwfPiK
「ゆき、みられたね。」
「うん。」
「また、エドワードの奴、頑張って・・・。」
「うん。」

>>126の208さんのカキコを参考に。
じんとくる。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 15:38 ID:rhnoL7ME
アー・・・
アー・・・
ワタシ・・・
イキテマスカ・・・
ココハ・・・ワタシノピバショデスカ?・・・


316 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/03 16:29 ID:Valrrf7Q
>>315
生きてるよ。
君は生きてる。
ああ、こんなに手が冷えて。ホットココアであたためよう。
もちろん、君はここに居ていいんだよ。

317 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/03 17:41 ID:eJD7H/T8
ましろチャン海を見に行ってきたんだね。
春の海は穏やかで好き。夜の海もいいね。
辺りが真っ暗だから波の音しか聞こえない。
目をつぶって波の音だけを聞いていると
とても心地いいの。
今度私も海見に行ってこようかな。
お弁当持ってお気に入りの本持って。
真っ白な巻貝と薄紅色の桜貝を見つけ
たらましろチャンにお土産だぁ(^^)
>>313
かわいい(*^^*)

>>314
シザーハンズは切なくて素敵な映画だね。


318 :309:04/03/03 22:33 ID:/NYCyB+u
咲いたばかりの花っていい匂い。

>>310 レイさん レスありがとう
きっともうすぐやってくるね(^^)



319 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/03 23:46 ID:aj67thDr
>>318さんこんばんは!廃墟にももうすぐ春がやってきますよ。楽しみですね(^-^)
今、庭に梅が咲いてるんですがすごくいい香りがしてます。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 02:57 ID:ddCVLDSV
明かりの消えた真夜中の街
舗道に軽い音を立て
ひとりできみは まだ踊ってる
夢の終わりを信じない

いつまでそこにいるの
つま先立ち 跳ねておどけて
いつまでそこにいるの
まわりにはもう誰もいない

ひとりになったきみの隣に
寄り添うやせた影法師
右手を振れば左手を振る
うずくまればうずくまる

きみの今のその寂しさが
遠い街の見知らぬ人の
孤独な夜をてらす
ささやかな灯に変わるだろう

店じまいした空の上から
満月 君に声かける
暗くけわしい道をわたしが
照らしていてあげるから

どんなに寂しくても
きみはひとりでお帰り
どんなに寂しくても
きみはひとりでお帰り

たとえば夜が深く
暗がりに足が怯えても
まっすぐに顔を上げて
心の闇に沈まないで

どんなに寂しくても
きみはひとりでお帰り
どんなに寂しくても
きみはひとりでお帰り

321 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/04 10:00 ID:Ycm3MBcj
春はここにも来ているんだね・・・徐々に、緩み足に。

>>317
レイちゃん、私は夜の海が怖くなる
ことがあるよ。
真っ黒な液体が、ごうごうと波打っているのを
見ると、食べられてしまいそうで、そう思うと
もう近づけないんだ。
でもそれはマイナスな側面から見た夜の海。
レイちゃんのように、目をとじてみよう。
さざ波の音、落ち着くね。

お弁当とお気に入りの本を持って、か。
いいね。とっても素敵だ。
お土産のことまで考えてくれてるなんて
嬉しいな。ありがとう。

>>320
夜の街、すき。
夜風をあびながら外へくりだすの。
ひとりで、立てるようにしなくっちゃ。

そして、私は今日もあの断崖にきた。
今日は、やや波の音が激しい。
こんな高い場所から海を見ていると、
不意に想像しないか?
落ちていく自分を。
波の向こうにしずんで、そしたらどうなるのだろう。
少しだけ苦しくって、でもやがて安寧がおとずれるのだろうか。

いや、決して実行はしない。

もうひとりの自分が、語りかけてくる。
沈んだむこうには、なんにもないんだよ。
ほんとうに、なんにもない。
闇すらも。
だから、馬鹿なことを、妙なことを、
考えるものではないよ。
安寧は、今君が居る場所の、どこかにあるから。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:36 ID:EvCP4oNF
やっと、私を捨ててくれたね。
ずっと待っていたよ。
付き合い始めた頃から、ずっと思っていたよ。
最後に私は捨てられる運命なんでしょ。って・・・
ずっと好きだったあなたを
ずっと好きになれずにいた。

私の居場所が見つかったよ。
独りという居場所が・・・。
これで、あなたを好きにならないで済んだよ。

もう、何も言う事はない。
このまま、この場所で・・・
忘れ去られるのを待つだけ・・・。

323 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/04 17:13 ID:HBgxsMN4
今日は寒かった。廃墟にも粉雪が舞っていた。
暖炉に火を入れて窓から外を眺めた。
辺り一面白い毛布をかぶせた様にふんわりとした
雪が積もっている。
雪の下には小さな芽が心地よさそうに春を待って
眠っている。
私も廃墟の中で真っ白な毛布に包まって暖かな春
を待っている。

324 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/04 17:37 ID:HBgxsMN4
ましろチャン、月のきれいな夜に海に行ってごらん。
海が大きな鏡になって月を映し出しているよ。
月を映した海は穏やかな波の音を立てているの。
ちっとも怖くないよ。ちっとも怖くない。

>>322さんに暖かい飲み物を置いておきます。

325 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/04 17:56 ID:9FgVYv5e
>>322
気持ち、痛いほど分かるよ。
男性不信になりそう。
つらいよね・・・。
>>レイちゃん
粉雪、きれいだね。
やがて冬にお別れを告げるのが、
さみしかったりもする。
もっと雪、見たかったな。
今度、月の綺麗な夜に、いってみるね。
海のおっきな鏡を見に、行ってみるね。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 03:24 ID:zyEjdMBy
廃墟だって、
こっそり夜中に忍び込んで仲間が集まれば
そこが廃墟だってことを忘れられそう。

だいじょうぶ。
廃墟なんかじゃないし、一人なんかじゃない。

327 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/05 06:32 ID:I79qRE3D
そう。
そうだね。
誰かが寂しがっていたら慰めてあげられる、
時には暖炉の側でみんなで談話できる、そん
な「廃虚」になれたら素敵だよね。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 14:28 ID:3XSR++Dr
僕がいなくても宇宙があらゆる力で動いているように
このスレも延びていくんだね。安心と似ているようで違う、不思議な気持ち。

緋色と言う名前、つけなくてよかった。僕より素適な人が使ってくれたから。
>>1のメール欄がここを立てた人のコテですよ。
何の証拠もないただの文字列に惑わされてはいけない。

329 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/05 17:59 ID:FYqjoZIF
>>328
わたあめさん、・・・そうお呼びしていいですか。
あなたが>>1さんだったんですね。一度お話してみた
いと思っていました。
私、此処が好きです(1)の時からずっと好きでした。
寂しいとき、辛いとき、来るようにしていました。
いつの間にか、コテで書き込むようになっていました。
ここに来ると落ち着きます。
わたあめさん、素敵な場所をありがとう。

330 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/05 20:15 ID:I79qRE3D
寂しいよ…苦しいよ…誰か…。

331 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/05 21:44 ID:VbbV626d
>>328 1さんお久しぶり。それともどこかにいたのかな?
ここに何度か書き込んでました。
1さんの文章が気に入ったから。

廃墟はずっとそこにあるよね。

332 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/05 21:54 ID:DZuM334Y
こんばんわ。
ましろチャン大丈夫?私はここにいるからね。
テーブルにカプチーノ置いて待ってるから。
飲みに来て(^_^)
>>326さんの書いてあるとおりここは一人ぼっち
になんかにならない「廃墟」なんだよ。


333 :レイ ◆bZlxS1HEHE :04/03/05 22:02 ID:DZuM334Y
>>328さんはじめましてこんばんわ。
>>328さんが>>1さんだったんですね。
ここは本当に居心地のイイ場所です。
とっても気に入ってます。

334 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 03:29 ID:w+F//W+M
真白さんへ
自意識過剰かもしれないけど、どうしても書きたくなってしまったので
この場をお借りして書きます。

真白さんと話すのがうれしいと言ったのに
あまり話せてないことが自分の中で気になってる。

俺は新しく関係を持った人とはもともとうまく話せません。
それなのに最初の頃少し無理をしていたのが本音です。
でも矛盾してるけどその時には話さずにはいられなかった。
あくまでも自分の意志で。
それで結局、気分的な問題(真白さんとは関係ないことだよ)
でここ数日はほとんど真白さんを含め、
誰ともまともに会話できていない状態になってしまった。
タイミングが悪いな、ととても思う。
だけど、それはもちろん真白さんに変な感情があってのことではないんだ。
それを伝えたくなりました。
ずっと気にかけてたんだけど、今まで言えなかった。
嫌な思いをさせていたらごめんね。
俺のただの勘違いならいいんだけど。

また誰かと話せるようになったらここに来てもいいかな?
とても自分勝手でごめん。でもどうしてもうまくできない。

335 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/06 05:47 ID:iMBZltwa
>>レイちゃん
カプチーノ、いただいたよ。おいしかった。
なにより、あたたかかった・・・。ありがとう。
今度私もお礼に何かいれるね。紅茶はお好き
ですか?
>>緋色さん
また早朝覚醒してしまいました。でも、これで
朝焼けがみれるね。君が、手が届きそうだと言った
朝焼け。
朝焼けを待ってから、詳しくお返事を書くよ。
また来てくれてありがとう。

336 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/06 06:09 ID:iMBZltwa
なんて私は間抜けなんだろう。
窓を開けて見ると、雨がじとじと降っていた。
さむいのですぐ閉めた。

337 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/06 06:58 ID:EDdiVTIR
>>緋色さん
今日はひときわ寒いから、早く珈琲をお出し
しないとね。エスプレッソで大丈夫かな?
自主隔離スレロムったりしています。
前にも言ったことだけど、私は緋色さんの書かれる
文章がすきなのです。
気分の方は、大丈夫かな?
最初の頃は、無理にでも私と対話しようとしてくれてた
んだね。言われてみれば、そんな雰囲気が伝わってきます。
苦手なりに、自分の意思で私と言葉を交わそうとしてく
れたこと、嬉しく思います。
個人差はあるけど、最初は、だいたいそんなものだと思うよ。
少しずつ、少しずつ話せるようになっていくタイプの人もいる(現に
私が、相手によってはそう)。
決して、嫌な思いなんかしてないよ。
無理に会話することはない。会話がすべてじゃない。
と、私は思う。
これは勝手な私の憶測で、不快にさせたら申し訳ないのだけど、
緋色さんは人と接することに対して不器用なんじゃないの
かな。
気持ち分かるよ。
私もそうだから。
私のこの文章を見るだに、不器用でどこかぎこちない感じが、
伝わってこないかな?(でも、誤解のないように言っておく
と、人と話すのは好きなんだよ)
自分勝手じゃないよ。
もちろん、また誰かと話せるようになったら、是非また
来てね。
話したい時に話せばいい。
会話しようとしなくても、ひとこと伝言を残していってくれる
だけでも、嬉しいよ。
それじゃ、ちょっと偉そうでごめんね。
                      ましろ



338 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/06 16:21 ID:UdqBiLjL
疲れた…廃墟でねむろう。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 18:22 ID:Qhhlocy/
このスレつまらなくなった…書き込む気失せたし。
真白と緋色とレイ他にスレでもたててそっちでやってよ。
ほんとヤダ…

340 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 18:56 ID:w+F//W+M
このスレに明確なローカルルールはないけど、
確かに詩的な情景描写を書き込むという機能を果たしていたはずなのに
それを壊してしまったと思う。
だけどそれが完全に間違いとも思えない。
コテハンの雑談をするためのスレも詩を書き込むスレも他にあるから。
俺一人じゃどうしたらいいか決められないな。
俺は別に、場所はどこでもいいです。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 19:43 ID:kmwloRWT
ローカルルールがなくても
「"僕の"廃墟」ってだけでわかると思うけどな

342 :緋色 ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 19:54 ID:w+F//W+M
それがわからないというか、違う受け取り方をした人がいたってことだよ。
それをはっきり定められるのは1さんだけだからこれ以上は何も言えない。
とにかく、俺があなたや俺のせいで居場所を失った人に
嫌な思いをさせたのは確かだね。ごめんなさい。
だけど謝っても俺には正解がわからないからこれ以上は言えません。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 20:48 ID:kmwloRWT
すみません書き方が悪かったですね
謝ってほしかったわけでもないんです

私もウザイみたいなんでさようなら

344 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/06 21:04 ID:S2xogVZa
私物化にはある程度の線引きをするべきだね。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 21:28 ID:JIzbFCvM
スレ立てたのはくれはでどういう意図で立てたのかは上の方に書いてあるけどね。
それが来る人の考えで変化していくのは仕方ないけど、
告白の返事とかは別の所でやって欲しかった。
正直馴れ合いは辛いんで別の廃墟を探しに行きます。

346 : ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 21:29 ID:w+F//W+M
え?そういう意味の告白なんてされた覚えはないよ。

347 : ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 21:33 ID:w+F//W+M
彼女が言ってくれたのは俺の文章の感じが好きだってことで話しませんか、ってことだったよ。
だから俺もそういう意味の会話ができなかったって書いただけだから
それは誤解だよ。

348 : ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 21:35 ID:w+F//W+M
もちろん私物化には変わりなくて、自覚もしていたからこの場をお借りしますって書いたけど。

349 : ◆ALLFmMSYY2 :04/03/06 21:49 ID:w+F//W+M
ごめん真白さん。
俺は当分自主隔離に籠もります。
もともと会話できない奴なんです。
俺と会話すると必ずどこかに問題が起こります。
それを俺が解決できればいいけどそうじゃないから。
本当にごめん。

スレのみなさんもすみませんでした。無神経でした。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 21:56 ID:JIzbFCvM
何か勘違いしてるみたいだけど告白の内容には関知した覚えはないよ。
ここで私信をするのはどうかと言いたかっただけ。
あとここは会話というよりそれぞれの廃墟を綴る場所だから
問題が起きるとかどうとか考えなくていいんじゃないの?
どうするかは貴方の決める事だから口出しはしないけど。


351 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/06 23:21 ID:UdqBiLjL
ごめんなさい。
本当にごめんなさい。
今、色々辛くて言葉が出ないです。
勇気が出たら、また来ます。
その頃には、どんな廃虚になってるのかな。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:38 ID:cvQ8c/f4
僕は空に落ちた。
ただ真っ暗でうるさい沈黙だけがながれた。
楽しい事だけ考えると憂鬱になってくるから
歌を唄って自分を慰めた。
友達へ、あの廃墟で待ってます。
言えなかったこと癒えなかったこと、
色々あるけど話したいです。
あの場所で

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 23:15 ID:f42zXJEf
トランクに少しの着替えと花の種を入れて
また旅に出よう。
赤い傘と煙草をテーブルに置いて。
きっとまた会える事を勝手に確信しながら
朝日が上がらぬその前に旅に出よう。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 09:03 ID:F0ciJsBT
此処にいてもいいのだろうか。
僕はこの廃虚が好きだった。
好きだったのに。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 13:48 ID:0V5aM4AJ
廃墟ってここの事?
随分、荒れてた?みたい・・・

356 :通りすがり:04/03/08 14:05 ID:81GQz6Rt
俺は、たまにこのスレをロムっていたんだが。
>>339のひとことからはじまって、すっかり荒れちまったな。
残念だ。
私物化ってほどのものでもないと思うけどな。
人が少ないだけで。
俺みたいな物好きが覗いたりしてるんだしな。
他にもロムってる奴、いるだろ?
少なくとも俺は楽しんでいたよ。
他のスレにないものがある。
>>345につっこんでおくと、このスレ立てたのは
わたあめだぞ。>>328見れば分かる。
彼に不満は特にないみたいだぞ。
むしろ、喜んでいるようにも見えるが。
緋色の名前、誉めてるし。
>>179-205の真白と緋色のやりとりは、寧ろ一つの
詩のよう、強引に解釈すれば彼らの心象という感じで、
ある種「廃墟」と取れなくもない。
>>8>>1が言ってるじゃないか。
誰が覗きに来ても居付いても構わない。
ただ僕が勝手に僕の廃墟って決めただけだから
・・って。
ローカルルールもないことだしな。
大体、つまらないと思うなら、馴れ合いが
嫌なら、自分の手で変えてみればいいじゃんか。
真白もレイも旅にでてしまったようだし、
好きにやってみるがいいさ。




357 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 14:19 ID:/fRM8Dg2
しばらく旅に出て、やっぱりここにしか自分の居場所はない、と
戻ってきたら、なんか荒れた形跡がある。
でもまあいいか。他の誰かは見えないし、古毛布も残ってる。
今日はこれにくるまって寝ることにしよう…
この睡眠が、誰にも邪魔されませんように。


358 :通りすがり:04/03/08 15:04 ID:ZmRnwFhx
ほらな、私物化ってわけでもなかったろ。
俺はとりあえず出るから、よく寝てくれよ。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 15:11 ID:uU8VoC3I
               ∩
        ∧_∧   | |
       (  ・∀・)_ | |  <何このスレ?
     / ̄        \|    
    /   ト      ∧_∧ヽ  っ
    / \ \   (´Д` ;)/っ
    |    ヽ_二二二つ⊂ノ、
    |     /        ヽ ギュッギュッ
   /   /       ,,イ   )
   | /  __    /`ヽl   ノ
   | /  ノ   \  ヽ〉   ) 〈
   /  /|     \ / / i ,ノ
  /  / ノ      / /、と_ノ´  ))
  l、 〈 |      (_〉  )っ
  |  | |       / /
  |  | |      / / 〃
  |  | |      / / 〃
 (__ノ_)    (_つ


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 15:55 ID:F0ciJsBT
わかってないね。
廃墟なんだよ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 18:09 ID:OOESMVy3
>>357 おかえり。よく眠れた?

362 :ハミヲ ◆vtVY8i1YlY :04/03/08 19:46 ID:emdo2PQZ
耽美、耽美、耽美。


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 19:53 ID:F0ciJsBT
>>362
耽美かなあ…それともハミヲさんはここが耽
美スレになることを望んでいるの?耽美がま
じっててもいいけどさ。別に。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 08:53 ID:XJFoS3PD
廃墟が本当に廃墟になっちゃった。
廃墟の隅で何処からともなく聞こえてくる声が
すきだったのにな・・・。

あ〜眠い・・・。
昨日は湯船で寝そうだったし・・・。
一日中寝てばかり・・・。
誰か、私を動かして。

う〜ん
好きな人でも出来れば変わるのかな〜。
こんなんじゃ、好きな人が出来ても、
そこで終わっちゃいそうだな。
誰か、結婚しませんか?
男女といませんよ〜・・・。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 09:18 ID:qxLVanqY
>>339さんや、他、此処を変えたひと、どこか心の痛みを感じませんか?
あなただけではないけれど、あのひとことで、ここは一気にさびれました。
通りすがりさんがいっているとおり、嫌なら
自分で変えるなり去るなりできたはず。
この廃墟を居場所にしているひとがいたからって、
何が良くなかったの?
そこのところが、いまいち明確になっていないと思います。
わたあめさんも誰がいついてもかまわないと
言っていることだし、居たい人は居て、心の
支えにする、そんな廃墟で良かったんだと思います。
ここはあたたかい場所だったと思います。
おせっかいですみません。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 11:18 ID:ZvIEn+9z
>>365さん
自分の心が痛くなる事が分かるのが精一杯です。
人の心が分かるのであれば、ここには居ないでしょう。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 11:19 ID:ZvIEn+9z
廃墟なんて、誰が居ようと構わないはずなのに・・・、
人が集まってきても良いはず。
それがツマラナイ一言で寂れてしまった。
しかし、それも良いのか・・・。
誰も分からない。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 11:19 ID:ZvIEn+9z
ルールは破る為に有るもの。
だから、ルールなんて要らない。
そんな場所に私は居たい。

369 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/09 13:02 ID:NvvYPkZH
わたあめさん、くれはさんの初期の頃、好きだったな。
きっと廃墟のどこかにいる、そう思うと落ち着く。

叫んでいく人も、ここに居着く人もいる。
廃墟。


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 14:04 ID:/ptv/hh9
>>367
良くないと思うな。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 15:37 ID:dZ7y4bgt
特定の人同士の馴れ合いは嫌だ。
壁ができて参加しづらい。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 16:22 ID:Ctdssstx
>>371
同意。馴れ合いが始まってから、来なくなった人他にもいると思う。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 17:00 ID:Ib8ivV0+
確かに。
ここでは馴れ合いは要らないね。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 17:38 ID:Ib8ivV0+
久しぶりにここの廃墟に来たよ。

来る途中、同級生を見掛けたよ。
彼女はとても確りとした顔をしていた。
そんな彼女を見ただけで劣等感を感じる。
誰かに会うたびに私はダメな人間なんだと。

ここは誰も居ない。
私の場所には、誰も近寄らない。
私の廃墟には誰も近寄れない。
私の中の廃墟には。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 18:03 ID:o0qKlId6
お久しぶり。
>真白さん、シザーハンズ気に入ってくれたようで良かった。
あれから雪降りました。
エドは頑張っているようです。

黄昏時
「誰そ彼」時って言うんだってね
彼が誰かわからないうす暗い時間を
赤ちゃんはこの瀬に泣くらしい
黄昏泣きって言うらしい
私もうずくまって声を出さずに泣いて見よう
廃墟から目をこらして
彼が誰か覗いてみよう


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 20:33 ID:qxLVanqY
馴れ合いをはじめた人達にやや攻撃的だね。
でも、ローカルルールもないことだしさ、
廃墟の捉え方が違っただけだと思うから。
色んな目線があるのだから。あまり責めるのはよそう。
痛くて見ていられないよ。
旅に出た方々、気が
向いたらどうか戻ってきてください。
この廃墟が好きだったんでしょう?
暖かく迎えますよ。
空気を読んで書き込みをするのが吉だと思います。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 23:14 ID:OBfb4dJt
目が覚めたら天井に穴が空いていた。
薄っぺらい板切れが腹や腕に乗っている。幸い怪我はない。よく生きてたもんだ。
身体を起こさないまま穴を眺める。今日もいい天気で、明日も多分いい天気なんだろう。
板切れを払い除けて立ち上がる。
この三日、服を洗っていない。ちょっと独特な臭いがする。
これも個性といえばそうかもしれないけど、良いこととも思えない。
外のバケツに溜まっている水、あれで洗おう。

バケツの水には虫が湧いていた。逞しい虫どもめ。
虫がすいすいと泳ぐ様は見ていてとても気持ち良さげで、邪魔をするのは憚られた。
しかしこの水、虫が湧いているということは、飲める水ということか。
飲む気はしないけど、いざというときのために覚えておくことにした。
ああでも、この手に握り締めたシャツの行き場は。
俺が居座っている部屋の水道には、蛇口がが無い。
蛇口が無いということはそれを捻って水を出すことが不可能ということで。一体どうすれば。
空中を見上げても、当然だが答えは浮いていない。
水、水。俺は水を探して、素っ裸のまま歩き出した。
捕まえてくれる警察も悲鳴を上げてくれる女もいないのは、好都合だが寂しいことだ。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 23:19 ID:O50PFvYb
560 ◆ALLFmMSYY2 ID:priLJMpn■
例えばよくコテハン叩きでお前は何でコテハンなの?
名無しでいいじゃん。
とか。そういうのを見ますが。
誰かのために2chやってるのか?ひろ略のため?みたいな。
そのコミュニティの雰囲気を守りたい人、守る必要がない人、両方わがまま。
でも両方いていいのでは?みたいな。いるのはいいだろ。
仲良しつーか、争わないに越したことはないけどね。
その方法を見つけていくのはいいけど、消えろとかはなしだな。
誰でもいるのはいいはずよね。
どうしても合わない時は関知しない方法もあるし。
特にこういう板にいる人は、
結局自分第一と思っといた方が双方ラクチンの傾向を感じます。



今思えば2ch全体、「馴れ合い」じゃねーの。
表現法がまあそれぞれ違うけれども。
それなのに頑なに匿名掲示板がどうたら……あーもークエスチョン。
別にアングラとかでもないでしょ?匿名の意味だって変わったんじゃねーの。
なんか独特の雰囲気みたいの大切にしちゃってさ。用語辞典まであんのよ。
2chもしくは2chをやってる自分への期待が高すぎるんだな。
巨大な馴れ合いを壊す馴れ合いが叩かれたり。
俺は叩いたことはあるが叩かれたことはないけどー。プホ。
これを殺伐とした板で言うとすごいんだろうな。あまりにアレでスルーかな。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 23:44 ID:OBfb4dJt
廃墟の塀の穴から出てしばらく歩いたところで、公園を見つけた。
公園の中央には水の出ない噴水がある。先週はここで身体を洗った。
しかし悲しいかな。噴水はすでにその水を枯らしていた。
水の出ない噴水は噴水ではなく、石の囲いにすぎない。役立たずめ。水を出せっていうんだ。
当然水道からも水は出ない。公衆便所にすら水は無い。流せない便所は便所ではなく、タイルの穴にすぎない。役立たずめ。
まあ便所の水が出たところで、それで服や身体を洗うのかといえば否だ。
諦めてさらに進む。素っ裸の肌は寒さで真っ赤になってきている。半端じゃなく寒い。
逃げ込むようにして廃駅に駆け込む。風を防いでくれる壁という存在は、何と尊いことか。
天井にのたうつ管から、一応は液体といえるものが滴っている。
粘性が強いという点では水と近しいが、残念ながら色が危険だ。紫で茶で黒で黄色。芸術的なマーブル。
近くで人の声がすることに気付いて、俺は更に奥へ進んだ。階段を上って、また下りて寒いホームへ。
ホームでは何人かの男女が木箱を積み上げた上で新聞紙を丸めて拡声器代わりに、何か演説をしていた。
廃駅のホームで演説。熱心なのは関心するが、聞きに来る奴はいるのか。
俺は遠からず近からず、柱に隠れて彼らの様子を窺っていた。
名前が無い人間にとっては名前のある人間は羨ましいし、やたらと目に付くものだ。
寂しい人間にっては徒党というのは疎ましい。市場の蝿。見破られかけたタルチュフ。
俺は中庸という凡庸で、孤高を気取った孤独だ。
演説する徒党には恐怖と嫉妬を感じ、その場から逃げ出す。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 23:52 ID:OBfb4dJt
気が付いたら公園に戻ってきていた。
噴水だったものの縁に座る。砕けた石がごつごつして尻が痛い。
乾燥した空気の中を走ったせいで、喉がカラカラだ。本格的に水が必要だ。
誰か俺に水をくれ。身体を洗いたい。服を洗いたい。水が飲みたい。一人では何もできない。
党が恐ろしくて廃墟へ逃げ込んだのに、人がいないと生きていけないといのが現実か。
じっと地面を見詰める。枯れた草。空を見上げる。青空。前を向く。少し遠くに重苦しく生温かい廃墟の塀。
立ち上がる。雑草と蟻を踏み潰してひびの入った道路を進む。
向かう先は廃墟ではなく廃駅でもなく家路。
握り締めたままだった服を着た。すっぱい臭いがした。現実の臭いだ。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 10:25 ID:CrtUUfnW
>>376
同意。何も排除するようなこと、
言わなくてもいいじゃない。
寂しかったんじゃないかな、彼ら。
ここはメンサロだよ?
せめてもう少し柔らかく意見しようよ。
ここ…どうあるべきなのかな。
スレ立て人のわたあめさんがノータッチなんだよね。
それはいいんだけど。
道に迷ってしまった。
居づらさを感じるようになった。
くれはさんマンセーみたいな雰囲気あるし。
私も彼の文章好きだけど。
別の廃墟も好きだよ。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 10:47 ID:srEhb4Lv
>>381
わたあめさんの意見なら>>328できけるよ。

383 :382:04/03/10 10:49 ID:srEhb4Lv
きけてるよ、のまちがいでした。
早くこのスレに落ち着いてほしいな。
どんな方向性にしても。

384 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/10 10:55 ID:3SgQATIx
吹雪が終われば、また青空が見えるよ。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 12:56 ID:zm58rlee
>>376
>>381
せっかく前の雰囲気に戻りつつあったのに話を戻さないでほしかったな・・・


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 13:44 ID:CrtUUfnW
>>385
ん、話をむしかえしたのは謝るよ。
ただ、もしも、もしもだよ、旅に出た人達が戻ってきた時に、
何かして、また攻撃されないか心配だったの。きゆうかも知れないけどね。
旅立った人達へ、此処はルールは定められてないけど、初期の雰囲気が
尊重される場所みたい。だから、再び廃墟に
戻ってくることがあったら、初期の雰囲気をよく観察して、
合わせるようにしてみたら、きっと大丈夫だと思うよ。
だから、多分落ち込んでるだろうけど、元気を出して。
一時期落ちそうだった此処を保守したのは
あなたたちだと私は思ってる。私も此処の
初期の雰囲気が好きだから、このまま落ちないことを願うよ。
閑かな廃墟。

ああ、何か書きたいけど、今心象風景が出てこないや。どうも暗い気分の時じゃないと
駄目みたい。

じゃ、余計な口をはさんでごめんね。失礼するよ。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 16:39 ID:McruXX16
お腹空いたな〜。
食べるものが何処にもないよ・・・。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 19:46 ID:q9z/tAYh
>>387(  ゚Д゚)⊃旦 < 茶飲めやフォルァ!

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 00:15 ID:Es1+WTgO
↑こういうのも馴れ合いっていうの?
許せるライン?ワカンネ。漏れ初心者で。すまんね。
特定の人同士で固まっちゃうとよくないってことかなあ。
でもコテ数人しかいないとそーなりがちだからなあ。
難し難し。

390 :388:04/03/11 00:34 ID:3tMOciOb
>>389
茶ぐらい勧めてもよかろーよ。
ここもやっぱり2chなんだね。荒れるのが良いとは言わないけど‥

まぁ、こうして人と触れ合えるのは嬉しいじゃない?
コテも名無しも人だから。


391 :389:04/03/11 00:49 ID:Es1+WTgO
>>388さん、そりゃもう、茶ぐらい勧めてもよかろうと
漏れも思ってるよ。
レスがついた方が張り合いがあっていいと
思うし。
ただ、上で散々馴れ合いは嫌とか書かれている
ものだからさ。どれぐらいなら馴れ合っていいのか分から
なくなってしまったんだよ。
388さんの言う通り、コテも名無しも馴れ合えれば嬉しいじゃんね。
名無しはよくても、コテが馴れ合うと気にくわないのかな?
あーもー、わからん。
他の方々のご意見も拝聴したいよ。
マターリ荒れずにいられないのかな。ここは
自由な廃墟じゃなかったの?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 00:54 ID:BXD3CPI8
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■□□□
□□■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■□■■■■■■■■□□■□□□□■□□□■■■■■■■■■■■
□□■□□□□■■□■■□■■□□□□■□□■■■□■□□□□□■■
□□■□■■■■□□□■■□□■□□■■■□■□□□■□□□□□□□
□□■□□■■□□□□□■■■■□□□■□□■□■■■■■■■■□□
□□■□■■■■■■■■■■■□□□□■■■■□□□■□□□□□□□
□□■■■□□■■□■□□□■■□■■■□□■□□□■■□□□■■□
□□■■■■■■■■■■■■■■■□■□□□■□□□□■■■■■□□
□□■□□□□■■□■□□□□□□□□□□□■□■□■■□■■□■□
□■■□□□□■■□■■□□□□□□□□□■□□■□■■□■■□■□
□■□□□□■■□□□■■□□■■□□□■■□□■■■■□■■■■□
■■□□□■■□□□□■■■■■■□□□■□□□□□■■□■■□□□
□□□■■■□□□□□□□■■■□□□□□□□■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■□□□
□□■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■□■■■■■■■■□□■□□□□■□□□■■■■■■■■■■■
□□■□□□□■■□■■□■■□□□□■□□■■■□■□□□□□■■
□□■□■■■■□□□■■□□■□□■■■□■□□□■□□□□□□□
□□■□□■■□□□□□■■■■□□□■□□■□■■■■■■■■□□
□□■□■■■■■■■■■■■□□□□■■■■□□□■□□□□□□□
□□■■■□□■■□■□□□■■□■■■□□■□□□■■□□□■■□
□□■■■■■■■■■■■■■■■□■□□□■□□□□■■■■■□□
□□■□□□□■■□■□□□□□□□□□□□■□■□■■□■■□■□
□■■□□□□■■□■■□□□□□□□□□■□□■□■■□■■□■□
□■□□□□■■□□□■■□□■■□□□■■□□■■■■□■■■■□
■■□□□■■□□□□■■■■■■□□□■□□□□□■■□■■□□□
□□□■■■□□□□□□□■■■□□□□□□□■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■□□□
□□■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■□■■■■■■■■□□■□□□□■□□□■■■■■■■■■■■
□□■□□□□■■□■■□■■□□□□■□□■■■□■□□□□□■■
□□■□■■■■□□□■■□□■□□■■■□■□□□■□□□□□□□
□□■□□■■□□□□□■■■■□□□■□□■□■■■■■■■■□□
□□■□■■■■■■■■■■■□□□□■■■■□□□■□□□□□□□
□□■■■□□■■□■□□□■■□■■■□□■□□□■■□□□■■□
□□■■■■■■■■■■■■■■■□■□□□■□□□□■■■■■□□
□□■□□□□■■□■□□□□□□□□□□□■□■□■■□■■□■□
□■■□□□□■■□■■□□□□□□□□□■□□■□■■□■■□■□
□■□□□□■■□□□■■□□■■□□□■■□□■■■■□■■■■□
■■□□□■■□□□□■■■■■■□□□■□□□□□■■□■■□□□
□□□■■■□□□□□□□■■■□□□□□□□■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


393 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 01:02 ID:Yfd3mLtA
馴れ合いが嫌というか、コテのチャット状態みたいになってたのが嫌だったんじゃないの?
スレのチャット化は荒らしみたいなもんだと、俺は思ってたけど。

394 :382:04/03/11 01:14 ID:q577xjLG
>>393
へええー、そういうもんなんだ・・・。
コテのひとたちに悪気はなかったと思うよ・・・私は。
確かにチャットっぽくなってるところもあったけど、基本
的にはレスの付け合いに見えたけど・・・うーん、
私もわからなくなってきちゃった。
またスレの雰囲気こわしてごめんね。
黙ってられなくて。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 01:23 ID:q577xjLG
ゴメン、>>394>>381のカキコ。
>>382さん、ご迷惑かけました。
揺れてるよね、此処。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 02:18 ID:71sni0nE
馴れ合いは全然構わないが、コテ同士話したいなら他に行ってほしい。
…まぁ妥協が必要か。
なーんかもうどっちでもいいかーと思い始めた。
考えてたら疲れるしなー。ダラダラ。

397 :388:04/03/11 02:35 ID:3tMOciOb
きっと、あんまり仲良しだと嫉妬しちゃうのさ。


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 04:11 ID:Es1+WTgO
>>397さん、あなたのかきこみを見ていると逐一いい方だなあって思うよ。


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 08:37 ID:82ZvMNAy
嫉妬はしないよ・・・
あの中に入りたいとも思わなかったし、
寧ろコテ同士のチャット状態が始まってからは書き込む
気にもロムる気にもならなくてスレ覗かなかったな。
久しぶりに見に来たけどやっぱり同じ事思ってた人が居たんだね。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 10:53 ID:Es1+WTgO
名無しは良くてコテはいいの?(・∀・)なんかおかしくない?それ。
コテってなんでチョト嫌われるんだろう。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 11:16 ID:SOC8siat
嫌われるも何も、過度の馴れ合い、コテのスレ占有、私物化はガイドライン禁止事項。チャット化も鯖負荷の問題。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 12:34 ID:Es1+WTgO
>>401
ありがとう。DQN丸出しな質問だったようです。
ガイドライン熟読しなきゃな。
でも、それじゃまたどうしようもないこときくけど、
雑談スレやしりとりスレは例外ってことなのね。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 12:40 ID:Es1+WTgO
連投スマソ。それにしてもこのままいくと落ち
そうだなこのスレ。
一時期本気で廃墟化してたし。
ここ好きなんだけど漏れ文才ないし(ノд`).゜.
仮に漏れひとりでがんばってみても私物化になっちゃうし。
みんな書いてくれ…。需要のないスレは落ちてゆく、そういうこと
でつね。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 16:01 ID:G7NUtjpu
さよなら。僕の廃墟。
僕は消えてなくなる事を望んでいます。
                           わたあめ

405 :サリエリ ◆jql91k4VxI :04/03/11 19:46 ID:0wEMetG7
冬がいこうとしている。
この廃墟に降っていた真っ白で暖かく優しい雪はもう降らないのだろうか。
太陽の強い日差しでどこか遠いところへ追いやられてしまったのだろうか。
また、静寂に包まれた冬が来て真っ白な雪が降ることを願う。
それまでしばし眠ろう。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 23:51 ID:h56uC/10
夜半に降り始めた雪が歩道に薄く積もっている
夜が明け、新たな一日が今日もやってきた
雪は止み、優しい陽光が冷えた空気を暖めてゆく
歩道に積もった雪は雑踏に踏み荒らされ
その仕返しに、薄汚れた雪解け水が靴の中に染みて私を不快にする
春はまだか?あの憂鬱な雪雲を吹き飛ばしてくれ
日が沈む頃、雪は跡形もなく消えていた

407 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/12 08:13 ID:pFMLrkP1
私は、またスレ違いなことを書いてしまうけど。ここ…ずっと好きでした。
でも落ちそうで、私、どうにかしたいと思ったんです。
「ここ、本当に廃墟になってきちゃったな。」
「書いて感想が帰ってくるわけでもないし、
それぞれの廃墟がリンクするわけでもないし、スレの発展のしようがないからな。」
そんな会話がありました。
それで、思ったんです。
出来るだけレスをつけるようにしたら、廃墟に来る方々の
気持ちを少しでも癒せたら。
ここを誰かの居場所にできたら。
この廃墟を守れるのではないかと。
でも、それは結局「馴れ合い」という多数の人にとって好ましくない
状況を生み、かえってここを劣化させてしまったようです。
本当は色んな方に、文学的雑記なり、
詩なりを書いて欲しかった。
時には寂しい人達が集まれる廃墟になれないかなと
思っていました。
でも、結局隔離的になってしまったのは確かだと思います。
私は2ちゃんねるという場所に対して無知である
くせに、余計なことをしたんです。
私には詩的センスもなく、わたあめさんやくれはさん
のようにはいきませんでした。
ごめんなさい…。
でも、私ここが好きでした。いえ、好きです。
今は辛くて、これ以上書けないです…。

408 :るる:04/03/12 13:01 ID:WwPzWNR9
http://lulu-web.com/
メンタル系コミュニティー(※チャットルームは24時間大盛況)。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 14:54 ID:73VGhL32
>>407
悲劇のヒロインぶるのはやめなよ。自己陶酔するなっての。
ここの住人がいじめたみたいに聞こえるじゃん。

410 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/12 14:59 ID:PWeG8NQ3
どんよりした曇り空、冷たい空気。
でも、こういう日が好き。

真冬の雪は冷たすぎる。
でも、今はそうじゃない。
この季節がずっと続いてくれたら・・


411 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/12 15:13 ID:pFMLrkP1
>>409
ごめんなさい。そんな風にきこえましたか…。
私はただ、素直に思っていたことを書いたんです。
でも、このままいくとこの廃墟は生き返るかも
知れないですね。よかった。

412 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/12 15:18 ID:pFMLrkP1
決していじめられたなんて思っていません。
色んな考え、色んな見方があって、たまたま
それがくい違っただけです。
誰も悪くなかったと思いたいです。

413 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/12 15:26 ID:pFMLrkP1
また、連投で余計な口をはさんでごめんなさい。
私の意見を見てくださったこと、ありがたく思います。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 15:31 ID:7rYwTqns
>>411
謝る事ないですよ。
今はみんな回りの雰囲気でそんな言葉を言っているだけでしょう。
真白さんはまったく悪くないよとは言いませんが、
攻められるほどのことはしていないですよ。
あまり気にしないで下さいね。
では.・・・。

415 :真白 ◆xw82cQytfg :04/03/12 15:40 ID:pFMLrkP1
>>414
ありがとうございます。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 20:48 ID:XAjUt/0+
>>415
だからいちいち出てこなくていいよ。
他でやってくれ。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 21:24 ID:JxuHuXp/
花を育てることにした。机の引出し、上から二番目に入っていた種。
俺のアパートには土が無い。鉢植えも無い。だから廃墟へ。大きな庭がある。
何の種かは知らない。咲けば分かるかも知れないが、名前は気にならない。綺麗なら満足だ。
土を解して種を蒔き、その上から軽く土を被せる。水をやる。卵の殻は肥料代わりになるという噂は本当だろうか。
荒らされたら腹がたつだろうから、念のため極太マジックで 俺の花壇 と書いた蒲鉾の板を立てて置いた。

418 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/12 21:56 ID:PWeG8NQ3
芽が出て、花が咲くのを毎日楽しみに見るよ。
きっと綺麗だろうね。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 23:55 ID:bXDQkmK+
>>416
禿同。なんか一番苦手なタイプなんだよな。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 02:31 ID:U6jrqFoE
なんか「真っ白な雪が〜」とか「踏み荒らされて〜」とか
遠まわしに文句言ってるんだろうか?
前から気になっていた。考えすぎだろうか。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 03:53 ID:iW+/833B
>>402
気が向いたらここ読んでくれ。
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/mental/1054579015/328

422 :402:04/03/15 06:43 ID:6nuW522p
>>421
読んだよ。詳しい説明ありがとう。
結局、廃墟スレでわたあめさんが理想として
いたことは何だった んだろう。
意見はあるにはあるんだが、余計なこと言う
とまた荒れそうなんでやめとくよ…。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 07:15 ID:eejuvo7E
真白=402=ID:Es1+WTgO

175 名前:真白 ◆xw82cQytfg [sage] 投稿日:04/03/15 06:19 ID:6nuW522p
おとうさんおかあさんありがとう…。
そしてシーちゃん、おやすみなさい。良い夢を!私も朝寝しようかな。



389 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/03/11 00:15 ID:Es1+WTgO
↑こういうのも馴れ合いっていうの?
許せるライン?ワカンネ。漏れ初心者で。すまんね。
特定の人同士で固まっちゃうとよくないってことかなあ。
でもコテ数人しかいないとそーなりがちだからなあ。
難し難し。

391 名前:389[] 投稿日:04/03/11 00:49 ID:Es1+WTgO
>>388さん、そりゃもう、茶ぐらい勧めてもよかろうと
漏れも思ってるよ。
レスがついた方が張り合いがあっていいと
思うし。
ただ、上で散々馴れ合いは嫌とか書かれている
ものだからさ。どれぐらいなら馴れ合っていいのか分から
なくなってしまったんだよ。
388さんの言う通り、コテも名無しも馴れ合えれば嬉しいじゃんね。
名無しはよくても、コテが馴れ合うと気にくわないのかな?
あーもー、わからん。
他の方々のご意見も拝聴したいよ。
マターリ荒れずにいられないのかな。ここは
自由な廃墟じゃなかったの?

398 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/03/11 04:11 ID:Es1+WTgO
>>397さん、あなたのかきこみを見ていると逐一いい方だなあって思うよ。

400 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/03/11 10:53 ID:Es1+WTgO
名無しは良くてコテはいいの?(・∀・)なんかおかしくない?それ。
コテってなんでチョト嫌われるんだろう。

402 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/03/11 12:34 ID:Es1+WTgO
>>401
ありがとう。DQN丸出しな質問だったようです。
ガイドライン熟読しなきゃな。
でも、それじゃまたどうしようもないこときくけど、
雑談スレやしりとりスレは例外ってことなのね。

403 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/03/11 12:40 ID:Es1+WTgO
連投スマソ。それにしてもこのままいくと落ち
そうだなこのスレ。
一時期本気で廃墟化してたし。
ここ好きなんだけど漏れ文才ないし(ノд`).゜.
仮に漏れひとりでがんばってみても私物化になっちゃうし。
みんな書いてくれ…。需要のないスレは落ちてゆく、そういうこと
でつね。


(・∀・)ニヤニヤ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:23 ID:Uew/Bywe
どこか寂しいけれどこの廃虚でなら一人になれる
一人でいるのは寂しいけれど
傷つけあったり憎しみ合うのはもっと寂しい
独り座ってただ時が流れるのを感じて眠りにつこう
身体に伝わるコンクリートの冷たさがそっと僕を慰めてくれる


425 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 23:33 ID:Uew/Bywe
目の前を歩く人の流れが早すぎて
そうまるで二日酔いの頭で人生だとか考えちゃって
結局分からなくなって投げ出したくなる一瞬前。
頭が割れる程痛くて
誰かを傷つけたくてたまらなくなる感じ
お前ら頑張ってカスな人生送って御苦労なこった。
普通にも楽しくも生きれないのになんで頑張れるんだろう
今じゃもう何かを感じる事なんてなくて
だんだん心がゆっくりに、真っ白に、なっていく

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 00:57 ID:x7HgtOI0
>>425
で誰か傷つけたら申し訳ない

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 01:03 ID:pCDHXROI
>>422
>>404

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 02:33 ID:xJL9MGMi
夜に水をやるのは、どうなのだろう。
植物は夜、呼吸をするらしい。つまり日中は光と水とあらゆる養分を取り込むのだ。
水をやるのは日中の方がいいのかも知れないが、日中の俺は黴臭い部屋の住人で、とても来れそうにない。
植物が呼吸をする。そのメルヘンな響きの現象を最初に知ったのは小学校の理科の授業だったか。
植物は夜に呼吸をして二酸化炭素を出し、日中に光合成をして酸素を生む。
俺も呼吸をするが、光合成は出来ない。なので酸素を生産できない。
生産力という点で俺は植物より劣っている。だが、その植物に水を与えるのは俺だ。
この植物は俺がいなければ死んでしまうのだ。実際は違うかも知れないが、俺はそう思う。
なんと、俺は星の王子様か。ではこの、いまだ芽すらも出さない種は薔薇であるはずだ。
真っ赤で綺麗な薔薇だ。我侭で棘のある、いじらしい薔薇。
想像しただけで、とても満たされた気持ちになる。
いつか咲く俺だけの薔薇。俺の花壇。俺の存在が生かす場所。
早く芽生えることを願って、砕いた卵の殻を蒔いた。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 13:12 ID:HNDevAx7
気を付けて見ないと気付かないけれどどうもここには結構人が居るらしい
顔は見えないけれどきっと皆寂しい顔をしてるんだろう

金木犀の花の香りがする
良い香りだけどちょっと息苦しい
大きく息を吸ったら寝てしまった

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 13:13 ID:HNDevAx7
白い砂地に苗を植えて水をかける

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 18:39 ID:jDqlhILg
 巨大なハンマーで地球をぶん殴ったような衝撃が、あたり一帯を震わせた。床に寝ころがっていた俺は、
飛び起きて辺りを見まわす。床がまだびりびりと震えている。棚が倒れ、そのうえに並べておいた物が
床に放り出されていた。天井から砂粒のようなものがパラパラと落ちてくる。見ると天井はひび割れて、
コンクリートの破片がこぼれているのだった。
 俺は状況を確かめるため、部屋を出てビルの非常階段を駆け上がった。カンカンと金属音を鳴らしながら
登ってゆくと、やがて視界が開けてくる。穴だらけの大地。穴だらけのビル群。その向こうに、もうもうと煙が
上がっているのが見えた。目と鼻の先、と言ってもいい距離だ。円形の穴が新たに地上に穿たれ、
炎と黒煙を吐き出していた。
「ちょっとばかり、デカいやつが来たな」
 俺は感嘆の念を込めて、独りつぶやいた。新たな穴ができた辺りに存在していたはずのビルは崩れ落ち、
灰色の岩の山になっていた。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 18:41 ID:jDqlhILg
 俺は自分の部屋に戻り、乾パンをかじる。そうしながら、ひび割れた天井をながめた。以前からあった
ひび割れだが、今度の衝撃でさらに大きく広がっていた。深い亀裂が入り、薄い闇の中に鉄骨が顔を
覗かせている。その鉄骨も、染み込んだ雨によって腐食してきているようだった。俺はため息をつく。
「ここも、そろそろ去りどきだな」
 崩れたビルの下敷きになったんじゃ、たまらない。身体の傷も、もうだいぶ良くなっている。
 俺は床に転がったものを拾い上げる。妻の古い写真と、死んだ娘の遺骨。それだけだ。その他の
荷物と言ったら、水筒と乾パンの入ったリュックサックがひとつあるきり。簡素なものだ。荷物を
増やそうにも、ここには何も無い。俺には、何も無いのだ。写真と遺骨をリュックサックに詰め込む。
もうひとつため息をついてからリュックを背負い、俺は部屋をあとにした。
 空は巻き上げられた粉塵に覆われ、どんよりと重く曇っていた。俺はうつむいて歩きつづける。
灰のつもった大地の上に、俺の足跡が点々と続いてゆく。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 18:46 ID:jDqlhILg
 俺が産まれたときには、この星はもう、こんな有様だった。なんだかよくは知らないが、俺の爺さんが
まだガキだった頃に、宇宙で起こったつまらない事故がきっかけらしい。東の国の偉い科学者が、
地球から遠く離れた実験施設で、重力を発生させる装置を作ろうとして失敗したんだとか。装置が
うまく制御できず、暴走が起こって、結果小惑星帯の軌道をゆがめてしまったのだそうだ。以来地球には
大小様々の流れ星が降るようになったということだった。
 迷惑な話だ。だが、嘆いても何も始まらない。俺はこの時代、この場所に、生まれ落ちてきてしまったのだ。
俺は生きねばならない。だが、どこに行けばいいのか。瓦礫の大地を進みながら、ぼんやりと思った。
俺は、何を求めて歩いているのか。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 02:34 ID:jD15ZK2b
きっとここはもう廃虚だけど
本当の意味の廃虚じゃ無くて
優しいキモチのあふれてる場所だと思う

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 06:03 ID:jD15ZK2b
朝起きて隣で寝てる女の子の顔は思い出せなくても
この廃虚へ来る道は分かる。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 11:41 ID:z9DTmgsT
二日酔いで頭が痛い

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 20:44 ID:SNz4D3BH
こんばんは。スレ立て人の、わたあめ=くれはです。
>>1から書いている文章は、私自身ではなく分身を主人公にして
一人称で書いていました。少し>>95さんのイメージに近いかもしれません。
そして舞台はなんちゃら時代でフランスあたりとかとかテキトーでした。
ですから、私の顔を知っている方からすれば「をぇぇ…」となりかねませんので
隠れコテわたあめになりました。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 20:49 ID:SNz4D3BH
もうなりきって書いてたので、ローカルルールなど明記なし!
何か色んな廃墟が出てきて、うわあ乱暴だなあとか色々思って、
「そっか、私の世界観は通用しないんだ」と再確認して一時撤退。
途中でくれはだよ〜んって出てきたのはコテ特有の自己顕示欲…
じゃなくって「ああもうこんなスレ消えて欲しい消えて消えて!」
という心理の裏返しです。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 21:01 ID:SNz4D3BH
ここでしたかった事は、自分の理想像ともいえる分身に、
自分の知らない世界を雲の巣張った脳味噌で頑張って想像した
理想の世界で、ある種の理想の生活をさせる事でした。
シュミレーション的な事ですね。妄想ですね。耽美ー耽美ー。
ならば他板で単独スレ立てて一人でやってろって話ですが、
当時はそんな頭がなかったのです。安易な気持ちでメンヘルサロン板に
薄っぺらいスレを立ててしまった事をここにお詫びいたします。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 21:13 ID:SNz4D3BH
そしてごたごたがあったと思われる頃、私事で現れる事が
出来なかった事、申し訳ありませんでした。
ですが隠れコテわたあめでの書き込みをやめた時、
このスレは完全に私の手を離れたのです。
当時私情がなくても「その後の事については一切関知しない」
そう書き残しただけだったと思います。

これはあくまで個人の意思で、続けたい方はどうぞどうぞな訳ですが、
最後にもう一度>>404の言葉を残して去ります。

わたあめ 拝

441 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/22 22:32 ID:88qpf6t2
なんか悲しいよ。好きだった隠れ家が踏み荒らされてなくなるみたいで。
理想でもなんでも、わたあめさんの世界好きだった。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 01:03 ID:GtyUqnXb
わたあめさんの廃墟の隣にたくさんの人たちの廃墟が続いてる。
たくさんの居心地は悪くない廃墟な所
個人的にそういう廃墟な町を歩き回れるここがすきだよ
なんだか、からっとしてたりよどんでいたり、誰も居ないけどだれか居るようで、
さびしいけどさみしくない感じ。

わたあめさんが去りたいとおっしゃるなら、とめられないけれど、またどこかで
あいたいな。出会いを与えてくれてありがとう。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 02:00 ID:85Xv90EV
>>1
スレ立てた人がスレを管理しなきゃいけないわけでも、立てた人の意向に従わなきゃ
いけないわけでもないから、謝る必要とか関知しない云々とか言わなくても大丈夫だよ。
ていうかね、スレが立って誰かが書き込んだ時点で、スレは不特定多数の人が利用する場所で、
「新スレッドを立てる」ボタンを押した時点でそのスレは>>1の手を離れているし、
そこで何らかの権限を持つのは管理側で、責任を持つのは書き込む人全員なわけだから、
>>1がどう思っていようと関係無く続くスレは続くし、落ちるし、削除されるし、
えーとね何がいいたいかっていうとね、「>>437-440(゚д゚)ハァ?」っていうかね、
「ていうか消えて欲しいならちゃんと削除依頼出しとけよ」っていうかね、うん、そんな感じ。

>>1は薄っぺらいっていうけど、素敵なスレだと思ってます。立ててくれてありがとう。
このスレは君がいてもいなくても、勝手に伸びるし勝手に落ちます。
心配しなくても何も問題ないから、安心して忘れてね。
忘れることが、多分、君にとっての「消えて無くなる」に近いことだろうから。

えーと最後に、理想だったわたあめさんへ。
理想は美しいよね。幻想は素敵だよね。江戸川乱歩も「ゆめこそまこと」って言ってたしね。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 11:40 ID:tSdvkhJA
>>443
ハゲ同。削除依頼しる。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 12:56 ID:29iSjvmn
>>443
書き方が悪かったね。「手を離れる」に関しては、僕が離れただけの事です。
必要がなくても謝ったのは、ただ単に謝りたかったからだよ。皮肉かな。
色々と書いたのは、僕がどういう意図でこのスレを立てたのか、
どうあることを望んでいるのか、など全てに関してノータッチと言われたので
タッチタッチターッチしてみただけだよ。削除依頼は出しません。ふふ。
僕の意思に関係なく続くし落ちる事は勿論承知の上、心配なんてしていないよ。
忘れる事もないだろうね。あの犬がまだ帰ってこないんだ。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 13:06 ID:29iSjvmn
いつ消えるのかな、次スレまで行くのかなって
面白半分に見ているだけだよ。ふふ。今日も寒い。
書きたいから書いただけの事。そこまで過剰反応しなくても。
僕は薄っぺらいスレを言葉の羅列を、面白半分に見ているだけだよ。
なくなるまで。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 22:16 ID:3KS9sbay
去りますといった奴は、絶対去らないという見本の晒しage

448 :424,425,429,430,434あたり/蜂 ◆Bee/NIOwws :04/03/24 03:45 ID:RSAr//Oz
初めて来たのは僕のメールの口調がわたあめさんの口調に似てるって言われて
どんな感じなんだろうと思って来た。
で、

>>8
誰が覗きに来ても居付いても構わない。
ただ僕が勝手に僕の廃墟って決めただけだから。

が良いと思って自分勝手に思い付きでレスしてみたりしたけど
そうは思って無かったの?
だったら寂しいな。

僕の場合は誰にも見られたく無い日記をここで隠喩して書いてたから。
薄っぺらだとか、痛いとか分かってても言いたい事が有って
何となくここで呟くのが僕は楽しかった。

これからも思い付いたらなんかレスしようと思うし
落ちたら次スレたてたいと思う。

スレをたてたのがわたあめさんでもこのスレはわたあめさんのモノじゃ無い。

449 :ヒナコ:04/03/24 12:11 ID:6sb6ta+z
今日はわたあめじゃないお名前で来ましたよ。ふふ。

去りますって、あん時は、なのに。
もうこねえよヽ(`Д´)ノウワァァァンじゃないよ。
やっぱ受け取り方って人それぞれなんだねぇ。

そうそう、このスレは誰の物でもないさ。
今後の展開が楽しみですね。((o(^∇^)o))わくわく

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 22:06 ID:0j81HdgX
ここ二、三日、雨ばかり降っている。
本当は花壇に水をやる必要は無いのだろうが、それを認めてしまうのは俺がこの場所に存在する理由を否定することとイコールだから、俺は雨を無視して水をやっている。
廃墟だと思っていたが、どうやら複数の人間が住んでいるらしい。
そう意識して見れば俺の花壇の周りにも自分以外の足跡が見つけられる。
住んでいる というのがこの土地と屋敷の権利を所有することなのかは知らない。知らないし興味も無い。
実際に権利を持ち得る人間に何も言われないのであれば権利を有するとほぼ同じことだろう。
それならばこの 俺の花壇 の権利を俺が持っていると主張しても何の問題も無い。無いはずだ。
自分の行動を正当化するのは意外に大変な作業だ。右手に持つジョウロを傾ける作業よりも大変かも知れない。
気付いたことがある。俺の花壇の中心に、たった一つ、小さな緑色の芽が出たのだ。
俺が蒔いた種の芽かどうかは判別がつかない。だって俺は自分が何の種を蒔いたのかすら知らない。
もしかしたらただの雑草の芽が出ただけかも知れない可能性だって、十分に有るのだ。
だけどどっちでもいい。雑草と名前も知らない種にそう差など無い。
俺の花壇に生えた以上、そいつは全部俺の花になる。芽を軽く指で弾いてみる。
瑞々しい芽が揺れて水滴を飛ばした。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 02:18 ID:ILR631u0
毎日仕事帰りに最近立ち寄る場所が有る。
まぁなんていうかただの廃虚なんだけどちょっと変わっていて
急ごしらえの花壇があったり空き缶が転がってたりするけど
荒れてるっていうより誰だかしら無いけれど誰かと一緒にいる様で何故かか心地よくて
会社の上司にむりやり酒に誘われた後ここに酔いを冷ましに来たりする。

いつの間にか寝てしまった。
早く帰らないと。
花壇にも何かの花だろうか、芽が出ていた。
コンクリートのグレーと土の茶、新芽のグリーンに心癒される

誰だか知らない誰かの為に僕は壁に絵を描いた。
スーツがちょっと汚れたけれどそんな事はどうでもいい
今日は仕事を休んで芝生で昼寝でもしよう。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 18:44 ID:cI1v2TLv
成すべき事もなく、会うべき人もいない。
生活に山もなければ谷もない。
ぷつりと切れたゴムが床の上でだらしなくのびているような日々。
浅いプールの中で溺れるような時間。
退屈さに、殺されそうだった。
俺は際限なく続く灰色の時間を、ただ歩き回ることで埋めていった。

見知らぬ場所をのそのそと歩きまわる。
何の変哲もない、住宅街であった。
没個性的建築のなかで没個性的家族が没個性的日常を送る世界だ。
俺は彼らの歯車のように回る日常を想像し、鼻で笑った。
笑った瞬間、その歯車にすらなれなかった不良品の自分を想って、苦しくなった。
妙にいたたまれなくなり、その場を離れたくて、早足になった。
左手に狭い小道があった。
手入れもされず、茫々と茂った木々の間をとおる、細い道だった。
日陰の中で鬱屈しているようなその道が、俺は気に入った。
舗装された通りを離れ、その小道へと進んだ。

その小道は、古い豪邸に通じていた。
巨大な建築物だった。
建ったあと、何度も建て増しされたらしい。
木造と鉄筋と石造りとロココ様式と竪穴式とがミキサーにかけられたようなふうに見えた。
壁には蔦がまいつき、所々に穴が開いていた。
もう、誰も住んでいないらしかった。

ちょうどいい、と俺は思った。
俺みたいな日陰者には、こういった見捨てられた住居こそふさわしいのだ。
俺は、そこを住処にすることに決めた。

まずはその豪邸の周りをぐるりと回ってみる。
雑草は活きいきと生い茂り、木々は伸びたいように枝を伸ばし、花壇はきちんと手入れがなされていた。
花壇?
俺は一瞬、目を疑った。
確かに花壇だった。丁寧に耕された、植物のユートピア。
俺は舌打ちをする。
ここにも人がいたのだ。
見捨てられた風のこの屋敷は、俺のユートピアではなかった。
俺は急に腹立たしくなった。
自分の思い通りにならぬ世界を、破壊したくなった。

きちんと整えられた花壇には、なにやら大切そうに守られた植物が芽を出していた。
へっへっへ。
踏み潰してやろう。

だが実際にはただ通り過ぎるだけだ。
俺は空想の中だけのアウトロー。
現実に罪を犯して罰を受けるのはごめんだ。
俺は足早にその廃墟を去るのだった。

453 :名無しさん@お腹いっぱい:04/03/26 20:27 ID:nrwiPsWP
花の季節だね。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 21:54 ID:zFPhlhm5
主を失ったスレに新しい住人が住み着く
死にかけたスレは新しい主を得て活気づく
そこへ与太物が来てココはおまえの住処じゃないと
因縁を付け無理矢理追い出した
再び主を失ったスレは只滅びるのを待つだけ…

455 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/14 10:57 ID:uVITHq0T
戻ってきてよ、1さん。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 08:18 ID:BbepZBT9
薄暗い部屋。少しだけ光が差し込んでいて、それは寝ていた私の顔を照らした。私はゆっくりと起きた。起きる
と私は毎日、この古城を半日かけてゆっくりと闊歩する。東の塔、南の廊下、かつていたであろう王の間。東の
塔の螺旋階段を昇ってゆく…うん、いい景色だ。城の目の前に広がる湖を眺める。水面がキラキラしていて、し
ばし見とれる。……少し横に目を逸らすと、湖に船が一艚。老夫婦が乗っている。城の塔から外を眺める私に気
付いた2人は私に手を振った。自然と手を振り返した。人と関わったのは久しぶりだ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 08:32 ID:BbepZBT9
・・・あれから何時間経っただろう?ふと気付くと湖に船はもうない。数時間前に昇った螺旋階段をおりる。次は南の廊下へ向かおう。
南の廊下は、ひどい荒れ様だ。壁は崩れ落ち、床のじゅうたんはボロボロ。でも、どこか気品をなくさないその雰
囲気に私はいつも気持ちを高ぶらせる。ゆっくり歩いたり少し早足になったり。とても広いこの廊下の真ん中を、
ドレスを身にまとった妃のように歩く、歩く。あっ…、今日もこの絵と目が合った。胸にたくさんの勲章を付けた
肖像画。すり減ってて作者の名前は読み取れない。この城にいた王だろうか。。。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 08:50 ID:BbepZBT9
広い南の廊下を抜けると、王の間の大きな扉が姿を現す。力をこめてゆっくり扉を開ける。
「はぁ…」思わずため息をつく。なぜこんなにこの部屋だけは綺麗なのだろうか…。まるで誰かが毎日掃除をして
いるかのよう。綺麗だ。恐る恐る部屋に入り、眺める。高い天井を見上げた。高い、吸い込まれそうだ。
部屋を出ると、廊下に差し込む光はもう橙色。「あぁ、日が暮れる…」そう呟いて私は、「明日は庭や礼拝堂にも
足を延ばそう」と思った。城が夜を迎える。火を灯した蝋燭の炎を見ていたら、あの夏の日の舞踏会が思い出された。今夜は楽しくなりそうだ。

459 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/15 21:43 ID:3hkeA5Z4
熱帯の主を失った廃墟には植物がしっかりと根を張っているんだ。
そしていつか森に隠れてしまう。

460 :映画評論者:04/04/19 17:03 ID:gFF3BnIY
       ∧_∧
 シコ   <ヽ`∀´ /"lヽ
      /´   ( ,人)
 シコ  (  ) ゚  ゚|  |
      \ \__, |  ⊂llll
        \_つ ⊂llll
        (  ノ  ノ
        | (__人_) \
        |   |   \ ヽ
        |  )    |   )
        /  /    /  /
         /  /    (___)
      (___)
     五十川卓司=映画評論者について語ろう!
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1076137798/l50
           オラのホムペに来てケロ♪


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:13 ID:FJbM7wRC
僕の廃墟、ガラスの雨が降る、眠りを妨げる者に制裁を加える様に…
主を失った建造物はなぜ急速に朽ちて行くのだろう…
滅びに美を感じるのはなぜ? 自分も同じだから? 



462 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:16 ID:FJbM7wRC
上げてしまいました… 申し訳ないです

463 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 05:22 ID:XUzHc0YC
waefbvg hnijkmijkmnbhrtnymiklo,lo,lo,p0;:p0;:p0;:p0;:p0;:p0;:p0;:p0;:io/ujp;:/p;:/

465 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/05/07 04:12 ID:cK2kZl9k
>>462
そのおかげで廃墟を知る事ができた、感謝するよ。

466 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/05/07 04:13 ID:cK2kZl9k

そしてまたあげてしまったわけだが…
申し訳ない…。

467 :candy ◆QpMngreB46 :04/05/08 22:29 ID:68pXSrRZ
あたしも この場所が
どうやら 気に入ったようだ

あたしが居る 廃墟は
13階建てアパートの 最上階

あたしの他に もう人影はなくて
ずっと 静かなんだ

時々野鳥達が バルコニーの植木鉢に
悪戯にきて お喋りするくらい

あんまり静寂が 続くから
まるで 時までも止まってしまったよう

そんな時 あたしは 狂ったように唄う
空間を ぶち壊すような 大声で

野鳥達も 驚いて 飛び立ってしまう
そして また 独りぼっちの 空間

独りぼっちは 嫌いじゃない
一人でいることが 楽だし 好きなんだ

野鳥達も いずれ 帰ってくる
別に 待っているわけじゃないのだけど

468 :candy ◆QpMngreB46 :04/05/08 22:31 ID:68pXSrRZ
この壁も天井も かつては白かったんだ
今は随分 煤けて 汚れてしまったな

ここであたしは ずっと横たわってる

天井のタイルが 何枚か 剥がれ落ちて
しまっているな…

小さな蜘蛛が 壁を這ってる 彼の動きを
ただじっと目で追い 見つめてる

床には 過去にあたしが落とした
血の跡が 所々に…
今はもう 黒く変色して こびり付いてる

かつて あたしが傷つけた人の血の跡も
混ざっているのかな?

あまり 思い出せない
その上に あたしが 余りにもたくさん
血を こぼし過ぎたから

この部屋は 何もないな

古ぼけた椅子 カセットレコーダー
それと 割れた鏡に 昔 誰かに貰った花

古いカレンダーも そのままで
隅の方は ごちゃごちゃ散らかってる

ここに今 あたし一人きり
とても 居心地が いいんだ

ここに居るのが とても好きだよ

469 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/05/12 00:08 ID:BDtifTzW

キャンディもここに引き寄せられてきたんだね…。

470 :candy ◆QpMngreB46 :04/05/12 00:49 ID:gUM1ZjZw
うん。偶然見つけたんだ。
白湯枕さんがいて 好きなものが
似てるのかなって 嬉しくて書いたょ
でも前半のレス書き込もうとして
間違って消しちゃって嫌になっちゃって
時間たってから前半書き直して
やる気無しで記憶無し 中途半端で
悔しかったよ メモ帳にコピーしとけばな…

471 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/05/12 02:07 ID:BDtifTzW

そうだね…長い詩なら…メモ帳に先ず書いておいた方が良かったかもね。
この廃墟は居心地がいい…。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 06:51 ID:7358Idy/
保守age

473 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/05/20 07:29 ID:Xhexkmyl

学校に出かける前に、ちょっと廃墟に来てみました。
今週末から、バイトが始まって、忙しくなりそうだから、今のうちにここで休んでいこう…。

474 :@:04/05/21 06:58 ID:6jeW3RQn
sage

475 :スーパー朝鮮人:04/05/21 07:14 ID:3MzzskrE
にぽんじんのパカタレが

476 :スーパー朝鮮人:04/05/21 07:14 ID:3MzzskrE
何故、にぽんじんはバカなんですか。

にぽんじんは粘土、雑草そして糞でできています。
また、にぽんじんの脳は鉄などの重金属からできています。
にぽんじんは金がなくなると、貧乏から有毒なバカ人間が作られ
ヤクザはボケ老人をだまして悪徳企業や自殺者を作ります。
従って、にぽんじんは粘土人や極悪人が混合した国です。
バカなにぽんじんに貧乏を演じて、物乞いしてみてください。
すぐに馬鹿な偽善ボランティアが集まります。
これは自己満足と、それの優越感を表面化したいためです


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 10:11 ID:e9VCgyRN
僕の部屋は廃墟みたくなてます

478 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/05/28 17:05 ID:G2xQv/cq

私の部屋もです。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/31 11:11 ID:6nFKk3yj
pest

480 :イラガ:04/05/31 16:49 ID:MZVacYOO
このスレの中盤くらいで声をあげて泣いてしまいました。感動しました。
私の廃墟の話をするね。

雨の日は、彼女が傷つけた傷が痛む。長い長い青い爪で切られたんだ。
広い広い、青みがかったこの廃墟。どこまで続くのか、柱の数を数えるのも飽きてしまった。
地下に降りてみたら、彼女にあったんだ。
冷たい水が深い深い、底なしの地下水脈から湧いてきて、
呪術的な装飾のしてある壁を伝いながら(うっかり強く触れると、ぱらぱら崩れてしまうんだ。)
水に浸食された大きな階段の下を覗き込んで見たら、
彼女が水底(みなそこ)から泳いで上がってきたんだ。
金色の髪には藻類や青いヒトデが住んでいて、鳶色の眼、灰色がかった白い肌をしていた。
彼女のぬれた頭を基点として、透明な冷たい水が波紋を描いた。
しばらく、私達の呼吸の音しかこの地下室には聞こえなかった。
御互いを探り合っていたんだ。敵じゃないかってね。
彼女は長い睫毛で瞬いた。
私は、つい、「こんにちは。」って言ってしまった。
そしたらだよ。彼女の細い腕がひらめいて、私の肩を切りつけたんだ。
痛いと言うより、びっくりしたんだ。
後から思うんだけど、昼か夜か分からないのに、こんにちはって言ったのがいけなかったのかな。
その地下は、何万階層も下だから、仕方ないかもしれない。

気が向いたらまた来て、私の廃墟の話をするね。
お茶も出せなくてごめん。旅の途中で切らしてるの。

481 :candy ◆QpMngreB46 :04/06/04 05:30 ID:564lc3lx
あたしのこころまでは
寂しい廃墟のようには
どうか なりませんように…。

482 :白湯枕 ◆sayu6Rcums :04/06/08 22:08 ID:p99WTK0y

ぼく、お茶葉持ってるから、火を熾してお湯を用意しよう…。
冷たい廃墟の中での温かいお茶は、きっと美味しいでしょう…。

483 :candy ◆QpMngreB46 :04/06/13 00:40 ID:Wz7L22Hz
僕の廃墟 今日は雨音だけ ただ響いてた。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/13 01:21 ID:dAGBpjeY
【オカルト】   街の探検 廃墟マニアの部屋 Part2  
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1066111370/l50
【オカルト】  街の探検 廃墟マニアの部屋 Part3
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1087056953/l50


【オカルト】 【叡山】京都府の廃墟・心霊スポット2【戻橋】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1079350982/l50
【定期OFF】 【全国遠征】 廃墟めぐりOFF 11 【4年目】
http://off2.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1079993643/l50
【定期OFF】 【全国遠征】 心霊廃墟めぐりOFF 1 【心スポ】
http://off2.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1079411912/l50
【定期OFF】 【戦争遺跡】日本軍地下壕陣地御案内【元祖廃墟】
http://off2.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1084444864/l50
【メンヘルサロン】    僕の廃墟   
http://etc2.2ch.net/test/read.cgi/mental/1072452492/l50
【サバゲー】 !!モリアガレ! 廃墟でサバゲ!!
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/gun/1038200508/l50
【登山キャンプ】 廃村・廃墟好きの人いませんか?
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1009086330/l50
【美術鑑賞】 廃墟の美しさたるや
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1000559953/l50
【コスプレ】 【廃墟とか教室とか、変化のある撮影会は?】
http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/cosp/1055950685/l50
【デジカメ】 【廃墟】廃れゆく風景見せて 2物件目【廃車】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1082219861/l50
【イベント企画】 廃墟に隠されたキャップパスを見つけるまであげ続けるスレッド
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/event/1045916081/l50
【趣味一般】 【そびえ立つ】廃墟好きが集まるスレ【抜け殻】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1077673775/l50
【男性禁制ニュース+】 【生き物】うさぎ好きと廃墟好きが集まる「うさぎ島」(・×・)
http://news15.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1086986953/l50

485 :candy ◆QpMngreB46 :04/06/22 16:18 ID:qSbPuNlB
>>484
色んな廃墟のスレが あるんですね…。

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>9365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659365936593659
>>93659365936593:/test/read.cgi/mental/1072452492/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)