5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

加藤諦三さんの本

1 :優しい名無しさん:04/04/08 02:53 ID:y17w3B++
加藤先生の本について語りあいましょう。


2 :優しい名無しさん:04/04/08 02:55 ID:b8jnTYn2
さあ、みんな語ってくれ

3 :優しい名無しさん:04/04/08 02:56 ID:y17w3B++
関連スレ(前スレ?)
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1048831390/l50


4 :優しい名無しさん:04/04/08 02:57 ID:rrbnAH2O
糞だな 読んだこと無いけど

5 :優しい名無しさん:04/04/08 02:58 ID:zSZdDhLa
5冊くらい読んだ。
いいこと書いてるけど読んだからって欝は治らない

6 :優しい名無しさん:04/04/08 03:04 ID:y17w3B++
彼の本は正論を本音でズバリ書いてあって価値があると思っています
でも本格的にメンヘルな人が読むにはかなりつらい本だとも思います
みなさんはどうでしょう?

7 :優しい名無しさん:04/04/08 08:36 ID:kq1EfrgS
>>5
>いいこと書いてるけど読んだからって欝は治らない

まさに同感。

8 :優しい名無しさん:04/04/08 13:16 ID:i/C7SnTo
>>5
>いいこと書いてるけど読んだからって欝は治らない

そらそうだw
自己分析のためのツールとして、利用すべき物だものw

9 :優しい名無しさん:04/04/08 18:49 ID:YMR0H9iY





http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/psycho/994422297/






10 :優しい名無しさん:04/04/08 19:07 ID:r+Z4IUEK
>>6
むしろ、なんちゃってメンヘラーほど嫌悪を示す類の内容な気がする。

11 :優しい名無しさん:04/04/10 16:49 ID:bP5ap9v9
俺も数冊読んだけど、
確かに中身はいい事いっている。
し*か*し、実際に苦しい原因が病気なら、
さっさと薬を服用すべき。

俺も苦しい時代に読んだが、その場しのぎにしかならず、
よく読むと、加藤自らの苦しみのはけ口に読めてきて、
吐き気がしてくる。

12 :優しい名無しさん:04/04/10 18:01 ID:oFr2KZF+
本で得られるものは、人それぞれですね。
私は対人恐怖などで2年弱の森田施設での
入院歴があります。

数ヶ月前加藤諦三の本を読んで自分の事を書いてあるような
事ばかりでショックを受けました。

以後数十冊読みましたが、もっと早く読んでいれば・・・
と思います。
得たものは多々ありますが、自分が他人に対して敵意や憎悪を心の
底の底に持っていた事を初めて意識して、以前と比較にならないほど
生きるのが楽になりました。

>加藤自らの苦しみのはけ口に読めてきて、
そういう点はありますね。

13 :優しい名無しさん:04/04/10 18:37 ID:/X4pZSjH
芥川とか尾崎豊と同じカホリがする。
シャブ中が神経になってハマって書いた原稿って感じ。

14 :優しい名無しさん:04/04/10 22:43 ID:kRL0QZSm
私は好きではないけど、向いている人には良いんだろうね。
ただ、加藤諦三を2、3冊読んだだけで心理学を知っていると
言わんばかりの態度を取る奴等は痛すぎる。


15 :優しい名無しさん:04/04/10 22:57 ID:sWMWnT8n
心理学と社会学と哲学が同時に聞きかじれる本

16 :優しい名無しさん:04/04/10 23:35 ID:lyaJTdAb
学問の本ではなく、エッセイだな。

17 :優しい名無しさん:04/04/10 23:50 ID:zUBGJLZc
加藤デビューで「心の休ませ方」を読んだが、面白かったぞ。
役に立った。

18 :優しい名無しさん:04/04/11 00:16 ID:Th+ovETB
哲学なら棚からボダ持ち

19 :優しい名無しさん:04/04/11 00:19 ID:8iOC5yyc
あの人って、何か自分を癒すために著作活動をしているように見える。

20 :優しい名無しさん:04/04/11 00:54 ID:gXNly/B9
10年前、学生時代に読んでた。
その頃は自分が将来本当に病気になって苦しむとは思ってなかった。
でもめちゃくちゃ苦しい時だったので自分の事を書いてるようで、毎朝「今日こそ変わろう、今日こそ変わろう」と思っても結局変われない自分に絶望していた。
本だけでは変われない。的確な医療スタッフの助けが必要です。
最近の著作は全然知らないけど、最近のっていいの?
なんか昔は怪しげな出版社(に見えただけかもしれんけど)から本が出ていて、なんでこれに陶酔してたかと自分を恥じているんですが。

21 :優しい名無しさん:04/04/11 01:06 ID:8iOC5yyc
>なんでこれに陶酔してたかと自分を恥じているんですが。

良く気づいた。君は正しい。

22 :優しい名無しさん:04/04/11 01:16 ID:gXNly/B9
20です
>>21
肯定ありがとう。
でも学生時代本当に陶酔してて、心理学やったら自分は楽になれるんだと勘違いして、早稲田に入ろうとまで思ったアイタタちゃんです(恥恥)
心理学なんてやったら更にどつぼ化してたな、きっと。


23 :優しい名無しさん:04/04/12 15:03 ID:6/sZwh82
加藤諦三も悪くないけど、彼と一緒に、ストレスのEラーニングのプログラムを出してる
高杉尚孝が書いた「実践・プレッシャー管理のセオリー」という本がお勧め。
加藤先生の本とはちがって、こちらは読めば、かならずよくなる。
もちろん、読んで、内容を実践しないとだめだけど。いずれにしろお勧め。

24 :優しい名無しさん:04/04/12 19:33 ID:aY6vVpro
共感する部分はあるけど、父親に対する加藤氏の私怨が出すぎかな。
ちょっと偏った感じを受けました。
まあでも幼少期の親子関係や愛情の問題は将来色々な難を生み出すってのは
確かな事実だなとは思うけど。

25 :優しい名無しさん:04/04/12 19:59 ID:y0x4dqTf
親離れできれば生きることは楽になる、って本を古本屋で購入。
…なんなのコイツ…もう買わないだろうな

26 :優しい名無しさん:04/04/12 20:45 ID:wCnPdc1G
はっきり言って読まないほうがいいです。
この人の本は、哲学は哲学でもDQNに入る部類です。

他の生き方(療法)とかでいい本が山ほどあります。

自分にあった本を、別のスレで聞いた方がいいです。
(その上でこの人の本が合うなら大丈夫ですが・・・)

鬱の人は、ただでさえエネルギー消費率が高いのに、
この本を読む価値があるとは思えません。

27 :優しい名無しさん:04/04/12 21:16 ID:q7H3QiHs
ラジオの人生相談聞いたけど、一応、的確な受け応えをしている感じがしたが…。
声は甘くていい声だね。
あの声でやさしく断言されちゃうと「ああ、そうだな」ってうなづいちゃいそう。

28 :優しい名無しさん:04/04/12 21:26 ID:9kR6uNxU
>>26
別に哲学の本じゃないと思うが…

29 :優しい名無しさん:04/04/12 21:32 ID:wCnPdc1G
>>28
この人の本が、心理学でも精神医学だとしても同じ事だと思います。
別にアンチではないので気を悪くされたら謝ります。

人に合うならいいと思います。>>27さんなんかは、一種のカウンセリングになってるみたいだし。

30 :優しい名無しさん:04/04/12 21:37 ID:X+MjLVvv
俺は好きだけど、DQNと言われるのもわかる気がする。
別にこの人の本は哲学書ではないと思うんだが。
(学位をとったのが哲学というだけの話)

31 :27:04/04/12 23:01 ID:q7H3QiHs
>>29
確かに…。
すきずきですな。

32 :優しい名無しさん:04/04/12 23:10 ID:0emgNHyw
>>25
俺もソレ読んだけど、個人的にその本は重度の人にはかなり危険だと思う。

心を病んだ親の元にい続けると子供も必ず病んでしまうとか、
病んだ親の元からは一刻も早く出て行くべきだとか、
至極真っ当ではあるが、かなりキツイ意見をたくさん書いてあって
著者にその意図は無いとしても、メンヘルの人の不安を
無闇に増幅してしまうような内容の本だったと思う。

皮肉なことだが、彼の本はメンヘルな人にはとても薦められない。
心理的に健康な人が研究に使うのがもっともいいのかもしれない。

33 :優しい名無しさん:04/04/13 00:06 ID:K1NNhKkE
メンヘルの中でも、それほど重くない人が、参考程度に読むのなら、悪くないと思う。
確かに、シビアなメンヘルの人には勧め難いかもしれないなあ。
あくまで「参考程度」ってスタンスで読むのがいいと思う。

34 :優しい名無しさん:04/04/13 12:32 ID:SS3R9v/m
加藤諦三の本のアドバイスが一番合うのは加藤諦三なんだよ。
ホントの”自己”啓発本だと思う。


35 :優しい名無しさん:04/04/13 20:12 ID:i//BUY3C
>>34
同意しすぎてワロテモタw

36 :優しい名無しさん:04/04/16 20:05 ID:PT8GDxC9
まあ、彼の本ははまりすぎちゃう人いますよね。
妙に波長が合ってしまうというか。

37 :優しい名無しさん:04/04/17 19:00 ID:DkmPbTjP
18,19歳くらいの時かなりはまって読みましたが、
神経症がひどくなるばかりでした
(加藤氏の本だけが原因ではないが救いにはならなかった)。
いいことは書いてあるんだけど、
そのとおりにできない自分とのギャップに苦しみ、
結局加藤諦三さんの本とはお別れすることにしました。

「加藤諦三にはまった患者は戻すのがむずかしい」と立ち読みした医者の本にも
書いてありました。どの本か忘れたので信憑性薄く感じられるでしょうが。

悪いことをかかれてるわけではないし、自分ができてからであれば
ちっとも脅威ではないですが、若くデリケートで、メンヘル気味な人にとっては
少し洗脳的な要素もあるように思えるので、神経が細やかで共感してしまいがちな
人ほど注意されたほうが良いかと思います。

本当に苦しんでいるのなら、まずお医者様です。



38 :優しい名無しさん:04/05/03 14:20 ID:iHXz1GuA
age

39 :優しい名無しさん:04/05/05 17:45 ID:6D8kdQy0
私は加藤氏の本も含めて色々な人の著作を
読んだけど、万人に内容を納得してもらえる本など
世の中に存在しない。万人に効く薬がないのと
同じ。氏の著作は個性を持っている一人の人が
書いた、しかし心理学を多くの角度から研究している
人が書いた本だと認識して読めば良いと本だと
思う。何かに例えるなら、魚を食べるときって普通
骨は口の中で分けて、骨を口から出しながら皆さん
食べるでしょ。(まあ、頭からまるまる食べられる
のもあるけど。)加藤氏やその他の学者の本を読んで
何を「食べられない口から出す骨」と認識するかは
個人の自由だと思う。時間がたつと、骨が食べられる
身になったり、その逆もあるんだろうけど。
そんなことの繰り返しが、どんな人の心の中でも行われて
いるのだと思う。自分で何かにきづいたり経験したり、
他人からのちょっとした話を聞いて新しい世界を知ったときが、
その節目になったりする、のではと私は思います。

40 :優しい名無しさん:04/05/09 18:51 ID:LG+5JQ/Y
生きるのって難しいなあ。

41 :優しい名無しさん:04/05/09 19:05 ID:TmLkAVrN

アメリカインディアンの教え読んでボーゼンとした。


42 :優しい名無しさん:04/05/10 15:36 ID:E8LieTx0
私が、彼の本に初めて出会ったのは、20のとき。
書いてあることは、分かるんだけども、現実の自分の神経症は、改善されませんでした。
理屈は分かるのに、改善されない自分の状態に、ただあせるだけだった。
今、33になって、やっと彼の本の内容を受け入れることができました。
楽ですよ。
わかってても、受け入れることは、大変難しいと思います。

43 :優しい名無しさん:04/05/10 20:30 ID:gu4Tzau4
加藤諦三の本を心が病んでる人が読んでも、多分、自分を責めることしかできないと思う。
自己嫌悪以外、何もないのである。
自己嫌悪がどういう意味をもってるのかさへ分からない。
ただ、もがくだけ。
健全な心って、何?ないものは、急には生まれてこない。
どうしても、ありのままの自分を受け入れてくれる存在が必要だと思います。
そして、そこで色々な問題にぶつかり、自分の力で考えていくことが必要だと思います。
専門医の人たちは、そういうことを知ってるのだと思います。
ありのままの自分で、安心して生きていけるように。

44 :優しい名無しさん:04/05/13 15:43 ID:zCikYkJi
>>37
俺も、何冊か読んでたのが19歳くらいだったかな
そのときカウンセリング受けてて、流れでそのことを話したら
「加藤諦三?つまらないだろう?」だってさ
そのひとは嫌いだったらしい
実際俺も役に立ったとは思えない

しかし、つらいときには結構必死そういう本読んだりするんであって、
「面白い」とか「つまらない」とかの問題じゃないっての

45 :優しい名無しさん:04/05/16 23:01 ID:qwkX3Jye
精神科の先生たちにしてみれば、加藤氏のだろうが
それ以外の著者だろうがずいぶん大きな存在なんだ
と思う。本を読んだり、自分でいろいろ試すことで
患者が色々気づいて治ってしまったら、医者の先生
たちはオマンマ食べられなくなっちゃうからね。

46 :優しい名無しさん:04/05/20 15:21 ID:Xvjj+48P
私が加藤諦三の本読んで気づいたこと・・・

自分は対人恐怖症=人間が嫌いという事。

人間は1人では生きれないよね・・・

「葛藤」の日々・・・orz

47 :ていぞう?:04/05/20 17:17 ID:E9Fm/AgU
「加藤」の本で「葛藤」

いや、良い本だとは思いますよ

48 :優しい名無しさん:04/05/22 23:55 ID:HPfZ7Tbg
加藤諦三の本ってね、スルメみたいに噛めば噛むほど味がでる感じ。心理学を修めた学者が
自分の心にメスを入れながら思ったこと・感じたことを書いてるので説得力あると思う。
読んで数年経って、「あ、こういう事を言ってたんだ!」と気づくこともある。

精神的な病・葛藤を経験してない人・医者が患者が病気治療・カウンセリングに対処するのは
無理があうと思う。合う、合わないはあるかもしれないが、良書であることには違いないと思います。

49 :優しい名無しさん:04/05/23 01:10 ID:Bb8XoO7Y
今思えば、確かに救われたよ。加藤さんの本を読んで。
10年前くらいかな。

けれど彼も言っているけれど本を読んだくらいで状況が劇的に改善する
わけではない。何とか元に戻らなきゃ、っていう気にはなれて、
もがきだした自分がいた。
たまたま、自分の場合はひどい状態じゃなかったから、専門家の介入なく
ひとりでも復活できたのだろうと思う。

50 :優しい名無しさん:04/05/23 11:12 ID:8th8hZCi
心理的な問題を抱えている人は、親との葛藤が未解決な場合が多い。
将来的に親から離れること(心理的、物質的に)
を視野に入れて、思考し行動することで、自信を持って生きるヒントが得られる。
加藤さんの著書は袋小路から抜け出せなくなった人に「きっかけ」を
与えてくれると思います。
少々ダイレクトだけど、本を読んでかなり楽になりました。

51 :優しい名無しさん:04/05/24 10:03 ID:lz84cPhb
加藤諦三を嫌う人は 結局 彼にふりまわされてるんだよね 嫌いなら意識しなけりゃいいが 精神に危険な執着にふりまわされてる

52 :優しい名無しさん:04/05/28 06:36 ID:ycoVS16V
はっきり言って、うつの時は加藤諦三の本を読むのはつらい。
自分を責めてますます落ち込む。
大野裕の本のほうがいい。
もっともうつがひどい時は、本を読む気にもなれないわけだが。

53 :優しい名無しさん:04/06/01 18:06 ID:gZyanIpz
加藤諦三・・・・・・暗いね。克明で説得力あるけど、その先どうする〜って
トコがないんだよな。けど、そのほうが売れるからそうなんだって。

54 :優しい名無しさん:04/06/10 21:21 ID:65o98NZG
この人の本の内容を実践に使えた人居たら意見を聞きたい

55 :優しい名無しさん:04/06/11 05:48 ID:2x7FdLfa
>>54
加藤諦三の本、いうなれば「認知療法」の本と思えばいい。
自分の事、逃げずに見つめるのはつらい部分あるけど、
「うつ」にとってはいい部分あると思うよ。


56 :優しい名無しさん:04/06/11 09:04 ID:kmkQD8Fn
読むと自分を責めてしまう人が多いけど
あの本には「自分を一番に酷評してしまう評論家に
なってしまうのは自分だ」と書いてあったよ

自分の至らなさを客観的に受け入れられるベースが築けてないと
責めるのをやめて、至らない自分を優しく愛す事は出来ないと思う。

そこに行き着くまでの方程式が書いてあるだけなので
気づいてなかった自分自身の問題点につまずくんじゃないかな。
答えも書いてあるけど、その答えどうりの感覚を
手に入れられるようになるまで忍耐を要するよね。

「精神的な成熟」がテーマの本を問題を抱えた未熟な人が読むんだから。
成長痛は仕方ない。

57 :優しい名無しさん:04/06/11 10:22 ID:kloKjf0T
>「精神的な成熟」がテーマの本を問題を抱えた未熟な人
>が読むんだから。 成長痛は仕方ない。

鋭い指摘です。

58 :優しい名無しさん:04/06/11 21:20 ID:kmkQD8Fn
読むことで鬱の原因がわかるけど
育てられ方に原因がある鬱の場合は
事実関係を掴めても、そこからが闘いの始まりだったりするしね。

だから読んだ後のが辛い人もいるのでは。

59 :54:04/06/12 06:26 ID:SThoOQa1
>>58

>>育てられ方に原因がある鬱の場合

自分がそうだと思う。今彼の本を読んで10冊目だけど読めば読むほど
自分を支配していたものの正体、つまりこれから戦わなければいけないものが
見えてきてる。意識でわかってものすごい安心感は得たけど、意識って実戦的
じゃないと思った。無理やり意識的にことを実行することも抑圧に繋がるんじゃ
ないかと思った。この本で安心を得たものを使うのは戦いではないと思った。
素直に感じたことを抑圧しない(無意識に追い込まない)ことから自分を作り直して
素直な自分で戦うしかないのかなと思った。

以前は劣等感や恐怖や他人の支配感に負けていた。この人の本を読看続けて
今までの人生のこの上ない反省会をしている気分になった。

60 :優しい名無しさん:04/06/12 07:06 ID:YeNznMXA
>>59
>今までの人生のこの上ない反省会をしている

まさにそうだね。
そしてこれから「陥ってはならないパターン」「間違ってた自己像」を
実践していくしかないんだよね。
染み付いた習慣から自分を救い出すのは大変だ。

理屈ではわかっていても自省する度に「過去にまだ囚われている」行動してるって気づく。
でも、この人の本を読む前だったらただ、犯してしまった過ちから
自分を責めるだけだった自分から脱却できたよ。
それだけでも有りがたい。
いや、この違いは大きいと思う。
どこから来るのかわからない絶望感の因果関係がわかった事で
袋小路だった現状の向こう側に光がさしたから。
全ては受け取り方の問題だった、と。
そして自分を責めなくていい、と。

61 :優しい名無しさん:04/06/12 07:08 ID:YeNznMXA
>>60
失礼。訂正させて下さい。

>「陥ってはならないパターン」「間違ってた自己像」を
認識して改善する事を実践していくしかない

と書きたかったのです。

62 :54:04/06/12 07:52 ID:SThoOQa1
>>そして自分を責めなくていい

それが過去の失敗に脅迫されなくていいってことだと思う。二度と失敗しない
ようにする、それだけを考えて実線しようとするから小さな間違いでも自分を
責めてしまう。完璧を目指す。完璧じゃない自分は全て責める。それって結局
失敗から逃げてるだけだと思う。
「死ぬほど努力して失敗から逃げれば逃げ続けることが出来る」ってことが
自分を責める人の成功じゃないかな。死ぬまで追われなきゃいけない。

自分が自分と他人の為に幸せのためにしたほうがいいことは素直になること。
その為のこれからの戦いは今現在の本当の自分を作ったものと戦うこと。それが
出来なかった時、復讐心に走らないこと(また人に支配されないこと)。
自分自身を自己を育てること。

いかにして自分を振り出しに戻すか、ということがこの人の本には色々意識的に
可能なことが書いてあると思います。

上で書いた今までの人生のこの上ない反省会というものを生まれて初めてやってる気分。

63 :優しい名無しさん:04/06/12 08:21 ID:AXVWOMU3
この人の本を読んで、「精神的に強い/弱い」っていう概念が別の言葉で説明されているのに驚いた。

「お前は精神的に弱い。鍛えられてないからだ」
とか言われたことがあって、何かに必死に取り組んで「鍛えられれば」
強くなるのかと思ったけど、全然だめだった。さぼってても強気な人は居るし。
精神の強さ?を決める理由は別のところにあったんですね。

64 :優しい名無しさん:04/06/12 08:49 ID:8tg+UudA
私は父親との葛藤を意識していたから、加藤諦三さんの本はすんなり頭に
入ってきた。彼の本を読めば、運命を受け入れて自分らしく生きることが
できると思う。

苦しくても自分を信じて頑張ってると、霧ははれるんだ、という希望を
持たせてくれた。

65 :54:04/06/12 09:46 ID:SThoOQa1
とりあえず今まで読んだ本を読んだ順番で並べると

『感情を出したほうが好かれる』
『無理しないほど強くなれる』
『自分で自分を追い込むな』
『「つらい愛」「楽しい愛」』
『気が軽くなる生き方』
『「こだわり」の心理』
『行動してみることで人生は開ける』
『「自分作り」法則』

今読んでるのが

『「自分の居場所」を作る心理学』

です。9冊目でした。スマソ

『行動して〜』はこの人の実戦法が読めるかな?と期待してたけどやはり
この人の本だった(笑。実践法が書いてあるのではなくて実戦に向かう時の
心遣いや気の持ちようがやはり丁寧に書き並べられてた。面白かったけど。

66 :優しい名無しさん:04/06/15 06:18 ID:1abQjrWF
昨日、この人の本を三冊ぐらい買ってきて
一冊目読破です。(「やさしさ」と「冷たさ」の心理)
かなり心に響きました。
自分の場合、神経症の原因は親じゃないんですが。

自分は醜形恐怖症なんですが、
この人の考え方が、克服に凄く効きそうです。
自分は醜いと自分で罵倒することが慎ましく、
分相応の行為だと思いこんで何十年も生きてきたので、
その考え方にひびを入れてくれたこの本に感謝しています。

忘れるべき事をいつまでも大切に自分の中にしまい込んできたんだ!
と思うと怒りが沸いてきたりしましたが、
自分にとってこの人の本は転機になりそうです。

67 :優しい名無しさん:04/06/15 07:58 ID:P1zSiHvz
>>66
「やさしさ」と「冷たさ」の心理。この先生の本のなかでも好きな1冊です。
コレ読んで、理に叶ってるものなんだなと納得しました。

その後「つらい愛」「楽しい愛」を読んで少し驚いた。
男が女を信じられなくなる時、という章が生々しい気がして…

幼児的依存心をもった親として、よく筆者の父親が引用に出されるけど
母親を「うちの母などは…」とハッキリと引用してる記憶が無い。
もしかしてこの部分。男が女を…の章は、筆者本人の母親のことを
書いたのではないか、と思ってしまった。
あまり母を描いてない事から、父親に対する抑圧よりも
「母」に対するものの方が根が深くて複雑そうだなと思った。
父の横暴が描かれても、その時の「子供をかばう」立場としての母が描かれてないから。

これを読んだ時、私自身、自分の母親を思い出してしまったからなんだけど。
…この人の本に出てくる「投影」をしてるのかな。私が。

68 :54:04/06/17 20:08 ID:wQdQ+aj/
「親離れできれば生きることは楽になる」読んだ。
>>25氏はダメみたいだけど自分にとっては名作でした。
とくに終盤の放浪の章はは感動した。
諦三センセの本を読むのもありもしない真実を
求めてる旅に過ぎないってことがよくわかった。

69 :優しい名無しさん:04/06/17 20:14 ID:qgJ6kyyw
私、この先生の本て、一冊かけて、愚痴垂れてるように思えんの。
結論が、見えてこない。

私はあーだった、こいつはこーだった、・・・で、なに?

結局、この先生は、なにが言いたいのでしょうか・・・。
自分の治療の為に、原稿書いてるとしか、思えない。

偉い経歴持ってるらしいけど・・・合わん。

70 :54:04/06/17 20:46 ID:wQdQ+aj/
>>・・・で、なに?

結局なんでもないってことだと思う。
なんでもないことを自分の抑圧が不幸に導いた。この人の書く常にしつこく
掘り下げる意見は抑圧してる人間の心理からひたすら沸き起こってくる意見だと思う。
抑圧の深刻性は書くときりがないもの。そこまで深刻で危険な抑圧を抑圧してきた人間
が抑圧してる人間の心理として書いてる。抑圧の悲惨な現状や思考をひたすら書き続けて
この人の本は出来上がってる。でも結論としてはそれは別になんでもないってこと。

この人の本でわかることは自分の抑圧の深刻性。今まさに抑圧してる自分がよくわかる。
でも結局抑圧自体が真実を拒否したものだった。その抑圧の取り方にはあんま重点置いてない気がする。

71 :69:04/06/17 21:52 ID:qgJ6kyyw
自分で自分を苦しめていた・・・ってことでしょ?
空回りしてたって、ことでしょ?

抑圧、抑圧って、私は「へん!ばーか」と思う人間なので、
何悩んでるのか、わかんない。

やなことは「やだ」っていうんだよ。
それが通らなかったら、渋々やる。

・・・で、この人は、何を悩んでいたんでしょうね・・・。
わからん・・・。

やっぱ、私が、バカか。

でも、何でも親のせいにする理屈は満載だ、と思った。
使い方次第の本だね。

72 :優しい名無しさん:04/06/18 03:58 ID:6/epaUB5
>>71
いや・・・
何でもかんでも親のせいにはしてないでしょ。
原因があって、結果があって。てな話しでしょ。

自罰的な、自分を責めてしまう鬱的人間には
悩みの原因がどこからくるのか教えてくれる良本ですよ。
子供にしがみつく重苦しい親に育てられてない人にはピンとこないのかも。
もしくは我執の人本人はいたって他人を傷つけるのには鈍感であるから
そういった本人なのかもね。

親への抑圧を意識化できない人も「親を悪く言うな!親はもっと偉いもんだぞ」と、言うと思う。
んで、自分の子供に同じ仕打ちするんだよね。

気づけるレベルで、良かった。マジで。

73 :優しい名無しさん:04/06/19 08:43 ID:7cvN23Fy
最近自律神経失調症的な症状が現れたり、
ちょっと何か言われただけで尋常じゃなく凹んだりしてて、
自分の中から危険信号みたいな物を感じた。

それを機に本を読みあさり、この人の本に到達した。
自分を責めてきた挙げ句の失調症じゃないかと
自分の症状を疑った。

この人の本と失調症のせいで
自分を責める、卑下する、抑圧する(自分は、やりまくってました…)
怖さを最近身をもって感じた。


それと、昔学校でいじめられた事などがあり、
職場ではどうしても激しい神経症者になってしまう。
私をいじめないで、なかよくしてね、みたいに人の顔色伺いまくり。
今それを直すために奮闘中。
がんがるために、今日も諦三先生の著書を読みあさってます。


74 :優しい名無しさん:04/06/19 15:19 ID:BhaU8EdL
俺は基本的に加藤諦三肯定派なんだけど
(過去5年ほど前から読み始めた。神経症的な彼女にも勧められて)

で、当時はもうすでにメンタルクリニック通ってたんですけど。


俺の場合は、親父がまったくこの人の親父さんと同じような神経質で
無言の抑圧などをとても受けてきた。
クリニックに通いだして、カウンセリングも受けるうちに
自身の生活上の不具合の原因が何かを気付くのにとても役にたってる。

一時期はなんでもかんでも「親父のせいだ、家庭のせいだ」って思ってたけど
しばらくぶりに加藤さんの本をブックオフで買い込んできて読み始めたら
以前より冷静に理解できてるのに気付いた。

「この人って父親に対する恨み節ばかりで読んでてうざい」なんて感じのカキコも
目にしますけど、そういう人は幸運にも「神経症的親」に育てられたんじゃない
ってことだと思う。
昔はそういう人のカキコを読んで、俺が信じるこの加藤って人はダメダメな人なのか?
なんて感じで迷ったこともあったけどね。

人それぞれ合う合わないがあるんだし。
いまは気にせずに自己覚知のための手助けになってるし
斉藤学のAC関係の本もだけど、加藤の本も俺の視野をずいぶんを広げてくれた。

75 :優しい名無しさん:04/06/19 15:35 ID:7cvN23Fy
著書を読んで、自分に自信を持とうと努力し始めたら、
不思議と自分が、他人のことを「( ´,_ゝ`)プッ」って笑い物にすることが
なくなった。

だから人のことを馬鹿にしている、笑う奴って
みんな自分に自信がないんだなってよく解った。

76 :優しい名無しさん:04/06/19 20:43 ID:qYjxhnjc
著書を読んで、自分に自信を持とうと努力し始めたら、
不思議と自分が、他人のことを「( ´,_ゝ`)プッ」って笑い物にすることが
なくなった。

◎だから人のことを馬鹿にしている、笑う奴って
 みんな自分に自信がないんだなってよく解った。

↑そうだろうね!!禿同

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/20 22:18 ID:Ywc6Idda
メンタルヘルスから移転?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/21 15:55 ID:caHtW3g0
らしいですね

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/21 19:59 ID://Gq0qbM
本物の基地外はこんな本を読んじゃいけないということだな

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/21 21:06 ID:eHG2FKey
>>79
>本物の基地外はこんな本を読んじゃいけないということだな

→マトモな人なら読んでいい
→マトモな人はもちろん本物の基地外はこんな本を読んじゃいけない

どちらに展開するのだろう・・・・・・

81 :54:04/06/23 01:21 ID:2lEHIjF2
うじゃうじゃ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/23 17:58 ID:J90G9AyI
「自分を愛さないと人も愛せない」とか、
心理学や人付き合い系の本でよく書かれていて、
知っている人も多いけど、サラリと漠然と言われていて、
いまいちピンと来ない言葉でも、
あのねちっこい加藤節のお陰で
あれほどしつこく伝えてくる本はないね。
説得力がもの凄くあるとおもう。

ズブズブはまってます。>加藤本
図書館で借りた本はノートを取りながら読み、
買った本は蛍光ペン片手に読んでる。
安置の人には馬鹿にされるかも知れないけど、自分には合ってる。

信者と呼ばれても構わない位気に入っているけど、
「親が全て悪い」論は賛同しませんw

83 :54:04/06/24 12:55 ID:UYYPSLL6
僕も今蛍光ペン片手に「人生の悲劇は「よいこ」に始まる」読んでますが
線引くところありすぎで困ってます。この本の七章「無私の親とよい子の地獄」
では既にもうかなりの蛍光色になっちゃってます。

84 :希望はあなたを捨てません。あ(略:04/06/25 00:21 ID:N92aQoTI
ヒトラーの「わが闘争」に、馬鹿な庶民をだますには
「庶民の望みを実現することを約束し」
「同じことを繰り返し聞かせればよい」
という趣旨のことが書かれていたと思います。

加藤諦三や齋藤学の書籍は基本的に洗脳本であると思います。
神経症の人に都合のいい内容が満載で、
同じことを言葉を変えて何度も何度も説く。

信者が増えることで、
リピーターが増えて印税が稼げる。(゚Д゚)ウマー


心を病んだ人がしばしば目指す職業は、自己救済のためのメンヘラー。例えば…

加藤諦三は駄目駄目な父親から虐待されて育った。そして東大以外は大学では無いと
いわれて、スパルタを受けた結果見事東大教養学部に合格!最初は汗、血、涙、根性の
青春論を執筆していたが、全共闘時代も終わり加藤諦三文庫が売れなくなってきたため、
父親のひどさをこき下ろし鬱憤を晴らすことで自己救済をするための神経症周辺の内容を執筆。
(っていうか父親の虐待のおかげでおめーは社会的地位を手に入れたんだろ?
親を恨む前に感謝しろヴォケ!こっちは虐待された挙句何にももらってネンダッ!)

齋藤学はあの顔のため親や友人からから可愛がられてヒッキー。いつか自分を可愛がってくれた
人たちへの御礼をするために、そして自らの○貌恐怖解決のために手こきと勉強の毎日を送り医者に。
手塚○朗という事務のできる権力の亡者と出会ったことをきっかけにAC長者に。

ほーら、みんなメンヘル!
カレン=ホルネイも書いているが、メンヘルは「権力・威信・所有物」の鎧を着ることで身を守る。
彼らは教祖になることでそれらをすべて手にいれた。

こんな自分のことしか考えてない人たちの言い分でも抵抗なく読めるということは、
あなたも(略(pu



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/25 04:08 ID:GqIQ8OJc
加藤諦三の考え方を実践してから(主に自信を持つ)
人のことを笑わなくなったと書いたものですが、
それ以後も効果が次々と現れてきて驚きの連続です。
自分には本当に即効性のある考え方だったと思いました。

・人の顔色を伺って、ゲームで言うところのMPを激しく消費して
今まで生活してきたのがよく解った。
自信を持ったら変な気疲れをしなくなった。

・無駄な食欲が落ちた。無駄食いをしなくなった。
日頃のストレスや満たされない何かを解消するための
無駄食いをしたくなくなった。三食はしっかり食べれるので
健全な食欲だけが残った感じがする。

・醜形恐怖症が凄い勢いで解消されていった。
根拠のない、外見への妙な自信がついたのではなく、
「人に罵倒されたり、見下される程価値のない人間ではない」と
思えるようになった。
通行人の笑い声=自分を笑っている、とすぐ思いこんでいたが
もちろんそれもなくなった。

・生まれて初めて「洋服の買い物」を心から楽しく感じた。
「人によく思われるための選択はやめろ」という考え方と、
洋服で自分を着飾ることは矛盾していると思うが、
「こんな服を着たって、どうせスタイルの悪い自分には無意味」という
考え方が無くなったお陰で、自分が良いなと思った服を
心から欲しい、着たいと思えるようになった。
ダイエットに成功した後の洋服選びより
ずっと楽しく感じたのには本当に驚いた。

ここ一週間ぐらいに次々こういう効果が現れて本当に驚いています。
加藤諦三を盲目にマンセーしたくなりますが、
>>84の意見も頷ける所はあるし、
今読んでる「『話が通じない相手』にイライラしない心理学」では
加藤諦三にカウンセリングを要求する人(?)への愚痴や文句など、
父親の事以外も、著書にガンガン私怨をぶつける人だな…と思った。

でも自分のように、加藤諦三が激しく効果を発揮する人種も居ると言うことで、
自分のような、ひどい自信喪失タイプの人には本当にオススメの本です。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)