5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天国行きと地獄行き・罪と罰について質問

1 :名無しさん@3周年:03/04/09 14:22
犯した罪は償わなければならない
コレはすべての宗教でいえることですよね
でも、ちょっとよく解らないところがあるんです
たとえば頃あなければ殺される状況で犯した殺人とか
殺したくて殺したわけじゃなく
殺さないと生きていけないような病気だった場合とか
そういう場合どうなるのか
やっぱり地獄に落ちるのでしょうか
でも、ソレはあんまりだと思うのですが
ただ地獄に落ちないってのもなんか納得いかないのも事実
もう考えると頭が痛くて呼吸が苦しくなります
デモ考えを止めれない誰か明確な納得できる答えを出して欲しい

2 :Gocc (極猫) ◆HswindowsI :03/04/09 18:44
        ■■■■■
      ■■■     ■■
   ■■■by Gocc   ■■■
   ■■■■         ■■
    ■■■         ■■
                 ■■
                ■■
             ■■
            ■■
          ■■
       ■■
      ■    ∧ ∧      ■  ■■■    ■■■■  ■■■■■
    ■■    (*゚ー゚)     ■  ■       ■       ■  ■  ■  
   ■■     (∩∩)    ■■ ■  ■■■ ■■■       ■
   ■■■■■■■■■■■■ ■    ■   ■          ■
   ■■■■■■■■■■■■  ■■■■   ■■■■     ■

3 :名無しさん@3周年:03/04/09 20:23
糞スレ

4 :名無しさん@3周年:03/04/09 23:25
      | コンビニ店員の怒りがある限りこのスレは終わることは無い!!
      \
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           __
                         /  /|
              ∧_∧       | ̄ ̄|/|
   ___      ( `Д´ )  | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|/|
  ////|____(   ⊂) |      | | ̄ ̄|/|
 | ̄ ̄ ̄|/   ∧∧ ̄□ ̄ ̄|      | | ̄ ̄|/|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. |
 |         |  つ                  |. |
 |         〜  |                   |/
           し`J
               |\
         / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | はいはい、いいからレジ打てよ


5 :名無しさん@3周年:03/04/10 00:27
別に糞スレじゃないと思うのだが
なぜ荒らされてるのかわからない

6 :名無しさん@3周年:03/04/10 00:49
ひょっとして誰もまともに答えられないんですか?
宗教板なのに

7 :名無しさん@3周年:03/04/10 00:51
1 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとするヤチをコロした人

2 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとするヤチを喜んでコロした人

3 コロした人がたまたま今まさに核兵器のボタンを押そうとしてる人だった

4 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとする人を泣く泣く殺したが、
  実は発射ボタンが壊れていて殺さなくても良かった人。


それぞれ天国か地獄か教えてください。

8 :名無しさん@3周年:03/04/10 01:16
個人的な見解だが

1は前提による。核を防ぐためやむなくならセーフ
2は1同様ならセーフ。ただし、この表現だけだとただ殺したいから殺したようにも見える
 その場合はアウト(地獄)
3も2どうようころしたいからやったならアウト
4はセーフ。罪にはならない。まったく問題ないと思う

9 :名無しさん@3周年:03/04/10 01:20
5 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとする人を泣く泣く殺したが
  実は勘違いで気象衛星の発射ボタンだった場合。

10 :名無しさん@3周年:03/04/10 01:41
5もセーフだと思う。でも事実を知ったら悔恨の年でいっぱいになると思う
事実をしって死ぬまで自分を責め続けたらセーフ。
事実を知っても自分が正しいと思い続けたらアウト

11 :名無しさん@3周年:03/04/10 09:11
>>10 なんかずいぶん曖昧だな。

12 :名無しさん@3周年:03/04/10 15:38
心の持ち様で大きく変わってしまうならそりゃ仏教系でないの?


13 :名無しさん@3周年:03/04/11 00:04
もっといろいろな宗教での定義が知りたい
詳しい人降臨キボン

14 :名無しさん@3周年:03/04/11 07:57
宗教板なのに……
誰も答えてくれない

15 :名無しさん@3周年:03/04/13 00:05
この世で苦しんで死ねば、魂の負債が返済されて天国にいけるよ。
イエスは磔にされたし、ブッダは生国を救わなかったジャン。

16 :名無しさん@3周年:03/04/13 00:17
天国や地獄は宗教等が人間に生きる糧を与えた産物にすぎません。よって、前記の死国は存在しません。

17 :名無しさん@3周年:03/04/13 08:46

  善悪は人の心が分別する。現象自体は人間にはどうすることもできないもの
  も多いので、あまり囚われないようにした方がいいと思う。
  心が躍動し、悦び、安定した静かな歓びを伴った安らぎに入っていれば例え
  多くの過ち、法律を犯してしまった者でも天に昇っていく力があるだろう。

  その反対に、人々から賞賛され、法律を遵守した人でも、心が暗く、狭く頭
  でっかちで融通のきかない人は、或いは天に昇って行く力が心にないかも知
  れません。 

  天国も地獄も人間の想念の産物です。創造主が作った世界ではありません。
  だから肉体の滅後、天国に行くも、地獄に行くも全て自分次第です。  
  「超越者」に誉められたり、裁かれたりして行くところではなそうですね。
  でも、それも旅、学びです。天国も地獄も終着的な世界ではありません。
  全ての生き物は、最終的には創造主が作った世界に帰っていくそうです。

18 :名無しさん@3周年:03/04/13 08:52
>>15
イエスさまが苦しみを受けられたのは、人の苦しみの身代わりと
なってなので、私たちが天国に行くのに、私たちが苦しみを
受けるという条件はない、というのがキリスト教のおしえ。

19 :名無しさん@3周年:03/04/13 10:10
狂った聖書マニア

http://6327.teacup.com/josh3jpn/bbs

20 :名無しさん@3周年:03/04/13 10:55
「置答」がシャカの答え方。
イエスの「身代わり説」は胡散臭い。
17の答えがなんかよさげ。

21 :wise:03/04/13 13:35

宗教に入った奴は天国に行くが、
宗教をやらなかった奴は全員地獄行き。


22 :名無しさん@3周年:03/04/13 18:01
地獄なんてありません。

23 :名無しさん@3周年:03/04/13 18:23
天国行きと地獄行き・罪と罰について質問
>>1 お前が行きたい方に行けば?
  糞スレsage

24 :碇ユイ:03/04/13 23:31
生きていこうと思えば、どこだって天国になるわよ。


25 :山崎渉:03/04/19 23:17
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

26 :名無しさん@3周年:03/05/13 02:41
キリスト教は、犯した罪を償わなくていいんですよ。
極端に言えば。
そのためにイエスが十字架についたんです。
人類の罪を背負って死んだのです。
人がすべき事は罪を告白してイエスを信じると告白するだけ。
これで救われます。
ものすごい簡単じゃないかと思うでしょうが、なかなかできないんだな、これが。
ハエがウンコにたかるように、人はイエスをののしるように生まれついちゃってますので。



27 :名無しさん@3周年:03/05/13 02:52
罪って、何をしたかではなく、動機が重視されます。
全人類を殺そうと、動機が正しければ罪ではありません。
ただ、そんな事態は考えられませんけど。

それから、人さえ殺さなければオッケーみたいに考えてませんか?
人殺しはかなり重い罪であるとは思いますが、
それと同等かそれ以上に重いとされているのが、姦淫の罪です。

これはいろんな人の話や書物から私が勝手に感じていることですが。

姦淫と言うのは、簡単に言えば浮気の事ですが、
広義では、愛からではなく自分の欲望を満たすために性的な行為をおこなうことです。
イエスは、「やらしい思いで女を見ただけで姦淫したと同じ事だ」とおっしゃってます。

つまり、人が罪を犯すことはほとんど避けられない事なのです。



28 :名無しさん@3周年:03/05/13 03:02
私は神様も天国も地獄も存在を信じていますが、
「悪い奴は地獄へ行くからちゃんとせえよ」、なんていう低次元な事はありえないと思ってます。
また、何人殺したら地獄、それ以下は天国、とかいう事で判断されるものでもないと。



29 :名無しさん@3周年:03/05/13 03:12
人が殺人を犯さないのは、それが悪い事だから、という事よりも、
殺人を犯すことによって刑務所に入ったり、世間から冷たい目で見られる事が怖くて
犯さないのではないでしょうか?

2CHでみんな死ね死ねいいますが、私はこれは本音だと思います。
人は生まれつき他人のことなどなんとも思わない存在です。
保身のために隠しているだけです。

死ねといっている人間は、宗教的な意味では殺人者と変わりない。


30 :名無しさん@3周年:03/05/13 03:26
死んだ後、地獄へいくかどうかを考える前に、
生きているというのがどういう事かを考えて欲しい。

なんで我々は生きているのか?

「人生は魂を磨く修行で死後その結果に応じて天国・地獄へ行く」
といった事がよく言われます。
これは一見もっともらしく思えますが、私はこれを信じません。

人は、霊界へ行くためではなく、この世に生きるために創造されたと信じています。
霊界はふるさとのようなもの。心やすらぐところではあるかもしれないが、
人が人として輝くのは肉体を持って生きている間であると。








31 :名無しさん@3周年:03/05/13 04:30
そして、神や正義を信じる人達がいる限り、戦争は終わらない・・・・

32 :名無しさん@3周年:03/05/13 04:41
>>29
アナタ宗教に入って正解ですよ、理性が欠落してます

33 :名無しさん@3周年:03/05/13 21:20
心配です、このままでは地獄ではなく天国に行ってしまいそうです、
でも他人に迷惑掛けるのもいやだし長生きもしたいんです
どうすればいいですか?

34 :真宗大谷派門徒:03/05/13 22:10
>1
罪を罰するのは宗教的な何かではなくて、司法機関ですよ。

殺さなければ殺されるという状況なら、正当防衛(刑法36条)として違
法性が阻却される可能性があり、その場合は殺人罪は成立しません。

また病気が原因とされる場合は、心神喪失(刑法39条)として責任が
阻却される可能性があり、その場合も殺人罪が成立しません。

地獄に落ちるとは良心の呵責のことをいうのでしょうか。それならば
被害者の家族などに心を開いて謝罪するのがいいのではないでしょ
うか。

35 :名無しさん@3周年:03/05/13 23:09
天国について質問。

@知性は生前のままか。それとも自我は無いのか

A仮に知性が生前を反映しているとして、生前のその人物の、概念・認識上の誤謬はどのように矯正されるのか。それを拒んだらどうなるか。

B、Aと関連して、主義主張・信念・道徳・概念などなどに隔たりのある多様な人が、しかも時代の格差を越えて天国で共存することになれば、
地上でもそうだったように天国でも闘争・悪口・嫉妬・差別などが発するのではないか。

B+ それとも生前とは違う人格にはじめから改造されているのか。(その場合、Cとほぼ同じ疑問が生ずる)

C、@の答えとして、「自我が無い」のなら、その場合「死後天国へ行く」ことが本当に可能か。
言い換えれば、“幸せな世界”を自覚する主体が残っていないのに、それを“幸せな世界”と呼べるのか。
もし自覚し得る主体があるにしても、人格・概念認識など否応無しに改造されてから天国に入る(B+を参照)とするなら、前述のとおり同じ疑問が生ずる。

D、B+を前提にすると、地獄行きには正当な根拠がないのではないか。
つまり、天国へ入る者に意識の改造を施すのなら、生前の極悪人にも同じことができるのではないか。

上記すべてに関連して、なお次の疑問が残る。

E天国・地獄にみんながいずれ行くのなら、なぜ人間は地球で生まれるのか。
また人を分けるのなら、その基準を教えてくれないのか。

※仮に『聖書』とか「イエス」が教えてくれているとして、それならなぜ概念や解釈を時代によって変えるのか。
たとえば第19世紀を通じて、民主主義的平等を「神聖なる君主制・身分制を脅かす悪魔の手先」と公然と非難していたのはどこの誰か。
歴代法王である。

36 :名無しさん@3周年:03/05/14 01:52
>>35
まずはお見事!
しかし貴方が言うのは欧州キリスト教世界のアキレス腱ですね
現教会は多かれ少なかれ当事の今とは違った解釈が引き起こした諸問題を
「当事の人達は神に対して間違っていた」つまり過去を大切にしながら
も昔の教会の考え方を斬り捨てる・・・、
しかしこれらはすべて教会の保身から出たものでしょう、
実際にはたいして悪びれてもいません
 19世紀云々はもともとキリスト教という宗教が当初からヨーロッパの
王達に神からの支配権を認める形で成立した為です、義理もあるでしょう
でも実際すぐに自由・平等・博愛に乗り換えたでしょう? 

 だれが地獄に居るのか、ネロかプラトンかそれとも宗教改革の犠牲者か
わかりませんが「1」のいう問題はキリスト教以前から問題になっていた
物です、例えば「カルネアデスの船」というのがあります、タイタニック
号の事件とかを引き合いに出せば解りますね、1人乗りの救命艇に2人が乗
って沈みそうになる、どちらが乗るか争いが始まる、結果片方が片方を殺
してしまう、「カルネアデスの船」はそういう切羽詰まった状況の中で犯
した罪を問わないというスゴク古い海軍法ですが、古代人の悩みが伝わり
ませんか?

ぶっちゃけた話、時には自己欺瞞も精神の安定には必要だと思う

37 :Jesus is Lord.:03/05/14 02:01
Dear Jesus:

Thank You for the sacrifice You made for me.

Please forgive me for all of my past sins.

I repent of these actions, and with Your help, I will change and not repeat them again.

I know I am not worthy; but, I willingly accept You as my Lord and my Savior, and I thank You for Your blessings over my family and me.


38 :名無しさん@3周年:03/05/15 10:46
あげ

39 :35:03/05/20 16:51
>>36
>現教会は多かれ少なかれ・・・(中略)・・・「当事(原文ママ)の人達は神に対して間違っていた」つまり過去を大切にしながらも昔の教会の考え方を切り捨てる・・・、
>しかしこれらはすべて教会の保身から出たものでしょう、

これは「天国・地獄」云々に限定されないね。

しかし例えに出した、民主主義的平等(共和制の推進、世襲的身分・地縁などでの差別と特権の廃絶)に対する教会の態度のあからさまな変化で問題なのは、
態度が反対であれ賛成であれ、その根拠を「神の御意志」、長年反対していた人達の立場なら更に踏み込んだ表現、
つまり「神権的秩序」に求めてきたこと。
「神権的秩序」に身分制などの根拠を求める、これはつまり、「身分制は神の御国と神の御意志に確固とした根拠をもつ」という意味です。

この、かつての主張が少なくとも“当時としては正しかった”のなら、
「神聖なる君主制・身分制」に対する態度は、
自我の存在すると仮定した場合の天国※、さらにはその主権者であるはずの神に対して忠節であるかそうでないか を決定してしまうほどの問題「だった」はずではないですか?
さらに言えば、こういう種類の問題は一時的な過去を意味する「だった」で表現できるはずがない。なぜなら「永遠なる神」の主権と秩序を天秤の片方に載せているからです。

※自我の無い天国なら、そこでの「神権的秩序」とは、結局は「墓場の平和・自由」だと思われる。
墓場の平和・自由とは、ご承知かと思うけどこういうことです。つまり、
“墓場ではいかなる意見の衝突も論争も存在しえない。それはこの上ない平和であり、またいかなる責任も問われないという意味で無限に自由だが、
理知ある存在にとってそういう「平和」や「自由」は「無」である。最悪の強制力による統制にも似た、悪い状態である”(そういうわけで「墓場の自由」はしばしば、異質のものを排除しようとする精神的・物理的圧迫への批判の言葉として用いられます)

仮に神がいて、「天国」に迎えることで人間を「救う」として、しかしその実際が「墓場の自由」だというのは、わたしにはおおいに疑問。

40 :七紙:03/05/23 21:53
この世で、自分の犯した罪を正直に告白して被害者に誠意(法的な処置)を見せたら、あの世での罰は免れます。
でも、忘れただの悪意はなかっただの私は悪いことはした覚えはないと知らばっくれて、この世での責任を免れようとすると
あの世で神の裁きが御待ちしております。

まあーー、この世で罪を清算しなかったり嘘ばっかりついていたものが、罰の借金を来世に持ち込むといったところではないのでしょうか?

41 :kami:03/05/23 22:11
0358270670あの世で神の裁きが御待ちしております。


42 :名無し:03/05/23 22:13
横ヤリスマソ

葬式のない宗教があるって聞いたんだけど誰か知らない?




43 ::03/05/25 12:07
天国と地獄があるとしたら
人間は、動物を食べるので地獄。
肉食動物は、草食動物を食べるので地獄。
草食動物は、植物しかたべないので天国。

44 :名無しさん@3周年:03/05/25 13:56
>40
すでに死んだ者は最後の審判後にあの世で裁きを受けるけれど
生きている者は、この世で生きたまま裁きを受け、永遠の地獄か永遠の命を得て
神の国に入ると言うのがキリストの教えだよね。

45 :名無しさん@3周年:03/06/06 17:47
45get

46 :名無しさん@3周年:03/06/12 20:31
この手の話をしようとするときは、
地獄とはどういうところか。
天国とはどういうところか。
ということをはっきり認識してからで3すな。
人の数だけあるような気もするが。

47 :名無しさん@3周年:03/06/19 00:23
47get

48 :名無しさん@3周年:03/06/26 08:33
48get

49 :名無しさん@3周年:03/06/26 10:39
そもそも天国と地獄があるだなんて信じる方がおかしいと思われ。
この世の方がよっぽど生き地獄だってのに。
考えてもみろよ。どんな悪行だって、所詮人間の価値観なんだぜ?
神が何言うかしらんが、神がいったことがすべて正しいと誰が決めるのかね?
人間がいなければ神も悪魔も天国も地獄も存在意義がないんだから。

50 :名無しさん@3周年:03/06/26 11:57
だからこそ、啓示であり、イエスキリストの来臨があるのです。

51 :名無しさん@3周年:03/06/26 12:11
>人間がいなければ神も悪魔も天国も地獄も存在意義がないんだから。

同意です。被験者がいなければ成り立ちませんからね。


52 :名無しさん@3周年:03/06/26 13:41
>>50
イエスがくるより弥勒が来るほうが早いと思われ

53 :名無しさん@3周年:03/06/26 13:48
救世主の呼び名が宗教によって違うだけでいっしょだよ。


54 :名無しさん@3周年:03/06/26 14:22
>>7

>1 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとするヤチをコロした人
地獄行きではない
>2 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとするヤチを喜んでコロした人
コロシたほうの状況によっては地獄行き
>3 コロした人がたまたま今まさに核兵器のボタンを押そうとしてる人だった
地獄行きではない
>4 今まさに核兵器の発射ボタンを押そうとする人を泣く泣く殺したが、
  実は発射ボタンが壊れていて殺さなくても良かった人。
地獄行きではない

55 :名無しさん@3周年:03/06/26 14:25
>>9
問題なく地獄行きではない

56 : :03/06/26 14:29
>>55です。わるい。訂正します。

下手をすると地獄行き。くわしい状況を説明した人のカキコを見て思い直した。
つまり、殺した人の心のバネが重要で、立ち直りそうになかったら相談者が
現れる可能性がムチャクチャ高い。それでも悔恨の念で一生過ごすと地獄行き。
もし、この悔恨の念から立ち直るとかなり上位の天国にいけるはず。

57 :名無しさん@3周年:03/06/26 14:41
ウランを最初に発見した人地獄行き。
プルトニウムの核融合発見した人地獄行き。
核爆弾発明した人地獄行き。
核爆弾投下を命令した人地獄行き。
核爆弾投下を実行した人地獄行き。

ではウランやプルトニウムを創造した神は?

58 : :03/06/26 15:03
>>57
落ちない

59 :名無しさん@3周年:03/06/26 15:20
>>58
何故だ?
造った本人が地獄に行かなくてどうする?
電力会社の社長以下皆行くのに・・・。
ついでにいうと、電気を使う消費者も行かねばならない。
ああ何ということだ。

60 : :03/06/26 15:23
>>59
だって神が地獄に落とさなかったら誰が落とすんだ?

61 :名無しさん@3周年:03/06/26 15:38
>>60
そもそも、そんな地獄へ落ちるような人間を創った神が一番の犯罪者だろ。
神が落ちろよ。

62 : :03/06/26 16:25
>>61
この世には必要悪というものがある

63 :名無しさん@3周年:03/06/26 17:17
>>62
そりゃこの場合にはあてはまらんだろ。ていうか他の誰もそんな役割やりたくねえだろ。
おまえやってみたら?人にふらないでさ。

64 :名無しさん@3周年:03/06/26 17:38
天国と地獄なんて人間の妄想だよ。
善悪など人の主観でしかないし、
それらの事象を包含する神が善と悪の区別などつけるわけがない。

宗教が神と人間の社会的規範をごちゃ混ぜにしただけ。

65 :名無しさん@3周年:03/06/26 18:43
だな。
苦しみの無い天国とやらも見方によっちゃあ地獄だしな。
苦がなければ楽を感じる事も出来ないだろうし。
まさに生きる屍状態w

66 : :03/06/26 18:44
>>63
わるい。やらなきゃいけないのは百も承知だが、お前が言っているじゃないか。そんな役割は嫌だって。人間でも、自分を自らおとしめるマネはしたくないし、
心の問題の一つもこれだ。欠点を見せると嫌われると思うのでそれから守ろうとすると人格障害に見える振る舞いをしてしまうんだ。

自分の感情パターンが解った上で感情制御をするのがいい。それが解らないから、心配事や恐怖、不安、悲しみが直接無防備な心に流れてくる。それをどう処理
して良いか解らないんだ。だから全力で自己防衛して、自己愛とか反社会性などの症状になる。自己防衛をしなくても言いようになれば、感情が動いても
どうしたらいいか解るんだ。

実はその先が存在するのを知っているだろうか?
心は成長した。次はようやく自己実現のために好きなことが出来るんだよ。心に問題はほとんどない。本来のビジネスが興せる。でも、それだけで長続き
しない。

そこで本題の必要悪だ。地獄のような環境で人を救うのは至難の業だ。施すには愛想を尽かしていてはできない。そこで出てくるのが神が出てくると良く出てくる「愛」だ。
相手は苦しいから色んなののしり、グチ、断末魔、あえぎ声を発し、阿鼻叫喚の地獄だろう。そこで善行を施す。本当に酷い光景だが、それでもあえて救う。
そのときに愛を出すために今から善行の訓練が必要だ。これに耐えるのはすごく貴いと誰でも解るだろう。

心の病があまりにも酷い人間はたった一人の人物の中に阿鼻叫喚が起きているといえるかもしれない。どんなにいい加減なことを言われてもあえて親切にし、友になり、救う。
「恨みには徳を持ってす」という言葉があるらしいが、どんなに酷いことをされても善を行うことが出来て本物になると思う。
実はこれだけが問題ある人間が正当化できない唯一の方法だ。酷いことをすればするほど善を施せば感激し、涙を流し、絶体絶命を救ってくれる存在に逆転する。

実践したいのは山々だが、出来てから発言したのでは寿命で死んでしまう。それだけの大きく大変な事だがやってみる価値はある。

67 :名無しさん@3周年:03/06/26 18:47
地獄に対する恐怖を植え付けて、宗教に繋ぎ止めようとする戦略だな。

68 : :03/06/26 19:07
>>67
その場合は具体的にどうするか教えないのが元凶。

69 : :03/06/26 19:17
日本の新聞のような物。「だからどうした?」という質問に一切答えられない。

70 : :03/06/26 19:35
恋人が危篤で病院へ向かう途中、沈みかけているバスが!
どっちを選ぶのが善でしょうか?
究極の選択だと思うのですが。

71 :名無しさん@3周年:03/06/27 09:18
>>66
おいおい、自分で言ってることが正当だと言うならば、それを自分で実証してみろっていう意味で
自分が嫌だからっていったら主張の正当性を証明できないだろ。まあ寿命が足りないのは仕方ないとして。
>>70
俺にとっては全然究極じゃないな。迷わず恋人の方へ行く。
赤の他人が乗っているバスが沈もうがどうなろうが、それは俺じゃなくてレスキュー隊の仕事。
俺の恋人には俺しかいない。それ故に俺が行く。

72 :小僧:03/06/27 10:08
自分の人生を監視しているのは、神ではなく自分。
肉体が滅んだ後、自分の人生で出会った人間全ての経験を再体験。
喜びも悲しみも快感も苦しみも、すべてその人の立場になって。

その体験が、天国になるか地獄になるかは、その人の人生次第。
審判を下すのは、第三者の神ではなく自分自身。

と、勝手に考えております。

73 : :03/06/27 20:31
>>71
たしかに実証はした方が納得行くだろう。
でも、実証するためというのは神が好まない感情だ。それに神を除いて考えても意味がない。
たとえば、阿倍野清明がえらいさんか誰かに「そこにいる蛙を殺そうと思えば殺せるか?」といわれ、
「できます」「やってみてくれ」「なんと意味のない・・・・」実際に殺して見せたという。
実証したところでかえるが一匹死ぬだけ。

バスと恋人のケースではなかなか純粋で良い。そう思うのは当然だろう。

恋人が視界に入らないだけで凄く寂しいのだから。だが、そういうことは日常茶飯事で、あなたと恋人にとってはこれで人生が終わる訳じゃない。失恋から立ち直る人もいるんだ。
でも、死ぬとこの世での営みは全く出来ない。恋人を守るのはおろか、他の善行も悉く出来なくなり、神が望むことは全く出来なくなるわけだ。恋人と比べるな、と思うだろうが、恋人が出来るのと同等かそれ以上の幸せの可能性は確実にゼロになる。

もう一つ判断基準になるのがある。
それは人数。バスは40人だったかな?もしこの40人は当然家族もいる。恋人もいるだろう。単純計算でもあなたの悲しみの40倍というわけだ。

言葉は足りないなら行ってくれ。だいたいこういう理由。バスを助けるのが正解といいたい。


74 :名無しさん@3周年:03/06/30 10:03
>>73
神が何を望もうがそれを実施しなきゃならん義理は俺にはない。
そんなことは神の僕を好きでやってるやつの仕事。俺には関係ない。
人類はあらゆる実証・検証を繰り返し、今日まで繁栄を築き上げてきた。
そこに神の感情など入る余地などない。ただ真実を追究するのみ。
件の安倍清明のは広沢僧正との談の話だろうが、この話は清明の力を実証する
エピソードであって、蛙が死んだというのは結果の副産物に過ぎない。
実験で使用した道具の末路についていちいち思い悩むのかね?

他人の人生などは俺には関係ない。他人も俺の人生など関係なかろう。
それ故に俺は己の人生にとって重要な恋人のところへいくだろう。
俺の悲しみの40倍と言っても、個々では所詮は一つに過ぎない。
その40倍を俺が背負うわけでもない。
そんなことはそのバスの乗客の家族なり恋人なりが助ければいいこと。
できない、あるいはその状況にいないのならばお気の毒様というだけのこと。
俺は単純にエゴイストなので、それに対しての罪の意識などカケラも湧かないだろう。
故に、それは俺にとっては判断基準にもならない。

75 :小僧:03/06/30 14:52


肉体が滅んだ後、あなたに審判を下すのは、「あなた」です。


あの世に行ったら、自分をごまかす為に、神を頼る事は、出来ません。




76 : :03/07/01 22:03
>>74
実証主義を持ち出すのが常套手段だが、それはいつからやっていた?
西暦0年にやっていたか?


77 : :03/07/01 22:07
>>75
たしかに私が悪事を働いたこと、その結果何をもたらすかは私が良く知っている。
それは私自身が許せなくなる。その心は悪か?
心が病んでくるとすすんで破壊活動を行うものが現れる。
それは善か?

78 :名無しさん@3周年:03/07/01 22:16

地獄本命、穴極楽。

79 :小僧:03/07/02 02:09
>>77
あなたの目的によります。
善も悪も、他人の価値観で決めるものではないのでは?
自分で決めた価値観でさえ、永遠ではない場合がある。

目標、目的に適っていれば、善であり
そうでなければ、悪って事ですかね?

80 :名無しさん@3周年:03/07/02 09:26
>>76
えらく脊髄反射なレスだな。もう少し考えてからにしとけ。
いくら何でもそれじゃ反論以前の問題。レイプ議員を擁護した田原みたいな内容のすり替えだ。

81 : :03/07/02 10:36
>>79
人によって善悪の価値は確かに違う。だが、そうなっているからこそ、普遍の基準を求めているんじゃないのか?
人によって違うことを受け入れているのなら、それで良いじゃないか。
それ以上考える必要など無いだろう?でも考えるのをやめないのはどうして?

>>80
ならば聞く。なんでレイプは悪いんだ?
善悪の基準が解らないのに、なんでレイプが悪いって解るんだ?
他のことでもそうだ。なんで悪いと言い切れる?
いいきるなら、基準があるはず。それが知りたい事じゃないのか?

82 :名無しさん@3周年:03/07/02 11:00
善悪の基準が明確であった方が人は悩まなくてすむからだよ。
人は正しい事だけしたいんだよ。

そうゆうところをカルトの善悪二元論につけ込まれる。

83 : :03/07/02 11:31
>>82
なんでも完璧にしようというサガかな?

84 :名無しさん@3周年:03/07/02 11:36
天理教はすごいね。キリストは駄目だね。金光教はなかなかいい。

http://www.konkokyo.or.jp/japanes/

沈没の日も近いが、

85 :名無しさん@3周年:03/07/02 12:39
>>82
話ずれるけど、カルトに悪人がはまらないのはそゆ事だろうな。
悪いとわかっててもやる人はカルトの二元論にはまりようがない。

86 :名無しさん@3周年:03/07/02 13:22
>>81
別に>>80はレイプを題材にしたわけじゃないだろうが。
田原の様な言葉をすりかえて、話の中身まですりかえそれで議論で勝ったと思い込む。
おまえはそういう類の人間だと示唆しているだけ。
善悪の基準なんてものは人間の価値観でしかない。
ひょっとしたら、レイプの神様がいて、その信者にしてみれば正義なのかもな。
だが、一般社会常識として強姦ってのは犯罪だ。
悪いと言い切るとかそういう次元の問題じゃあない。そういうところが話のすり替えと指摘
されるんだよ。
実証主義を持ち出すとかそれはいつからとかは問題の論点とはまったく関係ないただの
難癖だろ。

87 : :03/07/02 15:39
>>86
>>81=>>77=>>76です。悪かった。確かに難癖だ。
実は86の言うとおりだと解ってて言った。だから難癖。
問題のすり替えだ。

ちょっと頑固だったようだ。だから意見を変えなかった。

88 : :03/07/03 11:04
>>1
たちばな出版の本はおすすめ。どの本か忘れたけど答えが書いてあるよ。
http://www.tachibana-inc.co.jp

89 :名無しさん@3周年:03/07/08 10:59
>>1

人は、体質や、環境によって、罪を犯しやすさが、あると思われます。
それでも、罪を犯した者は、犯罪者となり、罰を受けることになります。
すべて、同じように裁かれ、逃れられません。
その解決を、神は、用意され、キリストを信じる者は、裁かれないと約束されたのです。


90 :名無しさん@3周年:03/07/08 11:03
>>89
ま、スターはファンのことだけしか大事にしないからな。
こうしてみると、神ってほんとケツの穴が小さいよな。
神を信じないヤツにも救いの手でもさしのべたら、俺たちだって信仰くらいしてやってもいいけどよ。
ヤツは所詮、「俺のファンにしかサインあげませんよ?」ってタイプの芸能人とレベルはかわらん。
まあ、その程度の存在なら、わからんでもない。

91 :名無しさん@3周年:03/07/08 11:28
>>90

>スターはファンのことだけしか大事にしないからな。

神は、自分の子供とした者には、厳しく、実際、そんなに幸せになっている人は、
少ないのではないでしょうか。キリストの弟子の大半は、殺されましたし、
神は、そんなに、過保護でもないと思われます。


92 :名無しさん@3周年:03/07/08 11:43
幸せは感じるもの、幸せと思えば幸せです。

93 :山崎 渉:03/07/15 14:17

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

94 :&lro;:03/07/23 16:42
 

95 :&lro;:03/07/30 20:40
 

96 :山崎 渉:03/08/02 00:21
(^^)

97 :名無しさん@3周年:03/08/02 15:20
age


98 :名無しさん@3周年:03/08/02 17:33
そもそもキリスト教を信じることが罪です。

99 :名無しさん@3周年:03/08/08 16:55
>>1
「汝殺すなかれ」の掟に条件はない。
どんな場合でも殺人は殺人。

100 :和郎:03/08/09 10:26
   n                n
 (ヨ ) サ タ ン 最 強 !  ( E)
 / |    _、_     _、_    | ヽゴミスレで100get!
 \ \/( ,_ノ` )/( <_,` )ヽ/ /
   \(uu     /     uu)/
    |      ∧     /


101 :もとぴ ◆ScLPAqp5yQ :03/08/12 19:19
>1さん。

人間の死後の場所は、新約聖書によると、「パラダイス」(天国)、「ハデス」(よみ)、「ゲヘナ」(地獄)です。
イエスにあって死んだ人は、死後、【パラダイス】(キリストとともにいる所)に入ります。 (ルカ23:43)
生きている間に救われることのなかった人は、死後、【ハデス】(よみ)に入ります。
・・・今、【ゲヘナ】(地獄)にいる人は、一人もいません。・・・
「ハデス」は、「ゲヘナ」ではありません。
ハデスは、神の支配の中にあります。ハデスの苦しみは、その人の、「受けるべき報い」です。
ゲヘナは、「苦しみの場所」というだけでなく、神から完全に分離された、神のいない場所です。

ハデスでは、生きていた間の報いを受けながら、自分の人生を振り返るでしょう。 (ルカ16:25)
「・・神は、すべての人をあわれもうとして、すべての人を不従順のうちに閉じ込められた・・」(ローマ11:32)
神が、すべての人にあわれみをかけて下さるなら、ハデスに行った人々は、罪のさばきを受けるだけでなく、
あわれみをも受けると考えます。
・・・ハデスに入った人たちについては、神が正しくさばかれます。
人間は、〔救いの機会〕や〔さばき〕については、わからないこともある。それが真実と思います。

多くの人は、死後は、ハデス(よみ)に入り、自分の人生を振り返る。
ところが、「ハデスは地獄」という先入観を持っていると、人間の死後の場所は「天国か地獄」という、
二者択一的な考え方に囚われるかも。。。

参考:「☆エホ証と福音派とリベラルの聖書解釈☆Part5」の99、267、523-524、552など
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1056723088/l50

102 :山崎 渉:03/08/15 08:59
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

103 :&lro;:03/08/22 11:32
 

104 :&lro;:03/08/29 17:40
 

105 :&lro;:03/08/29 17:41
 

106 :&lro;:03/08/30 21:30
 

107 :名無しさん@3周年:03/08/31 17:24
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト狂 人殺し宗教キリスト狂 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト狂 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト狂 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト狂 人殺し宗教キリスト狂 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教
人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教 人殺し宗教キリスト教

108 :&lro;:03/09/02 00:31
 

109 :&lro;:03/09/04 06:58
 

110 :煩悩教:03/09/07 08:16
罪の概念が宗教と法律では違っているから殺したかどうか
なんていう表面的なことだけでは決まらないと思うけどね。
普通の宗教なら心の状態を問題にするだろ? たとえば情欲を
いだいて女を見たら姦淫したのと同じことになるとかさ。
他にも色々あるけどだいたいは行為を問題にしているのでは
なくて心の方を問題にしているよな?


111 :名無しさん@3周年:03/09/07 08:26
 キリスト教では、心から出てくる思いが人を汚すということを問題にする。
手を洗わないで食事をすることは、人を汚すことではなく、口から出てくるものが心から出てくるものであってそれが人を汚すということをイエスは教えられる。
すべて口に入るものは、腹を通って外に出されることが分からないのか。
しかし、口から出てくるものは、心から出て来るので、これこそ人を汚す。
悪意、殺意、姦淫、みだらな行い、盗み、偽証、悪口などは、心から出て来るからである。
これが人を汚す。しかし、手を洗わずに食事をしても、そのことは人を汚すものではない。
以上、マタイ福音書15章から抜粋しました。

112 :こころ相応:03/09/21 18:34
天国と地獄って、人間の心相応だから。
たとえば、みんなで長ーーーい箸を持って食事するようなものですって。
自分さえ、お腹一杯になれば良いと思う人は
箸が長すぎて、自分の口にご馳走を運ぶことが出来ない上、
欲張って争うのが地獄。
長い箸で、他人に食物を運んで食べさせ合ってる・・・これが天国。
つまり、人々の前には平等に、ご馳走が沢山並んでいるのに
仲良くする人は天国状態で、欲張る人は地獄状態。
同じ場所にいても人間は心次第で、天国にも地獄にもなるという例え話です。
この世でも、あの世でも、来世でもそれは同じ、
その人の心相応の世界が展開する。

113 :名無しさん@3周年:03/10/01 09:31
神秘の風(霊界探訪記)
http://www5e.biglobe.ne.jp/~shinbi7/index.html

ぜひお勧めします。一度ご覧になって下さい。



114 :&lro;:03/10/17 20:21
 

115 :&lro;:03/10/26 13:55
 

116 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:17
異教徒に救いはあるのか?
信仰は、救いのためか?
救いとは?

さあ、議論しましょ。

117 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:20
質問箱の◆VcgU54eMDU へ

神の国の建設のために、福音を述べ伝えるのは、キリスト者の大事な務めでしょ。
むしろ、人間の努力がないと、神の国の到来はないと思われるけど。

118 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:22
>>117
いや、もちろんそうだが、異端的思想はすべて排しなければならない。
この件に関しては妥協は許されない。


119 : ◆VcgU54eMDU :03/10/27 02:22
>>117
イエス・キリストの再臨によって神の国が到来します。



120 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:23
>>117
キリスト者が救えるのはキリストを受け入れた者だけだ。否定する者の自由意志も尊重しなければならない。無理強いはできない。


121 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:23
>>1さん、
キリスト教の質問箱からとんできました。
埋もれてるようだったので、このスレで、
キリスト教の救済論を話しあわさせてもらう(かも知れません)。
事後承諾ですが、よろしくおながいします。

122 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 02:24
「キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。」―第一テモテ 2:6
「こういうわけで、ちょうど一つの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に、
 一つの義の行為によってすべての人が義と認められて、いのちを与えられるのです。」―ローマ5:18

全人類は既にイエス・キリストの贖罪による救いに与っています。
クリスチャンであろうとノン・クリスチャンであろうと、誰一人として救いからもれる人は居ないはずです。

123 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 02:24
最終的には全人類がキリストを信じるようになると思っています。

「それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、
 すべての口が、「イエス・キリストは主である。」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。」―ピリピ 2:10-11

124 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:26
>>120
我々が救いを得るのではないでしょう?
なぜ、全能者が救える者が、限られてしまうのでしょうか?

125 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:26
>>122-123
異端は死んでください。死ね!

126 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:27
>>124
だから自由意志を尊重するのが神の御心だといっている。地獄に行きたいものを止めることはできない。

127 :騙りです ◆wOtSYWvkiY :03/10/27 02:27
念のため言ってくけれどこのトリップは騙りです。→> ◆byBwOqLPB6



128 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:29
>>119
じゃあ、キリスト者は、神の国のための努力をしなくてもいい、と?
神の国は、既にある、という終末観も可能なはずです。
また、その完成途上にあるとも。

129 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:30
>>126
自由意志?
はたしてそんなものがあるかな?

130 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 02:31
公教要理ではこうなっています。福音派は間違いです。

CCC605
失われた羊のたとえの最後で、イエスは、神の愛が一人も除外しないことを思い起こさせた。
「このような小さき者の一人が滅びることは天におられる父の御心ではありません」
主は、「多くの人の贖いの代償として命を与える」ために来たと言われた。この「多く」という語は、制限を設けるものではなく、われわれを救うために自らを捧げられるあがない主の比類なき人格によって、人類すべてを際立たせている。
教会は、使徒に従って、キリストが一人の例外もなく万人のために死なれたと教える。すなわち、「キリストが受難を受けなかった人は過去にも現在にも未来にも一人もいない」と。
http://www.scborromeo.org/ccc/para/605.htm

131 :或る福よ:03/10/27 02:31
>>127
わかるよ。福音派が自由意思の存在を認めるわけないじゃん。
カルヴァンの『信仰の手引き』にちゃんと書いてある。

132 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:33
>>131
福音派は自由意志を認めてないのか?驚いたな。

133 :或る福よ:03/10/27 02:36
>>132
ルターも認めてないよ。
エラスムスとの自由意思論争が有名。

134 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:37
キリスト教徒しか救われんって(しかもプロのみ?)
胸糞悪い考え方だな。
そんなん、選民思想と変わらねぇーじゃん。
イエスは何の為に、受肉したと思ってるんだよ、アフォめ!

135 : ◆VcgU54eMDU :03/10/27 02:38
>>128
神の国の雛形としての教会は地上にあるが、
罪ある人が努力によって理想社会を建設することは出来ない。

福音派が再臨を強調したのはもちろん、聖書に啓示されていたことだからであるが、
罪の教理を否定するリベラルが人間の自己努力によって理想社会を実現しようとしたことがある。
その幻想は2度の世界大戦と、共産国家の形成と崩壊によってすでに消え去ったはずのものだ。
>>131-132
正確には人間に自由意志は与えられているが、
神には絶対主権がある、ということになるでしょう。

136 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 02:39
それにしてもさー、
「ノンクリは全員地獄逝き。地獄へ行って永遠の刑罰を受ける!」とか言ってる香具師等ってよく正常な精神保てるね。
親族や友人に少なくとも一人くらいはノンクリいるだろ?
その人たちが永遠の刑罰を受けるなんて、考えただけでも気が狂っちゃうよ。
ある意味関心だよ。

137 : ◆VcgU54eMDU :03/10/27 02:40
また人間は罪によって自由意志を神に向けて行使できない、ということになる。

クリスチャンで無い者の行為はすべて罪なのです。




138 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:40
>>135
失敗したのは、世俗の理想社会でしょ。
それに、神の国ってのは、そんなカタチのあるもの(国家とか)ではないよ。

139 :或る福よ:03/10/27 02:42
>>ALL
そうだね。正確には或る福の言うとおり。

140 : ◆VcgU54eMDU :03/10/27 02:43
>>138
イエス・キリストが再臨され、今の天と地は過ぎ去り、海も消え、
地上の国も無くなり、ただキリストが永遠に統治される。

その日に悪魔とノン・クリスチャンは永遠に滅ぼされる。




141 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:43
>>136
禿同

>>137
そんなあなたに、罪が定められてるんだよ。w
「あなたが許すものは許される」んだよ。
人を許す力は与えられてても、人を裁く能力は与えられてないってことに気がつくべきだよ。

142 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:45
>>136逆だよ。クリはそうじゃないと正常な精神を保てないのさ。
ほかの人たちには理解できないと思うが。

143 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:46
>>141
何が禿同だ。相手はエホ証だぞ。知ってるのかオマエ!


大馬鹿や労!


144 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:48
>>140
ユダヤの文脈下で理解することを疎かにしてない?
そんな形而下な話ではないでしょ。

145 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:48
>>143
うるせぇ、ハゲ!

146 : ◆VcgU54eMDU :03/10/27 02:50
>>136
だから伝道する。
あなたはまずイエス・キリストを全能の神、罪の無い人と信じてください。
>>144
未来に起こること。これは確か。
>>141
イエス様を信じる信仰によって救われる。何の差別も無い。

147 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 02:50
>>142
選民意識みたいな感じ?恐いね。

>>143
浄土真宗です。

148 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:51
>>143
別に、カトリックだって、救済される対象にはゆとりがあるけど?
キリスト者だけ!なんて、そんなケツの穴がちっちゃいこと、言いません。

149 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:53
>>145
何で俺が剥げだとわかった!この末成りキュウリ!

150 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:53
>>146
キリスト、またはキリスト教を知らない人はどうなるのさ?
それに、古聖所下りは?
キリストの教えを拒否するのと、キリスト教徒ではない、ってのは違うよ。

151 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:54
>>149
おまけにフニャチンだろ?w

152 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 02:54
>>146
そっか、じゃあ精神的負担は大変だね。
でも、そう考えるんだったら自分のことなんて考えていられないね。
生活を犠牲にして伝道第一でいかないと。(普通だったら精神崩壊起こすと思う)

>あなたはまずイエス・キリストを全能の神、罪の無い人と信じてください。
罪の無い人とは信じているけど、全能の神かはよく分からない。

153 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 02:54
>>148
ケツの穴の大きさではないのだよ。僕ちゃん。ことは救いに関することなのだ。勝手に人間が決めてはならない。聖書にしっかり沿わないとね。いい子だからおじちゃんの言うことを聞きなさい。


154 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:55
>>147そうせんと迫害時代を耐えられなかったと思うよ。
他は救いがないから何としてでも増やせ!って言ったら
一生懸命になるだろ。信者は。

155 : ◆VcgU54eMDU :03/10/27 02:56
>>150
>古聖所下り
これが神学的にありうるとしても、一度限りのことです。

ローマ書一章により、キリスト教を知らない人も何らかの神知識を有していることがわかります。
そのため彼らには弁解の余地が無いのです。神の一般恩寵。




156 :名無しさん@3周年:03/10/27 02:57
>>153
ケツの穴の大きさじゃない?
じゃあ、チ○ポの大きさか?ww

157 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:00
>>156
腐ったりんごは黙ってろ!

158 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:00
>>155
後半の意味がわかりません。

古聖所下りがあったってことは(なぜ一度限りなのかは分からないが)、
能力的には、もちろん、問題ないわけだよね。
じゃあ、なんで、救いが与えられるものはキリスト者のみ、って限定するの?

159 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:01
>>152騙され易い体質のようだね。
キリスト教の話をしたかったらそんなんじゃ駄目だよ。
全て疑って掛かって行くべきだよ。
疑いが全て晴れる時が来るからね。

160 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:01
>>157
カビたみかんはおまいだろ!!
青臭いんだよ!

161 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:02
>>158
だから信仰がなければ救われないといっている。何度言わせるのだね?もしかして痴呆症かね?

162 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:05
>>158あのね、船が出るぞー!っていわれても、
それを嘘だと信じなかったらその船には乗れない。
それと同じ理屈さ。

163 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:05
>>161
だから、その理由を聞いてるのだよ。
全能の神、万軍の神が、なぜ、救うものを限定するのかね?
そもそも、限定という概念について、少し考えてみたまえな。

164 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 03:05
>>154
なるほど。でもそんな事言ってたんじゃ当時のローマ人から白い目で見られても当然かも。

165 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:09
>>164だからこそ、キリスト教徒が減らずに増えたんだよ。

166 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:09
>>163
なら、なぜ神は自由選択を人類に与えられたのかね?
選択の自由がなければ人間は操り人形になってしまうではないか。
神は人間の自由に介入されない。




167 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:09
>>162
それは、違う。
第一に、船には、形色があり、境界もある。
機能上の制限もある。
第二に、船、を知らない人は、船の機能も知らず、その出港についても無知である。
結果、無関心とすらならざるをえない。
その事を問うているのだが。

168 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:11
>>166
人間の選択基準に、神が介さないのであれば、
信仰の持ちようがないはずだ。
それに、自由意思云々は、限定という概念への返答にならない。

169 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:13
>>167知らずにいても、救難用の船に乗らなければ
その人たちが死ぬのは一緒だろ?

170 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:13
>>168
それは違う。エデンの出来事を見なさい。
まず人間が選択した。次に神がそれに応じて経綸を供えられた。

171 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:14
>>169
だから、それは、船、というモノだからさ。

172 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:16
>>171見えるものか見えないものかという違いに過ぎないさ。

173 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:16
>>170
だから?
キリスト者の信仰について話してるんじゃなかったっけか?
神がいるという認識がなく、信仰を持つの?
そこに、神の介在があるでしょ。
あなたが神を選んだのではなく、神があなたを選んだんだよ。

174 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:16
>>172
じゃあ、神の能力も限界があると?

175 :或る福よ:03/10/27 03:17
>>ねまつ

176 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:18
>>174人間が神の意思にそむくなら、もう生きて行けんってこと。

177 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:19
>>176
だから、神を拒否する人ではなく、神を知らない人は?
って聞いてるの。

178 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:20
>>173
新普遍九歳主義の異端です。

179 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:21
>>178
違うよww

180 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:26
神が非キリスト者にも救いの手を伸ばして下さいますように

181 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:26
地獄の鬼を相手に国取りですよ

182 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:27
>>179
神は「在る」といわれる。存在だ。
人間がそれを選択する。

183 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:28
>>182
自分の発言の矛盾に気が付かないのかねぇ。

184 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:29
>>180
人間のほうから歩み寄るべき。
「あなた方は私の民となり、私はあなた方の神となる」


185 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:31
キリスト教信者云々で分けてる神は、あくまで「キリスト教の神」、であって、神じゃない。

だから、別に信じても信じなくてもあんまり意味が無い。

186 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:31
>>184
聖書を偏見なく読めなおせたらいいね。
イエスは、どうやって弟子を見出したんだろうね。

187 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:31
>>183
なぜ、外に出される者たちがいる?黙示録22:15


188 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:32
>>177知らん人も一緒。
というか、知ることができない=救済の枠外を自ら選んだ。
という理解。
カトは有り得る可能性があるかも試練という立場だが。

189 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:32
神の概念が定義されん中で、絶対神を語るやつはこっけいだな

190 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:32
>>185
異端思想です。神は万物の創造主。

191 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:33
>>185そう。所詮は八百万の神の一柱。ということさ。

192 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:34
>>187
だ・か・ら
何度も言うけど、拒否と無知は違うよ。
知らないものに関しては、なんの信心も見解もありえないでしょ。
知らされる、ってことが、神の介在でしょ?
それを受け入れるかどうか、ってとこで、自由意思とかの問題になるんだって。
でも、その時には既に、神の介在があるでしょ。

193 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:35
>>191
勝手に自作自演してろ!ハゲ!


194 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:37
>>193
おい、なんでネストリウス異端のサロメを放置する。
早く答えろ。

195 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:38
いたん 【異端】
その時代の大多数の人から、正統と認められているものから外れているか、それに反対する立場であること。


福音派のことじゃん


196 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:38
>>192キリスト教の世界では、無知と拒否は同じ意味なのさ。

197 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:39
>>196
違う。

198 :或る福音派信徒 ◆byBwOqLPB6 :03/10/27 03:41
>>196
世界に福音が伝えられている今では言い逃れはできない。

199 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:41
>>197残念ながら、知らない=滅ぼされる存在である。
それは拒否したということと同じ意味なんだよ。
この部分についてはね。

200 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:43
>>198
あなたの周りにいる非キリスト者が、聖書やキリスト教を
キリスト者と同じ様に知っている?
内容を知らなければ、知らないのと一緒。
福音派を名乗るわりには、福音の意義を解ってないね。

201 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:43
>>198

福音派の割合がどれだけだと思ってるんだおまいは

202 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:44
>>199
違う。

203 :潜伏中の・・・・ ◆vv2BAZrCWs :03/10/27 03:50
>>201
そういう問題ではない。福音はイエスと使徒の言葉。

204 :名無しさん@3周年:03/10/27 03:53
と、信じてるだけじゃん

205 :名無しさん@3周年:03/10/27 11:20
>>1
犯した罪は償わなければならない コレはすべての宗教でいえることですよね

この時点ですでに間違い。
キリスト教では予定説を説いています。ここが、キリスト教の不可解でそして
おもしろい所なんだけど。

したがって、少なくともキリスト教では神の国に入るかどうかは犯した罪とは関係
ないんだよね。>>1よ安心せい。


206 :名無しさん@3周年:03/10/27 11:22
歎異抄も予定説のようなことをいってるよね。
弥陀の本願を妨げるほどの悪はないし、悪人こそ往生できるんだから
>>1よ安心せい。

207 :名無しさん@3周年:03/10/27 11:33
そもそも、説教や布教のための方便として地獄というものを想定してあるが
本当に地獄というものがあるとしているのはコーランだけ。(メジャー宗教
限定の話ですんません)

従って、イスラムにならないなら地獄には落ちない>>1よ安心せい

208 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 11:40
>>207
イスラームでもありません。
何故ならば、神は聖クルアーンの前編である聖書は、そのような教えが
全能の神の『心に上ったことはない』とはっきり述べています。―エレミヤ 7:31; 19:5; 32:35。
聖クルアーンで述べられている「火」は滅びの象徴です。
そもそも慈悲あまねく慈愛深き神がそんなことする筈ないでしょ。

地獄
http://www.bbie.org/japanese_text/04/0409.html
キリスト教世界は神と聖書を裏切ってきた
http://www.watchtower.org/languages/japanese/library/pr/article_04.htm
地獄
http://www.bibleinfo.com/Asp/DisplayFullText.asp?BTopicID=2234
What Has Happened to Hellfire?
http://www.watchtower.org/library/w/2002/7/15/article_01.htm
The Truth About Hell: No Torment
http://www.dawnbible.com/hell.htm
Where are the Dead?
http://www.bibletoday.com/booklets/ward.htm

209 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 11:50
日本語崩壊。。。訂正

×何故ならば、神は聖クルアーンの前編である聖書は、
○何故ならば、神は聖クルアーンの前編である聖書の中で、

210 :名無しさん@3周年:03/10/27 11:51
>>207

仏教でも、地獄界に輪廻転生しちゃうことがあるのでは?

211 :名無しさん@3周年:03/10/27 11:54
>>210

たしかにそうだね。でも色即是空空即是色。存在するものは何もないとすれば
地獄界も無い。すべては空じゃ。>>1よやはり安心して良いぞ。

212 :名無しさん@3周年:03/10/27 11:56
>>205
おいおい、それはカルヴァン派だよ。

213 :アリウスの逆襲 ◆AMEN/5fCvA :03/10/27 14:37
「彼らは、神の僕モーセの歌と小羊の歌とをうたった。
 「全能者である神、主よ、あなたの業は偉大で、驚くべきもの。
  諸国の民の王よ、あなたの道は正しく、また、真実なもの。
  主よ、だれがあなたの名を畏れず、たたえずにおられましょうか。
  聖なる方は、あなただけ。すべての国民が、来て、あなたの前にひれ伏すでしょう。
  あなたの正しい裁きが、明らかになったからです。」」(ヨハネの黙示録15:3-5)

すべての国民が、来て、主の前にひれ伏すらしい。。。
やっぱり皆が主を受け入れて救われるんじゃない?

214 :名無しさん@3周年:03/10/27 14:49
ある程度、考えるヒントにはなるのでは。
私が見た驚愕のHPです。
信じる信じないは自由ですが、信じた方が人生には有益です。


神秘の風(霊界探訪記)
http://www5e.biglobe.ne.jp/~shinbi7/index.html

ぜひお勧めします。一度ご覧になって下さい。









215 :名無しさん@3周年:03/10/28 00:49
>信じた方が人生には有益です


これを抜けばよかったんだがな。

216 :&lro;:03/11/04 21:52
 

217 :&lro;:03/11/12 23:57
 

218 :名無しさん@3周年:03/11/17 20:55
>天国行きと地獄行き・罪と罰について

死後もこの世と同じさ。この世での出来事が今後の来世に結びつき、人は死んだら必ず生まれ変わる。そしてから楽するか苦しむかだ。来世で楽すれば天国。苦しめば地獄。

219 :名無しさん@3周年:03/12/15 23:01
アリウスの逆襲さんへ

>>208についてですが
イスラム圏の人々は地獄の存在は死後の世界として捉えていないという
ことなのでしょうか?

220 :名無しさん@3周年:03/12/20 08:16
age

221 :名無しさん@3周年:04/01/10 07:16
天使館ホムペ
http://homepage.mac.com/tlig/tenshikan/top.htm
2003.12/23 らんぷのあぶらシリーズ5「垣間見た永遠の世界」刊行
NEW!
シスター・ファニー・モイスィーバの手記は今から70年ほど前に書かれたものですが、原文のロシア語からスペイン語、更に英訳され、世界の多くの読者に深い感銘を与えてきたものと思われます。
今回、日本の読者に英語版からの翻訳をお届けし、出来るだけ多くの方々にこの貴重な体験記を読んでいただきたいと願っています。
この手記は「ダンテの神曲」にも比すべき価値があり、「ダンテの神曲」ではベアトリーチェが案内役として、地獄、煉獄、天国をダンテに見せ、その様子が詳しく描かれていますが、
モイスィーバの場合は、9日間の意識不明の状態の中で、生前聖人の誉れ高く、天に召された伯父が地獄、煉獄、天国を案内し、モイスィーバはその驚くべき実態を見せられます。
一度は死体安置所へ運ばれた彼女が、9日後に生き返って綴った手記はまさに類まれな、かつて歴史上誰も実際に体験したことのない記録と言っても過言ではないでしょう。
アドリアン・ブルメン神父が推薦文の中で、「死と神の審判、地獄、天国のような事柄を虚構として軽々しく扱う今の社会において、あなたの著作は、多くの霊魂に大変に益するものと思われます。」
と書かれていますが、21世紀の現代においても、モイスイーバのこの記録は多くの霊魂に大きな益を得させることでしょう。




222 :1:04/01/16 02:03
天国がどんなとこか知りたいひとはどうぞ。

天国の幻リベカ・スプリンガー 全訳

http://www.hotcafe.to/~akaibara/ai0/daily/dailymight/tengoku/rakuen1.htm

223 :名無しさん@3周年:04/02/25 18:40
童貞で死んだやつは天国逝き

224 :名無しさん@3周年:04/02/25 18:42
終生童貞を誓って死んだ或る福はそれでも地獄逝きだって(;_;)シクシク

225 :名無しさん@3周年:04/04/07 00:49
泣くなよ

226 :名無しさん@3周年:04/04/28 18:35
死んだあとのことなんてどうでもイイジャン

227 :安西先生:04/04/28 19:05
死んだらそこで試合終了だよ

228 :名無しさん@3周年:04/05/10 02:50
天国・地獄について考える上で避けて通れないのが、善・悪だよね。
ログ見ると善悪=価値観に過ぎない。って言ってる人がいるけど、
これは側面に過ぎないよ。
善悪の最小の基準は、個が他を故意に傷つけない事。
そしてそれを認知しているかどうか。じゃないかな。
ようは「基準」なんだよ。
信号に例えればわかるけど、赤=悪 青=善。
善悪なんて人間の決めたもの。なんて、信号の赤・青は人間の決めたもの。
っていってるのと一緒。そんなの当然な事だよ。基準に過ぎないんだから。
んじゃなんでいけないのか。それは人様に迷惑かけちゃいけないから。
もっと細かくいえば、人に苦を与えてはいけない。って事でしょ。善悪なんて単純な話。
そしてその基準は他人が決める事。間違っても自分で決める事じゃない。

229 :名無しさん@3周年:04/05/10 03:01
そして天国・地獄は、善悪の判断ができる人間故に存在するもの。
なんていうか、天国も地獄も「場所」っていうより「心」って感じ。

神様や仏様も、何かの人物・物体じゃなくて、自分の心そのもの。
だから、いるもいないも自分次第。
在るか無いかで考える物理的な事じゃないと思うから。

嬉しい。とか、悲しい。とか、そういう気持ちを自分にも他人にも大切に持ち続ける。
これって人間だけに与えられた特権だし、結局すごく単純で重要な事なんだと思う。

何かオッカムのかみそり的な話になっちゃったけど、俺が思うのはこういう事です。

230 :名無しさん@3周年:04/05/10 08:12
「悪事を働くと地獄」であるならば、
「善い行いをすると天国」だと考えるのが普通。
よって多くの人が誤解しているが「生前に悪事をしなければ天国」...ではないと思われる。
では生涯無宗教にて大した犯罪も犯さずに平凡に生を全うした人間はどうなるのか?
天国に行くにはおこがましく、地獄に行く程の悪人でもない、大多数の人間の魂はどこへいくのか...。


231 :名無しさん@3周年:04/05/10 09:39
いやー死んだら意識が消えて終わりでしょ

232 :名無しさん@3周年:04/05/10 14:20
>>230
とりあえず学校みたいに進級制の方針をとってるみたいだね。
この世は保育園で、死んだら小学校(XX界)、成績が良かったら中学校(YY界)…みたいに。
一定の成績を保っていれば進級できるし、成績が悪ければ落第。
この世もあの世も人生の学校

233 :名無しさん@3周年:04/05/15 03:28
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~touzoku/newpage104.htm

ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~touzoku/navi1.htm



234 :名無しさん@3周年:04/06/23 00:36 ID:R1QIOmlY
犯罪者の死後は?

235 :名無しさん@3周年:04/06/23 00:53 ID:TCWObBvY
罪とは何デスカ

236 :名無しさん@3周年:04/06/23 01:01 ID:RrcjWBCH
たぶん、いい世界でないところだ
別の星へ生まれ変わりなら奴隷じゃないか?

237 :名無しさん@3周年:04/06/23 01:30 ID:mvWLu3zG
仏教は「犯した罪は償わなければならない」なんて説いてないな

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)