5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天国行きと地獄行き・罪と罰について質問

35 :名無しさん@3周年:03/05/13 23:09
天国について質問。

@知性は生前のままか。それとも自我は無いのか

A仮に知性が生前を反映しているとして、生前のその人物の、概念・認識上の誤謬はどのように矯正されるのか。それを拒んだらどうなるか。

B、Aと関連して、主義主張・信念・道徳・概念などなどに隔たりのある多様な人が、しかも時代の格差を越えて天国で共存することになれば、
地上でもそうだったように天国でも闘争・悪口・嫉妬・差別などが発するのではないか。

B+ それとも生前とは違う人格にはじめから改造されているのか。(その場合、Cとほぼ同じ疑問が生ずる)

C、@の答えとして、「自我が無い」のなら、その場合「死後天国へ行く」ことが本当に可能か。
言い換えれば、“幸せな世界”を自覚する主体が残っていないのに、それを“幸せな世界”と呼べるのか。
もし自覚し得る主体があるにしても、人格・概念認識など否応無しに改造されてから天国に入る(B+を参照)とするなら、前述のとおり同じ疑問が生ずる。

D、B+を前提にすると、地獄行きには正当な根拠がないのではないか。
つまり、天国へ入る者に意識の改造を施すのなら、生前の極悪人にも同じことができるのではないか。

上記すべてに関連して、なお次の疑問が残る。

E天国・地獄にみんながいずれ行くのなら、なぜ人間は地球で生まれるのか。
また人を分けるのなら、その基準を教えてくれないのか。

※仮に『聖書』とか「イエス」が教えてくれているとして、それならなぜ概念や解釈を時代によって変えるのか。
たとえば第19世紀を通じて、民主主義的平等を「神聖なる君主制・身分制を脅かす悪魔の手先」と公然と非難していたのはどこの誰か。
歴代法王である。

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)