5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【撫斬り】日蓮正宗系の教義を徹底検証!その2

1 :名無しさん@3周年:03/06/05 00:34
前スレ http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1048479137/

2 :名無しさん@3周年:03/06/05 01:00
終了

3 :名無しさん@3周年:03/06/05 12:06
まだ続くの?
アホンダラは暇人だな。
仕事をサボって2ちゃんばっかりよくやるよ。
休憩中にやるのは自由だが、明らかに業務中のカキコがあるから笑える。
上司に見つからないようにコソーリやれよ!


4 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:06
こちらが疑義を提出しても、対論者側からは的外れな迷答か痛くも痒くもない紙飛礫程度のものしか
返って来ませんが、まあ今後ともよろしくです。

5 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:08
>>3
>上司に見つからないようにコソーリやれよ!
生憎私の上に誰もおらんでのう(笑)。


6 :名無しさん@3周年:03/06/05 12:09
>>4
>こちらが疑義を提出しても、対論者側からは的外れな迷答か痛くも痒くもない紙飛礫程度のものしか
>返って来ませんが、まあ今後ともよろしくです。

確かにこの書き込みでは誰もマトモに相手しないだろう。
正宗系ではないからどうでも良いが。

7 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:12
>>6
>正宗系ではないからどうでも良いが。
どうでも良いことにご丁寧なお書き込み、さぞお骨が折れるでしょう。ご苦労様です(笑)。



8 :6:03/06/05 12:20
ざざーっと見ていたら面白い(異色な?)レスを見つけた。

147 :なんちゃってハマー ◆NtZZMSdbhE :03/05/12 00:23
>>128
>OKOK。
>先ずは俺様は仏滅云々については詳しくは知らん。
>とりあえずその辺りはMANの主張を取る。
>でもって、お釈迦様は「末法の人はとにかくドウシヨウモナイ人たちで、
>法華経を説いたが為に酷い目にあわされる。」(趣意)
>と説かれている。
>そこで”法華経”を説いて法難にあった人で逝って見よう!(W
>しかし、冷静に考えるとまたまた俺様は、その辺りの”人師・論師”
>の事は詳しく知らんので簡単に”三国四師”(字あってるか?)
>だけで考える事にする。


9 :6:03/06/05 12:20
8の続き

>お釈迦さん=”ブラボー!”と賞賛され、色んな国で取り入れられる。(趣意)
>天台大師=”グラシアス!”と賞賛され、当時の中国の国教となる。(趣意)
>伝教大師=”マンセー”と賞賛され、後に比叡山を建立される事を許される。(趣意)
>また、法華経を受け入れらた事に対して「ちっ、末法はまだだったか残念!」(趣意)
>の御文を残されている。
>大聖人=”貴方がたの宗教は間違っている、法華経を信仰しなさい”と発言、
>当時の権力者にエライ目にあう。(趣意)
>また、その事によって「やっぱり今が末法だったか」と確信し、上行菩薩の自覚をする。(趣意)
>故にその時が末法であったと。(W
>こんな感じだが、どうだいベイベー?
>あくまでも”俺様の私見”(わずかな知識の寄せ集め&思いつき)
>だから細かい事は気にすんな!
>ひょっとしたら他の法華講MENが知ってるかもな。
>まぁ、詳しく知りたかったら直に聞いてみな!
>気が向いたら答えてくれるかも。
>OK?

ハマーって面白い時はすごいな!
頭が堅いレスの中だから余計に目立つ。
つまらん時も確かにあるが。
で、この後進展したの?
しばらく見たけどスルーされたって感じだったけど??


10 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:23
>>8-9
とっくに回答済み、スレは丁寧に読みましょうね。

11 :名無しさん@3周年:03/06/05 12:25
>>8-9
ハマーさんは面白いとは思うが、議論にはならないよ
スルーでいいんでない?

12 :6:03/06/05 12:31
読もうと思ったけどゴチャゴチャしすぎ!
250あたりまで読み飛ばしたんですが、まだ見つかっておりません。
法華講員(?)がマターリしているのは確認しマツタ。

休憩時間が持たないんでとりあえずスルーって事で。



13 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:37
>>11
同感ですね。語り口は面白いとは思ったけれど議論は成立しそうにない。
>>12
>法華講員(?)がマターリしているのは確認しマツタ。
その後、議論が進むとほとんど去って行きましたが。


14 :6、でもって途中の感想(?):03/06/05 12:42
>>10
レスって言うよりも訂正していたみたいだね。乙!
>>11
本人、途中でサジ投げていましたね。短期間でのレスの多さと読みにくさに。
確かにすごく読みにくいです。
2ちゃんねる全体に言える事ですが。

400台ぐらいまで読み飛ばしましたが、疲れマツタ。
また名無しに戻るのでよろしくデツ。


15 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:45
都合の悪い論題になると「猊下様にお伺い」云々と言って遁走する。「浅井センセイに聞いて来る」と言った
まま帰ってこない顕正の連中と、同じパターンを踏んでますな。もっともこちらはその「猊下様」のコメント
を書き込んで差し上げたのですがね。

16 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 12:57
信仰を同じくする集団の中だけでしか通用しない「猊下様」や「先生」のテクスト解釈権やその権威を持
ち出されても、私ら部外者に対しては何の説得力も持ち得ないのですけどねえ・・・。

17 :名無しだけど6:03/06/05 13:01
前レスの359でハマーなりのまとめがあり読み飛ばしてマツタ。
あんな感じで良いんじゃない?
他の正宗系(法華講員?)の反論も無さそうだし。
といっている間に休憩終わり!
仕事に戻りマツ・・・。


18 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/05 13:07
>>17
典拠なし、教証なし。その上論理が循環しています。ご本人や信者は安心できるかも知れません
が、説得力まるでなしです。よってスルー。


19 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/05 13:33
>>16
そうなんですよね。彼らの話す内容は自己納得の世界観。対外的に他者を納得させる
内容ではないですよ。

例えば前スレでもあげた、興師のご本尊問題。このご本尊集、岡山の興風談所が、出版
したんだけど、これを見た正信会の人達、だいぶ変わりましたよね。

興師のご本尊自体が七箇相承通りに書写されていなかった、という事実。あちらでは
かなりの衝撃を持って受け取られたんじゃないでしょうか。こちらはある程度機知のこと
ではあったんですが。

教義が先行しているから、現実とのつじつまが合わなくなる。自分たちの教義にほころびが
出来ると自分たちだけが納得するつじつまあわせを彼らはする。これは彼ら独特の思考方法
なんですよ。

20 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/05 13:41
法太郎を扇動するとよくそれがわかるんですよ。例えば彼は僕がなにかいうと
”家中抄の読み方には自分が注意をするように以前に言った”とか言う。

ま家中抄なんつーのは俺たちからすると異流義文書。内容的にも内部でも
異論がある。そういういわく付きの文書なんだけど、彼らは都合の悪い部分は
”読み方がある”といって逃げ、対外的には都合のいい部分だけを欺瞞的に
コジツケ、引用して反論してくる。

法太郎なんかはその最たるものでしょう。当然彼一人ではないから、背後の人達
がそういう欺瞞的解釈をしているのが推し量れる。

まあ正宗全般的にその傾向が強い。だから彼らには彼らをギャフンと言わせる
方法が実はあるんですね。それは正宗側から出ている文書をつぶさに精査していって、
それぞれの矛盾点を抽出していくこと。

21 :名無しさん@3周年:03/06/05 13:45
>>20
ここでも喧嘩が始まりそうな予感・・・。

22 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/05 13:51
まあこれは極論なんだけど彼らの場合は現実世界より教義が先行している
特徴があるわけです。

現実にこういう像やご本尊やお書き物があるじゃないか、つっても彼らは
絶対納得しようとしない。

ジーーーーーーッ!としばらく考えてから、現在ある教義とどう現実をすり合わせるて
いくかを彼らは考える。そういう思考パターンが彼らの脳内に出来上がっちゃって
いるわけですから、これでは真っ当な法論なんかは成立しなくなっちゃうわけです。

なんたって現実にある遺物や書き物より教義が先行していくから、現実世界の遺物を
否定するほうに回っちゃうから怖い。

宗教はどこも観念的なものだけど、現実世界を否定するような観念形態はカルト、と
呼ばれてもしょうがない、と私は思うわけですね。思考が完全に逆転しちゃっている。

ここに末法思想という一種危険思想的なものが結びついていくと、正宗系のような
広宣流布を扇動し、強行な折伏運動展開になっていく、という毒が発生するわけでして。

この毒が正宗系の血脈にはドロドロと流れている。(苦笑)

23 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/05 13:52
ここに末法思想という一種危険思想的なものが結びついていくと、正宗系のような
広宣流布を扇動し、強行な折伏運動展開になっていく、という毒が発生するわけでして。

この毒が正宗系の血脈にはドロドロと流れている。(苦笑)


24 :名無しさん@3周年:03/06/05 13:56
>>23
毒をドロドロ垂れ流しているのはモマエ。
お家へ帰りな!
鉄道のお話ししてないで。
ヲタさんがお待ちかねだぞ!

25 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/05 14:00
この正宗の毒、実は日蓮宗にもあった。しかしこれは戦後、日蓮宗は解毒する
方法を持ったわけです。やはりこれは戦前の反省からです。

正宗系ではこの毒、今一番持っているのが顕正会ではないでしょうか。浅井氏
独特の論理で末法思想と終末思想がまた絡み合いカルト化していく。
創価学会は、藤原氏の批判から少しずつ薄まっていくわけで、最近の会則変更を
見ると完全ではないけれど、その薄まる方向性に流れているわけです。
正宗にしてみれば教義的に学会が離れていく、と見ているんでしょうが、彼らは
自分たちの都合も含めてそういう方向性で行っている。

私はこれを”佼成会化”と創価板では呼んでいます。日蓮系の方ならこのニュアンス
がご理解いただけるのではないかと思うのですが。いかがでしょうか。

26 :名無しさん@3周年:03/06/05 14:11
顕正会・学会が離れて行った日蓮正宗ではあなたが言うところの”毒”は
相当薄れていると思うのですが?
強いて言えば妙観講ぐらい。
あそこは法華講ではDQN扱いですが。


27 :名無しさん@3周年:03/06/05 18:05
ハキリさんに質問
一、日蓮宗での入末法の見解は西暦1052年ではないのですか?
二、日蓮宗の見解では戒壇の大御本尊は偽物ということですか?
三、だとしたら大聖人出生の本懐の御本尊は何処ですか?

28 :名無しさん@3周年:03/06/06 00:20
age

29 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 02:05
>>27
教義上では今でもそうなっていますが、宗学上では違います。日蓮宗といっても合同門流
ですから門流によってまた違っていますね。国柱会は戦後になって1970年頃との
見解を示していますし。

ただいずれにせよ教義と宗学(歴史)は両建てで教えていますね。立正高校とか立正大学では。

2、については、文献学やその他の学術上の研究では戒壇本尊の真偽については一切の鑑定を
  正宗が拒んでいるので真偽未決です。他宗を十分説得できるような直接的証拠が提示されていない
  現状では認めるわけには行きません。こちらの教義上においても否定されていますね。
  ただ正宗はそれの正当性を主張しているので我々はその意思は尊重はしていますよ。

3、その出世の本懐、という文書の真偽も含めて疑義を持っています。

30 :名無しさん@3周年:03/06/06 06:49
ありがとうございます
ついでに
1.大野山本遠寺葵講での教義上の見解も教えてください
3.「聖人御難事」は偽書ということですか?

31 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 11:58
1、??基本的には仏滅後とかは教義上では同じですよ。大野山ではなく小西法縁
というのは大崎教学より一段階上のレベルの集団ですし、日蓮宗内富士派法縁と
比較してもずっと高いレベルにいますしね。基本的な部分では西野谷法縁とほぼ
同じだと思ってください。
3、まどうでしょうなあ。

32 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 12:25
>>26
逆ですねえ。顕正会にしろ創価学会にしろ彼らの毒素の発酵元は日蓮正宗の
教義に元ずいているわけですから。

現象的には顕正会も学会も枝葉末葉で、幹は日蓮正宗なんですわ。

ダメですよ。そういうのは欺瞞です。

33 :名無しさん@3周年:03/06/06 16:38
キリスト教の一部がカルト化しているのも大元のキリスト教のせいか?
日本のカルト宗教も日蓮系の教義を使うこともあるが、それは日蓮宗のせいなのか?
あんたの意見は言いがかりじゃないか?

破門された香具師らは知ったことではないが。

34 :ハマーラヴ!:03/06/06 16:50
>>18
あほんだら野郎、思いっきり”ハマー、スルー宣言”かよ!
あほんだらとギグる前に”私見でOK?"と断りを入れて筋を通したのに。
一度認めておいてイキナリ変えるなんて酷い野郎だと思ったYO!
名前の通り本当に”アホンダラ”になったのかなぁ?
最初からハマーを避けていたように見えるし。
無 視 す る な ら 最 初 か ら 断 れ よ !
って感じ。
ハマーが見たら傷つくだろうなぁ・・・。


35 :名無しさん@3周年:03/06/06 17:02
波木井さん
古い話で恐縮ですが
>龍の口なんて日蓮宗が作り上げた「おとぎ話」だよ。
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1043118779/
刀が折れた云々、はいざしらず、「光り物」のこともそうなんですか?


36 :35:03/06/06 17:13
調べました。
『種種御振舞御書』
偽作説の主たる根拠は本御書の内容によるようである。この点を浅井要麟教授の
記述をかりてその要点のみを述べれば次のようである。
本御書の叙述においては、聖人が法華経の行者として自己の抱負・威嚴・矜持を
語られる態度が、聖人みずからの口吻でなくて、聖人を崇敬するものが若干の
主観を交えて聖人に代って大言壮語するという態度が見える。
また誇張せられた事蹟・奇蹟に関する記述が多く、そのうちあるものは、他の
確実視される御書における記述と齟齬している。また所々に芝居がかった記述が
見られるが、これも聖人の人格にふさわしくないように見受けられる。
これらの事がらによっておそらく本御書は偽作であろうと推定されるのである。
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/syoho/syoho32/s32_086.htm

37 :名無しさん@3周年:03/06/06 20:25
慧妙の法太郎氏の投稿を読みますた。
長文なのでここに転載するのは面倒なので、興味ある人は買って読んでくれ。
ハキリに対する面白い指摘がいろいろあるが、ハキリの過去の発言のことを紹介していたので、それを転載する。

==============

この波木井坊なる者は、以前に、戸田城聖が大石寺に所属する前には、北山本
門寺に所属を願ったが断れれて大石寺に行ったとか、日華事変を起こした日蓮
宗の石原完爾の責任を感じて、国柱会がヒトラーを呪殺した、とか書き込んで
笑い者になった経歴を持つのである。これ以上、脳味噌が漏れないように、厳
重に注意すべきであろう。

==============

・・・ハキリ様って面白い。

38 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 20:28
>>33
そういうのを言いがかりと言うんだよね。前スレで日蓮宗にもそういう毒素はあったが、
戦後解毒薬で解毒していると書いているでしょ。

>>35
はい、御伽話。日蓮宗の作った。学会までもがこの御伽話に乗っかって最近龍の口竜口寺の
裏手に会館を作ったようですね。

馬鹿馬鹿しいと思いませんか?なんらかの政治的取引があった、と考えるほうが自然。
宿屋入道や源氏系が北条氏になんらかの取引を持ちかけたんだと私は考えていますよ。

39 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 20:31
>>37
法太郎は何も知らないんだよ。当時の北山山務員の早坂師がこれを書き残して
いる。創価教育学会が北山に来た一連の話を記したものが本として出版され
最近興門研究会から再販されているよ。

俺は早坂師が晩年、この話をしているのを聞いたことがある。北山はいまでも
これが語り草になっていて北山の自慢話のひとつになっているぐらいなんだがね。

40 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 20:34
>>37
その本を手に入れたい、というのなら鎌倉の興門研究会の高妻氏に問い合わせ
でもしてみたら?16日までは出張ででているそうだから、17日以降に問い合わせ
すればすぐにその本送ってくれるでしょ。

41 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 20:35
>>36
ま、その通りでしょう。現宗研も『種種御振舞御書』 については偽書として
見ていますね。

42 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/06 20:38
>>34
議論のテーブルに乗らなかったのはあちらさん。そこまで面倒見切れませんね。ところで
何の義理もないはずなのに、えらくご立腹なあなたさんはどちらさん?


43 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 20:45
調度いい。
創価教育学会の牧口さんや戸田さん、最初は、日蓮正宗ではなく、本門佛立宗(講)
に興味があったようで、戸田さんは本門佛立宗に檀家記録が残っているそうです。

創価教育学会は、彼らの教育論をどうやらお題目の伝播力に載せて広めたかった
ようです。そこでいろいろな宗派を歩き回った痕跡があるんですよ。その中に
北山があった。当時この応対に出たのが10数年前に亡くなった早坂師で北山の
山務院に勤務していました。早坂師の出家・得度は日蓮宗ではなく日蓮本門宗で、
嘘をつく必要のない人です。この本は正確に名を興門刊行会というんでしたっけ。

そこからこの経緯が書かれた書物が復刻されていますので、ご興味ある方は
一度ご一読ください。

44 :名無しさん@3周年:03/06/06 20:59
.「聖人御難事」は偽書ですか?

45 :名無しさん@3周年:03/06/06 21:11

ハゲは↓↓↓↓↓↓こっち。ズラのくせに真面目な話をするなよ、気持ち悪いじゃないか。

http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1054622529/l50

46 :名無しさん@3周年:03/06/06 21:28
自分は別にどっちでもない人間で、興味本位でROMってたけど
阿呆陀羅經氏は正宗及び正宗を擁護する人間にはひどく嫌な話し方を
するね。相手が丁寧に話してても。
その点波木井坊氏はその辺関係無しに、相手の対応に合わせて
話し方を変えてる。エライなって思ったよ。
人間的に阿呆陀羅經氏はちょっと問題あるんじゃないの?

47 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/06 21:35
>>46
>正宗及び正宗を擁護する人間にはひどく嫌な話し方をするね。
論議をするのに論難口調になるのは当たり前。まあ嫌に思う思わないは読む人の
思考バイアスの問題もあるでしょうがね(笑)。しかし、ろくな対論も出来ないのに人格
攻撃とは情けない限りですな。私もあなたの相手をする理由も義理もないので以後
スルーします。


48 :名無しさん@3周年:03/06/06 21:53
>>47
気を悪くさせちゃったみたいだね。
でも論難口調になるのは当たり前ってあなた対面で論議したことないの?
学会(創価ではないよ)での質問などでも度々論難を加えてくることもあるけど
丁寧な話し方でないと相手にされないっていうか、皆丁寧。
あなたの場合は論難口調っていうより、人を小ばかにしたような口調だよ。
それじゃ、あなたとの論議なんてしたくなくなるんじゃないかな。
しっかり論議する気なら言葉使いには気をつけた方がいいよ。
自分は議論するつもりがないから、こういう口調で話してるけど。
人格攻撃と取るか、そういう見方もあるのかと自己を省みる材料とするかは
その人の器の違いだろうね。

49 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/06 22:35
>>48
もう少し相手にして進ぜよう。
>でも論難口調になるのは当たり前ってあなた対面で論議したことないの?
ええ、いくらでもありますよ。正宗系に限って言えば、相手が余りに間抜けで議論にもなりませんで
したね。 もちろんこちらは慇懃丁寧に接して差し上げましたよ。終始傲慢無礼な言辞を用い、興奮
していたのはあちらの皆さんでしたが。
>あなたの場合は論難口調っていうより、人を小ばかにしたような口調だよ。
あなたが小馬鹿にされたとお感じなら、お気の毒でした。何も不愉快になるためにここに来る義理も
必要もないでしょう。
>それじゃ、あなたとの論議なんてしたくなくなるんじゃないかな。
嫌なら無理に議論する必要はありませんし、私はそれを強制してもおりません。むしろリアル状況で
無意味な電波話を、こちらに長々と聞かせたのは正宗系の皆さんでしたが・・・。
>自分は議論するつもりがないから、こういう口調で話してるけど。
議論をするつもりがない人と、こちらもお話する必要は何もないでしょうね。
>人格攻撃と取るか、そういう見方もあるのかと自己を省みる材料とするかは
>その人の器の違いだろうね。
発言の責任を取る態度もなく、物陰からくだらない紙飛礫を投げるような輩に、人格を云々される謂れ
は無し(笑)。では、ごきげんよう。


50 :名無しさん@3周年:03/06/06 22:48
>>49
スルーするんじゃなかったの?(藁

51 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/06 23:23
まあ正宗の僧侶からしてそうなんだ。

電話してみりゃわかるが、こちらが丁寧な言葉と態度で接しても”失礼だ”とコキやがる。

学会もよくあんな態度の連中と半世紀も我慢していたねえ。

52 :名無しさん@3周年:03/06/06 23:41
>>51
藁。
慧妙編集部の人が呆れかえってたぞ

53 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/07 00:19
ああそうかね。

偽名を名乗る人に何言われようがこちらは何も感じないよ。

54 :名無しさん@3周年:03/06/07 00:36
>>42
>議論のテーブルに乗らなかったのはあちらさん。そこまで面倒見切れませんね。
”議論のテーブル”とか言ってるけどハマーは稀にだけどレスってなかったっけ?
どちらにせよ、”スルー宣言”しちゃっているから、アンタ的にはどうでもいいんだろうな。

>ところで何の義理もないはずなのに、えらくご立腹なあなたさんはどちらさん?
HNからいってハマーのファンだろう。
って優香、気がつかなかったの??
それぐらい見て取れよ。(W

55 :名無しさん@3周年:03/06/07 00:56
>>42
>議論のテーブルに乗らなかったのはあちらさん。
ハマーのテーブルに乗らなかったのは藻前さん。
おわかり?


56 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/07 01:08
>>53 波木井坊さん
しかし、ここで間抜けな紙飛礫を投げてくる連中は、ひょっとすると正宗系シンパを装いなが
ら、その品位と評判を失墜させようと目論むアンチ正宗系なのかもしれませんね(笑)。


57 :名無しさん@3周年:03/06/07 01:20
正宗に批判的な発言や発言者に対しての工作活動が露骨だな。

波木井坊は変人?(波木井タンゴメン)かもしれないけど、
基地外認定するのが当然って方向へ誘導するのはねぇ、、、
反日左翼のやり口と一緒だぞ。
彼を叩けば叩くほど、必死さがミエミエなんだけど。

58 :名無しさん@3周年:03/06/07 01:24
>>57
法華講のコテハンはハキリ氏に好意的だよ。
知らなかった?
変な言いがかりはやめていただこう!

59 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/07 01:37
まあ実際僕に接触してくる法華講員さんはそうなんだよね。

60 :名無しさん@3周年:03/06/07 01:52
>58
それも誘導だ罠

61 :ハマー・ラヴ!:03/06/07 14:45
>>42
スッゲーな、あほんだら野郎!
開き直りかYO!
その辺りが藻前の限界だろうな。
そんな態度だから名無しーズの反感買うんだぜ、ワカランだろうが。
人の苦言を”間抜けな紙ヒコーキ”というのなら、藻前の全レスも
その”間抜けな紙ヒコーキ”って事になるな。
藻前は底が知れた。
一生オナニープレイで満足してろ。


62 :ハマー・ラヴ! 2:03/06/07 14:52
>61
藻前も反感かってるZE!
やめろ みっともない

63 :ハマー・ラヴ!:03/06/07 14:56
>>62
OKOK。
同じハマーファン見たいだから、意見ありがたく頂戴しよう。
苦言、サンキューな!

とりあえずハマーの香具師が言う、オーディエンスに戻るぜベイベー。
あほんだらがまた何か言ったら現れるかもしれないがな。
アバYO!

64 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/07 16:23
>>61
提出された疑義に対して何の論駁も出来ないのに、無意味な発言を重ねることを紙飛礫と
いうのですよ。では、ごきげんよう。

65 :61:03/06/07 16:24
>>64
                 ┌─┐
                 |も.|
                 |う |
                 │来│
                 │ね│
                 │え .|
                 │よ .|
      バカ    ゴルァ  │ !!.│
                 └─┤    プンプン 
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎




66 :ハマーラヴ!3:03/06/07 16:42
>>64
あんたの意見を取り入れてその上を逝ってたんだろう?
言いかえると”毒入りの食事を用意していたら、ちゃぶ台をひっくり返された”
その後ズーッとスルー。
そんな印象だったよ和紙笛には。
言うことは言ったので後は>>65と一緒。
バイナラ。



67 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/07 17:03

>>66
> あんたの意見を取り入れてその上を逝ってたんだろう?
事実誤認&教証なし&典拠なし&論拠なし&論理循環の文章を読んで納得できるとは
大したお方ですな(笑)。まあ>>18に付け加えることはあまりありませんがね。それでは、
あなたもごきげんよう。

68 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/07 17:05
まあ、自分では何の反論も論駁も出来ないで、他人のレスに取り縋って紙飛礫を投げてく
る。情けない限りでした。

69 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/07 18:22
詰まった時の学会員と大石寺信徒はいつもそうなんだよね。

70 : ◆JBLfMwCXhY :03/06/07 18:31
日蓮正宗、敗れたり!

71 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/07 18:36
JBLとはまた粋な。

タンノイやJBLってなんか懐かしい・・・。

72 : ◆JBLfMwCXhY :03/06/07 18:36
法論もできないで逃げの一手とは情けない!

73 : ◆JBLfMwCXhY :03/06/07 18:37
ハキリさんはオーディオファン?

偶然こーなっただけですが・・・

74 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/07 18:43
昔ですよ。
静岡県人なのでやっぱYAMAHAひいきで。次はDENONかな?(藁)

CDになる前はかなりオーデイオにはこりましたですハイ。最近のオーデイオ
はつまらないですなぁ。

75 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/07 18:43
まあ夕飯なのでそろそろ落ちますねでわ!(^^)/

76 : ◆JBLfMwCXhY :03/06/07 18:46
お疲れ様〜

77 :名無しさん@3周年:03/06/07 19:03
http://members.tripod.co.jp/taro55555/

栗山千明 小○生当時の発禁写真集。
コラじゃない本物です!!!!
*URLの間違いと、画像のリンクが切れてたのを修正しました!!
(夜中は繋がりにくいかも・・・)




78 :名無しさん@3周年:03/06/07 19:21
ハゲの溝口、見ぃっけ。
相変わらず暇そうだね、有限会社の代表取締役って。

79 :名無しさん@3周年:03/06/07 21:04
ハゲ!いつまで飯喰ってんだ?

80 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/08 00:30
 一寸最近、本職wの方で某浄土系カルトの方と(別板・別名で)やりとりして
ましてすっかり亀さんになってるうちに何時の間にか次スレになっちゃってます
が、阿呆陀羅經さん、そうですね。ヴァスヴァンドゥの『法華経論』は面白いと
思います。「悟り」と称される諸々の「著」に対する厳しい批判は、論師が、真のヨーガ
師であったことの証左じゃないでしょうか? 日蓮聖人も高く評価なさっていた(聖人は、
『仏性』論などにも言及されてますけど、何故かヴァスヴァンドゥの本職の唯識には、あま
り言及してない感じがします。若しかして苦手だつたのでしょうか?あと、日蓮系では、『
法華経論』の評価はどうなんでしょうか? 曹洞宗の方が重要視しているような。で、少なく
とも同じ世親菩薩でも浄土系の『浄土論』(『往生論』)に比べるとウェートが軽い感じがし
ますね。あくまでNBさんも御贔屓の『論註』あっての『浄土論』ですからね。『法華論』に
論註が無かったのは、残念ですね。まあ、NBさんもお勧めですが、充実した一乗思想と中国
思想色とか魅力は尽きませんので浄土系も日蓮系の方も一度読まれることをお勧めします。案外、
双方の双方に対する誤解を解く何かが見出せるかも知れません。

81 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/08 00:41
それと先日御遷化された茂田井先生が、日蓮系には『歎異抄』が無いのが、
『随聞記』が無いのが痛かったとして言いますが、『御義口伝』なんか、確
かに後世説の部分多いと思いますが、日蓮聖人や日興上人のエッセンスを掴ん
いる部分も多々あるので、日蓮系全体でうまくやってれば『歎異抄』や『随聞記』
が巧くまっていくでしょうにね。

82 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/08 00:47
>>81訂正
巧くまっていくでしょうにね→巧くなっていくでしょうに
痛かったと言いますが→痛かったと仰ってましたが


83 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/08 10:19
>>80
横レスですが。

大乗非仏説の仏教史観(それは近代社会の世界観と不可分ですが)の上からは宗派
どうしが絶対的な優劣・邪正を主張しあうような基盤って崩れ去っているんですよね。

特に、近代仏教学自身が大乗非仏説に対する決着を放置しているかのような現状
(大乗経典非仏説・大乗教理仏説。@宇井伯寿。みたいな)においては「カルト教義」
批判に仏教学的な研究を対置することにも慎重な配慮が必要だと思いますし。

現代においてはどの宗派教義でも「双方の双方に対する誤解を解く何かを見出す」
ことが必然的に他宗派・他宗教に対する根本的な姿勢にならざるを得ないと思います。

その意味で、「正宗(not正宗系w)」を自負される方々にこそ、そのへんもっと自覚的に
反省・検討を加えて欲しいですね。
(もちろん真宗各派僧俗や「某浄土系カルトの方々w」にも言えるんですけどね)

84 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/08 11:18
>>80
島国さん、しばらくです。
> 「悟り」と称される諸々の「著」に対する厳しい批判は、論師が、真のヨーガ
> 師であったことの証左じゃないでしょうか?
仰るとおりかと思います。ナーガールジュナやヴァスバンドゥなどの大論師の批判は、常にこのよう
な「著」に向けられていると考えます。『法華経』が批判するところも同じなのでしょう。またヴァスバン
ドゥの『浄土論』などのインド撰述の大乗経典註釈書がもっと読まれるようになれば、巷間に根強い
「俗流大乗非佛説」を様々な視点から克服出来るのではないかと考えるのですが。これら多様な示
唆に富む論書が、読みやすいかたちで流布することを願っています。

85 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/08 11:38
>>80
続きです。
> 何故かヴァスヴァンドゥの本職の唯識には、あまり言及してない
> 感じがします。若しかして苦手だつたのでしょうか?
天台の正統を自負する日蓮としては、最澄vs徳一の論争などの絡みもあって、唯識を積極的に
評価するのを憚ったのかもしれませんね。



86 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/08 13:32
島国さんお初です。いやたいへん参考になるご意見、波木井坊勉強させられます。
今後ともよろしく。

87 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/10 18:53
>>83
横レスに横レスですが(笑)。
> 大乗非仏説の仏教史観(それは近代社会の世界観と不可分ですが)
そうした「大乗非佛説」観は学的にも超克されつつあると思うのですが。電波男さんのような方々の研究
もそれに貢献しているのではないでしょうか。ただ、近代社会的世界観と無縁なところで「大乗非佛説」を
称えた富永仲基のような人物がいたことを考えれば、「大乗非佛説=近代の所産」とも思えないのですが。
> 「カルト教義」批判に仏教学的な研究を対置することにも慎重な配慮が必要だと思いますし。
ファナティックで排他的な教義を批判し牽制するためには、学的成果の提示も一定の効果があると思わ
れます。議論の公開性や客観性も維持しやすいですしね。
> 現代においてはどの宗派教義でも「双方の双方に対する誤解を解く何かを見出す」
> ことが必然的に他宗派・他宗教に対する根本的な姿勢にならざるを得ないと思います。
そのための具体的な動きが、あまり見られないのは遺憾とするところです。
> その意味で、「正宗(not正宗系w)」を自負される方々にこそ、そのへんもっと自覚的に
> 反省・検討を加えて欲しいですね。
同感です。教団内でしか通用しない論理を「真理」だと盲信する姿勢を何とかしてもらいたいものです。


88 :名無しさん@3周年:03/06/10 20:35
「大乗非佛説」は釈尊おひとりのみをブッダと認めるという前提で成り立つ。
ブッダが釈尊在世以前にも以降にも無数に存在するなら話は別。
今現在以降に新たな仏典が創作されてもかまわないことになる。


89 :名無しさん@3周年:03/06/10 20:48
>>88
趣旨不明瞭。どっちなんだ?

90 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/10 22:56
久遠実成の釈迦牟尼如来と釈迦族だった実在のシッダールタは別物という前提で
いくと展開が違ってくるのでは、と言いたいのではないでしょうか。
ま、この理屈でいっちゃうと幸福の科学になっちゃうんだけれども。

91 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/10 23:01
>>90
> 久遠実成の釈迦牟尼如来と釈迦族だった実在のシッダールタは別物
不一不異といったところかなあ・・・。この辺りから佛身論が展開されて行くんでしょうな。


92 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/10 23:04
>>87
>横レスに横レスですが(笑)。

って、スレ活性化対策てこ入れ釣りネタ。って感じですけど、阿呆陀羅經さんになら大喜びで
釣られましょうか(w
ただちょっと、今あんまり2ちゃんに入り浸っていれないので、とりあえずのポイントだけ
で、とりあえずご勘弁。あしたは入り浸ってみたいと、ガンバリます。

まず第一に「大乗/小乗」は基本的に定義の仕方の問題ですよね。そのへんは昔っから
「分通大乗」なんて言葉があったり、少なくとも鎌倉以前の諸宗(あ、三国含めて)には
割と意識されてたんじゃないでしょうか。
で、仏教学の研究法って、「大乗/小乗」の本質を見極めるというよりは、より厳密な
「定義」を構築することを目的としますよね。
「大乗非仏説」って、「大乗」を標榜していた既成仏教宗派のアイデンティフィケーション
が崩壊した。ってことでもあるわけで、仏教学的な研究によって、「大乗/小乗」の捉え方が
いくら変化しようとも、社会的な存在であるところの「大乗」教団のアイデンティフィケー
ションの失地回復には直結しませんね。
(ちなみに、明治2.30年代から大正にかけてはアイデンティフィケーションの失地回復に
哲学的基礎付けを持ってこれに代えようとする試み、あるいはその反対。いわゆる「根本仏教」
の主張とか。。つまり、仏教の本質を見極めるための試み。が多く見られますよね。仏教学者が
仏教学者の立場でもって社会的な発言をすることの多かった時代だと思いますが、これがいわゆる
「俗流大乗非仏説」の源流になるんだと思います)

93 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/10 23:05
で、第二に、「第一」に対する別の見方でもあるんですが、仏教の歴史を思想史的に把握する
ことはもちろん可能ですが、だからといって仏教の歴史は思想史的に形作られた。と把握する
ならば間違いですよね。
つまり、大乗非仏説には文化史(とりあえず文化史としときます)的な側面も考慮されるべき
だと思います。つまり「世俗化」の問題ですね。(ちなみに「世俗化」とは教会権威の失落を
指してます)分かりやすい例では「池田大作」「浅井昭衛」両氏のような「俗人」が日常世界
の中でカリスマ性(宗教的権威性)を獲得できるのは、やっぱり「近代」特有の出来事だと
言えるでしょう。

で、第三に、NB的には、近代社会の正当なカルト批判は「カルト」によって受けた「心の痛み」
のみを唯一の根底とすべきだと思います。つまり、同じ社会に日常生活を送り「カルト」と
なんらかの関わりを持つ者(持たされた者・持たざるを得なかった者)は、いわゆる「素人」
だろうが「玄人」だろうが、その批判の重みは等価に扱われるべきだと考えるのです。
だって選挙では誰だって(仏教学者だって)一票しか持ってませんし、(素人だって)一票は
持っているわけですからね(w
「カルト」とは、「カルト」と断罪された側が、断罪した人の「心の痛み」を謙虚に受け
止めて真摯な対話を開始することができるかどうかによって判定されるべきだと考えます。
逆に言えば「心の痛み」を受けること無し(あるいは、抜き)に、他者を「カルト」と断罪
しようとするものを「カルト」と言うことができる。特定の領域の学問的見識の有無なんて
ことは、なんらカルト批判の資格の正統性云々を規定するものにはなりえないと思います。
ですから、現代社会の仏教カルト批判に仏教の教義的知識・素養はどう関わるべきか。
については慎重さが必要だと考えるのです。まあ、「自法愛染故…」ですね。

94 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/10 23:05
>>88
「大乗とは何ぞや?」という根本的な問いかけをしてみるのも興味深いかも。


95 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/11 01:11
>>92
> スレ活性化対策てこ入れ釣りネタ。って感じですけど、阿呆陀羅經さんになら大喜びで
> 釣られましょうか(w
ネタっていうより、NBさんのレスを拝見していて感じるところがありましたので、ちょっかい(笑)を
出してみようかと。それと急ぎませんのでごゆっくりどうぞ。

佛教学には素人ですので大きな口は利けませんが、「厳密な定義」などの構築は学問的な目標ではありますが、ま
さにそれゆえに提出された成果に対して常に検討が加えられるという、アンビヴァレントな状況が伴います。「近代佛
教学」も同様の展開を遂げながら今に至るわけです。しかし、考えてみれば佛教の思想そのものも、ブッダ時代から
の長年に亘る真摯な議論と求道研鑚によって、絶えず検証され問い直され続けて来た経緯があり、その軌跡は膨大
な経典や論書となって眼前に山積しているわけです。私には「近代佛教学」の姿勢も手法こそ違え、この延長線上に
位置付け可能なことと思われ、別段特異なものとは考えません。また、近代における伝統佛教教団のアイデンティテ
ィクライシスに関しても、その主因を佛教学に帰する見解にも抵抗を感じます。その「近代佛教学」の牽引力となった
のは他ならぬ伝統教団諸派とその僧侶−村上専精師のようなトラブルも起りましたが−でありました。それよりもむし
ろ、信教の自由化による近世以来の寺請制度の崩壊や、神佛分離・廃佛毀釈、あるいはキリスト教の流入−正宗系
の「信」の観念などこの辺りと関係があるのではないかと睨んでいますが(笑)−による日本人の宗教観の変質をより
大きな要因とすべきではないかと考えます。それと、NBさんは「既成佛教諸派のアイデンティティフィケーション」なる
ものの回復のための何らかの方法論をお持ちなのでしょうか? 関心があるのですが・・・。

96 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/11 01:36
>>93
佛教はその起源から、土着文化の対抗思想としての要素を色濃く持っていたと思います。それゆえにイン
ドでは衰退してしまったと考えられますが・・・。これを論じ出すと切りがないのでもう止めときます(笑)。
キリスト教におけるような「教会権威の失墜」が佛教で起ったかどうかはともかく、ご指摘のような日本近代
における「カリスマ的俗人」の佛教教団支配は、僧侶に対する「肉食妻帯勝手タルベシ」という布告に深い関
わりがあるのではないかと思います。これは強制でもなかったのに、僧侶の生活がその後どのように変化
したかは周知の通りです。つまり俗人と変わらぬ生活を送る僧侶は、最早「特別な人種」でもなんでもなくな
ったわけで、権威も低下してしまった。そこに俗人が台頭する基盤が生じたのだと考えています。

「カルト批判」関連については眠いので明日にします(笑)。

97 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 02:57
まあ、大乗の上座部化、というほうに私は着目しているわけでして。

これは日本山が成功している。中国伝来の袈裟衣を脱いで、あの上座部仏教と同じ
衣を着、足袋・草履を脱ぎ捨てて、素足で歩いた。

彼らを見ていると”大乗”というのは何だったのか”と思わせるものがあるんです。
私はこの疑問が未だに解けません。本当に”大乗仏教とはなんだったんだろうか”という
疑念。道教なんかがそうですが形式化され概念化されたものが中国経由で日本にもたらされて
変質してしまった部分があたくさんある。こういうものを取り払って、上座部の世界から
大乗を見るといやにゴテゴテした世界に見えちゃう。

世俗化については、大乗だったから出来たと思う。この世俗化の根底には、大乗の考えのなかに
そういうエトスが内包されていた。これはドイツのマックスウエーバーがカルバンの世俗化と日本
の浄土宗を比較して日本にも近代化のエトスがある、述べていますが、これが近代化の原動力にも
なったわけです。

しかし上座部は一般大衆の出家得度制があり、21日間とか区切って出家得度しまた還俗する。
宗教が世俗化せずに逆に世俗が僧化してまたそこから抜け出す。タイなどは、ウエーバー説通りでな
いが近代化には成功しているわけです。しかしこういう国では世俗化は起きないから信徒団体の
ような世俗化された宗教集団はおきにくいし、布教もしにくい。

98 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 03:08
日本においては江戸時代のように寺檀制度が存在し僧侶の布教権が制限される。
そうするとその代わりに在家の世俗化した布教師が登場し、講を組織して布教
してまわる。これが明治になるそ僧俗の間で布教権の取り合いになる。僧侶が
布教権を世俗から取り上げて宗の支配を取り戻そうとする。そこに廃仏毀釈玲が
あり、日本の仏教各派は、それを逆に利用して僧侶中心社会に求心力をもたせよう
とした。時には国家神道によりまた反対に反発する。日蓮系では僧と俗のシーソゲーム
で有名なのは本門仏立宗(講)で、本門仏立講が本門仏立宗になりまた名称変更など
そういう僧と俗の引っ張り合いがあったわけです。

そして日本は二つの不幸な問題がありました。国家神道の台頭と、戦争です。
この二つのおかげで日本の仏教界は”大乗非佛説”の論議にずっと蓋をしたまま
150年来ちゃったわけです。日蓮宗には清水の唱える天皇本尊論があり、これを
うけて日蓮正宗の小笠原師が”本神随仏論まで唱えた。

99 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 03:09
修正
日蓮宗には清水師の唱える

100 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 03:21
当時の仏教界はなんとしても生き残る方便が必要だった。そのために大半の
仏教は神道に擦り寄っていったわけです。その時点で大乗非佛説を唱えたら
本地垂迹で国家神道と習合していく論理的根拠を失うわけですから、唱える
わけにはいかない。これがまた拍車をかけて大乗非佛説の論議を遅らせた
事情があったわけです。

日蓮宗系では北一輝竜尊や田中知学、帝国陸軍関東軍参謀の石原莞爾などの
日蓮主義があった。戦後こういうものをまた清算するのにまたすごく時間が
かかったわけです。ますます大乗非佛説の論議が遅れてしまった要因があります。

ただ西洋では、世俗化がおきてまたその100年後ぐらいにゆり戻しがあるんですね。
敬虔派が出てきてカソリックとあまりかわりなくなってしまう。宗教革命当時の
ものもこの世俗化された”カリスマ化された俗人”が権威を持ち、カソリックと
実質なんらかわりのないものに変容してしまう。

日本の新宗教と呼ばれる信徒団体どれをみてもこの”カリスマ化された俗人”が権威をもち始めて
宗教の大衆化・民衆化とは全く逆の方向に流れ始めているわけで、そういう意味では
日本はこれからが敬虔派が出てくる時代なのでは、と私は思っているわけです。

101 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/11 03:25
>>96
>佛教はその起源から、土着文化の対抗思想としての要素を色濃く持っていたと思います。

については「仏教」の存在を実体的に捉えるとそういう見方ができるのはもちろんですけど、
個人の内面における出家前(あるいは受戒前)の世界観と出家後の世界観の間におこる
「認知的不協和」に対する説明としての仏教教理の展開といった次元もあるかと。
一応確認まで。ただし、これの意味するところは結構大きいと思います。

「僧侶に対する「肉食妻帯勝手タルベシ」という布告」自体は、当時において「何をいまさら」
な面もあったと思います。それから、信教の自由化と寺請制度の崩壊は別物として見た
ほうがいいと思います。ちなみに「世俗化」は「近代化」とほぼ同義に考えられることも
多いですね。
で、これに関連してですけど、近代仏教学がそれ以前の仏教研究と決定的に違うところ
は「近代理性」をベースに置くところにあると思います。仏教学の内部(とりあえずこう表現
しときます)において、そのことが批判的に省みられたことって、まずないんじゃないで
しょうか。

で、肝心の「既成宗派失地回復のための方法論」とか、まあ、それに関して日蓮正宗へも
エールを送っておきたいところもありますけど、、まあ、色々ありますが、
ぼくも眠いのでまた明日です(w
おやすみなさい。面白いっすね。

102 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 03:27
もし日本の宗教界が敬虔派化するのであれば、今のように権威が落ちた宗教の
復権もまたありうるわけではないか。再生できるのではなか。

私はこのカリスマ化俗人、例えば創価学会が今回の会則変更で、”永遠の指導者”
というのを付け加えた。こういう現象があるってことは、日本の新宗教と呼ばれる
宗教団体も形骸して、退行を始めたのかなと、思うわけです。

つまり新宗教の既成宗教化ですね。簡単に言ってしまうと。

そうなるとこの既成宗教化された新宗教に対して敬虔派が乗ずる可能性
があるのではないかと。そこで初めて日本では大乗非佛説がちゃんと語らえる
時と場所がくるのではないかと。だとしたら今がその時期なんではないでしょうか。



103 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/11 03:27
おおお、書き込んだらいきなり波木井さんが!!
少し読ませていただきましたが、やっぱ今日は寝ますわ。はは。
おやすみなさい。波木井さん。

104 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 03:30
>>101
>「近代理性」

ただこれも一種の”宗教”と私は捕らえています。既成仏教VS「近代理性という宗教」の
対立構造がある。

我々は理性という名の宗教を奉じている、ともいえると私は思っております。

私も寝ます。おやすみなさい。

105 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/11 11:30
>NBさん
いきなりですが接続ミス訂正です。お手間をとらせて申し訳ありません。寝かけで長文書くと碌なこ
とがない・・・。
× 信教の自由化による近世以来の寺請制度の崩壊
○ 信教の自由化によるキリスト教の流入
その他、文章が夜店の蟹釣りみたいな混乱状態ですが、どうかご容赦を。

>>93 「カルト批判」について
いかなる教団でも、その教義を世に問い、また宗教法人法その他によって公的認知を受け、税制等
の優遇を享受している以上、何らかの疑問や問題を感じる人々の批判を受けたり、議論の対象にな
るのは当然のことかと思います。それが独善的で排他的な教義を奉ずる教派であれば尚更かと考
えます。

話は飛びますが、以前顕正スレで「折伏」をいみじくも「不幸の手紙」と喩えた方がおられました。個人
的には、その「不幸の手紙」を何度も受け取った者として、いわばその清算のためにこのスレに書き込
みを続けているのですが、ここでの一連の議論や対論が、今後こうした「折伏」を受ける人にとっての
対応策−「不幸の手紙」を破り捨てるノウハウ−の一つにでもなればいいかなという思いもありますね。

106 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/11 13:00
>>101
>「仏教」の存在を実体的に捉えるとそういう見方ができるのはもちろんですけど、
「実体的」とか「認知的不協和」の意味をもう少し明確にしていただきたいのですが・・・。また、社
会構造が異なる西欧における「聖俗の対立」のモデルを、佛教史にトレースするのはいかがな
ものかと思いますね。こうした比較は慎重を要すると思います。

>当時において「何をいまさら」な面もあったと思います。
宗派によって差異は認められますが、肉食妻帯という「公的処罰の対象」がに撤回された影響
は大きかったと考えます。雪崩を打って「俗人化」してしまったのですからね。

また「近代理性」の概念が少し曖昧ですし、こうした語の濫用は、問題の単純な図式化に容易
に結びつくのではないかと危惧してしまいます。それに、手法として「近代的文脈」を−あくまで
他時代や他地域との相対概念ですが−用いても、佛教やその教法へアプローチする姿勢に
は変りがないと思いますがいかがでしょうか。それと興味深いのはNBさんのおっしゃるような
(?)「近代理性に立脚した佛教学」への具体的批判が、伝統教団よりむしろ佛教学者たちから
提出され、それが研究に反映されている現状です。佛教学における「近代理性の相対化」は、
他ならぬ佛教学プロパーで行われているのではないでしょうか。



107 :名無しさん@3周年:03/06/11 13:00
超激安アダルトDVD18禁
注文時に2ちゃんのどの板からきたか御記入ください
明日6月11日まで消費税をサービスいたします。

http://www.net-de-dvd.com/

108 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/11 14:08
>>106
「実体的」は実体的定義/機能的定義といった文脈で使ってます。
「認知的不協和」は社会心理学者L・フェスティンガーの言葉ですね。
用語辞典的な説明以上の使い方をするつもりも力もありませんが。
(そういや『預言が当たらなかった時』なんて面白い本がありますね)
「聖俗の対立」は知りませんが、今までのところ「世俗化」にまつわる問題は
近代仏教史の上でのみしか使っていないつもりなんですが。社会学用語ですね。
まあただ、ぼく自身はルックマン/バーガーによる「世俗化」の考え方に多くを
負っています。どっかいい説明のページがないか調べてみます。

>「近代理性」の概念が少し曖昧ですし
についてついては、少しおっしゃる意味がとりかねます。どういったことでしょうか?

>「近代理性に立脚した佛教学」への具体的批判が、伝統教団よりむしろ佛教学者たちから
>提出され、それが研究に反映されている現状です。

これは知りませんでしたねえ。もっとも、基本として、仏教学を批判できるのは仏教学だけ
であるのは当然のことだとは考えていますけど。これについてもう少し詳しく教えていただけ
ると、上の「「近代理性」の概念が少し曖昧ですし」とおっしゃる意味を理解して釈明差し上げ
られると思います。

>>105は激しく同意します。波木井さんの>104にも激しく同意です。

とりあえず。また夜にきます。

109 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/11 14:10
あ、それから、こっちこそ、のたくったような下手糞かつ意味不明な文章が多くって
ごめんなさいです。お手間取らせますね。

110 :名無しさん@3周年:03/06/11 14:34

宗教は、多くの人間の恐怖心と、わずかな人間の狡猾さで成り立つ。と言いますが、
このスレを見ているとそれが本当だなという気がしてきます。

111 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/11 15:56
>>108 NBさん、どうもです。
お使いになる術語の概念が今ひとつ理解できないのは、当該分野に関する私の無知ゆえです
ね(恥)。興味はありますので何か良いページなり良書なりをご紹介いただけると幸甚です。

「近代理性」が具体的にどういった概念を指すのか明確にしていただくとうれしいのですが。まあ
私が学生やってた頃は通俗ポストモダニズム全盛期(笑)だったもんで、この種の概念一般はす
っかりその権威を失墜させられてましたが・・・。あの時期の魑魅魍魎跳梁跋扈のトンデモさん全
盛期の現出もこうした風潮−ニューアカとか−と深く結びついてるのでしょうな(苦笑)。しかし、そ
んな時代に知的刺激を受け続けて成長(?)した私などは「近代理性」云々と言われても、もうひと
つピンと来ないのも事実ですね。

>仏教学を批判できるのは仏教学だけであるのは当然のことだとは考えていますけど。
佛教学におけるポストモダニズム的な動向も、確実に存在すると思います。私が密かに愛好して
いる渡辺照宏氏や宮坂宥勝氏の流れなどに。
しかし、「宗学を批判できる宗学」ってスタンスが伝統教団にはあまり見られませんね。その教義
の成立もこうした議論の結実であるはずなのに。「伝統は起源の忘却」という格言通りになっては
いないかなと思います。

112 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 23:52
>>109
いえいえ、たいへん勉強になっています。今後ともどうぞよろしく。

私はこの理性、とか科学とか、これ宗教とか無意識とか対立する概念として西洋哲学
では語られているわけでして、発想的には極めて西洋的で東洋にはそのまま宛てハママルか
どうかの議論はともかくも対立概念であり、また近代はこの理性とか科学という宗教に支配
されてきた時代ではなかったかと私は考えているわけです。

宗学論争がさかんだったのは浄土系のそれも大谷派を中心にした一部分で、日本の仏教界のは
宗学論争というのが未だ不在なんですね。

日蓮系でも宗学という論争が不在で、これは故高木豊先生(立正大学教授)がさかんに言われて
いたことでもあります。

正宗が何故にかのようにカルト的存在になってしまったか。ひとえにこれは日蓮宗が悪い。(苦笑)
日蓮宗が宗学というものを軽んじこれをしてこなかった。というより蓋をしてきた。
大石寺派ときちんと宗学について語ってこなかった。これが最大の日蓮系全体の不幸なんですわ。

そしてこの宗学論争のなさが日蓮宗の一番弱い所でもあり、アキレス腱でもある、というのが
最近の日蓮宗内でおこっています。これは北山本門寺の広報部長である福神の編集長でもある、
上杉先生の編集している福神でも言われているわけです。

113 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/11 23:57
大石寺派ときちんと宗学について語ってこなかった。これが最大の日蓮系全体の不幸なんですわ。

そしてこの宗学論争のなさが日蓮宗の一番弱い所でもあり、アキレス腱でもある、というのが
最近の日蓮宗内でおこっています。これは北山本門寺の広報部長である福神の編集長でもある、
上杉先生の編集している福神でも言われているわけです。

実は昨日私は上杉先生と20分ぐらいでしたか。お話する機会があったわけです。
福神は去年の5月からちょっと滞っていて9号がまだ出ていない。
8号は、創価学会東洋哲学研究所の松戸幸雄氏が登場し「凡夫本佛論」が掲載され、
私はよく日蓮宗の雑誌に創価学会の研究所の人が載ったなあ、とちょっとビックリ
した号。

そしてページをしばらく進むと、あの丸山照夫師が、自分が身延で生まれ育って、なぜ自分が
こうなったのかのことを淡々として書いている。


114 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 00:02
丸山師は大谷派に言ってあちらの宗学論争に加わり、いろいろ言ってきた人です。
日蓮宗ではそういう議論がない。丸山師はその当時現代宗教研究所の研究員でしたから、
おもしろそうなほうにハマっちゃったわけですね。ここに共産党除名処分という背景も
加わり浄土真宗のほうに言っちゃった。そしてみなさんご存知の通り、浅間山荘事件に
行っちゃったり、オウムの麻原氏とTV対談やったりと。最近では民主党のAP総研の所長
をやりすぐにお辞めになり、白川新党おしちゃったりするわけです。

115 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 00:12
ちょっと脱線しましたけど、こういう宗学論争の無さが日蓮系全体の不幸で
あったわけです。

実を申し上げますと、この宗学論争には、最低限、宗祖日蓮大聖人の御真筆の
類の学術的な考察と研究整理が必要なわけです。

宗祖の遺物を一番持っているのは日蓮宗ですから、大學や大学院、はては、研究機関
を2つも持っていながら日蓮宗派ずっとこれをやってこなかったわけです。
やってこなかった、というと少し語弊があるかもしれませんが、ずっと昭和定本日蓮大聖人
御遺文集でやってきちゃった。

この御遺文集、当時としては後に大石寺の法主さんになる堀上人も編纂に加わるわけですが、
実はこの御遺文編纂、当時に鑑定その他に限界があった。

つまり偽書や真偽未決も、疑いのある文書(もんじょ)も日蓮作といわれている文書は、
とりあえず皆掲載してしまったわけです。

そして真偽ともども掲載して、宗学論争に蓋をして宗門ずっとほっかむりして来ちゃったわけです。

これが大石寺派の、のさばる前提条件となってしまった。


116 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 00:18
そして真偽ともども掲載して、宗学論争に蓋をして宗門ずっとほっかむりして来ちゃったわけです。

これが大石寺派の、のさばる前提条件となってしまった。

平成新修版になって”とりあえず”明らかな偽書というのは取り除かれましたが、
まだ真偽未決については他宗派との話し合いができていない。就学論争やってこなかった
ために、宗派それぞれで御遺文集の編纂をやり、都合のいい御遺文を教義体系に
組み込んでいるからなかなか御遺文に対しての真偽の意思統一がとれないでいる。

これも大石寺派にとっては都合のいい、もちろんこれも創価学会にとっても
都合がいいわけです。

だから、宗学論争、立正大学の故高木豊先生のおっしゃるとおり日蓮系では
これをまずさかんにしていかないといけない。これにはベースとなる文書の
真偽がまず問われてキチンと整理されていかなければなりません。

その整理は今始まったばかりなわけです。

117 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/12 00:34
>波木井坊さん
う〜む。大変勉強になります(多謝)。

宗門系研究機関にしてみれば、宗学はある意味最も追求しにくい分野なのかもしれませんね。宗祖という
原点に立ち帰って考究しようという原理主義的傾向と、現在の法縁その他のしがらみに押されがちな現状
肯定主義が複雑に交錯するスパイラル状態になっているのでしょうか・・・。ネパールまで出向いてブッダの
生誕地の発掘を行うよりも、数段気骨が折れる課題であることは理解できます。

118 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 00:59
>>117
いえいえとんでもないです。
実際そうだと思います。ネパール政府と日蓮宗は今たいへん良好な関係にあり、釈迦生誕の
土地、ネパールの学術調査を一手に日蓮宗がやっていますけど、国内のそういった
こまごました、そして他宗からいらぬ攻撃もうけるかもしれない宗学論争に手を染める
御僧侶もいないのが現実問題でして。

私としてはこの宗学論争、在家がまずアドバルーンをあげねば、と考えております。
ま、そのことが今の私の最大のお仕事(藁)とも思っております。

大石寺教学の研究は、そのまま日蓮宗にも爆弾を投げつけることになるわけですから。

実は、大石寺なんかに爆弾投げつけて連中が爆死するのはたいしたことではないのです。
これによって日蓮宗に宗学の火元となるのが私の最大の狙いなのです。(大笑)

119 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/12 01:18
>>118
いや、マジで肥やしにさせていただきます。しかし、なんかボクシングのクリンチ状態を見るようですね。各宗
門系研究機関で、宗学よりもむしろ原始佛教などの「安全な分野」が盛んに研究されている要因の一つを垣
間見たような気がします。もちろんそれはそれで歓迎すべきこととは思いますが。←関心分野なもんで(笑)

しかし、波木井坊さんの目論見が成功したならば、他宗でも同様の動きが起るかもしれませんね。そうした
動きが伝統佛教教団の活性化に結びつけば慶賀の至りと思います。

120 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 01:42
>>119
私はこれを”霊的ポルシェビキ”と言っています。(笑)

121 :名無しさん@3周年:03/06/12 02:00
そういえばカピラバストゥと目される遺跡には霊友会がしょっちゅう来てるし
数年前には新たに発掘した場所に題目を刻んだプレートを建てたね。
日達師もそうだったが仏教がふたたび西に戻るという祖師の意思を実現したい
門弟が多いみたいだ。

122 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 02:30
まあ、その西天回帰もとりあえずは700年遠忌にそれは達成したと。宗門としては
これは自己満足で、本当の意味でそれを果たしたのは日本山だけなんですけどね。(大笑)

インドには不可触民族といわれる信徒が数千万いる。みんな日本山の信徒さんになっている。

まあだから今度の750年遠忌には、日持上人を担ぎ出したわけですよ。で身延山内の
地下の宝物殿でトンデモを陳列したっちゃわけです。(苦笑)


宗学やらないで、満州で作り上げられたものを陳列して、これが日持上人が海外布教
したとされる証拠でござい。とやっちゃった。

うちはダメね。こんなことばっかりやってるんだから。(苦笑)

123 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 02:40
まあしかしこの日時上人、ヨイショ!も終わっちゃったわけです。

次の日蓮宗の目標は・・・。ないんですわね。もうそろそろ宗学論争
始める頃合なのかもしれません・・・。フフフ。

124 :名無しさん@3周年:03/06/12 05:17
しかし、実社会の事では議論に負けっぱなしなパキリも
どうでもいいような宗教論になると、生き生きしてるな。

125 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 08:42
昨日の夜来るといっておきながら遅くなりました。大変ごめんなさいです。
つか、なんか流れに取残されそうですが。。

ぼくはまあ、キチンとした文章を作るのが本当に遅いんです。
で、言葉もろくに選べぬまま走り書き程度でレスしちゃったり、簡単に
言い換えようとして失敗してたりとか、ですから、阿呆陀羅經さんが
戸惑われるのは、ひとえにぼくの責任です。
つうか、よくぞお付き合いくださるものだと、本当に有難く喜んでおります。
どうぞ、変な言葉があったらバシバシ指摘しちゃってください。
そのほうが嬉しいです。
で、「良書」をと言われましても…。宿題とさせていただきます。
ハーバーマスは一度読んでおかねば、なんて思いながらもう何年も放置状態
なんですけど。。

というわけで、「ニューアカ」っすかあ!なつかしいっすねええ(w
逃走論とか読みましたよねえ。ソシュールだのデリダだのと、ほとんど
ファッションで買ってしまって、いわゆる「つん読」(w
ぼくはJ・ボードリヤールとか、もう眼を耀かせて読んでましたねえ。
意味分かってて読んでたかどうかは甚だ心もとないですけど。はは。


126 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 08:42
しかしまあ、ポストモダンがどうこうおっしゃるならば話は早い。
近代仏教学がベースにしている。とカキコしたところの「近代理性」については
ぼくの文脈では「科学的合理(客観)性」という言葉で読み替えてくださって結構です。
「合理性」の反対はもちろん「非合理性」なわけですけど、ポストモダン
的な見方は、そういった対立の世界観自体に疑問を投げかけますよね。
で、日本近代仏教学の場合は、その成立の事情が非常に複雑で(東京帝大の「印度哲学」科
の創設についても外圧によるキリスト教の自由化に対する仏教側の苦肉の策だったりしますね。
あと、「仏教清徒同志会」なんて近代仏教の怪物もありますね。)近代的な仏教研究が哲学的
な営みであると考えられる一方で文献批判や歴史学といった人文科学の方法論をベースにおか
ざるをえなかったりと、、そういった事情を厳密に記述するのは非常に難しいのですが、
(そのへんを明らかにするような本もないですしねえ。中村元『学問の創造』でしたっけ?
とか、南條文雄のええと、『福翁自伝』じゃなくって、なんかそんなの。とかもあまり役に
立ちませんし…。芹沢博通『近代化の仏教思想』ぐらいかなあ。しかしあれも論文集ですしねえ)
そこには「合理性」に対する無謬観というか楽観。「非合理」なものに対する文化進化論的な
切り捨てを見ることはできると思います。現在でも「近代仏教学とは一体何をどういった立場
からどういった目的で明らかにする学問なのか」が真剣に論じられた形跡って、ぼくは知りません。


うわあああ。ちょっと、時間が無いので、推敲もへったくれもない雑文でとりあえず
失礼いたします。また続きを書いて、近代仏教学の「近代理性」とぼくが言った意味を
明らかにさせていただきます。  雑文スマソです。

127 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 12:06
仏教学が人文科学である。という言い方は「合理/非合理」のパラダイムに乗っかるものである。
ということでもあるわけで(※註1)、この「合理/非合理」の関係は基本的に仏教学という学問領域
が扱える範囲を示すもので、科学的認識の建前としては両者の間にヒエラルキーは存在しない
はずなんです。(科学的認識の没価値性)
で、「非合理」に対する「合理」の優位を主張する意識を、すなわち「近代理性」としておきま
しょうか。そこでは、「非合理」は、ただ単に合理的な再解釈を待つだけの存在にされちゃいます。

仏教学のポストモダン的志向(「合理/非合理」の再検討)って、なんか、仏教学の科学
としての位置づけに対する批判的な検討を一足飛びに飛び越えちゃって、いきなり
宗教哲学的なポストモダンを展開しようとするように感じますね。

「ゲシュタルト仏教学(はは。思いつきですけど)」みたいなものが構築されて始めて
ポストモダン仏教学の誕生と言えるんじゃないでしょうか。
まあ、仏教学的にはインド成立の「大乗経典」と中国成立の「偽経」の「機能的定義」に基づく
違いって、うまく説明できないように思うんですけど。どうなんでしょ?

というわけで、この「合理/非合理」が仏教思想の「正統/カルト」に読み替えられること
って多いと思います。はたしてそれって正しいのか?正しいとするならば、どう正しいのか?
あるいはどのような場合は正しいと言えるのか?に自覚的であることは大切なことだと思います。

128 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 12:07
※註1
確か、高崎直道先生の論文に仏教学という学問のあり方を問題となさったものがありましたけど、
そこでは仏教学の研究範囲を人文科学の一分野として、文献批判を主とする、いわば「基礎研究」
を主体とするものとされていたと思います。そこから、現在の仏教学のそのようなあり方をどう
乗り越えてゆくか?という問題意識を提示してらっしゃいましたね。
その他、仏教学の危機意識?を扱う論文って、探せば結構ありますね。

129 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 12:22
そうです。学問としての仏教学。これが宗学の基礎となるわけです。

大石寺派は、たいへん悪いことに近年、僧侶の師弟を富士学林という私塾
に通わせ、立正大学に通わせなくなりました。閉鎖された社会に入った。

彼らと学問としての仏教学、宗学レベルでの論争をやろうとしても彼らは
その土俵にのってこれない可能性がだいぶ出てきた。

みなさんのご心配なところはこのあたりではないでしょう??

130 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/12 12:24
訂正
>みなさんのご心配なところはこのあたりではないでしょうか??

131 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 12:28
おおお、波木井さんだ。
もう波木井さんとお話したくってうずうずしてるんですけど、
とりあえず一応のすり合わせだけさせてもらってから
参加させていただきます。そのときはよろしくお願い申し上げます。

132 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 13:02
で、「近代理性」についてもう少し考えてみると、思想的な「近代理性」にはご承知のとおり、
様々な批判が突きつけられているわけなんですけど、
学校教育やマスメディア、普通選挙制といった民主主義社会の諸々はすべて「近代理性」
によって基礎付けられているものなんですよね。で、我々は社会の様々な場面で「近代理性」
の絶対性を受け入れて生活してゆかざるを得ない。(その意味では我々は民主主義という
宗教世界を生きているとも言えるでしょうが)そこでは一人一人の人間は「平等」であると
同時に「自立的に自分の理性を用いることのできない無能力からの脱却に対して責任を負う」
存在なわけです。
で、ぼくが正統なカルト批判の根底となるものとして考える「心の痛み」とはそういった
「近代人(=近代的市民倫理を内面化した存在)」の「心の痛み」を指しています。
「カルト」と呼ばれる集団はほぼ全て、「近代的市民」に対して脅威を与える(つか、勧誘するw)
もので、仏教学という学問に対してケンカを売っているわけじゃないですよね。
この場合、「カルト」に対する批判は、あくまでも自立的な近代的市民一人一人の倫理観の立場から
行われるべき筋合いのものだと思うんです。じゃあ、そこで「仏教の学問的知識」がとる位置とは?
を考えるとき、ぼくは>>105の阿呆陀羅經さんのお考えに、激しく同意を覚えております。

と、まあ、とりあえず。

133 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/12 15:58
>>111
>しかし、「宗学を批判できる宗学」ってスタンスが伝統教団にはあまり見られませんね。その教義
>の成立もこうした議論の結実であるはずなのに。「伝統は起源の忘却」という格言通りになっては
>いないかなと思います。

については、本山直属ではない、独立した大学制度に依拠した「真宗学」科の創設をはじめ、
歴史学的な親鸞像の再構成やら真宗的真俗二諦説批判やら、もうほとんど、日本近代仏教学
とパラレルと言い切れるぐらいの宗学批判が行われてますね。

134 :名無しさん@3周年:03/06/12 20:02
>>124
禿げ胴ですなぁ
もう一生宗教に逃げ場を求めていろよって感じ。
実社会で偉そうな口をきかなきゃいいのに。

135 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/12 22:38
>NBさん。
お心遣いありがとうございます。お付き合いいただいて感謝しておりますのはこちらのほうです。今後ともよろ
しくです。しかしあの「ニューアカ」ってどこへ逝っちゃったんでしょうねえ(笑)。「引き札哲学」っていうか、たちま
ち消費されて忘却されてしまいましたね(苦笑)。こちらも積ん読の、お経より読み辛いデリダなんかを読んで
みようかと思ってます。同じく積ん読のポパーに次くらいに・・・(激笑)。

「近代理性」の語義の件、了解です。私などはその「近代理性」の孕む「非合理」を衝く、佛教思想の持つ先鋭
性や批判性に注目して考察対象の一つとしておるのですが、言葉足らずのゆえか「コチコチ近代主義者」と
目されているかもしれません(笑)。ただ、佛教がその成立当初から「合理性」−近代のものとは論法の異なる
それ−を重んじ、教説を展開してきた経緯や、一種の文献批判的な動きが早くから継続されてきた事実にも
重きを置いております。こうした傾向が、佛教諸派のカルト化への傾斜を防止する機能の一角を担ったので
はないかと考えています。

>現在でも「近代仏教学とは一体何をどういった立場からどういった目的で明ら
>かにする学問なのか」が真剣に論じられた形跡って、ぼくは知りません。
その研究するところを「近代佛教学」と自己規定している研究者はあまりいないかもしれません。その研究
意識や姿勢も各人バラバラでしょうし・・・。ただ、そろそろこうした問題を扱う「メタ佛教学」が出現してもおか
しくないと思いますね。ブルデューみたいなスタンスで・・・。NBさんあたりが先鞭をつけられたらいかがでし
ょう。

>そこでは、「非合理」は、ただ単に合理的な再解釈を待つだけの存在にされちゃいます。
佛典の随所に記される「近代理性」の視点から見れば「非合理」な記述も、それが説かれた当時にあって
は、充分理に適ったものであったと思います。それらの意味を探究し、絶えず再発見や再解釈を繰り返
す営為は教説を受け止めるものに課せられた作業かと思います。もちろん、経典記述を「非合理」だとし
て斥ける−近代実証主義−姿勢も、「実体化」して受け止め、教条として祀り上げてしまう−カルトに顕著
−態度も、どちらも批判されてしかるべきでしょう。

136 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/13 00:38
>>131
了解!NBさん
>>133
そうなんですわ。浄土真宗系の宗学論争、アレは実に羨ましい限りです。ああゆうふうに
大學の科目がきちんとできて学術的な研究をやっている。だからこそマトモな宗学論争
をやろうという地盤が出来上がるわけですよ。そういう基盤が日蓮系にはない。
こういうのが現在の大石寺派のカルト化にかなり貢献しちゃっているのではないかと
私は考えているわけです。

137 :名無しさん@3周年:03/06/13 01:04
池田氏の崩御に伴い正宗も再び長い闇に引きずり込まれるような予感が...

138 :名無しさん@3周年:03/06/13 01:22
あなたが探してるのってこれだよね?この中にあったよ♪
http://endou.kir.jp/betu/linkvp/linkvp.html

139 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/13 01:23
>NBさん、バラバラになってしまいましたが(失礼)続きです。
>文献批判や歴史学といった人文科学の方法論をベースにおかざるをえなかったり
その人文科学の方法論そのものが絶えず変化しています。文献批判や歴史学の研究手法もその煽り
をもろに食らっていますね。この分野での「脱近代」の動きも視野に入れていていいかなと思います。

>仏教学が人文科学である。という言い方は「合理/非合理」のパラダイムに乗っかるものである。
そうした近代的な意味での「合理/非合理」という図式を、容易く解体してしまうだけの実力と蓄積が佛教
思想にはあると睨んでおるのですが、いかがでしょうか。しかし、こういう分野でアドバルーンの一つでも
上げる人はおらんのかな。たまには佛教思想もブームになってほしい−トンデモ不可−(笑)。

>仏教学の科学としての位置づけに対する批判的な検討を一足飛びに飛び越えちゃって・・・。
人文科学の「科学性」自体が揺らぎ始めてましたからねえ・・・。そうした批判的な検討はよそさんに任せ
てしまったのかもしれません(笑)。あるいは研究手法の変化そのものにそれが隠微なかたちで現れて
いるかもしれませんね。派手な論争の少ない学界ですしね。

>仏教学という学問に対してケンカを売っているわけじゃないですよね。
その通りと思いますが、信者さんらは「佛教学」も「邪宗」の一つのように思い込み、蛇蠍のように嫌います
な(苦笑)。

>日本近代仏教学 とパラレルと言い切れるぐらいの宗学批判が行われてますね。
伝統教理の現代社会へのアプローチという意味で、真宗は一つのモデルケースですね。こうした動きが
NBさんのおられる現場などにどう反映されてるのでしょうか。

140 :名無しさん@3周年:03/06/13 20:23
モニターを大切にね。ハキリ君


43 :波木井坊竜尊 ◆IByKs72gR2 :03/06/13 03:50 ID:+2SXCOA2
このスレ見るたびに、どうせお前らのことだ。”こん畜生!ぶっ殺してやる”
なんつって、モニターの前で歯軋りしながら、モニターひっぱたいているのが
関の山、つーーんだよ。どうだ?当たっているだろ?(激藁)

だいたいニヒリステックのヤツはそういう性格の持ち主なんだよ。想像がつく。
こう書くと絶対否定してきて俺の誹謗をしてくるだろう。
それしか能がないようだからナ。ま、せいぜいトコトン付き合おうじゃないか。(藁)
暗い性格だよね。オマエって。(藁)
うわっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは〜〜〜〜!!
m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、

141 :名無しさん@3周年:03/06/13 20:25
岳南鉄道に移籍した東急5000系を救って!!
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/rail/1054692460/


234 :名無し野電車区 :03/06/13 03:29 ID:w5aNPire
すげー腹立たしいな。
>>208の言うとおり、関心を持ってこのスレを見た路車板住人の気持ちを、
書き逃げという形で踏みにじったわけだ。





岳 南 に 解 体 費 用 を カ ン パ し た く な っ て き た 。



142 :名無しさん@3周年:03/06/13 20:37
粘着荒氏ウゼェ

143 :名無しさん@3周年:03/06/14 00:32
衆生の中の糟糠

144 :名無しさん@3周年:03/06/14 01:40
多分、波木井さんが今夜この掲示板に現れるかどうか確認とっているんではないでしょうか?
つまりこれは所在確認。

145 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 01:45
スレ違いな事ばかりカキコしてしまったので、少しく軌道修正・・・。

最近思うのですが、正宗系がよく持ち出す「因果倶時」という概念って、サーンキヤ哲学などが
主張する「因中有果説」の焼き直しっぽく思えるのですが・・・。どんなもんでしょうな。


146 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 01:55
「メタ佛教学」っすかあ!!

かああぁーーーー!うっれしいねえ!
ぼく以外の人間からその言葉を聞くのは初めてです。
とっておきのMaker's Mark VIPの封蝋破って、モニターに乾杯いたしました。
あああ、うめぇー(w

じゃあ、一応、ぼくも某学会の名簿にだけは名前あるみたいですんで、軽いエッセイでも。
…。ってこともないか。ぼくはそっち方面はすでに挫折済みですので、いまさらちょっと、、
って感じですね。あんまり関わりたくないです。お念仏のほうがよっぽど尊い。
(あ、そこで認知的不協和理論とかで分析とかしないでくださいよw)
どなたか志のある方にぜひともやっていただきたいですね。責任は持ちませんが。
ぼくみたいな者のネタレスを信じてくださる方がいらっしゃるならば、理論的基礎
ぐらいはアドバイスできるかもしれません。
社会科学上のルール違反を一つだけ犯さねばなりませんし、そのルール違反を
制御するための理論を構築しないと、とんでもない怪物を生み出すことになるでしょうね。
ただし、仏教学科の院生あたりでいる限りは、まず無理だと思います。
指導教授が見つかりませんからね。研究計画だって提出できませんし。
よっぽど優秀か、よっぽど狡猾さを身につけるか、よっぽど腹を括っているか。。

とまあ、ここまで書くのにストレートダブルで5杯いただきました。今日は寝ます。
また明日の夜にでもゆっくり寄せていただきます。今日は某所で布教のご縁を
お勤めさせていただいておりました。合掌。

147 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 01:59
あ、

まあ、スレ違いっすねえ。たはは。
じゃあ、ぼくも、ぼく自身のカルト定義に則って正宗批判とまいりましょうか(w

えと、ちなみに、>146の

>社会科学上のルール違反を一つだけ犯さねばなりませんし、

は、社会科学上のルール違反を一つだけ犯すことになるだろうと思いますし、
に訂正。

おやすみなさい。

148 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 02:10
とり急ぎまたまた訂正。つか釈明。

>>146の「某学会」って、「創価学会」のことじゃないですよ。
真宗スレで「NBは創価学会員」なんてアホなレスがあったもので、念のため。
はぁぁ。難しいね。

で、>146は>>135阿呆陀羅經さん宛てです。

149 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 02:19
ええと、それから、>>148をまたまた訂正。NB必死だな。っと。

「はぁぁ。難しいね。 」を、「はぁぁ。難しいね。 正宗&正宗系って」に訂正。

なんか、仏教者の集まりを相手にしてるようには思えなくなるね。正直。
外から見たら、あなたたちって、絶対おかしいよ。マジで。

150 :なんちゃってハマー ◆NtZZMSdbhE :03/06/14 08:41
>>149
はじめましてだぜNB―MAN!
ひょっとしてハキリ粘着MENを”正宗&正宗系”と思ってないかい?
ここでの正宗MENはハキリMANに友好的だぜ?
ちょっと心外だな。
俺様は”正宗系”の連中だと思っている
同列に扱ってもらっては困るぜベイベー!
そこんとこヨロシクな!


151 :なんちゃってハマー ◆NtZZMSdbhE :03/06/14 08:45
そうそう、スレの最初で俺様のファン(ちょっと照れるな!)が色々応援してくれた
見たいでありがとな!
まぁ、ノリでレスっていたのもあるから、あんま気にすんな!
OK?


152 :名無しさん@3周年:03/06/14 12:20
(゚Д゚≡゚Д゚) パキリは何処行った?

153 :NB ◇0buMLZ/Vxc:03/06/14 12:22
ええと、それから、>>149をまたまた訂正。NB必死だな。っと。

「はぁぁ。難しいね。 」を、「はぁぁ。難しいね。カルト宗教で宗教ヲタNBって」に訂正。

なんか、仏教者の集まりを相手にしてるようには思えなくなるね。正直。
外(無宗教)から見たら、あなたたちって、絶対おかしいよ。マジで。


154 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 12:56
>>150
正宗の方々は事あるごとに「正宗と正宗系は違う」と主張なさって理解を求めますよね。
ひと括りにステレオタイプで評価されてしまう「心の痛み」は理解できますが、同じことが
正宗「外」を理解するときにも適用できないでしょうか?

たとえば、念仏の流れにも様々な流れがあって、念仏信者にもいろんな人がいることは
ご承知いただけると思いますが、それに対する理解を拒み続けるかのような態度、および、
安易にひと括りにステレオタイプでマイナス評価を与えてしまう態度。ついでに、その辺を
指摘すると対話こばんでしまうような態度。等には「正宗&正宗系」にまったく共通するもの
があると思います。
前スレとかにもサンプルとなるような正宗と思われる方のカキコも複数人にわたって見る
ことができるので、お望みとあらばうpしますよ。

そのへんをどうにか再考してもらわないかぎり、「正宗&正宗系」という表現を外すことは
できませんね。

まあ、もしぼくという人間がお題目を唱える人間になるとしたら、「正宗」でお題目を唱える
ことになるだろうなあ。という感想はもっています。とだけは、付け加えておきましょうか。

155 :名無しさん@3周年:03/06/14 13:08
メタ佛教学ですか。それ大賛成ですよ。戦後の各宗教界は、国家神道から離れてどう禊
するかしか頭になかったわけです。きちんと宗学論争なり宗学の宗学批判的なものも出て
きていない。(もちろん個別的はあるわけでですけど)
こういう論議が宗派を超えてできるようになるとまた仏教界も活性化するんじゃないでしょうか。(藁)

156 :名無しさん@3周年:03/06/14 13:16
>>154
NBさんて白黒2人いるんだ。
平常心と邪心の棲み分けって感じですか?

157 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 13:35
>>155
>こういう論議が宗派を超えてできるようになるとまた仏教界も
>活性化するんじゃないでしょうか。(藁)

まったく同意ですねえ。大乗非仏説論者の一人とされる村上専精博士も教相判釈の
なかに「仏教統一」の原理を見出そうとされた方でしたね。明治仏教の課題って、
未だに未解決なまま放置されてるように思いますよね。

波木井さんのカキコも「どうでもいい宗教論」で片付けられるんじゃあ。非常にさびしいです。

>>156
うううむ。まあ、確かに>149は言い過ぎなところがありますね。「某学会」ってカキコだけで
どれだけアホなレスを見ねばならんのだろう。なんてうんざりした気分になったもので。
なんで、あなたがたはこんなにいがみ合ってばっかなの?なんて思いもちらほら。

>なんか、仏教者の集まりを相手にしてるようには思えなくなるね。正直。
>外から見たら、あなたたちって、絶対おかしいよ。マジで。

については、少々行き過ぎた表現であったと、お詫びいたします。
ま、議論のとっかかりとしてはこれくらいがいいかもしれないね。…ってことで。はは。



158 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 13:52
>NBさん
あの・・・、お喜びいただけて光栄に存じますが、あまり御酒をお過ごしになりませんよう。ご自愛ください。

しかし、「メタ佛教学」といっても、いろいろな手法がありそうですね。アナール派などの「メタヒストリー」み
たいなやり方も面白そう(笑)。言うのはロハだけに好きなことほざいてますが(笑)。

それと、さっき覗いた顕正スレで見かけたNBさんのレスに激しく同意です。思いますに、最近のあそこ
って「顕正会ドグマ」に対する特定の立場からの攻撃に終始してしまっている傾向が濃厚ですね。その
攻撃の論法の軸足教義が正宗系だったりもしますし(苦笑)。まあ少なくとも一般人が出入する場では
ないでしょうね(笑)。「ニセ本尊」問題なんて私らには関係のない話ですから・・・。


159 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 14:09
>>158
ははは。ありがとうございます。昨日はひさびさにうまい酒をいただきました。
>アナール派などの「メタヒストリー」
ですか、いっぺん調べてみます。

まあ、顕正スレですけど、もうしばらく様子を見たいなあと。放置しっぱなしになるかも
しれませんが(w

いえ、昨日ね。危険な車にクラクションならしたら、しつこく煽られましてね。
2ちゃんで煽られ慣れているせいか、ぜーんぜん。気にもとまりませんでしたね。
なぜだか、ちょっと感動。いや、へんなとこで役に立ってるなあ。って(w

160 :名無しさん@3周年:03/06/14 15:09
スレもろとも地獄行き

161 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 15:27
>>145でカキコした「因果倶時」とは、どうやら、天台本覚思想で主張される「蓮華因果」のことのようで
す。この種の因果が同時に存在するという説は、バラモン系のサーンキヤ哲学やシャンカラの不二一
元論哲学にトレースできそうです。こうなると明らかに佛教外の思想なのではないかという疑問を押さ
え切れませんね。ちなみに大乗の『大般涅槃経』では、こうした「因中有果説」は「因中無果説」とともに
批判され、斥けられています。


162 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/14 15:55
>>154 >>161
阿呆陀羅經さん、お久しぶりです。このところ私などについていけないような、
“高踏的”なレスが続いてますのでROMのみで勉強させていただいてましたが
(それにしても断片的にしかわかりませんが、出て来るニューアカ関係などの固有
名詞からみてお二人とも世代的にそんなに違わないのかな?)、「因果倶時」の問題
は私も興味もっておりましたので勉強になりました。「蓮華因果」と言えば天台慧心
流れですすから浄土・日蓮両系にも大いに関係しますね。まあ、私としては、『中論』
系の「空性としての縁起」の通俗的表現かとも思うのですが、結果的に「因」「果」の
“実体化”となってるのでしょうかね? サーンキヤ哲学の「転変」とは、密接に関係
にある「倶舎・唯識」との関係はどうなるんでしょうか? 「因果同時」との異同はど
うなんでしょうかね。また唐代天台自体が、妙楽大師以降、論敵でもあった法相宗
(有相唯識)系や、地論・華厳系(無相唯識)の影響強いですから、当然、天台本覚論
にも唯識等の影響強いと思います。恵心院源信和尚も倶舎が専門ですからね。密教の修証
一如なんかも「修」「証」の「無自性化・空化」しようとして、返って「修」「証」の
実体化になってるのですから、パラドキシカルというか皮肉というか難しいですね。


163 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/14 16:26
それにしても、サーンキヤ哲学や、ヴァイシェーシカ哲学などは、アビダルマなどとの
相互影響や、「中観」「唯識」両系などからの論難対象として仏教内で昔から結構“有名”な
んですが、正当ブラーフマニズムのビッグネームとして、今日まで人口に膾炙している、
シャンカラの不二一元論哲学等とかヴェーダンタ哲学は、中村元先生の学位論文(でしたっけ?)
以降、インド学の文脈上のみ有名ですが、「仏教学」の方とはあんまりリンクしてないようにも、
思うのですが如何でしょうか? やはり、シャンカラ大師の批判以降、仏教各派の凋落傾向ははっきり
してくるし都合悪いというかあんまり歓迎されてないんですかね? 正当ブラーフマニズム六派とジャ
イナ教、仏教各派との論争なんか見てますと、以前、この板の何かのスレで、インド教各派(仏教、ジャイナ
教、シーク教含む)の違いは、例えば日本仏教(伝統)十三宗の違いより近いというレス見て「なるほど」
と思ったことあるのですけど、大村英昭先生なんかの言われる「現場」レベルに、そんな論争や学系の違いが、
どれだけ反映されていたのかは疑問ですね。特にグプタ朝以降は、一般在家の仏教徒とヒンズー教徒なんか明確
な区別なんてあったんでしょうかね? 檀家レベルの信者さんが、あんなスコラ的な重箱の隅をつつくような論議
に関心があったとも思えないし。

164 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/14 16:27
>>131
了解!!(^^)/
>>157
おっしゃる通りです。当時はどの教団も宗学はさておいて、国家神道とどう迎合していくかに
軸足がかかっていたわけですから。
彼ら(正宗&正宗系)にとっては”どーでもいい”ことなんでしょう。教義の純粋性を犯すような
ものは何者を拒む、という態度ですから。

165 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/14 16:46
>>163訂正
正当ブラーフマニズム→正統ブラーフマニズム
>>164 >>86
波木井さん、お礼が亀レスになってしまい申し訳ありません。こちらこそ今後とも
よろしくお願い致します。それにしても波木井さんの一連のレスのお陰で「日蓮系」
宗学の流れが鳥瞰できて勉強になりました。丸山照雄先生が、「創価学会問題は教学
問題」と昔から言われてた内容を今ようやく理解することできました。


166 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 16:53
>>162
島国さん、「高踏的」だなんてお恥ずかしい。なんか若気の至りの告白のようになってました(笑)。
>私としては、『中論』系の「空性としての縁起」の通俗的表現かとも思うのですが、
「空性」概念の実在化ではないかと思います。なんかバラモン臭くなって来てますね。
>サーンキヤ哲学の「転変」とは、密接に関係にある「倶舎・唯識」との関係はどう
>なるんでしょうか?
プラクリティやアートマンといった根本基体を設定しないところが相違点なのではないかと思いま
す。ではアーラヤ識−私は「識別作用」として受け取っていますが−はどうなんだという疑問はスレ
違いになるのでスルーします(笑)。ともかく本覚思想はこうした思考様式への「先祖還り」であったよ
うに思えますね。また如来蔵思想ないしは佛性思想も本覚思想とリンクして批判されたりしています
が、上の『涅槃経』の記述のように、両者の間には何かしらの思想的断層が存在するのではないか
と考えています。

167 :名無しさん@3周年:03/06/14 16:55
   \     毛       /
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道
       / / ゚ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──アナル      
  \_____/\_____/ 女性の正しいオナニーのやり方【あなたのオナニーはもっと気持ち良くなる】
                   http://dempa.2ch.net/prj/page/ybb/gazou_tousatu.html
               ☆ご意見、ご質問などはこちらへ  mic@asobinojikan.jp     

168 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 17:24
>>163
島国さん
シャンカラの不二一元論に、佛教の形而上学化された部分が吸収されてしまったのも、その凋落傾向に拍
車を掛けたのかもしれませんね。

>一般在家の仏教徒とヒンズー教徒なんか明確な区別なんてあったんでしょうかね?
ほとんどなかったか、あっても非常に曖昧だったと思いますね(笑)。インド人一般にしてみれば、佛教の沙
門だろうが、ヒンドゥーの行者だろうが、ジャイナ教の苦行者だろうが「功徳を積む福田」として同じような認
識だったのではないでしょうか。佛典にもジャイナ教から佛教に改宗しようとするシーハに、今まで通りジャ
イナ教の行者に布施を続けるようにブッダが諭しているものもありますしね。

169 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/14 17:41
>>166
>プラクリティやアートマンといった根本基体を設定しないところが相違点なのではないかと思いま
>す。ではアーラヤ識−私は「識別作用」として受け取っていますが−はどうなんだという疑問はスレ
>違いになるのでスルーします(笑)
早速の御教示ありがとうございます。まあ無相派は、アーラヤ識が現象化される分結局、「円成実性」
がある種一元論的“実体性”を帯びざるを得ないのではないか?とか、有識派は結局、識実有論でアーラヤ
識がある種“実体性”を帯びざるを得ないのではないか?とかそもそもこの両派は本当に違ってるのか?とか
素人がいつも頭悩ますとこですw。また別スレあたりでも解説お願いできたらと思います。私は、中観と唯識
とか、天台と華厳とか、山家派と山外派とかの、それどころかバラモンと仏教の教相の細かい違いなんかもそ
れほど気にならない「外道」ですから、厳格な教学者なんかにはいつも叱られてますが、なんとか私独自の俗
流「和諍思想」で乗り切ってますww。でも本物「和諍思想」の元暁大師なんかは、単純に本覚思想一点張り
の方ではないと思いますけどね。私は大変好きですね。念仏者としても、同時代の善導大師よりも好きなくら
いですw。まあ、「如来蔵思想」と「本覚思想」との思想的断層には私も興味ありますね。『大乗大般涅槃経』
の思想系統と、『如来蔵経』系の「如来蔵思想」本流との違いなんかも気になるところです。今後とも色々御教
授お願い致します。この関係のネタはスレ違いですかね。

170 :名無しさん@3周年:03/06/14 18:01
信仰をわからない闡提どもが集って虚妄を説き、法に計著し、軽毀罵詈するスレ

171 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/14 18:15
>>170
>信仰をわからない闡提どもが集って虚妄を説き、法に計著し、軽毀罵詈する
闡提成仏の法ですよ。南無阿弥陀仏は。南無阿弥陀仏。「法に計著」は、七地
の菩薩様まであるんでしたっけ? 「法華」「念仏」「真言」「禅」etc
みなお互い様ですなww。和諍しましょうYO。南無阿弥陀仏(帰依佛)、
南無妙法蓮華経(帰依法)、南無観世音菩薩(帰依僧)=南無(大師)遍照金剛も同じ。

172 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 18:31
>>169 島国さん
「ご教示」などと、とんでもない(恥)。
思想系統が錯綜している(ように見える)唯識思想に関しては、正直言って現時点では???なことが多すぎて
多くを語れません。一度電波男さんにまともに教えを請わねばと思っています。ただ、中観vs唯識の論争に関
しては、唯識学派の「言い過ぎの危険性」に対する中観学派からの異議申し立ての意味が多分にあるのではと
考えています。また、中国佛教に関しても概説書くらいの知見しか持ち合わせておりませんので、恥ずかしなが
らお役に立てるとは思えません。新羅の元暁大師やその和諍思想は興味深いですね。こちらも機会があれば
ご教示願います。それと、佛性思想や如来蔵思想が何を説かんとしているのかには、以前から関心がありまし
たし、今後の学習課題でもあると考えております。

173 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 18:33
>>158
>アナール派などの「メタヒストリー」

阿呆陀羅經さんって、相当勘が鋭いですねえ。ぼくはシュッツ-バーガーラインで考えて
いたもので(歴史自体は弁証法で捉えるんです)、目からうろこでした。単に新理論の適用
を目的とするような思索は厳に慎むべきですけど、理論の適用に先立つ「今、何を、明らか
にすべきか」といったような大きな問題にも益するところ大ですね。
って、、ぼくも島国さんに“高踏的”と評されてアイタタタ。と恥じ入っておりますが。
まあ、またどっかでドキュソっぷりを発揮しちゃったときはよろしくお願いします。

でもまあ、「今、何を、明らかにすべきか」といったような大きな問題自体は波木井さん
に食いついてレスしていきたいとは思っております。

>>150
なんちゃってハマーさん。レス再びです。

>ここでの正宗MENはハキリMANに友好的だぜ?

って、正宗側の方々の人徳もあるでしょうが、ほぼ強引にw、かつ、対話にはきちんと応えて
きてくれる波木井さんの人徳のおかげもかなり多きいように思うんですけど。
こういうところって、素直に、日蓮系ならではの法の尊さなのかなあ。と感じますね。
実は「折伏」って、外に向かって対話を求めるってことになるんだろうか?
なんて考えたりするんですけど。「居酒屋にちれん」の「Aさん」とかは、すごい尊い方
に感じますね。個人的には。

174 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/14 18:36
>>163
島国さん。顕正スレでは強引に巻き込むような形でご迷惑をかけてしまい反省しております。
申し訳ないです。

>大村英昭先生なんかの言われる「現場」レベルに、そんな論争や学系の違いが、
>どれだけ反映されていたのかは疑問ですね。

「カトリシズム」の主張も傾聴すべき視点だと考えますけど社会学的な分析によって「現場」
が既成事実化されてしまうと、それこそ形骸化しか生み出さないんじゃないでしょうか。
うろおぼえですけど、大村先生の「現場」では「法の味わい」と「教義理解」の違い、みたいな
ところがあまり意識されていないように覚えているんですけど。(もっとも、もしそうだったと
するなら、現在の真宗が抱える問題をそのまま反映しているともいえますが)
一度調べてみます。
でも、>171って、なんともいえんイイですね。

175 :名無しさん@3周年:03/06/14 18:41
闡提は成仏できないからな。がんばれ。

176 :名無しさん@3周年:03/06/14 18:51
闡提って、なんて読むの?
ついでに素人にもわかるように意味教えて。

177 :名無しさん@3周年:03/06/14 19:03
ЮЮ!?:
шссрфтвфшееунўьшьф?гю
цфллфкшьф?ршефлф,
цфлфкфтфлфеефкфб
ьўгшсршвў
лшшеутую
рф?еў


178 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/14 19:08
>>165
いえいえ。もしよろしければ丸山照夫先生、福神という雑誌に連載で執筆されていますので
読んでみてください。この宗学論争をやろう、というのは丸山先生の発案なのですが、宗内
では全く省みられずに、骨抜きにされてしまった、といういわくがあります。

だいぶクセのある人ですから宗内では嫌われているんです。特に宗内代々木系僧侶からは未だに
攻撃対象とされていますね。

丸山先生にとって最大の敵は私でしょう。なんせ身延を支えてきた反動的・保守根檀家の
一員ですから。

しかし丸山先生、何度か電話で話たことがありますよ。波木井本家の戒名は、”信士”だと
言ったらダマクリ返っちゃった。(激笑)さぞいい戒名つけてもらっていると思い込んで
いたようです。(大笑)

179 :名無しさん@3周年:03/06/14 19:09

いっせんだい 3 【一▼闡▽提】

〔梵 icchantika「断善根(だんぜんこん)」「信不具足(しんふぐそく)」と訳す〕〔仏〕 仏になる能力や素質をまったく
もっていないもの。闡提。


せんだい 0 【▼闡提】

〔仏〕〔梵 icchantika 一闡提の略〕仏になることのできないもの。仏になる可能性をもっていない断善闡提と、
菩薩が衆生(しゆじよう)を救うため自分の意志で成仏しない大悲闡提がある。

180 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 19:14
>>175
「闡堤不成佛」ってあなたは五性各別を主張してるの?
>>176
闡堤=一闡堤(いっせんだい)、サンスクリットでは「イッチャンティカ」といい「欲求する人」、漢訳では
「断善根」などと意訳されてます。原意は「現世の欲求を追及する人」という意味ですが、佛典の文脈
では、因果・業報などを説く佛の教法を信ぜず、それを誹謗して成佛の縁を欠く者をいいます。

181 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/14 19:15
涅槃経では、一闡堤、法華経では座よりたった500人ってヤツですね。

182 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 19:22
どうも佛典に出てくるイッチャンティカって、ローカーヤタとかチャールヴァーカみたいなインド的唯物論
者(順世外道)のような気がしますな。

183 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/14 19:39
ああそうそう。正宗&正宗系の言う”外道”と一般仏教徒が使う”外道”は意味が
違うんですよ。

正宗&正宗系の言う”外道”は自宗以外の人を指します。(激藁)

184 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 20:00
>>173
NBさん
私のようなアカデミズム野次馬の思いつきの提言をお褒めいただくとは・・・。我が土留め色の脳細胞ともども恐縮
に存じます(礼)。かといって私の如き素人にそんな研究手法を操作できる能力はないです(泣笑)。でもまあ何かの
お役に立てて良かったです。「シュッツ−バーガーライン」に関してもちょっと調べてみたいと思います。ありがとうご
ざいます。

185 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 20:13
>>183
> 正宗&正宗系の言う”外道”は自宗以外の人を指します。(激藁)
経験上よく理解できます。まともな検討もなしにそうしたレッテル張りを平気で行うところに、正宗&正宗系
のカルト性を感じますね。


186 :名無しさん@3周年:03/06/14 21:01
>>183
??
内外相対のこと?

187 :名無しさん@3周年:03/06/14 21:49
>>182
今風に言えば宗教否定派?

188 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 21:55
>>187
↓を参照してください。このHP全体を読んでみたらいかがでしょうか。
http://lapc01.ippan.numazu-ct.ac.jp/b/ajita.htm

189 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 22:16
>>187
ま、唯物論も一種の宗教でしょうな。


190 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/15 00:32
>>174
NBさん、お気になさらないで下さい。私がおかしな煽りに乗って
しまったのが原因ですからNBさんに関係ありませんよ。そもそも
あのスレでの正宗(法華講)グループと非・正宗グループの諸々の
あれは、馬さん以来、伝統みたいなものですからねww。
大村先生の御自坊って確か宝塚でしたよね。まあ、明治以降開発が進
んだかなり都市部ですから特有の問題があるんでしょうかね。御法義
地じゃないのは確かじゃないですかね? 関西だったら、周辺には、
御法義地多いでしょうけどね。私の所も所謂、真宗地帯ではなくて、
私の家も違いますけど、門徒さんの家にも普通に神棚とか御札ありま
すね。まあ、都市部と地方、それも過疎地域とか真宗地帯と非・真宗
地帯との問題に加えて“地域の変貌”が進んでるわけですから色々大変
だと思います。なんか真宗スレっぽくなってスレ違いめいてきましたので
擱きますが、また何かわかりましたら教えていただきたいです。

191 :,:03/06/15 00:49
菌マンコが朝鮮人である証拠を出してみろ
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1039114536/l50
在日朝鮮人の誇り 菌マンコを称えよう
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1039876547/l50
★学会と北朝鮮がそっくりだと思う★
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1045972720/l50


192 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/15 06:27
>>184
いえ、ぼくなどはただの僧侶ですから、とてもじゃないけど「玄人」などと
呼べるようなしろものじゃないです。
まあ、「現場」に携わる者の一人として思うことは、プレモダンだろうがモダン
だろうがポストモダンだろうが変わらない仏教の事実。とでも呼びうるような
ものをを丹念に拾い集めて伝えていくことが大切だなあ。と、そんなふうに
考えてます。どっちかというと文学的な営みになりますね。

なんらかの目的なり問題なりを定めるというよりも、目的や問題を如来の方
にうち捨てて、野垂れ死にも厭わず日々をただ如来とともに生きていく。みたいな。
それが、つまるところ目的なり問題なりを達成することになっていくんだと信じます。

まあしかし、お付き合いいただくのが、非常にありがたくうれしいです。

193 :名無しさん@3周年:03/06/15 09:26
>>183
正宗の外道は”仏教と違う宗教”と聞いたぞい。


194 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/15 12:32
>>190
お気遣い感謝です。なむ。

「真宗プロテスタンティズム/カトリシズム」の構図って、日蓮系各派
にはどれくらい適用できるんでしょうか。もしかしたら面白い分析枠組み
になるのかも。なんてふと思ったりします。まったくの勉強不足なまま
カキコですけど、日蓮系全体の歴史って割りと「プロ/カト」を軸に展開してる
ようにも見えます。そんななかで波木井さんのレスにあった「本門仏立講」
の成り立ちって、いろんな意味で非常に興味深く魅力的ですね。

でもしかし、波木井さんの「葵講」にせよ、この板にもスレのある「法華講」
にせよ、土地に縛られない強力な講組織ってありがたいですね。町衆の宗教と
言われた由縁でしょうか。

195 :名無しさん@3周年:03/06/15 12:38
>>183
適当なことを言うパキ痢
まともな検討もなくそれを真に受けカルトとレッテル
を張りたがるアホ
類友ってやつか?(w

196 :名無しさん@3周年:03/06/15 13:20
185 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/14 20:13
>>183
>> 正宗&正宗系の言う”外道”は自宗以外の人を指します。(激藁)
>経験上よく理解できます。

この経験っていったい・・・

197 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/15 13:29
>>196
>この経験っていったい・・・
直接的には「折伏」−にもなってなかったが−(笑)。間接的にはこの種の掲示板などでの応答。議論では論証責任
の転嫁など日常茶飯事。答に詰まるとこの種の罵詈雑言のみ。曰く「外道」。曰く「地獄落ち」。曰く「一闡堤」etc。




198 :名無しさん@3周年:03/06/15 13:32
なんでも一括りにするなっつーの
正宗の外道は何だって??

199 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/15 13:41
自宗のドグマを受け容れないもの−その時は私−は、皆上記の形容に当てはまるそうですから。私の考えではなく
向こうさんの発言ですけどね。「五重相対」なんかに何の権威も認めないものにとってはどこ吹く風でしたが(笑)。

しかし、因中有果説めいた因果倶時説を積極的に主張する正宗系のほうに、私なんか余程「外道性」を感じますけ
どねえ。

200 :名無しさん@3周年:03/06/15 13:44
論点ずらしに必死だな

201 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/15 13:47
立論すら出来ていない相手に対して、論点ずらしも何もないでしょうが(笑)。また紙飛礫ですねえ(笑)。

202 :名無しさん@3周年:03/06/15 13:49
( ´,_ゝ`)プッ

203 :名無しさん@3周年:03/06/15 14:03
紙飛礫と感じるんだったら悪かったよ
謝る
でも他宗を批判するんだったらもうちょい
情報を吟味したほうがいいぜ
パキリンのは話半分に聞いといたほうがいいってこと

204 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/15 14:14
>>203
>紙飛礫と感じるんだったら悪かったよ謝る
了解です。それから対話をお望みなら、断片的な煽りのような発言はお慎み願います。それと
コテハンでもつけられたらいかがです?
>でも他宗を批判するんだったらもうちょい情報を吟味したほうがいいぜ
>>185で述べたのは、私の経験上の話です。波木井坊さんの発言に符合することがありました
のでね。それと、どの宗派にも帰属意識のない私のような者に「他宗」という認識はありません。
確認までに。



205 :名無しさん@3周年:03/06/15 19:13
哀れな非法の衆が法を謗るのを見るのは面白いことよのう。
痴者が法を嘲るのは仕方のないことぞ。
吼えてホザいて讒言しまくれ。オモシロ可笑しく見物させてもらうぞ。
痴者に何を申しても申さぬと同じことよ。
自ら吐きたる毒で倒れのたうつこと、世にも珍しき珍喜劇なり白痴の見世物なり。

206 :名無しさん@3周年:03/06/15 20:46
成仏するか否かというのは、結局どのように決まるとされているのですか?
っていうか、どなたにその決定権があるとされているのですか?
閻魔さまですか?

207 :名無しさん@3周年:03/06/15 22:40
>>206
それより成仏って何かわかってるの?

208 :名無しさん@3周年:03/06/15 23:50
えっ! 仏になることじゃないんですいか

209 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/16 11:02
日蓮正宗時代の創価学会はよく最後につまると”外道”なんてよく使っていたよ。(笑)

あるオフ会で、アルフさんという人に席上で仏教でいう”外道”の意味を尋ねられたことが
あるんだが、やはり正宗系の”外道”は自分のところのドグマにハマらない人の意味的に
使用しているんだよ。

そういう事例は現場でいっぱいあるんだよね。

210 :名無しさん@3周年:03/06/16 14:09
仏が何かもわからず正宗だの阿弥陀だの論じるところが凡夫のありさまか。

211 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/16 21:40
いいんじゃないの?俺達は凡夫なんだから。キミは論理が逆さまなんだよね。

212 :名無しさん@3周年:03/06/16 21:45
仏は悟った人だよ

213 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/16 21:48
後最近、正宗で気になっている動向があるんだよね。本覚思想肯定派の花野師をヨイショする
動きが出てきていることですよ。

これ、一種の麻薬みたいなもんで、使い方間違えると薬が毒薬になる。正宗の本佛論とか、
本尊観、そして折伏論全体に考慮入れると、正宗でこの”薬(ヤク)”やると、ちょっと
歯止めが利かなくなるんじゃないかと心配しているんだよね。

ただでさえ正宗&正宗系教義には、ラリっちゃうところがあるのにここに本覚思想をブチ
込むと、完全に思考が逝ってしまうんじゃないかと。

正宗の教義に已身本尊観連結するとさらにひでえ独善的・排他的宗教になっちゃうような
気がするんですよ。それも観念の部分でさらに。

学会あたりはちゃんとわかっていて、花野師を”天台より”と批判するわけだが、正宗側は、
鼻にもかけていないようだ。(というか気がついていないのか、信者にこの麻薬を吸わせようと
考えているのか。)

ちょっとねえこれどう思いますか?みなさんは。

214 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/16 21:58
最近の日蓮宗はというと、この本覚思想を排する傾向があって、時代時代の
解釈で途中に本覚思想が入り込んじゃっているのを取り除く方向に走っている
わけです。

ま日蓮宗の戦後における”一種の解毒(剤)”ですね。今までの伝統的な”日蓮教学”
といわれるところの随所にこの本覚思想が浮腫のように入り込んじゃっていて、
日蓮宗はこの浮腫の削除手術をしている最中なわけです。

正宗の動きはというとまったく逆行していて、この花野師のヨイショが近年著しいわけです。
まあ日蓮宗は、ローカライズされすぎちゃっている部分を排してよりグローバルな方向へも
転換しているとも言っていい。

学会も会則変更で、戒壇本尊ーー>一閻浮提総与本尊と抽象的な概念に動き出している。一種の
法本尊論観です。(というと学会員は否定するでしょうけど)東洋哲学研究所の松戸幸雄氏が、
去年、福神に出ましたけど、松戸氏のドイツ観念哲学流本尊論のベースは、結構、優陀那日輝師
だったりするわけで、意外と日蓮宗的だったりする。

なのに正宗だけは本覚思想に逝ってヨシ!なわけで。

215 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/16 22:08
福神に登場した松戸行雄氏は、「現代的課題としての凡夫本佛論」のなかで
〜これが同じように理解される「本覚思想」の傾向性であるが、しかしそのような
接点は凡夫本佛論にはない。P114

と明言しており、松戸氏は本覚思想の危険さを十分承知した上で論を進めて
いるわけです。学会の会則変更以前に漏れ伝えられた話によると、学会広宣部では
法本尊でいくのか、紙幅本尊でいくのかかなりの論争があったようで、この法本尊派
は松戸氏の影響をかなり受けているようである。

まあ意外と学会のほうが本尊観については理性の歯止めがかかっている。対して正宗はと
いうと今になって本覚思想推進派が台頭してくるわけですよ。

みなさんはどう思われますか。

216 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/16 22:31
ただこの松戸氏、東哲から事実上の追放処分みたくなっちゃっているんですよね・・・。
意外と日蓮宗では評価する人がいるんですけどねえ・・・。

217 :名無しさん@3周年:03/06/16 22:59
さすがに正宗はカルトの大御所だけある。

218 :名無しさん@3周年:03/06/16 23:14
>>216波木井様
不勉強でスイマセンが本覚思想というのは、どのようなものですか?
簡単にご解説いただけませんか?

219 :名無しさん@3周年:03/06/17 00:14
こんなとこにいやがったか
嘘八百の講釈垂れてねーで早く本レス来いって
みんな待ってるよ

220 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/17 00:18
>>218
辞書引きで甚だ恐縮ですが、こんなものでしょう。
【本覚】
〔仏〕
(1)煩悩(ぼんのう)を消して悟りに向かい始める始覚に対し、人間の心にそもそも備わっているもの
としての悟り。煩悩に満ちた人間の心の中に存在している汚れない真理。
(2)日本の中古・中世の天台宗で、現実として成立している真理。
→天台本覚論
【天台本覚論】
平安後期に始まり、中世に盛行した日本天台宗の現実や欲望を肯定的に捉える理論。本覚の解釈
を拡大して、現実の世界や人間の心がそのまま真理であり、本覚そのものの姿であると説き、煩悩
と菩提を同一のものとし、修行を軽視する傾向をもつ。天台本覚思想。
三省堂提供「大辞林 第二版」より

221 :218:03/06/17 00:28
>>220阿呆陀羅經様
ありがとうございました。

>現実の世界や人間の心がそのまま真理であり、本覚そのものの姿であると説き、煩悩
>と菩提を同一のものとし、修行を軽視する傾向をもつ

これは創価学会にも見られる事だと感じました。


222 :優しい名無しさん:03/06/17 00:30
もうかりますか?

223 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/17 00:35
>波木井坊さん
正宗系教義を検討していくと、必ず本覚思想に行き当たりますね(笑)。「因果倶時」や「久遠元初」などの
教理用語、あるいは「唯授一人の血脈」とかにその濃厚な影響が感じ取れます。個人的にはこうした思
想は佛教というよりむしろ、バラモン哲学の流出論や因中有果論を連想してしまいます。創価がよく主張
する「宇宙法界」みたいな概念もこうした思想形態の焼き直しと思えます。

224 :名無しさん@3周年:03/06/17 01:23
>223
たいした考察も無くパキ坊の論を都合よく自論に取り入れたり
”正宗系”と十把一絡にして何が何でも”外道”のレッテルを貼るあたり
層化あたりの香具師と全く同類だ

225 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 01:41
>>223
そうなんですわ。これは私の推測ですがやっぱり(苦笑)要山(京都要法寺)の影響ではないかと。
教師もそうですし、寛師以前に大石寺は要山と一山制を結んで歴代9代が要山系で
占められている。つまり京都の当時の教学論争の影響が東国の山寺にも及んだ、それも
要山経由で色濃く残っているという証拠にもなるかと。(笑)

正宗は知らぬ存ぜぬどころか、自分たちのオリジナル製を強調いたしますが、教理用語や
その他教学を詳細に調べていくと色濃く本覚思想の洗礼を受けたな、と思える部位が
たくさんあるわけですわ。

学会の場合はこれに大正生命主義がプラスされていきます。この大正生命主義はブラバツキー
なんかの影響をまた受けているので、学会の生命論はかた異質な輝きちゅうか(笑)仏教思想
とはカラーの違う生命論があるわけでして。

これが正宗に逆輸入されちゃうわけでね。(大笑)

226 :傍観者:03/06/17 01:46
どうやら、「アンチ日蓮正宗」の人々も、少なくともこのスレではカルト化してる
ようですね。都合がいいときだけ利用されてたにすぎないんでしょうか。

まあ、ほんとに、人の痛みに鈍感になって、閉鎖的空間で馴れ合っちゃうのって、
日蓮系(アンチ含む)カルトの特徴なんでしょうかね。

227 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 01:47
本覚思想にはどんな毒、ちゅうか麻薬性があるかと簡単に説明すると、十世界論ですな。
仏と凡夫の距離間が極めてしまく詰まっていく。

自分の中に仏性があるちゅうところまではともかくも、この距離感が祈りの対称としては、
程よいところにあればいいんですが、これがくっついちゃう。

くっちゅいちゃうとどうなるか。”自分は仏”となっちゃうわけですよ。これに
正宗の本佛論や法主本佛、本尊論、已身本尊が展開していっちゃうとたいへんな
食中毒、というより麻薬患者、ヤク中、もうメロメロのドロドロ、逝っちゃった状態
になっちゃう。

正宗はたいへん危険な橋を信者に渡らせようとしているわけですよ。わたしはたいへんな
危惧を抱いているわけです。

228 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 01:50
>>227
訂正
>十界論ですな。
>祈りの対象

229 :名無しさん@3周年:03/06/17 01:55
バラモン教がすべて間違いであるということは、そもそも間違いですけどね。

仏教初歩の考え方からすると、「どちらでもよい」部類のことなのですが、

仏教本来の考え方によって真理を得て考察を深めていくと、当然行き当たる

のがバラモン教の真理とほぼ同じところです。基本のスタンスが既に間違って

いる人が多いですから、2chの仏教ヲタさんたちは思考が偏りがちなのです。

230 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 02:00
創価学会の東洋哲学研究所のに所属していた松戸行雄氏は、本覚思想がどんな
に危険なものかを知っていたわけです。中古天台に已身本尊論というものがあり、
本覚思想がどんなに観念上危険であるかをちゃんと理解した上で凡夫本佛論を
展開していたわけです。

実は日蓮宗の現宗研では、創価学会がこの本覚思想にハマるのではないかとたいへん
危惧していたんですよ。というのは破門されたら本尊問題でどうしても詰まっていく。
登山できない信者に戒壇本尊という人寄せパンダを利用することはできないから、
どう本尊と信者を向かわせるかのたいへんな危惧があったわけです。

しかしこの危惧とは裏腹に学会の本尊観のほうがある意味健康的な方向に今回の
会則変更で逝くことがわかった。逆に正宗は、花野師をヨイショする方向で、
本覚思想肯定で走り始めちゃった。

日蓮宗はこの本覚思想の解毒をここ10年余り始めたばかりなのに。

私がどうして学会より正宗を危惧するかのり理由はここにあるのです。

231 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 02:01
日蓮宗はこの本覚思想の解毒をここ10年余り始めたばかりなのに。

私がどうして学会より正宗を危惧するかの理由はここにあるのです。


232 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/17 02:03
>>221
思うに本覚思想とは一種の形而上的実在論であり、非佛教的な要素を濃厚に持った思想かと考えます。インド佛教で
はこうした思潮は発達を遂げませんでしたが、中国で称えられて後天台山周辺で発展し、平安初期に日本へもたらさ
れて大流行を遂げます。平安中期以降の日本佛教はこれと末法思想抜きには語れないといっても過言ではありませ
ん。こうした外教的思想が日本において発達流布を遂げたのは、バラモン哲学諸派や沙門系教派との議論が教説展
開の前提にあったインドなどと違い、佛教伝来以前の日本に、佛教教理に対抗出来うるような思想体系が存せず、事
実上の独走状態になってしまったこと。また、模擬的議論はあったにせよ、内外道の思想的差異の把握がリアルなも
のになり得なかったことに起因するのではないかと考えます。ま、このあたり充分に把握できていないかもしれません
ので、識者のご叱正をお待ちします。

233 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 02:08
片や本尊書写自由の宗門が本覚思想にハマっていく。もう一方では、本尊書写
が許されない信徒団体が、健康的な方向性で本尊観を変化させていく。

こういう逆転現象はそうそうにあるものじゃありません。というかたいへん不思議な
現象とも言えるわけでして。

佼成会は日蓮宗に破門されて、本尊を絵像に変えましたが、佼成会の教義は
ある種世俗宗教が入り混じっていますから弾力性があった。ギッチギチの教義を
持つ創価学会の本尊観の行方がたいへん気がかりだったわけですが、正宗より
ずっとずっと健康的な本尊観に傾いていっている。

逆に考えれば、召集がますます観念の”無限ループ”に落ちていっているな、
ともいえるわけです。

234 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 02:10
>>232
いやおっしゃられる通りです。ご意見を全面的に支持します。

235 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/17 02:11
>>225
波木井坊さん、どうもです。あと、関東は仙波などの天台檀林に伝わった教説の影響なども指摘されます
ね。それと下記の図式はコピぺですが、なかなか興味深い対比です。

 【中古天台恵心流】      【石山・寛師説】
  止観勝法華          文底勝文上
  寿量品の内証        寿量品の文底
  自受用報身(<天台)   自受用報身(<日蓮)
  七箇の大事          七箇の大事
  切紙相承           切紙相承
  本因行の能化        本因妙の教主
  嫡流一人秘すべし     唯授一人秘すべし
  五百塵点最初        五百塵点当初

236 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 02:18
>>235
あららららら・・・・・・・・・・・・・。(苦笑)

仙波、というと千葉の飯高壇林ともそう遠く離れておりませんねえぇ。。。

237 :名無しさん@3周年:03/06/17 03:16
いずれにしろ板おがんでたらあかんやろ。

238 :名無しさん@3周年:03/06/17 03:19
じゃあ何拝むのさ。 

239 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/17 10:50
そこだよそこ。

240 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/17 12:21
>>236
維新時の廃佛毀釈までは、関東天台は隆盛を誇っておりましたからね。

ご指摘の本覚思想の持つ「麻薬性」に激しく同意です。歯止めの利かない自己肯定や現状肯定、そして
「あるがまま」の無批判な受容は、それこそ「末法」的モラルハザード状態の現出に容易に繋がる危険性
を孕むと考えます−末法思想と本覚思想との相関性や親和性にも要注目かと思います−。また、こうし
た思潮は佛教のみならず、現代の「ニューエイジ思想」などにも顕著に見られるという指摘もありますね。
その源流あたりにブラヴァツキー夫人の神智学協会などの存在が位置付けられるかもしれません。実
はこの団体、佛教との縁も浅からずのようです。既にご存知かもしれませんが下記をご参照ください。
http://homepage1.nifty.com/boddo/ajia/all/index.html

241 :名無しさん@3周年:03/06/17 12:38
自己肯定、現状肯定、あるがまま
これらは不可欠なんですけどね。否定するものは、
一生否定の人生です。

242 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/17 12:44
>>241に補足を入れると面白い(笑)
自己肯定、現状肯定、あるがまま(の受け容れを信者に信じ込ませること、)
これらは(カルト維持のために)不可欠なんですけどね。否定するものは、
一生(カルト)否定の人生です。


243 :名無しさん@3周年:03/06/17 15:44
>>239
ハキリンはホログラム本尊でしょ?
頑張って開発してね!
楽しみにしているから。


244 :名無しさん@3周年:03/06/17 15:58
形のあるもの拝んでる以上宗教として幼稚なんじゃないの。
それと本覚思想が麻薬といっても親鸞流念仏の毒に当たった人に
比べれば少数派でしょ。
ニューエイジの誰でもエンライトメントは確かにひどい。
タカハシ氏のような被害者を実際生んでるし。
あと互いにカルト呼ばわりするのはウヨサヨチョン呼ばわりといっしょで
幼稚なので慎みましょう。

245 :名無しさん@3周年:03/06/17 16:30
>>244
ここの香具師等は幼稚が多いので仕方ないっす。
大目に見てあげましょう

246 :名無しさん@3周年:03/06/17 19:17
自己否定、現状否定、あるがままを受け入れない。
法則に対して逆らう者。自我を太らせるもの。
自分ばかりか人を否定する者

247 :名無しさん@3周年:03/06/17 20:10
波木井タソに質問
日蓮宗は大乗非仏をどこまで受け入れることができるの?
ぶっちゃけた話、法華経って仏教を讃える為に創作された仏教戯曲でしょ?
でもって、日蓮タソはあのおとぎ話の内容を真に受けちゃった訳でしょ?
そこんとこど〜なんよ?
まあ、このスレの正宗系の本仏うんぬんはイタすぎて論外だけど。

248 :名無しさん@3周年:03/06/17 20:22
大乗が非仏なら小乗も非仏だわな。

249 :名無しさん@3周年:03/06/17 20:33
経典仏教自体が非仏ってこと

250 :名無しさん@3周年:03/06/18 03:44
もともと仏教なんか評価していないヤツに限って大乗非仏とか言うんだよな。
防衛のための自衛隊すら軍隊だから無くせといってる連中ににてるよ。
ただきらいだから否定してるだけ。

251 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 04:28
阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQさん。こんばんわなのかおはようございます、なのか。(藁)

今日はいろいろ忙しくその合間に箱根神社に立ち寄りお参りしてまいりました。
特に九首竜のお社には。(藁)

また本日夕方にも。

252 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 04:32
>>247
まあこれはこれからの課題でしょうなァ。しかし取り入れなくては、海外布教は
出来ませんよ。これ以上の教線の拡大はたいへん難しいし、キリスト教やイスラム教
と渡り合ってはいけなくなる。

それとね。あなたと我々は論理が逆転しているのですよ。大乗非佛説だから、
宗祖本佛論(上杉先生は八品派の繰かえし本佛論ね)を導入しなくちゃいけなく
なっている、と我々は考えているんです。

253 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 04:36
これは何も日蓮系だけじゃない。前にも書きましたが天台でも真言でも念仏系
でもいえることで大乗経典が仏説、釈迦直伝とないとなると、この空白を埋めなくちゃ
いけなくなる。

ここでこの間隙を埋めるものが宗祖本佛論、となるわけですよ。もちろん現在の
伝統教義も矛盾なくしていかなくちゃいけない。だから上行ーー>本佛ーー>上行ーー>本佛...etc
と円管のようにつながっていく。つまり一致派と勝劣派の止揚でもあるし、
大乗非佛説の間隙を埋めるための二重の効果を我々は期待しているわけですよ。

254 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 04:42
僕らの考えていることは、旧来の教義論争を止揚するのと、大乗非佛説を
取り入れることによってこの間隙を埋めること。そして最大の目標は、
近代教学を日蓮宗に導入することですよ。

3次元のホログラムご本尊、これは何も私だけでの発想でもなんでもない。

池上本門寺の伽藍を見て誰もが不服に思った。私も諸菩薩の上下関係が、まだ
表現できていないとはっきり自覚した。

まさか仏像をピアノ線で吊り上げるわけにもいかない。もちろん紙幅も板も
2次元ですからこれはもう論外ですよ。

このホログラムご本尊は何も日蓮曼荼羅だけじゃなく天台や真言などの曼荼羅にも
応用が十分できる。

255 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 04:47
少なくとも、明治以前の日本人には”遠近法”というものがないのです。

当然宗祖日蓮大聖人も親鸞も真如も空海も何もかも、立体を平面で表現する
方法をもたなかったわけですよ。これは当時としてはしょうがなかった。

もし宗祖日蓮大聖人が”遠近法”を知っていたら、文字本尊の作り方が
全く違ったものになるはずだ、と私は考えているのですよ。

これは天台や真言の絵曼荼羅だともっとリアルに表現できます。<ホログラム絵曼荼羅

今ぼくらの見ている文字曼荼羅や絵曼荼羅、そして仏像の勧請の仕方は2元的です。
もっとリアルに表現したい、と私は考えているんですよね。何も妄想なんかではないのです。

256 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 04:50
しかし戒壇本尊拝んでいる人には、何ゆえか、こういう発想が無いね。
実に不思議で、こう考えることを謗法だ、とか不遜だ、などと感じちゃう
からね。彼らは。

私からすると現在の上下関係が表現しきれていない”2次元曼荼羅”すっげえ
不満なんですけどね・・・・・・・。

257 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/18 08:36
>>251
波木井坊さん、どうもです。今日明日と仕事で出掛けます。またレスさせていただきます。

258 :名無しさん@3周年:03/06/18 10:34
大乗派は当時の創価のようなものだからね。
僧侶を見下して自分達を大乗と称したんだから。

259 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 11:04
>>258
それには少し異論があるねえ。

この前もNHKでやっていてが、大乗の興きたのは、ウズベキスタンのクシャン人、
ガンダーラだといわれている。もちろんこの大乗仏教を大いに興したのは、
時のウズベキスタンの王様で、今まで言われたような、単純なウバイ・ウバソクと比丘・比丘尼の対立
構造ではなかった、というのがわかってきているからね。

260 :名無しさん@3周年:03/06/18 11:06
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html

261 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/18 11:07
>>257
了解!

262 :名無しさん@3周年:03/06/18 15:00
天台大師の功罪だわな。
全てのあらゆる経典を釈尊の教えであるとする為の五時八教の教判がこじつけ。
当時の努力は尊重するけれど、後世の仏教をおかしなものにしてしまった。

263 :在家:03/06/18 16:27
>>259
2chあたりで大乗非仏て言葉を使いたい人たちは仏教そのものを
否定したいだけじゃないですか?
かっての富永某あたりとは知性的境涯?がおおきく異なる。
私もあのドキュ見て以前から言われていた説が定説になりつつあるなと
感じました。
ただ私的には僧侶側が学術的事実に即応するのもどうかと感じます。
名前は忘れましたが、かなり前に正宗から独立したDQN僧侶が
”真のご本尊は室町期に現された。私はそれを護持している”とか言い出して
弟子たちに自分を自受用報身仏として崇めさせ、本まで出してましたね。
彼は仏滅時の誤謬を正したくて五の五百歳本尊を16Cに出現したことにした。
で、その作者は不明。それを現在まで護持した組織も不明とした。
いまその一派の消息はわかりませんが、なんだか涙ぐましい努力だ(笑)と
その時は感じましたね。
なので宗門としては学問は学問として宗学は宗学として置いておいたほうが
宗教家の立場としては良いのではないかと存じます。
信仰は矛盾を含んでなんぼのもんですし(笑)



264 :名無しさん@3周年:03/06/18 17:49
>彼は仏滅時の誤謬を正したくて五の五百歳本尊を16Cに出現したことにした。
妙法蓮華経宗の玉井日礼でつか?

265 :名無しさん@3周年:03/06/18 20:51
hakiri to matomoni giron sururentyuha baka dato omou


266 :名無しさん@3周年:03/06/18 22:26
shousyu unko

267 :在家:03/06/19 00:43
>> 256,266
君もじゅうぶんウンコだから心配すんな。

268 :名無しさん@3周年:03/06/19 03:35
>>264
いいえ自分を日蓮の再誕だというぐらいのDQNなので別人だと思います。

269 :名無しさん@3周年:03/06/19 15:50

>1056.アホウ、(苦笑)、
>名前:法太郎、 日付:6月9日(月) 18時58分


>>なんだ、法太郎御大だから妙観に一泡ふかすとみーんな期待したのだぜ。
>>所詮は同じ穴のむじなってことになるか。


>※バカが、(苦笑)、オレは妙観講の大草氏は若い頃から尊敬しておるのだ。

>今から30年ほど前だ。
>理境坊支部の妙観講総部長だった大草氏は早稲田の歎異抄研究会と大論戦を
>繰り広げ、妙観会きっての秀才といわれた花野師とともに臨み、大勝利を収めた。

>当時この話は宗内を駆け巡り血湧き肉躍る武勇伝として伝えられた。
>オマエたちごとき痴犬どもの及ぶものではない。バカが。(笑)、

http://www1.ezbbs.net/01/yumyo/



花○と長○は、2人とも日本宗教学会員。 (笑) 

  妙観講−花○−長○−法太郎

これが、宗門過激派の「悪の枢軸」。 (笑) 


270 :名無しさん@3周年:03/06/19 15:55

>1088.精師造仏疑惑、
>名前:法太郎、 日付:6月13日(金) 19時31分

>既にあちこちで論じてきたことである。

>未公開ではあるが、本物の法華講員であればお寺へ行き、
>富士学報の31号を御住職より借用して読むべきである。

>森岡雄樹師の『日精上人の御化導拝考』に森岡尊師の詳細な研究発表が
>掲載されておる。教学を志す法華講員、必読の一書である。

http://www1.ezbbs.net/01/yumyo/



これは、忠○寺のyuzzuのことを言ってる。
法太郎の日○寺じゃないですよ。 (笑)

yuzzuは、SF研で徹底的に論破されて逃げ廻ってんのに、
後になってから何言ってんだか。
僧侶同士、傷を舐め合ってんじゃない!

それにしても、信者には未公開の『富士学報』(僧侶専用の雑誌)を、
法太郎が持ってるのは、なんでだろう・・・・・なんでだろう・・・・・  

結局、そういうことなんですよ、皆さん! (大笑)



271 :銭函:03/06/19 16:12

>なるほど、 投稿者:呆太郎、  
>投稿日: 6月13日(金)20時14分34秒

>この5月24日付け本サイトで、全国のありとあらゆるメディアに先駆け、
>池田大作・創価学会名誉会長の病気を「かなり深刻な脳系の疾患、すなわち
>脳梗塞」とスクープしましたが、実は、ここで私はかなり控えめな表現をしていました。

>というのは、いきなり、あまり重い病状をアカラサマに出してしまうと、いろんな
>方々にあらぬ心配をかけてしまうのではないかと、私なりに少し配慮したからです(笑)。

>しかし、その後も、いろんなところからウラを取る中で、「かなり重い脳梗塞は
>ほぼ間違いなく、発病前のような完全復帰はまず無理」との情報を得ました。

http://6104.teacup.com/maruzo21/bbs


銭函のハンドルは、日○寺にほど近い所にあるラーメン屋から拝借しました。(笑)
日○寺は、教師だけでも常時4〜5人います。こんな末寺は、日本中他にありません。
日○寺がこんなに多くの教師を抱えてる理由は「特別な任務」があるからです。(笑)

法太郎が叫けば叫くほど矛盾が噴出してんのに、間抜けな坊さんの偽装工作を
鵜呑みにしてるネッターは、かなり頭が悪いです。
もちろん日顕は、学会と日○寺の間のトラブルも、法太郎の投稿記事が「慧妙」に
掲載されることも、事前に知ってました。

今でも「フェイク第4256号」のガセネタ怪文書をばらまいた犯人は、まだ
わかってないと思いますが、まぁ、あの一味に間違いないでしょう。 (笑)
尚、上記のように、「池田名誉会長重病説」のガセネタ怪文書を、法太郎が率先
してネットにばらまいてたことは事実です。
最近、慌てて訂正してますけど。 (大笑)

272 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/19 18:28
>>269
リンク先の管理人の野田中というのは、どういう人なんでしょうか?この早稲田の
歎異抄研究会というのは、若しかして親○会のこと?だとしたら、20数年前じゃない?
私がご縁ある少し前だが、s会(親○会のこと)関連の(脱会者の)サイト情報では、この
頃に、顕正会の前身の妙信講とぶつかったり(『現代』の記事で、昔、浅井克衛氏も触れて
ますね。)、創価学会のよちきさんのサイト等の情報によると、創価学会の学生部と、s会
が論戦したりしたようです。今時、昔ながらの“法華vs念仏”の法論(呆論?)なんてやるの、
真宗系では、s会が唯一(もしかして分派の○の会もかな?)だと思うし、日蓮系でも正宗系くら
いでしょう? それに当時は、「歎異抄研究会」の名を学内では使ってました(創価の「第三文明研究会
or「東洋思想研究会」とか統一の「原理研究会」と並んで一部の学園内では結構有名だったと思う。)
でも花野師が相手だったら、相手にならなかったでしょうww。それともs会にも当時は、少しはまともな
論客いたのかな?しかし、s会相手の論戦に勝ったという話が、「宗内を駆け巡り血沸き肉踊る武勇伝として
伝えられた」というのもどうなんでしょうか? M観講がなのか宗内がなのかs会と同レベルということ?


273 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/06/19 18:49
>>272
私は早稲田OBじゃないので、全く知りません(関西方面です)。創価の関西学生部と
s会学生部の法論については、当時、双方の関係者から聞いたことあります。s会
の方は、H大院生(当時)のT氏、創価の方は、K大院生(当時)のY氏が対峙した
ようです。両方とも自分ところが、“大勝利”で相手をメタメタにやっつけたって言
ってましたww。

274 :名無しさん@3周年:03/06/19 21:25
>>273
そおいうあなたは松田聖子全盛期に青春を送られたわけですな。

275 :名無しさん@3周年:03/06/19 21:50
というか、日蓮なんて実にヘンな宗教だなあと。

お題目唱えて気分がよくなったってんならそれはあくまでも「ストレス医学」の
範疇でしょう。チガイますかね?それで仏教とかとどう結びつくんでしょうか。
わかりませんね。ヤクをやって気分がよくなった、これとどう違うんですかい。

そこへいくと禅は一番の仏教だろうなと思うなあ。なぜなら仏教は仏教ではないから
だよ。すなわちだからこそ仏教というのだ。とね。まさに仏教だろう?どうだあ?

276 :名無しさん@3周年:03/06/19 21:52
仏教だからありがたい。あ、そう。それならその仏教はちっともありがたくない。
ばからしい。それなら仏教とは何?いや何だからなんだってんだ?ああん?

くだらんにもほどがあるだろ?

277 :名無しさん@3周年:03/06/19 21:55
本仏だとか、それはなに?本仏だとエライの?くだらん。ばからしい。
あほらしい。なんて仏教から遠い話しをしているのかと。もうあほかと
馬しかかと、なあそうだろ?

278 :名無しさん@3周年:03/06/19 21:57
それならキリスtおがエライのとなんのかわりもないんでねえの?実はあんたら
はキリスト教の亜流なんじゃねえの?それならわかる気もすっけどな。

279 :名無しさん@3周年:03/06/19 21:59
上田の下だの。何が仏教なん?

280 :名無しさん@3周年:03/06/19 23:24
今日も下痢でした
みなさんお幸せに

281 :名無しさん@3周年:03/06/19 23:40
>>269-271
ここに難癖書く前に、そのHPの掲示板で反論すればどうよ?

282 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/20 00:12
>波木井坊さん
帰りましたので、またよろしくお願いします。
>>259
件の番組の放映を失念しておりました(汗)。話題になっていた新発見の文書は多分ノルウェーの
「スコイエン・コレクション」ではないかと思うのですが。いかがでしょう。
http://www.nb.no/baser/schoyen/5/5.19/index.html
にコレクション所収の佛典写本の画像が
http://tiger.bun.kyoto-u.ac.jp/letter/007/matsuda.html
http://www.h4.dion.ne.jp/~indology/Blb.htm
などに、新発見の佛典写本についての情報があります。

283 :名無しさん@3周年:03/06/20 00:49
>282
現実の凄みってやつですな。コレクター所有の未発表お宝も有るんでしょうね。
これらと比較すると、、、
スコイエン・コレクション>>>>>>>>>∞>>>>>>>>>>>>>>>戒壇板本尊

284 :名無しさん@3周年:03/06/20 01:43
チショーが放置されている...

285 :座敷童の亀吉:03/06/20 02:48
>>282
あどうも。お帰りなさい。
ちょっと見てみますね。どうも教えていただき誠にありがとうございます。

286 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:49
政府のなくなったイラクみて思ったよ。
 やりたいほうだいじゃん。
 宗教は平和な時のみ成り立つ娯楽だな。


287 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:50
偶像=中身はカラッポ そんな香具師を崇め奉ってるだなんて
こッKーだyo!!cookie!!


288 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:51
>>285
おまえが答えてどうすんだ。そうやってまたハキリを陥れるつもりだな。

289 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:51
そもそもの宗教の目的を考えれば、大抵の宗教は失敗でしょう。
地獄や悪魔みたいな言葉で脅して、恐怖で人を操ろうなんて無理。
その上、金儲けの手段になっちゃー意味も何もない。

確かに人が生きていく上で倫理観や道徳は必要。
でも、それを宗教に求めるのは必ずしも正解ではない。

人間が理想の人生を送る為には、根本的な事から変えなきゃダメでしょう。
やさしさと甘えや、厳しさと野蛮が曖昧すぎたりしてるでしょ?

神様信じるのに必死になってないで、まず、自分自身を信じられる様に努力するべきでしょう。
これからの時代は、『自分教』の時代。
他人や物に頼っているから、自分の器以上の欲を出すのよ。


290 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:52
人間は不完全な存在。神は完全。
                                   


291 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:53
>>288
きっと自然板の住民でしょ。
                             
                    

292 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:55
m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、

ばれたか。ここはID制がないからだいじょうぶだと思ったのだが。
                       
しかしパキリのやつどこいったんだろうね。

293 :座敷童の亀吉 :03/06/20 02:56
パキリ〜〜〜〜〜〜〜〜!どこいった??
m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、
m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、
m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、

294 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:58
ホタロさんホタロさんホタロさん、m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、
っとくらぁ。パキ坊どこいった?

295 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:59
ノリマキノリマキノリマキ・・・どもでした〜〜。m(_ _)ノ彡☆バンバン、m(_ _)ノ彡☆バンバン、

296 :名無しさん@3周年:03/06/20 12:02
写真にも、まともに
載せられない板本尊。
創価学会が離れてる内にニセモノなんだって白状しちゃいなよ。

詐欺行為に加担しててよく僧侶だ出家だって平気な顔してられる。あんな板ほんぞんで
満足してちゃ駄目。
勿論偶像崇拝はバカらしいがそれよりもバカらしい立場にいた事を僧俗共に自覚しよう。
直筆じゃなければ直筆じゃないって今が詫びるチャンスじゃない!本物の日蓮の弟子に
成り給れ
(゜o゜)\(-_-)

297 :名無しさん@3周年:03/06/20 15:25
>>296
馬鹿か?
”大石寺には直筆の本尊が無い”と良く禿とかがのたまっているが、何を証拠に
ほざいているんだか。
大石寺にも何体かあるっちゅーの!
まったくボォケが。
で、本当に戒壇の御本尊が偽者だったら今ごろ創価が正当な手段で訴えているで
あろう。
そんな単純な事がわからんのか?










あ、すまん。
人並みの判断もとめた漏れが悪かったわ。

298 :名無しさん@3周年:03/06/20 15:34
>>289
釣り?
マジなら恥ずかしい...

299 :名無しさん@3周年:03/06/20 15:46
>>297
「創価が訴えない=本物」???
すげ〜詭弁ダネ。pu

宅間の日顕本尊は偽者ですか?

300 :名無しさん@3周年:03/06/20 16:30
>297
これって「創価の訴えは正しいから」ってことになるぞ。

板本尊を懸けて創価の訴えの正しさを証明したんですね。
さ・す・が 板本尊はありがたいことで。

301 :コピペしようせ!!:03/06/20 16:36
早稲田大SuperFree強姦事件のまとめページ
http://www.memorize.ne.jp/diary/06/93147/
早稲田大レイプ魔晒し上げ画像
http://tmp.2chan.net/img2/src/1056025506230.jpg
http://oosaka52.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img/586.jpg
早稲田大レイプ魔晒し上げフラッシュ
http://cstrike-inr.mine.nu/SuperFree/waseda.swf


302 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/20 16:49
こうした正宗系教団間の泥仕合を眺め渡せば、その共通ドグマの根本に巨大な「魔」が潜んでいるよう
に思えますねえ・・・。

303 :名無しさん@3周年:03/06/20 19:27
アンチも含む

304 :名無しさん@3周年:03/06/20 20:18
正宗系のなかでは、宗門法華講側が一番粘着で始末に負えない。
グループ中で自分らが正嫡であるという自負が鼻につく。
その立場からの物の見方しか出来ないので困ったものである。

かえって、創価、正信、顕正の方が分派という引け目が少なからずも有るのか、
まともにみえる場合がある。変な香具師らだな。

305 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 20:22
このスレが広く読まれることで、猿宗教(創価・正宗・顕正)を渡り歩く猿人がはやく
人に進化できればいいですね。(藁)

306 :名無しさん@3周年:03/06/20 20:57
正宗系の香具師たちは、NAVERの韓国人と脳内が同じ。手に負えない。
マジに相手をしちゃあ逝けない。軽く遊んでやるつもりで対応しましょう。


307 :名無しさん@3周年:03/06/20 22:54
第三者からみてるとここで正宗系たたいてる連中もカルトだがな(w

308 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 23:02
どうやら人の皮を被った猿がいるようだな。(藁)

309 :創価・公明板 出張版:03/06/20 23:07

日蓮はね、留学もしてない狭い視野なのに、

自分が一番だ!と宣言してしまった「おばかさん」なのだよ。

これを「ナムアミダブツ」をアレンジして「なむ〜」を勝手に偽造してしまったし。

それから、
「世界が百人の村だったら、学会員はゼロ人」だということも、よく自覚してね。

310 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/20 23:07
>>307
顕正スレにもいましたねえ、こういう人(笑)。第三者を装う擁護者。
>ここで正宗系たたいてる連中もカルトだがな
叩いてなんかおりませんよ、検証を加えているのみ。世に教義の正当性や完全性、あるいは
無謬性を主張するのであれば、検証や吟味を受けて当たり前でしょう。


311 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 23:09
>>309
すみませんが自称一般人殿は向こうのカルト板にお帰りください。(藁)

312 :創価・公明板 出張版:03/06/20 23:11
>>311

いやです(笑)。お断りします。

まさか、あなたも、「自分の判断力は絶対に絶対に正しいから、自分が信じている宗教も正しい」
という「自分=神」派ですか?


313 :よく潜在意識に覚えさせておきなさい:03/06/20 23:15
日蓮はね、留学もしてない狭い視野なのに、
自分が一番だ!と宣言してしまった「おばかさん」なのだよ。

「ナムアミダブツ」をアレンジして「なむ〜」を勝手に偽造生産してしまった。

それから、
「世界が百人の村だったら、学会員はゼロ人」だということも、よく自覚してね。

多めに見て1000万だとしても、世界人口63億で割れば、「0.15%」だ。
しかも会員の95%が日本に集中している。

それなのに「自分達は絶対正しくて、他教は絶対に間違っている」と信じようとしている。

おかしいよ。変だよ。   自覚しなさい。自覚しなさい。自覚しなさい。


314 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 23:15
>>312
理性の有限性により、理性による「神」あるいは「絶対者」に対する正確な認識は
不可能であると解しているとのみお答えしておきましょう。(藁)

315 :理性は有限:03/06/20 23:19
>>314

つまり「自分の信仰は、間違っている可能性がある」ということを自覚しているのだね?

「もしも」そうなら、あなたは「正常」。


316 :直リン:03/06/20 23:19
http://homepage.mac.com/yuuka20/

317 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/20 23:20
>>309>>312>>313
このスレのログの流れを参照の上発言をお願いします。


318 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/20 23:20
まあ、はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLsさん、アホの煽りは乗らないように。


319 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 23:23
>>315
なんかよくわからんがアリガト。(藁)
ていうかさ、創価板に帰っておくれよ。
スレの流れを読めない香具師は俺が「荒らし」と絶対的に断じちゃうよ。(藁)

320 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 23:25
>>318
これは失礼しました。
しかしアホなどと煽ると自称一般人殿は一層ヒートアップしかねないと思うのですが・・・

321 :名無しさん@3周年:03/06/20 23:26
自作自演がバレないようにしろよ(哂)

322 :名無しさん@3周年:03/06/20 23:36
>>312
あなたも、てからにはお前はまさにそうなわけだ(w

323 :名無しさん@3周年:03/06/20 23:37
>>310
簡単に釣られてるよ...
もっと賢い人かと思ってたのに失望...

324 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/20 23:39
なんかまた猿臭いぞ。(藁)

325 :名無しさん@3周年:03/06/20 23:40
ていうか人格低いヤツばっか

326 :事実:03/06/20 23:41
事実だけ書くよ。

日蓮は功徳なく病死した。あとには日蓮系の「醜い争い」が残った。

事実だ。

事実関係が間違ってたら、指摘して下さい。

・・とヒートアップしてみた。

327 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/20 23:45
>>323
たまには紙飛礫の相手になって差し上げないと、あまりにもお気の毒と思いレスした次第・・・(笑)。


328 :名無しさん@3周年:03/06/21 00:15
>>325
まったくだな。宗教語る前に人並みになるべきだね。

329 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/21 00:27
それ以前に思い込みの激しい人がいるようなので、一言いっておくよ。
はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLsさんと私は別人物です。正宗のどなたかが
よく某掲示板などで、私と誰々と同一人物とかいろいろ言っているようですが、それは
妄想ですよ。完全なるね。

だいたい私は今日、四日市方面まで行ってたのですよ。

330 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/21 00:29
>>327
まあ阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQさん。こちらがあちらの低次元なレベルにあわせる
必要はないのです。放置プレイと行きましょう。

331 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/21 00:37
>>330
波木井坊さん、おかえりなさいませ。遠路ご苦労様です。
>放置プレイと行きましょう。
今後は無視します。議論ができるようなレヴェルの人なら、あんな紙飛礫を投げては来ないでしょうし
ね(苦笑)。



332 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/21 00:37
阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQさん。見つけました。
私も途中から見たので最初はわかりませんが、断簡の再生をしておりましたね。

NHKスペシャル「文明への道」
http://www.nhk.or.jp/bunmei/preview/index.html

333 :名無しさん@3周年:03/06/21 01:16
>>331
くやしさが文章ににじんでるぞ(w

334 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/21 03:40
馬鹿は放置

335 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/21 16:47
>波木井坊さん
「大乗非佛説」というのは、つまりは「大乗経典非釈迦佛説」ということであると思われます。これは歴史的な事実で
しょうが、ひるがえって、一般に「原始佛典」といわれる阿含経典も現在の形式に集成されたのは大乗経典−現存
のものがその初期の形態を保っているかは別問題−の成立と同時期か、現存パーリ聖典のようにそれ以降である
というのも史実のようです。したがって「ブッダ直説の経典」は存在しないことになります。ただ、阿含経典の説く教
法の記述に、詩偈やカテキズムといった簡明なものが比較的多いこと、あるいは言語学的に古い要素が認められ
るとされることなどが古形を留めているといわれる所以かと思われます。思想的なアプローチでは、近年、ナーガ
ールジュナやアサンガ、ヴァスバンドゥなどの大乗の論師が、その重要な論書で大乗の正統性を示す教証として
引用する経典の大部分が阿含経典であるという、説得力のある説も提示されております(電波男さんなど)。また中
国日本で広く読まれた、伝ナーガールジュナの『大智度論』にも阿含経典からの引用が、『法華経』とともに非常に
多いのも要注目かと思います。こうなると「小乗教」と貶められてきた阿含経典の教説に対する位置付け(大小相対
など)が完全に崩壊するのは明白であると考えますね。それと『法華経』などの大乗経典を丁寧に読めば、アビダル
マ学説などへの批判の背後に、阿含経典の教説と相互にトレース可能な要素が多く見られることに興味を覚えま
す。個人的にはそのあたりの「会通」が目下の課題の一つでありますが・・・。それにしても「一佛乗」の思想など、一
種の原点回帰に思えますね。ともあれ、伝統的な「大乗vs小乗」の価値基準も、近代的な意味での「阿含経典vs大
乗経典」の図式も、大幅な見直しが迫られているのは確かかと考えます。

336 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/21 17:51
いや全面的の同意です。

まずポイントは、上座部の考えがどう大乗に転嫁したのか。これはNHKでもやっていた
通りクシャン人、ガンダーラ文化の影響がどう変化を与えたのか。ここを研究していく
必要がありますね。

もうひとつはやはり中国での漢訳での訳出作業とその思想的背景ですよ。中国の文化的背景も
含めてです。これは従来から指摘されてきたことです。

どうもこの2つのポイントを探ることによって、日本にもたらされた仏教がどう変質したかを
理解する上で重要なようです。

やはり中国訳出で比較してはダメですね。サンスクリットやチベット語の訳出で比較対照しないと。
仏典が途端に形而上学的になっちゃう。見方としては思想的・言語学的、あと仏典に含まれる断片の
ような地理的・歴史的背景などいろいろな方面から見ていく必要があります。

337 :名無しさん@3周年:03/06/21 18:20
大乗非佛説(大乗経典非釈迦佛説)=五時八教の不成立

大乗教団(特に法華系)の教判論が史実と整合性がとれないのが問題なのだと思います。

338 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/21 18:48
>>337
その問題を解決するひとつの方法を私は前スレで提示していますよ。

339 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/21 19:45
>>336
早速のレス感謝いたします。こちらも同意です。
以下は素人のトンデモ妄想かもしれませんので、間違いがあればどうぞご叱正ください。

>上座部の考えがどう大乗に転嫁したのか。
上座部といっても多数の学派があったわけで、大衆部系も含めた相互の思想的影響も錯綜したものであったかもし
れません。その最大派閥であった説一切有部にせよ、必ずしも思想的統制の取れた一枚岩の集団ではなかったよ
うですね。思想としての大乗はこれらの部派内部の佛説原理主義集団の間で成立したと考えるのが穏当のような気
がします。それと上座部が最初から「小乗」であったとは考えにくいですね。徐々にその傾向が強まって来たことへの
抵抗運動の意味も「大乗」にはあったとも考えられます。

>クシャン人、ガンダーラ文化の影響がどう変化を与えたのか。
多民族の坩堝であった西北インドという地域性も考慮に入れる必要がありそうです。ヴァルナ・カースト制度を認めな
い佛教は、ギリシャ人やクシャーン人などのヒンドゥー文化のアウトサイダーの支持を受けるわけですが、相手がイン
ド的思考様式とは縁遠い他民族だけに、教法を説くにも従来の経典形式とは違う方法が要請されたのではないかと思
われます。大乗経典の随所に見られる説話的・神話的記述にはこうした事情も反映されているのかもしれません。

>中国での漢訳での訳出作業とその思想的背景ですよ。中国の文化的背景も
>含めてです。これは従来から指摘されてきたことです。
これは非常に重要な課題ですね。前スレで私が取り上げた「信」の語義問題なども絡んで来そうです。また、下にご指
摘のように経典を読む場合は、可能な限りの異訳や資料に当るのが理想的かと思います。『法華経』にせよサンスクリ
ット本和訳が二本も文庫本で手に入りますしね。しかし語学力に乏しい私めにはサンスクリットもチベット語も手に余る
話ですが・・・(泣笑)。

340 :名無しさん@3周年:03/06/21 22:37
> 「大乗非佛説」というのは、つまりは「大乗経典非釈迦佛説」ということであると思われます

そんなの今ごろ気づいてどうすんの。
ま、仏教否定派には小乗経典含めて後世の創作なわけだが。
批判のレベルが違うところで対論してもせんなし。
少なくとも大乗仏教は「仏は時間と空間を超越している」前提で語るべきでしょ。

341 :名無しさん@3周年:03/06/21 23:39
>>340
オカ板にお帰り下さいませ。

342 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/21 23:39
>>340
> そんなの今ごろ気づいてどうすんの。
使用語彙の意味確認。文脈読解力がゼロですね(苦笑)。
> ま、仏教否定派には小乗経典含めて後世の創作なわけだが。
「仏教否定派」って何ですか?「小乗経典」って一体どんなものですか?
> 批判のレベルが違うところで対論してもせんなし。
これも意味不明の言明ですね。文章にもなってない(笑)。
> 少なくとも大乗仏教は「仏は時間と空間を超越している」前提で語るべきでしょ。
そうしたことなら阿含経典にも説かれていますよ。どうぞご確認を。それと、あなたの主張する
「前提」の根拠を伺いたいところですね。

343 :名無しさん@3周年:03/06/21 23:44
>>342
阿呆だから読解力が無いだけ。人のせいにしてはいけない。

344 :名無しさん@3周年:03/06/22 21:35
死後の顔の相について、プロテスタントと正宗の言い分が同じということに気付き
ました。「硬直し、黒くなる」

345 :名無しさん@3周年:03/06/22 22:09
てかはきりファンは自作自演以外の何物でもなかろう(w


346 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/22 22:09
>>344
プロテスタントはあまり知りませんが、どうも正宗系は死相談義が好きみたいですね。


347 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/22 22:24
>>345はカルト猿以外の何物でもなかろう(w

348 :名無しさん@3周年:03/06/22 22:30
いいよ。カルトでも猿でも。
貴様のみっともない自作自演よりはマシだpu

349 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/22 22:42
>>348
おまえらカルトを難じている者は実際はごく一部と思いたい気持ちはわかるが、
実際は広く世間の鼻つまみ者ということに早く気付こうね。お猿さん。(憫藁)

350 :名無しさん@3周年:03/06/22 22:51
だからカルトでも猿でもいいって言ってるだろ。字、読める?>>349
糞みたいな自作自演よりはマシだよ。hahaha

351 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/22 22:54
カルトな猿であることを自供した正宗系の>>350が大妄想中です。(激藁)

352 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/22 22:56
>>349
低脳紙飛礫など相手にしても始まりませんよ。ここはそんな人間を製造し続ける教義を検証するところ
です。


353 :名無しさん@3周年:03/06/22 22:59
そうそう。頑張って検証してくれ。お手並み期待してるぞ。


354 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/22 23:04
>>352
お邪魔をして申し訳ありません。
大変お手数をお掛けしますがどうか彼らの更正を手助けしてあげてください。

355 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/22 23:06
>>354
いえいえ、とんでもない。なんかご見解があればカキコしてみてください。お待ちしておりますよ。


356 :名無しさん@3周年:03/06/22 23:12
このスレって実質3人くれぇしかいないな。


357 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/22 23:16
>>355
学識に対して素人考えを開陳するのは小恥ずかしいのですが、正宗系が指導者絶対の
個人崇拝傾向を有するのは日蓮本仏論が影響していると見てよろしいのでしょうか?
本仏たる日蓮の姿を生でも見たいという欲求を偽日蓮(=池田・阿部・浅井)たち
にうまく利用されているという気がしてなりません。

358 :名無しさん@3周年:03/06/22 23:19
本当に小恥ずかしいと思うのなら聞くな。
ごく当たり前の意見を格上の者に認めさせて箔付けをしたいのかね?



359 :しかしながら:03/06/22 23:22
はきりファンに謝らなくてはならない。すまなかった。
君がバギリ君と同一人物だなどと、いかにも私の思い違いだったようだ。

君は論外のレベルでしかない。

360 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/22 23:52
>>357
これに関しては「日蓮本佛論」に加えて、正宗系独自の「血脈相承論」が深く関係しているように思われ
ます。「唯授一人」という神秘化された権威を崇拝−信伏随従−する傾向が正宗義には強く見られます
し、「法主本佛論」めいた見解も称えられたりもしますね。正宗系の在家団体に見られるカリスマ的指導
者に対する個人崇拝もその亜種である思います。
それにしても、>>358>>359みたいなのを見てると、結局ここも顕正スレと同レヴェルの情けない連中し
かいないようですな(苦笑)。正宗系共通の症状なんですかね。


361 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/23 00:10
>>357
補足に、前スレで引用した中世(室町期)における「唯授一人」の実例の一つを参考資料として
挙げておきます。

−「唯授一人」考−
以下は中古天台の口伝法門における、戒灌頂についての記述ですが・・・。

戒灌頂においてもっとも重要なことがらは「唯授一人」ということでございます。つまり、伝授
は師と弟子との一対一で行われるのです。ただし、これは「師が一生のうちに一人だけにし
か伝授できない」ということではございません。一度に一人であれば、何度致してもよいので
ございます。しかし、時代がくだりまして、わたくしの生きておりました室町時代では、「唯授
一人」どころか、直談に招かれました寺でその聴聞者数十人に授戒することもございました。
                        『室町お坊さん物語』(講談社現代新書1457)p67〜68

「唯授一人」の意味について何らかの示唆が得られると思うのですが。

362 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/23 00:11
>>360
「血脈相承論」ですか。なんだか北斗神拳の伝承者争いみたいですね。
正宗の主張する相承書だか相承箱だかは真っ赤な偽物として学会(無論、創価ではない)では
一顧だにされてないそうですね。ところでやはり他の興門諸派もこれらの信憑性については疑って
いるのでしょうか?そうでなければ、石山が嫡流で北山や要山は庶流にすぎないということに
なり、他山は到底承服できないことだと思うのですが。

363 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/23 00:20
>>361
ははは、これを読むと唯一血脈相承などと言う主張はまさにマンガ並みですね。
ただマンガだけにわかりやすいことは事実です。
正宗にしても学会にしても信者に対して自己の正統性を主張するためには便宜な
道具ではあったでしょうね。
反面、ここを衝くことが出来れば彼らの主張する正統性など北斗の拳以下のマンガに
過ぎないことが露呈してしまうことになるのでしょう。
なるほど勉強になります。

364 :名無しさん@3周年:03/06/23 00:33
あいうえ

365 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/23 00:45
>>362
ここからは極めて個人的な見解なのですが、当時の時代背景を考えると、そうした相承書の類は日蓮
在世の頃から、現存のものよりもっと素朴な形で存在していたのではないかと考えております。京都の
本圀寺にも『日朗譲状』なる文献が存在していますが、その真偽は擱くとして、日蓮は少なくとも高弟た
ちにはそうした認可状の類のものを与えていた可能性が高いのではないかと思います。それが後世の
門流分裂以降、自派の正統性や特権性を主張するために「加上増広」されて現存の形が成立したのか
もしれません。正宗系がその正統性を主張する『二箇相承』などが、写本の形でしか存在していないの
もそのあたりの事情の反映ではないかと思われます。

もっとも、この辺りは波木井坊さんなどのご専門かと思われますので、そのご叱正をお待ちします。

366 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/23 01:57
あ、ちょっと顕正会スレのほうに労力とられていました。
明日お返事させていだきます。m(__)m

367 :カルト猿:03/06/23 06:48
夜中に何かいいことでも書いてあるかと覗いてみたのだが無駄だったようだなw
その程度の眼力しか持ち合わせないアホゥな連中は話にならん。
せいぜいセンズリ鑑賞会を楽しみなさい。

368 :名無しさん@3周年:03/06/23 13:19
>>367
センズリは法華講スレでたっぷり鑑賞できます。
マンズリもあるよ。

369 :名無しさん@3周年:03/06/23 13:49
>>368
放置されているだけだろ?


370 :名無しさん@3周年:03/06/23 14:24
ここの香具師らの話で人を救うことが出来るのだろうか?
ちょっと気になってレスしてみました。

371 :名無しさん@3周年:03/06/23 18:25
>>370
無理無理。
救う事なんかちっとも出来ない。
少なくてもその答えはレスされていない。
既成宗教の方がよっぽどマシ。
ホログラム本尊とか言ってる連中だから押して知るべし。
ナ〜ム〜(−人ー)


372 :名無しさん@3周年:03/06/23 19:35
阿呆陀羅經、知識の列挙はもういいから
「日蓮正宗系の教義」が「正しくない」と思うなら、
自分が「正しいと思う教義」は何なのか、さっさと提示しろ

そしたらこっちは比較検討できるからさ

373 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/23 19:51
>>372
誰も「代替案」を出すなんて最初から言明してませんよ。今度は議論を拡散させんがための詭弁ですか?


374 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/23 19:56
それとこちらは「救済論」などには関心がありません。悪しからず。「不幸の手紙の破り捨て方」には
関心があってもね。この意味は多分判らないだろうけど・・・。


375 :名無しさん@3周年:03/06/23 20:00
「正しい教義を提示しろ」って言い回しはさぁ、折伏マニュアルの、、、(略

376 :名無しさん@3周年:03/06/23 21:02
徳の無い人間が吠えてるな。

377 :名無しさん@3周年:03/06/23 21:15
なんたって日犬宗ですからね。 ワン♪ワン♪ワン♪

378 :名無しさん@3周年:03/06/23 23:49
>>374
>それとこちらは「救済論」などには関心がありません。悪しからず。
おいおい!
仏様は全ての人を救おうと思って法を説いたんだろう?!
お前の方が”意味の無い紙飛行機”を飛ばしているじゃないか!

379 :名無しさん@3周年:03/06/23 23:56
そう言えば、ハキリは日蓮宗のお寺に行ってるんだろ?
どうして信仰しているんだ?
まさか、政治のためって事は無いよな?!


380 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 00:30
>>378
> 仏様は全ての人を救おうと思って法を説いたんだろう?!
> お前の方が”意味の無い紙飛行機”を飛ばしているじゃないか!
その「法」とやらが正宗ドグマであるとの主張の検証をずっと行なっているのですが。その正当性をあっさりと証明すれば
よいのですよ。あなたがやっているのは提出された疑義に対する「論証責任の転嫁」に過ぎません。同工異曲の詭弁は
退屈ですよ。それから紙飛行機ではなく紙飛礫です。漢字読めますか?

381 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 00:36
提出された疑義に対して碌な回答も出来ないのに、論点先取りの虚偽や論証責任の転嫁、詭弁的誘導
に必死になる。おまけに発言責任も負わない。見下げ果てた根性ですね。正宗系ってこんな奴ばっかり
なのかな。

382 :370:03/06/24 00:51
何の為の仏教ですか?
その事を聞いているのですが。


383 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 01:14
>>382
はい、論点先取りの虚偽。返答の義務なし(笑)。


384 :370:03/06/24 01:29
貴方は都合の悪い事は全て返答を避けています。
また、仏教を語る以上、救済は避けられないのでは?
どう思われます?


385 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 01:31
>>384
> 貴方は都合の悪い事は全て返答を避けています。
それはあなたたち正宗系。


386 :名無しさん@3周年:03/06/24 01:40
>>385
>>384
>また、仏教を語る以上、救済は避けられないのでは?
>どう思われます?
を避けているぞ!

ア ホ ン ダ ラ 必 死 だ な ! (w


387 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 01:57
徒手空拳で必死なのはあなたのほうですよ(笑)。その狂態ぶりに「救済」とは縁遠い人であることが伺えます。
お気の毒に。


388 :エホバの御子ゴッドエホバ:03/06/24 02:17
家にある日達上人ゲーカの本尊(日顕さまだと学会からダメ出しされる)
を、手に取ってみたら、しょぼい紙切れでした...


389 :レトリック:03/06/24 03:02
一般人では返答に窮する詭弁テク満載のマニュアルに載ってる設問だね。

「仏教を語る以上、救済は避けられない」←この命題が引っかけじゃん。

・前提としての命題の証明が必要。
・日常用語としての「救済」の意味で誘導されている。
・各大乗・小乗教団の救済論の定義、救済の範囲が違う。

#ちなみに正宗系の場合
教義上における救済とは成仏のはず。(速成就仏身)
「救済=成仏」のみって訳じゃないけど、わりと範囲は狭いはず。
なのに「救済=功徳が授かる」と拡大解釈されてしまっている。
典型的な例が、以前の創価における「曼陀羅=幸福製造機」だね。

390 :カルト猿:03/06/24 07:08
救済救済ってあまったれてんじゃねぇよw
君たちのセンズリ根性を救済してやりたいもんだ。ハハハ

391 :名無しさん@3周年:03/06/24 08:13
マジであんたら必死だな!
笑わさせてもらったYO♪

392 :名無しさん@3周年:03/06/24 08:17
>>387
徒手空拳に詰められた香具師ハケーン!

393 :名無しさん@3周年:03/06/24 11:57
>>389
>「仏教を語る以上、救済は避けられない」←この命題が引っかけじゃん。
お釈迦様は何のために法を説かれたのか、よーく考えてみよう!
最初から否定ありきだと考えたくも無いだろうが。

394 :名無しさん@3周年:03/06/24 13:02
ここの香具師らはヘタレだったわけだが。

395 :名無しさん@3周年:03/06/24 13:03
創価学会の言論妨害作戦が発動中

age
■■■■■■■■■■中傷only■■■■■■3■■■
■■■■■■■■http://oppai.q■■■■■■■
■■■■■■■■■ゴミ板のしるし■■■■■■■■
■■■■■■■■まーるさんかく■■■■■■■
■■■■■■■■■■珍獣only■■■■■■■■■■
・・・・・
†††††††お元気ですか?††††††††
□□□□□□□□□□焼酎only□□□□□□□□□□
______絶賛only______
■■■■■■■■■■妄想only■■■■■■3■■■
■■■■■■■■■■題目only■■■■■■■■■■



↑日々こういうスレタイが乱立
http://society.2ch.net/koumei/


396 :やや:03/06/24 13:21
あんたらあほばっかりだね。
まともなのは393だけ。
創価スレのロキュータスさんはちゃんと答えてくれたよ。

397 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 14:17
>>389
適切なご指摘ありがとうございます。なるほど「折伏マニュアル」ですか。どなたかかUPして下さると論駁のいい手引
きになるでしょうに。

            **************************************************************

まあ今回も、詭弁・摩り替え・転嫁・粘着・強弁・悪罵という正宗系盲信者の典型標本が採集できました。以って後学
の足しにすべしですな(笑)。無間地獄を垣間見たような気もしますが、ああはなりたくないものです(恐)。しかし、ここ
まで単純に類型的だと「ヤラセ」かなとも勘繰ってしまいますわ、ほんまに(苦笑)。

>>386
そんなに救済について語りたかったら、いっそ「佛教における救済とは」とかいうスレッドでも作って論じればいかが?
気が向いたら遊びに行きますよ。

398 :名無しさん@3周年:03/06/24 17:51
>>397
意味の無い紙飛行機がフヨフヨ飛んでるぜ!
そんな物飛ばす暇があったら仕事しろ。(w
でもって負け犬発言!↓
>そんなに救済について語りたかったら、いっそ「佛教における救済とは」とかいうスレッドでも作って論じればいかが?
>気が向いたら遊びに行きますよ。


399 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/24 18:26
>意味の無い紙飛行機がフヨフヨ飛んでるぜ!
自分の姿を鏡で直視する勇気もないようです(苦笑)。でも結局紙飛礫という字が読めないようで
すな(笑)。

さてと、目下の議論に直接関係のないと思われる「仏教を語る以上、救済は避けられない−日本語になってい
ない(笑)−」という命題を主張するならば少なくとも、
1.その命題内の「救済」の指し示す意味を明確にする。
2.明確にした以上その命題が真であることの証明が必要。
3.当該命題が目下の議論に関して有意味であるという証明が必要。
などの論証責任が発言者に発生します。それが不可能であれば、明らかに「論点の摩り替え」という虚偽発言と
なり、その言明は無意味かつ無効なものとなります。こうしたことは「議論のいろは」ですよ。

400 :名無しさん@3周年:03/06/24 18:56
onyanko

401 :名無しさん@3周年:03/06/25 00:49
>>399
”仏様は民衆を救うために法を説いた”と言うだけでそんなに屁理屈が必要か?(W
アホンダラ、実に必死だな。


402 :やや:03/06/25 11:11
ここの方たちは救済には興味が無いようで、
いったい仏教のなにを語りたいのか???

403 :名無しさん@3周年:03/06/25 12:12
>>402
物知り合戦なのでは?
あと考えられるのは、”正宗系”と言いつつ法華講員を目の敵にしているから、
奴等の事が羨ましくてヤキモチ焼いているとか。
案外そのあたりだったりして。

404 :名無しさん@3周年:03/06/25 12:47
>403
誘導工作に必死な法華講員さんですか?
「奴等」なんて第三者の発言を装うところが切ないねぇ。
まあ、違ってたらごめんな。


405 :名無しさん@3周年:03/06/25 12:51
いずれにしても人格の低いやつばかり。
知識があっても徳が無ければ人として価値無し。
ましてや徳無しが仏教を語るのはゴキブリが衛生を語るようなもの。
思い方の異なる者を批判するなら慈悲心を持って語るべきだね。
話はそれからだ。

406 :名無しさん@3周年:03/06/25 13:00
>>404
許してやろう。
信仰者は謝罪するものを咎めはしない。
正直、ここでの重箱の隅を穿り返す批判方法はどの宗教でも否定されると思われ。


407 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 13:24
>>401
もはや詭弁のレヴェルにも達していない。またも無意味な紙飛礫に逆戻りですね。脳味噌の掃除でもして出
直して来なさい。稚拙ながらも正当性の論証らしき努力を試みた、顕正会員以下の体たらくですよ。波木井坊
さんらのおっしゃる「カルト猿」全開ですな(苦笑)。

408 :名無しさん@3周年:03/06/25 13:31
>>407
詭弁する必要もない事で詰められているのは誰?
そ・れ・は・あ・な・た!
あなたの紙飛行機は誰に届いているのですか?
あなたに反対する人たちの紙飛礫はあなたに届いているようですが。

409 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 13:37
>>408
あれあれ、ついにオウムや阿含宗や顕正会の信者みたいな知能障害を起こし始めましたね(苦笑)。そんな
妄言で自己納得が出来るのなら羨ましい限りですな。
>あなたに反対する人たちの紙飛礫はあなたに届いているようですが。
批判検討はドグマに対して行っているのですが・・・。


410 :406:03/06/25 13:45
私は残念ながら正宗系の人間ではありません。
その様に一方的に決め付ける態度こそ「カルト脳」ですよ。
このスレッドを見ているのは何もあなた方が決め付けている人間だけはない事を
覚えておいてください。
このスレッドを見るきっかけになったのは、この板のあるスレッドで書き込みをした
仏教徒を名乗った人なんですけどね。
そう、あなたが苦手としているらしい人です・・・。

411 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/25 13:47
阿呆陀羅經さんの検証や批判の立場を固定化するつもりはありませんが、
もう一度>>105を見直してみましょう。

>いかなる教団でも、その教義を世に問い、また宗教法人法その他によって公的認知を受け、税制等
>の優遇を享受している以上、何らかの疑問や問題を感じる人々の批判を受けたり、議論の対象にな
>るのは当然のことかと思います。それが独善的で排他的な教義を奉ずる教派であれば尚更かと考
>えます。

ここで、「何らかの疑問や問題を感じる人々の批判を受けたり、議論の対象になる」
のは「いかなる教団でも」あてはまることであり、その理由として「その教義を世に
問い、また宗教法人法その他によって公的認知を受け、税制等の優遇を享受してい
る」からであるとおっしゃってますね。

で、だ。

>個人的には、その「不幸の手紙(=折伏:NB註)」を何度も受け取った者として、
>いわばその清算のためにこのスレに書き込みを続けている

わけなのであって、「仏教を語る以上、救済は避けられない」なんてことを持ち出すのは、
やっぱ、まったくのスリカエでしかないでしょうね。

「折伏」をなぜ、「不幸の手紙」と表現せねばならなかったか?に対して同悲の心から
対話を開始すべきだと思うんだが、「仏教を語る以上、救済は避けられない」云々言うのは
一般の立場からの批判を封じ込めるための恫喝とも言えるよねえ。

412 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/25 13:48
ちなみに上の立場から、

>>205 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:03/06/15 19:13
哀れな非法の衆が法を謗るのを見るのは面白いことよのう。
痴者が法を嘲るのは仕方のないことぞ。
吼えてホザいて讒言しまくれ。オモシロ可笑しく見物させてもらうぞ。
痴者に何を申しても申さぬと同じことよ。
自ら吐きたる毒で倒れのたうつこと、世にも珍しき珍喜劇なり白痴の見世物なり。

を、ほんの一例として翻訳してみると。

「法」=「教義を世に問い、また宗教法人法その他によって公的認知を受け、税制等の優遇を享受している」
ところの日蓮正宗の教義を信じる上からは、

○「折伏を不幸の手紙のように感じた」ような「何らかの疑問や問題を感じる人々」
     =「哀れな非法の衆」=「痴者」

○日蓮正宗から受けた「折伏」によって、(少なくとも)精神的な苦痛を受け、その苦痛をなんとか
「清算」したいと考えること    
     =「自ら吐きたる毒で倒れのたうつこと」

というようにしか見れない。上記のような人々の「何らかの疑問や問題」をめぐる議論は「世にも珍しき珍喜劇」
「白痴の見世物」でしかないので「オモシロ可笑しく見物させてもらう」のみである。

なぜなら、「教義を世に問い、また宗教法人法その他によって公的認知を受け、税制等の優遇を享受している」
ところの日蓮正宗は、上記のような人々に対しては、「謗る」「嘲る」「吼えてホザいて讒言しまくる」としか
感じられないので、「教義を世に問い、また宗教法人法その他によって公的認知を受け、税制等の優遇を享受
している」ところ日蓮正宗としては、「仕方のないこと」「何を申しても申さぬと同じこと」としか受け止め
ないのである。

これでOKだよね?>205。

413 :406:03/06/25 13:52
では、話を少し戻しましょう。
>>401さんのレスです。
>”仏様は民衆を救うために法を説いた”と言うだけでそんなに屁理屈が必要か?(W
私も本当に屁理屈だと感じるんですが・・・。

414 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 14:02
>>410>>413
あなたのご発言は目的語やらが抜けがちで、一体何をおっしゃりたいのか判りません。もう少し
明瞭なご提言をお願いします。




415 :406:03/06/25 14:11
>>414
あなたは妄想で私を知能障害者呼ばわりしておいて謝罪の一言も無しで話を
再開しようと言うのですか?
>>404さんを見習ってください。
どうやらあなたは法を語る前に礼儀を弁えて下さい。
仕事に入るので失礼させていただきます。
それでは。

416 :_:03/06/25 14:11
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

417 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 14:17
>>415
はぁ? >>409のレスは>>408に対して向けられたもの。>>406のあなたには何のレスもしていませんが。

418 :406:03/06/25 14:41
>>417
少し戻ってきました。
>>403>>406>>408は私のレスです。
HN名乗っていなかった時ですからわかりにくかったですか。
冷静に読んでいけばわかったかもしれませんが・・・。
ではまた仕事にもどります。


419 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 14:47
>>418
どこのどなたか存じませんが、ここであなたとスレ違いのやり取りをするつもりはありませんので、悪しか
らず。


420 :やれやれ:03/06/25 15:06
アホンダラは相変わらずとんがっているなぁ。
相手の方は自分の不備であろう所を認めているのに、お前はダンマリか。
406さんの言う通り、仏法語る前に礼儀を弁えろってんだ。
そんなことじゃ誰もお主の言うことを聞いてくれないぞ。
せいぜい、同調者止まりだな。

406さんが言っていた「あるスレッド」って「聖書の中で好きな言葉〜」
じゃなかったかな?
ずいぶん前に法華講の誰かがレスっていたぞ。
もちろん”礼儀を弁えて”だ。
奴等の爪の垢でも煎じて飲んでみたらどうだ?
ちったぁ行儀良くなるかもよ?!(W

421 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 15:23
>>420
> アホンダラは相変わらずとんがっているなぁ。
別にいつもの調子ですが。当たり前のことはともかく、とんがったことなど何一つ言ってませんよ。
> 相手の方は自分の不備であろう所を認めているのに、お前はダンマリか。
意味が良く取れませんよ。いつ何を認めましたか?
> 406さんの言う通り、仏法語る前に礼儀を弁えろってんだ。
低劣なレスには、なるべく、そのレヴェルに合致した応答をしますが何か?
> そんなことじゃ誰もお主の言うことを聞いてくれないぞ。
言うことを聞かせるのことに関心はありません。上みたいな盲信者を製造するドグマを検証し解析
するのが主目的です。そもそも言ったことを素直に聞くような人間には信用を置けません。
> せいぜい、同調者止まりだな。
建設的な議論の相手は歓迎しますが、特に同調者を求めていません。群れることに関心がないの
でね。
> 406さんが言っていた「あるスレッド」って「聖書の中で好きな言葉〜」
> じゃなかったかな?
行ったことのないスレです。
> ずいぶん前に法華講の誰かがレスっていたぞ。もちろん”礼儀を弁えて”だ。
提出された疑義に対するまともな返答は、その「礼儀」の範疇に入らないようですな。
> 奴等の爪の垢でも煎じて飲んでみたらどうだ?
> ちったぁ行儀良くなるかもよ?!(W
そうした言明によって失墜するのはあなた自身の「行儀」でしょう。

422 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 16:06
>>411-412
NBさん。綺麗に手際よくまとめていただきました。遅ればせながら感謝です。


423 :とも:03/06/25 16:07
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page005.html

424 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/25 19:14
ここのカルト猿どもは猿山だけでしか通用しない猿ドグマを世間一般でも通用
して当然と勝手に妄想して話を進めているのだから普通の世間様と意志の疎通
など出来るわけはない。
つまり「パンを買うのにドングリ3個もってきたのに売らないとはけしからん!
ウッキッキー」と猿語で言ってるわけだな。
人様にまともに相手をしてもらいたければ百円玉3個もって来て日本語で話せ。
それからだぞ、猿。(嘲藁)

425 :名無しさん@3周年:03/06/25 19:24
>>373

阿呆陀羅經よ!君にはなにも「代案」はないんだろう?
「何が正しいか、自分にはわからない。ただ正宗は認めたくない」それだけなんだろう?まずそれを認めなさい。そこからはじめなさい。

知識をいくら溜め込んでもそれだけでは幸せになれないぞ。

どうしたら救われるのか、いくらお勉強してもわからなかった->救済なんかいらない!「あのブドウは酸っぱいのさ!」

これがいま君をして正宗批判に駆り立てている怨念だ。正宗信徒が幸せそうに日々生活しているのを見ると、憎いのだろう。
嫉妬の炎を燃え立たせながら、自分が嫉妬しているとは認められないでいる。それが君の実際の姿だ。

君には、無茶な「折伏」を受けて不愉快だった原体験があるのだろうか?俺もあるけど。
だが、復讐鬼として一生むなしく過ごすことが、君がこの世に生まれてきた意味などではないはずだ。

仏教学の権威になれば幸せになれるのか?違うだろう?
ぼくら正宗信徒を「科学的仏教学」の成果でもってやりこめたら君は本当に幸せなのか?

もう少し、自分自身の人生をいかに生きるべきか、まじめに考えなさい。自分自身を深く見つめなおしなさい。貯めた知識はそのために使いなさい。


426 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 19:49
>>425
>阿呆陀羅經よ!君にはなにも「代案」はないんだろう?
誰が「代案」を提出するなどと言いましたか? おきまりの論点先取りの虚偽発言ですね。
>知識をいくら溜め込んでもそれだけでは幸せになれないぞ。
「救い」の次は「幸せ」ですか? それがこの場の議論とどういう関連があるか、>>399を参考に論証してみれば。
>嫉妬の炎を燃え立たせながら、自分が嫉妬しているとは認められないでいる。
おっ、出ました正宗系の常套句(笑)。「嫉妬」とか「怨嫉」なんて聞き飽きて欠伸が出ますな(笑)。続くはいつもの論点
摩り替えの虚偽。
>ぼくら正宗信徒を「科学的仏教学」の成果でもってやりこめたら君は本当に幸せなのか?
その「科学的佛教学」とは一体どんなものでしょうね。造語までして悪罵を重ねるとは情けない。そんなことに憂き身
をやつすくらいなら、出された疑義に対して、少しはまともな論駁でも加えたらいかが?
>もう少し、自分自身の人生をいかに生きるべきか、まじめに考えなさい。自分自身を深く見つめなおしなさい。
そのままそっくりお返しします。「貯めた知識はまともな検証をした上で使いなさい。」という言葉を添えてね。

427 :名無しさん@3周年:03/06/25 20:00
>>426
425は言い事いってるぞ。
もう少し冷静になれば?
あほんだら君の目的は何?
「御釈迦さんは民衆を救うために法を説いた(もしくは出家した)」を
スルーしてまで何がしたいのか?


428 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/25 20:05
>>425
お前らが勝手に自分たちが正しいと主張していることに対しては「正宗は正しくない」という命題の正しさ
のみを論証していけば足ることであって、こちらから客観的な「正しさ」を主張立証する必要などない。
我々はお前らと違って猿山でしか通用しない「正しさ」を他人に無理強いしていないからだ。
仮に我々が「正宗は正しくない」ということの論証に失敗したからといって、それで自動的にお前らの猿ドグマ
が正しいと言うことにはならない。それは我々が「正しくなかった」ということを一方的に意味するに過ないからだ。
さあ、話をそらさずお前らの猿ドグマの正しさとやらをさっさと語れや。(藁)

429 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 20:13
結局反論不能に陥ると、稚拙な人格攻撃にシフトする。これまた典型的な正宗系盲信者の遁走パターンです
ね。こんなありさまで「無謬の教理」を主張し、「折伏」と称して、他者の宗教や信条を非難攻撃するとは見当違
いも甚だしいとしか言いようがありません。

>>428
おっしゃる通りですね。彼らは都合が悪くなると論証責任の転嫁ばかりに狂奔して、教義の「正当性」の論証か
らはひたすら逃げてばかりです。「折伏精神」とやらは一体どこに行ったことやら(苦笑)。


430 :名無しさん@3周年:03/06/25 20:14
癒す清涼サイト
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

431 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/25 20:24
>>429
彼らにとっての折伏とは大声で相手を萎縮させたり煙に巻いたりして黙らせれば勝ち
ということなのでしょう。
つまりそれは事の真実性など二の次のスポーツ・ディベートや総会屋の言論の類
ですね。彼らのそのような姿は日蓮の説いた法を貶め傷つけているということにすら
おそらく彼らは気付いてはいないでしょうが。

432 :名無しさん@3周年:03/06/25 20:43
アホンダラこれについてはどうよ?
>「御釈迦さんは民衆を救うために法を説いた(もしくは出家した)」
またまたスルーか?(W


433 :カルト猿:03/06/25 20:50
センズリするなとは言わないが、ヤリスギは体に毒だぞw >アホダラ&ファソ
どうにも貴様らが自作自演に見えてしょうがない。
アホ同士だからそう見えてしまうんだなwww

434 :名無しさん@3周年:03/06/25 20:53
425に釣られ杉

435 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 20:56
>>431
お説ご尤もです。対人の場合だと、それこそ大声や恫喝も効果的なのでしょうが、こうした冷静かつ論理的に対論者の
主張を吟味できる言論空間においてはその効力もほとんど望めませんね。

>我々はお前らと違って猿山でしか通用しない「正しさ」を他人に無理強いしていないからだ。
というご意見には激しく同意です。彼らがその信仰を、あくまで個人的営為として継続することに関しては何の異論もあ
りませんし、むしろそれによって他者を益するのであれば敬意を覚えると思います。しかしその信仰によって他者のそれ
や信条を否定あるいは非難攻撃するのであれば、このような行為を支える教義に対し、その正当性をめぐる批判や論
難が加えられて然るべきであると考えます。

436 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/25 20:57
>>432
>>399を参照のこと。付け加えることは何もなし。


437 :名無しさん@3周年:03/06/26 00:49
堕無間地獄

438 :名無しさん@3周年:03/06/26 02:03
>397
マニュアル本じゃないけどこんなのあった。何種類かバージョンがあるみたい。

---------------------------------------------------------------

法 論 鉄 則

法義が完璧なら勝てると思うのは大なる錯覚である。勝負は法義半分いなし技半分できまる。
まじめに法論だけすれば勝てるのではない。

約束はこちらのペースでとる。会場はこちらが指定する。会場には先に到着してすわる位置等万全を期す。

人のよい挨拶はしない。ケンカの相手に挨拶はいらない。先制攻撃ができにくくなるからである。

ていねいな言葉は使うな。ていねいな言葉では攻撃はできない。

法論は先制攻撃が大事である。はじめからターボエンジン全開にせよ。

有利な時のいなし技は効果があるが、一度おされるときかない。したがって〔先制攻撃+いなし技〕で初期段階で優勢を決せよ。

人間ではない。ゾンビである。心臓を刺されても負けたと認めない。これだけ切っているのになぜ平気なのか?などと思ったら勝てない。
5・6回連続切れたら、こちらで勝手にまとめてバカにすればよいのである。

相手の議論に途中、いちいちうなずかない。

絶対勝てる時は声を大きくせよ。法論は声の大きさで決まる。

論理的に破られても動揺しない。ツボな発言をしてしまってもあわてない。いちいち礼儀正しく取り消す必要もない。
パンチドランカーになれ。一つや二つわからないことがあっても、どうってことないと明るく元気に次の論議をせよ。

終わり方を優勢に。99%勝っていても、最後が美しく終わらないと負けたような印象が残ってしまう。
席は先に立て。上から見下ろしで地獄行きだと言ってやれ。

439 :名無しさん@3周年:03/06/26 02:04
最低3人でやる。真ん中に気合い一発の大将、左に口では負けない口将軍を、右には資料・理論完璧な軍師を配置する。
ただし、左の二人もかなりの所まで法義をおさえていないと説得力をもたない。

「いける」と思ったら3人一気に同じ言葉を声を合わせて言い放て。

ツボな発言があったら3人同時に笑え。ゾンビでも動揺が見えるのはこの時である。

こちら側の3人が先輩・後輩など種々の関係があっても、法論の場ではシデシノミチをただす必要はない。
自分の持っている議論で勝てると思ったら、他の二人を押さえて発言せよ。絶対遠慮しない。

逆にこちらの一人が話している時、理論がもう一歩だったり話がつまったりしたときは、間をおかず別の人が口をはさめ。

やや不利になったらその日一番有利だった議論に持ち込め。そこに閉じ籠もってしまえ。ゾンビ側がよく使う手口である。

2時間、3時間はあっという間にたってしまう。先制攻撃をくらわせることができれば議論を他にうつせるものだ。
一つの論点で終わらないようにこころがけよ。

法論には、目に見えない流れがある。この流れをいかにしてこちら側に引き込むかが大事である。
いなし技もこの流れをこちらに引き寄せるためのもので、法義の上で一歩リードした時いなし技で完全にこちらに流れを引き込め。

女には気を付けろ。元来ゾンビの上に、女となったら熱では倒れない。絶対零度(-273℃)でなければ起き上がる。
ターミネーター2を思い出せ。つまり、法論の場についたらなるべく女は無視しろ。

山の中でたき火をして火を消す時を思いだせ。少しぐらい水をかけて火が消えても安心してはならない。
くずぶった火種があればすぐに復活する。穴を掘って埋めろ。さらに土をかぶせその上から多量の水をかけるのだ。
つまり、有利になったら徹底的にバカにして二度と立ち上がらせないようにすることが大事だ。

我々はドサまわりの役者である。さびたカッターだ。切れ味のよさを競うな。切ったという事実が大事だ。
そしてことによると、さびたカッターで切られた方が破傷風になるかもしれず、バイキンも多く立直るまで時間がかかるかもしれないのだ。

---------------------------------------------------------------

440 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/26 07:22
>>438-439
ひでえなこれは。連中は法論をスポーツの試合かなにかと同じと思ってるんだろうね。
およそ求道や慈悲心とは無縁の行為に慄然とする。
こいつらは猿というよりは天魔の類かもね。

441 :名無しさん@3周年:03/06/26 08:43
学会の折伏マニュアルだな。
あんなDQN本持ち出して”正宗系”と一括りにしようってか?
お 前 等 必 死 だ な ! ( W

442 :名無しさん@3周年:03/06/26 11:04
都合の悪い事は全てスルーしているわけだが。

443 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/26 11:37
>>438-439
UP感謝します。典拠があれば尚良いのですが。なるほど、ここに出没する盲信者の詭弁強弁や悪罵の手口と
トレース可能な箇所が散見されますね。しかしまあ、論理も筋道もない薄ら寒くもおぞましい文章ですな(苦笑)。
他にも何か発見されましたら、またUPをお願いたします。

そういえば、昔の創価がマニュアルとして使用していた『折伏教典』には、以下のような物凄まじい記述がありまし
たね(分裂はるか以前)。
「日蓮正宗以外は ぜんぶ邪宗教であり害毒を流すもの」
「邪宗教の本尊を拝めば、不幸になるのは当然」
「富士大石寺の大御本尊を拝まない者はすべて謗法である。」
「日蓮正宗以外の宗派はすべて人々を不幸に落とす力をもっている。」
「この大御本尊を拝む以外に末法の衆生は基本的に幸福になれないのである。」

444 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/26 13:16
>>442
都合の悪い事は全てスルーしておきながら、論点摩り替えの虚偽を>>389>>399などで指摘され、フリ
ーズしてしまっているのは盲信者側。まあ、こうした詭弁の手口を明かす良い標本になってますが・・・。


445 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/26 13:22
世間の宗教は皆邪宗教であり、自宗こそがが唯一正統な教義を保持しているという立場を主張するなら、あら
ゆる批判や論難に対して、首尾一貫理路整然とした「破折」なんていとも容易いはずですが、一体どうしたので
しょうね?


446 :名無しさん@3周年:03/06/26 15:52
偉そうに仏法を語る割には肝心な物が抜けていますな。
ちょっと質問を変えてみましょう。
”お釈迦様は何の為に出家したのですか?”
あんたには一生わからんものだろうが。

>都合の悪い事は全てスルーしておきながら

このスレの最初の方をよーく見てみましょう。
思いっきりスルー宣言してますよね貴方。


447 :438-739:03/06/27 00:19
コピペしたのは創価VS妙観の法論心得みたいなんだけど、
団体名を伏せてコピペしたのは、どのような反応があるか試す為よん。

これで、このスレに正宗法華講の香具師が張り付いているのが良くわかりました。
やっぱり、法華講の香具師がいちばん陰湿で粘着君だな。
自分たちに関連するスレにはぜったい誰かが張り付いてやんの。こわっ!

448 :447:03/06/27 00:21
×438-739
○438-439
失礼スマソ。

449 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/27 08:55
正宗の香具師の多くは元学会員だからな。
盲信・狂信・独善の体質を残したまま仏壇の脇の写真を池田から阿部に掛け替えたに
過ぎない連中だからその程度は推して知るべし。
しかもその学会的体質にかつて属した学会への怨恨が加わっているのだから並みの学会員
より低劣であっても何ら不思議は無いわいな。(藁)

450 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/27 12:47
>>446
スルーの理由は>>18でコメント済み。蒸し返して縋りつこうとしても無駄。
>ちょっと質問を変えてみましょう。
必死に粘着した割には、あっさり「質問」を変更しますね。一連の行為が論点ずらしのための論点ずらしで
あることを白状したようなもんです(笑)。
>”お釈迦様は何の為に出家したのですか?”
相変わらずの論点摩り替えの虚偽に返答の義務なし。詭弁構造を分析されて恥の上塗りを重ねている
のは、あなたの方です。
>あんたには一生わからんものだろうが。
「判っている」のなら、その内容を命題として提示する責任は発言者に発生しますよ。

451 :名無しさん@3周年:03/06/27 12:57
>>450
あんたが答えないから質問変えたんじゃないのか?
論点ずらしどころか、あんた論点にもなってないですぜ!
そんなにも”返答の義務なし”連発しているからあんたの答えに返答しないんだろう?
わからないの??

452 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/27 13:06
>>451
>あんたが答えないから質問変えたんじゃないのか?
今度は論証責任の転嫁ですか。ワンパターンですね。 以下はますます、何を主張しているのか意
味不明の支離滅裂な発言に陥ってますよ。筋道立てて物を言う習慣をつけましょうね。それが出来
ないのならば幼稚園からやり直せばよろしい。

453 :名無しさん@3周年:03/06/27 17:11
>>443
>そういえば、昔の創価がマニュアルとして使用していた『折伏教典』には、
>以下のような物凄まじい記述がありましたね
こんなのもありますよ。(概出だったらすみません)

第七章 既成諸宗教と日蓮宗各派の批判
二、立正佼成会 P.143

「年じゅう下痢をするのは親不孝のザンゲなのですよ。おかあさんを恨ん
でいるでしょう。その恨んでいる心をザンゲさせていただけば人なみの体に
なれるんですよ」
 立正佼成会では、“結んでもらう”といって、なにか悩みがあると、幹部に
その因縁を説いてもらう。 まったくナンセンスなこじつけであるが、結んで
もらったら、そのとおり実行すればかならず幸せになれる、実行しなければ
“お悟り(罰)”があると教えている。 “あなたは色情の因縁が強い” “先祖
を成仏させてないから、あなたは幸せになれない”といったたぐいの文句は
常に使われている。 先祖崇拝と法華経と因縁話を巧みに結びつけて作り
あげたのが、立正佼成会の教えなのである。
 
その成立 立正佼成会会長の庭野鹿蔵(日敬)は新潟生まれで19歳で
上京し石原炭店の小僧として働くかたわら、主人について六曜七神や
姓名判断を習った。 その後、独立して漬物屋や牛乳見せをしながら昭和10年
ごろ霊友会に入会、その後、天理教信者だった長沼マサ(妙佼)をみちびい
た。 こうして、ふたりはかなり熱心な霊友会信者になった。ところが、当時
盛んだった霊友会が内部紛争から崩壊し、妙智会、考道教団、思親会と
分裂を始めた。 昭和13年、庭野長沼の一派も「大日本立正交成会」として
分派した。 その後の佼成会は、霊友会とほとんど大差ない教義を立て、目新しい
といえば姓名判断を取り入れた天だけだった。 ところが、終戦後の混乱に
乗じて、いちじるしく発展、中野の和田本町につぎつぎとピンク色の道場
を建て、悩みの多い無批判な中年婦人層を相手にまんえんし、今日に至っている。


454 :名無しさん@3周年:03/06/27 17:13
立正佼成会
【作られた教義】 P.144

邪宗教はたえず教義を他から盗んでくる。佼成会もその例にもれないのである。

1.まず題目を唱えさせる。 世間では南無妙法蓮華経だから、日蓮大聖人の
仏教に関係あるのだろうぐらに考えているが、題目だけを看板に盗み取って
中身はまったくなんの関係もない邪義で固められた邪宗教なのである。

2.入会すると霊友会と同じく先祖の“総戒名”を祀らせる。「先祖の戒名を本尊にせよ」
などとは、釈尊の一切経にも日蓮大聖人の教えにもぜんぜんない。 日本人
の先祖崇拝の美風を利用し、勝手に題目と結びつけて作った邪義なのである。

3.総戒名で始まった佼成会信仰は“おみちびき”と“本部がよい”で明け暮れる。
やがて強信者と認められれば“曼荼羅”が渡される。 この“曼荼羅”には弘安4年
4月5日の日付がはいっているが、日蓮大聖人とはなんの関係もないもので、
形よく似せて、勝手に書いたニセ本尊でる、 さらにその上になると“守護神”と
いうのが下付される。 中には神札みたいなものが入れてあるが、これらはいずれも
魔神の働きをするものばかりである。 また、入神といって神がかりになり、発音
(キツネ憑きと々)や、九字を切ったりして完全に魔性を発揮するようになる。


455 :名無しさん@3周年:03/06/27 17:14
立正佼成会
【作られた教義】 P.146 続き

4. このように入信してから拝む本尊が次々と変わると同様、佼成会の本尊もたびたび
-----------------------
   天壌無窮
南無妙法蓮華経  日敬
   異体同心
-----------------------
変わっている。 発足当時には、毘沙門天や、真言宗の大日如来などを本尊にして
いたが、その後も上図のように書いたものを本尊としていたが、あまりにデタラメな
のに気づいたのか、本部や支部の旗にしてしまい、本部道場には曼荼羅をかかげる
ようになった。 それも最近、妙佼副会長の死をチャンスに改革を思い立ったらしく、さる
昭和33年の正月に、会長庭野日敬は「真実開顕の年」の宣言をした。 すなわち
「久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊」が本尊であるといいだしたのである。 この本尊
すりかえのいいわけがおもしろい。「本会におきましてはすでに14年間、あえて真実の
御本尊の発表をさしひかえて、今日まで大曼荼羅を正面に奉安し、これが本尊である
のごとき印象を外来者に与えてまいりました。 また、本会自身も文部省や、東京都
への届け出にさえも、曼荼羅をもって本尊とするむねを申告していたのであります。
なぜこのような一見矛盾するがごとき届出をせねばならなかったと申しますと、ここに
凡解では、ちょっと理解しがたいような深い仏知見にもどづき、お手配があったの
であります」(昭和33年1月5日 日佼成新聞 日敬談話より) 学会から本尊を責め
られてろうばいし、見延あたりから雇ってきた教学陣に作り替えさせたのだろうが、
これなども、いままで信者をだましてきた裏書きのようなもので、法盗人の正体を暴露
したものと言えよう。

456 :名無しさん@3周年:03/06/27 17:15
立正佼成会
【作られた教義】 P.146-147 終わり

5.創立以来姓名判断は佼成会のおもな武器であった。「あなたの名前は後家に
なる因縁がある」等とおどして入会を勧めていた。 だいたい外道である姓名判断が
仏法に関係あるわけがない。 こう責められて、方便だと、いちじは弁解していたが、
最近では、すっかり引っ込めてしまったおうでる。 本尊を責められれば本尊を変え、
教えを責められれば教義もすぐ作り替えて平然としているのが邪宗教なのである。
 そのほか、魔の正体を隠すために、世間からほめられそうな社会事業、事前事業
清掃等には熱心で、善人ぶっているが、本部の土地問題や、見延御開帳料をめぐる
紛争など、金儲け宗教企業屋の正体をあちこちに示している。
 その姿を涅槃経に説いていわく「律を持つ像に似て。少し経を読誦し、飲食をとんし
してその身を長養し、袈裟を著すと難も猶猟師の細めに視て徐に行くが如く猫の鼠
を伺うが如し、常に是の言を唱えん、我羅漢を得たりと、外には賢善を現し内には
とん嫉を懐く、唖法を受けたる婆羅門の如し。実に沙門に非ずして沙門の像を現じ
邪見し盛にて正法を誹謗せん」と。


457 :名無しさん@3周年     :03/06/27 21:55
てすと

458 :名無しさん@3周年:03/06/27 23:46
阿呆陀羅タン。詭弁テクではなく、詭弁(妄想?)教義だけど・・・

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/1239/index.html
ttp://homepage3.nifty.com/y-maki/topsav.htm

こんな風に教え込まれていたんじゃあ・・・錯覚して盲信するのも当然か。
突っ込んでもこれ以上の答えは返ってこないんだよね。これしか知らないんだから。

459 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/27 23:51
釈迦釈迦釈迦釈迦とバーテンダーではあるまいし。
釈迦が一切衆生を救済するために出家したとしてもだ、それは>>443にあるような
「日蓮正宗以外の宗派はすべて人々を不幸に落とす力をもっている。」
「この大御本尊を拝む以外に末法の衆生は基本的に幸福になれないのである。」
などという夜郎自大な妄言を正当化するためではないだろが。
人を恐怖で縛って仲間に引き込み籠絡するような宗教団体を一般的になんというか
知ってるか?
破・壊・的・カ・ル・ト というのだ。良く覚えとけ、カルト猿!

460 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/28 00:23
>>453-456
UPどうもです。ただ立正佼成会の教義に関しては、今まで接触がありませんでしたし、関心を持ったことも
なかったので何とも申せません。

>>458
私もそのように認識しています。ただ、ここでは「折伏」における、彼らの詭弁テクの手口を明らかにしてみた
かったのですよ。


461 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/28 15:11
>>458
教義をまとめたページのご紹介ありがとうございます。それと上のあなた向けのレス、私の誤読があったみ
たいですので、レスの前半は撤回します。申し訳ないです。

462 :名無しさん@3周年:03/06/28 16:30
やっぱ基本は日蓮正宗の公式サイトでしょ。
Q&A正しい宗教と信仰
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jap/faq/religion.html
Q&A正しい本尊とは
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jap/faq/honzon.html

一見もっともらしい内容だけど、「初めに結果ありき」で組み立てられた教義だから継ぎ接ぎだらけ。
なので、どこか一片でも崩れたら全く成り立たない。
教義の大部分が「唯一自分たちが正しい理由」ってところがコッケイですね。
だからまともに法論なんて出来ない。(自称正しいというへ理屈しか返って来ない)

463 :名無しさん@3周年:03/06/29 03:31
この板は初めて来ました。

>>462
> 教義の大部分が「唯一自分たちが正しい理由」ってところがコッケイですね。
> だからまともに法論なんて出来ない。(自称正しいというへ理屈しか返って来ない)

やっぱりそうなんですね。
今日初めて日蓮の勧誘員に捕まったんですが、まさにその通りでした。

そのうち2回戦がありそうな雰囲気なんでこのスレで勉強させて頂きます。

464 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/29 14:45
>>463
コピぺではありますが、カルトの詭弁論法の手口が要領よくまとめられていますのでUPして
おきます。ご参考にどうぞ。

1:事実に対して仮定を持ち出す
2:ごくまれな反例をとりあげる
3:自分に有利な将来像を予想する
4:主観で決め付ける
5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
7:陰謀であると力説する
8:知能障害を起こす
9:自分の見解を述べずに人格批判をする
10:ありえない解決策を図る
11:レッテル貼りをする 
12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13:勝利宣言をする
14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる


465 :名無しさん@3周年:03/06/29 15:24
s会の人がs会のこと悪く言うと悪いことが起こるといいます。
傍法?の罪って何のことですか。
他の宗教を信じると地獄に堕ちるといいます。
お釈迦様がそんなことを言ってるの?と聞くと
日蓮上人が「禅天魔・・・」とか言ってるから見習っているそうです。
見習うのもいいけど自分で真偽を確かめてみてからのほうがいいのでは、
というのが私の考えなのですが、、、
実のところ、日蓮上人のお考えはどうなのでしょうか。

466 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/29 17:54
>>465
>傍法?の罪って何のことですか。
辞書の引用は安易な手かもしれませんが、まあ下記のように捉えるのが一般的ですね。

ほうぼう はうぼふ 【▼謗法】
(1)仏の教えをそしり、真理をおろそかにすること。仏教で、最も重い罪とされた。
(2)転じて、無理なこと。道理の通らないこと。
「―とは知りながら、頼し事の恥かしや/浄瑠璃・八百屋お七」
                               三省堂「大辞林 第二版」より

(1)はともかく、ここへ来ていた盲信者の発言に(2)の定義を引き当てて考えてみましょう。

>実のところ、日蓮上人のお考えはどうなのでしょうか。
日蓮の思想の骨子に関しては、波木井坊さんなどにお答えいただいたほうがいいかもしれませんが、個人
的には「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」という「四箇格言」の主張は、あくまで日蓮在世当時の宗教
的、あるいは社会的状況や文脈を考慮に入れて受け止めるべきで、それをそのまま現在の各宗派の教理
に当てはめて解釈するのは危険であると考えています。こうした視点が正宗系には基本的に欠けています
ね。

467 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/06/29 23:14
>>466
>「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」という「四箇格言」の主張は、あくまで日蓮在世当時の宗教
>的、あるいは社会的状況や文脈を考慮に入れて受け止めるべきで、それをそのまま現在の各宗派の教理
>に当てはめて解釈するのは危険であると考えています。こうした視点が正宗系には基本的に欠けています
>ね。

これは一見すると日蓮原理主義にも見え、日蓮正宗こそが日蓮の意志をもっとも良く保っているというかの
ような印象をも与えますが実際は日蓮本仏論だの唯一血脈相承だのといった日蓮本人とは無関係の後世の
創作ないし牽強付会を振り回していることからみても、単なるご都合主義のいい加減な宗派であることの
証左にもなっているのは皮肉なことですね。
まあ、仏意仏勅とか永遠の指導者とか平気でのたまう学会はそれ以前に論外であるわけですが。(藁)

468 :463:03/06/30 00:25
>>464
ありがとうございます。参考になります。
特に目立ったのが、4、5、9、11ですかね。

しかしまあ、経典(だっけ?)の教えを説明しますと言った割には。
日蓮を信じなかったり、バカにすると罰が当たって、
これこれこんな事故に遭うぞとか、そんな話ばかり。
もっと前向きな話はないんかい。

469 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/30 23:35
よっこらせっと。(藁)

ん?なんかあった?? o(・_・= ・_・)o

470 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/30 23:41
「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」ですか。

こんな古臭いこともう日蓮宗の信徒は、こっ恥ずかしくて言えませんです。

これは700年前の仏教界のことを言ってことで、当時は正しかったでしょうが、
日蓮系がもう他宗と会う度に「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」と言うので、批判されて
いる宗派はもう直しちゃいましたね。(笑)

現代に通じる批判ではありません。

これ学会も言いませんよ。この前池田さんがなんかの学会系雑誌で、日蓮宗とそっくり
同じ事言ってました。(大笑)

471 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/06/30 23:45
>>470
波木井坊さん、こんばんは。粘着くんも自爆して一段落です。また、まったりじっくり参りましょう。

472 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/30 23:46
正宗は未だに「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」だの「四十余年未顕真実」だの
言えば他宗に勝てる、と思い込んじゃっているわけでして。

今は末法の概念が実に怪しくなっているのに、”うちは末法有縁の御本佛”なんつって、
喜んじゃっているわけですよ。

じゃ末法じゃなかったらどうすんねん!!!像法だったらどうするんや!!m(_ _)ノ彡☆バンバン、

まあこんな質問正宗信徒にしたらパニっくですナ。(大爆笑)

473 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/30 23:47
>>471
いえいえ。こちらこそどうぞよろしく。m(__)mペコリ

474 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/06/30 23:52
だいたい正宗信徒は、Σ(ノ°▽°)ノハウッ!しますナ。

なーーに言ってんだよ波木井さん。今は末法に決まってるじゃぁないですかァ。
なんていいますな。

いや釈迦の入滅時期が。。。大乗非佛説で。。。。

正宗信徒は(」゜ロ゜)」状態。(藁)

475 :名無しさん@3周年:03/07/01 10:14
末端の学会員は家や土地売ってまで財務してるわけだが
推定年収4億OVERで資産一兆円と噂される池田先生は
どれぐらい財務してるの?
                                  
当然自ら範を示してたっぷりとやってるんだよね   
                           
まさか財務を懐に入れるだけじゃないよね     


476 :465です:03/07/01 12:09
ありがとうございます。
そうか!日蓮上人は他宗を潰す為ではなく、正すためにお生まれになったのですね。
納得です。
もしs会の人がこれを否定するのならば根拠を求む!!です。

477 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 13:15
>>472-474
中国で発生した、決定論的な「正・像・末」の三時説自体が相対化されてしまっている現状や、佛滅年代が大幅にずれ
てしまっているという現実を受け入れれば、正宗系の教義の根幹そのものが破綻してしまうのは明白ですから、ここ
は絶対に譲れないところなのでしょう。さりとて、この不都合を解決するために実在的時間観を放棄すれば、これまた
新たな矛盾が生じるという、一種のスパイラル状態なのではないかと思います。硬直したドグマに固執したツケが回っ
て来ているという様相を呈していますね。おまけに教義を正当化する文書文献類の真偽もあやふやという、八方塞り
に陥っているのではないでしょうか。こうした点を指摘すれば自閉的信仰の世界に立て籠もるか、先般の粘着君みた
いに詭弁と摩り替えに必死になるという反応しか返ってきません。ところが正宗系関連のHPなどを覗いてみれば読ん
でいるほうが恥ずかしくなるような自讃毀他が威勢良く主張されている。一体どういう神経をしているのかと考え込ん
でしまいます。

478 :名無しさん@3周年:03/07/01 15:16
>477
実在時間は放棄したくても出来ないんですよね。
何たって戒壇板曼陀羅に仏滅度後の年数が・・・
もう何ていうか悲惨です。

479 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/07/01 20:13
>何たって戒壇板曼陀羅に仏滅度後の年数が・・・

わははは!だめじゃん戒壇様。(藁)

480 :名無しさん@3周年:03/07/01 20:37
こんな状態だから得度した小坊主たちを大学(仏教系)に行かせられ無い。
とても仏教における僧侶とは呼べない。知識不足。


481 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 21:30
>>467
>仏意仏勅とか永遠の指導者とか平気でのたまう学会はそれ以前に論外
学会も学会で「宇宙生命云々」とかいう、ブラフマニズムの「梵我一如」みたいな常見外道説に傾斜してます
からね。これも本覚思想の亜種なのかなと思います。

482 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 22:33
>>477
そうなんですよ。三時説に五時八教がうそだった、とわかってからもう150年ぐらい経つわけ
でして。文明開化の時に、ドドッ!と西洋、例えばドイツとかイタリアとかイギリスなんかの
仏典研究が日本に入り込む。

で当時の仏教界はパニックになっちゃったわけです。明治も少したつと日本人も海外に出始める。
あちらで研究されている内容は今まで日本で説かれていた中国伝来の仏教教説とは全然違うもので
日本の仏教界は、大衝撃を受けたわけです。

実はそれ以前、江戸時代に国学者から「大乗非佛説」みたいなもので批判されているわけですよ。
しかしこんなのは無視しちゃった。そのときちゃんとやってればこう衝撃は長く続かなかった
かもしれない。

大石寺派は明治の中ごろ、この批判を宗祖本佛論で乗り切ろうと考えた人がいるようです。しかし回りの
従来の教学の声にかき消されてしまったようで、日寛師教義が段々頭がもたげてきます。

そしてそのまんま正宗は来ちゃってる。

483 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 22:36
>>481
いえそれはブラバツキーの影響ですね。大正生命主義の影響ですよ。

当時は東大の学者が真面目に”念写実験”したりした時代。「妙」の字を
書いた半紙を写真乾板に念写したりして、それを大真面目に論議した時代
なんですわ。科学と擬似科学がゴッチャの時代ですね。大正時代は。

484 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 22:49
>>482
>江戸時代に国学者から「大乗非佛説」みたいなもので批判されているわけですよ。
富永仲基の『出定後語』ですね。当時としては恐るべき研究水準だと思います。もっとも、佛教界からは
的外れな反論か、無視しか返って来なかったようですが。
>>483
↓の論考は興味深かったです。そうした生命主義と本覚思想との親和性も考察されています。既にご存
知かもしれませんが・・・。
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/syoho/syoho29/s29_111.htm

485 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 22:58
>>484
(^▽^) ハッハッハ。ぼくのネタ元だよ。そこは。あはははは!!!

486 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:01
まあ正宗の場合は、学会と切り離されて、”生命論”がなくなっちゃった。
そこで空白がおきちゃう。

そこで花野師のご登場、ということになるのかな?(笑)
仏教的にこの生命論を本覚思想でなぞろうということでしょう。

しかしたいへんな毒があるんですけどね。(大笑)

487 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 23:05
>>485
いやいや、おみそれいたしました。m(__)m


488 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:12
>>484
あとこれは平田篤胤の『出定笑語』のほうです。

489 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:13
あ!富永仲基の『出定後語』も大乗非佛説を唱えておりました。

どっちが先だっけ??阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQさん。

490 :名無しさん@3周年:03/07/01 23:16
富永仲基の『出定後語』のパロディが平田篤胤の『出定笑語』なのかな?

491 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:17
富 永仲基(1715〜1746)
平田篤胤(一七七五生まれ)

ですね。

492 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 23:19
>>488-489
『出定後語』の富永仲基はいわゆる国学者の範疇には入らないと思いますが、その尻馬に乗って無茶苦
茶な佛教批判を展開した平田篤胤は、もう「極右」って感じですね(苦笑)。維新時の廃佛毀釈などのイデオ
ローグにもされてますし、国家神道思想や近代の国粋トンデモ思想の遠祖でもありますからね。
>>490
おっしゃるとおりパロディです。というかもうこれはプロパガンダ文書でしょうね(苦笑)。


493 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:26
まああとですね。ここでもふれられている松戸氏に関しては、「福神」の8月号で
詳細に氏が説明していますよ。

自分は決して本覚思想、已身本尊論者ではないとうお話です。

まあ日蓮宗系の本に学会の松戸氏が登場!というのもおもしろい現象ですね。

494 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:28
平田篤胤の”純正神道”という考え方は戦中まで影響があったようですね。
国家神道などに色濃く残ったようです。

そそここでおもしろいお話をしましょうか。


495 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 23:30
>>493
一回読んでみます。ありがとうございます。
>>494
後学のため、是非にお伺いしたいです。


496 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:31
大石寺派は皆そうなのですが、神社をものすごく嫌います。学会員さんは鳥居もくぐらないという
徹底振りです。まあ正宗もそうです。

しかしここに重大なスリカエがあるんですわ。

当時つまり明治以前は、仏教と神道ゴッチャだった。”神宮寺”と言う名前があrますが、
僧侶と神官が同居していたんです。

当然当時の鎌倉の宇佐八幡宮も”八幡宮寺”でありました。神社のような寺のような。

497 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:36
その仏教と神道がゴッチャな神宮寺とか八幡宮寺とかは、当時から天台宗とか真言宗の
僧侶が大半を占めていた、と言います。

そして僧侶が主で、神官が従の関係。その反動が明治維新の廃仏毀釈令で出たといわれています。

で、宗祖日蓮大聖人の批判、というのは、実はこの”天台や真言僧が占めている”神宮寺”に対して
らしいんですよね。法華の僧が入っている神宮寺は当時はない。

法華に帰依する神道ならOK!だということだと私は考えているわけですよ。神道そのものは否定していないんじゃないかと。

というのは日興上人、熱原の法難で、南条さんと一緒に、福地神社の神官を匿い食事の給仕をしちゃってます。
日興上人の弟子分別帳にもこの神官の名が有る。

当時は仏教と神道を切り離して考えるちゅう思想はあまりないんですよ。実は、仏教側には。

498 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:43
例えば天台宗と習合した「山王一実神道」とか真言と集合した神道とか、
後両方が折半的に集合した修験道とかあるわけでして。

平田はそれを俗神道を退けたわけですけど、当時は神道と仏教は集合していた。
そういうゴチャゴチャを整理して、法華の僧主導による神宮寺とかいうものを
標榜していたのではないかと。

当時、神道を批判するちゅうことはないわけで、それは時代背景でもあるわけです。
鎌倉のこの時期に神道攻撃したらたちまち首切られちゃうわけですよ。当然民衆の支持なんかも
ないと思いますよ。

あえてここで神道と仏教を分けて考えちゃうことに無理があるし、そういう考え方は、江戸時代の
国学者あたりからではないかと思うわけです。

法華の僧侶による神宮寺。私はこの原型が北山本門寺根源の垂迹堂ではないかと考えているわけ
でして。

499 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:49
ここでおもしろい現象があるんですわ。

身延山の周りは神社がない。あるにはあるんだけどほとんどが廃止されちゃって、
宮司さんのいる神社なんかないわけです。みんな日蓮宗が700年かけてしらみつぶし
に潰しちゃったわけです。

しかし日蓮宗は神道に対して寛容なんです。しかし正宗は非寛容なんですね。

ところがその神道に非寛容の大石寺派の周辺はというと金毘羅さんとか八幡さんとか
浅間さんとかの小さな神社が結構残っていてこれがまた御神体がご本尊にお取替えなされて
神社の形態はそのまんま残っていたりしている。これが最近破門された学会に取り上げられて
大石寺は叩かれているわけですが、こういう逆転現象が残っている。

私の考えでは、初期冨士派は、我々より神社勢力に寛容だったのでは、と考えているのです。
まあ現在の大石寺派教学はまっさかさまですけどね。

500 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/01 23:56
そう考えると例の”神天上の法門”というヤツ。

「法華経が広まっていない間は天照大神等の日本か神々は国を捨てて天上に去り、神社や神札には
悪鬼邪神が住みすみついている」

ちゅう考え方は、何も神道が悪いんではなく法華の僧侶が神宮寺に入って神官を
指導すれば、OK!ちゅうことになるのはないかと。

そういう考えかたができるわけですよ。決して神道を排斥したものではないと。

いかがでしょうか。(笑)

501 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/01 23:59
>>496-497
そうですね。土地の神々を排除せずに取り込むという姿勢は、インドでも原始佛教の段階から見られますし
-梵天勧請説話など-、日本でも東大寺の大佛造立のときに、九州宇佐の八幡神が「神託」によって協力を申
し出て以来、その方向で交流が続いていました。宮寺で大きなところは、宇佐や石清水などの八幡宮、感神
院祇園社、北野天満宮や六孫王社などが有名ですし、殆どの大寺には鎮守社や地主社、大社には神宮寺が
付属していましたからね。日蓮にせよそうした姿勢は基本的に保持したのでしょうね。法華寺院に見られる稲
荷社などの勧請もこの文脈で考えればよいのでしょうか?

502 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/02 00:00
ただ現在はこの考え方で教判つけるのには無理がある。

なぜなら廃仏毀釈令で仏教と神道は明確にわかれちゃっているわけですから、
法華の僧が神社に入るわけにはいかないわけでして。

だからこの考えは捨てなくちゃいけません。というのは神道を法華が喰うことになっちゃう
ワケですから他宗派攻撃です。

ですから今は時節に応じて、法華の信心をしているものが神社に行けば、神も
降りてくるよ、という考えでいきましょうと。

そう考えているわけですよ。

503 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/02 00:06
>>501
まあ、稲荷信仰の習合に関しては、室町以降だと思います。三十番神なんてのも
室町以降ですね。まあ同じと考えてもいいでしょう。

日蓮系では最上稲荷信仰が有名ですけどこれは室町以降で、それ以前の稲荷信仰習合とは
ちょっと違います。

だけどねえ。身延山には宗祖日蓮大聖人が勧請しなおした稲荷神社があるんですわ。

私もよく行く願満稲荷大善神、とかね。(笑)宗祖が身延山に入る前の稲荷神社が
法華流に奉り直されて現存しているんです。

学会員さんどう考えているんでしょうか?一昔前なら”ウソ”ですね。(苦笑)

504 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/02 00:12
>>503
なるほど、正宗系の闇雲な神社忌避思考も今や無効といわざるをえませんね。いやいや勉強にな
りました。m(__)m



505 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/02 00:38
いえいえ。お粗末様です。

まだ宗祖の正確な神道観、というものがつかめていないんですよ。実はね。

506 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/02 00:41
あとね。冨士派の鬼子母神信仰(笑)

あった形跡はあるのです。実は。江戸時代中期にどうやらなくなっちゃったんですわ。
これが未だにナゾでしてねえ・・・。

日寛さんの影響なんだろうかと思いますが。

507 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/02 20:41
>>505
>まだ宗祖の正確な神道観、というものがつかめていないんですよ。実はね。
日蓮も当時の他の佛教者と同じく、佛教という非土着&反土着思想が神道のような土着思想に対してどのよ
うなスタンスを採るかという問題を共有していたのは確かでしょうね。原始佛教以来の「骨抜きにして取り込む」
という戦略を日本的宗教観の中で踏襲−この間の思想的変容の問題は措くとしても−するにせよ、たとえば
旧来の顕密体制内のそれとは違う独自の方法論、つまりは法華思想による神祇体系の再編成を構想してい
たのではないかと思いますが、その完成途上で亡くなったのではないでしょうか。このあたりが「つかみにくさ」
の原因となっているのかもしれませんね。また、この時代は神仏習合を前提とした中世神道教理の確立前夜
でもあり、各方面で様々な動向がみられますが、それが教説として完成されるのは、もう少し降る南北朝から
室町期であったと記憶しています。そういえば「法華神道」も室町期の成立であったと思います。分派を重ねた
日蓮系各派で神祇への姿勢に相違が見られるのはそうした過渡期的状況をめぐる、様々な事情も関係するの
ではないかと思いますがいかがでしょうか。

508 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 02:30
>>507
>その完成途上で亡くなったのではないでしょうか

これについては私はちょっと違った考え方をしているのです。もうある程度固定化
した神道観はもっていた。ただ今の皇室神道とか国家神道の類でもないし、よく言われるような
吉田神道を習合したわけでもないな、と私はにらんでいるのですよ。

私は宗祖、豊受大神を実は・・・・。(微笑)

ひょーーとしたらですよ。
宗祖は、伊勢内宮神道ではなく伊勢外宮神道をやってたんジャナイカト・・・。<−−声が段々小さくなる。(笑)

ただどうしてこれがなかなかわからないのか。というのは今の神社神道は、古神道では
ない。昔ながらの神道を受け継いできた人、例えば水戸学の人達とか。
明治維新直前に皆滅ぼされている。全滅です。

でたいへんいびつな国家神道がでてきちゃって、本来の神道ってなんだかよくわからなく
なっちゃっているからです。

509 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 02:41
定説では宗祖、蒙古襲来の前と後では神道観に違いがある、といわれています。

私は、宗祖が身延に入山されたのは、蒙古襲来で清和源氏の根城である甲州に
御避難なされたと考えています。なんせ南アルプスという天然の城壁を背に背負って
いる所ですから・・・・・。

映画だとこれ絵にならないので、暴風雨の中で六弟子率いて題目となえながら御祈祷、という
シーンになっちゃっているわけですが、これは後の演出です。(苦笑)

ひょーーーとしたらですよ?もしかしての仮定なんですが。当時の宗祖は今の浅井のように、
”法華に帰依しなければ日の本は蒙古に滅ぼされる”なんつー考えだったかもしれません。
で、静かになったら自分は蒙古の王を折伏するんだっつーーような考えだったかもしれない。(苦笑)

で結果オーライじゃなかった。蒙古は台風来て、撤退しちゃったわけです。日本の大小の神々が日本を
守っちゃったりしているわけですよ。で神道観が変わっちゃったかもしれない。(笑)

まあそんな感じで考えているんですよ。実は。(大爆笑)

510 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 02:47
で、この蒙古が去った直後に”身延山内に緘口令が下っちゃうわけです。
宗祖自ら緘口令が。

まあ内容は言えません。というのはこの緘口令、後に弟子旦那等も一切口に
してはいけない。言ったら破門じゃ!!ということになっているからです。

まあよそうとおりに行かなかった、(苦笑)ということですよ。

この直後に宗祖の神道観に変化があらわれるようなんですね。

511 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/03 12:20
>>508
小声で言わなきゃいけないかもしれませんが・・・(汗)。
>私は宗祖、豊受大神を実は・・・・。(微笑)
なるほど、日蓮の出身地が伊勢神宮の東條御厨、つまりは外宮の神領だったというのがヒントかもしれない
ですね。『神皇正統記』などと関係の深い外宮の度会神道では、外宮の祭神である豊受大神は天御中主尊
と同体、そこへ北斗妙見信仰が習合して・・・。あるいは穀物神・産業神の性格の強い豊受大神の宇迦之御魂
神−稲荷−との同体説に東密が・・・。うーん、中世神道色が非常に濃厚な気がします(笑)。
>>509
>蒙古襲来で清和源氏の根城である甲州に御避難なされたと考えています。
新羅三郎義光系、いわゆる甲斐源氏の根拠地ですね。確か義光は三井寺園城寺の新羅明神の神前で元服
の式を挙げたとか。こちらと何らかの関連はみられましょうか。

512 :名無しさん@3周年:03/07/03 13:13
法華宗と日蓮宗って同じなんですか?

513 :名無しさん@3周年:03/07/03 13:33
ハゲリの妄想が炸裂しているわけだが・・・。


514 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 17:21
佐渡流罪になり、佐渡に向かう道中に、この豊受大神をお祭りする神社に参拝している
記録がはっきり残っています。日時まではっきりかかれているんですわ。

当時の伊勢神宮の内宮と外宮の間には今は廃寺ですが寺院があり、そこに宗祖はいた記録も
残っておるんです。房州に帰り際、伊勢神宮にも参拝しております。

しかし阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQさんは勘がいい。うてば響くように連関していきますね。
やはり知識がある方は、こういうとすぐに気がつかれるのですよ。(笑)

武田氏は基本的には、天台系なんですよ。秋山氏という分家がありこの一族今でも沼津に
残存していますが、法華・日蓮信者だった。改宗を選ぶか一族から離れるかの二者選択を迫られ、
法華をとった一族です。

515 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 17:27
後、武田一族は、仏教も奉じましたが、やはり八幡信仰のほうに重きがあります。

山梨県韮崎市の甘利山にある武田八幡宮が一族の祖神で、それぞれがここから分霊して
自分たちの領地の八幡宮へ勧請したようです。

この武田八幡宮のいわれは古く1200年の歴史があり九州の宇佐八幡宮や京都石清水八幡宮から
分霊され奉られたようです。

波木井の八幡宮は、身延町波木井、波木井交差点を右折し身延山病院を超えて、
波木井川にかかる波木井橋を越えたところにあります。

516 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 17:44
話は少し変わりますが。

大石寺は平家、北条得家を主家とする南条氏が建立したわけですが、第三世の日道師は、
新田氏なんですね。八幡太郎義家の末裔ですから立派な清和・甲斐源氏系。

しかし南条氏は、この新田家に滅ぼされちゃう。首をとられてしまうわけです。

私はこれは不自然だと考えています。身延山や波木井山おそうですが、檀家総代、
これは一族パトロンについてその寺院を外護するわけですから、源氏系出身の弟子が
大石寺の歴代に入るのかどうか。

私は実は大石寺第三世、実は、日郷師ではないか、と気がついたのは大石寺教学を研究
する以前からでした。どうも当時の時代背景や風習から考えて、道師が跡目を継ぐのはヘン
だ、と。(笑)

そこで調べていったら芋ずる式に上条東光寺ーー小泉久遠寺ーー保田妙本寺のラインが鮮明に
浮き上がってきた。

私は東光寺の預かり信徒を1年半やってましたんで、これがトンデモであることがわかったんですよ。


517 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 17:51
この東光寺という寺院、実は冨士派最古の寺院といっていいのです。大石寺建設時に指揮所として使われて
毎日、南条家に寝泊りしていた日興上人が、ここで大石寺建設の指揮をとった由緒寺院であり、なおかつ、
日興上人ご両親の墓所もある由緒寺院です。場所は大石寺西300mほどのところで正宗無任所寮の隣。

その後は、大石寺の塔中坊の時もあり大石寺歴代が一人排出していますし、北山本門寺歴代の隠居寺としても
使われていたようです。住職の半分ぐらいが北山歴代が隠居後に入っています。

でこれがたいへん便利。大石寺では”東光寺”は無くなっちゃったことに事実上なっているのです。
で代わりにでしょう”東光寺支部”というのが東北のほうに正宗にはある。

大石寺に珍入した時、”どちらさんですか?”と聞かれた時、私は元気よく”塔中坊の信徒です!!”
と答えるか、”東光寺信徒”と答えることにしてます。もちろんウソは言ってないわけです。

ただ効いた先が、かってに勘違いしてくれるんで助かっているわけですが。(大笑)


518 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 17:59
正宗の場合、おもしろい現象があって、例えば、こういう日興上人に関わる遺蹟とか、
歴代に関わる遺蹟や遺物が、たいていほとんど日蓮宗側に残っちゃっているわけです。

保田を残して、東光寺ーー小泉久遠寺ーー北山妙本寺(保田本妙寺と兄弟寺院)がそっくり
日蓮宗側に残っちゃってる。北山も日蓮宗ですから、重要遺蹟の90%以上が日蓮宗、または
単立側に残っちゃってるわけです。

逆にいえば、都合の悪い資料や遺蹟は”邪宗”とレッテル貼って、信徒に見せないで言い訳ですから、
これがまた正宗信徒や僧侶にとって、独りよがりの論に陥りやすい結果ともなっているのです。

519 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 18:08
ちなみにこのスレッドを監視している正宗の連中ですが、大石寺内にある大坊というところに
いる無任所僧侶の可能性があります。

彼らは御前さんが食い残した”冷めたご飯”を分けて食べている所化さんたちなんですが、最近暇
にまかせてパソコンをいじり正宗の悪口を言っているやつはいないか、と探し回っているようです。

彼らの住んでいる所は、東光寺の隣の無任所寮というところなんですが、彼らは隣の東光寺を知らない連中が
ほとんど。日興上人ご両親の墓所が、自分たち寝起きしている兎寝床の隣にあるなんてことも知らないんですわ。

御前様に中哲で殴られ、ご飯は御前様が食べ越された冷や飯。寺もない、信徒もいない彼らですから不満もそうとう
鬱積しているようです。(笑)

520 :名無しさん@3周年:03/07/03 18:14
>>519
喪家新報ネタを真に受けてるんじゃないよ。
お前は今度は学会にすりよっているようだが、ハキリは節操も糞も髪もない
恥知らずだから、学会員にもハキリなんか頼りにしないほうがいいと忠告
しとくよ。

521 :名無しさん@3周年:03/07/03 20:51
>スレッドを監視している正宗の連中
みっけた。


邪教身延派では天台宗から『別名天台』と云われて叡山の中に大聖人が在した定光院を再建していい気になって
おるが正法が謗法に堕すかたちであることすら気が付かないのである。(笑)、大聖人は「末法に入りぬれば余
経も法華経もせんなし、ただ南無妙法蓮華経なるべし(趣意)」との御聖訓の意味すら理解出来ていないのだ。(苦笑)、
1244.仏滅年代

名前:正宗信者 日付:7月3日(木) 18時26分
についてならば正宗においては解決済みの問題です。
平成3年10月号の大日蓮に日顕上人猊下様の御講義が掲載されています。

今頃、うそぶいてる波木井某君の頭が悪いだけです。
ただし、法華講員諸氏で同御講義をまだ読んでいない人がいるならば
信心をもって熟読されることをお勧めします。
http://www1.ezbbs.net/01/yumyo/



522 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 21:20
>>520
創価新報ネタ!?(^▽^) ハッハッハ

大石寺内事課も慧妙編集部も法太郎の件で電話したとき、俺を”波木井坊さん”と呼んでおった
じゃないか。(‐^▽^‐) オーホッホ

こちらがネットでのHNを名乗っていないにも関わらず。(爆)



523 :名無しさん@3周年:03/07/03 21:41
神仏習合って真言・天台の密教系の考えだもんなア。たとえ身延にお稲荷さんあっても、
俺が正宗なら、「謗法」って言いたくなるよ。自分のパイが無くなる。
無任所僧侶・・・悲惨だな。俺の知り合いの●■宗の高僧は、気さくな感じで普通の人だが。
しかし僧侶はどこでも上下関係は厳しいよ。

日蓮大聖人の教えって、なかなか後世に伝わっておらんのう。

524 :名無しさん@3周年:03/07/03 21:50
良質な情報買います(現金)
宜しくお願いします

525 :名無しさん@3周年:03/07/03 22:05
>>523
てか、法華経自体がもう神仏習合している・・・

法華経序品第一より

また、神々の帝王シャクラ(帝釈)も、従者の天子衆2万人と一緒にいた。
すなわち、チャンドラ天子と、・・・(この後ヒンドゥー教の神々の名前が延々と続く・・・)

526 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/07/03 22:52
阿呆陀羅經さん、波木井さん、他の方々、お久しぶりです。某s会の方と色々やってまして、ほんとカル
ト相手は疲れますねw。「神佛習合」は奈良時代あたりから大成されてきたようですが、その頃から、
「佛教原理派」vs「神道(と言ってもどの系統かは不明ですが)原理派」と双方の現実派(つまりは、
圧倒的に多数派w)との対立みたいなものはあったようですね。しかし、特にこと佛教側から言えば、
完全な習合否定は、佛教自体の自己否定になってしまいますからねw。初期仏教から、あったことだろうし
、大乗の仏・菩薩様自体も「異教の神様」なんだから(事実、上座部佛教は、今でもそうはっきり言いますね。)、
結局、「原理派」の方もどこで折り合いつけるかってことだけみたいですねww今も昔も。

527 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 23:34
>>523
>日蓮大聖人の教えって、なかなか後世に伝わっておらんのう。

豊受大神や金毘羅さんや伊勢神宮や鎌倉八幡宮寺に参拝した宗祖日蓮大聖人のことも
正宗&正宗系には伝わっておらんの。(苦笑)

528 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 23:42
>>526
おひさしぶりです&ご苦労様。m(__)m

これは教義とは別のお話なんですが、日本古来からの日本人の宗教観というのは、他の宗教を
習合・統合していくという形が一般的なんですね。

神道そのものが被征服者の神々を次々と習合していった。被征服者の神は、天皇家とは別の宗教の
別の神様であったはずなんです。それが現在は”神道”という枠組みに統一されちゃっているわけです。

そういうことかして現在の日本人の宗教観は、仏教VS神道、という対立概念で見ちゃっている。これは
西洋的な宗教観ではないかと。

少なくとも日本的な宗教観ではないなあ、とそんなふうに最近考えているのです。

まあ実は”国家神道”というもの自体が極めて西洋的な宗教ではあったわけですが。

529 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/03 23:48
鎌倉時代、当時は「政教一致」の時代だったワケです。当時は「政教分離」なんてトンデモの暴論です。

鎌倉時代に「政教分離」なんていったらそれこそその場で首はねられちゃうような時代ですよ。

そういう政教一致(一体)だった鎌倉時代に、国家鎮護の役割を担う宗教の中心軸と軸足が、
神道とどううまく習合していいくかが当時の仏教各宗派の勢力拡大のポイントだったのでは、
と私は考えているんです。

宗祖日蓮大聖人のお考えは、”法華と習合している神道”という模索が明確化されていない
部分がある。だから現在の混迷があるような気もしています。

530 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/04 19:34
>>526
島国さん、お久しぶりです&お疲れさまです。ファナティックな連中ってどこも大同小異みたいですね(苦笑)。

「出世間法」たる佛教が、「世間法」である神道などの土着信仰や慣習儀礼に対して取るスタンスは、地域や時代
によって一定しませんが、現在では保守派の上座部でさえ寺院の中に地主神などの祠を設置し在俗信徒の信
仰対象としているみたいですね。そうした土着信仰に対する寛容さが佛教伝播や教法存続に資すること大であ
ったのも見逃せない事実でしょうが。しかし、教団佛教の存在が「世間法」そのものとなっている現状には、色々
と考えさせられるものがありますが・・・(笑)。

531 :523:03/07/04 21:44
>>525>>527
それだと、文字曼荼羅を神体と仰ぐ正宗&学会系の教義が破綻するもんナー。
法華経そのもの、他教との集合的な要素がある。(何せヒンズー教の神が・・・ねえ)
それでも俺が正宗なら自分のパイが少なくなる他宗教の侵入は嫌だから嘘教えてでも
信徒の金と労力独占するね。

はあ〜〜。結局金と権力。「全ては胃袋に行き着く」マルクス主義唯物論者だよ俺。
無任所僧侶。飼い殺しみたいなもんか?

532 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/05 10:16
>>530
ああ、それの端的なものミャンマーでみましたよ。ナッ信仰ね。

神棚のようにナッ信仰を奉っているのを見たこともあるし、上座部仏教と一緒に奉られているのも
みましたよ。

533 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/05 10:25
>>531
まあ法華経だけでなく他経も拝火教とかヒンズーその他の神々が習合されちゃっているわけでして。

しかし図星ですよ。金と権力に関しての見方。(大笑)

無任所さんは、寺院もちの住職がヘマやらかすか死ぬかの順番待ちを待っている人たちですよ(笑)

534 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/05 16:48
>>521
>信心をもって熟読されることをお勧めします。
UPどうもです。その「信心」とやらが、つまりは盲信の要求であるってのが曲者ですな(苦笑)。

>>532
そうそう、波木井坊さん、相承書関連で>>365に愚見を述べたのですが、馬鹿相手のゴタゴタでうやむやになって
いました。門外漢の僻目とは思いますが、いかがなものでしょうか?


535 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/05 17:45
>>534
見方としては悪くないと思います。バランスがとれた視点ですね。

偽書が現れるということは、そこにそれが必要とされる時代背景なり、教団の必要性がそこに
あったからだと言えるわけです。

そういう視点から見ていくと偽書も、十分研究対象になるわけでして、一方的には排することなく、
阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ さんの意見も十分考慮していく必要があるかと私は考えています。

二箇相承に関しては、すでにアメリカSGIは真偽未決としていますし、日本の創価学会も偽書とするのは
時間の問題、いや秒読み段階に入っているかと推測しています。

学会がこれをどう扱うかで彼らのカルト度を占えます。偽書とするなら彼らは思考的に安全圏にでた、
と推し量れるでしょう。

536 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/06 13:26
>>535
>そこにそれが必要とされる時代背景なり、教団の必要性がそこにあったからだと言えるわけです。
疑書作成当時の、大石寺やその門流の置かれていた状況や事情を知る意味で有効な資料でしょうね。

>偽書とするなら彼らは思考的に安全圏にでた、と推し量れるでしょう。
ファナティックな要素を早急に除去して「無難な既成宗教教団」に変容するよう願っております。

537 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/06 13:32
>>536
そうなんです。
偽書がでる、ってことは、別に大きな権威があって、自分たちの正当性が危ういときとかに
でてくるものです。大石寺がこれを持ち出して自己の正当化を主張したのはなんに対してか
そこが研究課題になってくるかと思います。

破門されてからほぼ10年。後10年ぐらいで”佼成会化”するのではないでしょうか。

538 :島国 ◆N9gmFw.RPs :03/07/06 17:51
 う〜ん、波木井さんは、創価学会の近代仏教学受容をかなり高く評価乃至は期待
されてるみたいなのですが、それは日蓮正宗との分離前から徐々に行われて来てい
やように思うのですが(まあ、遡ると「東洋哲学研究所」設置の頃から?)、池田
氏の古典的カリスマ支配や、構成員の思想規範のなかの「排他性」「独善性」が、
完全に解毒されるまではデコレーションの域を出ないように思いますが如何でしょうか?
まあ、いずれにせよ、学問的にまともになってくれる事は確かによいことで、メチャクチャ
はあまり言えなくなるでしょうけど。佐藤弘夫先生なんかが、普通に創価学会員の学者として
自派の教義をも相対化する研究発表を行い、他宗の学者と共同研究を普通にやり、またそうした
学者先生が増え、作家の宮本輝氏なんかが、普通に自分の信仰上の種々の葛藤をモチーフにした
作品発表するようになったら“変化の兆し”は確かなものになったと言えるとは思います。後、
正信会は「興風談所」が教学研究の「主導権」を取れるか否かがポイントではないでしょうか?

539 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/06 18:06
>>537
ただ懸念するのは、そうした「佼成会化」に不満を持つ連中が育って、それこそ妙観講や顕正会みたいな
性格のグループに発展(?)することですね。まあ「浜の真砂は尽きるとも世に盲信の者は尽きまじ」って
気もしますが(苦笑)。


540 :渡海 難  ◇wd0AE5SZ4.:03/07/06 18:16
      。ρ。      
         ρ      
         mドピュッ
        C|.| /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  ) ああ、先生、逝くっハァハァ・・・
     ./  _  ゝ___)(9     (` ´) ) ここで座禅念仏していいかな?
    /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-|
    _/ )          (   Y ̄ ̄ ̄ ̄)
   (__/

541 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/06 19:50
>>538
創価学会はたしかに正宗にいた頃から、いろいろな教学テストはしていたみたいですね。
しかし何か始めると”宗門がグズグズ言う”と学会員さん、こぼしていたのを覚えています。
私はその時”正宗内で不自由だなあ”と思いました。

まあ創価学会の教学、特段高い評価ではないのです。”やっとマトモになってきた”というと反発してくる
人もいるでしょうから言い換えましょうか。”同じ土俵にのってきた”そういう段階なのですね。

”会長先生”の問題ですがこれは創価学会だけの問題ではありません。霊友会にも佼成会にも仏所御念教団にも共通して
存在することで、信徒団体はこの問題から避けることは出来ないわけです。

前回の会則変更でこの問題を”永遠の指導者”という抽象的概念の置き換えてきて今まで曖昧だった”名誉会長”というものから
前進、明確化されたわけです。”大聖人”ではない。”指導者”なんだと明文化したわけですから、この部分は今後3年以内に
学会、何らかの決着をつける覚悟をしたと私は考えています。

542 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/06 19:54
正宗の教義には人法一箇の考えがあり、正宗には一種の法主本佛論に走りやすい危険性が
いまだあるわけですが、創価学会は、はっきり”永遠の指導者”とうたった。

つまり会長本佛論に走る歯止めをここでかけたわけです。以前から学会内の一部に会長本佛論
を言い出す人がいましたが明確に否定したわけですよ。

今度の会則変更を見て学会の今まで私達が出していた不安な部分をかなり払拭した内容ですので、
なので私は学会の会則変更に対して高い評価を与えたわけです。ご本尊問題も含めてですよ。

543 :名無しさん@3周年:03/07/06 21:50
波木井さん
例の本、どうなりましたか。何か、事情が変りましたか?

544 :名無しさん@3周年:03/07/06 21:52
敗戦前の日本で正宗(旧日蓮宗大石寺派)の信者の人口って偉い少なかったらしいですね。
数千人の戦犯の中で一人もいなかったっていうし。
在家出家を問わず現在生きている指導者の本佛論、神格化って、密教系やラマ教系(活仏思
想)と似ていますね。正宗の教義の方が学会より古風って事ですかな。

545 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/06 23:00
>>544
なんせ、本神垂佛論を出したのは、日蓮正宗ぐらいですから。清水先生の天皇本尊論の先に
言っちゃった。仏教徒としてはひじょうにまずい論です。正宗は大いに恥じてもらいたいものです。

活佛思想ならまだいいんですが・・・。(苦笑)

546 :名無しさん@3周年:03/07/07 21:59
ほうぼうをした者の死相とかをいろいろ言うのは、キリスト教の教義らしいが、これって明治以後正宗が
取り入れたわけ?てゆーか顕正だけ?

547 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/07 22:37
いやまあ、御遺文にあるんだが、、。それは忘れてくれ(苦笑)

548 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/07 23:19
>ほうぼうをした者の死相とかをいろいろ言うのは・・・
だいたい正宗系が、日蓮を無謬の御本佛というふうに祀り上げて崇め奉り、遺文のこうした記述を引用して、死
者の尊厳を傷つけるような主張をするから、こんなクレームが出るのです。よく言われるように正宗系は日蓮を
「悪く敬って」いますね。

549 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/08 12:00
まあ、大石寺歴代の中には、火事で臓物だけ焼け残ったような死に方をされた人も
おいでのようで・・・。終戦直前のことですが。

550 :Sansui (恥ずかしながら元妙観講):03/07/08 15:25
仏教全体を俯瞰した上で富士門流の教義の特色を述べると、『日蓮本仏論』に行き着くであろう。つまり、末法においては、釈尊が本仏ではなく、日蓮大聖人が本仏ということである。こういう教義は、全世界の仏教を見渡しても唯一無二であろう。
そして、富士門流のレーゾン=デートゥルが『日蓮本仏論』にあるのであれば、富士門流の者は他門他派の者に対して、『日蓮本仏論』の仏教学上の正統性を証明しなければならないことは、至極当然である。
しかし、現在の大石寺関係者の中には、仏教学上の『日蓮本仏論』の立証責任や説明責任を十分に果たしていないばかりか、『日蓮本仏論』に異論を唱える者に対して、インターネット等で醜い誹謗中傷・個人攻撃を浴びせ続けていることは、誠に嘆かわしい限りである。
その代表格は、「れいな」「法太郎」「妙観講」「石山の無任所・若手教師」等の反動過激分子であることは、皆さんご存知の通りであろう。
慈悲の精神を具現すべき仏教徒とは到底思われることのない、彼等の卑劣かつ幼稚な誹謗中傷・個人攻撃など歯牙にかける必要はないということも、これまた至極当然であるが、彼等の主張を通読すると、ある共通点に逢着することは興味深い事実である。
それは、『日蓮本仏論』を唱える大石寺教団に所属しているはずの彼等が、血脈相承を受けたに過ぎない阿部貫首を日蓮大聖人と同格に扱っている事で、一致共通している点である。
かくも矛盾に満ちた彼等の主張は、特異中の特異を逸脱した、奇異なる狂児の産物としか云いようがない。


551 :Sansui (恥ずかしながら元妙観講):03/07/08 15:29
『日蓮本仏論』の根拠は、文永八年の竜口の頸の座の死罪等に基づく、『発迹顕本』にある。つまり、上行日蓮としての迹を発して、久遠元初の本仏の本地を顕したことにある。
しかし、日蓮大聖人とは違って、血脈相承を受けただけの貫首には、『発迹顕本』はない。(笑)勧持品二十行の偈の難も受けていなければ、流罪・死罪もない。(笑)
貫首が日蓮大聖人との同格の存在であることを証明するためには、貫首が『発迹顕本』を行った上で、本仏としての本地を顕す責務が存在するが、無論、そんなことなど、阿部某には出来るわけがない。(笑)
そこで登場するのが、花野某・長倉某の日本宗教学会コンビが推奨する、中古天台もどきの『本覚思想』である。この思想の真の恐ろしさは、『本覚思想』さえ信奉しておけば、誰でも安逸かつ安直に、本仏の境地を得られることにある。(笑)
貫首が日蓮大聖人との同格の存在であることを知らしめて、何としても貫首の権威→自らの権威を高めたい下心と野心を持つ阿部某。そして、阿部某へのゴマすりと自らの功名・功利のために、花野某・長倉某の日本宗教学会コンビが遮二無二になって、
『発迹顕本』の替わりに持ち込もうとしている邪義。それこそが、『本覚思想』に依拠した貫首の絶対化・本仏化である。
しかし、稚児貫首であっても、要法寺から就任した貫首であっても、選挙で選ばれた貫首であっても、阿部某の如き豪邸芸者貫首であっても、血脈さえ授かれば誰でも本仏と同格になれるのなら、日蓮大聖人御一代の死身弘法の御教導は、全くの徒労に帰すことになってしまうのだ。
現在、花野某・長倉某の日本宗教学会コンビが煽っている『本覚思想』→『本仏貫首同格化』の愚劣さは、ある意味では、昭和52年路線当時に原島・福島コンビが煽っていた『池田本仏論』→『本仏池田同格化』の愚劣さよりも、遥かに狡猾かつ性悪なる邪義である。
そのように考えれば、「れいな」「法太郎」「妙観講」「石山の無任所・若手教師」等の反動過激分子の狡猾さや性悪さも、充分に納得がいくのではないだろうか。(笑)


552 :名無しさん@3周年:03/07/08 15:59
こら、Sansui、いい加減なことを書くんじゃない。
おまえは一体何を学んできたんだ??
もうアホかと。バカかと。

553 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/09 01:50
いや。的確な指摘ですよ。

554 :名無しさん@3周年:03/07/09 02:02
的確な指摘というよりは 本人の苦悩の跡が伺われると思う。

555 :名無しさん@3周年:03/07/11 22:49
あげ

556 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/13 17:40
>>554
苦悩ねえ。たしかに。

557 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/07/14 00:26
お猿さんたちは答えに窮して逃げてしまったようですが
いつ帰ってきてもいいように一応ageておきましょう。
どうせまたすぐ逃げるんだけどね。(大藁)

558 :_:03/07/14 00:27
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

559 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/14 23:10
>>557
まあ、だからといって油断はしないように。(^^)/

560 :名無しさん@3周年:03/07/15 13:14
>>550

外道の学者や他宗の僧侶を折伏せずに、日本宗教学会で仲良く一緒に研究発表している連中は、
正宗系の教義では「謗法与同」「謗法同座」になるんじゃないのか?

>>552

貴様、妙観講の人間だろ。
Sansuiさんのことをバカだとかアホだとか中傷する前に、反論の根拠を具体的に論証するべきだ。
そういう最低の行為ばっかしてるから、妙観講は世間からカルト扱いされて、毛嫌いされてるんだ。

>>551

れいなや法太郎みたいなクレイジーな連中が暴れ回ったり、妙観講や日本宗教学会一派みたいな
カルトな連中が騒ぎ回ったり、弱小教団のくせに身の程知らずの坊さんがイスラム教にケンカを売ったり
するのも、「法主本仏論」「本覚思想」の害毒によって、誇大妄想的な精神状態になっているからじゃないか?



561 :山崎 渉:03/07/15 13:43

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

562 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/15 15:13
>>560
学会員さんのようですね・・・。

563 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/07/15 22:06
>>560の言うことはまるっきり的外れだとは思わないが、
だからといって学会が正しいということにはならないよ。
もちろん、その逆のケースもあるのだろうが。

564 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/07/18 22:25
週末なので上げます。
我こそはと思う正宗系の諸君、いつでもお相手いたしますぞ。(藁)

565 :名無しさん@3周年:03/07/18 22:36
>因果律とやらの中でな…
 
 
はきりんに言わせれば成仏って
どうやってできんの?


566 :名無しさん@3周年:03/07/18 22:41
>>564
元妙観君が得意げになるならわかるが
何故君が?
 


567 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/07/18 23:12
>>566
最近猿どもが来ないのでちょっと煽ってみただけだ。(藁)
これまでこのスレ読んだ限りじゃ俺みたいなDQNでも正宗のカルト教義程度
ならいくらでも難癖つけられそうだからな。
それと凄い正宗系論客(いればの話だが)が来てはきり氏や阿呆陀羅經氏との
大バトルを見てみたいという気持ちはあるな。

568 :名無しさん@3周年:03/07/18 23:15
謗 法

569 :名無しさん@3周年:03/07/19 15:48
>>567
ここにいるよ。
http://www1.ezbbs.net/01/yumyo/
あいつらは引っ込み思案だから多分来ないね。

570 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/07/20 22:13
>>567
どうも、ご無沙汰です。最近関心が原始佛教に集中してるもんでこちらは休止状態です(笑)。
>>569
たまに見物しますが、なんというか「プロクルステスの寝台」みたいなとこですね(苦笑)。


571 :亀レススマソ:03/07/21 08:12
>>38
>>35の光り物も偽物かという質問に
お答えになってませんね。
大聖人がまさに首を切られようとした
ちょうどその時に空をかすめた…
 
これは何ですか?
また日練習は何のためにオトギ話を
作ったのですか?


572 :名無しさん@3周年:03/07/22 01:25
>>571
無駄ですよ。
パキリはブラフの天才。
しかし評判悪い彼の嘘を間近に見ると…
正直やっぱりガックリきますな(~o~)
嘘吐きが蔓延るその舞台もまた
くだらん。失望します。

573 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/22 02:00
またアホの登場ですか?

574 :名無しさん@3周年:03/07/22 07:20
ではパキ氏、光り物の正体は何かご存じか?

575 :名無しさん@3周年:03/07/22 07:55
>>574
聖マリア様の光か真光教の光では

576 :名無しさん@3周年:03/07/22 10:22
>光り物
>>35の質問をした者ですが、「火矢」であるという説があるのがわかりました。
http://nitisei-kuro3wa.hp.infoseek.co.jp/2002.10.diary.htm
おとぎ話の類はどの宗派でもあるのではないかと思います。

577 :名無しさん@3周年:03/07/22 10:26
ロリコン・同性愛者 抹消 隔離 宣言!!アンチロリコンらよ!! 総括せよ!!
 
生体ケミカルバランスを崩した異常者を野放しにしてなにが日本国家か!! 団結せよ!! 団塊せよ!!

異常性欲者を 野放しににしてなにが管理社会か!! 何が管理教育か!!大覚せよ!!(この文章は・・・">
http://plaza.rakuten.co.jp/ko0za/020015

なお 本当に 市民活動団体成立をしたい方は

「新興宗教の 洗脳のノウハウとその 方法論」


を 書いておきます

全アンチロリコン・同性愛隔離する考えを持つ方々!!

この 方法を使い 団体を設立し 万国より 

ロリコン 同性愛 害虫らを駆除する 為に がんばってください!! 

dfsaaaaaaaa
http://plaza.rakuten.co.jp/ko0za/020017

578 :名無しさん@3周年:03/07/22 13:57
がんばってオウムやワールドメイトの馬鹿を改宗させてください。
宗教板の美観の維持のために。

579 :名無しさん@3周年:03/07/23 00:07
>>576
火矢で処刑をやめるかな?
プッ

580 :名無しさん@3周年:03/07/23 00:11
日練習青い肛の御書の真偽の話を聞いてると…
日蓮はどんな立場で扱われているのかと不思議に思う。
少なくとも大聖人というのは
他宗に迎合しているように見える。


581 :名無しさん@3周年 :03/07/23 21:47
日布管長は国柱会の山川長龍に御開扉していることをどのように考えておられ
ますか?



582 :名無しさん@3周年:03/07/25 09:54
神社にいってはいけないといわれましたが本当?



583 :名無しさん@3周年:03/07/25 12:32
ハキリ氏に質問。
偽書を書く人物の動機と目的は?

584 :名無しさん@3周年:03/07/25 12:58
完璧にスレ違いじゃないか見に来て損したよアホくさ

585 :名無しさん@3周年:03/07/25 16:26
正宗の間違いを検証するスレ、正宗を槍玉に挙げるスレだからね
正宗の教義を知らない奴しか来ない
低レベルな批判や感情的な中傷がせいぜい

586 :_:03/07/25 16:27
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku08.html

587 :名無しさん@3周年:03/07/25 22:47
>>585
そうとは限らない。
元妙観くんは正しい。
パゲはいつも表層的で退屈だが。

588 :名無しさん@3周年:03/07/27 06:42
もう遁走と言われないだけいいなパキリw
 
竜ノ口がおとぎ話!w
日蓮の日蓮たる所以がw
 
やはり気になるのが君はなんのために信心してるの?
してないようにしか見えない。
君が教学に励むのは全く君自身の
ためでなく、恨みを晴らすとか
そんな風にしか見えない。
 
別に良いけど。
 
とりあえずやはり葵講での
大聖人の位置付けってどんなか聞きたい。

589 :夏工:03/07/28 13:26
はじめまして。
法華講スレからきました。
見た感じ難しいのでよくわかりませんが、おかしいなと思ったところを一つ。
戒壇様の年代が駄目って言っているのですがどのあたりの事でしょう?
戒壇様が駄目なのに波木井さんの開発中(?)のホログラム御本尊はいいのですか?

二つになってしまいましたがお願いします。

590 :名無しさん@3周年:03/07/28 21:07
>547 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/07/07 22:37
>いやまあ、御遺文にあるんだが、、。それは忘れてくれ(苦笑)

ついに正体を現したね!結局あんたの信心ってなんなのさ?
なにを信じてるの?日蓮大聖人じゃないのね?

結局、日蓮大聖人はあなたにとって研究対象でしかないんでしょ。信心なんかないいんでしょ。
それを率直に認めなよ。話はそれからだ。
そしたら、博識な学者さんとしてこっちも一目おいたげるよ。

宗祖の御書を「忘れてくれ」って、いったい誰のためにそんなこと頼んでるの?

591 :名無しさん@3周年:03/07/28 21:13
>結局、日蓮大聖人はあなたにとって研究対象でしかないんでしょ。
>信心なんかないいんでしょ。
あんなのに信心を抱ける香具師のほうがどうかしている。

592 :名無しさん@3周年:03/07/28 21:23
>>472

>これは700年前の仏教界のことを言ってことで、当時は正しかったでしょうが、
>日蓮系がもう他宗と会う度に「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」と言うので、批判されて
>いる宗派はもう直しちゃいましたね。(笑)

具体的にどこをどう直したのか、説明してもらいましょうか?念仏・禅・真言・律などの他宗派でお題目唱えてるかい?

>現代に通じる批判ではありません。

>これ学会も言いませんよ。この前池田さんがなんかの学会系雑誌で、日蓮宗とそっくり
>同じ事言ってました。(大笑)

日蓮正宗・・・日蓮大聖人の教えである「四箇格言」を守る

学会、身延派・・・日蓮大聖人の教えである「四箇格言」を時代おくれと否定

とまあこんな構図になりますかな。日蓮宗は学会と手を組みたいのかね。

593 :名無しさん@3周年:03/07/28 23:05
太鼓叩きの名人として山から降りて来ねば…
 
パキリの断定にはほころびがたくさんある。
 
一体日蓮て何?
日蓮宗の『大菩薩』以下の扱いだ。
 
『食法餓鬼』って知ってるか?

594 :名無しさん@3周年:03/07/28 23:39
<日蓮宗は学会と手を組みたいのかね。

学会が身延派と手を組みたいのでは?
かなり似てきているし.

595 :名無しさん@3周年:03/07/28 23:40
はきりさんはどんな罰が出たのですか?

596 :はきりファンm(_ _)ノ彡☆ ◆zRMZeyPuLs :03/07/29 23:58
ここの半可通のカルト猿はキリストが水の上を歩いたという聖書の記述を鵜呑みに
しているバカ耶蘇信者と変わらないな。

597 :名無しさん@3周年:03/07/30 02:59
>>596
キリストは水の上を歩きましたが、それが何か?

598 :名無しさん@3周年:03/07/30 07:53
ケータイ層化厨の拠点
http://ihome.to/luckyboy/
http://ihome.to/shino412/



599 :夏工:03/07/30 12:24
>>956
カルトと騒いでますがどの辺りをカルトと言ってるのでしょう?
せっかく見に来られたのでしたら僕の質問にも答えてください。


600 :夏工:03/07/30 12:30
そういえば、はきりさんのスタンスがイマイチわからないです。
法華講スレの方では法華講員と仲がいいですよね?
こちらではどうやら批判しているみたい。
どうなんでしょう??


601 :名無しさん@3周年:03/07/30 18:19
真性八方美人。

602 :名無しさん@3周年:03/07/30 21:36
竜の口で発迹顕本し、以後と以前では
大聖人の立場が全く違うことが見てとれる。
 
脆いブラフw

603 :名無しさん@3周年:03/07/30 22:40
波木井は信心のないただの日蓮オタクであることを暴かれて逃亡かあ。


604 :名無しさん@3周年:03/07/30 22:47
大聖人が御本仏でなくただのオサーンなら
パゲリの言う法華経の優位性とは何だ?
文底も否定するんだろ?
 
パゲリは猜疑心が強いあまり自分以外の全てを信じない。
自分を救うのは自分の解答と行動だけ。
パゲリは自分に巣食う『元品の無明』を
信じて止まない。
『成仏』なんて絵空事。画餅。

605 :名無しさん@3周年:03/08/01 20:46
正宗スレを潰した奴がいる…
 
『我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし』(御書P234)

606 :名無しさん@3周年:03/08/02 06:47
ハキリは日蓮大聖人をなめている。
遺文を『忘れてくれ』とは…
盲目にならないのはいいが肩を
並べたつもりになっても無駄、無駄。
 
ちなみに馬鹿につける薬をやるが、
キリストは因果律を説かないが
常に真理から外れているわけではない。
よってキリストの言うこととかぶるのは
ごく自然で
キリストの影響を受けたのでは
全くない。

 
痛いなハキリ。

607 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/02 10:18
はァ??
他宗に揚げ足取られるような内容のものまでワザワザ取り上げる理由がわからんね。

キリスト教だって、出してもらいたくない類のものはいっぱいあるじゃないのさ。(藁)

608 :名無しさん@3周年:03/08/02 10:23
はきりハケーン!
ファソたんも同じエノルトルテらしいけど知り合い??
番号が001と003だったとか。

609 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/02 10:24
しかしざーーと最近の書き込みを読んだけど、狂乱しているよなァ。

四箇格言を見直す、というのは日蓮宗がずっと言ってきたことだ。時代に完全にマッチしていない。
学会は最近だよ。それを言い出したのは。まだ去年のお話。

だいたいたさァ。フツーに考えろよ。700年間ずっと日蓮宗がそれでもって他宗を批判してきて
それをずーーーーーーと他宗が批判に甘んじていると思っているワケ??

もしそう考えていて今でもこの格言が通用する、なんて信じ込んでいたら、それは”狂気”という
やつですよ。頭がオカシイと言われちゃうね。

610 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/02 10:24
>>608
はあ?あのねえ。偽造・捏造されたデータですよ。それは。馬鹿馬鹿しい。

611 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/02 10:27
>>604
これも馬鹿馬鹿しい。

過去ログをキチンと読め。何度も書くのは面倒だ。五時八教という時間性が失われても
純円教である、という法華経の優位性は崩れない、って何度も書いているだろうが。


612 :名無しさん@3周年:03/08/02 12:52
>>611
アホンダラさんは大乗仏教自体否定しているみたいだったが・・・。


613 :名無しさん@3周年:03/08/02 13:18
>>610
だったらいつものように訴えれば良い。
最近は騒がないね。
どうしたの?

614 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/02 15:58
>>612
また頓珍漢なことを・・・。
>>613
馬鹿ですかァ?

615 :名無しさん@3周年:03/08/02 21:00
ここまで来い↓
http://chat.yahoo.co.jp/?room=%c1%cf%b2%c1%a1%a6%b8%f8%cc%c0%a1%f7%a3%b2%a3%e3%a3%e8%bd%d0%c4%a5%bd%ea::552000324&identity=chat_pf_1&client=Java

616 :名無しさん@3周年:03/08/02 21:04
パチキリンに質問。
純円経だから優れてるのはわかったけど、
何がどう優れてるから純円経?
君はそれを啓蒙しないの?出来ないの?


617 :名無しさん@3周年:03/08/02 21:20
Windows XPをご利用で、Yahoo!チャットに参加できない場合は、Java実行環境の
Microsoft VMがインストールされていない可能性があります。 Microsoft VMインストーラは、
こちらhttp://dl.msg.yahoo.co.jp/dl/msvm/msjavx86.exeからダウンロードして、実行してください。

Microsoft VMインストール後、Internet Explorerの「ツール」メニューより
「Windows Update」を選択し、最新のMicrosoft VM修正プログラムをインストールしてください。

618 :名無しさん@3周年:03/08/02 22:47
やっと入れた。
SUNのJAVAをオフにしたらMSのVMが有効になったみたい。


619 :名無しさん@3周年:03/08/03 01:06
>>614
大乗非仏説とか何とか言ってなかったっけ?
違う人だったらゴミンネ。

620 :名無しさん@3周年:03/08/03 07:55
ハキリ氏。
実はちょっとした相談があります。
メールできませんか?
いきなりだからキモいかもしれませんが。


621 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/08/03 23:49
>>619
いわゆる「俗流大乗至上論」も「俗流大乗非佛説」も支持しません。経典成立事情を閑却したような
「教判ドグマ」にも与しません。

622 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/07 10:21
>>620
までどうぞ。

623 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/08/09 00:30
>>612
「教法としての大乗」と「大乗経典」を分けて考察しているだけです。ついでに「小乗経典」などという
妄説も破棄しています。


624 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/09 01:43
なるほど。

625 :名無しさん@3周年:03/08/13 02:43
>>622
ハキリ氏?
メール出しましたm(__)m
返信いただきましたか?
というのも、携帯だからパソからのメールは拒否していたかも
しれません(;_;)
それか図々しいかったでしょうか?

626 :山崎 渉:03/08/15 08:54
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

627 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/15 14:30
>>625
了解。確認してみるよ。

628 :名無しさん@3周年:03/08/15 23:00
>>626 山崎パンバスター AA(ry

629 :通りすがりの名無し:03/08/18 16:19
そもそも小乗経典って何を指していってるんだろうね?アーガマ?
別にありゃ小乗を推奨してる経典じゃあるまい。
単に大乗経典を生み出した連中が、伝統のある上座部連中に小乗なんつー
蔑称をつけただけだろ。経典と、それを使ってた連中のやってる事をちゃんぽん
にして名前つけてしまったからわけわかんない事になったんちゃうんかな?
北伝仏教からの視点でインド仏教を眺めたことも(その神学的見地を確立させ
るのに)拍車をかけたような気がする。

と思うのはわしだけか?

630 :コバ:03/08/18 23:18
>>1からここまで読破。はあ〜疲れた
4名の方と有象無象
正宗系から同レベルの論客が出てきたら、もっと盛り上がるだろうに残念
面白かったです。あと大乗非仏論。ほんとにプラスに吸収出来るのかな


631 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/18 23:19
小乗ではなく上座部。

632 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/18 23:20
>>630
できますよ。
末法有縁のナンチャラ、ってのだけ切り捨てりゃいいだけ。(藁

633 :通りすがりの名無し:03/08/19 08:58
>>629>>623に対するレスだYO>波木井さん

634 :コバ:03/08/19 11:55
波木井さんお答え頂いてありがとうございます
末法有縁のナンチャッテを切り捨てればいいだけですか
簡単ですね(意味はわかりませんが)


635 :コバ:03/08/19 14:26
前出のナンチャッテは、ナンチャラの間違いでした


636 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/22 11:46
末法はヤメましょうや。とにかく。

637 :&lro;:03/08/29 23:33
 

638 :&lro;:03/08/30 23:40
 

639 :仏 滅 年 代:03/08/31 00:47
http://homepage3.nifty.com/y-maki/all/nendai.htm

640 :名無しさん@3周年:03/08/31 13:58
>>639
凄すぎる!!こんな脳内妄想をいうよりは、
だんまりを決め込んでた方がいいのに・・・

五百年のずれの問題をいつの間にか十年のずれに摺り替えて、
釈尊の肉体とその肉体の元である本仏の滅度のずれが十年???
ギャハハハハ!!!
波木井タソたちでも内心苦しい大問題を、こんなトンデモ珍説で
誤魔化せると思っているところが痛すぎる。

641 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/31 14:00
>>640
はあ?
内心苦しいなんて思ったことないけどね。

日蓮宗ではかなり前から実際の仏滅年代がずれているのを宗学では教えていたから。

それをどう解決していくかも方法は見つけたしね。

くだらんことで俺を引き合いに出さないでほしいんだが。

642 :名無しさん@3周年:03/08/31 14:03
>641
日蓮宗でもこのような立場や見解なのですか?

643 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/08/31 14:06
大乗非仏説を言い出したのは70年代からですよ。

だから立正大学でも立正高校でも仏滅時代は教義と歴史上の事実とは併行して
教えている。

正宗のようなカルト的なことはうちではしておりませんよ。

最近は日蓮宗、大乗非仏説を取り込んでどう教義を近代化しようか、という
論議が盛んで、日蓮正宗と一緒にしてほしくないですなあ。

644 :名無しさん@3周年:03/08/31 14:19
正宗の様にカルト化しちゃたりして、、、

ってか日蓮さん自体がちょっとカ○ト(ry

645 :&lro;:03/09/01 17:35
 

646 :&lro;:03/09/01 19:39



647 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/01 19:45
カルトというのなら具体的に指摘してくださいな。
>>644

648 :名無しさん@3周年:03/09/01 23:12
>>643
うちのお寺では”諸説があります”と言われているッス。
でも、公式見解って訳では無さそうです。

649 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/01 23:42
>>648
諸説あります、って言うのは、諸説があるってちゃんと信者さんに教えているわけでしょ。

もういまどき大乗非仏説を取り入れない仏教なんて”カルト”も同然。

650 :&lro;:03/09/04 07:02
 

651 :コバ:03/09/05 17:02
現世利益
これは正宗系だけですか?
日蓮宗にもありますか?

652 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/06 10:51
方便では言うけどね。

だけど地震がくるくるとか戒壇のなんとやらを拝まないと、ナンチャラなんて言わないよ。

653 :名無しさん@3周年:03/09/06 10:56
ていうか、日蓮宗のほうが現世利益を言う。
バカみたいに祈祷とかやるじゃん。
完全に現世利益宗教にすり変わってる。

正宗のは方便とも言えるけどね。


654 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/06 12:56
そりゃ違うよね。
祈祷を悪く言ってるが、大聖人の祈祷法がちゃんと伝わっていないからそういうんだろ。



655 :コバ:03/09/06 16:53
両方とも方便(ツカミ)ということでよろしいですか?
実効はあるのかな?

656 :コバ:03/09/07 17:48
電波板の顕正スレに、
[日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず滅ぶ]
てのがあるんですが、誰も滅ぶ根拠を知りません。
どなたかご存知の方、教えてください
いつも質問ばっかですいません


657 :名無しさん@3周年:03/09/07 18:22
大聖人の予言。予言というより譬え話。
世が末になり、仏法が乱れると地震が起こったりする。

顕正会の主張
鎌倉時代もそうだった(地震)→現代も鎌倉時代のように世の中が悪い→似ている

これを
日蓮を信じないと地震が来る→
大石寺の本尊を拝まないと地震が来る→
大石寺の住職は日蓮の遺言を正しく実行しなかった→不敬である→浅井先生を信じないと地震が来る→
顕正会を信じないと地震が来る→顕正会を国教にすれば地震は来ない→
顕正会に入れば助かる→勧誘すれば助かる→勧誘ノルマを達成した奴は助かる→
日蓮に帰依することは唯一正しい浅井先生を信じて顕正会に勧誘することである
→勧誘に協力しなくては日本は滅ぶ→嘘をついてでも勧誘しなければ滅ぶ
→日蓮に帰依(=顕正会に入る)しなければ必ず滅ぶ

658 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/07 21:19
顕正会が国教化したら、アメリカが潰しに来るよ。(藁)
それこそ俗世間世界の大闘争になっちゃうよ。

顕正亡国、だよナ。(大笑)

659 :名無しさん@3周年:03/09/07 21:31
顕正会の地震ネタは恥ずかしいから辞めてホスィ・・・。
同じ正宗系だったと思うと嫌になっちゃう。
いい加減解散したら?
浅井一族が利権(?)の旨みを知っちゃったから解散しないだけだろう?

660 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/08 02:52
若い信徒を煽るにはああゆうネタが一番だと考えたんだろうな。

実際社会が閉塞状態になると若い連中は行き場がなくなると、ああゆうあおりに簡単に
のる様になるから・・・。

浅井氏の予言のネタ元だがひょっとしたら八ヶ岳天文台の串田氏かもしれない。
あそこはFM波を利用したKT法というので地震予知をやっている。

元々は彗星がFM波を乱すことから、それを観測しているうちに地震予知にも使えるのでは
と、東海大学地震予知センターなんかもこの串田法を研究している。

そのKT法で予知観測している八ヶ岳天文台が最近になって南関東大震災が近いと
発表したんだが、どうも内容が似ているんだよ。

661 :コバ:03/09/08 06:34
ありがとうございます。
なるほど地震ですか。
んじゃ恥ずかしくて根拠は言えませんな


662 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/09 00:12
大宮に本部が越したのも、大きな地震が茨城や埼玉にこないから、って噂があるぐらいだよ。

663 :名無しさん@3周年:03/09/09 00:29
バカじゃん
だから大宮に行ったんだよ!
お前いらない
カエレ!

664 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/10 00:23
>>663
知恵がない奴に脱会行為をやらせてもなんの意味なし。

665 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/10 12:47
今週末あたりから顕正会員、逃げる算段を始めるようだぞ。

666 :コバ:03/09/11 07:09
波木井さん、創価スレでの発言、
学会特有の生命論。もっと詳しい解説希望します。
できれば、あっちで、

667 :コバ:03/09/11 07:35
波木井さん、創価スレでの発言、
学会特有の生命論。もっと詳しい解説希望します。
できれば、あっちで、

668 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/11 13:28
創価板ではかなり昔からやってるぞ。

過去ログにはそれこそたくさん。

669 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/11 13:29
創価学会の生命論も危険だが、正宗のほうはその穴埋めに本覚思想という毒を
信者に注射している。

そっちのほうがはるかに危険なんだけどね。

670 :名無しさん@3周年:03/09/11 15:22
本覚思想って中古天台思想だっけ?
なんだってまたそんなカビの生えたようなモンを引っ張り出してるわけ?(汗
完全に先祖がえりじゃん。。。。
確かに日蓮聖人も一時期は天台思想の持ち主だったみたいだけどさ。


671 :名無しさん@3周年:03/09/11 15:29
本覚を簡単にわかったように言う香具師2人発見!

672 :名無しさん@3周年:03/09/11 15:46
ちなみに富士門と天台本覚思想との関連はここ参照。
http://fujimonshinto.hp.infoseek.co.jp/keijiban/honkaku.htm
日蓮正宗や創価学会がやらかした悪事(御書の改竄)の痕跡が見れるYO


673 :名無しさん@3周年:03/09/11 15:51
【本覚思想のことを問題にする意義】
富士門流(日蓮正宗、創価学会)においては、「戒壇の本尊」「日興血脈」が独特な立場である。そして、教義的な中核は、「日蓮本仏論」といえるかもしれない。
「日蓮本仏論」=「戒壇の本尊」であり、それを正しく継承してきたのが、「日興さん以来の大石寺の法主」であると。
「日蓮を本仏である」ととらえるのは、「本因妙抄」「百六箇抄」「御義口伝」などの血脈口伝文書である。
そして、ダイレクトに日蓮本仏とはいわないけれども、日蓮本仏の土壌を為すものとして、御遺文では「諸法実相抄」「生死一大事血脈抄」あるいは「阿仏房御書」「日女御前御返事」などがだろうか。
問題なのは、これらの口伝書や御遺文は、ほとんどが「偽書」あるいは「真偽未決」とものであるということ。完全な真筆のみで研究していくと、日蓮本仏という思想は出てこない可能性もある。
もしかしたら、日蓮さんの滅後、誰かが日蓮本仏という思想でもって、創作したかもしれない。だから、それらの偽書を真筆としてとらえ、日蓮本仏こそ日蓮さんの教えの中核と信ずるのは、もしかして日蓮さんの教えを冒涜することになるかもしれない。

これら偽書あるいは真偽未決書は、たぶんに「天台本覚思想」の影響を受けている。なかには、もろに「本覚思想」みたいなものもある。
だから、日蓮さんの滅後に、「天台本覚思想」を学んだ人が、日蓮本仏論を創作していったのではなかろうか。創作というと語弊があるが、日蓮本仏こそが主旨である。それが真実であるととらえた人がいた。そして、それが富士門流の思想の基軸になっていった。
だから、「天台本覚思想」と日蓮思想を比べて、その異同を確認していくことは、日蓮さんのほんとうに言いたかったことを知るために意義のあることである。


674 :名無しさん@3周年:03/09/11 16:04
田村芳朗師・浅井円道師『天台本覚思想』(日本思想体系・岩波書店)より引用。
-----------------------------------------------------------------------
日蓮(1232―1281)であるが、かれは40歳ごろまで本覚思想の絶対的一元論にのっとって、
もっぱら法然の念仏の相対的な二元論を批判した。しかし、40歳以降は、流罪などの法難
が契機となって、次第に現実対決的となり、歴史変革的あるいは社会変革的な原論を打ち
だすにいたる。佐渡流罪から身延退隠にかけては、来世浄土を説くようにもなる。したがって、
そこでは天台本覚思想を捨てたということができる。しかし、それにもかかわらず、根底的、
哲理的には本覚思想と同類の論を維持したといえるのであって、たとえば主要書の『観心本
尊抄』(52歳、真蹟)に「我等が己心の釈尊」「我等が己心の菩薩」「今本時の娑婆世界は三災
を離れ、四劫を出たる常住の浄土なり。仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同
体なり。これ即ち己心の三千具足、三種の世間なり」(日本思想体系『日蓮』146頁)などと説く


675 :名無しさん@3周年:03/09/11 16:04
ところである。なお、日蓮滅後、門下たちは関東天台(田舎恵心)を学び、そこで習得した天台本
覚思想に基づいて日蓮遺文を“偽作”するにいたった。その結果、“日蓮遺文の真偽考証が重要
な問題になった”が、それはそれとして、日蓮教団が天台本覚思想のほうへ傾斜したということは、
注意に値することがらといえよう。(548頁)
----------------------------------------------------------------------
この言に基づけば、天台本覚思想(絶対的一元論)→天台本覚論廃捨→固有の本覚思想に類し
た思想 という思想系譜が聖人に認められると言うわけです。
引用の本尊抄の聖人の遺文は、むしろ、三妙合論と観法から出される当然の帰結、いわば天台
の遡源に基づいた本覚論の脱却であるとすら感じるのであって、本覚的であるとは言い難いと思うのです。
なお、重要な点は、聖人が40歳以前に影響を受け捨て去ったという本覚論と、聖人滅後に門下
が習得し“偽書”を生成していった本覚論は、いわば別種であるという点です。この点は早坂鳳城
師も指摘されていることを記述したとおりですが、いわゆる中古天台本覚恵心流口伝法門の流用
について問題にしてきたわけです。
いみじくも田村師は「日蓮遺文の真偽考証が重要な問題になった」と指摘していることは大いにに
頷けるところです。


676 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/14 19:55
実はですね。御遺文にもそうとう本覚思想が混入しているものがありまして、
そういうものについては疑義を持つ人がたいへんおおいんですよ。偽書ではないかと。



677 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/14 19:59
例えば”三世諸仏総勘文教相廃立”。
日蓮正宗法主の日顕さんが(平成9年12月28日)寿福寺本堂新築落慶法要の砌
に誤説法されたそうですが、この文は

>此れを三如是と云う、此の三如是の本覚の如来は十方法界を身体と為し十方法界
を心性と為し十方法界を相好と為す是の故に我が身は本覚三身如来の身体なり、

日蓮宗では「本覚」「無作」という言葉が入っている御遺文にはかなり疑問を
持っているんですけどね。

http://www.kosaiji.org/hokke/nichiren.htm

三世諸仏総勘文教相廃立は”本覚”という言葉が31箇所も出てきている。

極めて偽書臭い文書の筆頭に数えているんです。

678 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/14 21:42
で、れいながこんないい加減なHPを立ち上げているんですよ。

なんとも恥ずかしい。
http://www.geocities.jp/mksutra/geika2.htm

679 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/14 23:26
れいなちゃんこっちには書かないのん?

680 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/15 01:32
下野はちっともここに書かないのね。なんでだろ〜〜〜♪なんでだろ〜〜〜ぉ♪

681 :名無しさん@3周年:03/09/15 01:33
バカバカしいからじゃないの?

682 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/15 01:59
いやあ。そうはおもわんな。過去の法体からしても・・・。

683 :名無しさん@3周年:03/09/15 07:31
住民の皆さん、馬鹿をあまりおだてないで下さい。
チョーシこいて図に乗りますから。

684 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/15 11:43
正宗カルトage

685 :名無しさん@3周年:03/09/15 11:57
おまえ、創価板で裁判起こす見たいだな。
弁護士で聞いている人いたぞ!↓
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1061605073/l50
こんなところでageてる場合じゃないぞ。

もっとも正宗がカルトなら葵講はオカルトな訳だが。(W

686 :名無しさん@3周年:03/09/15 16:34
波木井さんの文に補足しときましょ。他所スレのコピペ(こればっかりでスマソ)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
まず、確実な資料(真蹟)のなかに、その影響部分を探る。たとえば本覚語の語彙を拾ってみる。
思想影響を拾ってみる。ということの本覚語を拾うところからはじめたいと思いますが、実は、では
何をもって、いわゆる本覚語とするのか?というのは、案外、困難な作業ということになります。
というのは、たとえば田村芳朗師の言を籍りれば、大乗起信論、また修善寺決すら、偽書というわけ
で、実際のところ、基礎とすべき、本覚思想の文献の真偽問題と大きく関わるからです。
そのようなわけで、なかなかの難題ではあるのですが、試みに「本覚」、また「無作」という二つの語で
調べてみました。聖人の御妙判(御書)と言われて来たものは平成新編の掲載では501。内訳は真蹟
(含曽存)257、真偽未決244となっています。ほぼ5割が未決書ということになります。

【無作】 真蹟:未決=0:96
【本覚】 真蹟:未決=1:75

となっています。この対比を見て、どのようにお感じになられるかはロムの方の判断に任せますが、私
は、もはや、これだけでも一目瞭然ではないのかと思うところがあります。ただし、聖人が本覚思想に
触れていないのかと言っているわけではありません。聖人はご自身の確信によって言葉と教えを選ばれ
たという考えを支持しているわけです。
なお、無作三身、三身即一身・一身即三身は、ともに真蹟0:未決3で、本因妙は真蹟0:未決27となって
います。日蓮聖人といえば南無妙法蓮華経というように、教えはその語彙に現れるものでしょう。上述の
対比は何を意味するのでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------


687 :名無しさん@3周年:03/09/15 16:34
        || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||     。   ∧_,,,  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ||      \(゚-;;゚*)< トイウコトデス
        ||______⊂⊂;;|_\________
         ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|
  ∧ ∧     ∧ ∧ |__∧ ∧_|
  (・,, ∧ ∧  (  ∧ ∧ (  ∧ ∧
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__ミ・д・∧ ∧
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      @(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

    /   は〜〜〜〜〜〜〜い  \




688 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/15 16:36
は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。

689 :名無しさん@3周年:03/09/15 23:42
↑馬鹿丸出し。
 ハゲマルハゲ。

690 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/09/21 14:35
これも反論がありませんねえ。どうしちゃったのかな?

691 :名無しさん@3周年:03/09/23 00:49

狂ってるよ。
早くしねばいいのに。

692 :名無しさん@3周年:03/09/23 01:04
日蓮を下種の本仏としたのとか
日蓮の言ってる事が絶対だとかは
日蓮が自分で宣言したんですか?
それとも後の人が勝手にきめたんですか?

もしスレ違いでしたら、誘導してもらえると助かります。

693 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/09/25 22:00
はるーか昔の議論でしたが、『周書異記』に記される西紀前949年という佛滅年代が主張されるに至
った状況と理由に関する、示唆に富む論文を発見しましたので挙げておきます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000372/files/7940_9680.html

694 :名無しさん@3周年:03/10/13 13:58
age

695 :名無しさん@3周年:03/10/13 22:01


定期コピペ推奨
衆院解散、総選挙で絶対に入れたくない政党(スクリプトは使わないで)
http://curoco.com/2chvote/anq/anq.cgi?data=20031012010530


696 :&lro;:03/10/21 04:49
 

697 :&lro;:03/10/24 22:30
 

698 :&lro;:03/11/03 17:08
 

699 :名無しさん:03/11/03 19:12
消防厨房の頃、親がここの宗教の香具師がクラスにいたけど完全に刷り込まれていたな。
学校行事で神社に行くのを拒否したり、クリスマスの歌を歌うのを拒否したり、挙句にクラスメートを宗教の集まりに誘ってみんなに嫌われていた。

当時はそいつが大嫌いだったけどこれは教育が悪かったんだろうな。
あと法華経の教えが激しいから信者も激しく攻撃的になるってどっかで読んだがそういうことでしょうか?

700 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆IByKs72gR2 :03/11/05 00:09
サルページ

701 :名無しさん@3周年:03/11/05 01:07
ハキイ裁判はー?
何か大変な事になっているんだけど・・・。
いい加減にしないとオオカミ中年と言われるぞ!

もう言われているか(W

702 :名無しさん@3周年:03/11/06 16:30
正宗って 層化よりはおだやかな気がするけど。
正宗もカルトなの?神社いくのだめなの?
普通の日蓮宗のほうが 俗っぽく 神社いくのもOKだよね。
宗教初心者なのです。教えて君で スマソ。


703 :名無しさん@3周年:03/11/06 16:32
日蓮正宗こそカルトの総元締め

704 :名無しさん@3周年:03/11/07 09:41
>>703

本当ですか? でも層化よりおしつけがましくないですよね。
割と穏便な感じを受けましたが。

705 :名無しさん@3周年:03/11/07 11:32
創価も顕正会も元々は正宗の一法華講に過ぎなかったんだよ
今はどっちも独立して(破門されて)立派なカルト団体になってるけどね
根を辿ればどっちも正宗
今んとこ正宗で一番過激なのは妙観講かな?
なんせ顕正会相手に一歩も退かずに戦った(この「戦った」は
本来の語義通りに受け取って良い)経験があるから


706 :&lro;:03/11/15 07:41
 

707 :名無しさん@3周年:03/11/16 16:53
で 日蓮正宗もカルトなのですか?

708 :ペテロ:03/11/16 21:58
異端です

709 :名無しさん@3周年:03/11/16 22:28
>>707
普通じゃないの?
どうでも良いが。

710 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :03/11/29 14:38
せっかくだから発掘しときましょう。各論は盛んだが総論は盛り上がらないね(笑)。

711 :通りすがり:03/12/10 14:51
今日職場の同僚の名前で検索したら面白いよと言われて・・・
検索してみると、同僚の顔写真いりの体験談が!
読んでみると宗教云々で、読まなきゃよかったと後悔、、
そこからリンク辿ったり、検索したら日蓮正宗と。
教義とか読んで、さらに鬱。
これから同僚にどう接しようか。。

712 :名無しさん@3周年:03/12/25 11:36
正宗はカルトではありません。ハキリさんの方がよっぽどカルトですよ。

713 :名無し:ソウル:03/12/26 19:17
法太郎一群も人海戦術だが、れいな氏もなかなか頑張っている。
なんといってもこの争いのために立ち上げたHPが非常に充実しているのには
びっくりします。ピクトを入れたり、アニメを入れたりしてたがこんどは掲示板を立ち上げた。
↓がURL
http://res9.7777.net/bbs/ahotarou/

この争いは果てしなく続く、ひょっとすると年を越すかも。オッズはどうかな。

714 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

715 :名無しさん@3周年:04/01/06 22:16
イランは謗法なので仏罰を下しますた♪ age by日犬

716 :そんなおまいらにこの良スレ:04/01/07 02:22
【御書で】日蓮系は殺人カルト【殺人推奨】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1071377103/

717 :名無しさん@3周年:04/02/04 05:00
あげ

718 :名無しさん@3周年:04/02/04 14:08
http://www.myokan-ko.net/menu/sr/262.htm

あの新階クンが法論で大敗北 哀れ、回答不能をごまかし遁走!

「三宝論」で支離滅裂、「十二箇条」で沈没

学会の「三宝」を問う! 苦しい答弁の学会側

学会の「仏宝」を破す! 池田本仏論は弁解不能

学会の「法宝」を糺す! 追い詰められた学会側

「十二箇条」への疑難!?モノに狂う新階の異常

「十二箇条」への疑難!? モノに狂う新階の異常



719 :名無しさん@3周年:04/02/04 19:02
富士門流信徒の掲示板(だっけ?)等をザッと読んだんだけど、日蓮正宗の教義の枠内で論じる「前に」すべきことが沢山あるのでは? いつまで胃の中のオカズでいるのかは知りませんが(W

720 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@名前だけ仏所 ◆IByKs72gR2 :04/02/11 21:58
上条の猿がなんか言ってゾ。(ゲラ)

721 :名無しさん@3周年:04/02/14 15:16
2ちゃんでこういうスレがあるのも面白いと思い、今、上からず〜っとロムってきました。
しかし、波木井さん、阿呆陀羅經さん、NBさんらの書き込みは、私には難解です。
専門的な言葉が多いだけに、自分で検索したり、調べてみても、恐らく話半分理解したかどうかってとこです。
できればもう少しわかり易い言葉なり注釈なりをつけていただければ、興味深く読めるのですが。
……面倒ですね。失礼。

722 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@名前だけ仏所 ◆IByKs72gR2 :04/02/14 22:37
わかりました。

723 :名無しさん@3周年:04/02/17 20:01
一つの意見として聞いてください。
まず仏陀は自殺を認めています。
違うという人は勉強不足です。
どんな理由があろうと自殺を認めてる宗教はろくなモンじゃないです。
あと仏教では霊魂の存在を認めていません。
違うという人は勉強不足です。
なのに霊を慰めるとかでお経を唱えるのは意味が判りません。
仏陀は出家するのですが裕福で恵まれた環境にもかかわらず
このままでは一生煩悩に悩まされ救われる事はないとか言って
ある程度まで育ててくれた親の恩を忘れ修行の旅に出ます。
自分の家族を心配させ悲しませ悟りをひらく?なんと身勝手な人間でしょうか。
それと仏陀は生殖行為も否定しています。
自分をこの世に生んでくれた両親の行為をも否定するあきれたバカです。
いくつ宗派があるかは知りませんが元はこの仏陀というバカで自分勝手な男が
つくりあげたものです。
何人の人が仏陀に救われたかは知りませんが自分の家族を悲しませその事について
謝罪の言葉もないこんなヤツに救われたくないですね。






724 :名無しさん@3周年:04/02/26 20:18
北山本門寺のはなしだが、波木井のいうことはちとおかしい。
というのは、北山が警戒した理由として、牧口氏が日教組に関係する
赤ではないかということだと創価板にかいているのであるからだ。
牧口は戦前であり、戦後の日教組がでてくるはずはない。
時代からしてめちゃくちゃである。いうのであれば日教組ではなかろう。
創価学会ははじめ教職員を中心としていたが、教員は軍国主義いっぺんとうであり、
創価教育学会は「日教組」と関係できるはずもなかった。

725 :名無しさん@3周年:04/02/26 20:37
北山本門寺のはなしだが、波木井のいうことはちとおかしい。
というのは、北山が警戒した理由として、牧口氏が日教組に関係する
赤ではないかということだと創価板にかいているのであるからだ。
牧口は戦前であり、戦後の日教組がでてくるはずはない。
時代からしてめちゃくちゃである。いうのであれば日教組ではなかろう。
創価学会ははじめ教職員を中心としていたが、当時日本のほとんど教員は軍国主義いっぺんとうであり、
創価教育学会は、積極的な軍国主義教育ではなかったにせよ、反戦教育をしていたわけではなかったし、
創価教育学会は「日教組」と関係できるはずもなかった。


726 :名無しさん@3周年:04/03/10 02:34
信徒に下付される本尊は、一枚一枚猊下がお書きになっているのでしょうか?
それとも、一枚だけお書きになられて、後は何らかの方法で複製した物を下付されているのですか?

727 :名無しさん@3周年:04/03/10 21:15
中四国地方の T会場で以下のような事がありました.入会後2年位の会員で夫婦
 仲が悪く夫がいたる所に中傷している妻に 対し会場責任者のK女史は 倫風輪読
 会の席上、目を その妻をしっかと見据え「○ ○ ○ ○」 ー犯罪者の名称ー
 と投げつけ、つずけて犯罪を犯した者は昔は出歩かないものだったけどね、と言い
 放った.そして,自分が責任者として朝の演壇の最後の演壇をする時はその妻の
 身体的特徴を 誰にでも分かるようにいちいち取り上げ「この人の庭は草ボウボウ
 で 私も子育てで忙しい時は出来なかった。と草ボウボウを話題にして延々と話し
 後,演壇を聞くときは眼を閉じているとか誰か分かるように 言動をあげつらって
 いました.要するにそんな悪い噂のあるひとは 来て欲しくないから責任者として
 排斥行為をするのでしょうが 凄いでしょう.この責任者の倫理は 悪い噂の人物
 には 行わなくて良いみたい.会誌頒布もその妻は 誘わなかった.代わりに本を
 沢山勧められ,買っていたけど.他の宗教法人は 参加可能だそうです。
  あと会誌頒布で 訪れた家庭内のことを「あんな家でも玄関に子供の写真を飾っ
 ある、とか行った先の家庭事情を 会員同士で情報交換している。いいところも
 沢山ある会だけどね。



728 :jyaru-jya:AA7.Le3o:04/03/15 19:07
                       \ | /
                      ― (m) ─
                         目
                      ,,,..-‐‐‐-..,,,
                    / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,__丶 ノ _,,、 ヽ
                    i '-、_)ハ /__丿 l
                    |   '`ー゚」  L`゚‐'^  l
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___ 「http://www.copcon.co.jp/saiban2/
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i


729 :名無しさん@3周年:04/03/19 13:14
創価の話題は専用板がありますので、そちらでドウゾ
創価・公明板
http://society.2ch.net/koumei/

脱会についてはコチラが詳しいです

●○私、脱会しました。○●「Part5」
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1072256115/l50

本尊は焼いても罰など落ちません。

【仏罰】本尊焼いてうpしました6【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075993465/l50

衝撃!本尊焼却画像
http://www.geocities.com/wkim20032000/
本尊焼きをなさった方→カラビナ◆P6rBQWtf4氏

ロックからフォーク、演歌まで多才な>>1さんが歌う爆笑創価ソング
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1077759184/

730 :名無しさん@3周年:04/04/16 21:24
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。


731 :名無しさん@3周年:04/04/17 22:38
本門事行八品所顕上行所伝本因下種の
南無妙法蓮華経

如来滅後々五百歳始観心本尊抄曰、
今本時の娑婆世界は、三災を離れ、四劫を出たる常住の浄土也。
仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同体。是即ち己心の三千具足三種世間なり。

迹門十四品に、いまだこれを説給ず。法華経のうちに於ても、時機未熟の故か、
此本門の肝心南無妙法蓮華経の五字においては、仏猶文殊薬王等に、これを付嘱し給はず。
いかに況や其已下をや。但地涌千界を召して、八品を説てこれを付嘱し給う。
其本尊の体たらく、本地の娑婆の上に宝塔空に居し、塔中の妙法蓮華経の左右には、
釈迦牟尼仏、多宝仏、釈尊の脇士は、上行等の四菩薩、文殊、弥勒等は、四菩薩の眷属として末座に居し、
迹化他方の大小の諸菩薩は、萬民の大地に処して、雲閣月卿を見るが如し。
十方の諸仏大地の上に処するは、迹仏、迹土を表するが故也。
かくのごときの本尊は、在世四十余年にこれなし、八年の間にも、但八品に限る。
本朝沙門、日蓮撰大慈大悲、大恩報謝。
南無妙法邁華経


732 :名無しさん@3周年:04/04/18 21:16
>>723
焼身のこと?あれって自殺なんだろうか?

733 :名無しさん@3周年:04/04/19 22:16
如来滅後々五百歳始観心本尊抄曰、
今本時の娑婆世界は、三災を離れ、四劫を出たる常住の浄土也。
仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同体。是即ち己心の三千具足三種世間なり。

734 :心と宗教板自治 ◆dLxb.Apy42 :04/05/02 15:48
【連絡】
先日仏教質問箱・キリスト教質問箱の方より自治スレにID化の要望がありました。
本格的に 議論スレを立てて投票などを行う前に予備調査を行いたいと思います。

自治スレへの要望内容
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059814553/703
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059814553/727
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059814553/289
自治スレ予備議論
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059814553/721-n
全てのスレに連絡するのは難しいのでまだ連絡のないスレに
お伝えいただけたら幸いです。

735 :名無しさん@3周年:04/05/04 02:30
良スレ上げ。
>>686
>聖人の御妙判(御書)と言われて来たものは平成新編の掲載では501。内訳は真蹟
>(含曽存)257、真偽未決244となっています。ほぼ5割が未決書ということになります。
よく分からないけど、真偽未決って、日蓮系統では偽書作りが伝統になってるのですか。
ちょっと信じられない。そういうのは謗法ではないんですか。
他の宗派、たとえば浄土真宗なんかも異安心とか多いけど、親鸞の偽書捏造まではやらないのでは?ちがう?

736 :たのむ:04/05/04 11:10
ブタブタいってねーでよー
慰謝料はらえやー仏教信者よ。
仏教の勧誘で被害が多発しています。
別に私は創価学会でもないし、宗教ははいってないんだが
仏教信者にきたないことされ、いま町は仏教信者に
たくさんの被害をうけている。だから仏教信者は全員つぶす。
このアドレスをコピーしてアクセスしてみそ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=butakota

737 :ジャンプ ◆qnr4Mobius :04/05/04 13:45
波木井坊竜尊氏じゃないけど、
正信会を他の宗教団体が日蓮正宗として扱う可能性があるかも……
(最近の教義変更を見てるとね)

738 :名無しさん@3周年:04/05/04 14:11
>>735
経典でっち上げはニンマ派などもよく使う手だが、真蹟とほぼ同数の捏造文書というのも
なかなか例がないかも。日蓮の筆跡って真似しやすいのかな。
ところで、恥ずかしながら今まで不受不施派って正宗系っていうか肛門派だと思ってたんだけど、
実は日蓮宗系っていうか一致派だったのね。
明治以後、不受不施派が政府から許可される際、勝劣派は賛成したけど一致派は「あいつらは過激派」といって反対したとか。
肛門派のほうが不受不施派にたいしてシンパシーを抱いていたの?

739 :名無しさん@3周年:04/05/05 18:13
よくわからないんだけど、イスラムにたとえると、
多数派として一致派がいて、これがスンニー派。そのなかで不受不施派は、まあ、アル・カイダみたいなもんか。
んで、少数派の勝劣派がシーア派で、この中に興門派がイスマイール派みたいな感じで存在。さらにその中の日蓮正宗は二ザール派。
こういう理解でOK?本佛論をイマーム論にたとえると、どうだろ?本佛は日蓮と言ってるのは勝劣派の中でも日蓮正宗だけ?ムハンマドは神とか言ったら、これは異端だろう。


740 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :04/05/31 17:49 ID:RiDEtnFr
サルベージしておきますか。去年は盛り上がってましたな(笑)。

741 :名無しさん@3周年:04/05/31 20:02 ID:fmZnFZ3q
ttp://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/sitemap.html

742 :阿呆陀羅經 ◆MGPuxvZ3xQ :04/06/11 17:16 ID:SRsTD3Ua
DAT落ちしていました過去ログがHTML化されましたのでお知らせします。

【撫斬り】日蓮正宗系の教義を徹底検証!【撫斬り】
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0406/11/1048479137.html 


743 :自治スレ:04/06/12 14:36 ID:peQsKPXb
6日から板のLR改定のための議論を行っております。幅広く意見を頂くため
に時間をかけ、多くの方に参加していただきよりよいLRにしていきたいと思います。
確認とご意見ありましたら、よろしくお願いいたします。
(いろいろな宗教の方が自治スレにいらっしゃいますので他宗教・他宗派の
煽りや批判は禁止です)

http://etc2.2ch.net/test/read.cgi/psy/1085664122/33-n

744 :ジャンプ@マカー教一体派 ◆qnr4Mobius :04/06/14 00:32 ID:VH7I2FYe
法華講スレでパンドラの箱あけたバカがいますけど、
どうしましょ?
(法華経の成立と釈尊生没年の不整合を何とかしなければ、
単なる自爆テロもしくは公明党の神崎にしかならないんだよな。>キリスト教の否定に進化論)


301 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)