5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「 宮 沢 賢 治 ・ そ の 弐 」

1 :名無しさん@3周年:03/07/09 16:02
前スレ
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1011111470/l50

2 :名無しさん@3周年:03/07/09 16:02

 ケ ン タ ウ ル 、 露 を 降 ら せ 。

3 : ◆.EDMOUBKE2 :03/07/09 16:23
もうちょっとスレに飾りが欲しかったなぁとか、文句を
言いつつも3ゲト。

4 :名無しさん@3周年:03/07/09 18:20
>>3
おおっ!秘蹟だ。

5 :名無しさん@3周年:03/07/10 12:31
秘蹟?

6 :名無しさん@3周年:03/07/10 21:05
何げにあがっているね♪

7 :名無しさん@3周年:03/07/11 17:43
だめだ、まるでなってない。この辺は曲の心臓なんだ。それがこんなバラバラ
では・・・・。
それからゴーシュ君!

8 :ゴーシュ:03/07/11 21:12
セロを修理する金もありませんが、何か?

>1 乙!

9 :美空ひばり:03/07/11 22:36
なぜ途中で止めたんです。
僕ら鳥はどんな意気地のないヤシでもたとえ血を吐いても最後まで歌い続けるのれす。



10 :【序】:03/07/11 23:38

 わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびらうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。
 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらつてきたのです。
 ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるえながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。
 ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。
 なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

  大正十二年十二月二十日  宮沢 賢治



11 :名無しさん@3周年:03/07/11 23:54
銀河鉄道の夜  
07/11(金) 深03:10>>深05:05 テレビ朝日
映画/邦画アニメ
制作年:1985 制作会社:朝日新聞社・テレビ朝日・日本ヘラルド
監督/杉井ギサブロー 声/田中真弓 坂本千夏


12 :名無しさん@3周年:03/07/12 03:16
>>11
どうやら、はじまりますたな。

13 :名無しさん@3周年:03/07/12 05:02
おわた・・・そこはかとなく物悲しい・・・

14 :_:03/07/12 05:03
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

15 :名無しさん@3周年:03/07/12 05:05
直リン厨うぜーよ!

16 :名無しさん@3周年:03/07/12 08:53
アニメ、寝ててみれなかった・・残念

17 :たぬき:03/07/12 08:57
ゴーシュさんは二番目の弦を弾くときおくれるね。

18 :かっこう:03/07/14 07:53
「なぜやめたんですか。ぼくらならどんな意気地のないやつでものどから
血がでるまでは叫ぶんですよ」

19 :名無しさん@3周年:03/07/14 21:51
>16
生` レンタルもあるさ。

映画の中で、青年が死ぬ時の状況を説明する、
船が沈むまでの映像が重なる、……何か胸に迫ったな。
姉弟を抱いて沈んでいく映像が、やけに悲しかった。

20 :名無しさん@3周年:03/07/15 00:46
age

21 :豪酒:03/07/15 08:34
>17 たぬき汁って知ってる?

22 :山崎 渉:03/07/15 13:49

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

23 :名無しさん@3周年:03/07/15 20:55

 「 ケ ン タ ウ ル 露 を ふ ら せ 」

24 :名無しさん@3周年:03/07/15 21:34
             ∧_∧  〔^^〕
               _,( ´Д`)⌒ i  |
          (⌒ ー  一 r.、!  〉
           ヽ弋 。 人 。 イ(` ー'
           〔勿\     ヽ
               )  r⌒丶 )  ドカ
     ドカ   ドカ  /   !  |'´
       ドカ    /   /|  |‖ ドカ
             (    く  !  ||‖  ドカ
           ドカ   \  i   | ‖|‖|
            ,__>  ヽヽ从/∧∧
            ⊂⌒ヽ从/ つ ゚д゚) >>22


25 :狸の子:03/07/15 22:11
「狸汁ってぼく知らない。」

26 :三毛猫:03/07/16 22:35
「これおみやです。たべてください」

27 :名無しさん@3周年:03/07/16 22:40
ねこめ、がおみやにして持参したトマトは
ゴーシュさんちの畑のトマト、なのでした

ゴーシュはもうかんかんに怒っているけど
生意気ねこめ、とのやりとりは可笑しいよね

28 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:10

 おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。

  かねた一郎さま 九月十九日
  あなたは、ごきげんよろしいほで、けつこです。
  あした、めんどなさいばんしますから、おいで
  んなさい。とびどぐもたないでくなさい。
  山ねこ 拝

 こんなのです。字はまるでへたで、墨もがさがさして指につくくらゐでした。けれども一郎はうれしくてうれしくてたまりませんでした。はがきをそつと学校のかばんにしまつて、うちぢうとんだりはねたりしました。


29 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:12
 ね床にもぐつてからも、山猫のにやあとした顔や、そのめんだうだといふ裁判のけしきなどを考へて、おそくまでねむりませんでした。
 けれども、一郎が眼をさましたときは、もうすつかり明るくなつてゐましたおもてにでてみると、まはりの山は、みんなたつたいまできたばかりのやうにうるうるもりあがつて、まつ青なそらのしたにならんでゐました。
一郎はいそいでごはんをたべて、ひとり谷川に沿つたこみちを、かみの方へのぼつて行きました。
 すきとほつた風がざあつと吹くと、栗の木はばらばらと実をおとしました。一郎は栗の木をみあげて、
「栗の木、栗の木、やまねこがここを通らなかつたかい。」とききました。栗の木はちよつとしづかになつて、
「やまねこなら、けさはやく、馬車でひがしの方へ飛んで行きましたよ。」と答へました。
「東ならぼくのいく方だねえ、おかしいな、とにかくもつといつてみやう。栗の木ありがたう。」
 栗の木はだまつてまた実をばらばらとおとしました。
 一郎がすこし行きますと、そこはもう笛ふきの滝でした。笛ふきの滝といふのは、まつ白な岩の崖のなかほどに、
小さな穴があいてゐて、そこから水が笛のやうに鳴つて飛び出し、すぐ滝になつて、ごうごう谷におちてゐるのをいふのでした。


30 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:16
 一郎は滝に向いて叫びました。
「おいおい、笛ふき、やまねこがここを通らなかつたかい。」滝がぴーぴー答へました。
「やまねこは、さつき、馬車で西の方へ飛んで行きましたよ。」
「おかしいな、西ならぼくのうちの方だ。けれども、まあも少し行つてみやうふえふき、ありがたう。」
 滝はまたもとのやうに笛を吹きつゞけました。
 一郎がたますこし行きますと、一本のぶなの木のしたに、たくさんの白いきのこが、どつてこどつてこどつてこと、変な楽隊をやつてゐました。
 一郎はからだをかがめて、
「おい、きのこ、やまねこが、こゝを通らなかつたかい。」
とききました。するときのこは
「やまねこなら、けさはやく、馬車で南の方へ飛んで行きましたよ。」とこたへました。一郎は首をひねりました。
「みなみならあつちの山のなかだ。おかしいな。まあもすこし行つてみやう。きのこ、ありがたう。」
 きのこはみんないそがしさうに、どつてこどつてこと、あのへんな楽隊をつづけました。
 一郎はまたすこし行きました。すると一本のくるみの木の梢を、栗鼠がぴよんととんでゐました。一郎はすぐ手まねぎしてそれをとめて、
「おい、りす、やまねこがここを通らなかつたかい。」とたづねました。するとりすは、木の上から、額に手をかざして、一郎を見ながらこたへました。
「やまねこなら、けさまだくらいうちに馬車でみなみの方へ飛んで行きましたよ。」
「みなみへ行つたなんて、二とこでそんなことを言ふのはおかしいなあ。けれどもまあもすこし行つてみやう。りす、ありがたう。」
りすはもう居ませんでした。たゞくるみのいちばん上の枝がゆれ、となりのぶなの葉がちらつとひかつただけでした。
 一郎がすこし行きましたら、谷川にそつたみちは、もう細くなつて消えてしまひました。
そして谷川の南の、まつ黒な榧の木の森の方へ、あたらしいちいさなみちがついてゐました。一郎はそのみちをのぼつて行きました。
榧の枝はまつくろに重なりあつて、青ぞらは一きれも見えず、みちは大へん急な坂になりました。


31 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:21
一郎が顔をまつかにして、汗をぽとぽとおとしながら、その坂をのぼりますと、にはかにぱつと明るくなつて、眼がちくつとしました。
そこはうつくしい黄金いろの草地で、草は風にざわざわ鳴り、まはりは立派なオリーヴいろのかやの木のもりでかこまれてありました。
 その草地のまん中に、せいの低いおかしな形の男が、膝を曲げて手に革鞭をもつて、だまつてこつちをみてゐたのです。
 一郎はだんだんそばへ行つて、びつくりして立ちどまつてしまひました。その男は、片眼で、見えない方の眼は、白くびくびくうごき、
上着のやうな半天のやうなへんなものを着て、だいいち足が、ひどくまがつて山羊のやう、ことにそのあしさきときたら、
ごはんをもるへらのかたちだつたのです。一郎は気味が悪かつたのですが、なるべく落ちついてたづねました。
「あなたは山猫をしりませんか。」
 するとその男は、横眼で一郎の顔を見て、口をまげてにやつとわらつて言ひました。
「山ねこさまはいますぐに、こゝに戻つてお出やるよ。おまへは一郎さんだな。」
 一郎はぎよつとして、一あしうしろにさがつて、
「え、ぼく一郎です。けれども、どうしてそれを知つてますか。」と言ひましたするとその奇体な男はいよいよにやにやしてしまひました。
「そんだら、はがき見だべ。」
「見ました。それで来たんです。」
「あのぶんしやうは、ずゐぶん下手だべ。」と男は下をむいてかなしさうに言ひました。

32 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:23
一郎はきのどくになつて、
「さあ、なかなか、ぶんしやうがうまいやうでしたよ。」
と言ひますと、男はよろこんで、息をはあはあして、耳のあたりまでまつ赤になり、きものゝえりをひろげて、風をからだに入れながら、
「あの字もなかなかうまいか。」ときゝました。一郎は、おもはず笑ひだしながら、へんじしました。
「うまいですね。五年生だつてあのくらゐには書けないでせう。」
 すると男は、急にまたいやな顔をしました。
「五年生つていふのは、尋常五年生だべ。」その声が、あんまり力なくあはれに聞えましたので、一郎はあわてゝ言ひました。
「いゝえ、大学校の五年生ですよ。」
 すると、男はまたよろこんで、まるで、顔ぢう口のやうにして、にたにたにたにた笑つて叫びました。
「あのはがきはわしが書いたのだよ。」一郎はおかしいのをこらえて、
「ぜんたいあなたはなにですか。」とたづねますと、男は急にまじめになつて、
「わしは山ねこさまの馬車別当だよ。」と言ひました。


33 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:26
 そのとき、風がどうと吹いてきて、草はいちめん波だち、別当は、急にていねいなおぢぎをしました。
 一郎はおかしいとおもつて、ふりかへつて見ますと、そこに山猫が、黄いろな陣羽織のやうなものを着て、緑いろの眼をまん円にして立つてゐました。
やつぱり山猫の耳は、立つて尖つてゐるなと、一郎がおもひましたら、山ねこはぴよこつとおぢぎをしました。一郎もていねいに挨拶しました。
「いや、こんにちは、きのふははがきをありがたう。」
 山猫はひげをぴんとひつぱつて、腹をつき出して言ひました。
「こんにちは、よくいらつしやいました。じつはおとゝひから、めんだうなあらそひがおこつて、
ちよつと裁判にこまりましたので、あなたのお考へを、うかがひたいとおもひましたのです。
まあ、ゆつくり、おやすみください。ぢき、どんぐりどもがまゐりませう。どうもまい年、この裁判でくるしみます。」
山ねこは、ふところから、巻煙草の箱を出して、じぶんが一本くわい、「いかゞですか。」と一郎に出しました。


34 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:30
一郎はびつくりして、「いゝえ。」と言ひましたら、山ねこはおほやうにわらつて、
「ふゝん、まだお若いから、」と言ひながら、マツチをしゆつと擦つて、わざと顔をしかめて、青いけむりをふうと吐きました。
山ねこの馬車別当は、気を付けの姿勢で、しやんと立つてゐましたが、
いかにも、たばこのほしいのをむりにこらえてゐるらしく、なみだをぼろぼろこぼしました。
 そのとき、一郎は、足もとでパチパチ塩のはぜるやうな、音をきゝました。びつくりして屈んで見ますと、
草のなかに、あつちにもこつちにも、黄金いろの円いものが、ぴかぴかひかつてゐるのでした。
よくみると、みんなそれは赤いずぼんをはいたどんぐりで、もうその数ときたら、三百でも利かないやうでした。
わあわあわあわあ、みんななにか云つてゐるのです。


35 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:36
「あ、来たな。蟻のやうにやつてくる。おい、さあ、早くベルを鳴らせ。今日はそこが日当りがいゝから、そこのとこの草を刈れ。」
やまねこは巻たばこを投げすてゝ、大いそぎで馬車別当にいひつけました。馬車別当もたいへんあわてゝ、
腰から大きな鎌をとりだして、ざつくざつくと、やまねこの前のとこの草を刈りました。
そこへ四方の草のなかゝら、どんぐりどもが、ぎらぎらひかつて、飛び出して、わあわあわあわあ言ひました。
 馬車別当が、こんどは鈴をがらんがらんがらんがらんと振りました。音はかやの森に、がらんがらんがらんがらんとひゞき、
 黄金のどんぐりどもは、すこししづかになりました。見ると山ねこは、もういつか、黒い長い繻子の服を着て、勿体らしく、
 どんぐりどもの前にすわつてゐました。まるで奈良のだいぶつさまにさんけいするみんなの絵のやうだと一郎はおもひました。
 別当がこんどは、革鞭を二三べん、ひゆうぱちつ、ひゆう、ぱちつと鳴らしました。


36 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:37
 空が青くすみわたり、どんぐりはぴかぴかしてじつにきれいでした。
「裁判ももう今日で三日目だぞ、いゝ加減になかなほりをしたらどうだ。」
 山ねこが、すこし心配さうに、それでもむりに威張つて言ひますと、どんぐりどもは口々に叫びました。
「いえいえ、だめです、なんといつたつて頭のとがつてるのがいちばんえらいんです。そしてわたしがいちばんとがつてゐます。」
「いゝえ、ちがひます。まるいのがえらいのです。いちばんまるいのはわたしです。」
「大きなことだよ。大きなのがいちばんえらいんだよ。わたしがいちばん大きいからわたしがえらいんだよ。」
「さうでないよ。わたしのはうがよほど大きいと、きのふも判事さんがおつしやつたぢやないか。」
「だめだい、そんなこと。せいの高いのだよ。せいの高いことなんだよ。」
「押しつこのえらいひとだよ。押しつこをしてきめるんだよ。」もうみんな、がやがやがやがや言つて、
 なにがなんだか、まるで蜂の巣をつゝついたやうで、わけがわからなくなりました。そこでやまねこが叫びました。
「やかましい。こゝをなんとこゝろえる。しづまれ、しづまれ。」
 別当がむちをひゆうぱちつとならしましたのでどんぐりどもは、やつとしづまりました。
 やまねこは、ぴんとひげをひねつて言ひました。
「裁判ももうけふで三日目だぞ。いゝ加減に仲なほりしたらどうだ。」
 すると、もうどんぐりどもが、くちぐちに云ひました。
「いえいえ、だめです。なんといつたつて、頭のとがつてゐるのがいちばんえらいのです。」
「いゝえ、ちがひます。まるいのがえらいのです。」
「さうでないよ。大きなことだよ。」がやがやがやがや、もうなにがなんだかわからなくなりました。


37 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:38
 山猫が叫びました。
「だまれ、やかましい。こゝをなんと心得る。しづまれしづまれ。」別当が、むちをひゆうぱちつと鳴らしました。山猫がひげをぴんとひねつて言ひました。
「裁判ももうけふで三日目だぞ。いゝ加減になかなほりをしたらどうだ。」
「いえ、いえ、だめです。あたまのとがつたものが…。」がやがやがやがや。
 山ねこが叫びました。
「やかましい。こゝをなんとこゝろえる。しづまれ、しづまれ。」別当が、むちをひゆうぱちつと鳴らし、どんぐりはみんなしづまりました。
 山猫が一郎にそつと申しました。
「このとほりです。どうしたらいゝでせう。」

38 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:40
一郎はわらつてこたへました。
「そんなら、かう言ひわたしたらいゝでせう。このなかでいちばんばかで、めちやくちやで、まるでなつてゐないやうなのが、いちばんえらいとね。ぼくお説教できいたんです。」
 山猫はなるほどといふふうにうなづいて、それからいかにも気取つて、繻子のきものゝ胸を開いて、黄いろの陣羽織をちよつと出してどんぐりどもに申しわたしました。
「よろしい。しづかにしろ。申しわたしだ。このなかで、いちばんえらくなくて、ばかで、めちやくちやで、てんでなつてゐなくて、あたまのつぶれたやうなやつが、いちばんえらいのだ。」
 どんぐりは、しいんとしてしまひました。それはそれはしいんとして、堅まつてしまひました。
 そこで山猫は、黒い繻子の服をぬいで、額の汗をぬぐひながら、一郎の手をとりました。別当も大よろこびで、五六ぺん、鞭をひゆうぱちつ、ひゆうぱちつ、ひゆうひゆうぱちつと鳴らしました。やまねこが言ひました。
「どうもありがたうございました。これほどのひどい裁判を、まるで一分半でかたづけてくださいました。どうかこれからわたしの裁判所の、名誉判事になつてください。これからも、葉書が行つたら、どうか来てくださいませんか。そのたびにお礼はいたします。」
「承知しました。お礼なんかいりませんよ。」
「いゝえ、お礼はどうかとつてください。わたしのじんかくにかゝはりますから。そしてこれからは、葉書にかねた一郎どのと書いて、こちらを裁判所としますが、ようございますか。」
 一郎が「えゝ、かまひません。」と申しますと、やまねこはまだなにか言ひたさうに、しばらくひげをひねつて、眼をぱちぱちさせてゐましたが、たうたう決心したらしく言ひ出しました。
「それから、はがきの文句ですが、これからは、用事これありに付き、明日出頭すべしと書いてどうでせう。」
 一郎はわらつて言ひました。
「さあ、なんだか変ですね、そいつだけはやめた方がいゝでせう。」
 山猫は、どうも言ひやうがまづかつた、いかにも残念だといふふうに、しばらくひげをひねつたまゝ、下を向いてゐましたが、やつとあきらめて言ひました。
「それでは、文句はいまゝでのとほりにしませう。そこで今日のお礼ですが、あなたは黄金のどんぐり一升と、塩鮭のあたまと、どつちをおすきですか。」
「黄金のどんぐりがすきです。」


39 :【どんぐりと山猫】:03/07/19 21:41
 山猫は、鮭の頭でなくて、まあよかつたといふやうに、口早に馬車別当に云ひました。
「どんぐりを一升早くもつてこい。一升にたりなかつたら、めつきのどんぐりもまぜてこい。はやく。」
 別当は、さつきのどんぐりをますに入れて、はかつて叫びました。
「ちやうど一升あります。」山ねこの陣羽織が風にばたばた鳴りました。
 そこで山ねこは、大きく延びあがつて、めをつぶつて、半分あくびをしながら言ひました。
「よし、はやく馬車のしたくをしろ。」白い大きなきのこでこしらえた馬車が、ひつぱりだされました。
 そしてなんだかねずみいろの、おかしな形の馬がついてゐます。
「さあ、おうちへお送りいたしませう。」山猫が言ひました。二人は馬車にのり別当は、どんぐりのますを馬車のなかに入れました。
 ひゆう、ぱちつ。
 馬車は草地をはなれました。木や薮がけむりのやうにぐらぐらゆれました。
 一郎は黄金のどんぐりを見、やまねこはとぼけたかほつきで、遠くをみてゐました。
 馬車が進むにしたがつて、どんぐりはだんだん光がうすくなつて、まもなく馬車がとまつたときは、あたりまへの茶いろのどんぐりに変つてゐました。
 そして、山ねこの黄いろな陣羽織も、別当も、きのこの馬車も、一度に見えなくなつて、一郎はじぶんのうちの前に、どんぐりを入れたますを持つて立つてゐました。
 それからあと、山ねこ拝といふはがきは、もうきませんでした。やつぱり、出頭すべしと書いてもいゝと言へばよかつたと、一郎はときどき思ふのです。


40 :名無しさん@3周年:03/07/20 19:54
無意味age

41 :名無しさん@3周年:03/07/20 23:03
山猫タンはあはあ

42 :名無しさん@3周年:03/07/21 10:39
なんで
それからあと、山ねこ拝といふはがきは、もうこなくなったんだろうか
と、ときどき思ふのですが・・

43 :名無しさん@3周年:03/07/21 18:55
それは、たぶん歳が大人に近づいて童心を無くしていったのだらう。
あるいは、日本の歪んだ戦後教育によって。

44 :一郎:03/07/21 19:20
やつぱり、出頭すべしと書いてもいゝと言へばよかつた・・

45 :名無しさん@3周年:03/07/21 19:24
>>27
トロメライとかロマチックシューマンって微妙に間違ってる、ネコめ。

46 :名無しさん@3周年:03/07/21 19:34
何で宗教?これは、児童文学板では?
これが宗教になるんだったら内村鑑三も立ててくれ

47 :名無しさん@3周年:03/07/21 19:36
気が狂うほどマンネリの○×崇敬スレを100こも立てるくらいなら
まだましだろ。

48 :名無しさん@3周年:03/07/21 19:45
前スレのタイトル↓
「宮沢賢治の「デクノボー精神」および生き様 」
1:
の、宗教的な評価ってどうよ?
いまだに徒に聖人視されてる気がするが
実際の賢治は意外と普通の青年だったとか。
俺は法華経信者じゃないし賢治みたいには生きられないけど
宮沢賢治の作品や思想は好きです。

>46 内村鑑三スレたてるといいのでは?そんなに板違いでもないと思うけど


49 :名無しさん@3周年:03/07/27 22:05
普通というか、
実際会ったら好きになれるかどうかは、微妙そう。
でも本当に会ってみたい。
奇行(知らない人からすれば)もあったし、
若い頃は特に激しい部分とか、頑固な部分もあったようだ。
春画を集めたり、H話をするお茶目な面もあり……。
聖人というイメージはない。でも何かが凄い人だ。

50 :名無しさん@3周年:03/07/27 23:29

 「 屁 の つ っ ぱ り わ 、 い ら ん で す よ 。 」

51 :_:03/07/27 23:29
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

52 :名無しさん@3周年:03/07/28 08:39


53 :名無しさん@3周年:03/07/31 05:48
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。
驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し。
猛き人も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。


54 :名無しさん@3周年:03/07/31 05:50
れ・みぜらぼー!?

55 :名無しさん@3周年:03/07/31 05:55

 【 5 時 5 5 分 に 5 5 5 ゲ ッ ト ! ? 】 

56 :名無しさん@3周年:03/07/31 05:56
AM5:56 に56ゲ ッ ト !

57 :名無しさん@3周年:03/07/31 06:08

わちゃゴナ57ゲッツ!!

58 :名無しさん@3周年:03/08/01 18:04
東北のお祭り情報です。お盆には、今年で5年目となる月山炎の祭りもあります。
今年はARTMANがDJ参加です。
http://www.gassan.jp/

秋田では太平山、今年もやるのかな〜
http://www.earth-spirit.com/


59 :名無しさん@3周年:03/08/01 18:05
岩手県宮古市にある、全てをゴミ(建築廃材)で作っている「芸術の村」の夏祭
りのご案内。町から離れた小川のほとりにあり空気と水がうまいです。
電気を引いていないのでランプ生活が楽しめます。コンサートと自然と自由なお
喋りを満喫しませんか?
今年のテーマは「所有とはゴミである?」「宇宙と踊るか、大地を抱くか」
ああ、あやしい…

日時:2003年8月1日(金)〜4日(月)
会場:芸術の村
027-0057 岩手県宮古市岩船28-11(電話はありません)
または019-654-5466(新里)
代表者:豊沢 弘


60 :名無しさん@3周年:03/08/01 18:06
入場料:1日500円
食 事:1日1,000円ぐらい
発泡酒:2,500円で飲み放題
4日通し(3泊10食)7,000円ぐらい(酒代別)

出演予定者:
チダ原人(レゲエ)、みやもとじゅん(フォーク)、関ちひろ(水の里フェステ
ィバル主催者)、谷地馨二、安達憲冶(ロックンロール)
出演者・出店者募集中。飛び入り参加大歓迎。
(ただしビールの持ちこみ不可)

駐車場あります。食事係募集中。音の大きいもの夜中までOK。夜明けまで踊り
明かすのOK。布団に限りあり。シュラフ持参。水がきれいです。ブヨ等がいる
ので虫除け必須。ヘッドランプ持参。必需品です。

芸術の村:
http://www.vag-create.com/geijutsu/index.html
まつり案内:
http://www.interq.or.jp/white/lychnis/totuzenya/miyako/maturi2003.html

61 :名無しさん@3周年:03/08/02 02:02
う〜む、どおでしょう。 (リターンズ)

62 :名無しさん@3周年:03/08/02 17:56
宮沢賢治には結婚をしょうとした人がいたそうですね。

63 :名無しさん@3周年:03/08/02 19:10
http://www.aritearu.com/Influence/Kenji/Kenji.htm

「神を待ち望む」という主にアメリカ・インディアンについてのページですが
ここの管理人さんは賢治が大好きらしい。

64 :名無しさん@3周年:03/08/02 19:26
 

65 :名無しさん@3周年:03/08/02 23:54
銀の夜鷹の背に乗って


66 :名無しさん@3周年:03/08/03 17:35
南無阿弥陀仏

67 :名無しさん@3周年:03/08/04 12:40
ageにも負けず

68 :名無しさん@3周年:03/08/04 19:59
今月、小岩井農場でロック・フェスティバルが行われるらすい。
ハイローズとか来るらすい。

賢治が生きてたら見にいくのかな。
賢治は音楽が大好きで洋楽レコードをあまりに買い過ぎて
レコード会社のポリドールから感謝状を貰ったらすい。


69 :名無しさん@3周年:03/08/04 21:06
そらボンボンの道楽いわれてもやむなしやなー・・・

70 :名無しさん@3周年:03/08/04 22:46
ボソボソの道楽じゃねーよW

レコードは教師時代に給料で買ってたんだよ。全部自腹。
おまいみたいな親の脛噛ってる甘えた坊主はセルシオでもなんでも好きに乗ってろ。



71 :名無しさん@3周年:03/08/04 23:35
「とびどぐもたないでくなさい。」

これって2ちゃん語みたいでいつ見ても可笑しい。。
馬車別当はおもしろいキャラだよね〜〜

72 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:10
>>70
まぁーもちつけや、夏厨w
賢治が金持ちのボンボンなのわ周知の事実だろーが。
ボンボンの道楽てのわな、ある意味ホメ言葉なんだよ。
世楽・道楽・法楽って言ってな、浮世の享楽よりわ幾分高尚な嗜み事なわけだ。
レコードを自腹で買おうが、親の脛噛ろーが関係ねーのよ。
音楽なんて極めて精神的な三昧境に心遊ばす香具師は、当時としては物珍しかったんだろーぜ。
日々の生活に追われ、つらい野良仕事に従事する農民に対し、羅須地人協会を設立し、
おせっかいにも道楽のなんたるかを教えようとしたのが宮沢賢治のすんごいところだ罠・・・。




よーするに他人様の共感込めたレスに逆上すんなってこった。


73 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:18
       ,、、、,_     .r!''ーv     z¬v                               
       \ ゙)    .ノ ,ノ      〕  }            (!'''┐                
        ( [,、、.,_ ,ノ.,r'′,,,_     |  |             .} {                
      _,.,v-┘´_,,、rミrレ||!エ厂^7    |  |             .] ]       __         
   =<ミ二v-‐'''^ ̄  .゙}.゙'i ,,、u,| .|    .} ],,、,,_           } (,、   ,,r<'丁¨゙┐      
      __,,,ノ冖┐  ] |「ー''゙| ] __,.,、-「 .工,,、>       _,,ノ''〕  ,ノ .,r'>'″{  .}      
      ^〜''''^¨′  .} .レ‐'ソ| .l「レ-‐''''! .}        =(ニー'''ア ./゙ .,r《ア′  .|  .}      
      ,,,,.,v-冖'z  .} ./^゙ソ} |.    .!  !            /′.|,v(ア′    .〕  |       
      .¨''冖¨゙`,,,,__,,,「 .リミリ゙  .〔《゙'ーr !  !           ,ノノ} .ア′     .|  }       
        ._,,,、-ミ!「、ノ┘,/゙ ,v .| .\_]│ |          ,/乂r′|        } .|       
    il─:l))干'''7 .フ  ._/゙_/ ! .|   ′|  }        ,ノア'レ'〕 |        } .|    ,rァ  
    〔 .)  .ノ / ._ノソ'′ |  |    .} .|        /′ゾ } !        } .).  _,ノア  
     ミ, |vr(二_iレi)ト'″.   .|  |    .} .}       }_/  .,} }        'li_  ̄>'′  
     \「″ .´.^″  .干>┘ } 7lzー┘ }        `   .|, .|         .¨^'^″     
                .^┐ ,ノ  ゙\ .ノ             ゙ー^


74 :_:03/08/05 14:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

75 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:35
おまいら!
もちつけぇェェェっぇェェェェェッェぇぇっぇぇ!!!!

  ___   ガスッ
 |___ミ      ギビシッ
   .||  ヾ ミ 、      グシャッ
   ∩_∧/ヾヽ        
   | ,| ゚∀゚). .|  |;,      ゲシッ
  / ⌒二⊃=|  |∵.
 .O   ノ %`ー‐'⊂⌒ヽ  ゴショッ
   ) ) ) )~ ̄ ̄()__   )
  ヽ,lヽ) (;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(


76 :68=70:03/08/05 21:08
>>71
そうですね。そういわれてみると確かに2ちゃん語っぽいですね。

賢治が現代に生きていたら2ちゃんねらーになっているかもしれません。
好奇心が旺盛で新しい物や面白いこと楽しいことが大好きな人ですから。

77 :名無しさん@3周年:03/08/05 22:23
KOIWAI ROCK FESTIVAL ロックのほそ道 supported by vodafone

   
  開催日時 平成15年8月23日(土)・8月24日(日)
農場OPEN9:00 OPEN10:00 START11:00  雨天決行
会   場 小岩井農場野外特設会場
主   催
イーハトーブ小岩井野外コンサート運営協議会 岩手めんこいテレビ FM岩手 ノースロードミュージック
企画運営
ノースロードミュージック
後   援 雫石町 岩手山南麓エリア協議会 ニッポン放送 仙台放送 秋田テレビ さくらんぼテレビジョン 福島テレビ 青森朝日放送 Date fm FM秋田 FM山形 ふくしまFM エフエム青森 スペースシャワーTV
協   力
JR東日本盛岡支社 (株)小岩井農牧 TSUTAYA東北エリア各店
特別協賛
J-フォン株式会社
協   賛 TOWER RECORDS リーバイ・ストラウスジャパン
お問合わせ
ノースロードミュージック  022-256-1000

   
  小岩井ロックフェスティバル事務局 お問い合わせ
Mail:info@koiwairock.com   TEL:022-256-1000

78 :名無しさん@3周年:03/08/06 12:49
478 名前: 広島の空 投稿日: 02/08/05 21:08 ID:cpp/zryo

   //      |l|l|l|          : : : : : :::::::::::::::::
 //        |l|l|l|          : : : : : :::::::::::::::::
 ||        //|||l|l|\          : : : : : :::::::::::::::::
 ||          |l|l|l  +    \    : : : : : :::::::::::::::::
 ||  //       |l|___+         その日の朝が来ると 僕はまずカーテンを開き
 ||          /    ヽ        : : : : : :::::::::::::::::
 ||         |⌒    ミ          既に焼け付くような 陽射しを部屋に迎える
 ||         ◯  3ミミミ            : : : : : :::::::::::::::::
 ||         〈     ::::|              : : : : : :::::::::::::::::
 ||   //      ヽ  :::::ノ
 ||           / ̄ ̄ヽ  +
 ||      //  | /⌒::::|
 ||     //                    《《《《《《: : : : : :::::::::::::::::
 ||   //                       || 》》: : : : : :::::::::::::::::



79 :名無しさん@3周年:03/08/06 12:50

479 名前: 広島の空 投稿日: 02/08/05 21:09 ID:cpp/zryo



         .___                 .
    .,.-─‐ー'″ ¨''ー:、,       .,._,.-ー''"``'‐.、.._、,,
   ″::::::::::::::::     ¨''-,, ,,.-‐'″::::::::::::::::
   ::::::::::::::::         ゙'゙‐、.,::::::::::::::::           港を行き交う船と手前を横切る路面電車
                   `
   ,:.:.、 ;:..  ,:.:.、 ;:.. .:,:.:  .、;:..  :,:.:.、  ;:. ..: ,:.:.、    稲佐山の向こうの入道雲と抜けるような青空
          ¨¨      ¨¨    ¨¨¨¨¨
    ¨¨¨    、   ''  ′、 .′ ‐__,ニ、.、、v--ー〜---
      .,‐ ¨¨      ._,,,.v-‐''^゙′
         .  . `  r'″_,,.;−'  l ̄l   ~^~~
         .′    ^''''ー-v、、、.ヽ二二二ノ,,,....,,,,,,_ iii _/ ̄l□ヽ      i
      「  .′ ¨¨    .. ``'‐.、       ^''''¬i─-\____/.,,-v、.....
                  .′i[  ''''''''''''''''''''       ~~~~~ ~~~
                     ‘、.._,:.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:~~~~~.:.、;:...:,:.:.、;:...:,:.:~~~~~.、





80 :名無しさん@3周年:03/08/06 12:51
480 名前: 広島の空 投稿日: 02/08/05 21:09 ID:cpp/zryo


      In August nine 1945

         この町が燃え尽きたあの日

::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ
        / ( ̄ー ̄)  ⌒    ( ̄ー ̄) ヽ
        ( ̄ー ̄)    、 , ( ̄ー ̄) ヾ )   ドコォォォォン…
 ................... .......ゞ ( ̄ー ̄)   ( ̄ー ̄)  .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    ( ̄ー ̄) =HロΠ=_Π
  Π=_Π「Uヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
 口=Π田:::.      .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....           !    ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl





81 :名無しさん@3周年:03/08/06 23:27
すべての核兵器を地球からなくすことが一番の慰霊なんだろうね


82 :山猫登場!:03/08/07 09:33
34 :【どんぐりと山猫】

 そのとき、風がどうと吹いてきて、草はいちめん波だち、別当は、急にていねいなおぢぎをしました。
 一郎はおかしいとおもつて、ふりかへつて見ますと、そこに山猫が、黄いろな陣羽織のやうなものを着て、緑いろの眼をまん円にして立つてゐました。

この出だし、何回みてもいいですね。
風がどうと吹いてきて、草はいちめん波だち 不思議の国にはいった一郎さん。


83 :山猫からのはがき:03/08/07 09:45
28 :【どんぐりと山猫】

けれども一郎はうれしくてうれしくてたまりませんでした。はがきをそつと学校のかばんにしまつて、うちぢうとんだりはねたりしました。


こんな変なはがきが、それも山猫から届いたらみんな
どう思うかなあ、誰かに見せて「これ何だろう」とか相談したりしないかなあ
一郎はうれしくてうれしくてたまらなくてかばんにしまいこんでる

84 :名無しさん@3周年:03/08/08 20:45

「こよひあなたは ときいろの
 むかしのきもの つけなさる
 かしはばやしの このよひは
 なつのをどりの だいさんや

 やがてあなたは みづいろの
 けふのきものを つけなさる
 かしはばやしの よろこびは
 あなたのそらに かゝるまゝ。」


85 :名無しさん@3周年:03/08/08 20:46

「雨はざあざあ ざつざゞゞゞゞあ
 風はどうどう どつどゞゞゞゞう
 あられぱらぱらぱらぱらつたゝあ
 雨はざあざあ ざつざゞゞゞゞあ」


86 :名無しさん@3周年:03/08/08 20:47


「赤いしやつぽのカンカラカンのカアン。」

87 :名無しさん@3周年:03/08/08 21:18
もしも賢さが2ちゃんねらだったら・・・
毎日ものすごい勢いでカキコしてわ
皆を笑わすギャグや造語を
それこそもうマシンガンのやうにぶっぱなし
みんなに「神」と呼ばれ崇め奉られたかとおもへば
ときおり童話カテゴリに降臨してわ
ホロリとさせるやうなジサクの小ネタや小説を
著作権なぞハナから意に介さず発表し
多くの固定ファンを獲得しつつも
惜しまれながら他界するに30000ペリカ・・・・・、享年26歳。

88 :名無しさん@3周年:03/08/09 10:12
競争社会で勝ち組だのまけ組だの必死で叫びながら
世の中はお金だ〜と、悪夢に浮かれているように唱えている
多くのエリートたちは宮沢賢治には無関心なんだろうね。
無関心というか、既得権のように現状維持することを願い
もっともっと、と物欲を貪るような人たちからみれば
むしろ、じゃまかもしれない

賢治が2ちゃんねるで意外にも好かれるのが不思議でもあったけど
何か共感するところがそれぞれあるんだろうか
実は2ちゃんねらーも層が深く厚いのかもしれない。と感じるけふこのごろ

89 :名無しさん@3周年:03/08/09 13:55
    ///////____________
    ///////  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
   ///////              (~) チリンチリン
   ///////              ノ,,
  ///////     ∧_∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ///////     ( ´∀`)( 厨 ) )) <  夏だな〜ぃ
 ///////      (つ へへ つ      \______
///////   //△ ヽλ  ) ) 旦
//////  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
/////    ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄


90 :名無しさん@3周年:03/08/09 19:54
ノー モア 長崎 広島

91 :by,岡村靖幸ベイベ♂:03/08/10 04:12

「勝ち組、負け組に世の中がわかれているけど……
勝ち組の連中はいい携帯を持って、いいマンションに住んでいる……
でも、いい携帯を持っても大切なポイントはどんな話をするかじゃないか。
君と笑ってるためならば僕は浮浪者になってもいい……いつでも君に横にいて欲しい。」


92 :名無しさん@3周年:03/08/10 05:45
面接官「特技は>>1とありますが?」
学生 「はい。>>1です。」
面接官「>>1とは何のことですか?」
学生 「掲示板でスレッドを立てた人間です。」
面接官「え、スレッド?」
学生 「はい。スレッドです。自分のネタに絶対の自信を持って立てるんです。」
面接官「・・・で、その>>1は当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
学生 「はい。リーダーシップ能力を養う事が出来ます。」
面接官「いや、所詮は掲示板のなかだけの話でしょう。」
学生 「でも、注目の的なんですよ。」
面接官「いや、注目とかそういう問題じゃなくてですね・・・」
学生 「このスレッドを立てた>>1は天才。」
面接官「ふざけないでください。それに天才って何ですか。だいたい・・・」
学生 「自作自演です。スレを盛り上げるためには必要なんです。スレというのはスレッドの・・・」
面接官「聞いてません。帰って下さい。」
学生 「あれあれ?怒らせていいんですか?面接官叩きスレを立てますよ。あなた。」
面接官「いいですよ。好きなだけ面接官叩きスレを立てて下さい。それで満足したら帰って下さい。」
学生 「運がよかったな。スレ立て規制のようだ。」
面接官「帰れよ。」

93 :八月の歌:03/08/12 12:52
作詞:作曲:歌:浜田省吾

砂浜で戯れてる 焼けた肌の女の子たち
俺は修理車を工場へ 運んで渋滞の中
テレビじゃこの国 豊かだと悩んでる
だけど俺の暮らしは 何も変わらない
今日も Hard rain is falling 心に
Hard rain is falling
意味もなく 年老いてく 報われず 裏切られ
何一つ 誇りを もてないまま...
八月になる度に 広島の名のもとに
平和を 唱えるこの国 アジアに何を償ってきた?
俺達が組立てた 車がアジアの 何処かの街角で
焼かれるニュースを見た...
今日も Hard rain is falling 心に
Hard rain is falling
子供らの肩を打つ 飢えてゆく 荒んでく
明日への希望など もてないまま...
満たされぬ思い 空回りの怒り
満たされぬ思い この空回りの怒り
八月の朝は ひどく哀しすぎる
No Winner No Loser ゴールなき闘いに
疲れて 諦めて やがて痛みも麻痺して
Madly Desire 狂気が発火する
暑さのせいさ 暑さのせいさ
Hard rain is falling 心に
Hard rain is falling
意味もなく 年老いてく 報われず 裏切られ
何一つ 誇りを もてないまま...

94 :名無しさん@3周年:03/08/12 14:22
偽善くさい

95 :名無しさん@3周年:03/08/12 18:03
椎名誠さんも賢治ファンだそうだ

96 :( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー :03/08/12 20:15
三へえ


97 :山崎 渉:03/08/15 08:58
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

98 :名無しさん@3周年:03/08/15 16:08
http://www.bekkoame.ne.jp/~kakurai/kenji/link/kenji_l.htm

99 :名無しさん@3周年:03/08/15 18:10
http://www.paperbirch.com/index.shtml
賢治とは直接関係はないけど心霊主義研究所のサイトです。

賢治研究家(?)の桑原啓善氏は心霊主義(スピリチアリズム)の研究者でもあるらしい。

100 :名無しさん@3周年:03/08/15 19:39
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー・・・100へぇ

101 :名無しさん@3周年:03/08/15 21:49
霊について真面目に学ぶ時代がきていると思うけど
真のスピリチュアリストは無責任な悪口とかいわないだろな
と思ふ

102 :名無しさん@3周年:03/08/15 21:50
桑原氏はチョト、ィャカナーリイタイ。

103 :名無しさん@3周年:03/08/15 22:11
ふむ、、、
「宮沢賢治の霊の世界」結構難しかったけど
賢治の不思議な幻視的な世界が少し見える糸口になったことは確かだなあ。
目でみえ耳できこえるところだけで読んでも、宮沢賢治の詩や童話はなかなか
わからないよね。

104 :名無しさん@3周年:03/08/16 03:07
http://www.biwa.ne.jp/~kdizendo/08-2.html
ナモサダルマプフンダリカサスートラの透明な風ー宮沢賢治遺言の法華経ー
 岩手県花巻から遠く離れたこの若狭の地にも、賢治とのささやかな緑があります。もう何年も前のことになりますが、
小浜にあります曹洞宗発心寺の三代前の住職原田祖岳老師が主宰しておられた大雲会の機関誌「勝友」のバックナンバー
を読んでおりましたら、その中に岩手県の高橋慶吾という方からの質問記事が目に止まりました.
 確か、宮沢賢治の手紙の差出人のなかに、その名前があったはずだと思い調べましたら、やはり書簡二通が全集に収録
されておりました.受信人の索引によりますと、この賢治より十歳年下の高橋さんは、賢治が農民を窮乏から救い、また
農村文化の向上のために、昭和の初めに設立しました羅須他人協会の中心メンバーの一人であり、協会の楽団ではヴァイ
オリンを担当していたそうです.さらには「少年時よリキリスト教信者だったが、賢治の話を聞いてから仏教に関心を移
し、昭和43年出家、慶雲と号し、無寺托鉢僧の生活に入った.家は賢治遺墨店として妻に任している.」とありました。

105 :名無しさん@3周年:03/08/16 03:52
今年は「サムサノ夏」だからヲロヲロ歩く農民の皆さんが大量発生?

106 :名無しさん@3周年:03/08/17 05:42
ある日おんなのこがいつものように小学校へ行くと知らない子が一人クラスにいて
でもみんなその子のことをずっと前からいるみたくしゃべったりしてるから
おんなのこは誰にもなにも言えずにそのままその子を放っておいたら
数日後にぱったりその子はいなくなってそれなのに誰もその子のこと
まるでまったく覚えてないように何も言わなかったので
おんなのこもまた何も言いませんでした。

中学校に上がった女の子はちがう小学校から上がってきた友達に
ある日そのことをぽつりと言いました。
友達はそれはよくあることだから気にすることはないと言いました。


「だって昨日まであなたはこのクラスにいなかったじゃないの」


107 :名無しさん@3周年:03/08/17 08:49
>105
それ、思ったなあ。
ただでさえ地震の多い東北、加えて冷害。
おろおろする賢治の姿が何か浮かんでくるんだよね。

108 :名無しさん@3周年:03/08/17 20:58
よだかの星は「いまでもまだ燃えて」いるのだろうか

109 :歩く花:03/08/17 20:59
作詞・作曲 甲本ヒロト

知ってるかい 忘れてはいけないことが
何億年も昔 星になった
どんな時代の どんな場所でも おんなじように見えるように

覚えたり 教えられたり
勉強したりするんじゃなくて
ある日突然 ピンときて だんだんわかることがある

ガードレールを飛び越えて センターラインを渡る風
その時 その瞬間 僕は一人で決めたんだ 僕は一人で決めたんだ

今日からは歩く花 根っこが消えて足が生えて
野に咲かず 山に咲かず 愛する人の庭に咲く

普通の星の下に生まれ 普通の星の下を歩き
普通の町で君と出会って 特別な恋をする

ガードレールを飛び越えて センターラインを渡る風
その時 その瞬間 僕は一人で決めたんだ 僕は一人で決めたんだ

今日からは歩く花 根っこが消えて足が生えて
野に咲かず 山に咲かず 愛する人の庭に咲く
愛する人の庭に咲く


110 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:22
http://www.kcn.ne.jp/~tkia/monogusa/mmh-00.html
ユングによる「宮沢賢治とグノーシス」

111 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:26
http://www.st.rim.or.jp/~success/jhon$kenji_ye.html
ジョン・レノンの「アクロス・ザ・ユニバース」と宮沢賢治

ジョンレノンの作ったビートルズ時代の傑作に「アクロス・ザ・ユニバース」という曲がある。この曲を聴きながら、ふと宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い出していた。
まあ、ジョンの傑作の中でも、この歌の内容をめぐって、これほど誤解されている歌も少ないかもしれないが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」もまた、宮沢が伝えたかった
メッセージを真に理解している人は本当に少ない。その意味で、この「アクロス・ザ・ユニバース」の歌詞を読み解きながら、併せて宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」
という作品との比較を試みてみたい。

ジョンはもちろん宮沢賢治のことを知らなかったであろうが、並々ならぬ自意識と想像力に富む言葉に対する鋭敏さは、どこか共通するものがあるように常々感じてきた。
別に先のふたつの作品が共に宇宙を表現したからというようなことではなく、自分が心の中で、築き上げていく、作品の一コマ一コマ、あるいは言葉の選択の仕方が、
私に宮沢とジョンの時代の僅かな位相の中で「連なる魂」というものを感じさせるのである。


112 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:34
http://www.kobe-yamate.ac.jp/users/tetsuro/kotoba.html
宮沢賢治の言葉
            信時 哲郎

 賢治は自分を凡人中の凡人だと思っていた。彼は宇宙の真理としての法華経の教えにしたがって生きただけの凡庸な人間にすぎなかった。
しかし彼は自分の凡庸さが、世間の常識と必ずしも一致していないことに気づくにつれ、自分が世間からまつたく孤立してしまっているの
ではないかという不安にさいなまれるようになった。

 ――もしかしたら本当に自分はかわったことを言っているのかもしれない。いや、そんなことはない――賢治は自分の常識が世界の常識
と同じであることを自分に言いきかせ、他人にも確認を求めずにはいられなかった。自分の言っていることは絶対に正しい。自分のために
それを主張しているのならあきらめもつこうが、相手のためを思って言っていることであるからどうしても納得してもらわなければならない。
宇宙の真理としての法華経は誰が何といったところで絶対的に真理なのである。全生命体がそれを理解してくれなくては、賢治ひとりの信仰
だってなりたたなくなってしまうのだ。


113 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:38
http://moon-s.cside.to/asa/zuka/iiha0.htm
「イーハトーヴ夢」と宮沢賢治の世界


114 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:43
http://www.hct.zaq.ne.jp/renjouji/kenjiron.html
【畑ノ下ニ居リマス】

 「下ノ畑ニ居リマス」というフレーズをご存知だろうか。そう、あの宮沢賢治のものだ。羅須地人協会の伝言板に今でも書かれている。私にはどういうわけか、その写真が印象深く残っていた。

 ある時そのフレーズを「畑ノ下ニ居リマス」と知人に話していた。すかさず「下ノ畑」と訂正が入った。私としては畑が頭にあり、下の畑か、畑の下か定かでなかった。つまり段々畑を勝手にイメージしていて、下方にある畑と決めつけていた。そしてそこに賢治は居ると・・・。

 しかし私は負け惜しみの強い方なので、「宮沢賢治もすでに亡くなっているし、畑の下には多くの生命が宿っている。畑ノ下ニ居リマスの方がより法華経的であるからより賢治的である」と。



115 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:50
http://www.kenji-world.net/forum/qa.html
「賢治をめぐるQ&A」
(4)あの有名な「雨にも負けず」の詩は、殆どの本が「そういうものにわたしはなりたい」で終わっています。しかし、賢治の直筆の手帳をみると、そのあとに「南無妙法蓮華経」の題目が書かれています。
 これは文脈からしても、あきらかに「雨にも負けず」の詩の締めくくりであり、結論になる部分だと思います。これを勝手に削除するということは、この詩を一個の文学としてみた場合、あるいは賢治の
 心象スケッチとみる観方、その他実証主義的に賢治の心の思いをありのままに伝える、これら何れの観点からみてもきわめて不当なことと私は考えますが、皆様はどのようにお考えですか。

116 :名無しさん@3周年:03/08/17 21:52
http://homepage1.nifty.com/gojunoto/kenji.htm
「賢治と私」

117 :風とひかりにちかいせり:03/08/17 22:30
法華経に限らずキリスト教に限らず
野の師父、アルペン農を尊敬した賢治

118 :名無しさん@3周年:03/08/19 01:55
栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう
はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう
弱い者達が夕暮れ さらに弱いものをたたく
その音が響きわたれば ブルースは加速して行く
見えない自由がほしくて
見えない銃を撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ


119 :名無しさん@3周年:03/08/20 18:46

       ♪どっどど どどぅど どどぅど どどぅ♪
 \\                       あまいみかんも吹き飛ばせー♪         //
     \\  ♪どっどど どどぅど どどぅど どどぅ♪              //
  ♪     \\            すっぱいかりんも吹き飛ばせー♪   //   //
♪  \\ ♪    ヘイっ♪ ヘイっ♪ ヘイヘイっ♪(チャチャチャ)  //   ♪
     \\       ヘイっ♪ ヘイっ♪ ヘイヘイっ♪(チャチャチャ)//
     ♪    ∧ ∧     ∧ ∧   ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧∧  ♪
 ♪    ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*) ♪
      (゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧
    ♪ ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*).∧ ∧(゚0 ゚*)♪
─♪──(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚◇ ゚*)|  ∪(゚0 ゚*) |  ∪
       |  ∪  | |  ∪.|  | | ∪. .|  | |  ∪.|  | .|  ∪ .|   | | ∪ |  |〜♪
  ♪   |  | U U .|  | U U .|  | U U. |  | U U .|  |  U U. .|  .|  .U U ♪
       U U     U U     U U     U U     U U      U U


120 :名無しさん@3周年:03/08/23 13:16
>>119
カワ(・∀・)イイ!

121 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:03
   おまへがたべるこのふたわんのゆきに
   わたくしはいまこころからいのる
   どうかこれが天上のアイスクリームになつて
   おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすよふに
   わたくしのすべてのさいわひをかけてねがふ

122 :ヘルマン・ヘッセ:03/08/25 19:07
幸福

君が幸福を追求しているかぎり
君は幸福者であり得るまでには熟し
ていない
たとえすべてのもっと愛すべきもの
を君が持っているとしても 

君が失った物のことでなげいたり
目的をいただいたり
せかせかしているかぎり

君にはまだ心の平和のなんであるかは
解らない

君があらゆる望みを捨て
もはや目的も要求も知らず
幸福のことなど口にしなくなった時

その時初めて事件の波はもう君に届
かなくなり
君の魂が初めて憩う

加藤 諦三 : 著 :20代の私をささえた言葉 : PHP文庫

123 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:10
羊歯(しだ)の葉は、よあけの霧を吸って、青くつめたくゆれました。よだかは高くきしきしと鳴きました。
そして巣の中をきちんとかたづけ、きれいにからだの中のはねや毛をそろえて、また巣から飛び出しました。
 霧がはれて、お日さまが丁度東からのぼりました。夜だかはぐらぐらするほどまぶしいのをこらえて、
矢のように、そっちへ飛んで行きました。
「お日さん、お日さん。どうぞ私をあなたの所へ連れてって下さい。灼(や)けて死んでもかまいません。
私のようなみにくいからだでも灼けるときには小さなひかりを出すでしょう。どうか私を連れてって下さい。」
 行っても行っても、お日さまは近くなりませんでした。かえってだんだん小さく遠くなりながらお日さまが云いました。
「お前はよだかだな。なるほど、ずいぶんつらかろう。今夜そらを飛んで、星にそうたのんでごらん。お前はひるの鳥ではないのだからな。」
 夜だかはおじぎを一つしたと思いましたが、急にぐらぐらしてとうとう野原の草の上に落ちてしまいました。
そしてまるで夢を見ているようでした。からだがずうっと赤や黄の星のあいだをのぼって行ったり、どこまでも風に飛ばされたり、
又鷹が来てからだをつかんだりしたようでした。

124 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:12
 つめたいものがにわかに顔に落ちました。よだかは眼をひらきました。一本の若いすすきの葉から露がしたたったのでした。
もうすっかり夜になって、空は青ぐろく、一面の星がまたたいていました。よだかはそらへ飛びあがりました。今夜も山やけの火はまっかです。
よだかはその火のかすかな照りと、つめたいほしあかりの中を飛びめぐりました。それからもう一ぺん飛びめぐりました。そして思い切って
西のそらのあの美しいオリオンの星の方に、まっすぐに飛びながら叫びました。
「お星さん。西の青じろいお星さん。どうか私をあなたのところへ連れてって下さい。灼けて死んでもかまいません。」
 オリオンは勇ましい歌をつづけながらよだかなどはてんで相手にしませんでした。よだかは泣きそううになって、よろよろと落ちて、
それからやっとふみとまって、もう一ぺんとびめぐりました。それから、南の大犬座の方へまっすぐに飛びながら叫びました。

125 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:13
「お星さん。南の青いお星さん。どうか私をあなたの所へつれてって下さい。
やけて死んでもかまいません。」
 大犬は青や紫や黄やうつくしくせわしくまたたきながら云いました。
「馬鹿を云うな。おまえなんか一体どんなものだい。たかが鳥じゃないか。
おまえのはねでここまで来るには、億年兆年億兆年だ。」そしてまた別の方を向きました。
 よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それから又二へん飛びめぐりました。
それから又思い切って北の大熊星の方へまっすぐに飛びながら叫びました。
「北の青いお星さま、あなたの所へどうか私を連れてって下さい。」
 大熊星はしずかに云いました。
「余計なことを考えるものではない。少し頭をひやして来なさい。そう云うときは、
氷山の浮いている海の中へ飛び込むか、近くに海がなかったら、氷をうかべたコップの水の中へ飛び込むのが一等だ。」


126 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:15
 よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それから又、四へんそらをめぐりました。そしてもう一度、東から今のぼった天の川の向う岸の鷲の星に叫びました。
「東の白いお星さま、どうか私をあなたの所へ連れてって下さい。やけて死んでもかまいません。」
 鷲は大風(おおふう)に云いました。
「いいや、とてもとても、話にも何にもならん。星になるには、それ相応の身分でなくちゃいかん。又よほど金もいるのだ。」
 よだかはもうすっかり力を落してしまって、はねを閉じて、地に落ちて行きました。

127 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:16
そしてもう一尺で地面にその弱い足がつくというとき、よだかは俄かにのろしのようにそらへとびあがりました。そらのなかほどへ来て、よだかはまるで鷲が熊を襲うときするように、ぶるっとからだをゆすって毛をさかだてました。
 それからキシキシキシッと高く高く叫びました。その声はまるで鷹でした。野原や林にねむっていたほかのとりは、みんな目をさまして、ぶるぶるふるえながら、いぶかしそうにほしぞらを見あげました。
 夜だかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって行きました。もう山焼けの火はたばこの吸殻のくらいにしか見えません。よだかはのぼってのぼって行きました。
 寒さにいきはむねに白く凍りました。空気がうすくなった為に、はねはそれはせわしくうごかさなければなりませんでした。


128 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:17
 それだのに、ほしの大きさは、さっきと少しも変りません。つくいきはふいごのようです。寒さや霜がまるで剣のようによだかを刺しました。
よだかははねがすっかりしびれてしまいました。そしてなみだぐんだ目をあげてもう一ぺんそらを見ました。そうです。これがよだかの最後でした。
もうよだかは落ちているのか、のぼっているのか、さかさになっているのか、上を向いているのかも、わかりませんでした。
ただこころもちはやすらかに、その血のついた大きなくちばしは、横にまがっては居ましたが、たしかに少しわらって居りました

129 :名無しさん@3周年:03/08/25 19:17
それからしばらくたってよだかははっきりまなこをひらきました。そして自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。
 すぐとなりは、カシオピア座でした。天の川の青じろいひかりが、すぐうしろになっていました。
 そしてよだかの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。
 今でもまだ燃えています。

130 :夜だかの涙は土に降る:03/08/25 19:46
あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷んでいる
まだ飛べない雛たちみたいに 僕はこの非力を嘆いている
急げ悲しみ 翼に変われ
急げ傷跡 羅針盤になれ
まだ飛べない雛たちみたいに 僕はこの非力を嘆いている

夢が迎えに来てくれるまで 震えて待ってるだけだった昨日
明日 僕は龍の足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、行こうぜ」
銀の龍の背に乗って 届けに行こう 命の砂漠へ
銀の龍の背に乗って 運んで行こう 雨雲の渦を

失うものさえ失ってなお 人はまだ誰かの指にすがる
柔らかな皮膚しかない理由は 人が人の傷みを聴くためだった
急げ悲しみ 翼に変われ
急げ傷跡 羅針盤になれ
まだ飛べない雛たちみたいに 僕はこの非力を嘆いている


わたボコリみたいな翼でも 木の芽みたいな頼りない爪でも
明日 僕は龍の足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、行こうぜ」
銀の龍の背に乗って 届けに行こう 命の砂漠へ
銀の龍の背に乗って 運んで行こう 雨雲の渦を


銀の龍の背に乗って 運んで行こう 雨雲の渦を
銀の龍の背に乗って
銀の龍の背に乗って

131 :名無しさん@3周年:03/08/26 00:32
夜だかの星はいまも赤く燃えているのだろう

132 :名無しさん@3周年:03/08/26 18:11
心象のはひいろはがねから
  あけびのつるはくもにからまり
  のばらのやぶや腐植の湿地
  いちめんのいちめんの諂曲模様
  (正午の管楽よりもしげく
   琥珀のかけらがそそぐとき)
  いかりのにがさまた青さ
  四月の気層のひかりの底を
  唾し はぎしりゆききする
  おれはひとりの修羅なのだ
  (風景はなみだにゆすれ)
  砕ける雲の眼路をかぎり
   れいろうの天の海には
    聖玻璃の風が行き交ひ
     ZYPRESSEN春のいちれつ
      くろぐろと光素を吸ひ
       その暗い脚並からは
        天山の雪の稜さへひかるのに
        (かげろふの波と白い偏光)
        まことのことばはうしなはれ
       雲はちぎれてそらをとぶ
      ああかがやきの四月の底を
     はぎしり燃えてゆききする
    おれはひとりの修羅なのだ

133 :名無しさん@3周年:03/08/26 18:29
八月二十七日は賢治の誕生日なのだ。

134 :八月二十七日生まれの著名人:03/08/26 18:48
宮沢賢治(1896)、マザー・テレサ(1910)、山岡久乃(1926)、ヤースィル・アラファト(1929)、藤竜也(1941)、江崎勝久(1941)、バ−バラ・バック(1949)、ゲルハルト・ベルガー(1959)、渡部絵美(1959)
--------------------------------------------------------------------------------
山岡さんは「渡る世間は鬼ばかり」に出演していた女優、藤さんは石原プロの作品で知られる俳優、江崎さんは江崎グリコ代表取締役社長、バックは007「私を愛したスパイ」のボンドガール、ベルガーはF1ドライバー。


135 :八月二十八日生まれの著名人:03/08/26 18:49
ヨハン・ゲーテ(1749)、レフ・トルストイ(1828)、カール・ベーム(1894)、イーデス・ハンソン(1939)、宮川花子(1955)、城戸真亜子(1961)、香西かおり(1963)
--------------------------------------------------------------------------------
ベームはオーストリアの指揮者、ハンソンはインド人のタレントでアムネスティ・インターナショナルの日本支部長です。宮川さんは大助・花子の花子。

136 :名無しさん@3周年 :03/08/26 19:02
火星の再接近との関係は?
イーデス・ハンソンってインド人だったの?

137 :名無しさん@3周年:03/08/27 10:03
お誕生日おめでとう 賢治さん

138 :名無しさん@3周年:03/08/27 11:44
宮沢賢治先生 生誕日記念 age

139 :名無しさん@3周年:03/08/27 19:46

      ,. --△-- 、
     /       ヽ
.     l         l
    __iコ ⌒  ⌒ ヒi__     < 宮沢賢治師匠、お誕生日おめでとうございまつ。
  i, ̄ j` "゚`,__,"゚` "i,  ̄,i
  l \`ーi、__ '=' ___,,i-" /l
   'y' `゙!、_>、.▽. ,<_ノ''" 'v'
 / o  ヽ`TーT"/   o \
(    //'''v'''\\    )
  ̄ ̄  ̄`''-'^'-''" ̄  ̄ ̄


140 :名無しさん@3周年:03/08/27 19:52

火星最接近の日に生誕記念日が重なるのも何かと「星」と縁が深い賢治さんらしい罠・・・

141 :名無しさん@3周年:03/08/28 15:50

      ,. --▲-- 、
     /       ヽ
.     l         l
    __■ ⌒  ⌒ ■__     < そうか?
  i, ̄ j` "゚`,__,"゚` "i,  ̄,i
  l \`ーi、__ '=' ___,,i-" /l
   'y' `゙!、_>、.▽. ,<_ノ''" 'v'
 / A  ヽ`TーT"/   A \
(    //'''v'''\\    )
  ̄ ̄  ̄`''-'^'-''" ̄  ̄ ̄


142 :名無しさん@3周年:03/08/28 15:54

      ,. --▲-- 、
     /       ヽ
.     l         l
    __言 ⌒  ⌒ 昌__     < 宮沢ケンジ教だな
  i, ̄ j` "゚`,__,"゚` "i,  ̄,i
  l \`ーi、__ '=' ___,,i-" /l
   'y' `゙!、_>、.▽. ,<_ノ''" 'v'
 / A  ヽ`TーT"/  A \
(    //'''v'''\\    )
  ̄ ̄  ̄`''-'^'-''" ̄  ̄ ̄


143 :名無しさん@3周年:03/08/28 16:12
>>141-142よ、おまいわサル真似狂信者か?・・・芸がナイな。(ププッ

144 :名無しさん@3周年:03/08/30 22:22

……などと、軽い煽りを楽しんでいたときのことだった。
そうとも、ここは2ちゃん。匿名で毒を吐くのも自由のはず。
しかしそのすぐ後に起こった出来事によって、
俺は自分の考えが甘かったことを思い知らされた。

「ん? 何だ?」

突然、何の操作もしていないのにスレッドが開いた。
タイトルは空白。
下を読んで行くと、ただひたすら意味の無い文字や記号の羅列が大量に並んでいる。
それも、延々とどこまでもだ。
ブラウザは勝手にリロードを繰り返し、物凄い勢いで不気味な新着レスが増えていく。
ウィルス? ブラクラ? だがこんな例は聞いたことも無い。

レスが700を越えた頃、俺の脳内で何かが警鐘を鳴らし始めた。
これはヤバイ。単なるPCやネットの異常などではない。もっと別の、何か……
次の瞬間、モニターを見た俺はそのまま凍りついた。
初めて、まともな文字の書き込みが現れたのだ。

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01


992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01


993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01


994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02



145 :名無しさん@3周年:03/08/30 22:22
背中と顔中から冷たい汗が吹き出した。
いけない。
このままこのスレを1000まで行かせては、恐ろしいことになる。
俺はそう直感していた。
しかし、読み込みは止まる気配は無い。

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
シ 

だめだ。
俺は思わず目をつぶった。


146 :名無しさん@3周年:03/08/30 22:23

…………。

ハードディスクがガリガリと音を立てた。俺はゆっくりと目を開け、モニターを見てみた。

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


1000 :山崎渉 :03/08/29 11:03
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援してくださいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

1001 名前:1001投稿日:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


147 :名無しさん@3周年:03/08/30 22:42
なんか・・ナイスタイミング、
山崎さんのマルチレスも、お役にたつ時があるとゆう発見をしました(失礼^^

148 :名無しさん@3周年:03/08/30 23:04
ぷげら(オオワラヒ

149 :名無しさん@3周年:03/08/31 16:35
隣の猫は家の庭に勝手に侵入する。この前の夜追い出してやったら暫くして
ノックの音が・・隣の猫だった。「先生これ、おみやです」なんて言いながら
一山のトマトを差し出した。「アーーーッそれ家の庭に生えていた奴じゃないか!
しかもまだ青い奴を引っこ抜いてきやがって!!」
俺は猫を追い出した。
翌日俺は憂鬱な気分で会社へと向かった、会社で俺はお荷物扱いなのだ。
それというのも俺のPCにでっかいセキュリティーホールが空いててしょっちゅう
「ゴーゴー」いいながらフリーズしてしまうのだ。
5時になり俺は思い足取りで家路についた。・・・今夜こそPCを治そう。
暫く作業しているうちに飽きてきた、どうやっても治らないのだ。
作業を投げ出して横になっていると一羽のカケスが窓から飛び込んできた。
「どうして途中で諦めてしまうんです?僕らの仲間はどんなに意気地の無い奴だって
喉から血を吐くまで残業するのに!」
仕方なく俺は作業を再開した、今夜は徹夜だな。


150 :名無しさん@3周年:03/08/31 16:36
徹夜で頑張っているうちに煙草が吸いたくなってきた。
でも手持ちは切れてる。
深夜だから自販機も全て販売中止だ。
ふと庭に目をやると隣の猫が葉巻を吹かしていた。
何本も何本も猫は葉巻を吸う。
俺は葉巻を吸いたくて涙がポロポロ出てきた

151 :セロ弾きのカザルス:03/08/31 16:37
おいらの故郷では鳥はピース!と鳴くのれす

152 :名無しさん@3周年:03/08/31 16:54
http://www.kokuchukai.or.jp/
国柱会のホームページ

153 :名無しさん@3周年:03/08/31 17:40
>>149-150・・・・・オチわ?

154 :名無しさん@3周年:03/08/31 18:16
709 :稲川淳三 ◆YtxbdwUkqw :03/08/30 19:41
今からする話は、ここ数日の内にあたしが体験した話なんですけどね。
月曜日の晩御飯が、カレーライスだったわけですよ。あたしもカレーは嫌いじゃ
ないんで、ついバクバク食べちゃう。んでもっておいしく食べて、その日は
ぐっすり寝たわけですよ。・・・ンで〜、翌日の火曜日の夕飯時、ふと台所に
立ち寄ると、カレーの匂いがするんですよ。「アァ、今日もカレーかぁ」と
思ってたら、案の定、カレーうどんだったわけですよ。まぁあたしもカレー好き
ですから、ペロリとカレーうどんを平らげちゃった。・・・ンで〜、また翌日の
水曜日の夕飯時の事ですよ。家に帰宅したあたしは、な〜んかイヤな予感がした
わけですよ。「うわ〜ヤダなァ〜、気持ち悪いなァ〜」と思った瞬間、突如
「台所にいっちゃいけない!いっちゃいけない!」という声が頭の中に響いて
きたんですよ。「うわ〜ヤバいなァ〜」と思いつつも、思いきって台所のドアを
開けたんですよ・・・尋常じゃない・・・尋常じゃないほどカレーの匂いがする
んですよ・・・案の定、その日もカレーでした。カツカレーだったんですけどね。
いくらカレー好きのあたしと言えども、3日連続カレーはちょっとキツい。
その夜は、まんじりとも出来ずにベッドの中に入りましたよ。・・・ンで〜
あたしいつの間にか寝ちゃってたんですねぇ。夜中の2時くらいでしたかねぇ。
「淳ちゃん・・・ねぇ淳ちゃん」と、部屋のドアの外でおかんの声がするんで
すよ。「うわ〜ヤダな気持ち悪いなァ〜」と思ってたんですが、
「イッ、イィィィィッ〜」とドアを軋ませながら、おかんが部屋に入ってきた
わけですよ。そして「ねぇ、淳ちゃん。カレー美味しかった?」と耳元で囁いて
くるんですよ。あたしは「うわ〜勘弁してくれナンマイダブナンマイダブ〜」と
一心不乱にお経を唱えてたんですが「ねぇ、淳ちゃん。カレー美味しかった?」
とこのセリフをくり返すんですよ。あたしはもう恐怖で堪らなくなって、
「帰ってくれ〜ナンマイダブナンマイダブ〜」と口の中でくり返してたんですよ。
そしたらおかんが、あたしの耳元にピタリと口を近づけて、こう囁いたんですよ。

「そんな事したって、明日もカレーだよ」


155 :名無しさん@3周年:03/08/31 18:44
>152
挨拶?でちゃっかり賢治の言葉を引用しているなあ。
まあ、しょうがないか。

156 :ピースピース:03/08/31 20:36
我が家のまわりの鳥たちもピースピースと鳴いていまする

157 :名無しさん@3周年:03/08/31 20:47
もう過ぎたけど・・
8月27日って孔子様(BC551)も誕生日なんですね、
ほんと精神的指導者が多いですよね

158 :名無しさん@3周年:03/08/31 23:14
>>131
>夜だかの星はいまも赤く燃えているのだろう

赤いのは蠍の目玉です。夜だかは青い光です。

>それからしばらくたってよだかははっきりまなこをひらきました。
>そして自分のからだがいま燐の火のような『青い』美しい光になって、
>しずかに燃えているのを見ました。


159 :名無しさん@3周年:03/09/01 00:42
そうですね、訂正
夜だかの星はいまも青く燃えているのだろう

160 :&lro;:03/09/02 01:59
 

161 :名無しさん@3周年:03/09/03 22:58
 燃えているよ。
 今見えてるよ。
 曇りでも。いつでも。

162 :名無しさん@3周年:03/09/04 01:24

「君にも見える、ウルトラの星。」

163 :名無しさん@3周年:03/09/04 09:35
どっどど どどうど どどうど どどう、
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

164 :名無しさん@3周年:03/09/05 01:36
 _____________________
 |                              |
 | 今 ・  こ  ・  .基 俺 そ そ 聞 小 .     |
 | 頃 ・  の  ・  本 が の し  く  学 .      |
 | 俺 ・  言  ・  的 思 結 て と  校.       |
 | を 過 葉 い に  う 果 最 こ  の    テ  |
 | 笑 去 .に え は .に 得 期 ろ  性    ィ . |
 | っ に 騙  い .譲  、 た に に  教   ッ  |
 | て 戦 さ  え り  精 人 勝 よ  育 . .  シ . |
 | い っ れ .お 合 子 生 ち る  で. . . .ュ |
 | る た 続 先 い 達 が 残  と  、      .|
 | の 精 け に   .は  、 っ 莫 自 .   . |
 | か 子 た ど    戦 こ  た 大 分  .     |
 |    た の う    っ の の な  が      |
 |    ち が ぞ    て 有 が  数 昔      |
 |      俺 !    い  り 俺  の  、      |
 |      だ      な  様 様 精 精 .      |
 |      と      .い    だ 子 子.  .   |
 |      思      の    と  と だ  .     |
 |      う       で    い 戦 っ.  .   .|
 |      方      は    う  っ た.       |
 |      が      な    事 た 事 .    .|
 |      自      い    だ ら  を      |
 |      然      か       し. 知       |
 |      だ              い .っ       |
 |                      . た       |
 |                              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  


165 :名無しさん@3周年:03/09/05 09:09
明るい思考は明るい方向へ向かい
悲観的な思考は悲観的な方向へ向かうよ

風や雲からエネルギーもらお


166 :名無しさん@3周年:03/09/06 02:02
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l| <おーいおーい 乗せておくれよ風船おじさん
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::     >>1      {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /


167 :名無しさん@3周年:03/09/06 17:00
        \    \

 \
         \          ,,、
                ./^l、.,r''^゙.i′
                l゙:r i:i′ .|
             :i^¨''iノー-i (_.vv,、
             i.、/:::::::::::::::::゙彳_ >
            _,ノ i::::::::::::::::::::.('`,.ヽ
            ( 、:|:::::.i;i;i:::::::::::i:.'^゙'<     夏が過ぎたら 復活できるさ
            '' ::.!:::::.ii;i.|::::::::::.i‐ ,フ''
           .< :::i::::::.ii;i;|:::::::::.,「=(
            `ー::|,.:::::i;i;::::::::::/.\^':、
             ./゙,r|:::::::::::::::::,i゙.'!'=;^′
            .) ,/ソ,:::::::::::,l'_ .).:r
             ゙'レ'´i''!゙ー/'(゙゙ | .|
                | ._,i'!(冫.;i .|
                   .. |. |
                     .! .i   ._,,,‐''^^'''''>
           、....,,,,..,,_      ! .;! .,/'゙`,_   .,ノ
           \  .⌒\  │ .|!.,,iミ/ ._,,,./′
             i  '^'''‐、..゙'hノ| .|厂 . ̄′
            .ヽ_    ゙メリ| .|
                ̄ ̄   |. |


168 :名無しさん@3周年:03/09/06 23:23
さっきのドラマ、良かったよなぁ・・・精霊流し。

169 :名無しさん@3周年:03/09/06 23:53
旅行に行ったときのホテルでの経験
夜中に目が覚めてなんかの気配がするから部屋を見渡すと、
入り口のドアがある通路(?)のほうになんか人が立ってる
とりあえず金縛りとかはなくて、手足なんかも自由に動く
とりあえず恐怖とかは感じないので、体を起こして幽霊を観察してみることにする
視力低いので顔はよく見えないがどうやら女の人のようだ、こっちをじっと見つめている(俺モナー)
しばらく見ていると幽霊がこっちに歩いてきた、ベッドのすぐ横で止まってまたこっちを見つめてくる
再び観察してみると血を流してたり、傷があったりはないようだ、服装は普通の今風の服だ
顔を観察してみる、髪はゼミロングで寝起きみたに寝癖というかボサボサした感じだ
幽霊だからだろうが顔色が蒼白だ、幼いっぽい顔だ、中学生か高校生だろうか
顔から目を離して再び体のほうを見てみる、痩せ型のようだ、胸は小さい
幽霊全体を眺めてみる、幼い顔、痩せ型、胸は控えめ…好みだ
顔に方に目を戻すとやっぱりこっちをじっと見ている、目が合う
ちょっといけない妄想をしまう、顔がニヤけてしまった
幽霊の肩がちょっとビクっとなった
そのまま消えてしまった

幽霊は心が読めるのか?


170 :名無しさん@3周年:03/09/07 04:17
          \                /  
           \             /
             \          /
              \ ∧∧∧∧/
               <    俺 >
               < 予 し  >
               <    か  >
 ─────────< .感 い  >──────────
               <    な  >
               < !!!! い  >
               /∨∨∨∨\
              /         \
            /            \
           /     (-_-)       \
         /       (∩∩)        \


171 :名無しさん@3周年:03/09/07 16:03
http://www2s.biglobe.ne.jp/~SHUJI/kenji/kenhome.htm

172 :生徒諸君に寄せる:03/09/07 16:06
       この四ケ年が
       わたくしにどんなに楽しかったか
       わたくしは毎日を
       鳥のやうに教室でうたってくらした
       誓って云ふが
       わたくしはこの仕事で
       疲れをおぼえたことはない
  諸君よ紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
  諸君はその中に没することを欲するか
  じつに諸君はその地平に於る
  あらゆる形の山嶽でなければならぬ
  諸君はこの颯爽たる
  諸君の未来圏から吹いて来る
  透明な清潔な風を感じないのか


173 :生徒諸君に寄せる:03/09/07 16:08
  それは一つの送られた光線であり
  決せられた南の風である
  諸君はその時代に強ひられ率ゐられて
  奴隷のやうに忍従することを欲するか
  むしろ諸君よ更にあらたな正しい時代をつくれ
  宙宇は絶えずわれらに依って変化する
  潮汐や風
  あらゆる自然の値からを用ひ尽くすことから一足進んで  
  諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ
 
  新らしい時代のコペルニクスよ
  余りに重苦しい重力の法則から
  この銀河系統を解き放て
  新たな時代のマルクスよ
  これらの盲目な衝動から動く世界を
  素晴しく美しい構成に変へよ 


174 :生徒諸君に寄せる:03/09/07 16:09
  新らしい時代のダーウヰンよ
  更に東洋風静観のキャレンヂャーに載って
  銀河系空間の外にも至って
  更にも透明に深くて正しい地史と
  増訂された生物学をわれらに示せ
  衝動のようにさへ行なわれる
  すべての農業労働を
  冷たく透明な解析によって
  その藍色の影をいっしょに
  舞踏の範囲に高めよ 

  新たな詩人よ
  雲から光から嵐から
  新たな透明なエネルギーを得て
  人と地球にとるべき形を暗示せよ 


175 :名無しさん@3周年:03/09/08 00:52
>諸君はこの颯爽たる
  >諸君の未来圏から吹いて来る
  >透明な清潔な風を感じないのか

友よ、答えは風に吹かれている

176 :名無しさん@3周年:03/09/08 00:57
答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方
涙はそこからやってくる 心のずっと奥の方

情熱の真っ赤な薔薇を 胸に咲かせよう

花瓶に水をあげましょう 心のずっと奥の方

177 :みうらじゅん:03/09/08 01:02
阿修羅像あげ

178 :フール・オン・ザ・ヒル:03/09/08 02:07
あんなバカは好きなようにさせておけと
みんながあいつを爪はじき
そして 男も他人に心を開こうとしない
丘の上のデクノボーは沈む夕陽を眺めながら
大きく開いた心の眼で回る地球を見つめている

179 :ヘイ・ジュード:03/09/08 02:24
虔十 そんなにくよくよするなよ
悲しい歌でも やり方次第でゴキゲンだぜ
虔十 よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもうようになるそのとき
おまえに無数の影と光の像があらわれる

さぁ、心を開いて素直に受け止めるんだ
虔十
今すぐ行動を起こすんだ
おまえはそれを音にするのだ
もしも楽器がなかったら
いいか おまえはおれの弟子なのだ ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいい

180 :ささきいさお:03/09/08 02:29
汽車は闇をぬけて 光の海へ
夢が散らばる 無限の宇宙さ
星の掛け橋 渡って行こう

人は誰でも 幸せ探す旅人のようなもの
希望の星に巡り会うまで歩き続けるだろう
きっといつかは 君も出会うさ
青いほとりに

181 :名無しさん@3周年:03/09/08 03:05
南ニ死ニソウナ人アレバ
So,you don't have to worry,worry,
守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから
'Cause I love you,'Cause I love you
トイイ
北ニ虐殺ヤ戦争ガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイイ
大地ノ嘆キニハ涙ヲナガシ
核実験ノ島々デハオロオロアルキ
ミンナニ デクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ

182 :名無しさん@3周年:03/09/08 03:46
青いほとり?青い小鳥だろ。

183 :名無しさん@3周年:03/09/08 03:58
沈黙の果実は祈り

祈りの果実は信仰

 信仰の果実は愛

愛の果実は奉仕

奉仕の果実は、平和である。

マザー・テレサ


184 :名無しさん@3周年:03/09/08 12:53
むかし達谷の悪路王
まっくらくらの二里の洞
わたるは夢と黒夜神
首は刻まれ漬けられ

185 :名無しさん@3周年:03/09/08 22:53
 オー ヅウ   アイリーガー ゲゼルレ 
(おおおまえ せわしいみちづれよ
 アイレドツホ ニヒト フォン デヤ ステルレ
 どうかここから急いで去らないでくれ)

186 :産業組合青年会:03/09/08 23:02
祀られざるも神には神の身土があると
あざけるようなうつろな声で
そう云ったのはいったい誰だ 席をわたったそれは誰だ

187 :名無しさん@3周年:03/09/08 23:05
夜の湿気と風がさびしくいりまじり
松ややなぎの林はくろく
そらには暗い業の花びらがいっぱいで
わたくしは神々の名を録したことから
はげしく寒くふるえている

188 :名無しさん@3周年:03/09/08 23:20
   もう決定した そっちへ行くな
   これらはみんなただしくない
   いま疲れてかたちを更えたおまえの信仰から
   発散して酸えたひかりの澱だ
  ちいさな自分をかぎることのできない
 この不可思議な大きな心象宙宇のなかで
もしも正しいねがいに燃えて
じぶんとひとと万象といっしょに
至上福祉にいたろうとする
それをある宗教情操とするならば
そのねがいから砕けまたは疲れ
自分とそれからたったもひとつのたましいと
完全そして永久にどこまでもいっしょに行こうとする

189 :名無しさん@3周年:03/09/09 11:36
オレの友人が、川原で人骨を見つけたから、供養してあげたんだって。
そしたら、その夜、部屋のドアを叩く音がしたんで、開けたら、そこに
年のころ16、7歳の美少女が立ってたと。
で、彼女が言うには「お兄ちゃん、あたしの骨を供養してくれてありがとう。
とても、苦しかったの。お兄ちゃんのおかげで楽になれたわ」って、お礼を言って、
部屋に入ってきたんだとさ。それで、彼女は「何もお返しできないけど」って、
友人のズボンを下ろして……。

その話聞いて、オレも川原に行ったら、人骨が落ちてるじゃない。
ちょっと、大きかったけど、年増でもいいやと思って、供養したのよ。
そしたら、その夜、ノックの音がして、開けてみるとそこに立っているのは筋肉隆々
の男。で、そいつが言うには、「おまえか?オレの骨を供養したのは?」
オレは、必死で首を横に振ったけど、そいつは、オレの部屋に入ってきて、「何も
お返しできないけどな」といって、オレのズボンを下ろして……。


兄貴は、今もいます。


190 :名無しさん@3周年:03/09/09 13:58
/                                 \
|   アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ・・・・  |
\                                 /
   ̄V ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄
  ∧ ∧            ∧_∧        ∧,,∧
  (,,゚∀゚)       '' ̄ヽ  (  ゚∀゚ )       ミ゚∀゚ ミ
  ./  | ( ゚∀゚ ) .| ゚∀゚ .|  /つ⌒l'~O  ∧_∧  ミ  ミ
 (___ノ (∩ ∩) └ ー ┘ (l、__(_)___)( ゚∀゚  )  ミ,,,,,,,,,ミ
/                       ~~~~~~~      \


191 :名無しさん@3周年:03/09/10 23:52
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                        |
        ドコドコ   < オイラーガオッコッレッバッアッラッシッヲッヨッブゼ >
   ☆      ドムドム |_ _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!


192 :名無しさん@3周年:03/09/12 23:29

「生徒諸君に寄せる」
新しい変革の強い風が吹いてきそうでイイね!

諸君 この颯爽たる われらの未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じようではないかっ!

193 :和風は河谷いっぱいに吹く:03/09/15 19:26
とうとう稲は起きた
まったくのいきもの
まったくの精巧な機械
稲がそろって起きている

194 :あすこの田はねえ:03/09/15 19:31
しっかりやるんだよ
これからの本当の勉強はねえ
テニスをしながら商売の先生から
義理で教わることでないんだ
きみのようにさ
吹雪やわずかの仕事のひまで泣きながら
からだに刻んで行く勉強が
まもなくぐんぐん強い芽を噴いて
どこまでのびるかわからない
それがこれからのあたらしい学問のはじまりなんだ
ではさようなら

195 :あすこの田はねえ:03/09/15 19:36
  ・・・・・雲からも風からも
       透明な力が
       そのこどもに
       うつれ・・・・・

196 :SF板より:03/09/15 21:40
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1021911668/l50
宮沢賢治はどうよ?

1 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/05/21 01:21
日本人で賢治童話を超えるファンタジーを書ける人は
そうそういないのではないでしょうか。
手塚治虫や宮崎駿にも賢治は相当な影響を与えたようだし。
SF的に作品を解釈してみたらかなり面白いと思います。


197 :照井謹二郎@賢治の教え子:03/09/17 00:32
 宮沢先生が散歩をするときよくお伴をしました。ほとんど日曜日でしたが、
前もって「一緒に行こう」と誘われるのです。
 花巻周辺の草むらや農道、北上川の川べりなど、先生とずいぶん一緒に歩きました。
朝から晩まで歩くのですが、それなのに先生は私と話をしたことがないんです。私は
宮沢先生の犬と同じですね(笑)。
 そうやって歩いていると、時々、先生は声をあげて飛び上がる。
「ほっほぉー。ほっほぉー」

198 :照井謹二郎@賢治の教え子:03/09/17 00:36
 イャ、もう、最初はびいっくりしましたよ。これは感情が昂ぶってきて、
すっかり自然の雰囲気に酔ってしまうからだと思います。気持ちよくなって
ばんばん飛び上がる。
「ほっほぉー。ほっほぉー」
 それが一回や二回じゃないんです。

199 :照井謹二郎@賢治の教え子:03/09/17 00:39
村の大人たちは先生のことを「変人」だと思ったかもしれませんが、
生徒からすると宮沢先生はほんとうに親しみがわいてくる先生でした。
なにせ先生はそんな大人たちの持っている既成観念なんか、ゼーンゼン、
関係ねぇんだから。

200 :マイケル・ジャクソン:03/09/17 00:42
ポー!
僕は永遠の少年ピーターパンなーのだ。
賢治もそうなのだなぁ。
ポー!

201 :名無しさん@3周年:03/09/17 04:31
>>197-199
名前欄に本人と間違えるようなコト書くなや、マギラワシイ・・・。

202 :名無しさん@3周年:03/09/18 12:36
28 名前:七草みけ ◆michelB8jU :03/09/17 06:48
この宇宙は『注文の多い料理店』(宮沢賢治・著)の山猫軒です。
この宇宙の主は山猫です。三貴子は三毛猫です。白・黒・赤の三色です。
これは言霊ウ・言霊オ・言霊エの色でもあります。
御饌猫とも書きます。御饌つ神は保食神や豊受姫神とも言われます。
山猫にうまいことお膳立てされて気がついたら自分が御食事になっていたというオチ。
でも肉体はもともと神の器です。自分のものではありません。
神にお借りしているものを神にお返しするだけです。
山猫はヤマトの猫、それともマヤの猫?闇の猫?黄泉の猫?
そして夢の猫。


203 :名無しさん@3周年:03/09/19 19:22
米大統領候補デニス・クシニッチ下院議員の演説より(訳・森田玄)

私が描くアメリカとは、単独行動主義ではなく世界調和を求める国であります。
 最初に攻撃するのではなく、最初に手を差し伸べる国。 世界のひとびとの重荷を軽くするために努力する国。
 援助を乞われたら、爆弾ではなくパンを、ミサイルではなく医療援助を、 核物質ではなく食料を分配するのがアメリカなのです。
アメリカには世界での役割があります。
 それは、世界の国々と協力して、世界各国の平和を達成することです。
 それは、核不拡散条約の約束をもとに戻し、率先して核兵器全廃に向うことです。 国際秩序を確保する手助けをすること、
 国際条約を補強し、順守すること、 生物化学兵器と地雷の管理をし、最終的には撤廃を保証すること、
 炭素排出削減のため世界各国と協力して、地球の気候を保全することです。
アメリカは世界を守る助けをできます。
 世界を救う助けができます。 しかし、世界を管理することはできないし、私たちもそれを望むべきではありません。
アメリカがとるべき道は、繁栄を導くような平和です。
 それは経済システムが健全で、基本的な生活環境や人間の価値を保障するような平和構造を理解することです。
みなさん、これはあなたの政府です。
 その将来をどのように描くのか、あなた方には発言する権利があります。 その権利は私たちの独立宣言から導かれています。
 それは、自己統治を基本的な権利としました。政府はワシントンDCだけで生まれるのではありません。
 それは、何千という市、町、村で起きるプロセスの結果です。それはまた、私たちの心に起きる
 プロセスでもあり、それが国土への愛や、お互いの愛によって生まれるのです。
 私がこれらの希望や夢を遂行できるのは、みなさんの愛からです。
 私は勇気を持ってそれを将来に向けてやっていくつもりです。
               ありがとうございました。              
          Prayer For America,  Dennis Kucinich          
       (この演説の全文は、www.peace2001.org にてご覧になれます。)      

204 :名無しさん@3周年:03/09/21 21:27
昭和八年(1933) 三十七歳

九月十九日夜、花巻町鳥谷ヶ崎神社祭礼の神輿還御を門前で拝む。
  二十日、容体急変し、急性肺炎と診断される。夜、農民が肥料の相談に来訪、
  およそ一時間、玄関の板の間に正座して相談に応じる。
  二十一日、午前十一時半、「南無妙法蓮華経」とたからかに唱題する声を
  家人が聞き、病床にかけつけると、喀血して顔面はすでに青白い。
  国訳妙法蓮華経一千部の刊行、知己に頒布することを遺言、午後一時三十分、永眠。
(ニ十三日、花巻町浄土宗大谷派安浄寺で葬儀、埋葬。後に花巻市日蓮宗身照寺に改葬)

205 :名無しさん@3周年:03/09/21 21:32
近々、岩手山が噴火するらしい。

206 :岩手山:03/09/21 22:30
そらの散乱反射のなかに
古ぼけて黒くえぐるもの
ひかりの微塵系列の底に
きたなくしろく澱むもの

207 :何と云われても:03/09/21 22:36
何と云われても
わたくしはひかる水玉
つめたい雫
すきとおった雨つぶを
枝いっぱいにみてた
若い山ぐみの木なのである

208 :サキノハカという黒い花といっしょに:03/09/21 22:44
サキノハカという黒い花といっしょに
革命がやがてやってくる
ブルジョワジーでもプロレタリアートでも
おおよそ卑怯な下等なやつらは
みんなひとりで日向へ出た茸のように
潰れて流れるその日が来る
やってしまえやってしまえ
酒を呑みたいために尤もらしい波瀾を起こすやつも
じぶんだけで面白いことをしつくして
人生が砂っ原だなんていうにせ教師も
いつでもきょろきょろひとと自分とくらべるやつらも

209 :サキノハカという黒い花といっしょに:03/09/21 22:49
そいつらみんなをびしゃびしゃに叩きつけて
その中から卑怯な鬼どもを追い払え
それらをみんな魚や豚につかせてしまえ
はがねを鍛えるように新らしい時代は新らしい人間を鍛える
紺いろした山地の稜をも砕け
銀河をつかって発電所もつくれ

210 :名無しさん@3周年:03/09/25 22:43
銀河発電所

211 :名無しさん@3周年:03/09/29 12:53
age

212 :名無しさん@3周年:03/09/29 20:44

わたくしどもは
ちょうど一年いっしょに暮らしました
その女はやさしく蒼白く
その眼はいつでも何かわたくしのわからない夢を見てゐるやうでした
いっしょになったその夏のある朝
わたくしは町はづれの橋で
村の娘が持って来た花があまりに美しかったので
二十銭だけ買って帰りましたら
妻は空いてゐた金魚の壺にさして
店へ並べて居りました
夕方帰って来ましたら
妻はわたくしの顔を見てふしぎな笑ひやうをしました
見ると食卓にはいろいろな果物や
白い洋皿などまで並べてありますので
どうしたのかとたづねましたら
あの花は今日のひるの間にちゃうど二円に売れたというのです

その青い夜の風や星
すだれや魂を送る火や

そしてその冬
妻は何の苦しみといふのでもなく
萎れるやうに崩れるやうに一日病んで亡くなりました

213 :名無しさん@3周年:03/10/01 15:08

>>188の続き

この変態を恋愛といふ
そしてどこまでもその方向では
決して求め得られないその恋愛の本質的な部分を
むりにもごまかし求め得ようとする
この傾向を性欲といふ

すべてこれら漸移のなかのさまざまな過程に従って
さまざまな眼に見えまた見えない生物の種類がある
この命題は可逆的にもまた正しく
わたくしにはあんまり恐ろしいことだ
けれどもいくら恐ろしいといつても
それがほんとうならしかたない
。。。


214 :名無しさん@3周年:03/10/01 15:11

「変態」と微けく笑ふ秋 
白き陽だまりの底に刻印されし修羅の慄き
我らの見果てぬ群青色の幻燈会 
インドラの網に透けて翳るは森羅万象

215 :名無しさん@3周年:03/10/01 22:47
小岩井農場にある某レジャーランドは
賢治の世界からは、かなり離れている感じがしました。

216 :名無しさん@3周年:03/10/02 15:16

既出だったらごめんなさい。

『宮沢賢治・異界を見た人』という評論は、数ある中でも異色を放つものでした。
幻視者・神秘主義者としての彼の側面をクローズアップしたものですが、かの透明
感溢れる作品世界の辺で、自分というものがバラバラになって崩壊してしまわない
よう、我一人凄惨な戦いをしていたのを告げる、親友保坂氏へ宛てた書簡の内容は、
随分と驚くものでした。

胸中にぬぐいがたくある、侘しさやもの悲しさ、「人外」の自覚から来る自嘲など
を表白する文面を読み、その時はじめてかくも「修羅」と自らをなぞらえたか、
少し理解できたような感慨がありました。

この穏やかな秀才タイプの保坂氏が、カムパネルラのイメージの一翼を担っている
とのお話しも、なんだか素直に納得できるような気がいたしました。


217 :名無しさん@3周年:03/10/05 05:36
>215 詳細キボンです。賢治の名前を冠した所かな。

>216 その評論は知りませんが、賢治の書簡集は面白いですね。
保坂氏へ、信仰を共にしようと迫るものなど、迫力があります。
保坂氏も、当時としては過激な文章を書いたり退学させられたり、
激しい一面もあったでしょうが、やはり受け止め切れなかったのかも。

赤い腕木を組んだ柱? でしたっけ? 
それを見た直後、カムパネルラが消えるんですが、
その2本の柱、禁忌を思わせる赤い色から、保坂氏との決別を暗示する
…という論文を見たことがあります。

218 :名無しさん@3周年:03/10/08 00:25
愛知県で昨年の12月、開発、研究、実験を中止にまで追い込んだ遺伝子組替え
GMイネの問題をご記憶の方も多いことでしょう。この時の終結テンマツ情報は、
【遺伝子組換え情報室】のサイトをお読みください。
http://www2.odn.ne.jp/~cdu37690/aitikengagminekaihatutyusi.htm

が、さてさて、それで終わったかのように思っていたのですが、この10月16
日に札幌で希望者を募って、遺伝子組替えGMイネの稲刈りが行われるようです。


219 :名無しさん@3周年:03/10/08 00:27
以下はNAROサイトから:組換えイネの刈取りを10月16日14時から行う
予定です。見学を希望される方は011-857-9416(企画調整係:山口)
へお申込のうえ、当日13時45分までに当所札幌の玄関前にお集まり下さい。
独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構(通称:NARO・つくば)
http://www.naro.affrc.go.jp/

遺伝子組替えで、世界最大手と言われる米国のモンサント社。
GMイネの開発と研究は農林水産省がモンサント社からの提案を受けて始まりま
した。モンサント社の事をまだご存じでない方は、googleで検索してみください。
今までに数多くの問題を起こしています。<http://www.google.co.jp/>

日本の生協団体、消費者団体などがこの稲刈りに合わせて、遺伝子組替え『コメ』
の研究、開発中止を求める署名活動を始めています。このブーメランを読んだ方
で、私も同じ考えだと思う方は、下のアドレスからあなた自身の思いをこめて、
メールをお送り下さい。

また、遺伝子組替えの情報は下のサイトからもよりグローバルに見る事ができま
す。<http://www.egroups.co.jp/group/gm-agro>

コメは、私たちの主食です。まずは知ることから始めて行きましょう。


220 :名無しさん@3周年:03/10/08 00:29
●農林水産省ウェブサイト:(現在BSE対策で奔走中)
http://www.maff.go.jp/
●農林水産大臣 亀井善之氏(自民党)個人のウェブサイト(意見箱)
http://www.y-kamei.com/opinion/opinion.html
●独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構(NARO・つくば):
http://www.naro.affrc.go.jp/
●北海道農業研究センター(所長:桑原真人氏):ここで稲刈りが行われます。
http://cryo.naro.affrc.go.jp/
●北海道知事 高橋はるみ(ようこそ知事室へ)
http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-thsho/
●(財)岩手生物工学研究センター(所長:日向康吉氏):ここでも野外実験中
http://www.ibrc.or.jp/
●岩手県知事 増田寛也(県知事のページ)
http://www.pref.iwate.jp/~hp0101/

221 :名無しさん@3周年:03/10/08 00:52


宮沢賢治って宗教だったのか?





222 :名無しさん@3周年:03/10/08 01:16
賢治は遺していく原稿について、母には
「この童話はありがたいほとけさんの教えを書いた」と言い、
清六には「みんなお前にやるから、小さい本屋からでも
出したいところがあったら発表してもよい」
そして父には「みんな迷いの跡だから、どうなってもかまわない」
と伝えています。
 さかんに「賢治精神」という言葉がいわれたとき、
「法華経を生き抜いただけです」と言った父は、
賢治の一番の理解者だったのでしょう。

223 :名無しさん@3周年:03/10/08 09:19
宮沢賢治を宗教(法華経やキリスト教など)や文学などで
くくってしまうと,
小さく自分の中でまとめてしまうか,わからなくなってしまうと思うよ。
それもまったくもったいない話しだ。

224 :名無しさん@3周年 :03/10/08 17:19
リラ自然音楽がなぜ

225 :名無しさん@3周年:03/10/08 17:57
ぱーらんくーぱーらんくーいまなりひびけー
ぱーらんくーぱーらんくーいまなりひびけー

226 :名無しさん@3周年:03/10/11 12:09
ぶーれいぶーれいざーざーどざーざーど
ぶーれいぶーれいざーざーどざーざーど

227 :和風は河谷いっぱいに吹く:03/10/12 11:19
たうたう稲は起きた
まったくのいきもの
まったくの精巧な機械
稲がそろって起きてゐる
雨のあひだまってゐた穎は
いま小さな白い花をひらめかし
しづかな飴いろの日だまりの上を
赤いとんぼもすうすう飛ぶ


228 :和風は河谷いっぱいに吹く:03/10/12 11:20
あゝ
南からまた西南から
和風は河谷いっぱいに吹いて
汗にまみれたシャツも乾けば
熱した額やまぶたも冷える
あらゆる辛苦の結果から
七月稲はよく分けつし
豊かな秋を示してゐたが
この八月のなかばのうちに
十二の赤い朝焼けと
湿度九〇の六日を数へ
茎稈弱く徒長して
穂も出し花もつけながら、
ついに昨日のはげしい雨に
次から次と倒れてしまひ
うへには雨のしぶきのなかに
とむらふやうなつめたい霧が
倒れた稲を被ってゐた


229 :和風は河谷いっぱいに吹く:03/10/12 11:21
あゝ自然はあんまり意外で
そしてあんまり正直だ
百に一つもなからうと思った
あんな恐ろしい開花期の雨は
もうまっかうからやって来て
力を入れたほどのものを
みんなばたばた倒してしまった
その代わりには
十に一つも起きれまいと思ってゐたものが
わづかな苗のつくり方のちがひや
燐酸のやり方のために
今日はそろってみな起きてゐる
森で埋めた地平線から
青くかゞやく死火山列から
風はいちめん稲田をわたり
また栗の葉をかゞやかし
いまさわやかな蒸散と
透明な汁液〔サップ〕の移転
あゝわれわれは曠野のなかに
芦とも見えるまで逞ましくさやぐ稲田のなかに
素朴なむかしの神々のやうに
べんぶしてもべんぶしても足りない


230 :名無しさん@3周年:03/10/13 07:55
>「和風は河谷いっぱいに吹く」

べんぶしてもべんぶしても足りない

稲への愛がとても伝わってきますねー
ほんとにお米のひと粒が輝いてみえる

231 :名無しさん@3周年:03/10/15 00:37
明け風涼しく 稲波渡り 幾世の大地に遥々と
蓮は咲く 石動無く
蓮は咲く 石動無く

232 :青森挽歌:03/10/15 00:42
わたくしがその耳もとで
遠いところから声をとってきて
そらや愛やりんごや風 すべての勢力のたのしい根源
万象同帰のそのいみじい生物の名を
ちからいっぱいちからいっぱい叫んだとき
あいつは二へんうなずくように息をした

233 :ビューティフル・ネネム:03/10/15 00:51
今日も子どもたちは、小さな手をひろげて
光と、そよ風と、友だちを呼んでいる

だれかがどこかで答えてる
その子の名前を叫ぶ
名前、それは燃える生命
ひとつの地球にひとりずつひとつ
Every child has a beautiful name
A beautiful name a beautiful name
呼びかけよう名前を、すばらしい名前を

234 :フジ子・ヘミング:03/10/17 18:55
奇跡のカムパネルラ

235 :ラ・カンパニージャ(ほたるぶくろ):03/10/17 19:18
作詞:レオン・ベルナロス 歌:ホセ・クーラ

―ほたるぶくろ、教えてよ
 どこへ行くの、青く優しく
―汽車の駅まで
―ほたるぶくろ、教えてよ
 どこへ行くの、その道を通って
―信号手と話をしに
鉄条網の上で
ほたるぶくろは幸せ
そして地上に
色絨毯を敷く
―ほたるぶくろ、教えてよ
 どこへ行くの、日が暮れるのに
―青みがかった額をもたせ掛けに
―ほたるぶくろ、教えてよ
 どこへ行くの、少し震えて
―花の夢見て眠ります
 花の夢見て眠ります

236 :アネーロ〜切望:03/10/17 19:24
作詞:ドミンゴ・セルバ 歌:ホセ・クーラ

私の人生を
村の灯火にしたい
村の農夫か
学校の先生になりたい

もし農夫なら、
星が私の菜園を照らすように
もし先生なら、浅黒いいくつかの顔に
微笑みがあるように

私の菜園は谷間にあるように
私の学校は谷間にあるように
たとえ山の上の我が家には
屋根も扉もなくても

私の人生を
村の灯火にしたい
昼には何も照らさず
夜には星になる

237 :二度童子(わらし)になって:03/10/17 19:48

 老いて
 二度童子になった
 どろ亀さん
 科学者の目を落して
 森の中へ

 見える 見える
 よく見えてくる
 今まで気がつかなかった
 森の中の小さな
 美しいデザインも・・・・・

 動かずに
 黙ってすわっている、と
 生きものたちが
 心を開けてやってくる
 仲間にならんか、と

 すぐそばに
 小さなザゼンソウ
 仏さまが
 おられるような
 気がする

 生と死の哲学を
 乞うても
 何も答えて
 くれないのだが・・・・・

『詩集 どろ亀さん』 1988年 緑の文明社


238 :&lro;:03/10/24 23:09
 

239 :名無しさん@3周年:03/10/29 00:26
★=======================================================★



     
G
R
A
C
E
L O V E & P E A C E
H
O
P
E
F
A
I
T
H

南十字星に辿りつくジョバンニとカムパネルラ

240 :名無しさん@3周年:03/11/01 19:18
age

241 :名無しさん@3周年:03/11/01 20:44
age

242 ::03/11/06 00:44

永遠の帰り道のように
時のことを話しながら歩いていたが
たくさんの蝋燭が一度にともされたゆくての大宇宙へ
婚礼の影を曳くように呑まれていった

いつかぼくと持国天を見た子はどうしたろう
狛犬の背に跨って笑った夏の少年は
どちらもひんやりした素あしのうちがわが
ぼくのおなじところに石刻のような悲しさをのこした

男が発明したすべての言葉のすてられた森よ
そして遠いぼくから数億番目のおまえも
昆虫箱はからだ

照りつける深い時間 とおい石のにおい
そこはたまに日中の少年のにおいになる
風を切ったあとの素あしのすべすべしたにおいに。


243 :&lro;:03/11/15 04:04
 

244 :名無しさん@3周年:03/11/16 05:54
和名: カンパニュラ(キキョウ科)
別名:ツリガネソウ,ベルフラワー,フウリンソウ
学名: Campanula medium

花言葉 = 感謝・誠実・思いを告げる・後悔・・・・・



245 :ねこ:03/11/25 00:20
死ぬまで童貞だったんだろうか?

246 :ねこ:03/11/25 00:26
夢枕獏のケンジが主人公の小説 どう思う?なんかせつなかった

247 :名無しさん@3周年:03/11/25 22:46
なんか切ないスレだな

248 :neko:03/11/26 00:40
?

249 :neko:03/11/26 00:50
arega sasori no
hi yo

250 :名無しさん@3周年:03/11/28 21:51
☆ 風の道 ☆ ディアマンテス(作詞:平田大一 作曲:アルベルト城間)

風はいつも海の向こう 南から吹いてくる 
どこで生まれて どこへ行くのか
だれも 知らないけど・・・

君の小さなその息吹が その小さな深呼吸が 
いつかどこかの風になる 平和の風になる

どんなに遠く離れていても どんなに近くにいても 
夜を越えて
風の道をわたる 鳥よ 星たちよ
今 歩き続けるこの道を 風を感じて・・・

君の流したその涙を この胸に抱きしめて
夜空に飾る 星にして 平和を誓いたい・・・

どんなに遠く離れていても どんなに近くにいても
時代を越えて・・・

夢をあきらめるな 希望をなげすてるな・・・と
言いつづけたあの人に 思いをとどけ・・・

風の道をわたる 鳥よ 星たちよ 
今 歩き続けるこの道を 風を感じて・・・

種をまく子らよ 鐘をうつ子らよ 
風の道をわたる 鳥よ 星たちよ
今 歩き続けるこの道を
風を感じて・・・ 風を感じて・・・


251 :名無しさん@3周年:03/11/28 22:02
カンパネルラ 銀河鉄道の夜ですか?

252 :名無しさん@3周年:03/12/01 00:40
http://www.gaiawave.com/science/lifeisartspace/lifeis01.html

253 :名無しさん@3周年:03/12/01 00:55
http://www.bekkoame.ne.jp/~kakurai/kenji/kenji.htm

254 :????:03/12/03 22:40
死ぬまで童貞で後悔した?

255 :????:03/12/05 22:43
?

256 :名無しさん@3周年:03/12/06 03:34
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  . 
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。. 
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。      , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .  
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .  
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚   
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。   
 , .        .           ,       .     .   

     。          ∧∧   ∧∧       。       
                ( :;;;;;:::)  ( :;;;;: )      で、何の話だっけ、、、
.   .            /:;;;;;: |    | :;;;:ヽ   
              〜(::;;;;;;:/.    |:;;;;;;: )     
      ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'‐

257 :名無しさん@3周年:03/12/07 00:53
歓喜と調和を広げよう
空のてっぺんから青い海の底まで
太陽の下にあるすべてが
聞こえない音で歌い上げる
わたしたちは ひとつ だと

258 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:05
http://ecofarm.at.infoseek.co.jp/

えこふぁーむ 農民芸術学校

259 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:10
 もっと明るく生き生きと生活をする道を見付けたい
 われらの古い師父たちの中にはさういふ人も応々あった
 近代科学の実証と求道者たちの実験とわれらの直感の一致に於いて論じたい
 世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない
 自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する
 この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか
 新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
 正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである
 われらは世界のまことの幸福を索ねよう 求道すでに道である

260 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:13
 曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きてゐた
 そこには芸術も宗教もあった
 いまわれらにはただ労働が 生存があるばかりである
 宗教は疲れて近代科学に置換され然も科学は冷く暗い
 芸術はいまわれらを離れ然もわびしく堕落した
 いま宗教家芸術家とは真善若しくは美を独占し販るものである
 われらに購ふべき力もなく 又さるものを必要とせぬ
 いまやわれらは新たに正しき道を行き われらの美をば創らねばならぬ
 芸術をもてあの灰色の労働を燃せ
 ここにはわれら不断の潔い楽しい創造がある
 都人よ 来ってわれらに交れ 世界よ 他意なきわれらを容れよ

261 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:14
 もとより農民芸術も美を本質とするであらう
 われらは新たな美を創る 美学は絶えず移動する
 「美」の語さへ滅するまでに それは果てなく拡がるであらう
 岐路と邪道とをわれらは警めねばならぬ
 農民芸術とは宇宙感情の 地 人 個性と通ずる具体的なる表現である
 そは直感と情緒との内体験を素材としたる無意識或は有意の創造である
 そは常に実生活を肯定しこれを一層深化し高くせんとする
 そは人生と自然とを不断の芸術写真とし尽くることなき詩歌とし
 巨大な演劇舞踊として観照享受することを教へる
 そは人々の精神を交通せしめ その感情を社会化し遂に一切を究竟地にまで導かんとする
 かくてわれらの芸術は新興文化の基礎である

262 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:15
 声に曲節節奏あれば声楽をなし 音が然れば器楽をなす
 語まことの表現あれば散文をなし 節奏あれば詩歌となる
 行動まことの実現あれば演劇をなし 節奏あれば舞踊となる
 光象写機に表現すれば静と動との 芸術写真をつくる
 光象手描を成ずれば絵画を作り 塑材によれば彫刻となる
 複合により劇と歌劇と 有声活動写真をつくる
 準志は多く香味と触を伴へり
 声語準志に基けば 演説 論文 教説をなす
 光象生活準志によりて 建築及衣服をなす
 光象各異の準志によりて 諸多の工芸美術をつくる
 光象生産準志に合し 園芸営林土地設計を産む
 香味光触生活準志に表現あれば 料理と生産とを生ず
 行動準志と結合すれば 労働競技体操となる

263 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:16
 芸術のための芸術は少年期に現はれ青年期後に潜在する
 人生のための芸術は青年期にあり 青年以後に潜在する
 芸術としての人生は老年期中に完成する
 その遷移にはその深さと個性が関係する
 リアリズムとロマンティシズムは個性に関して併存する
 形式主義は正態により標題主義は続感度による
 四次感覚は静芸術に流動を容る
 神秘主義は絶えず新たに起るであらう
 表現法のいかなる主張も個性の限り可能である

264 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:17
 世界に対する大なる希願をまづ起せ
 強く正しく生活せよ 苦難を避けず直進せよ
 感受の後に模倣理想化冷く鋭き解析と熱あり力ある綜合と
 諸作無意識中に潜入するほど美的の深と創造力はかはる
 機により興会し胚胎すれば製作心象中にあり
 練意了って表現し 定案成れば完成せらる
 無意識即から溢れるものでなければ多く無力か詐偽である
 髪を長くしコーヒーを呑み空虚に待てる顔つきを見よ
 なべての悩みをたきぎと燃やし なべての心を心とせよ
 風とゆききし 雲からエネルギーをとれ

265 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:17
 職業芸術家は一度亡びねばならぬ
 誰人もみな芸術家たる感受をなせ
 個性の優れる方向に於て各々止むなき表現をなせ
 然もめいめいそのときどきの芸術家である
 創作自ら湧き起り止むなきときは行為自づと集中される
 そのとき恐らく人々はその生活を保証するだらう
 創作止めば彼はふたたび土に起つ
 ここに多くの解放された天才がある
 個性の異る幾億の天才も併び立つべく斯て地面も天となる

266 :名無しさん@3周年:03/12/07 01:25
http://edge.ee.tokushima-u.ac.jp/urls/word/a/r/t-1-jp.html

267 :名無しさん@3周年:03/12/11 18:41
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  . 
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。. 
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。      , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .  
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .  
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚   
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。   
 , .        .           ,       .     .   

     。          ∧∧   ∧∧       。       
                ( :;;;;;:::)  ( :;;;;: )      あ、流れ星・・・。
.   .            /:;;;;;: |    | :;;;:ヽ   
              〜(::;;;;;;:/.    |:;;;;;;: )     
      ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'‐


268 :名無しさん@3周年:03/12/11 18:44
銀河鉄道の夜好きだぁ。

269 :名無しさん@3周年:03/12/12 12:10
俺、宮沢と誕生日一緒

270 :名無しさん@3周年:03/12/13 05:08
                            iヽ、
                            ミ ヽヽ、
                           ,,,ミ  ),,,,\
‐- ...,,__       カチカチ         / ,,;;;;;;;;;;  "''-、
     ~""''' ‐- ...,,__          /,, ,,;;; ;;;;;;''''__,,_,.-'''"l、 賢治ファン・・にわ、猫派が・・多い・・と。
           ____,,,,,,,,,,,, -------/●);;;; ,;;'''   彡  l ,!  
⌒ヽ、   _,,-‐‐‐f,"  ;; ;;; ''  ;;;;彡三;_/  ''      彡 ノ ,,l  
   ヽ、八  \`(,,,,,,,,,イ''''ー、,;;;;;;;   ((,,,,,..  (●>,     __/'';;;;!  
     ヽ`---ー‐‐―‐ン     '''-l ( ,.,.,    ,;;,,   '';;;;;;,,,,/
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         l  メ//l '';,,,;;'';; '';;; ';, '';:;/
"'''- .._                 | / /メ、|';,,,,,'''';;;;;;;;;;;;;; ン;ヽ
     "'''- .._     ____,,,,,,,,,,,,,,-'''''  ;;;;;;;;;;;`;-;;;-;;;;-;;-; ;;; ;;;l
 /  ,   ,  "'''- .. f-''   ;; ;; '';;;;; ''' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ ;;;;;;;;;;;;;l
/   /  /  /   // (⌒  ;; ;; '';;;;; ''' ;; ;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;|
   /  /  /   //  `''''-、;;;;,,,;;;,,,;;;;;,,;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;  ,,,,  ;;;;;;;;;;l


271 :名無しさん@3周年:03/12/17 04:35
o-o、
('A`) メガネメガネ
ノ ノ)_


272 :名無しさん@3周年:03/12/17 16:53
なんか切ないですがいい感じのスレはけん

273 :名無しさん@3周年:03/12/24 13:31
   o   。         ______o  O   。    。 °
 。 ○  o    ○   /  ィ     ○  o    ○
        o      /ニニニ)⌒ヽ        o
    o        ─(゚∀゚ )─ ) メリクリメリクリメリクリィィイイーッツ
  ○   。  ○  /○  ○) /|,. o       O  o
。  o    o   ∠∠______∠_/ /     ○
      o    .|/ キユ  |_/  ○   。  o  O 。
 o  O     / ̄ ̄ ̄/ ̄   o    。
      。  ノ      /    o         O
 o   o  ∧∧___ノ) ∧∧___ノ)    。   o      ○
   o   (゚∀゚ )  (゚∀゚ ) つ  o   °      o   。
 。   o ∪-∪'"~ ∪-∪'"~  。  。 o   °o 。
     __  _ 。    __   _  o  o__       _ °
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|._| ロロ|_


274 :名無しさん@3周年:03/12/24 13:31
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| マ、飲めや>>1
\_  _____
   X     ∧_∧
   ∧∧    (・∀・i|!) ドウモ…
   (,,  )_ ⊂ ⊂  ヽ,
  /⌒ `つ-'  て_,,(__,)
〜(#,,#,⌒)  "゛""゛""゛"
 "゛""゛" 


275 :名無しさん@3周年:03/12/24 13:32
        ○
        ノ|) ゲンキダセ
   _| ̄|○ <し


276 :名無しさん@3周年:03/12/24 13:33
                        ___
                        /rニー 、` ー、
                         /´/'´ _,. l,.....ヽ  ヽ
                        r''ヘ_ _ ,.r' l  lヽ  .i
                      ,r '´l _. リ !    / l.〉 l,r
                  l   、i(._`    `ー-‐'ヽ./   l`
               ,r::'::::l   !ヽ_`ヽ_,..、     '⌒r_'
    r‐ 、       _  i:::::;::;_;l-'´` ‐ ̄._ l   _,、_'ノ- i、._
    l    `-、..-i' ´  ヽ_,.ゞ- 、      r ' ´ ̄       /:::::::::`ヽ
   !     ,..rー、    ヽ.  ヽ     ./     _,...-::'´:::::::::::::_;/
    ヽ、   /     ,ヽ.    i.   ヽ   -r:::::'::::´:::::::::::;::::-‐::':´::::::)
      `‐/ 、__ ./ヽ,入_,ノ     l  ,r'´ ` ー ::::_::::::::::::::_;:::- ' ´
     _,/     /.  ヽ_   _,.. -ヘ-'         ̄
  r' ´      ヽ       ̄
  ヽ、      _ノ
      ` ―― ''´


277 :平井堅:03/12/28 00:33
見上〜げて ごらん
夜だかの〜 星を

278 :ジョバンニ:03/12/28 00:38
カムパネルラ、また僕たち二人きりになったね。

どこまでもどこまでも一緒に行こう。

僕はもうあの蠍のように、皆の幸(さいわい)のためならば
僕の体なんか百ぺん灼いてもかまわない。

279 :名無しさん@3周年:03/12/28 00:43
二人なら〜

苦しくな〜んか な〜いさ〜

見上げて ごらん

夜の星を

僕らのように 名も無い星が
ささやかな 幸せを
祈ってる

280 :名無しさん@3周年:03/12/30 20:22
http://pink.jpg-gif.net/bbs/13/img/1552.jpg

281 :名無しさん@3周年:04/01/01 02:30
              __,,,,,,
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
     (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7(´⌒(´⌒;;≡≡≡
      `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"(´⌒(´⌒;;≡≡≡     2getズザー
        !       '、:::::::::::::::::::i(´⌒(´⌒(´⌒(´⌒(´⌒;;≡≡≡
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ(´⌒(´⌒;;≡≡≡
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ(´⌒(´⌒;;≡≡≡
                     ``"      \>


282 :名無しさん@3周年:04/01/03 13:42
age

283 :名無しさん@3周年:04/01/05 23:15
あげ

284 :名無しさん@3周年:04/01/08 00:05
http://www.dff.jp/index.php

285 :名無しさん@3周年:04/01/08 23:54
【南無妙法蓮華経】
字義でいえば、妙法蓮華経に帰命すること。日蓮大聖人の本義においては、一
切万法の帰趣する究極・所詮の法体をいう。釈尊および三世十法の仏を成仏せ
しめた根源の法であり、天台大師は南無妙法蓮華経と唱えることを内証・真実
の行法としたが、時至らず等のため、他に向かっては説かず、自行(独り自ら
の修行)のみだった。三大秘法抄に「題目とは二の意有り所謂正像と末法とな
り、正法には天親菩薩・竜樹菩薩・題目と唱えさせ給いしかども自行ばかりに
してさえ止ぬ、像法には南岳・天台等、亦南無妙法蓮華経と唱へ給て、自行の為
にして広く他の為に説かず。是れ理行の題目なり。末法に入て今日蓮が唱る所
の題目は前代に異なり自行化他に亘る南無妙法蓮華経なり名体宗用教の五重玄
の五字なり」と説かれている。...

     (仏教哲学大辞典 P.1248)


286 :名無しさん@3周年:04/01/10 20:29
糞雨下(・∀・)カエレッ!!

287 :名無しさん@3周年:04/01/15 21:45
なまねこなまねこ・・・

288 :名無しさん@3周年:04/01/15 21:54
 ★-☆-★-☆-★農家の方#必読#のメールマガジン★-☆-★-☆-★
  ◆アグリ・マーケティング最前線レポート◆安全性の基礎知識
  ◆永続的な農業を可能にする環境対策◆天敵昆虫を使った効率的な防除
   これからの日本の農業を支える皆さまへのお役立ち情報満載!!
 ■登録はこちらから⇒http://211.10.20.135/a/a.cgi?k04750Am06002



289 :名無しさん@3周年:04/01/16 08:59
家は浄土宗なのに、どういうきっかけで日蓮宗に改宗したのですか?
普通は、誰かに出会うとか、何かの本を読むなどのきっかけがあって
改宗するにいたるのですが、私の読んだ賢治の伝記には、そのあたりのこと
が書かれていませんでした。

ご存じ方がおられるなら、教えてください。


290 :たま ◆TamaV/gGOo :04/01/17 16:29
賢治の親父さんは熱心な「浄土真宗の門徒さん」だったのです。
その政次郎のもとに、友人から「漢和対照 妙法蓮華経」が送られてきて、
賢治が「如来寿量品第十六」を拝読して、感動したのが契機になったようです。
賢治の場合は「常不軽菩薩」の精神を「デクノボー」の生き方と捉えた。

291 :名無しさん@3周年:04/02/07 19:49


292 :名無しさん@3周年:04/02/08 09:01
けんじ!!今どこ?!

293 :名無しさん@3周年:04/02/10 00:30


294 :あれ:04/02/24 00:44
このスレまだあったんだね

295 :名無しさん@3周年:04/02/29 17:20
935 :名無しさん@3周年 :04/02/27 22:16
マルクスが「宗教はアヘン」と言って批判したのは
過度に摂取すると中毒になるというネガティブな面よりもむしろ
適度にとれば麻酔効果になるポジティブな面を危険視したが故だそうだ。
逆説的だが、宗教は浮世の辛さを忘れさせるので
社会変革の熱情を妨げるからイカンということらしい。

まあ日本には宗教も革命も必要ないってこった。


296 :名無しさん@3周年:04/02/29 17:30
>>295の中の935
...だったら麻原はマルクス主義の真意を理解していた事になる。

297 :名無しさん@3周年:04/03/10 18:01
わたしはいま自信に満ちて
ふたゝび村をめぐらうとしています
わたくしが去らうとして
一瞬あなたの額の上に
不定な雲がうかび出て
ふたゝび明るく晴れるのは
それが何かを推せんとして
恐らく百の種類を数へ
思ひを尽くしてつひに知り得ぬものではありますが
師父よもしもやそのことが
口耳の学をわづかに修め
鳥のごとくに軽佻な
わたくしに関することでありますならば
師父よあなたの目力をつくし
あなたの聴力のかぎりをもって
わたくしのまなこを正視し
わたくしの呼吸をお聞き下さい
古い白麻の洋服を着て
やぶけた絹張の洋傘はもちながら
尚わたくしは
諸仏菩薩の護念によって
あなたが朝ごと誦せられる
かの法華経の寿量の品を
命をもって守らうとするものであります
それでは師父よ
何たる天鼓の轟きでせう
何たる光の浄化でせう
わたくしは黙して
あなたに別の礼をばします

298 :名無しさん@3周年:04/03/10 18:28
もうはたらくな
レーキをなげろ
この半月の曇天と
今朝のはげしい雷雨のために
おれが肥料を設計し
責任のあるみんなの稲が
次から次と倒れたのだ
働くことの卑怯なときが
工場ばかりにあるのでない
ことにむちゃくちゃはたらいて
不安をまぎらかさうとする、
卑しいことだ
  ……けれどもあゝまたあたらしく
    西には黒い死の群像が湧きあがる
    春にはそれは、
    恋愛自身とさへも云ひ
    考へられてゐたではないか……
さあ一ぺん帰って
測候所へ電話をかけ
すっかりぬれる支度をし
頭を堅く縛って出て
青ざめてこわばったたくさんの顔に
一人づつぶっつかって
火のついたやうにはげまして行け
どんな手段を用ひても
辨償すると答へてあるけ


299 :名無しさん@3周年:04/03/16 13:38

堀籠さんは温和しい人なんだ。
あのまっすぐないい魂を
おれは始終をどしてばかり居る
烈しい白びかりのやうなものを
どしゃどしゃ投げつけてばかり居る
こっちにそんな考えはない
まるっきり反対なんだが
いつでもさう云うことになる。
私がよくしやうと思うこと
それがあの人には
辛いことになってゐるらしい。

300 :名無しさん@3周年:04/03/16 13:38

今日は日直で学校に居る。
早く帰って会ひたい。
いま私の担当箱のくらやみで
銀紙のチョコレートが明滅してゐる筈だ。
それは昨夜堀籠さんがうちへ遊びにくると思って、
夏蜜柑と一緒に買っておいたのだ
けれどももちろん来なかった。
それはあんまり当然だ。
昨日の午后の青びかりの中で
お遊びにいらっしゃいませんか
と私は云った。

301 :名無しさん@3周年:04/03/16 13:39

その調子があんまり烈しすぎたのだ。
堀籠さんは、だまって返事をしなかった。
お宜しかったらと、おれはぶっきら棒につけたした。
あの人は少し顔色を変えて
きちっと口を結んでゐた。
それは行かうと思ったのに
またそれを制限されたやうにも思ひ
失望したやうにも見えた。
けれども何だかわからない。
山の方は青黒くかすんで光るぞ。
それはさうだ、この五六日
ずゐぶん私は物騒に見えたらう。
ピストルは持ってゐる
砒素やひのきのことを云う
茶碗は床へ投げつける
そんな奴の家へどうして寄りつかれやう。
あの人が来なかったのは当然すぎる。
何もかもみんなぶち壊し
何もかもみんなとりとめもないおれはあはれだ。

『 小岩井農場 / パート5 』

302 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:03
http://music3.2ch.net/test/read.cgi/legend/1024032251
叫ぶ詩人の会について語ってくれ。頼む!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/06/14 14:24 ID:???
CD買ったりライヴ行かなかったりしてなくても、
あのラジオは聴いてた!というのでもOK!
147 :伝説の名無しさん :03/08/03 13:12
プラネタリウムで「宮沢賢治のなんたら〜」を観たが、
その時のナレーションってゆーか、朗読が叫ぶ詩人の会だった。
良い声でした。
179 :伝説の名無しさん :04/02/17 22:35
しょっぱなに宮沢賢治のことを歌った曲が入ってるCD持ってた。父が。


303 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:18

われはなし。われはなし。われはなし。われはなし。われはなし。すべてはわれに
して、われと云わるるものにしてわれにはあらず総ておのおのなり。われはあきら
かなる手足を有てるごとし。いな。たしかにわれは手足をもてり、さまざまな速な
る現象去来す。この舞台をわれと名づくるものは名づけよ。名づけたるが故にはじ
めの様は異らず。手足を明に有するがゆえにわれありや。われ退いて、われを見る
にわが手、動けるわが手、重ねられし二つの足をみる。これがわれなりとは誰が証
しえるや。触るれば感ず。感ずるものが我なり。感ずるものはいづれぞ。いづちに
もなし。いかなるものにもあらず。いかなるものにも断じてあらず。
見よ。このあやしき蜘蛛の姿。あやしき蜘蛛のすがた。

304 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:19

いま我にあやしき姿あるが故に人々われを凝視す。しかも凝視するものは
人々にあらず。我にあらず。その最中にありて速にペン、ペンと名づくる
ものを動かすものはもとよりわれにはあらず。われは知らず。知らずとい
ふことをも知らず。おかしからずや。この世界は。この世界はおかしから
ずや。人あり、紙あり、ペンあり夢の如きこのけしきを作る。これは実に
夢なり。実に実に実に夢なり。而も正しく継続する夢なり。正しく継続す
べし。破れんか。夢中に夢を見る。その夢もまた夢の中の夢。これらをす
べて引き括め、すべてこれらは誠の誠なり。善なり善にあらず人類最大の
幸福、人類最大の不幸。
謹みて帰命し奉る。妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。

(書簡154・大正八年八月・保坂宛)

305 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:22

長い間御無沙汰を致しました。それは私があまりいそがしかったためです。
からだがいそがしいのではありません。けれども戦が一寸のひまも与えて呉
れなかったのです。そして今でもさうです。これからも勿論さうでせう。
この戦いは実に惨憺としてゐます。
今や私の心は紙魚に食われた歌麿の錦絵のやうにまた煤け果てたそれの様に
ここにこの輪郭が見えると考えてやっと慰めるのです。どう云ふ戦いかは
あなたへ御話し致したくありません。私はもし今まで多少私を他人の様に
考へて見るひまがあったら

306 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:25

「保坂さん。今私の方の第一の関所はすっかりこわされ、あやしい軍勢が
すさまじく沸きたって来ます」
「保坂さん。今私の方の第二の関所はすっかりこわされ、顔の漆黒な髪を
被った軍勢は黒煙のやうに押し寄せます。」
「保坂さん。今日私の城はいつか地の底を掘ってきた軍勢に充たされ私は
ある箱の中に入って身をひそめてゐます。」
と云ふ様に書いたでせう。けれども私はその軍勢が何かを申しませう。
その軍勢の時の声「破れよ。破れよ。/おのれを立てよ。おのれを立てよ。/
ふみにじれ。奪い去れ。奪い去れ。/引き裂けよ。」
私の軍勢はか弱く互いに次の様に云ひ合ひます。
「これはかくなるが故に/これはかくならざるべからず。/これはかくなるを
以って/かくのごとくなるべけんや。」
(略)
わたしは今のあやしいものの右から左前からうしろとはね飛ぶなかをおぼろ
に白い道をふみはてしもしらぬかの大城に向って行きます。
さようなら。

307 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:26

もう一度読んで見ると口語と文語が変にまぢってゐます。これが私の頭の中
の声です。声のままを書くからかうなったのです。

あたまの中のさびしい声
あたまの底のさびしい歌

(書簡157・大正八年秋・保坂宛)


308 :名無しさん@3周年:04/03/21 21:36

私のかういふ惨めな失敗はただもう今日の時代一般の巨きな病、『慢』といふもの
の一支流に過って身を加へたことに原因します。僅かばかりの才能とか、器量とか、
身分とか財産とかいふものが何かじぶんのからだについたものででもあるかと思ひ、
じぶんの仕事を卑しみ、同輩を嘲り、いまにどこからかじぶんを所謂社会の高みへ
引き上げに来るものがあるやうに思ひ、空想をのみ生活して却って完全な現在の生
活をば味ふこともせず、幾年かが空しく過ぎて漸くじぶんの築いている蜃気楼の消
えるのを見ては、ただもう人を怒り世間を憤り従って師友を失ひ憂悶病を得るとい
ったやうな順序です。


309 :名無しさん@3周年:04/03/21 21:38

風のなかを自由に歩けるとか、はっきりした声で何時間も話ができるとか、
自分の兄弟のために何円かを手伝へるとかいふやうなことはできないもの
から見れば神の業にも等しいものです。

....上のそらではなしに、しっかりと落ちついて、一時の感激や興奮を避け、
楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きて行き
ませう。

(書簡・昭和八年九月十一日(死の十日前)・柳原(教え子)宛)

310 :名無しさん@3周年:04/03/23 07:20
賢治の言葉は不思議だね。
どの一節をとっても、不思議な味わいがある。
こんな人が地上に生きていたとは、なんとありがたいことだろう。

311 :名無しさん@3周年:04/03/27 19:16
【超教派】愛国的クリスチャンと靖国神社

29 :千の風になって :04/03/27 19:11
原詩:作者不詳 日本語詩:新井 満/作曲:新井 満

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬にはダイヤのように きらめく雪になる
朝には鳥になって あなたを目覚めさせる
夜には星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています


312 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/03/27 19:30

 ス レ を 汚 す な 。

313 :名無しさん@3周年:04/03/27 21:38
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075193610/l50カキコ

314 :名無しさん@3周年:04/03/28 12:24
人間に知ることのできることなど、どんな天才でもかぎられたものだと思われます。
トルストイでさえなにもかも知っていたわけではありません。
トルストイや宮沢賢治が農民や農業を描くとき、それは空想的に見えます。
農民が善良で素朴なわけがないですし、農業が爽快なものであるわけがありません。
あれは貴族が農民を理想化しているだけだと思います。
同じようにマザーテレサやジョン・レノンが貧しい人達について語るとき、
まったく説得力に欠けます。
貧者やホームレスや孤児や寡婦や被差別階級が善良で素朴なわけありえませんし、
極貧生活が快適なものであるはずないんです。
あれは中産階級以上の裕福な人達の妄想なんです。
世の中、金や力がすべてなんです。愛なんて幻想です。
愛だけじゃ生きていけません。

315 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/03/28 17:11
ttp://why.kenji.ne.jp/haruto3/haruto3.html

↑ここの詩、頑張って目ぇ通してねw

316 :名無しさん@3周年:04/04/01 00:42
あげ

317 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/04/02 09:52
>>306
>その軍勢の時の声「破れよ。破れよ。/おのれを立てよ。おのれを立てよ。/
>ふみにじれ。奪い去れ。奪い去れ。/引き裂けよ。」

こういう類の連中、いつの時代にもいるよね・・・


318 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/04/02 16:51
保守・ブルジョアの豚どもとかなぁ。去年の暮れ頃は、俺も正にこんな感じ
だった。いい加減、キレたけど。指一本、触らせねえ。

319 :名無しさん@3周年:04/04/03 20:05
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
劣化ニモ屋根崩レニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク 決シテイカラズ
イツモシズカニ解体シテヰル
東ニ劣化シタビルアレバ
行ッテ解体シテヤリ
西ニ落書キサレタ陸橋アレバ
行ッテ土台ヲ壊シ
南ニイマニモクズレサウナペンシルビルアレバ
行ッテクイトウショリシテヤルイイトイヒ
北ニベルリンノ壁ガアレバ
効率ワルイカラヤラセロトイヒ
失敗ノトキハナミダヲナガシ
スチールボールガナケレバオロオロアルキ
ミンナニ壊シ屋トヨバレ
ホメラレモセズ クニモサレズ
サウイウモノニ ワタシハナリタイ


320 :♪The long and winding road ♪:04/04/06 16:17

となりの席ではフケた男がさんざん絡んで人生語る
どっかで聞いたことのある話だ 思えばあいつは昨日も来てる

おっさん あんたはそういうけれど
いろいろややこしいこの世の中で
雨にも風にも夏にも負けず 明るい日本の見本となった


321 :♪you left me standing here ♪:04/04/06 16:19

充分休んでから行こう いちいち道草して行こう
残りの福をみなもらおう

ここらへんで そろそろ僕が その花を咲かせましょう
愛のために あなたのために 引き受けましょう
ああ、燃えてるんだぜ 僕ごのみのワールド オブ ワールド
荒れる海原に船を出せ


322 :♪don't keep me waiting here ♪ :04/04/06 16:21

おっさんわかるよまあそういうな 確かに近頃よくわからない
だけど雨も降り風も吹く ステキな日本を守ってくれる

僕らは僕らでそら行こう 10年たったら空行こう
君を必ず連れて行こう


323 : :04/04/06 16:22

宮沢賢治は、カトリックの聖女、
リジューの聖テレジアを
大変尊敬していました。

彼の詩の中にも出てきます。


324 :♪lead me to your door♪:04/04/06 16:23

ここらへんでそろそろ僕が その花を咲かせましょう
人のために 自分のために 引き受けましょう
ああ、僕好みのワールド オブ ワールド
せまる強敵打ちのめせ

陸海空 いろんなとこから どこでも駆けつけましょう
愛のために あなたのために 生きて行きましょう
ああ、知ってるんだぜ 君ごのみのワールド オブ ワールド
荒れる海原に船を出せ

『愛のために』 / 奥田民夫

325 :名無しさん@3周年:04/04/07 07:14
聖テレジアといえば、賢治は年は違うけど生まれた月日は
マザー・テレサと同じ八月二十七日。

326 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:03
マザーテレサ?高遠?
ボランティアするのなら、何故自国内の釜ヶ崎や西成のホームレスなどを助けないの?

言葉の通じないイラクやインドに行くなんて売名行為だね。
無事に帰ったら本でも出して、講演会でもするつもりだったのだろう。マザーテレサ気取りで。
金持ちの平和ボケのお坊ちゃん、お嬢さんだからこんな目に会うのだよ。自業自得だね(はあと)



327 :名無しさん@3周年:04/04/11 12:30
>ボランティア

今は、無事で帰ってくることを祈るのみです

328 :名無しさん@3周年:04/04/14 20:41
今日4月14日は、タイタニックが沈んだ日らしい。

あの3人も今ごろ銀河鉄道に乗ってたりしないよな。

紅一点の高遠が「かおる」なら
最年少の今井は「タダシ」で
最年長の戦場カメラマンは「家庭教師の青年」だな。

南無阿弥陀仏・・・。

329 :(〜^◇^)<ヤン土なんて聴いてちゃだめだなぁキャハハ:04/04/24 22:55
今日、NHKのラジオ第一放送「きらり10代!」の「名作をよむ」聴いてくれた?
「注文の多い料理店」おいらが読んだんだよ。どうだった?

                     __
                ,,r‐''"~~´:::::::::::::゙~''''‐-、,
              ,,r''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙丶、
            /:::::::::::::::::::::::::::::,r、::::::::::::::::::::::::::::::::\
           / ......::::::::::::ィ::::::::// ヽ:::::ト、::::::::::::::::........ヽ
           /:::::::::::,r::::::/ |:::::/ /  ゙、::l ヽ:::::::::、::::::::::::::゙、
           /:::::::::::/i::::/,,,,l:::/ /   ヽト‐-、:::::|',::::::::::::::::i
          i::::::i:::::/'|::/  |/  /     !  ヽ::|ヽ:::::i:::::::::l
         l:::::::|:::/ .i/              ヽ:| ゙、::::i:::::::::|
           |:::::::|/                 ゙'! ヽ,!:::::::::|     
         |::::::;;;;i    /\     /\     |;;;;::::::::| 
          |::::::;;;;;|                        |;;;;:::::::::|
        |::::::::;;;;l        /\         l;;;;:::::::::|
         |:::::::;;;;;|       /    \         |;;;;::::::::|
     _,,,r-┴、::;;;;ヽ、     \    /        ノ;;;:::::-‐-、
    / 、  、 ヽヽ-,;;;゙ヽ、      \/       ,,,イr/´/ ,r  ゙'ヽ、
 ̄ ̄\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ' ̄ ゙゙̄'''‐- ...,,,,,,,,,,,,,,,,,,.... -‐'''~  ̄(,,しL,/,,,r'~,,,-‐' ̄ ̄

330 :名無しさん@3周年:04/05/09 23:16

雨ニモマケズ 風ニモマケズ
劣化ニモ屋根崩レニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク 決シテイカラズ
イツモシズカニ解体シテヰル
東ニ劣化シタビルアレバ
行ッテ解体シテヤリ
西ニ落書キサレタ陸橋アレバ
行ッテ土台ヲ壊シ
南ニイマニモクズレサウナペンシルビルアレバ
行ッテクイトウショリシテヤルイイトイヒ
北ニベルリンノ壁ガアレバ
効率ワルイカラヤラセロトイヒ
失敗ノトキハナミダヲナガシ
スチールボールガナケレバオロオロアルキ
ミンナニ壊シ屋トヨバレ
ホメラレモセズ クニモサレズ
サウイウモノニ ワタシハナリタイ


331 :名無しさん@3周年:04/06/15 00:00 ID:LVf0MNjh
注文の多いピンサロ

332 :ペ天使:04/06/15 00:25 ID:mA0Q5H9S
>>323
ふ〜ん・・・

>>326
お前みたいなヤツは、結局、自分の国さえ良ければ、
何しても良いって考えるんだろな。


136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)