5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日蓮正宗檀徒会

1 :名無しさん@3周年:03/09/21 08:11
かつて、日蓮正宗に檀徒会という創価学会の脱会者の団体があり
ました。この団体について語りましょう。

2 :名無しさん@3周年:03/09/21 08:14
かつて、正信覚醒運動が盛んだった時期があります。
宗門を支配しようとした学会に対して、十万人の反乱軍がわずか
3年で登場しました。宗門の宗議会議員の3分の2が正信覚醒運
動を支持していました。檀徒会は十万人の反乱軍の中核です。
なぜ反乱が起きたか考えてみましょう。
青年僧侶・白蓮院・蓮華寺・創対連・マスコミ・妙観講などがキ
ーワードでしょうか?


3 :名無しさん@3周年:03/09/21 18:47
謎の集団ですね。

4 :名無しさん@3周年:03/09/21 18:48
http://jbbs.shitaraba.com/computer/8727/
史上最大よ!!!
100%来なさい!!!!

5 :中野@白蓮院檀徒会:03/09/22 22:44
昭和54年4月、池田大作氏、創価学会会長、日蓮正宗総講頭辞任。

6 :名無しさん@3周年:03/09/23 08:42
正信覚醒運動の歩み
1.今の源立寺住職菅野師の論文を学会が批判する。
2.青年僧侶の中に学会批判広がる。
3.白蓮院・蓮華寺の法華講が学会員を再折伏。
4.週刊サンケイが、宗門と学会の対立を報道。
5.旧創対連の人々に連絡網があり、反学会の拠点であった白蓮院と
  蓮華寺に結集。
6.日達上人、学会の脱会者を檀徒として受け入れる方針を打ち出す。
7.白蓮院と蓮華寺に結集していた人々が他の寺院の檀徒に移籍して、
  檀徒会が動き出す。
8.旧創対連で、檀徒会に行かない行けない人々は、妙観講に参加。




7 :名無しさん@3周年:03/09/23 10:25
創価学会最高だー
創価学会を脱会するなんてそんなおろかなやついんのかー
もっと自分を反省しなさい
創価学会を批判するやつらに日蓮大聖人を語ることができるやつはいない
語れるならかたってみろー

8 :名無しさん@3周年:03/09/23 10:28
僧侶は布施がなけりゃ生活できない
自分は折伏しないで信者にやらせて金巻き上げて贅沢して
信者が幸せだろうがふし合わせだろうが僧侶にゃかんけーねー

9 :名無しさん@3周年 :03/09/23 11:23
http://human.2ch.net/test/read.cgi/sfe/1064277507/l50
↑こんな宗教なら、ありがたい。

>創価学会最高だー
>創価学会を脱会するなんてそんなおろかなやついんのかー
>もっと自分を反省しなさい
↑何が悲しくて、池田先生、池田先生の宗教


10 :名無しさん@3周年:03/09/23 11:56
↑アホがつれた アホさらしは暇人のやること とっとと折伏して金をボーズにやんな

11 :名無しさん@3周年:03/09/23 12:00
↑はいはい、こんなとこでアブラ売ってないで先生のために財務
 かき集めてきな。F取りも忘れずにね〜。選挙近いよ。

12 :名無しさん@3周年:03/09/23 12:23
↑むかついてやがるな、おもろいおもろい
ボーズいなきゃなんもできねーくせに ボーズまもったって金とられるだけ
あんたもボーズのさばらせといてねーでボーズ攻めしたほうがいいぜ

13 :名無しさん@3周年:03/09/23 12:29
ボーズ信者、ボーズ信仰、すべてボーズ
ボーズボーズボーズイコール金金金、金だせねー信者はいられない

14 :名無しさん@3周年:03/09/23 13:31
池田信者、池田信者、すべて池田
池田池田池田イコール金金金、金だせねー信者はいられない

こっちの方がはまるなぁ(w

15 :名無しさん@3周年:03/09/23 13:32
池田いなきゃなんもできねーくせに 池田まもったって金とられるだけ
あんたも池田のさばらせといてねーで池田攻めしたほうがいいぜ

これもバッチリ

16 :名無しさん@3周年:03/09/23 13:36
>>8もできそう

池田は財務がなけりゃ生活できない
自分は折伏しないで信者にやらせて金巻き上げて贅沢して
信者が幸せだろうがふし合わせだろうが池田にゃかんけーねー

ハマリ杉(プ

17 :名無しさん@3周年:03/09/23 14:34
↑檀徒側にはこんなやつしかいねーのか
まねっこいってねーでちいっとはまともなことかいてみろ

18 :名無しさん@3周年:03/09/23 14:44
ふーなさけないのー
おなじ日蓮大聖人の仏法を実践してるとは思えん

19 :名無しさん@3周年:03/09/23 14:48
反学会派の初期(昭和52年〜昭和53年の初め)の拠点は、白蓮華
院と蓮華寺です。檀徒会が動き出すと妙真寺などに中心が移ります。
白蓮院の信徒には、戦前の創価教育学会・戦後の創価学会の元会員で
創価学会に批判的な人々がいました。
蓮華寺には、妙信講の元講員で、学会に批判的な人々がいました。


20 :名無しさん@3周年:03/09/23 15:50
>>17-18
もとはといえばおまえらがまともでないもの。
人のふりみて我がふり直せっていうこと。

21 :名無しさん@3周年:03/09/23 15:59
17、18、20
自作自演しないの!!

22 :名無しさん@3周年:03/09/23 15:59
なんだ自作自演だったの?
なんだかわけわからん

23 :名無しさん@3周年:03/09/24 22:19
創対連は、言論事件の後、創価学会を批判した元創価学会員の集団です。
共産党や社会党のシンパが多かった。
創対連は、山崎正友氏の工作で解散になりますが、連絡網は残しておいた
ようで、宗門と学会が対立すると早い時期に動きました。


24 :名無しさん@3周年:03/09/25 18:53
創価学会に入会しましょう

25 :名無しさん@3周年:03/09/25 22:43
>>24
前に入会していた者は、新たに入会する者より学会に期待するものがない
から扱い易い?

26 :名無しさん@3周年:03/09/26 00:05
>25 バカですか?

27 :名無しさん@3周年:03/09/27 08:56
>26
24がバカ?

28 :名無しさん@3周年:03/09/27 08:58
創価学会と白蓮院は、敵対関係にありました。
戦前の創価教育学会の幹部で、戸田創価学会2代会長に批判的な人々が
白蓮院の信徒になりました。代表的な人に野島氏がいます。
野島氏は創価学会を嫌悪し、昭和二十七年頃に戦後第一次の檀徒活動の
中核として暗躍した経歴の持ち主です。
野島氏は、戸田会長に批判的であったことは野島氏の手記『我が心の遍
歴』からわかります。
野島氏は、戦後まもなくより砂町教会(のちの白蓮院)を拠点に活動を
おこなった。この砂町教会には、同じく戦前からの幹部稲葉伊之助氏
も所属しており、これらの事情からして、砂町教会に出入りする創価
教育学会の元幹部と、再建途上の創価学会との間に微妙な緊張感が生
じていました。
それが昭和二十六年五月三日、戸田会長が第二代会長に就任したこと
、それにひきつづき創価学会が単独で宗教法人格を取得しようとした
ことなどにより、砂町教会に集まる野島氏らの反感はいっそう強まっ
たようです。
昭和二十五年八月三日には、かつて創価教育学会の理事であった稲葉
伊之助氏が死去しましたが、そのご子息・稲葉荘氏が砂町教会で野島
氏らとともに活動していました。


29 :名無しさん@3周年:03/09/28 07:30
白蓮院法華講は、今も妙観講のような存在だったのでしょうか?

30 :名無しさん@3周年:03/09/28 21:27
脱会者を檀徒として受け入れるという日達上人の方針はいつ発表されたの
でしょうか?

31 :名無しさん@3周年:03/09/29 01:03
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅
日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅日顕撲滅

32 :名無しさん@3周年:03/09/30 10:14
日顕は創価学会に完敗

33 :名無しさん@3周年:03/09/30 10:16
僭聖増上慢 日顕
日顕にだまされるな
創価学会が正統だということに気づけ

34 :浪士:03/09/30 10:36
創価学会員はもうすでに罰を受けているね。
その証拠に、就職の面接で、「私は創価学会です」といったら、学会系の企業
以外では、一発で落ちるだろ。創価学会員は死ぬまで、創価学会を隠して生き
続けるしかないのさ。
 なぜこうなったか?日本人は、池田大作の悪徳ぶりをよ〜く知っているから。
あれほど根性の悪い池田を信じている=知能が足りない、と認識しているから。

アホ学会員どもよ。坊主の悪口を言うと「百代祟る」と言われていることに
気づけよ。現実に、池田の長男の子供は身体障害者だ。

35 :名無しさん@3周年:03/09/30 12:03
ぼーずはビジネス
ボーズは金にならんことはやらないのよー

36 :名無しさん@3周年:03/09/30 20:17
昨日、大石寺の前を通った…なんか複雑な思いでした

37 :名無しさん@3周年:03/09/30 20:53
 ☆叩き売りだよ     ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ___\ ( ・∀・) < 私が福江さんじゃー
    バン     \_/⊂ ⊂_)   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
  バン   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       | フリーマーケット|

38 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:13
ポケモンファイヤーレッドリーフグリーンに出てくるデジモン
アグニモンX系
アグモンX系
アルケニモンX
アルマジモンX系
ゴマモンX系
インプモンX系
ヴォルフモンX系
レナモン
スサノオモンX
チャックモンX系
ネーモンX系
グリフォモンX系
ラーナモンX系
パルモンX系
レナモンX系
ロードナイトモンX
スターターP&ブースターP発売決定
来年3月にスターターP、4月にブースターP発売
ポケモンに登場するXデジモンオンパレード
大活躍


39 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:50
>>35
僧侶がお金を儲けてると思ってるところから洗脳丸出し。
儲かってないよ。ばかじゃない?
儲けてるのは大作さんでしょうが。(w

40 :名無しさん@3周年:03/09/30 22:22
↑馬鹿まるだし

41 :名無しさん@3周年:03/09/30 22:35
慧妙 第220号(通巻237号)140301号
連載
あの頃のこと=第17回=
元創価学会顧問弁護士 山崎正友
----------------------------------------------------------------------
日蓮正宗と創価学会対立の真相
力ずくで宗門抑圧にかかった学会

狸祭り事件の処分について、及び、信者団体の独立法人格化禁止条項を宗制に加
えるとした宗会決議について、猛反発した創価学会は、彼らの言う″悪侶″″偏
狭な宗会議員″″悪議員″をターゲットにして、″集団吊し上げ″を連日連夜、
繰り返した。
やり玉に挙げられたのは、東京妙光寺住職・柿沼広澄尊師、同白蓮院住職・千種
法輝尊師、横浜久遠寺住職・市川真道尊師、静岡奨信閣住職・秋田慈舟尊師、京
都住本寺住職・秋山教悟尊師、大阪源立寺住職・浅井広龍尊師(いずれも当時)
らで、続いて、大石寺塔中の各住職に対する攻撃が繰り広げられた。
この一連の吊し上げの凄まじさは、想像を絶するもので、青年部が多勢で取り囲
み、四時間から六時間にわたって監禁状態にした上で、暴力団顔負けの脅迫と恫
喝(どうかつ)、罵声(ばせい)を浴びせ続けた。
しかも、これを何日も繰すのである。


42 :名無しさん@3周年:03/09/30 22:39
((((:・∀・))))))))ガクガクブルブル

43 :名無しさん@3周年:03/10/01 22:25
白蓮院は、創価学会を警戒するようになったのですね。

44 :ふじわらふひと:03/10/01 22:37
 宗教間は、常にお互いを磨きあってないと 腐っちゃうんで
 喧嘩は放置です。


45 :ウォーズマン :03/10/02 06:53
コーホー

46 :名無しさん@3周年:03/10/04 04:17
創価学会の評判に流されてはいけません
事実をきちんとみるべきです
創価学会ほど人類の問題に積極的に携わっている団体はありません
創価学会でともに活動することは
自分だけの行動の無限大倍の力をだした行動ができます
すべて結果につなげていけます
そんなすごい団体が創価学会です
他人のために全力、命がけの団体です
創価学会ほど他人に尽くす組織はありません
一人のために全員が全力投球で尽くして生きます
君もともに行動をおこそう!!
南無妙法蓮華経をいっしょに唱えましょう
創価学会で活動することは自分の可能性を無限に開くことです
自分にしかできない使命をはたすため
創価の同志とともに全力闘争を開始しよう!!
自分の可能性を信じて!!
人の可能性を信じて!!
可能性を自分の手で閉じてしまわないで!!
創価学会にくれば生命力がわいてきます歓喜できます!!
やりましょう!!人類のために!!
やりましょう!!平和のために!!
創価学会とともにやろうではないか!!
正義の団体 創価学会
正義を認めない悪のデマをはなつ人たちよ
正義には絶対に勝てないのだ!!
自分の限界の壁をこえよう
創価学会でともに活動することが壁を破る近道です
さあ、やるぞ!!!


47 :名無しさん@3周年 :03/10/04 13:57
戸田氏が理事長を辞任したときと戸田氏が会長に就任するとき、200人
〜300人が創価学会から脱会しました(当時の創価学会は4000人)。
受け皿になったのが、昭倫寺、白蓮院、本行寺、法円寺です。
昭倫寺と白蓮院が多かったのでっすが、昭倫寺に行った人はどちらかとい
えば脱会したが学会に対して好意的、白蓮院に行った人は学会に対して批
判的な人が多くいました。


48 :名無しさん@3周年:03/10/05 06:03
昭倫寺出身の日淳上人と戸田会長、親しかったようですね。

49 :名無しさん@3周年:03/10/05 15:15
久保川法章師が住職をされている蓮華寺も正信覚醒運動の初期の反学会派の
拠点です。
久保川法章師が住職をされている蓮華寺は、以前からあった蓮華寺が四国の
大乗寺とともに日蓮正宗から離脱し、日蓮実宗を結成したために新たに建立
された寺院です。
蓮華寺法華講は、神戸の妙本寺法華講から移籍した信徒で結成されました。
昭和49年に妙信講が破門され、妙信講を脱講した元妙信講の関西地区の人
々の移籍先が蓮華寺になりました。
蓮華寺法華講に移籍した元妙信講の人々に反学会意識があり、正信覚醒運動
の初期に活発に動きました。




50 :名無しさん@3周年:03/10/05 19:55
蓮華寺と妙本寺は、どのような関係だったのでしょうか?
本山と末寺の関係に近いのでしょうか?

51 :名無しさん@3周年:03/10/06 00:37
創価圧勝だな

52 :名無しさん@3周年:03/10/06 21:32
元妙信講講員の皆様へ

昭和四十九年八月十二日
日蓮正宗管長 細井日達

今回 私は所定の手続きを経て本日付をもって妙信講の解散処分
を行ないました。
昭和四十五年五月三日、日大講堂において私は大聖人の仏法が日
本一国のみにとどまらず、全世界の民衆を救済すべき大仏法であ
るたて前から「今後国立戒壇の名称は一切使用しない」旨を公式
に言明いたしました。
然るに妙信講は、この公式決定に従わず、更に昭和四十七年四月
二十八日付の正本堂に関する「訓諭」に異議を申立て、遂には「
流血の惨云云」の言辞をなすに至ったので、このような激越な行
動を思い止まらせるために、私は種々努力いたし、時には厳しく
誡めもし、或は大きく包容する意味での配慮もいたしました。


53 :名無しさん@3周年 :03/10/07 22:43
元妙信講講員の皆様へ(2) 日蓮正宗管長 細井日達

しかし妙信講は、その後も今日に至るまで、再三再四にわたる説
得や誡告にも従わず、宗務院や同信の徒をかえって非難中傷し、
その上遂に宗務院の制止を無視して大衆行動まで起すに至りまし
た。
私としては、今迄の努力が全く報いられなかったことを甚だ残念
に思い、かつ非常に悲しいことではありますが、一宗の統率者と
して宗門の秩序を守り、統制を保っていくためには、万やむを得
ないこととして、遂に今回の措置をとらざるを得なくなったので
あります。
一部の誤った指導者によって講員全体が誤った方向へむかわされ
ることは、まことに忍びないことであり、この上からも今回の処
置はやむを得ないこととして御了承いただきたいと思います。
たとえ如何なる理由があるにせよ、万が一にも無用の騒ぎを起し
て、宗内を更に乱すようなことがあっては、仏法に違背すること
となり、私を益々苦しめる結果となることをよくお考えいただき
たいのであります。


54 :名無しさん@3周年:03/10/08 22:19
>>32
創価学会と日顕さんは、仲がいいですね。
日顕さんは学会との協調路線を進めるために反学会の200人の僧侶と10万人
の信者を追放しました。
昭和59年には、池田大作さんを再度法華講総講頭に任命して、復権させたのも
日顕さん。

55 :名無しさん@3周年:03/10/11 09:47
元妙信講講員の皆様へ(3) 日蓮正宗管長 細井日達

どうか元講員の皆様には、この事態を冷静に受けとめられ私の心
情を御理解せられ、そして私の指示に従われるよう願います。
皆様は、今日以後、その所属寺院を別記四ケ寺のうち、いづれか
に定めて、今日より六十日以内にその寺へ申出られるよう願いま
す。
その寺においては、他の法華講員と何ら変らぬ平等の気持ちをも
って遇しますので、その指導教師の指導のもとに、宗門の方針に
沿った正しい信心に励んでいただきたいと心から念願いたします。
(別記)
  東京都墨田区向島三ノ一二ノ一五 常泉寺
  東京都豊島区南池袋二ノ二〇ノ七 常在寺
  東京都品川区西品川一ノ六ノ二六 妙光寺
  大阪市淀川区塚本六ノニノ二一  蓮華寺
http://sanity1.tripod.co.jp/vsub43.html

56 :名無しさん@3周年:03/10/11 17:01
妙信講から4箇寺に移籍した人はどのくらいなのでしょうか?

57 :名無しさん@3周年:03/10/13 21:19
日蓮実宗蓮華寺は、能化寺院で格式があります。大石寺の戒壇のご本尊さま
の元になった紙幅のご本尊さまがあることで有名。
蓮華寺・法源寺の住職の久保川法章師は現在では、大石寺の戒壇のご本尊さ
まも日蓮実宗蓮華寺の紙幅のご本尊さまも否定されています。
正信会の会長だった頃と現在はかなり立場が変わりました。



58 :名無しさん@3周年:03/10/13 22:06


定期コピペ推奨
衆院解散、総選挙で絶対に入れたくない政党(スクリプトは使わないで)
http://curoco.com/2chvote/anq/anq.cgi?data=20031012010530


59 :名無しさん@3周年:03/10/14 22:29
日蓮実宗と正信会の関係はどうなっていますか?

60 :名無しさん@3周年:03/10/15 22:33
日蓮実宗が正信会吸収?

61 :名無しさん@3周年 :03/10/16 22:51
妙信講は、妙縁寺に所属していました。妙縁寺にはもう1つ妙縁寺法華講が
ありました。妙縁寺の住職の松本日仁師が妙信講とともに宗門を離脱しまし
た。住職が離脱ということで、妙縁寺法華講も動揺していました。
宗門は妙縁寺法華講の動揺を抑えるために蓮華寺住職の久保川法章師を兼任
住職として妙縁寺に派遣しました。
久保川法章師は関西圏の妙信講員を再折伏して蓮華寺法華講に移籍させ、妙
縁寺法華講の動揺を抑える大活躍です。
久保川法章師が兼任住職ですから、副住職もいました。今、雪山坊の住職を
されている高橋信興師です。執事が今、伝法寺住職の浜中和道師です。
宗門最強トリオを妙縁寺に派遣したのです。


62 :名無しさん@3周年 :03/10/18 10:18
今、宗門最強トリオを選ぶなら、誰と誰と誰?

63 :名無しさん@3周年:03/10/18 17:47
高橋信興師は、今どうされていますか?

64 :名無しさん@3周年:03/10/19 18:33
昭和四十九年十二月〜昭和五十一年十二月まで妙縁寺執事の浜中和道師の
編集で「破邪新聞」が刊行されます。妙信講を破折した新聞ですが、旧妙
信講=現在の顕正会の人々は、この新聞を実質的につくっていたのは創価
学会の山崎師団の人々だと思っています。
創価学会の支援といえば、蓮華寺・久保川法章師も昭和38年〜50年頃
まで受けていました。
創価学会の敵である日蓮実宗や妙信講と戦う蓮華寺・久保川法章師は頼も
しい存在でした。
創価学会は、自ら日蓮実宗や妙信講と直接対決するとダメージが大きいと
思っていたのです。
この判断は正しかったのです。



65 :名無しさん@3周年:03/10/20 21:47
久保川さんと浜中さんが、宗門に残っていれば、学会にとって打撃でした。

66 :名無しさん@3周年:03/10/21 22:28
第二次学会問題の直前に創価学会改革運動というものがありました。
初期は藤原行正氏が中心で、最後の頃は福島源次郎が中心になっていました。
運動の規模は、2〜3万人程度です。指導者は、元創価学会幹部ですが、
参加した2〜3万人の9割近くが元檀徒会の人々です。
檀徒会は、反学会僧侶で結成された正信会の法華講に参加して、解散になって
います。正信会の法華講員は、十万人いましたが、山崎正友氏逮捕後、宗門か
らの追放で、急激に減少します。
元檀徒会の人々は、展望をなくし、創価学会にも戻れない状態です。
そんなとき、創価学会改革運動が登場したので、参加した人々もかなりいまし
た。創価学会改革運動とはいっても「内側から見た創価学会」の著者の塩瀬哲
生氏も参加しない改革派ではなく、超保守派の運動で、昭和30年代の折伏大行
進が正しいという認識です。
創価学会改革運動とは、学会の檀徒会切り崩しだったのでしょうか?


67 :名無しさん@3周年 :03/10/25 11:01
2寺院が日蓮実宗を結成したのが昭和39年。
久保川法章師が新たに建立された蓮華寺の住職に赴任したのが、昭和40年。
久保川師は神戸・妙本寺、創価学会と協力して、日蓮実宗蓮華寺の信徒を切り
崩します。
河辺慈篤師は、日蓮実宗大乗寺の信徒を創価学会と協力して、切り崩します。


68 :名無しさん@3周年:03/10/26 18:37
久保川さんと河辺さんは、日蓮実宗の切り崩しで頭角を現すわけですか。

69 :名無しさん@3周年:03/10/27 22:07
日蓮実宗は、正信会の先輩にあたるわけです。
創価学会が日蓮正宗を支配するのでは、という脅威を感じていた点
では、日蓮実宗と正信会の共通点があります。
日蓮実宗は、日蓮正宗の外から日蓮正宗の改革をめざしました。
正信会は、日蓮正宗の内から改革をまざしましたが、追放されました。
日蓮実宗蓮華寺は、元要法寺の人が200年以上前に建立した寺院です。
日蓮実宗大乗寺は、日華師とゆかりのある寺院です。
日蓮実宗2寺院は、信徒も多く、創価学会と戦うことが可能でした。
当時の宗門は、創価学会への依存を強めていた時期です。


70 :名無しさん@3周年 :03/10/28 22:27
日蓮実宗は、何人くらい信者がいますか?

71 :名無しさん@3周年:03/10/29 20:54
創価学会は、白蓮院が反乱軍の中心になることは予想していたが、蓮華寺は
予想外。
日蓮実宗・妙信講との戦いを蓮華寺・久保川法章師と共闘して進めていた。
今、創価学会は改革同盟や護法同盟と共闘している。改革同盟や護法同盟は
創価学会べったり。法華講を切り崩すのであれば、創価学会と一定の距離を
置く姿勢の方がいい。
学会べったりの離脱僧侶では、法華講員に影響がない。
そのことは、学会も知っているが、蓮華寺・久保川師のことがあるから、改
革同盟や護法同盟の独自行動を認められない。


72 :名無しさん@3周年:03/11/01 00:07
日蓮実宗の寺院は、東京にもありますか?

73 :名無しさん@3周年 :03/11/02 16:53
蓮華寺法華講は以下の4グループに分かれます。
1.神戸・妙本寺から移籍した人々
2.日蓮実宗蓮華寺から移籍した人々
3.妙信講から移籍した人々
4.折伏されて他の宗教から改宗した人々
創価学会と蓮華寺法華講とが友好関係にあった昭和52年以前、相互交流を
推進したのは、1の神戸・妙本寺から移籍した人々で、日蓮実宗蓮華寺や妙
信講から移籍した人々には反学会意識がありました。



74 :名無しさん@3周年:03/11/03 19:14
創価学会との関係微妙だったんですね。

75 :名無しさん@3周年 :03/11/04 22:41
創対連という言論事件以後結成された元創価学会員のグループは、政教分離を
創価学会に要求した。


76 :名無しさん@3周年:03/11/05 20:57
学会出身の青年僧侶が指導し、白蓮院法華講、蓮華寺法華講、創対連が
末端の活動を支え、週刊サンケイが報道すると、学会を脱会して檀徒会
に入る人が急増。
日蓮実宗の2寺院は、正信覚醒運動の先駆的な存在。


77 :名無しさん@3周年:03/11/07 20:51
学会と宗門、最初はうまくいっていたのでしょうか?

78 :名無しさん@3周年:03/11/08 12:51
大分と秋田で、一時学会の組織が壊滅的打撃を受けたそうですが、県のトップ
クラスが檀徒会に入ったのでしょうか?


79 :名無しさん@3周年:03/11/09 18:55
池田さんにとって、言論事件と第一次宗創対立の2つは敗北。

80 :名無しさん@3周年:03/11/10 21:18
福島源次郎氏・池田城久氏らの対宗門強硬派は少数派で、穏健派が宗門との
和解を進めました。
なぜでしょう。
1.日蓮実宗・妙信講との闘いで、久保川法章師=蓮華寺と共闘関係にあっ
  た創価学会にとって、久保川法章師=蓮華寺との対決は衝撃であった。
2.学会出身の青年僧侶が、学会批判の中心になったは、上記1と同じく
  衝撃だった。
3.言論弾圧事件で、政教分離で、議員が学会幹部を兼任できず、事実上
  議員が学会活動から手を引いたので、学会組織が人材不足になった。
4.妙信講との闘いに創価学会は苦戦していた。
これらの事情から、創価学会は宗門との和解を進めたのでは?と思いますが
どうでしょうか?


81 :名無しさん@3周年 :03/11/11 22:14
言論弾圧事件の後遺症があったんですね。

82 :名無しさん@3周年:03/11/12 22:16
山口法興師は、かつてセンターと呼ばれていました。
山崎正友氏から、創価学会池田体制に不満を持っている三島元理事長、小泉
元理事長、石田次男氏に近かった人々、創対連の幹部の情報を貰って、山口
法興師は電話しました。
第2次の初めに阿部日顕師が、大橋氏や創価学会改革運動の人々に電話した
ことがありましたが、それはこのときの山口法興師への対抗意識だったとい
うのは有名な話です。




83 :名無しさん@3周年:03/11/13 22:33
山崎氏は、何をめざしていたのでしょうか?

84 :名無しさん@3周年:03/11/13 22:35
>>83
(^^) ←これ?

85 :名無しさん@3周年:03/11/15 16:46
手塚貫道師・上妙寺についても見ておく必要があると思います。
上妙寺は、白蓮院や蓮華寺のように活躍が目立ったというわけではありませんが、
理論的影響を与えたという点では見逃せません。
手塚貫道師は、著作も多くある日蓮正宗の理論家です。
日淳師の後の昭倫寺のご住職です。昭倫寺は、戦前の創価教育学会、戦後の戸田
創価学会に不満を持つ人々を白蓮院とともに受け入れていた寺院です。
手塚師は60歳まで、昭倫寺の住職を務め、それ以後は自宅を寺院にして、ほそぼ
そと活動しました。正信覚醒運動が始まる少し前です。


86 :名無しさん@3周年:03/11/16 07:02
積もり積もった創価学会への不満が一気に吹き出た感じですね。

87 :名無しさん@3周年:03/11/16 19:27
手塚貫道師を宗門から追放したのは、日顕さんの間違い。
自民党に派閥を超えた政策の勉強会というのがありますが、手塚師の上妙寺
というのは仏法の勉強会で、学会・反学会を超えたもの。
上妙寺の法華経や御書の勉強会に昭倫寺法華講、他の法華講、檀徒会、学会
員が参加していましたが、今所属している団体を辞めるようにという話はあ
りません。石田次男氏がやっていた勉強会に似ています。
雑談で、白蓮寺と蓮華寺に反学会派が結集しているという話が出ることはあ
りました。
学会に対する公然批判はしていません。手塚師の影響を受けた山口法興師や
伊芸益道師が、方便品の全文を勤行の時、読むように檀信徒に指導したこと
はあります。




88 :名無しさん@3周年:03/11/17 21:41
手塚貫道さんは、創価学会の指導教師になるといわれた人です。

89 :名無しさん@3周年:03/11/18 22:17
手塚貫道師の独自の活動は、日達上人も了解していました。
手塚貫道師は出版を中心に布教していました。
これは、言論事件で脱会者が増え、昭和48年以降、脱会者が入会者が増えて
いる創価学会の現状を見て、宗門独自の布教を模索していたということだと
思います。


90 :名無しさん@3周年:03/11/19 22:08
創価学会にも苦しい時代があったんですね。

91 :名無しさん@3周年:03/11/20 22:12
日達上人が創価学会が長期低落傾向になったとき、手塚貫道師の独自の活動
を認めるわけです。
ところで、前の日淳上人も創価学会の限界を感じていました。だから、妙信
講(顕正会の前身)を昭和32年に法華講として公認しました。


92 :名無しさん@3周年:03/11/22 10:56
公明党の得票は過去最大、長期低落は続いているのだろうか?

93 :名無しさん@3周年 :03/11/22 20:52
宗門の元々の考えだったのでしょう。
創価学会は補完的な存在だという認識です。
昭和20年代の初め立正佼成会が身延に接近します。身延が立正佼成会を見る
のと同じ感覚で、宗門は創価学会を見ていました。


94 :名無しさん@3周年 :03/11/23 06:46
戦後、日蓮宗から多くの寺院が離脱します。日蓮正宗の帰一した妙蓮寺、讃岐
本門寺、日向定善寺などです。信者も霊友会などの新宗教に流れます。
そんな時、立正佼成会が日蓮宗に接近したのですから、日蓮宗としたら、大歓
迎です。


95 :名無しさん@3周年:03/11/23 19:38
創価学会は勝った。

96 :名無しさん@3周年:03/11/24 19:05
勝ってないよ。

97 :名無しさん@3周年 :03/11/25 22:27
戸田2代会長の後の3代会長候補に池田大作氏・石田次男氏・小泉
隆氏の3人がいました。3人のうち池田大作氏が会長になられたの
ですが、これは正しかったのでしょうか?
池田大作氏については、説明の必要ないですね。
石田次男氏は、参議院議員を辞めた後、上妙寺の手塚貫道師の弟子
になられ、後に上妙寺から離れ、正理研究会という勉強会をつくり
ました。第二次宗創対立の後は、横浜の宗門の寺院に所属。
小泉隆氏は、池田体制確立後、失脚。しかし、第一次宗創対立後、
復権。


98 :名無しさん@3周年:03/11/26 21:55
石田次男氏や小泉隆氏が会長だったら、宗門との対立は起きなかった?


99 :名無しさん@3周年:03/11/27 22:35
権力志向欲の強い椰子は結局失敗するな、池田みたいに。
石田がどういう性格だか知らないが、池田よりうまくやっただろう。




100 :名無しさん@3周年:03/11/28 22:15
法華経の真言も唱えましょう!

日本語訳法華経総持真言

不思議よ、思惟よ、意念よ、無心よ、永遠よ、修行よ、寂然よ、淡白よ、
弦黙よ、解脱よ、済度よ、平等よ、無邪心よ、心の平和よ、平等な見方
よ、迷いの滅尽よ、無尽の善よ、解脱の徹底よ、寂かに動揺しない心、
淡白な心よ、総持よ、観察よ、光明よ、みずからをよりどころとする心
よ、究極の清浄よ、凹凸のない平坦よ、高低のない平坦よ、回転しない
心よ、旋ることのない心よ、清浄の眼よ、等しくして等しき所なきことよ、
悟りの絶対境よ、法の完全な観察よ、教団の完全な和合よ、明快な説法よ、
真言よ、真言に安住する心よ、無尽のはたらきよ、響きわたる声よ、大衆
の声にたいする明察よ、教えの理解よ、無尽の教えよ、顧慮することなく
法に従う自在の境地よ。


101 :名無しさん@3周年:03/11/29 18:15
公明党の得票は過去最大、創価学会は勝った。正信会・檀徒会にも宗門にも。

102 :名無しさん@3周年:03/11/30 19:55
言論事件以後、入会者の急激な伸びは止まりましたが、昭和47年、創価学会
員は1千万人を突破しました。この年に正本堂が建立されました。
しかし、翌年の昭和48年に初めて、脱会者が入会者を上回り、会員数が減少
しました。この年が第3次新宗教ブームが始まった年です。
宗門も学会もこの事態に危機感を持ちました。そして新たな試みをしました。




103 :名無しさん@3周年:03/12/01 22:03
第3次新宗教ブームが学会を飲んだ。

104 :名無しさん@3周年:03/12/02 22:14
創価学会の低落傾向の中で、宗門も新たな試みをします。
宗門は、新たな広宣流布の体制を模索して、上妙寺の独自路線を容認しました。
昭倫寺の住職手塚貫道師が宗門と距離を置いて、出版を中心にした布教をしたい
という希望を認めたものです。
手塚貫道師は昭倫寺の住職を辞め、自宅を上妙寺という寺院にしました。自民党
に派閥を超えた政策集団というのがありますが、上妙寺の勉強会に昭倫寺法華講
などの法華講の人々、創価学会員、妙信講などさまざまな人々が集まりました。
参議院議員を辞めた石田次男氏なども勉強会に参加しました。石田次男氏は後に
自ら新しい勉強会=正理研究会をつくりました。


105 :名無しさん@3周年:03/12/03 21:52
日蓮正宗は、大石寺派、正信会派=檀徒会、創価学会、顕正会と複雑ですね。
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50

106 :名無しさん@3周年:03/12/04 22:11
顕正会には、勢いがあります。

107 :名無しさん@3周年:03/12/06 08:36
昭和48年からの長期低落傾向の中で、学会は、共産党との創共協定に向
かいます。
これは、創価学会の平和運動を外にも見える形にして、共産党との共闘も
視野に入れたものでした。
残念なことに創共協定は空文化し、創価学会の平和運動は広がりませんで
した。
展望を失った創価学会は、52年路線へと向かいます。ダッチロール状態
です。


108 :名無しさん@3周年:03/12/07 21:00
386 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:18 ID:???
日蓮正宗本流 本門法義の流れを未来へ伝承!
私達は異流義派の正信会が独立発表した(14・4・1継命)ので日蓮正宗が正常化
したときに復帰する正信会の本当の流れです。
阿部宗門、独立派正信会、学会、顕正会、すべて異流義化した宗内抗争は結論が
出ません。自派が正しいのならこのhpの文を機関紙に載せてください。誤っているか
ら堂々と法論できないのではありませんか。
こう悟れたならば、今一番しなければいけないのは法門の正しい伝承と思います。
宗内抗争の良い面は法義法門が明らかになる点です。
法義法門を集め未来へ相伝する未来へ流すのが派閥抗争に執着しないものの答え
で、組織にとらわれない本当の流れ、本流です。
 流れですから、私たちは組織団体ではなく、永遠に宗教法人にしない謗法もしないと
宣言します。もし疑問に思える箇所があれば御指摘ください。
改めるべきは改めます。
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50



109 :名無しさん@3周年:03/12/08 22:32
日蓮正宗本流というグループもあるのですか?

110 :名無しさん@3周年:03/12/09 22:14
正信覚醒運動の中心寺院の妙真寺が3分裂しました。

111 :名無しさん@3周年:03/12/10 21:57
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50
387 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:19 ID:???
成仏するかどうかは仏縁が濃いか薄いかとも言えるでしょう。
自分自身でで判断できます。このホームページを最後まで冷静に読むことができ、
一緒に仏の道をあゆむ人は順縁で、仏様に純粋に縁していくでしょう。
 文章を読んで怒りの気持ちが沸く人は冷静になるまで一息入れてください。
仏道を歩み始めているならば、謗法厳戒の精神が身についているはずです。
自分の派閥の謗法を糾そうとするなら成仏できますが、そう思わない人は謗法厳戒
の基本が身についてない初心者です。
 仏法が初めての人や宗教をしている人は仏法から開始してください。
富士門流の方は法義法門から実行しても構いませんが、できるだけ仏法からしてく
ださい。何故ならこれは正しい仏法ですので三障四魔がすぐ出るからです。
覚悟してください。
 出現する業魔の正体はキリスト教の悪魔の様に目に見えるものでなく、自分自身
の中にあります。また、正法ですから当然ご利益もありません。
どなたでもスタ-トとの時点で業、魔が起こりますので何はさておき連絡を!

問い合わせ   80円切手を貼った封筒を同封の上、下記へ
561―0851  大阪府豊中市服部元町2-4−22
豊中服部元町郵便局留 日蓮正宗本流


112 :名無しさん@3周年:03/12/11 21:29
日蓮正宗本流の正式名称は、日蓮正宗正統派本流なのですね。

113 :名無しさん@3周年:03/12/13 13:05
昭和48年からの停滞を打開するために学会、宗門、法華講、妙信講が互いに
協力するべきだった。


114 :名無しさん@3周年:03/12/14 19:55
宗門を離脱した眞光寺法華講、どこへ行く
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1071390366/l50

115 :名無しさん@3周年:03/12/16 22:16
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50
388 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:21 ID:???
成仏への道
仏法伝承者求む!!
このタイトルを見てピンと来た人こそ私達の仲間で、過去世において流布を
誓い合った真の友です。
また、仏法を追求してみたい人も同士になるでしょう。
その他の人も読んでください。
印度では千年以上昔に、中国では文化大革命で仏法は消滅しました。
そして日本でも敗戦により、本来の仏法者は指で数らえるくらいになりました。
文明はコンピュータ−やロボットを創り出し最高の極みにあるのになぜ自殺者
が増え続けるのか?
人の心は満たされないままなのか?
それは釈尊つまり人生の師匠を持たないからです。
仏様のように迫害にあっても正しさを貫ける人はまれです。
誰にも仏性はあるのですが、仏陀は観れません。
しかし、釈尊と同じように正しさを貫けば、御本仏と話すことが可能です。
釈尊はすべての人に仏性があり、成仏するといいましたが、それは理(論)です。
事(実)の上で可能かは、御本仏の言われたことを聞けるかどうかです。
以下成仏を初めとして、ご利益、オーラ(自体顕照)、神や霊、そして最後の涅槃
(安らぎ)まで全ての章を漏れなく自分に当てはめ、確認していってください。
最後の入門まで到達できた人こそ私たちが探している過去世からの仲間であり
永遠の友、仏法伝承の眷属です。


116 :名無しさん@3周年:03/12/18 22:18
日蓮正宗本流の人々は、宗門・学会・正信会をどのように批判しているのでしょうか?

117 :名無しさん@3周年 :03/12/20 19:08
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50
389 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:22 ID:???
仏法のことは仏法者に
世の中にはおかしなことがあります。仏法者以外の人が仏法を説いているのです。
禅、念仏、真言、天台、これらは宗教で仏法ではありません。
話の始まりが仏法でも最後には宗教に変わってしまったら成仏も何もありません。
新興宗教は触れる必要もないでしょう。
ですから仏法対話とか折伏と称して人と話をする場合その人が宗教者がほとんど
ですので気をつけなければいけません。

118 :名無しさん@3周年 :03/12/22 22:17
妙真寺から宝浄寺に移籍する人多いですね。


119 :名無しさん@3周年:03/12/24 22:34
390 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:23 ID:???
宗門

良いところ
小さいながらも現代まで法脈を護ってきてくれたからこそ私達がいると感謝します。

以下謗法

一、御本尊
大御本尊と御影があっても物質としてで、学会の謗法を容認し、また謗法容認を隠
したままですので、神天井の法門で諸天や諸仏は大石寺より「所を辞して」ます。
二、御本仏
現代の貫首を御本仏とするのは誤り。法主は大聖人お一人で貫首は法主ではあり
ません。。
三、血脈
阿部氏の貫首相承の日がいつか未だに正式発表がありません。
誰も知らないまま次の人に相承してもそれも認められるものではないと事前に言って
おきます。
そこで師匠ではないので阿部さんに対しては「氏」を使うのが正解です。
日顕宗では日号を認めることになるので阿部宗が良いでしょう。

120 :名無しさん@3周年:03/12/27 14:15
日蓮正宗本流は、学会の謗法を批判して、宗門の貫首本仏論を批判している。

121 :名無しさん@3周年:03/12/28 20:47
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50
391 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:27 ID:???
創価学会
良い所
宗門活性化。増上慢の僧侶を諫めた。

以下謗法
一、御本尊
日寛上人のご本尊を許可なくコピー印刷していますが、貫首の認めない御本尊
は魂が入ってない血脈のないものです。仏作って魂入れずそのものです。偽札と
同じで本物そっくりに作っても偽物はニセモノです.学会常住の本尊も偽物が作ら
れました。
二、御本仏
人生の師匠も大聖人です。三徳の内、師徳だけが何故池田氏になるのでしょうか。
三、血脈
謗法厳戒に大聖人の命脈は流れます。血脈正義がないので阿部氏などへ憎
しみを出すのが正義と勘違いしています。。

122 :名無しさん@3周年:03/12/29 21:36
池田本仏論は、じっさいのところよくわかりません。

123 :名無しさん@3周年:03/12/31 09:29
宗門に復帰という動きもありますね。

124 :名無しさん@3周年:04/01/02 12:20
妙真寺の住職、山口法興師は、他の正信会の僧侶200人とともに阿部宗門
から追放されました。
妙真寺法華講・檀徒会のほとんどの人々は、山口法興師と行動をともにしま
した。
少数の阿部宗門派の法華講員は、宝浄寺に所属して、宝浄寺所属妙真寺法華
講として行動しました。


125 :名無しさん@3周年:04/01/04 20:19
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50

394 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:34 ID:???
学会では大聖人様が本仏ではありません。
師匠は先生と呼ばれる池田氏ではありませんか。
すると大聖人は三徳の内、師匠の徳が欠けた仏でもなんでもない人間となります。
実践の仏法者には今学会は謗法と観えます。
阿部宗門や正信会でも住職を先生と呼ばせているのは大聖人を仏としない住職
本仏です。ここのhpをよく読んで異流義を糾しましょう。

http://www.buppou.com/


126 :名無しさん@3周年:04/01/06 22:56
池田氏が本仏ですか。

127 :そんなおまいらにこの良スレ:04/01/07 02:21
【御書で】日蓮系は殺人カルト【殺人推奨】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1071377103/

128 :名無しさん@3周年:04/01/11 13:03
日蓮大聖人の教えを求めて
日蓮大聖人の仏法を、ともどもに学び、修行していこうと訴えているのが富士門
流・日蓮正宗であります。その流れを根本とする寺院・布教所の集まりが正信会
です。全国の正信会寺院・布教所では、僧侶と信徒とが、大聖人の仏法をまじめ
に研鑽し、実践しています。私たちは、人びとが真の幸福を得るために、大聖人
の仏法を学び、正しく信仰しなければならないと訴えていますが、7百年以上に
及ぶ日蓮正宗の歴史(直弟子・日興上人が1289年に大石寺を建立)のなかで、
ときには勝手な考えにまかせて、仏法を悪用し、かえってほんとうの教えを隠し
てしまう人も出てきました。
http://www.fujimon.or.jp/towa.html

129 :名無しさん@3周年:04/01/13 11:56
> 手塚貫道師を宗門から追放したのは、日顕さんの間違い。

手塚先生は、正信会等とは違い自分から出ていったのであり、御当代日顕上人は全く関与しておりません。

130 :名無しさん@3周年:04/01/15 23:08
>>129
どのようなお考えから宗門を離れられたのでしょうか?

131 :名無しさん@3周年:04/01/16 11:14
私は手塚先生の元で学んでいたので、御本人からお聞きしましたが、創価学会の路線とは別に広宣流布の礎を作るため、表向き離れた格好を取ったのだそうです。
今でも、全く宗門と切れている訳では無いようです。
ですから「出ていった」と言うのも余り正確では無いですね。

132 :名無しさん@3周年:04/01/22 22:11
>>131
宗門の平成2年の3万人総登山に参加されたのでしょうか?

133 :名無しさん@3周年:04/01/24 20:49
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1020778654/l50

396 :日蓮正宗正統派本流 :03/06/12 23:50 ID:???
正々堂々としているのなら継命新聞、大白法、聖教新聞などの紙面で青天白日
の元で論じ合おうではありませんか?当方は間違いを正すのにはやぶさかでは
ありません。何はさておき連絡を!

http://www.buppou.com/



134 :名無しさん@3周年:04/01/26 22:22
正信会の機関紙継命には、手塚貫道師や福島源次郎氏の投稿記事も掲載されていま
した。

135 :名無しさん@3周年:04/01/27 23:21
山崎正友さんが逮捕された衝撃が大きく、手塚貫道さんや福島源次郎さんもオルグして
いたということでしょうか。でも正信会とは別の道を歩まれていますね。

136 :名無しさん@3周年:04/01/31 21:20
檀徒会は、正信会の法華講になりました。

137 :名無しさん@3周年:04/02/02 22:26
福島源次郎さんが、正信会に入ると状況が大きく変わったでしょうね。

138 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:21
でも福島さんは、第2創価学会をつくりたかったのでしょう?

139 :名無しさん@3周年:04/02/07 06:01
正信会・檀徒会は最盛期には十万人いました。

140 :名無しさん@3周年:04/02/08 20:16
そんなにいたのに急激に減ったのはなぜでしょうか?

141 :名無しさん@3周年:04/02/09 23:16
久保川法章師はどんな活動をしていますか?

142 :名無しさん@3周年:04/02/10 23:11
「大聖人の仏法を信仰している」と主張している在家団体として、池田大作氏
ひきいる創価学会がありますが、この団体も、池田氏という一人の人間を絶対
視しています。池田氏を頂点とするその強固な組織は、日本の国政をも左右す
るほどの大きな力をほこり、会員は組織に従属しています。
かつては創価学会も、名目は日蓮正宗の信徒団体として活動していました。と
ころが組織が発展してくると、創価学会が本来もっていた考えと、日蓮正宗の
教えとのあいだに、大きなギャップのあることが明らかになってきました。
そこで創価学会は、あわよくば宗門そのものを儀式・法要をおこなう1部門と
して、自分たちの組織に従属させようと試みてきたのであります。また、それ
がかなわなければ、宗門と分かれて独立し、日蓮正宗とは違った宗教団体とし
て進んでいこうとしました。
この路線が昭和52年に公になったことから、私たちは創価学会の企てを「52
年路線」と呼んでいます。正信覚醒運動は、この「52年路線」を直接の発端
としてはじまった運動です。


143 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@名前だけ仏所 ◆IByKs72gR2 :04/02/11 00:52
>>141
本出してるよ本。

144 :名無しさん@3周年:04/02/12 23:08
創価学会は、第一次のときは宗門に対して穏健路線でした。

145 :名無しさん@3周年:04/02/14 21:47
言論事件、妙観講、万年講を苦戦が続き、新たに宗門を戦う体力はなかったから。

146 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@名前だけ仏所 ◆IByKs72gR2 :04/02/15 00:08
結局、正信覚醒運動は、宗内のアンチ学会勢力のあぶり出しだったんだよね。

147 :教えてくれ:04/02/16 01:59
俺たちは関東に住んでいて女房の親の墓が九州にあるんだ。
遠くて簡単に墓参り出来ないし、墓守しててくれた近所の人も
去年お亡くなりになって無縁仏状態だから、こっちに引き上げようと思ってるんだ。
たまたま近くに、小さいんだけど買える墓地があったので
これを機会にと思ってるだけど、何か聞いた話に依ると市役所の手続きなどが必要とか??
入れる時は何とも言わなかったんだけど墓から出す時には地元の役所に云々って・・
宗派などの彼是もあると思うから、何かアドナイスをくれ

148 :名無しさん@3周年:04/02/16 23:37
あぶり出されなかった宗内のアンチ学会勢力もあったのでしょうか?



149 :名無しさん@3周年:04/02/17 19:57
一つの意見として聞いてください。
まず仏陀は自殺を認めています。
違うという人は勉強不足です。
どんな理由があろうと自殺を認めてる宗教はろくなモンじゃないです。
あと仏教では霊魂の存在を認めていません。
違うという人は勉強不足です。
なのに霊を慰めるとかでお経を唱えるのは意味が判りません。
仏陀は出家するのですが裕福で恵まれた環境にもかかわらず
このままでは一生煩悩に悩まされ救われる事はないとか言って
ある程度まで育ててくれた親の恩を忘れ修行の旅に出ます。
自分の家族を心配させ悲しませ悟りをひらく?なんと身勝手な人間でしょうか。
それと仏陀は生殖行為も否定しています。
自分をこの世に生んでくれた両親の行為をも否定するあきれたバカです。
いくつ宗派があるかは知りませんが元はこの仏陀というバカで自分勝手な男が
つくりあげたものです。
何人の人が仏陀に救われたかは知りませんが自分の家族を悲しませその事について
謝罪の言葉もないこんなヤツに救われたくないですね。






150 :名無しさん@3周年:04/02/17 23:20
檀徒化運動というのは、大分・寿泉寺(佐々木秀明師=当時)と
千葉・涌化寺(丸岡文乗師)から始まりました。
大分・寿泉寺檀徒会は大阪・蓮華寺法華講から、千葉・涌化寺は
東京・白蓮院法華講から移籍した人々が中心でしたか?

151 :名無しさん@3周年:04/02/18 22:56
檀徒会と法華講は親密な関係。

152 :名無しさん@3周年:04/02/19 22:50
檀徒会は寺を超えた交流があったのでしょうか?

153 :名無しさん@3周年:04/02/20 23:50
檀徒会には謎が多い。

154 :名無しさん@3周年 :04/02/21 10:34
>>149
ジャイナ教のように食事をしないで餓死するのが尊いという説いている経典
があるのでしょうか?

155 :名無しさん@3周年:04/02/21 21:06
創価学会にとって、日蓮正宗とは何だったのでしょうか?

156 :名無しさん@3周年:04/02/23 23:44
霊友会や佼成会のような新興宗教ではないと主張するためでしょう。

157 :名無しさん@3周年:04/02/24 23:29
創価学会は強い。

158 :名無しさん@3周年:04/02/25 23:12
神力寺のご住職がなくなられました。

159 :名無しさん@3周年:04/02/26 02:30
>>149
>まず仏陀は自殺を認めています。
認めていません。自殺者は極楽浄土へいけないという仕組みになっております。
ちゃんと勉強してください。

>なのに霊を慰めるとかでお経を唱えるのは意味が判りません。
南無阿弥陀仏を唱えることで極楽浄土へいけます。
念仏を唱えましょう。

>仏陀は出家するのですが裕福で恵まれた環境にもかかわらず
>このままでは一生煩悩に悩まされ救われる事はないとか言って
>ある程度まで育ててくれた親の恩を忘れ修行の旅に出ます。
それはイエス・キリストも同じです。

>それと仏陀は生殖行為も否定しています
そんな話は聴いたことがありません。
寧ろそれはユダヤ教を起源にもつパレスチナ地方の一神教の類でしょ。

>謝罪の言葉もないこんなヤツに救われたくないですね
というか、仏教はそもそもキリスト教のような救いの宗教じゃないんですよね。
宗教というよりも宇宙の真理や人間の生き方を解いた哲学のような・・・


160 :名無しさん@3周年:04/02/26 22:50
日蓮正宗の名僧は、久保川法章師なのでしょうか?

161 :名無しさん@3周年:04/02/28 11:54
正信会の会長ですね。

162 :名無しさん@3周年:04/02/28 21:46
檀徒会と法華講の合同はうまくいきました。

163 :名無しさん@3周年:04/02/29 08:36
昭和55年8月から2年間は、日蓮正宗の混乱期。

164 :名無しさん@3周年:04/03/01 22:48
神力寺檀徒会は、蓮華寺法華講から移籍した人々が結成したのでしょうか?

165 :名無しさん@3周年:04/03/01 22:52
日蓮以上の存在か?救世主か?
S・MU登場
http://www1.odn.ne.jp/sharla-mu/index.html

166 :名無しさん@3周年:04/03/02 23:26
檀徒会を再結成するべきだ。

167 :名無しさん@3周年:04/03/06 06:14
楽器作曲板から来ました。
層化ソングです、どですか?
http://www.yonosuke.net/clip/data/4539.mp3
1、私は創価 親の代から創価
  六畳のアパートに大きな仏壇 
  部屋を仕切るカーテンの奥には あなたに言えない秘密がある
  話せない 打ち明けられない あなたに嫌われるの 怖くて
  離せない 打ち明けられない 仏壇の陰で 泣いてます

2.私は創価 福子と呼ばれる
 本棚の奥には「人間革命」
 約束破る 本当の理由(わけ)は あなたに言えない ごめんなさい
 話せない 打ち明けられない あなたに嫌われるの 怖くて
 離せない 打ち明けられない 勤行しながら 泣いてます

3.私は創価 本当は辞めたい
 広宣流布なんて どうでもいいの
 裏切り者と罵られても あなたと一緒に生きていきたい
 今夜私は走ってゆくわ 本尊焼き捨て あなたの元へ WowWou・・・

4、俺は実は創価 幹部の息子 女子部のブスと 縁談がある
  あの娘が好きでも 彼女は外部 創価と知ったら 離れてゆく
  今夜あの娘が 俺の元へ でも分かれの言葉を 告げて行こう
  創価の男で 生きてゆこう 青い背広で 会館を守ろう
  あの老人を 守ってゆこう 生まれた宿命に 従いながら WowWou・・・・

168 :名無しさん@3周年:04/03/06 19:49
正信会の法華講は、元学会員がほとんどですか?

169 :名無しさん@3周年:04/03/07 09:43
>>168
そうです。

170 :阿達正照 ◆DRpRX/Bd5M :04/03/07 10:03
顕正新聞〈平成16年3月5日号)の2月度総幹部会における浅井会長の講演に疑問
をもった箇所があります。
「御在世に立ち還れ、塔婆・戒名は不要」という見だしで、
『次に戒名のこと。御在世には今のような、死んでからの戒名はないのです。生前に
頂く「法号」というのはありました。たとえば上野殿の法号は「大行」ですね。わず
か二文字ですよ。
 そして熱原の法華講衆の方々は、法号もない、いわんや戒名などのあるわけもない。
みな俗名のままです。
 ですから、日興上人は熱原の法難の三十年後の徳治三年に、神四郎殿等の追善のため
に記念御本尊をおしたため下さっておられるが、その脇書きを拝見すれば
「駿河国 富士下方 熱原郷の住人 神四郎」
とある。戒名なんか書いてない。「熱原の住人 神四郎」と、俗名のままです。このよ
うに、御在世には戒名などはなかったのであります。』
との発言がありましたが、果たして本当に、御在世には戒名はなかったのでしょうか?
実はそうではないのです。戒名はちゃんとあったのです。
実例を挙げますと、小松原法難の時に殉死を遂げた工藤吉隆殿などは「妙隆院
日玉上人」という立派な戒名を授けられておりますし、大聖人様の父君・母君
の戒名は授戒の時の妙日・妙蓮という法号を兼ねたものがあります。他にも南
條殿や曽谷殿など、生前に戒名を授けられた方々が大勢おられます。
ではなぜ、顕正会はこの時期にこんな事を言い出したのでしょうか?
もしよろしかったら、私のHPに来てこの事について意見交換などしてみま
せんか?
ぜひ遊びに来てくださいね。お待ちしております。

富士壇信徒掲示板2004
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=fuji009x


171 :黒田哲正:fLTXp/fR:04/03/08 23:23
こやー。http://bbs3.otd.co.jp/308130/bbs_plain?base=424&range=1

172 :黒田哲正:fLTXp/fR:04/03/09 00:11
こやー。http://bbs3.otd.co.jp/308130/bbs_plain?base=424&range=1

173 :名無しさん@3周年:04/03/10 00:06
檀徒会から顕正会へ移った人も多い

174 :名無しさん@3周年:04/03/10 23:25
其の身は有に非ず亦無に非ず 因に非ず縁に非ず自他に非ず 方に非ず円に非
ず短長に非ず 出に非ず没に非ず生滅に非ず 造に非ず起に非ず為作に非ず 
坐に非ず臥に非ず行住に非ず 動に非ず転に非ず閑静に非ず 進に非ず退に非
ず安危に非ず 是に非ず非に非ず得失に非ず 彼に非ず此に非ず去来に非ず 
青に非ず黄に非ず赤白に非ず 紅に非ず紫種種の色に非ず
戒 定 慧 解 知見より生じ 三昧 六通 道品より発し 慈悲十力無畏より
起り 衆生善業の因縁より出でたり

お釈迦さまのお体は、有るとか無いとかという理解を超えています。何かの因
になることも縁になることもなく、自他の区別もありません。四角だとか円い
とか、短いとか長いといった世間の計り方では計れない存在です。出るとか隠
れるとかでもなく、生じるものでも滅するものでもありません。...

仏とは何か?
生命だ。
生命は南無妙法蓮華経だ。


175 :名無しさん@3周年:04/03/13 21:46
千葉県・涌化寺住職
丸岡 文乗
--------------------------------------------------------------------
本日、大聖人様ゆかりの佐渡をひかえるここ新潟において、第二十七回正信
会法華講全国大会が盛大に行われまして、まことにおめでとうございます。
本大会開催にあたっては、関越布教区の僧俗の皆さまには早い時期からその
準備に取りかかっていただき、運営に万遺漏なきよう多大なご尽力を賜りま
したことを、まずもって一同を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。あ
りがとうございました。
このたび、議長に私が就任いたしました。徳薄垢重の拙き者ではありますが、
宗・開両祖の御教えと御精神をつねに忘れることなく、正信会のさらなる充実
発展に努力したいと思いますので、全国同志の皆様方には、何卒よろしくご理
解、ご協力のほどお願い申し上げます。
昨年の立宗七五〇年慶讃記念法要を兼ねた全国大会で坂井前議長は、これから
正信会が力を入れていかなければならないこといたしまして、法義研鑚の重要
性、正法護持の心意気、正法弘通の使命の自覚等についてお話しされました。
これを受けて正信会では、本年の指針を、
一、努めよう法義の研鑚
一、励もう正法の護持と弘通
と打ち出しておることはご承知のとおりであります。



176 :名無しさん@3周年:04/03/14 12:25
涌化寺は、早い時期に檀徒会が結成されたようですね。

177 :名無しさん@3周年:04/03/15 23:43
白蓮院法華講からの移籍した元学会員で、涌化寺檀徒会は結成されました。

178 :名無しさん@3周年:04/03/16 23:14
正信会、活発ですね。

179 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:35
東京妙縁寺信徒の方の文書から

本尊書写は唯受一人の上人お一人の権能
宗制宗規十四条 「法主は、宗祖以来の唯受一人の血脈を相承し、
本尊を書写し、日号、上人号、院号、阿闍梨号を授与する」とあ
ります。
有師化儀抄註解
 「漫荼羅書写の大権は金口相承の法主に在り・敢て沙弥輩の呶
々することを揺る三や」(富要一・一一二)。
日応上人云く「此れ法体相承を受るに付尚唯受一人金口の相承な
るものありこれ金口嫡々相承を受けざれば決して本尊の書写をな
すこと能はず」(弁惑観心抄二一二頁)。
 又、云く「尊師伝に云く本尊相伝の事は唯受一人に事限る末弟
みだりに混乱すべからずと遺誠し尊師自らも在世中一幅の本尊を
も書写し玉わざるは唯受一人の相伝なくして書写すべきものに非
らざればなり、然るに其末弟として禁誡を犯し恣に本尊を書写す
る汝等は師敵対僣聖上慢の悪比丘たるべし」(同書二一九頁)
以上の如く血脈相承を承けていない阿部師には、断じて本尊書写
の権能は全くありません。
私は相承のことよりももっと恐れることは、前出の石田次男氏は
「日顕師の書写した本尊には功徳はない。」ということです。功
徳が無いなら罰がある。功徳も罰も無い本尊など有り得ないから
です。拝する者、進める者、すべて無間地獄です。何もしない者
でも与同罪は必定です。開眼供養をすれば良いなどと申しても
「源濁れば流れ清からず」(十章抄)で、開眼供養さえすれば誰
が書写しても、本尊としても仏力・法力が備わるというものでは
ないでしょう。断じて御本仏の御印可があるはずはありません。


180 :名無しさん@3周年:04/03/18 23:09
かつては創価学会も、名目は日蓮正宗の信徒団体として活動していました。
ところが組織が発展してくると、創価学会が本来もっていた考えと、日蓮正
宗の教えとのあいだに、大きなギャップのあることが明らかになってきまし
た。
そこで創価学会は、あわよくば宗門そのものを儀式・法要をおこなう1部門
として、自分たちの組織に従属させようと試みてきたのであります。また、
それがかなわなければ、宗門と分かれて独立し、日蓮正宗とは違った宗教団
体として進んでいこうとしました。
この路線が昭和52年に公になったことから、私たちは創価学会の企てを
「52年路線」と呼んでいます。正信覚醒運動は、この「52年路線」を
直接の発端としてはじまった運動です。


181 :名無しさん@3周年:04/03/19 13:15
創価の話題は専用板がありますので、そちらでドウゾ
創価・公明板
http://society.2ch.net/koumei/

脱会についてはコチラが詳しいです

●○私、脱会しました。○●「Part5」
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1072256115/l50

本尊は焼いても罰など落ちません。

【仏罰】本尊焼いてうpしました6【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075993465/l50

衝撃!本尊焼却画像
http://www.geocities.com/wkim20032000/
本尊焼きをなさった方→カラビナ◆P6rBQWtf4氏

ロックからフォーク、演歌まで多才な>>1さんが歌う爆笑創価ソング
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1077759184/

182 :名無しさん@3周年:04/03/20 00:05
石田次男氏から学びましょう!
http://www.hm5.aitai.ne.jp/~imachan



183 :名無しさん@3周年:04/03/20 10:30
正信会(しょうしんかい)
【創 立】昭和55年7月4日
【創始者】かつて日蓮正宗に在籍していた一部の僧侶(代表:正信
会議長・坂井進道/平成14年現在)
【本 尊】宗祖日蓮大聖人の御魂(目には見えないもの)
【経 典】大聖人御書及び法華経等
【信者数】不明

正信会とは、日蓮正宗の方針に従わない僧侶たちが、宗門の正しい
信仰から離反していき、形成している集団である。
正信会の発端は、昭和52年の創価学会謗法問題である。創価学会
の謗法が明らかになるにしたがって、各地で学会を脱会する信徒が
相次ぎ、寺院はこれを直属信徒(檀徒)として受け入れた。こうし
た状況のなか、時の法主であった第66世日達上人は、学会の過ち
を改めさせ、僧俗和合して広宣流布に前進するよう教導された。



184 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:57
正信会の本尊は、大石寺の戒壇のご本尊様です。

185 :名無しさん@3周年:04/03/22 23:18
正信会は約200の寺院があります。

186 :名無しさん@3周年:04/03/23 23:19
創価学会は当初、檀徒会との対決を避けていました。

187 :名無しさん@3周年:04/03/25 21:58
無量義経を学びましょう!
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1072140794/l50

188 :阿達正照 ◆DRpRX/Bd5M :04/03/26 01:03
>>141
>久保川法章師はどんな活動をしていますか?

久保川法章さんは、現在、日蓮真宗と言う新しい宗派
を開いて、御開山日源上人と名乗り、血脈相承は自分に有り
として御本尊も書写しているそうです。

189 :名無しさん@3周年:04/03/26 23:29
昭和49年頃から、それまで創価学会の謗法行為に耐えぬかれた日達上人は、
これよりその目にあまる謗法行為を厳しく指摘されるようになった。
日達上人は、その後も圧力や甘言に屈することなく「一人でもいいから本山を
護る」という強い決意をもたれ、正法護持につとめられた。このことが正信覚
醒運動の原点です。


190 :名無しさん@3周年:04/03/27 21:29
先日、900回目のサンデー勤行会を行った沖縄本島のある支部。信心の基本
に徹し、団結固く前進しよう-支部長の提案に賛同し、スタートしたのが18
年前。以来、毎週日曜日の朝実施、これまでに、やむをえず休んだのが正月と
台風時の2回...
 (聖教新聞 3月25日 名字の言)


191 :名無しさん@3周年:04/03/27 21:34
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075193610/l50

192 :名無しさん@3周年:04/03/28 09:38
正信会、分裂か?

193 :名無しさん@3周年:04/03/29 22:51
日蓮正宗本流とはどんな人々なのでしょうか?
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1053348897/l50

194 :名無しさん@3周年:04/03/30 23:07
反学会僧侶の正信会より親学会僧侶の護法会の方が先に結成されていました。

195 :名無しさん@3周年:04/03/31 22:36
正信会に諫言する 山口法興

「妻を八十一度一夜に犯す」だと、なんだそりや、と驚かれると思います。
これは、れっきとした御書の御文であります。正嘉二年(一二五八)、大
聖人三十七歳の時の「一代聖教大意」という御書に載っております。これ
だけでは唐突すぎますから前後の文を挙げてみます。
(略)
できると言うならば、その前に、いかなる手法をもってしてもいいですか
ら、人間(自分自身)を解明・立証して頂きたいものです。その人間を救
うという御本尊をどうして解明できると思うのでしょうか。私にはどうし
てもわかりません。
さて、まだまだ「宗祖本仏義」「血脈相承」「現在の大石寺の誤り」のこ
となど申し上げなければならない事が沢山あるのですが、長くなりますの
で、次回に譲ります。
実は、その分でもないのに、このような挙にでたのは、謗法を見過ごすわ
けにはいかないのと、何も知らない御信者を地獄へ道連れにすることであ
る事、立宗七百五十年の佳節を謗法で汚してはならないと思う切羽つまっ
た気持ちからであります。また自浄作用を失った会内でいかに論じても意
味はありませんし、もはや宗門の知るところとなり、言わなければ、正信
会全体が一派と同じと見なされてしまいます。他のことならいざ知らず、
戒壇本尊を否定していると見なされたのでは、なにがゆえに擯斥・追放・
破門という仕打ちを受けたのかわからなくなってしまいます。そしてそれ
は、今までの活動は全くの無駄であったということになります。それは我
等自身を否定することであり、これは堪えられないことであります。また
御信者の方は、ほとんど何も知りません。僧侶が御信者に、これらの謗法
を知らしめないのは、実に無慈悲であると思いますので、是非御信者にも
読んでいただきたく、御僧侶に対しては甚だ無礼とは存じますが、このよ
うな文牽にさせていただきました。 (略)

196 :名無しさん@3周年:04/04/01 22:48
昭和55年7月4日 正信会発足

大石寺塔中の蓮東坊に活動家僧侶が集い、「正信会」が正式に結成された。
それまでは、宗門の二分化をさけ混乱を憂慮し、あくまでも宗門全体の正信
覚醒運動を推進してきた。しかし、阿部宗門は「憂宗護法会」なるものをつ
くり、活動家僧侶を除外する動きをとってきた。
よって、活動家僧侶は、互いに助け合い励まし合いながら「正しく信仰を見
る」「正しく公正に正邪を判断する」「僧道の原点を考える」等の意義を踏
まえ、ここに正信会を結成することになった。



197 :名無しさん@3周年:04/04/03 00:05
正信会はどうなりますか?

198 :名無しさん@3周年:04/04/03 00:41
正信会に諫言する(1) 山口法興

「妻を八十一度一夜に犯す」だと、なんだそりや、と驚かれると思います。
これは、れっきとした御書の御文であります。正嘉二年(一二五八)、大聖
人三十七歳の時の「一代聖教大意」という御書に載っております。これだけ
では唐突すぎますから前後の文を挙げてみます。
此の人(初果の聖者、須陀おんとも言い、理に迷う惑を断ち切った人)は未
だ思惑(事象に迷う煩悩。欲望など)を断ぜず、貪・瞋・癡有り。身に貪欲
ある故に妻を帯す。而れども他人の妻を犯さず。瞋恚(いかり)あれども物
を殺さず。鋤を以て地をすけば虫自然に四寸去る。愚癡なる故に我が身初果
の聖者と知らず。婆沙論に云く「初果の聖者は妻を八十一度・一夜に犯すと」
取意。天台の解釈に云く「初果、地に耕すに虫四寸離るるは道共の力なり」
と(御書全集392頁〉
なぜこのような凡情をもてあそぶような御文をあえて取り上げたかといいま
すと、とにかく、詐欺まがいに読者の興味を引いてでも、この文を読んで戴
きたいからであります。お怒りになるかも知れませんが、「発心真実ならざ
る者も正鏡に縁すれば功徳なお多し」という言葉もありますので、どうかご
勘弁のほど願い上げます。
http://speedstar.fc2web.com/frame.html


199 :名無しさん@3周年:04/04/03 10:46
正信会に諫言する(2) 山口法興

釈尊の仏教では、戒律を守ることが、在家・出家を通じての修業でありました。
その戒律の第一は、大聖人が「一切諸戒の中の第一なり」といわれる「不殺生
戒」であります。しかし、修行者(僧)の禁戒の第一は、婬戒(女人と通ずる
こと)なのです。戒のうち、一番重要なのは、殺生戒に変わりはありませんが
、殺生戒などは、修業者にとっては当たり前すぎて、守るに苦行がともないま
せん。けれども婬欲は煩悩の最たるもので、これを断つのはむつかしく、また
これを断つのが修行の目的といっていいぐらいですから、出家の戒の筆頭に挙
げられているわけです。勿論これを犯せば、言いわけ無用、即刻、僧団追放で
ありました。ですから修行者は、これを断つことに苦慮したはずであります。
それゆえ女人を見まい、近づくまいとすら努めましたから、妻帯などするわけ
がありません。妻帯もないのに、一夜に八十一度もの犯戒などあるわけはない
でしょう。まして須陀おんの覚者にこのようなことの起こりうべきはずはない
と思うのであります。第一、どんな婬欲熾盛の猛者でも色情狂でも不可能であ
ります。このようにありうべからざる事といい、御書の題号に極めて似つかわ
しくない文をなぜ引用・挿入されたのか。先師が戸惑われたのもこの辺の事情
によるものと思われます。しかし、大聖人が奇をてらい、凡夫を翻弄するため
に書かれるはずはありませんから、適切な引例とされたことは疑いをいれませ
ん。
http://speedstar.fc2web.com/frame.html




200 :名無しさん@3周年:04/04/04 15:40
山口法興さんは、今どうしておられますか?

201 :名無しさん@3周年:04/04/05 23:22
正信会に諫言する(3)山口法興

ある解説書などは、「一夜」とか「八十一度」という数は、この文
を理解する秘鍵の一つと思うのですが、「一夜」には目もくれず、
「『八十度』の文はない。更に検討す」と、「八十一」を「八十」
と数を粗略に扱った上に匙を投げております。房事の数など、八十
でも八十一でも同じじゃないか、と思ったのかも知れません。この
文は、以前から気になっておりまして、最近ふとそういうことかと
義門が開きかけて答えが少し見えたような気がするのですが、思い
つきに過ぎないかも知れませんから、ここには披瀝できませんけれ
ども、教えてもらえば、すぐわかる事なのにという感を深くいたし
ました。この御書は、御真跡はないのですが、三祖日目上人が写さ
れております。ですから、少なくとも日目上人までは、その意味が
わかっていた事は、明らかであります。しかし今は、答えが失われ
て伝わっていないようです。


202 :名無しさん@3周年:04/04/06 23:25
正信会に諫言する(4) 山口法興

私が言いたいのは、この『一大聖教大意』は、題名の 示すように、
釈尊一代五十年の説法の大意を説かれたものでありますから、大聖
人の彿法の初門であります。その内でも『婆沙論』は小乗ですから
、さらに極々初門の教理であります。それすら学匠がもはや習い失
って理解できないということであります。つまり、どんな小さなこ
とでも凡夫は師に教わらなければわからないと言うことを言いたい
のであります。まして法華経などわかるわけはありません。先年亡
くなった世界的仏教学者といわれた中村元氏などは、「法華経は諸
経の王と言われているけれども、荒唐無稽な譬喩が多く、深遠な教
理はあまり説かれていない」(取意)などと言っているし、最近、
都知事の石原慎太郎氏が『法華経に生きる』という本を出しました
が、見当違いのことを述べております。


203 :名無しさん@3周年:04/04/07 22:33
山口さんは富士市を中心に活動されているようです。

204 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:11
正信会に諫言する(5) 山口法興

大聖人が、今まで法華経を理解できた人は、法華経を説かれた釈尊と、天台大
師と伝教大師の三人に、自分を加えて四人しかいないと言われて居りますが、
宜なるかなと思います。だからといって、無駄だから知ろうとするなと言って
いるのではありません。自分勝手にわかろうとしてもわからないと言っている
のであります。知るためには、大聖人の教えを信じて読まなければ絶対にわか
るわけはないのであります。あえて「絶対」という言葉をつかいましたが、師
なくしてわかれば「生知は知るべし」の御文のごとく、その人は仏であります
から、我々凡夫には、「絶対」にわからないと言って差しつかえないと思うの
であります。「此の経は相伝にあらざれば知りがたし」と言う有名な御文があ
りますが、この御文はまさしくこの『一代聖教大意』にある御文であります。
世間の小事すら教えられなければわからないのに、仏法の大事が相伝を無視し
てわかるわけはないと言いたいのであります。(続)
http://speedstar.fc2web.com/frame.html


205 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:50
日蓮正宗正信会分派
1.法華堂(代表関慈謙師)
 法本尊主意論を主張。600人前後?
2.日蓮真宗(代表久保川法章師)
 日蓮宗化している。500人前後?
3.旧浄徳寺グループ(代表増田宇広氏)
 浄徳寺を宗門に返還して、佐賀県を中心に活動。根本(原始)仏教
 の教えを取り入れている。100人前後?
4.本流グループ(代表不明)
 宗門の影響を受けて、正信会が日蓮本仏論を放棄したと批判。50人前 
 後?


206 :名無しさん@3周年:04/04/11 08:00
正信会に諫言する(6) 山口法興

大聖人が、今まで法華経を理解できた人は、法華経を説かれた釈尊と、天台大
師と伝教大師の三人に、自分を加えて四人しかいないと言われて居りますが、
宜なるかなと思います。だからといって、無駄だから知ろうとするなと言って
いるのではありません。自分勝手にわかろうとしてもわからないと言っている
のであります。知るためには、大聖人の教えを信じて読まなければ絶対にわか
るわけはないのであります。あえて「絶対」という言葉をつかいましたが、師
なくしてわかれば「生知は知るべし」の御文のごとく、その人は仏であります
から、我々凡夫には、「絶対」にわからないと言って差しつかえないと思うの
であります。「此の経は相伝にあらざれば知りがたし」と言う有名な御文があ
りますが、この御文はまさしくこの『一代聖教大意』にある御文であります。
世間の小事すら教えられなければわからないのに、仏法の大事が相伝を無視し
てわかるわけはないと言いたいのであります。
http://speedstar.fc2web.com/frame.html




207 :名無しさん@3周年:04/04/11 20:26
正信会に諫言する(7) 山口法興

大聖人は、末法の一切衆生をお救いになるために、日本にご出現せられて、三
大秘法の御本尊を建立遊ばされました。この事は他宗はいざ知らず、宗門(他
門も含めて)に異論はないと思います。本尊とは、衆生が帰妙して依止する当
体であり、仏のたましいであります。このような本尊を凡夫が建立できると思
いますか。むつかしい議論などいりません。これだけで大聖人が、末法出現の
仏だとわかるはずです。それゆえに「日蓮が魂を墨に染め流して書きて候ぞ、
信じさせたまえ」と言われているのではないでしょうか。そして末法万年の一
切衆生のために、御自らの本懐として、弘安二年十月十二日、大御本尊を建立
遊ばされました。これを「本門戒壇の大御本尊」とも「一閻浮堤総与の御本尊
」とも称し奉るのであります。この御本尊を大聖人は、血脈付法の二祖日興上
人に授与遊ばされ、以来、三祖日目上人・四世日道上人と相伝されて、現在大
石寺に厳護されているのであります。少なくとも六十六世日達上人までは、こ
のように相伝されてきたはずであります。


208 :名無しさん@3周年:04/04/12 22:16
日達上人まで相伝があったのですか。

209 :名無しさん@3周年:04/04/13 23:12
正信会に諫言する(8) 山口法興

ところが、日達上人の直弟子で、正信会の中枢を占めている一派は、これをこ
とごとく否定し疑っているのであります。これらの僧衆は、上人の生前、末寺
の弟子の我々が羨むぐらい上人に可愛がられた人達であります。これは世間的
に言っても忘恩の所業であり、生前であればまだしも、死後に言い出すとは実
に卑怯と言うほかはありませんし、仏法においては正に師敵対の謗法でありま
す。このように言えば、あるいは「棄恩入無為・真実報恩者」(師や親の恩愛
を捨てて仏道に入ることは、世間的にいえば忘恩の所業であるけれども、仏道
を成就すれば師親は救われるのであるから真の報恩者である)などと嘯くかも
しれませんので、これは、師親の生前にしかいえない言葉とだけ言っておきま
しょう。


210 :名無しさん@3周年:04/04/14 22:27
正信会に諫言する(9) 山口法興

一派が、このような疑いを懐き始めたのは、おそらく上人の死後でありましょ
う。それならばなぜ、宗旨の根幹にかかわる大事を正信会全員の前に、開陳し
て意見を求めて、「継命」に発表しないのでしょうか。正信会は、この宗旨の
根本を護るため、学会の謗法を責め、「護法」を掲げて発足したはずでありま
す。宗門の誤りを指摘したのも、究極は、三大秘法の随一である戒壇の大御本
尊を護るためでありました。その御本尊を否定するのであれば、正信会の当初
の目的を逸脱するどころか、正信会自体を否定することになります。これは極
めて重大事で、いかに正しいと思っていようが、一派が勝手に変改してはなら
ないことであります。絶対に変えてはならないと言っているのではなく、正し
ければ、誤りを糺すのは当然です。小事ならばいざ知らず、今までの我々を全
否定する根本・重大事ゆえ面を冒して言うのであります。


211 :名無しさん@3周年:04/04/15 21:18
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。


212 :名無しさん@3周年:04/04/15 23:40
四劫とは何ですか?

213 :名無しさん@3周年:04/04/16 21:21
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。


214 :名無しさん@3周年:04/04/16 23:59
正信会に諫言する(10) 山口法興

昨年、『図録・日蓮聖人の世界』という冊子を見せられて、正信会もついに恐
れていた謗法を世間に出したかと、あわてて一文をものし、議長の坂井進道師
と中心の菅野憲道師に送りましたが、返事はありませんでした。菅野師からは
、後日返事をくれるという手紙は釆ましたが、正式な返事はいまだにありませ
ん。正信会報にも載せて貰おうと思い、原稿を送ったのですが、最初は正信会
批判の内容でも載せると約束してくれたにもかかわらず、委員会にかけられて
ボツにされてしまいました。会報は会員の意見ならば無条件で載せるのが当た
り前なのに、批判は受け付けないというのでは、発刊の趣旨に背きますし、他
の誤りを指摘し、正義を主張する者が、身内の批判に耳を傾けないということ
は、みずから後ろめたいことを表明しているようなものではないですか.これ
は、旧ソ連の「プラウダ」や支那の「人民日報」と同じで、もう何をかいわん
やであります。



215 :名無しさん@3周年:04/04/17 12:17
正信会に諫言する(11) 山口法興

私は、その批判文を私見ではなく、御書及び先師の指南、伝承によって、同じ
土俵の上に立っているつもりで書いたのですが、御書も相伝も信じていないよ
うですから、暖簾に腕押し、糠に釘で通じません。信じていれば、謗法だなど
と言われたら、僧侶の命運にかかわる事ですから、怒鳴り込まれるか、少なく
とも反論ぐらいはあるかと思って覚悟していたのですが、無視されてしまいま
した。「無視は最大の屈辱」といいますから、それが答えのつもりなのでしょ
うが、事はそれではおさまりません。


216 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:28
妙真寺はどうなっていますか?

217 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:32
如来滅後五五百歳始観心本尊抄に宣はく

今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。


218 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:40
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。

219 :ジャンプ ◆qnr4Mobius :04/04/18 19:24
顕正会とセットで一方的に叩だけなのは可哀想なので、
法華ちゃんねるの日蓮正宗法華講雑談室の兎ちやん氏に助け舟
B女史の参加してる聖書研究の実体
ttp://park8.wakwak.com/~kasa/Religion/monominoto.html
各信者は定期的な集会に参加し、そこで行われる「研究会」によってマインドコントロールされていきます。
研究会では、教団の出版物を繰り返し読んで会のリーダーより「的確な」指導を受けます。
聖書研究というより、教団の発行するテキストを基に独自の教えを刷り込まれる、といったほうがより実態に近いです。
これは集団心理によるマインドコントロールで、ノルマによる勧誘活動なども通しながら徐々に教団の教えに染まっていき、
やがて生活そのものがエホバの証人に依存していくという、エホバの証人特有の洗脳方式です。
統一教会のような短期間に信者を仕立て上げる「洗脳テクニック」とは違い、緩やかでありながら確実に染まっていくという、教化手段としては特筆に価するやり方です。

日蓮正宗系信者が勧誘されて、一番転びそうなカルトなんで……
(家に来て追い返すのに一番楽な方法は『1914年と1975年はどうなりました?判らないのなら集会の長老に聞いて来て下さい』か『本尊を拝んで行きますか?』と言う、彼方の家に二度と近寄らなくなります。)

220 :名無しさん@3周年:04/04/18 21:13
正信会に諫言する(12) 山口法興

大聖人は、謗法は、世界中の人間を殺すよりも重い罪で、無間地獄に堕ると言
われているのです。自分だけ堕ちるならいいでしょうが、信徒も道づれにする
のですから、慈悲を説く僧侶としては気にしないでは居られないはずでありま
す。謗法でないと思っておられるのであれば、逆にこちらが謗法なのですから
、責めてしかるべきであります。なぜならば、仲間の謗法を責めないのは、同
座謗法になるからであります。いずれにしろ、どう逃げても謗法を免れる事は
できないのであります。ただ、今までは「謗法はあれども、あらわす人なけれ
ば」穏やかであったかも知れませんが、こうして表す者が出てきた以上、安隠
にはすまないと思います。


221 :名無しさん@3周年:04/04/19 22:19
如来滅後々五百歳始観心本尊抄曰、
今本時の娑婆世界は、三災を離れ、四劫を出たる常住の浄土也。
仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同体。是即ち己心の三千具足三種世間なり。

222 :名無しさん@3周年:04/04/19 22:33
正信会に諫言する(13) 山口法興

私の原稿は、『図録』の内容と、一派の以前からの言動から、戒壇本尊と日興
上人への血脈付法を否定していることが明らかだと批判したのですが、今度ま
た、大石寺の理境坊に所属している「妙観講」の正信会批判のチラシを見せら
れて、すでに平成7年3月1日号の『継命』に、「戒壇の大御本尊とは楠板の
大曼荼羅なりとの固定解釈がいまも大手を振ってはいないか。楠板は常住不滅
なりや否や。現在の楠板本尊論では仏法を離れて外道のそしりを受けはしない
か」という記事と、『興風』(岡山県にある正信会所属の学舎がだしている研
究誌)に(13号、平成12)「日目から日郷への相承は充分に立証されよう。し
かし、日道の場合はどうだろうか」「日目が(中略)…日道に付嘱するという
ことは(中略)…そうした事実はなかった」と記事が載せられていたことを知
り愕然としてしまいました。ここまで公言していたとは露しりませんでした。


223 :名無しさん@3周年:04/04/20 14:24
人から人への血脈ってそんなに大事なことですかねえ・・・
あるにこしたことはないが、700年の歴史の中にはいろいろあると思うが。
日tATuじゃない日達聖人は誰に授与する事にしていたのでしょうか・・・
これもわかんないから議論が見えない。

224 :名無しさん@3周年:04/04/20 17:01
血脈があると信じること自体幻かも
そういうのを大事にするなら日蓮聖人がいた身延から降りた日興上人は
日蓮からの血脈があったといえるのかどうか?
(某コテハンと同じ名前の人が何したかは関係なく。)
特にないなら日蓮正宗は日蓮宗日興派と言わなきゃならないし。


225 :224:04/04/20 17:05
形だけ(敢えてそう言いたい)の継承より法・精神を語る方が大事じゃないかと思う次第。


226 :名無しさん@3周年:04/04/20 23:20
血脈は、宗教が正しく伝わっているという証。

227 :名無しさん@3周年:04/04/21 10:54
誰が認定できる?
法で、精神で語るべきじゃないかと思うのだが。
釈迦の精神を日蓮が語っているとして他宗に法論を挑んだように。
今どんな信心をしているかを問題にすればどちらに本当の意味での
継承があるかはわかると思うのだが、そんな議論に乏しい。
中身はともかく政治を語って批判を受けている創価学会・公明党の方がまだ潔い。


228 :名無しさん@3周年:04/04/21 23:23
お釈迦さまは正しい法を付嘱して、24人目までは続きました。

229 :名無しさん@3周年:04/04/23 23:50
正信会に諫言する(14) 山口法興

堂々と『継命』の一面に大活字で出したり、委員会にかけて是非を論ずるなら
、誰もが気づいてもっと早く芽のうちに摘むことができたと思うのですが、コ
ラムや自分らの研究誌に載せて地下で事をすすめていたのですから、実に卑怯
なやり方であります。気づいたときは皆がまきこまれ、反対できないような状
況になってしまっていたのです。御信者などは誰一人として知りません。ある
教区の人たちが言ったように、まさに「なしくづし的」にやられてしまってい
たのであります。


230 :名無しさん@3周年:04/04/24 21:27
正信会に諫言する(15) 山口法興

一派は、大石寺にある戒壇本尊は信じないのに「戒壇の大御本尊」は認めると
いう不思議な僧衆です。百歩譲って、大石寺のいわゆる「板御本尊」(妙観講
の指摘のように通常このような無礼きわまる言い方はしません)が、戒壇本尊
でないのならば、どの本尊が戒壇本尊なのでしょうか。一派の主張は、ダイナ
マイト一本で吹っ飛ぶような物質の御本尊は、戒壇本尊ではないとして、戒壇
本尊は、「己心に建立する」ものだとか、「師弟一箇」の本尊とか言って、ど
うも実体のない御本尊のようなのです。眼に見える御本尊が存在してもなかな
か御題目を唱え奉る事はむつかしいのに、形のない御本尊をどのように拝すれ
ばよいのかわかりません。私たちは、大聖人が「一閻浮提第一の本尊この国に
建つべし」と仰せであり、「墨に染めながして書きて候ぞ」と仰せなのですか
ら、確かに眼に見える御本尊を建立遊ばされ、それが、大石寺に伝わる御本尊
と信ずるのですが…。


231 :名無しさん@3周年:04/04/24 22:07
>>230
>「墨に染めながして書きて候ぞ」と仰せなのですから

経王殿御返事の「日蓮が魂を墨に染め流して書きて候ぞ」、
その金言を挙げるなら、板曼荼羅は本尊とはできない。
大石寺の本尊は文字を浮き彫りしたものではなく、
文字を線彫りしたもの・・・つまり、
板に墨で書いた字を掘り取った本尊だ。
「日蓮が魂」を取り除いて作ったものではないか?

232 :レンマ:04/04/25 03:02
>>231
無意味な議論ですね。
「墨に染めながして書きて候ぞ」と仰せの真意を考えてみては?
墨かどうかが問題ではなく、仏を顕したということでしょう。

だいたい、今のソーカでは、大聖人の教えではなく、現代の御書を
教えているではないですか。

233 :名無しさん@3周年:04/04/25 15:25
「仏を顕した」というが、
曼荼羅の中に書かれている尊名で蓮師の独創はひとつもなし。
「南無妙法蓮華経」も天台宗では昔からあるし、
左右に書かれている諸仏諸菩薩もすべて既説の経論・儀規にある名前。
不動明王や愛染明王にいたっては密教の経典からの拝借。
神道からは天照大神や八幡大菩薩にご登場・・・と、
顕したといっても、整理整頓して製図したわけで、
その功績を異常にありがたがってるのは、
「日蓮をあしくうやまってる」ということだ。

234 :名無しさん@3周年:04/04/25 21:34
十界曼荼羅はありがたい。

235 :名無しさん@3周年:04/04/26 21:48
>>233
その整理整頓も、
密教で成立し伝承されてきた法華曼荼羅がもとになっている。
確かに上行・無辺行・浄行・安立行の地湧の上首四菩薩を脇侍としたのは新しい。
が、日蓮師はどんなに尊格を省略しても、
不動明王・愛染明王の二尊の種子は書いたりしていた。
梵字「カーン」が不動の種子で、「ウーン」が愛染の種子なのは密教の諸説。
これは曼荼羅が密教の影響下に成立していることを表してしまっている。
一方で、日本に真言宗を確立した弘法大師を悪口罵詈し、
天台宗の密教化を進めたとして慈覚大師や智証大師を批判しておきながら、
日蓮師は、密教の手法である曼荼羅を中心にした修行法を説いている訳だ。
天台宗の密教化が汚濁であり、天台宗としての純化を唱えるなら、
坐禅と経行の調和した法華三昧の修行こそ改革だったはずで、
現存する宗派では道元あたりの禅の形が近い。
ただ、曹洞宗も道元からだいぶ変わってきてはいる。
日蓮師は天台宗ではないとか、
日興師以外の五老僧が天台沙門を名乗ったのは謗法だ、
というなら、日蓮師も、結局は密教の方法論を使ったのであって、
「亡国」と謗って密教に向けて吐いたツバは日蓮師自身の顔に帰ってくる筈。

236 :名無しさん@3周年:04/04/26 23:04
正信会に諫言する(16) 山口法興

草木にも命がやどると説くのが仏法のはずなのに、ダイナマイト一本で吹っ飛
ぶようなのは御本尊じゃないと言う論法は、人間もダイナマイト一本で、吹っ
飛ぶのですから、人間の命は命じやないと言っているのと変わらないと思いま
す。人間の命も仏の命も永遠と説くのが仏法ではないのですか。人間の命すら
永遠と説くのに、本尊が永遠でないはずはありますまい。有為法(因縁によっ
て生滅する現象界の一切の事物)が、生滅するのは、当たり前です。御本尊と
いえども、有為法の上に建立されているのですから、いずれ亡び去るでしょう
。しかし大聖人が、「日蓮が慈悲広大ならば南無妙法蓮華経は万年の外、未来
までも流るべし」と仰せなのですから、物質として滅んだ後のことまで、凡夫
が仏意を超えて考えることはありますまい。「仏、過去にも滅せず、未来にも
生ぜず」と三世常住を説かれた御文をどのように拝しているのでしょうか。


237 :名無しさん@3周年:04/04/27 23:26
正信会に諫言する(17) 山口法興

他門では、大石寺の戒壇本尊を偽作だと言いますが、戒壇本尊そのものの存在
、一閻浮提総与の御本尊は否定も肯定もしておりません。明治以後、戒壇問題
がやかましく議論されるようになる以前は、むしろ誇らかに、大聖人の一期の
御化導として、未来広宣流布の時に本門戒壇が建立されることは常識として宗
内に流布しておりました。一派が「聖人展」で、讃歎した宮澤賢治や高山樗牛
の師である田中智学氏などは、本門戒壇建立の地は、富士山以外に考えられな
いとし、日興上人は、その地を確保するために富士にとどまって布教開拓した
のだとさえ言っておりますし、江戸時代の『日蓮聖人御傳記』(身延系のもの
)には、わざわざ項目を立てて、「第十六 本門の戒壇板本尊の事」と題し、
「板本尊と云へるは富士の大石寺の什物なり(中略)傳にいはく末代にいたり
て本門戒壇の敕定を申うけ富士山に戒壇堂をきづくべしその用意とてかねてあ
そばしをかれし也」と紹介しているぐらいであります。


238 :名無しさん@3周年:04/04/28 11:22
富士大石寺顕正会公式ホームページ
http://www.kenshokai.or.jp/

「日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ」

序 章 日本国いま亡びんとす
http://www.kenshokai.or.jp/kangyou/

第一章 日蓮大聖人とはいかなる御方か
http://www.kenshokai.or.jp/kangyou1/

第二章 亡国の二因
http://www.kenshokai.or.jp/kangyou2/

結 章 日本に残された時間は少ない
http://www.kenshokai.or.jp/kangyou3/

239 :名無しさん@3周年:04/04/28 18:18
山口法興は「傳にいはく」というのをどう読んでるんだろうか
「伝説」はなんでもありだろうに・・・・・・

240 :名無しさん@3周年:04/04/28 23:39
昭和52年11月14日
創価学会、「僧俗一致の原則案」「僧俗一致のために」「反学会
僧侶11名の処分要求書」を宗務院に提出
昭和53年2月9日
時事懇談会(総本山)開催、11・14の学会提案を拒否
全教師から、学会を破門するか共にやるにはアンケートを取ると決定

日蓮正宗と創価学会の対立が決定的になりましたが、時事懇談会に参
加された御僧侶はどなたでしょうか?



241 :名無しさん@3周年:04/04/29 20:14
正信会に諫言する(18) 山口法興

戒壇本尊を疑いだしたのは、江戸幕府の宗教政策から解放されて、布教も自由
になり、広宣流布も本門戒壇建立も夢ではなくなり、戒壇問題がやかましく議
論されるようになってからであります。しかし他門がいかに偽作だと言っても
、他に戒壇本尊の所在を表明してきたところはないのだし、現にどこにもその
ような主張をしているところなど無いわけですから、持たざるものの嫉妬から
の偽作論などは、それじゃ代替の御本尊は在るのですかと笑って答えればすむ
ものを、向こうの主張(しかも、すでに昭和初期に日淳上人等によって破折さ
れているし、新たな論拠を提出して攻撃して釆ているわけではない)に一々う
なずいて、自山の宝を疑うとは何と情けない一派だと哀れむほかはありません
。このような一派をルソーは「在るものを否定し、ないものを説明する」と嗤
っております。


242 :名無しさん@3周年:04/04/29 20:18
http://www.kiyoshi.net/

 ここで人生考えよう。

243 :名無しさん@3周年 :04/05/01 20:27
正信会に諫言する(19) 山口法興

同じ『継命』の記事の末尾に、「混乱に乗じ新教義を作ろうというのではない」
といっておりますが、根本の本尊を疑うそのことこそ、すでに新教義ではあり
ませんか。一派が出した本のなかに「よく当家では『師弟一箇の本尊』と申し
ますが」などと言っております。「よく」とうからには、いかに不勉強の私の
耳にも入ってくるはずですが、寡聞にして聞いたことがないのです。どこで、
誰 が、言っているのか、教えてほしいものです。「新教義」でないことを祈
ります。また大聖人の「折伏」を「涅槃経の折伏」とか「不軽菩薩の折伏」な
どと定義づけることは、新教義ではないのでしようか。


244 :名無しさん@3周年:04/05/03 18:56
正信会に諫言する(20) 山口法興

日寛上人は「当流の行者は、真俗(出家・在家)ともに仰いで蓮祖(宗祖)の
法立を信じて毫末(いささか)も私立(仏説によらず自分勝手に立てた教義)
を存せず」「作は創始なり。故に聖人に非ずんば能わず(できない)」と、誠
められております。また学匠の誉れ高い六十五世の日淳上人も「表現は時の宜
しきに従ふ」としながらも、「仏教の奥底に達しない者が唱へ出だすのは概ね
添加と言うことになります」と、学者の新義を難じておられます。御書にすで
に示された御文でさえ、相伝をもってしても、いまだわからないことが沢山あ
るのに、究極の法義である本尊を沙汰するなどもってのほかであります。


245 :名無しさん@3周年:04/05/04 10:48
山口法興さんは、今どうしていますか?

246 :名無しさん@3周年:04/05/05 07:31
正信会に諫言する(21) 山口法興

本尊は、法界そのものを、仏が究極の真理として具現されたものでしょう。そ
れを、大聖人が「過去・未来を一分も」わきまえず「根(素質・能力)の鈍な
る事すりはんどくにもすぎ、物のいろかたちをわきまえざる事、羊日のごとし
」と言われ、我が身の由来も知らない一介の凡夫が云々するなどは、分際を超
えたおおそれた所行となぜ気づかないのでしょうか。


247 :名無しさん@3周年:04/05/06 22:32
正信会に諫言する(22) 山口法興

理を嫌い、情に逃げるのではありません。冒頭に述べたように、我々は小乗経
の教理の一片すら理解できないのであります。大聖人の「黒白のごとくあきら
かに、須弥・芥子のごとくなる勝劣なほまどへり。いはんや虚空のごとくなる
理に迷わざるべしや」の御文、「大智慧の者ならでは日蓮が弘通の法門分別し
がたし」等の御文をよくよく拝してほしいと思うのであります。けれども、こ
れは『関目抄』と『阿仏房尼御前御書』でありますが、後の『阿仏房尼御前御
書』などは、信用してもらえないでしょう。


248 ::04/05/07 09:44
創価学会改革派。

改革派pass希望メールは、26通もらいました。
その中で、一つ一つ検討した結果、只今、7名の改革派同志の方がおられます。
改革派をご希望の方はトップページのメールボックスに、一言添えてメールを下さいましたら、折り返し、管理人からメールを送ります。

改革派同志としての志をお持ちの方はメールお待ちしております。

http://pksp.jp/6666-6666/

249 :名無しさん@3周年:04/05/09 07:42
正信会に諫言する(23) 山口法興

なぜならば、おおかたの先師が、仰いで御書と拝して来たものを、御真跡がない、伝
承がはっきりしない、他の御書と矛盾する、一二の(他門)学者が疑っている、自分
たちが理解できない等の理由で、偽書扱いにし、あまつさえ、御書に等級をつけ、研
究論文には確かな御書しか用いないというのが一派の勉強法だからであります。因み
に、『関目抄』は、R=3、『阿仏房尼御前御書』は、R=6としております。『開
目抄』は、一級資料と思うのですが、惜しむらくは、明治八年の身延大火で、御真筆
が消失してしまいました。しかし、かろうじて真跡対校本が、伝わっておりますので
、ランク3に留まることができたのだと思います。『阿仏房尼御前御書』などは、卸
真跡も、古写本も伝わらないためでしょう、ランク6であります。これは、資料的価
値皆無の評価であります。法界の諸法を論ずる仏法を、形而下(はっきりした形が有
って感覚の働きによってその存在を知ることができるもの)の文献学的に認められた
御書だけで理論づけられるとでも思っているのでしょうか。しかも、御書に限らず、
書物は内容の真否が価値を決定づけるはずなのに、それには一顧の配慮もないのであ
ります。


250 :名無しさん@3周年:04/05/11 21:59
檀徒会は学会にとって脅威でした。

251 :名無しさん@3周年:04/05/12 22:27
正信会に諫言する(24) 山口法興

大聖人は、御みずから「了義経(教えを完全にあらわしている大乗の経典)に
よって不了義経によらざれ」と誠められながらも、おおかたの学者が偽経とし
ている御経を、御承知のうえ、随所に引用されております。それは仏教の資料
(経論)に対する態度は自他宗を問わず、仏菩薩の説といえども理を離れたも
のは捨て、理に順ずるものは異端の言といえども取って捨てないというのが通
軌となっていたからであります。


252 :名無しさん@3周年:04/05/16 09:17
正信会に諫言する(25) 山口法興

偽経というのは、今は、仏説として主に支那で偽作された経典を言い、印度で
成立した経典は偽経とは言わないのだそうです。なぜならば、文献学でこれを
詮索したら、すべての経が偽経になってしまうからです。法華経も例外ではあ
りません。法華経は釈尊滅後何百年も経ってから出来上がったものだと言う説
が、すでに昭和初期に発表されております。しかもそれが日蓮宗の学者によっ
て発表されているのです。日蓮宗では、よってたつ根本経典が、それでは困る
ので、いまだにこれを無視し、事典(辞典)などにはおくびにも出しておりま
せん。


253 :名無しさん@3周年:04/05/17 22:46 ID:VUX0xOrT
正信会は分裂傾向にあります。

254 :名無しさん@3周年:04/05/18 22:43 ID:ecWMUid0
山口法興さんは、守旧派ですか?

255 :名無しさん@3周年:04/05/18 23:15 ID:UGYIjA22
88 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:04/05/18 20:57 ID:d/utmjGW
>>84,>>85
他は知らないけど念仏と真言に関しては日蓮自身が既にこちらの負けでいいよと既に
宣言していますが?
ソース:清澄寺大衆中(建治2年正月11日)
のなかで
「一国を挙げて仏法が邪悪になっちまってるから梵天・帝釈天の命令で他国が
責めてきてるわけよ。だからね、わしの言うこと聞かなきゃ有能な軍人どれだけ
いても国守るの無理なわけよ。もしもそうでなかったら真言とか念仏信じちゃって
構わんぜよ。」(趣意)
といっています。日蓮を用いなくても蒙古は撃退できました。
従って、日蓮自身がそれでいいと言っているので対念仏、対真言は、「日蓮の負け」
で日蓮在世中に決着済みです。
 従ってこのスレで残る話題は禅天魔と律国賊だけです。






256 :名無しさん@3周年:04/05/19 00:09 ID:FMZos630
>>255
すれ違いだが、萬屋錦之介扮する日蓮を思い出した。


257 :名無しさん@3周年:04/05/19 22:51 ID:72R2tFPf
正信会に諫言する(26) 山口法興

大聖人も天台大師も、先師はすべて、法華経は、一々文々釈尊の金口の明説と
言われておりますが、文体を見れば、誰もが釈尊の叙述でないことがわかりま
す。しかも、その内容たるや、前述のごとく、世界的な仏教学者の中村元氏さ
、荒唐無稽な譬喩譚ばかりと言うぐらい、宝塔が空中に懸かったり、空中で説
法が行われたり、歴史上に存在しなかった普賢・文殊、弥勒・観音等の菩薩が
出てきて、釈尊と問答などしたりと、現実にはあり得ぬことばかりであります。


258 :名無しさん@3周年:04/05/22 09:28 ID:UDMTHgv+
正信会に諫言する(27) 山口法興

大聖人は、その法華経の寿量品に本尊が建立されたと言われているのであります。
また、「此の三大秘法は、二千余年の当初、地涌千界の上首として日蓮慥かに教
主釈尊より口決相承せしなり」とさえ言われております。


259 :名無しさん@3周年:04/05/23 08:50 ID:WfS8pDvU
法華経は、不思議なお経ですね。

260 :名無しさん@3周年:04/05/24 22:47 ID:2d8f7IUS
日蓮正宗再統一に向かう

261 :名無しさん@3周年:04/05/25 23:11 ID:o2AQljjK
山口さんって、どんな人ですか?

262 :名無しさん@3周年:04/05/26 22:48 ID:8jvNmzc9
正信会に諫言する(28) 山口法興

ですから大聖人の確かな御書によって、論ずるなどと言っても、「聖人の思想の土台
というべき」(図録)法華経が実証できないのに、御書が、いかに文献学において揺
るぎなくとも、そこに説かれていることなどは、すべてうそ八百の世迷いごととなっ
てしまうではないですか。そのような勉強法で疑っていけば究極は不信しか残らない
のであります。


263 :名無しさん@3周年:04/05/28 22:07 ID:oG7EMEZx
御書は、現代の法華経です。

264 :名無しさん@3周年:04/05/29 21:17 ID:OPJ2ZZ39
第一次宗創対立では、石田次男氏は動いていませんね。

265 :名無しさん@3周年:04/05/30 08:13 ID:1HHWGi1E
石田次男氏って、どんな人ですか?

266 :名無しさん@3周年:04/05/31 20:57 ID:3JEF3DoZ
石田次男という人は、戸田2代創価学会会長の後継者でした。

267 :名無しさん@3周年:04/06/02 22:28 ID:adW7ymQg
正信会に諫言する(29) 山口法興

戒壇の大御本尊の真偽を学問的に確かめるなどということは不可能です。
今の学問の流儀は、相伝や口碑を除外してしか成立しないのですから、
片手落ちにならざるをえませんし、そもそも現証(ここでは戒壇本尊)
を文献学等で解明できるわけはないでしょう。



268 :名無しさん@3周年:04/06/03 22:41 ID:cE9yUEFO
戒壇のご本尊さまに帰依しましょう。

269 :名無しさん@3周年:04/06/06 07:36 ID:6DqQm922
正信会に諫言する(30) 山口法興

できると言うならば、その前に、いかなる手法をもってしてもいいですか
ら、人間(自分自身)を解明・立証して頂きたいものです。その人間を救
うという御本尊をどうして解明できると思うのでしょうか。私にはどうし
てもわかりません。
さて、まだまだ「宗祖本仏義」「血脈相承」「現在の大石寺の誤り」のこ
となど申し上げなければならない事が沢山あるのですが、長くなりますの
で、次回に譲ります。


270 :名無しさん@3周年:04/06/07 23:10 ID:9tSGFCa8
石田次男さんは、創価学会会員から宗門の檀徒になった人です。
かつて、参議院議員でしたが、参議院議員を辞めた後、一時アル中状態にな
りました。その後、上妙寺の手塚貫道さん(日淳上人の後、昭倫寺住職だっ
た僧侶)のところに通って、アル中を克服しました。
第一次宗門問題のときは動きませんでした。正信会が宗門から去った後、正
理研究会を結成します。この会は、学会・宗門・正信会・顕正会を超えた勉
強会ということでしたが、中杉さんと対立して別れました。中杉さんが戒壇
のご本尊様を否定したことが主な原因でした。
後に創価学会改革運動の中心になる福島源次郎副会長も石田さんの仏法講義
を受講しています。
第二次宗門問題が起きると石田さん、福島さんは宗門に行きます。
石田さんと日顕さんには、対学会について意見の対立があります。
石田さんは、池田先生と一般の会員を切り離すべきだと主張します。
池田先生は破門するが、一般の会員は信徒でいる状態を続けるべきだという
考えです。日顕さんもしばらくは、石田さんの路線で行きましたが、平成9
年10月の宗規改正で、学会員は信徒の資格がなくなり、ほとんどの末寺で
学会員はお講などの行事に参加できなくなりました(末寺独自の規則で)。
石田さんとしては、最低十年は一般の学会員の信徒資格を残すべきだと主張
しました。石田さんは反池田先生ですが、日顕さんは反学会ということで
す。石田さんのお弟子さんの集まりである石田塾が、法界即宇宙というのは
誤りだと主張したことに対して、この捉え方は一面的だと日顕さんが指摘し
たこともありました。


271 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:22 ID:qXoTsOz4
第一次のとき、石田さんが動くのを学会は恐れていた。

272 :名無しさん@3周年:04/06/09 22:33 ID:1xfGrek5
石田次男氏が動いていれば、学会は大混乱だった?

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)