5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Osho.Friends@2ch 3 - Revolution

1 :名無しさん@3周年:04/01/31 09:14
前スレ
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1068387183/


2 :名無しさん@3周年:04/01/31 12:53
Rebelに、
そしてZenでいう、
普通であることに、
Revolution

go!


3 :名無しさん@3周年:04/01/31 15:49
3
kana?

4 :名無しさん@3周年:04/01/31 17:37
まえまえすれ:OshoFriends@2ch : http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1066056871
まえまえまえすれ:「和尚ラジニーシだよ 全員集合 」http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1063779896/l50

5 :名無しさん@3周年:04/01/31 18:42
朝だ、とりあえずダイナミック。

6 :名無しさん@3周年:04/02/01 00:52
>本当の意味での行為は洞察から生まれそういった行為は葛藤を含まない。
だがそうでない場合行為はその内在的な葛藤を外在化させる。

Zenはゼン(w者という方向で Let yoursef go!



7 :名無しさん@3周年:04/02/01 01:24
そうくるだろうと予想は(プッ


8 :555:04/02/01 01:26
プップップップッウッセーハゲ

9 :リアル魂:04/02/01 02:04

>混沌さえ受け入れる・・・りっぱにoshoの香りじゃん!

これ、悲しきサのオナニーだよ。
混沌とサは別なものじゃないよ。

混沌を受け入れる、入れないなんてものはないね。
サ=混沌なのだ。サ辞めるとスッキリそれが見えるぞ。

10 :名無しさん@3周年:04/02/01 02:23
ハッピーニュースレ。
本スレもよろしくお願いします。



11 :名無しさん@3周年:04/02/01 17:04
「ハートの神秘について話してください」

『ハートの神秘とは話せないもんなんだよ。
でも、出来るだけ話してみよう』
『ヘッドから直接、存在へ行く道は無い』
『努力によって行くことが出来るのは、ヘッドからハートまで。
ハートから、存在へは努力によっては行き得ない』
『ハートにいて、そうしてハートにしがみ付かないこと』


12 :おひょう:04/02/01 17:11
サにまずなってみること。
形だけではなく。
サを落すとかなんとかは、それからの話し。

「サを落せ」とか行ってる人が「サになったことがあるか」どうか見てみる。
もしかしたら、その人はサ向きの人じゃなかったのかもしれない。
「サになれないので、なろうとするのを止めたらすっきりした」場合もある。

実際にはサとは形でもありようでもなく、和尚個人と自分との個人的な出来事。
サになることが、何かになることだと思っているうちは、サにはなっていない。
何かになることを止めるということがサになること。
それはひとりでにしか起きない。

13 :名無しさん@3周年:04/02/01 20:02
>>9
サ辞めるとかなんとか、飽きもせずいつまで,
グダグダと糞みたいなやつだ・・・・かってにしたら
でなきゃ一生ひきずってろ。

>>12
>和尚個人と自分との個人的な出来事。

ぱちぱちぱち、ぱちぱちぱち


14 :名無しさん@3周年:04/02/01 21:28
>>993
リチャード・ストールマンらのオープンソース、あるいはフリーソフトウェアの
哲学を、和尚の瞑想にも当てはめると、おもしろいかもね。

15 :名無しさん@3周年:04/02/01 22:38
OSHOは21カ国入国拒否だ。

真理はいつもこうなる

社会は我慢ならない

その存在じたいが反社会的だ

でもあなたがたは社会にとって脅威でもなんでもない

16 :名無しさん@3周年:04/02/01 22:41
理解しようと本当に欲する人々、始めもなく終わりもない永遠なる<かのもの>を見出そうとしている
人々は、さらに大いなる熱情をもって歩むだろう。そして彼らは非本質的なすべてのものにとって、
真実ではないものにとて、影法師に過ぎないものにとって、危険なものになるだろう。彼らは全精力を
集中し炎となるであろう。なぜなら彼らは理解するからである。このような人々の連帯をこそ作り出さな
ければならない。これが私の目的である。そうした真の友愛−−これについて諸君はご存じないように
思われるが−−この友愛によって各人の立場に立った真の協力が成り立つことであろう。
これは権威によるものでも、救済によるものでもなく諸君は本当に理解することによるのであり、かくて
諸君は永遠の中に生きることが可能となるのである。これはどのような快楽よりも、いかなる犠牲よりも
偉大なものなのである。

17 :ならず者:04/02/02 00:36
>6
ぱちぱちぱち、一見正しそう、そやけど
考えたり本で読んだことは真理の半分だゾウ

行為の質が葛藤を含んだりそうでなっかたりするのではない
それは結果だ


>本当の意味での行為 そうでない場合の行為

そんなマインドゴッコしてる、あ ん た こそ、葛藤の根元やで


18 :リアル魂:04/02/02 01:32
サの混乱の原因の半分の責任はOSHO本人にある。

OSHOの言う、リベリアスな人間に、サはなろうとしているからだ。
だからいつまでもサのムーブメントが問題になる。

考えてごらんよ。
クリスチャンのスレは彼らが追い求める教義やら立場で論争している。
仏教も同じだ。

だから、ここでいくらOSHOやサを祭り上げるのは構わないが、
キミらのやってることは、これらの宗教の住人と何ら変わりはないのだ。
彼らが凡庸であるように、キミらも凡庸なのだよ。口だけなのだ。

真理は個人とともにあり、それはムーブメントの中にはない。
もし反逆の炎というものがあれば、それはサだけに関係するものではなく、
様々な人々のマインド(主義)の垣根を尽き越えて、人々に燃え広がるだろう。

で、ナケリャ本物じゃない。問うべきは、サがどーした、Oshoがこう言ったではない。
キミら個々人が燃えているかどうかなのだ。

悪いが、漏れはクサレたサなんぞ秒殺だよ。
oshoに頼る根性しかないヤツは何をやってもダメ。
バーカ。


19 :名無しさん@3周年:04/02/02 02:01
欲しがってるな・・・

何が欲しいのだろう。

20 :名無しさん@3周年:04/02/02 02:16
真の友人は内側にいるらしいずら。

21 :& ◆tNtHsziLno :04/02/02 05:50
人はPCを手にした時に誰でもこう想うものなんだ。
「これで何かが出来る筈」とね。
誰もが気軽に同じトピックについて話せるから。
でも、料理のレセピとかホテルの予約とかなら良いのだけれど、
こういった内容の話だと、その「気軽さ」が返ってマイナスに働くんだね。
掲示板とかに、どんなに深い内容のことを書込んでも、情報を受け取る方は、
それを鼻糞でもほじるように受け取るんだね。
だから、こういったことには全く意味が無いんだ。
リアル君、君も早くそれに気づくこと、だよ。
こういった事柄では、その情報を受け取る方が、
長い長い旅をしたり、
何年も何年も坐ったりして、
その情報を受け取るだけの価値を持った時に、
受け取るものなんだ。


22 :& ◆tNtHsziLno :04/02/02 05:55
つまりね、君、こ・ん・な・も・の・は、
暇つぶし、以外のなにものでもない、ということだ。
真剣になるだけ損だ。
特に、2ちゃんねる、はね。

23 :名無しさん@3周年:04/02/02 06:55
掲示板文化は廃れるんだろうね
結局

24 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:02
リアルの辞サニヤス論も、それはそれで君の体験にもとづいた
君が人生を賭けて死にもの狂いでやった結果、出てきたものだと
俺も思うよ。
でもね、それを受け取れるのは、十数年、数十年、という、サニヤシン経験とか、
真剣に探求を重ねた者とかしか受け取ることはできないのさ。

こんなところで、いくら叫んでも、
ぬかにくぎ
なんだね。

たまに穴が大きいオンナに当たったりする、
あんなものさ。

25 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:10
>>18 :リアル魂
あほちゃうか?
あんたが、『サがどうした』『和尚がどうした』言わなかったら、サル以外にいう馬鹿はいない。

ここは何かについて話す場所ではないので、何かをしたいもんだ。
足を引っ張りたいんだったらほかでやって頂戴。
ここは遊ぶ(生きる)場所なの。

誰かが和尚を引き下げようとしなかったら、だれも和尚を引き上げようなんてしないんだな。

でさ、人に影響を与えようとする馬鹿はやっぱりサでいることは出来ないんだよね。


26 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:21
>理解しようと本当に欲する人々、始めもなく終わりもない永遠なる<かのもの>を見出そうとしている

と、いいつつ、また、暇つぶし。
この文章なんだが。文脈は分かる。言わんとしていることは理解できる。
おさらく、なんかの引用なんだろうが、
<始めもなく終わりもない永遠なるもの>は、見出し得ない。
何故なら、見出し得るものとは、意識ともに生起するものでしかあり得ない
が、それは、時間の世界であり、流動的、一時的なものだから。
つまり、永遠とは、決して顕われでないもの、存在そのものを指す概念なんだ。
永遠とは、時間とは無縁のもの。それは、非常に長い時間のようなものではないし、
ずっとあり続けるものではあるのだけれど、見出すことはできない。
分かり難いかな?
永遠を見出したとしたら、一体誰が見出すのか?
もし、それを見出したものがたとえ居たとしても、
そのものは永遠と一体何をすればいいのだろうか?
そして、永遠というものが見出されるものであれば、
この世に神秘などはない。神秘主義などというものはない。
それは決して見出し得ないもの、知られざるもの、でしかあり得ない。
それが死であり、ニルヴァーナであり、超えたるもの、なんだ。

たとえ一つの言葉でも、それを理解して使わないのであれば、
話全体が無意味になる。
話全体がさ、単なる茶番になるのだよ。

27 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:31
永遠、ということが分からない。
それはそれで良いかもしれない。でも、馬鹿ってことも分かってないでしょ?
何が馬鹿なのか?馬鹿ということ、一体どういう状態を指しているのか?
頭が悪いのが馬鹿なのか?

じゃ、馬鹿ってなんでしょう?
馬鹿っていうありきたりな概念を、ちゃーーんと理解してますか?

28 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:38
あるいはね、サニヤシンってどこにあるんですか?
誰か一定の人間の体の一部に住んでいるものですか?
住んでいるとしたら、体の何処に住んでいるんですか?
頭の中ですか?
え、意識の中ですか?
それは意識の中の動き、あるいは、記憶にすぎないものではないですか?
それって、今、このまさに、現在に、存在してますか?

これ、してないんですよ。
悟ってるとか、悟りトリップしているとか、全く関係なしに、
誰にとっても、そんなもの、ないんです。

で、Osho、って、一体なんですか?
過去に存在していた人物ですか?写真ですか?
それとも、あなたの、記憶にすぎないものですか?
それは永続しますか?
一千万年後に、それ
ありますか?
それは、概念に過ぎないのではないですか?
Oshoということで、一人一人指し示しているものが、違いませんか?
Oshoってなんですか?

29 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:43
このようにしてよくよく調べていけば、
一切は、あたたの概念にすぎないものなんですよ!
ですから、Kは、世界はあなただ、っていったんでしょうね。

概念なんだから、それは実存してません。
そして、これが一番やっかいな部分かもしれませんが、
「自分」なんてものがそもそも概念に過ぎないんです。

これが分からなければ、本当に腹の底から分からなければ、
何を言っていても、夢遊病者のように言っているだけです。


30 :名無しさん@3周年:04/02/02 07:53
悟り、なんてないんです。それも概念です。
しかしながら、それを本当に分かって、実存的にならなければ、
何時までも観念的なままなら、それは何時までもそうです。
そこから進歩することはないです。
事実だけが、実存的なものだけが、深まったり進歩したりします。
概念の世界は概念の世界に止まる。それには実体ってないです。

だから、Oshoとか、サニヤスとか、そういった概念に過ぎないものが、
落ちないと何も始まらないでしょ?

そして、それは誰が言ったってそうなわけで、
太郎さんが言ったら、それは事実で
次郎さんが言ったら、嘘、ということはあり得ません。

隣は煙草やだ、という事実があったとしたら、
隣は煙草やなんです。
誰が言っても同じです。



31 :名無しさん@3周年:04/02/02 08:01
悟りという、サニヤスの目標、それをどんなに煌びやかに飾っても、
それは単なる概念ですから、それと一緒に成長することはあり得ない。
事実から始めなければ何もならない。どんな努力も水泡に帰すのみ。

そしてその事実というのが、
今迄言ってきたことで、実に単純な明白なことです。
そんなちっぽけな物は、悟りじゃない、と言いたければ言えばいいし、
ご自分の誇大な妄想としての悟りこそ、Oshoのようなものこそ、
悟りだ、と言って、そのまま死にたければ死ねばいいんです。
ここで、馬鹿っていう概念使うけれど、死ななきゃ治んないような、
このような狂信を、馬鹿、って言うんでしょうね。

妄想からは何始まらない。
何かが始まるとしたら、それは事実からです。

32 :名無しさん@3周年:04/02/02 08:05
で、こう言っても、糠に釘で、
何時まで経っても、おばかさん達は、概念に過ぎない物で、
ちょろちょろ遊んで、こういった、ごっこが続くんでしょうね。

さ、続けて下さい。
グルグル回る回転木馬ですか?
出口のない迷路ですか?

さ、やって、やって、

33 :名無しさん@3周年:04/02/02 08:22
猿が話しているのを聞いても、悟った人間が話しているように見えない。
生半かに悟った気になってる人間が、言葉遊びをしているようにしか見えない。
悟っているとしても浅いのではないかな?

まだまだ人の事は置いといて自分の悟りを深めた方が身のためではないか?
悟りを失うぞ。

34 :ならず者:04/02/02 09:31
さるまねくん、言葉あそびゴッコをしてはるのは、おまはんもやで!

>グルグル回る回転木猿

にのってるのも、おまはんや!


35 :名無しさん@3周年:04/02/02 14:41
つーかね、俺も悟りもoshoもどうでもいいと言えばどうでもいいわけ。
でここのぞくのはひまつぶしといえばひまつぶしなわけさ。
でね、いくらシャルマやリアルがわめいても状況は変わらんさ。
本当の意味で探求をして尚且つ辿り付けるのは成熟した個のみ。
サの多くはそれ以前のレベルだからねえ。
だからoshoも悟りもひとまず置いといてさ
自分の人生見直してみるべきだと思うよ。
ちょっとあまりにも幼稚なカキコが多すぎるよ。
みててはずかしい。

36 :名無しさん@3周年:04/02/02 16:42
最近誰かサニヤシンでボディー離れた人いたっけ?

37 :名無しさん@3周年:04/02/02 16:42
最近誰かボディー離れたサニヤシンいたっけ?

38 :名無しさん@3周年:04/02/02 17:02
悟りを失う???
また寝言ですか?
誰であれ、生まれてから、あるいは、生まれる前から、すでに、
悟ってるんです。
悟っている、悟っていない、という二元対立が迷いなんです。
決して失えないものが悟りです。
それに気づけば、気づいたんです。
目覚めたら、目覚めたんです。

確かに、悟りには、ピンキリ、あると思う。
でもね、先ず、観念世界から抜け出さなければ、何もならないよ、
ということ。
そして、勿論、これだって、言葉遊びですよ。そんな認識ぐらいあります。
ただね、それを分ってやってんです。言葉の一つ一つを吟味して、
分って言ってんです。寝言とは、ここが違います。

39 :名無しさん@3周年:04/02/02 17:13
それからね、本当に探している人は、何を聞いても、人のことを云々しません。
あなた方が、僕の話を聞いて、僕に対して、僕個人があーだこーだ、と
どうでもいいことを言い返すのは、感情を害された、とか、気に入らない
とか、そんな理由からでしょ?
あるいは、それは権威主義だ。Oshoが言えば正しい。誰か有名な悟った人
の意見はありがたく拝聴します。でも、ついこの間まで自分と同じような
ことをしていた人間の意見なんて、ってこなっちゃてる。
ま、いいけどね、気持ちは分かるけれど、それをすることで、君達は自分の
ポテンシャリティを投げ出しているんだよ。
僕自身はは、こういった経験はもう嫌というほどしました、こういった感情的反応には、
もう、何百回って受けました。同じような反応。マインドが自分を守ろうとして
いるだけなんです。
しかし、本当に探している人は、人のことなんかに構わない。ね。一つのことに
集中しているから。そして、誰の話であれ自分に役立つことなら聞こうとするし、
自分について知り得ることはなんでも知ろうとします。
ジャッチするな、などとは言いません。


40 :名無しさん@3周年:04/02/02 17:19
特にサニヤシンの問題は、悟りというものに非常に大きな幻想を抱いていて、
その大きな幻想とともにマインドが自らの主体性を保とうとしているところ。
そのトリックにひっかかっている。あるいは、その悟り妄想に執着しているところ。
悟り、でなければ、Oshoに。
Oshoというものに非常に大きな投影をして、その偉大なOshoに付き従っている
あるいはその弟子である自分は、大層な者であるって感じ。これも同様の
マインドのトリックです。
執着なんだよ、早い話ね。

41 :名無しさん@3周年:04/02/02 17:26
それに気づけ、っていってるだけなんです。
ま、尾ひれは付けたけれどね。尾ひれのほうを気にしちゃダメ。
サニヤシンとして、数十年経って、あるいは、20年30年って経って、
いろんな執着はもう落ちたでしょ?
もう準備はできている筈。

ところがね、この、悟り、だの、Osho、だの、に執着している。
これが、離れると見えるんです。
そうなるように、Oshoのメゾッドってあったんですから、
そうなっても当然なんです。
で、そこから抜ければいいわけ。言い訳しないで、でもでも、
って言わないでね。

禅の寺へでも、探して行ってみれば?

42 :名無しさん@3周年:04/02/02 17:30
あんたの禅の寺体験は、どうだったのさ?

43 :名無しさん@3周年:04/02/02 18:20
猿はもう自分で止められないのさ

チェックアウトは自由だけど
決してここからでることができませんってやつ

自分の野望に囚われて

44 :名無しさん@3周年:04/02/02 18:47
>43

なんでそこでホテルカリフォルニア(爆)?

45 :名無しさん@3周年:04/02/02 18:49
とりあえずさー、悟りとかおいといて、世間のビジネスとか責任とかで
いっぱいいっぱいになって今日にも発狂しそう、今夜にも列車飛び込みそう
って感じの人達が、ダイナミック瞑想でもしてとりあえず楽になれたら
いいなー とか思ふ今日この頃です。

46 :名無しさん@3周年:04/02/02 18:58
>44

イーグルス好きですか?

47 :名無しさん@3周年:04/02/02 19:02
いい歌だよな・・・

ホテルカリフォルニア・・

これこそ禅だな。


48 :名無しさん@3周年:04/02/02 19:26
夜、ある砂漠のハイウェイ
涼しげな風に髪が揺れて
コリタス草の甘い香りがあたりに漂う
遙か遠くにかすかな光が見える
俺の頭は重く目の前がかすむ
どうやら今夜は休息が必要だ
ミッションの鐘が鳴ると
戸口に女が現れた
”此処は天国か、それとも地獄か”
俺は心の中で自分に問いかけた
すると彼女は蝋燭に灯をともし
俺を部屋まで案内した
廊下の向こうでこう囁きかける声が聞こえた

ホテル・カリフォルニアへようこそ
此処は素敵な所(そして素敵な人たちばかり)
ホテル・カリフォルニアはいつでも
あなたが訪れるのを待っております



49 :名無しさん@3周年:04/02/02 19:27
彼女の心はまるで紗ようで、ベンツのように上品だ
彼女が友達と呼ぶ美少年達は皆、恋の虜
中庭では人々が香しい汗を流してダンスを踊っていた
思い出の為に踊る人々、それを忘れる為に踊る人々

”ワインを飲みたいんだが”
とキャプテンに告げると
”1969年からというものワインは一切置いておりません”
と彼は答えた
深い眠りに落ちたはずの真夜中でさえ
どこからともなく、俺に囁きかける声が聞こえる

ホテル・カリフォルニアへようこそ
此処は素敵なところ(そして素敵な人たちばかり)
ホテル・カリフォルニアは楽しいことばかり
都合を作ってせいぜいお楽しみ下さい


50 :名無しさん@3周年:04/02/02 19:27
天井には鏡を張りつめ氷の上にはピンクのシャンペン
”ここにいるのは自分の野望の為に
囚われの身となってしまった人たちばかり”と彼女は言った
やがて大広間では祝宴の準備が整った
集まった人々は鋭いナイフで獣を突くが
誰も殺すことは出来なかった

俺が最後に覚えていることは
俺が出口を求めて走り回っていることだった
外の世界に戻る通路が
何処かにきっとあるはずだ
すると”落ち着きなさい”と夜警が言った
”我々はここに住み着く運命なのだ。いつでもチェック・アウトは
出来るが、ここを立ち去ることは出来はしない”


51 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:16
じゃあ、小話を一席。
おほん、
マイク、入ってますか?じゃ、逝きます。

52 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:18
あるところにね、足萎えの国があったんです。
そこではみんな足元を見ないで夢遊病者のように歩くので、
躓いたり足がもつれたりして良く歩けないんだね、
それで、そこの人はみんな足萎えなんだね。


53 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:22
で、ある時、よそ者がその国を通りかかったんだね。
そして、その大変オカシナ状況を見て訝しく想ったんだ。
「この人達は一体何をしているのだろう?」
ってね。

そうすると、二本足でしっかり歩いているそのよそ者を見て、
その国の足萎え達が群がって来たんだ。
そして、そのよそ者に訊ね始めた。


54 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:24
「一体どうやったら、ああ、一体どうやったら、あなたのように立派に
ア歩けるんでしょうか?」
「きっとあなたは、凄い訓練を積んで、その強い足を勝ち得た、
超人のような者なんでしょう?」
「いやいや、このお方は、そもそも生まれから違うのです」

55 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:26
そこで、そのよそ者はこういったんだ。

「いえ、それは全部誤解です。私とあなた方には、機能的にも生物学的にも
なんの違いも無いのです。あなたがたは、実は今すぐにでも、
私のように普通に歩く事が可能なんですよ!」

56 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:29
そうすると、足萎え達は口を揃えてこう言ったんだね。

「あなた様、一体何を言っているんでしょう?私達が今すぐにでも
あなたのように歩けるですって?ご冗談でしょう」

57 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:31
いい話だ! 座布団一枚!

58 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:35
この話出典はどこですか



59 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:52
>猿はもう自分で止められないのさ
>自分の野望に囚われて

いや、たんに白痴なだけ。


60 :名無しさん@3周年:04/02/02 20:57
>いい話だ! 座布団一枚!

おいおい、よしてくれ、自作自演かー

61 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:01
猿も進化して二足歩行ができましように



62 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:15
でもOSHOリゾートって写真でみると
綺麗なところだな
あんなの1個欲しいな。

63 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:31
リゾートは美的センスが最高
世界遺産に登録できるかも


64 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:42
>60
俺はあのお話の方とは別人ずら

65 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:46
おいおい、終わってねえぞ。続きは。。。

すると、そのよそ者はこう言ったんだね。

「いいえ、これは冗談ではありません。あなた方は、今すぐにでも、
足元を見るようにこころがければ普通に歩くことが可能になるし、
それで、ただそのことだけで、その足萎えも改善されるでしょう。
しかし、何故でしょう?どうしてあなた方はこんな単純極まりない
当たり前の事をやってみようとしないのでしょうか?

66 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:52
それを聞くと足萎え達は、少し困惑した表情でこう言ったんだね。

「それは、、、そうかもしれません。。。しかし、しかしですね、
よく聞いて欲しいのです。普通に歩く事は、私達の、この足萎え
達の、唯一の希望であり、それは世代を超えて私達に伝わる、
いわば伝統なのです。そのような重大な、途方もない、べらぼうなこと、
が、そんなに単純に明快に解決されてしまう事を、じつは、私達は
好まないのです。私達が聞きたいのは、この足萎えが少しでも改善される
ようなことです。過呼吸をして悪感情を放出したり、マントラを唱えたり、
色水を頭からかけて呪文を唱えたり、そういった事柄を私達は好むのです。
そういったことを、コレクションするのが私達の生きがいなんです」

67 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:54
で、この話のオチなんだが、、、

実はこの足萎えの国、足萎えゆえにアメリカから援助を受け取っていた、
ということ。
だから、足萎えがホントに治ったら困るという事でした。

68 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:56
これでお終い?

69 :名無しさん@3周年:04/02/02 22:00
足萎えの国は日本てこと?

70 :名無しさん@3周年:04/02/02 22:14
面白くない!!座布団三枚持って行け!!

71 :名無しさん@3周年:04/02/02 22:17
オチがくだらない

72 :名無しさん@3周年:04/02/02 22:25
猿の次は卑しい鼠か・・・

73 :C:04/02/03 04:34
おひさしぶり。
今日プネーでボディを離れた人がいました。
で、午後二時からデスセレブレーションがありましたの。
80才くらいのおじいさん。僕は久しぶりにデスセレブレーションに
参加しました。ああ、アシュラムに遅れたので、ホールでのセレブレーションには
間に合わなくて、ローブに着替えて出て来たら、ドラムが聞こえるので音のする方向に
歩いて行ったら、ホールからみんなが出てくるところで、そのまま焼き場までついて行ったよ。

今は沢山人がいるので、焼き場までのパレードは長い列だったよ。
元気なおじいちゃんだったのかな? だれだか聞くのを忘れた。知ってる人だったかな?

ああ、昨日の夜に友達のホテルの部屋に行ったら、ケーブルテレビがあって、
チャンネルを変えていたら、お絵書きミーラが喋ってるじゃないの。
どうもアシュラムの紹介の結構長い版組(30分以上)をやっていた様子。
今日は、ツアーをしに来ているインド人が列をなしていた。

ではね。またね。

74 :名無しさん@3周年:04/02/03 08:52
お絵かきミイラ、もといお絵かきミーラだ!へえ〜、今はミーラが紹介係なんだ。
ワイルドでよろしい。

ホテルカリフォルニアは好きだ〜。イーグルスを現役で聴いた世代じゃないけどね。
題名のさわやかさと歌詞のおどろおどろしさのギャップがすてき☆。

そろそろおいらは郵便局とコンビニに行くので、またね〜>C

75 :名無しさん@3周年:04/02/03 10:48
>>29
>このようにしてよくよく調べていけば、
>一切は、あたたの概念にすぎないものなんですよ!
>ですから、Kは、世界はあなただ、っていったんでしょうね。

サルくん、君には「世界はあなただ」を理解するちょっとした瞑想体験も、
知性のかけらもないんだね、思いつきや、読んだことをしゃべり散らしてるだけ。
馬鹿猿というのもきみにはもったいない、まさに誰かが言ってた白痴だよ。
鼠の注目を集めたいならほかにいきなさい。

76 :名無しさん@3周年:04/02/03 14:41
>>75
 酷な。なんとも。


77 :名無しさん@3周年:04/02/03 16:43
>>75
他人のことはいいんだ、ってことです。
他人の瞑想体験なんかが、あなたの何になるんのか?
それよりも何故、ある人の意見を読んで、こうも悪感情に支配されて、
悪口みたいなものを書き連ねるのか?
それを探って見てください。

意見とか、批判っていいと思うんだよ。それは、しかし、ある種の指針とか、
そういった建設的なものを含んでないといけない。

さて、君はきっと、Kなんかを読んでそれに陶酔して、
またまたサニヤシンのように、悟り、とか、そういったものを誇大に評価
しているようです。
だから、君は、ある種の意見に感情をがいしてしまうのでしょう。
それはね、権威主義です。


78 :名無しさん@3周年:04/02/03 16:48
あるいは、君の態度をみていると、それは心理学で、
「酸っぱい葡萄の理論」と呼ばれている、ある種の心理的自己防御
をやっているんでしょう。

あんなやつが、自分の陶酔しているもの、を得ているわけがない、
という心理で持って、自己保全をしている。

もう一つはね、悟りについて、そのステップとか、あるステージにおける
質とか、全く理解していないところから、こういった意見がでるんでしょう。
ある種の、瞑想体験をしたのかな?それと人の意見を比較しているのかな?


79 :名無しさん@3周年:04/02/03 16:49
 うす汚れて、見苦しく、どん底にいる人でさえも、アウシュビッツに手引きしては
ならない。


80 :名無しさん@3周年:04/02/03 16:52
そう、いろんなステージがある。
ある時はそれは、意識の体験。そこには平和があって、微かな至福があって、
でもね、それは圧倒されるような体験じゃなくて、ごく普通の体験。
これはね、ごく普通に常態として体験し続けることができる。
ところがある体験は圧倒的。呼吸すら、忘れてしまうほどだ。
それは、美の体験であり、神の体験。でね、通常、本屋さんに飾ってある、
ヒンドゥ系のその手の本には、こういった神秘体験がのっているの。
あなたはおそらく、その手の記述に固執しているのね。

81 :名無しさん@3周年:04/02/03 16:58
そして、ある時それは、体験ですらない!
それは通常は一瞬の出来事。体験ですらない体験は当然出来事ではないから、
ま、それの前後の出来事かな。
それはね、意識を喪失するんだね。その時、意識自体がどうなっているのは、
わからない。意識はおそらく無くなることはないよね。だから、どっかに
一時的に逝っているのかもね。意識の喪失とは、イコール、世界の喪失。
こういった処に飛び込んで出てくると、永遠とか死とか、そういった概念
が指し示す事柄がなんだか分かるようになる。
でも、ちょこっとそうなったからって、それがイコール解脱じゃない。

82 :名無しさん@3周年:04/02/03 17:02
一時的な瞑想体験なんか何になるだろう?
確かにそれは、ある種のダイレクションとか希望とか与えてはくれるね。
でも、それに執着して、それを自分のもの、にしちゃって、
その物差しで他人を計るようになったら、それはマイナスだね。

君がもしサニヤシンで、それである種の悪感情が出ているのなら、
もっとね、経験を積むとか、前向きに考えてみるとか、してみたらいい。

分かったかな?

83 :名無しさん@3周年:04/02/03 17:03
>>76
いや、明確にと言ってあげないとだめなんだね。
さもないと一生恥をさらしながら生きて行く事にもなりかねない。

人をときふせようとすればするほど、悪臭を放つ。
自分が言った通りに人が動いてくれないと、困る理由でもあるのか??
その事だけ見ても、何も分かっていない猿だと分かる。
何か劣等感でもあるんじゃなかろうか?

何が正しくて、何が間違っているかを(誰も尋ねもしないのに)教えようとしている宣教師。
ご苦労。あんたらのおかげで世界はこんなにも素晴らしくなった。
いい加減満足して世界をさったらどうか?

84 :名無しさん@3周年:04/02/03 17:28
>>83
君ような意見も、あることの一面しか表わしていないんだね。
説き伏せようとしている、っていってるんだけれど、そういうことで
君も実のところ、誰かを説き伏せようとしている。気に入らないから
何かをコントロールしようとしているだけでしょ?
そして、君の中には、自己保全とか、自己防御とか、他人に対する
悪感情とかがある。

さて、意見を言い合うのは自由なんだね。またそれは進歩という観点から
みると、役立つ、ものでもある。批判も多いに大事なことだ。
しかし、罵詈雑言、悪口は駄目だね。

政治でもなんでもたくさんの意見があって、いろんなバラエティがあって、
鷹派も鳩派も右翼も左翼もいて、それでバランスが取れているんだね。
そういったことを抑圧すると、なんかヘンナね、カルト世界ができちゃう。


85 :名無しさん@3周年:04/02/03 17:36
もう少し経験を積んで欲しいんです。それからモノを言うなら言って欲しい。
そうでないと対話に意味がなくなるんです。
経験を積んで、自分の血を流すような、自分の腹も痛むような形で、意見を
言うなら言って欲しいんですね。でないと、自分にもプラスにはならない。

こういった意味合いでは、リアルも、意見はいいとしても、
匿名で気軽に暇つぶし的に書いているなら、自分の腹がぜんぜん
傷まない形ならば、それはリアルにとってもプラスにはあんまりならないでしょ?

まあね、また同じような意見、罵詈雑言、自分で分かるまで書き連ねるんだろう
けれどね。


86 :名無しさん@3周年:04/02/03 17:37
2ちゃんねるである以上、罵詈雑言も悪口も避けられないね。
進歩という観点から常に考えるというのも、ここではいらない気がする。
サニヤシンはだいたい、他者からいい人に見られたい、進歩してる魂と
見られたい人が多いから、アシュラムや瞑想会では自分と違う意見がでても
なにも気にしてないふりして黙っている人が多いね。
ダイナミックやノーマインドで解放されることもあるけど、やはりそれでも
解放されないこともあるわけで、そういう抑圧された言葉がこの板において
表現されている。カタルシスでエナジーを解放するということは、逆に言うと
意味を持った言葉は抑圧されたままになりがちであるということでもあるから。
全部、全部、全部、書いてしまうこと。

87 :555:04/02/03 17:51
ああなんか見えてきたけど、「魂の集団」だと互いに霊的なフリクションが
キツいのかしら?そういうこと?


88 :名無しさん@3周年:04/02/03 18:48
うんうん、冷静な意見もあるね。そういうことだね。

罵詈雑言、悪口、しちゃいけない、っていってないよ。
そうすることで何になるんですか?って問い掛けているわけね。
ま、カルマのセオリー辺りから、知らないなら勉強したらいい、それらが止められない
のならね。

でも、カルマのセオリーって僕にとっては、態のいい「脅し」なんだね、結局。
あれは、洗練されてはいるけれど、地獄と同じような概念としても受け取れるからね。
勿論、カルマの法則はこの法則界では絶対であるし、他に意味深長なものも、あるけれど。


89 :名無しさん@3周年:04/02/03 18:50
さて、先に進みますよ。ここでは意見を書込む事が主だからね。

罵詈雑言、悪口の本当の原因は、ま、無知、なんだけれど、
もっと言うと、無知ゆえの、思いやりのなさ、なんだね。

ここで、ま、初歩に近いけれど、思いやり、ということを少し掘り下げてみます。

90 :555:04/02/03 18:56
わくわく(w

91 :名無しさん@3周年:04/02/03 18:57
通常世間で言われている「思いやり」っつうのは、お互いに社会生活していく
上で、お互いを思いやった方が快適であるし、いろんな面で便利だからなんだね。
それは、動物でもお互い仲間を大切にするでしょ、自己と種の保存の為になるから。
でも、ここで言うような「思いやり」っつうのは、もっともっと普遍的なもの。
「汝の敵を、、、」というやつね。Oshoも、ある種の人は非常に慈悲深い
と言われている、何故ならそういった人は自分に唾を吐いて石を投げる人間の
為に止まろうとするから、って言っているね。
僕がそうだって言っているんじゃないよ。この点はしっかり分って下さい。

92 :名無しさん@3周年:04/02/03 19:06
じゃあ、なんで、自分に唾を吐き石を投げるような人間に対して
思いやり、なんて持てるんだろうか?
何故石を投げるのか、は簡単だよね。人はマインド=虚構の世界に生きているのに
それに反対するようなことを言うからさ。

それはね、意識の世界に目覚めて少しすると、ハートの世界に入って行くんだけれどね、
そこである種の敏感さっつうのが獲得されると、苦しみもまた偏在している、
と言う事が分って、その苦しみにハートが対応するっちゅうか、答えようと
するわけさ。しかしながら、言葉は意味をなさないんだね。コミュニケーション
が取れないわけ。で、ここで、苦悩するんだ。


93 :名無しさん@3周年:04/02/03 19:11
そりゃ、最初の頃はね、この種の苦悩はしているんだけれど、
石投げられればやっぱり頭に来ちゃったり、する。
でも、自分の空っぽさを見ると、石投げている人もまた空っぽなんだ
ってことがわかるし、ホントはそういった理屈からじゃなしに、
空っぽさに気づくようになると、憎しみ、妬み、苦しみ、は偏在している
けれど、そこには人格とか主体ってないんだってことに慣れてくる。
苦しみ、だけがあるわけ。憎しみ、だけがあるわけ。そして、また、
それには実体がない。

こうなってくると、普遍的な、誰対するというのではない、「思いやり」
っつうのが育ってくる。

94 :名無しさん@3周年:04/02/03 19:16
この、思いやり、っつのを深めてく。それを広げていく。
そうすることで、ハートの奥底でもって、人は神を悟るんだね。
これはたまに神秘体験ってことで、一般人でも経験したりしている。
で、それを常態にするのが、神を悟る、という概念で示されている
ことなんだろうね。
その体験ってのは、人によって様々。僕は、それを極限の美として
体験した事がある。

95 :名無しさん@3周年:04/02/03 19:21
ハートが苦しみに応対し答えようとするのは、劇的な体験。
それはね、正に、祈り、です。

ところで、ハートの話はサニヤシンに受けるんだけれど、
ハートに本当に入っていこうとしたら、本当に祈りを体験しようとしたら、
瞑想などの技法を通して、先ず、観念世界から出ないといけないでしょ?
それ以前に、祈り、って非常に難しい。ほとんどの祈りって単なる神様への
お願い、だ。
観念世界を出るのにもっとも効果的直線的な道は、その技法は、
自己否定、なんだ。

96 :名無しさん@3周年:04/02/03 19:25
ね、だから、ここで、ポイントなんだけれど、
サニヤシン達が今迄やってきた、当てずっぽう的修行ね。混沌的なもの。
これを改める必要が出てきている、今、曲がり角に来ているんだ、
ってのが、僕の主張。

その曲がり角では、
人は、「すでに実現している」、という主張を持った方法論、
禅、あるいは、ヒンドゥでいうなら、アドヴァイタ、なんかに
方向転換するのが良いと思うんだ。

ね、

97 :名無しさん@3周年:04/02/03 19:30
悟り、つうのをさ、何か、途方もない、実現不可能な、
遠い、世界、って描く事は、ま、仕方のないことだな、最初はね。
でも、それを何時までもやっていても、埒は開かない、という
ポイントがくる。
当然、これは個人的な話ね。いろんな人がいいろんな状態にいる。
そんなことは百も承知。言われても解らない、そんなことも
了解済みです。

でも、僕が僕の意見を言うとしたら、
この曲がり角で方向転換するとしたら、そのダイレクションは、
「すでに実現している」という方法論です。
実際そうだしね。

98 :名無しさん@3周年:04/02/03 20:08
しょぼい

99 :555:04/02/03 20:31
せっかくolkさんが(以下略)

100 :名無しさん@3周年:04/02/03 20:38
やれやれ

101 :名無しさん@3周年:04/02/03 20:43
ヒトリゴトは自分ちでやって欲しい。

(聞いてる人いる?ひとりでもいるんならがまんするけど)。


102 :名無しさん@3周年:04/02/03 20:52
>「すでに実現している」という方法論です。

そう、そういう方法論でもって君は、実現したと信じ込んでいる、猿なのに
神だと、透明になったと、それを極限の美として体験したとね・・・

だが何を持ってそれを極限だと判断したのかね・・君のエゴがだよ!


103 :名無しさん@3周年:04/02/03 20:55
>「すでに実現している」という方法論です。

そう、そういう方法論でもって君は、実現したと信じ込んでいる、猿なのに
神だと、透明になったと、それを極限の美として体験したとね・・・

でなければ何を持ってだれが極限だと判断したのかね・・君のエゴがだよ!


104 :名無しさん@3周年:04/02/03 21:15
でも現実においてはやっぱり人殺しがいたら、処刑しちゃったほうが良い訳で。
主体があるとかないとかは二の次だなあ。

105 :リアル魂:04/02/03 21:44
石を投げられる。
これで思い出すのは、アルヒラジマンスールだな。

さて、オレの罵詈雑言は自らが傷つかないための防御だ。
針ネズミの針と同じ、暴走族のデカイリーゼントと同じ。
そういう意味じゃ皆と同じだな。

シャルマは石を投げられるのを気にしていないようだ。
本当にサニヤシンに対して愛を持って居るんだね。
なかなかできることじゃないよ。
愛があれば石を投げられようが平気なのだ。
相手が気に入ろうが、気に入らないだろうが気にしない。

ここに彼に敬意を表するよ。

祈りは是認だ。
今日、近くの河原に行った。
月が影っていたが、オレは自分の過去に敬意を払った。
同じようにサニヤシンにもOSHOにも敬意を払うだろう。

みんな、そしてシャルマ、そしてOSHO、
ありがとう。


106 :名無しさん@3周年:04/02/03 21:46
>罵詈雑言、悪口、しちゃいけない、っていってないよ。
>そうすることで何になるんですか?って問い掛けているわけね。

煽ることでサルの化けの皮がはがれる、

自己実現セミナーばりの虚構

107 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:04
ほんと虚構だよね
恥ずかしくないのかね。

108 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:17
ふむふむ、

すでに実現している、というのは事実、なんだね。
しかし、そうなってたら、もう、方法論はいらないでしょ?
で、方策として、「すでに実現している」っつうのを使うんだ。
これはね、非二元論、つうんだけれど、これもやっぱり概念であり、
言葉である以上、やっぱり、方法論、なんです。

ま、鼻糞ほじりながらでも書いてくれたんで答えたほうがいいんだろうけれど、
化けの皮とかね、僕が実現してないとかね、極限を極限と評価したの
は僕のエゴだとか、えっと、まてよ、これは結構面白いかな。
えっと、僕に関する事にはね、興味ない。
おそらく、これ、煽ってんの一人でしょ?
君には悪いんだけれど、君の発言にはあんまり興味がでないんだね。

109 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:21
極限を評価したのは、エゴ、ね。
これはね、エゴってもんに実体があると思っていると、そうなっちゃいます。

例えばね、自分がない、って悟るのはマインドじゃないの。
それってね、エゴ・マインドを離れた、純粋知性はそれを知るんです。
伝統では知恵って言ってんです。
えっとね、エゴ・マインドには、それ自体に実体が無いってのが解らないの。
これは、どうやっても解らないんです。
でも、解ろうとしなければ解らない。
さあ、これは困難な状況だよね。


110 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:25
これはどうするかっていうと、解ろうとするわけ。
でね、解ろうとする努力が擦り切れて、
この努力が完全に水泡に帰した時、純粋知性ってのが顕われ出る。
そうすると、それをそれと知る、ってことが起こる。
それはすでに、そうだったんだ、ってこといなるの。

111 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:29
極限の美、も、それを極限と認知するのはこういった知性。
これは、経験すると分かります。疑いなんてもたげるような
余地ってないです。その疑いってもんには価値は全く無い。
それはね、圧倒的な体験なんです。
体験自体は重要じゃないよ。しかし、それがダイレクションを与えてくれ
んだね。そういったダイレクションが無いと迷いやすい。
神秘体験の価値ってそういうことじゃない。

112 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:34
>さて、オレの罵詈雑言は自らが傷つかないための防御だ。

うん、ま、解るけれど。。。
防御するってことは、防御する何かが、ある、ってことでしょ?
そこに注目して欲しい。
それから僕を、あるいは誰かを、決して過大に評価しない、ってことを
言っておきます。過小に評価するのは、酸っぱい葡萄の理論でしょ。
過大にするのは、崇めるような危険がある。
君がそれをしていないのは解るけれどね。

僕は、ただ、あたりまえに目覚めて、当たり前にハートへ、
実存へ、と向かっているだけ。
あめふかば、かぜふかば、ふけ、さ。
それはそんなものさ。

113 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:35
糞リアルよ、サルとマンスールか、糞味噌いしょにすんじゃねー 
自らが傷つかないための防御の罵詈雑言だとよ
かなしーねー
>そういう意味じゃ皆と同じだな。
おいおい、、こっちも糞味噌いしょにすんじゃねー 
みんな罵詈雑言であおってたのしんでるゼ
サルが愛を持ってるってー
おまえどこまでお人好しでクサイんだー
サルの戦術がみえないんじゃなー
それに罵詈雑言をいえば虚構がばれてしまう
しょせんおまえは、サルのさるまねさ!!!!





どうだおれの煽りは楽しんだかい



114 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:39
blogしたらいいんだ。blog。はてなダイアリーとか使えばソフトもいらんぞ。
それなりに読んでもらえるし、なうひあーのサーバーを借りたときに感じるような
貸してくれた人に悪いなという気持ちも感じなくていいし。

115 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:42
☆ 心と宗教板を利用される方はカルト問題に関心を持つようにしましょう。

これが結構ね、さりげなく書いてあるけれど、重要な部分。
サニヤスの問題も、先ずはカルト問題として捉えていくと
分かり易いかもね。

当然、サニヤシンだったらね、Oshoはいわゆるカルトではない。
んー、破壊的カルトじゃないってことだけれど。

でもね、ここ、見てても解るけれど、カルト性というか、カルトな要素
ってたくさんあるでしょ。


116 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:46
調子良く行っている時はいいじゃない。Oshoで。
サニヤシンで問題無し。
でもね、これから経済的、あるいは精神的に、苦しなって逝った時にね、
社会保障だの、セラピストだの、他人のお世話になりはじめたら、
やっぱり、そうはいかなくなってしまします。
そうなったら、社会的に、カルト、って位置づけが定着しちゃうでしょ。


117 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:49
だからね、サニヤシン、やるのはやるで構わないけれど、
最終的に、他人に迷惑をかけるようになったら、
困るわけ。

そうなる前に、しっかり、何がカルトなのか、
カルト的要素とはなにか、しっかり勉強して、
そういった要素を排除するような方向にもっていったら
いいんです。


118 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:50
批判を受け入れない

排他的

カルト内の付き合いしかない

狂信性

他にもあるでしょ?

119 :名無しさん@3周年:04/02/03 22:52
非常に視野が狭い、ってのがあるね

120 :名無しさん@3周年:04/02/03 23:41
何年かぶりにプーナに辿り着き、、、
知らない人ばかりですっごく不安になる
そんな時、少しでも知っている人に会うと、
嬉しくてハグして元気だった〜、ってなる
なんかジャングルで漂流者同士が
ハグし合うタロットに似ているような、、、


121 :名無しさん@3周年:04/02/03 23:44
>>117
このひとしっかりみんなにめいわくかけてるとおもうけど。

122 :はひょ丸 ◆xVxqW0FG7E :04/02/04 00:03
ま、シャルマどうぞ続けて下さい。
興味ないこともないので。

123 :名無しさん@3周年:04/02/04 00:07
自性即ち無性にて    已に戯論(けろん)を離れたり

戯論って何?

124 :名無しさん@3周年:04/02/04 00:12
えっとね、Oshoも死ぬ直前に、禅宣言だっけ?
これ、これ、これ、っつうのを遣り出したんだね。
当時僕も居たんだけれど、講和の最後に皆後ろに倒れてさ、
リラックス、とか言われて、
「これだ!」
っつうのさ。

これがね、「既に実現している」って方法論なんだね。

125 :名無しさん@3周年:04/02/04 00:16
当然、当時は分からなかったねえ。
「これ」って言われてさ、ハイそうですか、ってな具合にはならない。
えー、これ??ってだけ。そんなこともすぐ忘れる。
つうかさ、これ、だなんて思えないよ。当然そうは思わないよ。

でも、これ、なんだ。
他に何がある?
これ、以外は、オツムの妄想ってやつでしょ?
だから、これ、っつうのがしっかりすればいいんだけれど、
自分つう中心があるのならそうならないよ。


126 :名無しさん@3周年:04/02/04 00:18
Oshoもね、そっちへ行ったんだよ、最後はね。
でも、時間がなかった。
そういったことで、混乱が起きちゃっている。
だから、Oshoが行こうとした方向へ転換すればいいわけ。

127 :戯論:04/02/04 00:19
戯論というのは「ああでもない、こうでもない」と無駄な思弁を弄することです

128 :名無しさん@3周年:04/02/04 00:21
>117
おれはしっかり聴いてるから続けろ。
いい感じの時と、なんか惨め、見るも無残ってのが共存してる。

 

129 :名無しさん@3周年:04/02/04 00:23
それは自ずから本性を顕わす、としてもね、
いい、
有らん限りの努力をしなければ、そんなもの、
顕われっこないです
それは、主体がない、実体が無い、ってことで、空性ですが、
それが解らなければ、そんなものただの、戯れ言、です。

130 :戯論:04/02/04 00:29
>>129さんも戯論じゃない?それも

131 :戯論:04/02/04 00:31
ああでもない、こうでもないって言ってますよ・・・

132 :名無しさん@3周年:04/02/04 01:05
なんか勘違いしてますね。

僕は、続けろ、だの、止めろ、だの、という意見には拘束されいません。
自分で書きたければ書く、止めたければ止める、それだけです。
僕は、君らに一切、どんな意味でも依存していないし、
君らの意見が僕に影響を与えるようなことも、ほぼ、ないと言っていい。

戯れ言、っていえば、全部、戯れ言。
ね、そうなら、Oshoのも、戯れ言でしょ?
自分の言っている事、言葉の一つ一つを解って言っているか、
そうでないかって、ことがあるけれどね。

133 :名無しさん@3周年:04/02/04 01:13
ポイント、はたった、一つ、です。
探してますか?
探してないんですか?

探していれば、何かが見つかる事はないけれども、
見出すでしょう。
そうなった時に、戯れ言は戯れ言、と分かるんです。

見出した時には、ほくそえむんですよ。
なんだ。。。こんなことか、ってね。
あ、そういえば、どっかの、馬鹿も、なんか言ってたな。
ってこと。

見出した時には、そこに、Oshoも、サも、
ないんです。
そすると、ま、サッパリする。

脱サニヤスということです。脱糞ならぬ、脱サニ。
脱腸でも、ダチョウでもなく、辞サニ、でも、切れ痔、でもない。


134 :名無しさん@3周年:04/02/04 01:13
じゃ、
おあとがよろしいようで、、、

135 :名無しさん@3周年:04/02/04 01:13
まー学者か哲学者にでも成ってくれや

穴蔵坊主さん

136 :名無しさん@3周年:04/02/04 01:59
>>133

プロバガンディスト

137 :名無しさん@3周年:04/02/04 09:05
もうちょいだな。ハートは感じるが美しくない。


138 :名無しさん@3周年:04/02/04 09:45
>>132
> なんか勘違いしてますね。
> 僕は、続けろ、だの、止めろ、だの、という意見には拘束されいません。

 それなら反応しないはずだが、反応背猿をえないのはなぜか?


139 :リアル魂:04/02/04 13:18
なんだかんだ言っても、
なんでオレはここに書き込んでるかね。
考えてもしゃーないか。

>防御するってことは、防御する何かが、ある、ってことでしょ?
そう。オレが防御してるのはカコのサニヤスの記憶に自信がもてない
ことかな。特にオウム以降ね。

>それから僕を、あるいは誰かを、決して過大に評価しない、ってことを
シャルマの意見はとても透明に思えるし、オレ的には評価しているのだな。
だが特に持ち上げるつもりは無論ない。エールを送る意図だよ。
シャルマは嫌かもしれないが。

オレは愛とななにか知ってる人間だけが反逆とは何かを知ることができると
思っている。この愛とは多分にオレ独自の表現だが、それは好きなように解釈
してくれても構わん。

愛と反逆に対して、人は石を投げるか、花を持ってくるかの
二通りの反応しかないようだ。この二つは実は同じなのである。
罵ることと、賛美することは同じだ。




コレ、コレ、コレでダイイングにはリアルタイムだったが。


140 :>シャルマ?:04/02/04 17:36
誰のこと?
名無しさんばかりだけどサか?

141 :名無しさん@3周年:04/02/04 17:38
カルトか?

142 :名無しさん@3周年:04/02/04 17:41
インコか?

143 :名無しさん@3周年:04/02/04 19:41
ちんぽか?

144 :名無しさん@3周年:04/02/04 21:54

スウィートムービー
http://anarchy.k2.tku.ac.jp/japanese/books/cinemapolitica/c-143.html

ウィルヘルム・ライヒ
http://www.d4.dion.ne.jp/~yanag/kora9.htm

145 :名無しさん@3周年:04/02/04 22:57
 何だもう終わりか?
いいせんいってたのに。 

146 :名無しさん@3周年:04/02/04 23:15
ここに あなたの足台がある。もっとも貧しい人、もっとも賎しい人、挫折した人たちの住むところ、そこで あたは足を休めたもう。
 あなたの御前にぬかずこうとしても、わたしの礼拝はとどきません---もっとも貧しい人、もっとも賎しい人、挫折した人たちにまじって、あなたが足を休めていられる奥処までは。
 おごる心では けっして 近づくことはできません---もっとも貧しい人、もっとも賎しい人、挫折した人たちにまじって、下層の民の衣をまとい、あなたがあるいていられるところへは。
 わたしのこころは どうしても 見いだすことはできません---もっとも貧しい人、もっとも賎しい人、挫折した人たちにまじって、友なきものを友とする あなたのもとに通じる道は。


147 :名無しさん@3周年:04/02/04 23:25
>>145
おごる心

148 :名無しさん@3周年:04/02/04 23:42
>>144
映画っちゅうんやったらこれもお勧めやで!
和尚お得意のジョークにも通じていて、サニヤシンに大受け間違いなし!
「踊るマハラジャNYへ行く」(原題The GURU)
キーワードはインド、グル、愛とsex,ダンス&ミュージカル、笑い。
ただし瞑想はあらへん、念のため。


149 :名無しさん@3周年:04/02/05 01:41
140 :>シャルマ? :04/02/04 17:36
誰のこと?
名無しさんばかりだけどサか?


150 :名無しさん@3周年:04/02/05 01:42
>シャルマ?
>誰のこと?
>名無しさんばかりだけどサか?
ローカルで盛り上がってんだろう

151 :名無しさん@3周年:04/02/05 09:32
サニヤシンはマトリックスとかも大好きな人多いねえ。
おいらは最近深夜のプリズナーNo.6観てるけど、
不条理さと謎にあふれていて大好きだ〜。

152 :名無しさん@3周年:04/02/05 12:15

この前、古本屋さんに寄ると、相当年代物のウィルヘルム・ライヒ本がありました。

本人自身の論文や対談、書簡集、果ては獄中顛末記まで入っているのですが、
なんとなく立ち読みをして、一番スゴイな〜と思ったのは『伝染性精神病』に関する
論考でした。

もうどっちがどっち?な世界ではありますが(笑、「こういう奴が感染源だ!気を
つけろ!!」と微に入り細に入り力説する所の、独特な人物像に関してのミョ〜な
説得力だけはありました。なぜか。

第一に「嘘つき」がヤバイそうです。


153 :名無しさん@3周年:04/02/05 12:18

ところで、「(いわゆる)セラピー」とは、このライヒの業績に負う所が
大きいわけで、世のセラピストの人はもっとこの人物のことを多角的に調べ、
その上でせめて納得してから施術をして欲しい、と、さすがに思いました。
この際、OSHOやサニヤシンウンヌンは関係なく。

それぐらいヘンテコな歴史的希少本がたったの250円!
買わなかったけど(- -;

>>148
本家(『ムトゥ 踊るマハラジャ』)のビデオなら持ってるよ♪
パロディはいいかな、もう(笑

154 :名無しさん@3周年:04/02/05 14:27
>>152 『伝染性精神病』
地球人のほとんどが、それにかかってるって思うけど。
悪夢から醒める?

それは昔からあると思うけど、小さな地域レベルであっただけ。
今は地球レベルでの『伝染性精神病』が猛威をふるっているので、
その伝染病への対処が大切になって来てるんだね。

昔は、悟るって言ったって、個人の趣味でやってたら良い事だったんだけど。

155 :名無しさん@3周年:04/02/05 15:53
>153

じゃあ医者に行く前には医学の歴史でも調べてからいけというのか?
電球を買う前にエジソンの伝記を読めというのか?


156 :名無しさん@3周年:04/02/05 17:59
>>154
>地球人のほとんどが、それにかかってるって思うけど。
 悪夢から醒める?

「悪夢」を「無明」と捉えると、そういう大昔からの地球レベルの等式(?)も
また成り立つかもしれませんが、ライヒが訴える所の『感染源』は、かなり
特殊な人物像の感はありました。

「(病的な)嘘つき」ということですか。

>その伝染病への対処が大切になって来てるんだね。

同意。

157 :名無しさん@3周年:04/02/05 18:03
>>155
>じゃあ医者に行く前には医学の歴史でも調べてからいけというのか?

患者(または、クライアント)へ向けて、「多角的に調べて」なんて書いて
ないよ。
それに、医学部卒の医者なら、在学中にライヒの名前と何があったかぐらい
は一応学ぶのではないかな?
それすらイージーに流されてきているのが、「施術者(セラピスト)側」の
現状ではないか、って事。

>電球を買う前にエジソンの伝記を読めというのか?

小学生時代にエジソンの伝記を読むのはお勧め!(笑





では、さようなら〜☆

158 :名無しさん@3周年:04/02/05 19:07
さようなら〜☆嘘つきさん!!


159 :名無しさん@3周年:04/02/05 19:27
ただのライヒ泥棒って訳ね・・・・

160 :はひょ丸 ◆xVxqW0FG7E :04/02/05 23:10
>>151 プリズナーNo.6って高校の時山崎某が宝島で大推薦してたな。
映画といえば僕は断然「少林サッカー」なんだけど。
あとグルジエフの伝記映画の「注目すべき人々との出会い」
の最後のグルジエフ・ダンスはスゲーよ。
グルジエフグループが実際踊ってるらしいんだけど
本当に見てて思考止まったもの。
しかもそれだけじゃなくてウオ〜って体から力というか雄叫びのような
ものがわいてきたんだよね。
だけどoshoのグルジエフ・ダンスのヴィデオは正直しょぼかった・・・・・。

161 :名無しさん@3周年:04/02/05 23:15
おーい!シャルマってどこから名前が出てきたんだって!

162 :名無しさん@3周年:04/02/05 23:15
おーい!シャルマってどこから名前が出てきたんだって!

163 :名無しさん@3周年:04/02/05 23:16
おーい!シャルマってどこから名前が出てきたんだって!

164 :名無しさん@3周年:04/02/05 23:16
おーい!シャルマってどこから名前が出てきたんだって!

165 :名無しさん@3周年:04/02/05 23:17
おーい!シャルマってどこから名前が出てきたんだって!

166 :名無しさん@3周年:04/02/05 23:36
>>161

あれは見習い中ですから・・・
でも今ならそろそろプラバンとかは上手になってるんじゃないか?
かれこれ十数年はやってるはず。

167 :166:04/02/06 12:51
>>161じゃなかった
>>160だ!

168 :名無しさん@3周年:04/02/06 12:52
>>161-165
いちおう和尚に貰った名前らしいよ。

169 :名無しさん@3周年:04/02/06 12:54
注目すべき人々との出会いの映画版は、10年くらい前に大阪の梅田の小さな映画館で観たよ。
感想は・・・美味く言葉に言い表せない・・・。

170 :名無しさん@3周年:04/02/06 13:24
>>169
> 注目すべき人々との出会いの映画版は、10年くらい前に大阪の梅田の小さな映画館で観たよ。
> 感想は・・・美味く言葉に言い表せない・・・。

 俺も見てー。 どっかで手にはいらんか? 
 なんなら映画館ごと買うが。


171 :P:04/02/06 15:15
>俺も見てー。 どっかで手にはいらんか? 

Pにメール出せば、しあわせになれるかも。

(メアドはここには晒せないけど、過去ログの「友人たちの集い」へのリンクアドレス
をちょといじってHPに至れば探せると思ふ)

172 :名無しさん@3周年:04/02/06 19:21
グルジェフ・ムーヴメンツ 創造と進化の図絵

と入力してぐぐってみるとか。>Pにメール

173 :P:04/02/06 20:29
P ってその人じゃなくって、ここでコテハン P 使ってたぼくの事っす。

174 :はひょ丸 ◆xVxqW0FG7E :04/02/06 22:23
つーか僕の私見ではこの映画はダンス・シーン以外は見る価値は
無いと思ってる。
だから今見たいのはグルジェフ・グループが残したダンスの映像フィルム。
10年前に地元の映画館で一度やってたんだけど見逃した。

シャルマのアドヴァイタの話だけど
僕なんかはもう探求する事自体が距離を生むような気がしてて
昔のようなワークの仕方はしていない。
求めること自体が自分を分裂させるというのかな。
でも完全に自分の中の「求めること」というのが
止んでいるわけではないので徹底していない。
タチの悪い無事禅みたいなもんだな。

最近クリシュナ・ラーダの伝記読んだけど
なかなか面白かったよ。


175 :名無しさん@3周年:04/02/07 00:43
OSHOの小説で・・何だったかな
情熱が満たされなかった娼婦の亡霊の話
確か彼が20代の時の作品だったはずだが・・。


176 :名無しさん@3周年:04/02/07 00:44
その作品
なかなか面白かったよ。

177 :名無しさん@3周年:04/02/07 12:17
>>174
全体像ができたら、今度は1つを掘り下げる。
どれをやっても大して変わらないという安心感ができたので、
これからが入門だな。



178 :名無しさん@3周年:04/02/07 15:47
マインドはありとあらゆるプロジェクション(投影)の名人なので、
「…を探す」っていうと、そっくりの偽物をつくり出してくれるんだね。

「無になる」というのが効くのは、
「無」はマインドには投影できないからだそうな。
そう言われてみればそうか。

ところで空と無の違いは?
まず空になって、そして無になって、そうして違いを教えて欲しい。

179 :名無しさん@3周年:04/02/07 16:55
なんとかが効くなんて....

薬じゃないんだからさぁ。

ところで薬が効く対象は何よ。体か、ココロか、マインドか?

本質的にどれも「無」なんだよ。それが「無」であることを
見抜くのが空の力

180 :555:04/02/07 18:19
>>156

>ライヒが訴える所の『感染源』は、かなり特殊な人物像の感はありました。

はい、私の解釈ではそこらへんを歩いているフツーの人々がそれです(w

おとろしや〜

まあ、そのへんについて参考になる本としてはアーサー・ケストラーの
「機械の中の幽霊」に取り上げられてるポール・マクリーンの(人間の)三脳生物論
が優れていると思いまフ。昨晩やってた「MAN ON THE MOON」は良かったなあ。

181 :名無しさん@3周年:04/02/07 18:30
まんが

182 :名無しさん@3周年:04/02/07 22:05
ただのジャーナリズム

183 :名無しさん@3周年:04/02/07 22:13
ジャーナリスト

おとろしや〜


184 :グルジェフ:04/02/07 22:22
現代文明はもう一つ、ジャーナリズムという特殊な文学をも生み出した。

この新しいかたちの文学は黙って見すごすわけにいかない。それが心の発達に何ら貢献しないばかりか、私の見るところでは、人間関係に及ぼすその破壊的な影響力によって、今日の人間生活の根本悪となっているからだ。

185 :グルジェフ:04/02/07 22:24
この文学形態が最近になってとみに蔓延してきたのは、それがほかの何にまして人間の弱みや欲望につけこみ、
意志力の欠如に拍車をかけるからだと、私は信じて疑わない。

186 :グルジェフ:04/02/07 22:25
そのために、かつてはおのれの個性を少しは認識するのに役だっていたもろもろの素材を得る最後の望みさえ、日ましに、失われつつある。
ところが、自己完成の過程に必要不可欠な「自己を思い起こすこと」は、個性を認識することによってはじめて可能なのだ。

187 :名無しさん@3周年:04/02/07 22:25
福音書だって一種のジャーナリズムだぜ。
現代の特権ではないのだ。特に宗教に限っては。

188 :グルジェフ:04/02/07 22:26
さらに、この無軌道な時事文学のおかげで、人々の思考機能はいやがうえにも個性を失い、
以前はときおり目覚めていた良心も、いまでは彼らの思考にのぼることすらない。

189 :グルジェフ:04/02/07 22:26
このように人間関係という点から見ただけでも、
かつて人々の生活を多少なりとも満足のゆくものにしていた諸要素まで奪われてしまったのである。

190 :グルジェフ:04/02/07 22:27
われわれすべてにとって不幸なことに、人々の生活の中に年々広がりつつあるこの報道文学は、
ただでさえ弱い人間の心を、ありとあらゆる欺瞞や妄想に無防備にさらすことによっていっそう弱め、

191 :グルジェフ:04/02/07 22:27
理性的な思考から遠ざけてしまう。その結果、人々の心の中には正常な判断力のかわりに、
不信、怒り、恐怖、偽りの羞恥心、欺瞞、自惚れといったような無価値な感情が引き起こされることになるのである。

192 :555:04/02/07 23:04
ああ、そのへんのグルジェフの話は俺も気に入ってる。

          が・・・

「人間は月の食べ物である」というグルジェフのわけわかめな宇宙論を
ちゃんと説明しろやゴルァ!

193 :名無しさん@3周年:04/02/07 23:09
月が人間食べるわけないだろ!!(笑)

194 :名無しさん@3周年:04/02/07 23:12
月は眺めるのがよろしいかと
綺麗じゃないですか・・・

195 :名無しさん@3周年:04/02/07 23:13
スピリチュアル・ジャーナリズムにご用心



196 :名無しさん@3周年:04/02/07 23:43
おじさんって!!難しい事が好きなんだね!!(笑)

197 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:18
あらゆるジャーナリズムは情報にすぎない
ジャーナリズムの弊害からみをまもるには
そのことに気づいているだけでいい

そう、たとえ聖書や仏典やoshoの言葉でさえ
体験の裏付けがないのなら
それは情報だということに

だがoshoの言葉は我々をして体験へと
招き込もうとする
まるで情報から体験への架け橋のように

知識や情報は
体験という月を差す指と
指の影にすぎず
月を見ようとしないなら
いくらそれを蓄えようと
愛だのハートだのいくら言葉を並べようが
ゴミを拾い集め
捨てているにすぎない




198 :はひょ丸 ◆xVxqW0FG7E :04/02/08 00:22
>>192 あれはoshoに言わせれば単なるグルジエフの壮大な冗談(笑)の
一つに過ぎないらしいよ。(by 秘教の心理学 )

199 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:27
197>>かっこいいじゃん!

200 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:27
ラジニーシ風情にグルジェフは理解できまいて。

201 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:29
>この文学形態が最近になってとみに蔓延してきたのは、それがほかの何にまして人間の弱みや欲望につけこみ、
>意志力の欠如に拍車をかけるからだと、私は信じて疑わない。

君はただ、それがたんに情報にすぎないという気づきが欠如していると、

>私は信じて疑わない。

ねよっと。。。

202 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:33
>>201
解釈しすぎ。

203 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:35
>>201
もう見逃してる・・・(笑)

204 :555:04/02/08 00:47
>>グルジエフの壮大な冗談

あのハゲならやりかねん・・・。はひょちん情報提供サンクス。

205 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:47
吾が師OSHOに比べればグルジェフなど三流マスターでごわす。
まーOSHOの前座がいいところですな・・・

206 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:51
ラジニーシ風情とは失礼な!!(笑)
解釈好きさん!!!

207 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:53
ラジニーシなんて、グルジェフの草履取りじゃねーか

208 :555:04/02/08 00:58
オマイラ・・・。

そういう話にするんだったら、

ダウンタウンの松本なんかアンディ・カウフマンのポケットのゴミだよね?

209 :名無しさん@3周年:04/02/08 00:58
>>207
想像しちゃったよ!!(笑)

210 :名無しさん@3周年:04/02/08 01:00
555さん!!うまい!!

211 :名無しさん@3周年:04/02/08 01:01
愉快愉快。

212 :名無しさん@3周年:04/02/08 01:03
207さんはグルジェフの弟子か?

213 :555:04/02/08 03:34
http://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/m-man-on-the-moon.htm

214 :名無しさん@3周年:04/02/08 11:26
天才カウフマンもOSHOの笑っていいともメディテーションにはかなうまい

215 :名無しさん@3周年:04/02/08 11:47
聖職者どもがこの世界から笑いをなくす・・・・

216 :名無しさん@3周年:04/02/08 11:55
映画評論家も聖職者みたいでやだね・・・

217 :名無しさん@3周年:04/02/08 12:08
555も聖職者だったりして・・・

218 :555:04/02/09 14:58
いえ違います。私は天使です(w

219 :名無しさん@3周年:04/02/09 15:08
>>1

意味わからん。 餃子の王将なら知ってけど。
あすこの天津飯はうまかった。
おまけのスープがまたいい。

220 :名無しさん@3周年:04/02/09 15:12
↓ここです。

http://www.ohsho.co.jp/contents.html

221 :555:04/02/09 16:16
あ、一応書いとくけど、アンディも瞑想好き。TMらしいけど。

222 :名無しさん@3周年:04/02/09 23:41
苦笑もんだな

223 :名無しさん@3周年:04/02/09 23:50
飼い主に捨てられた老犬が毎日いくつもの村人の家を窺い、
うろつき廻って結局身を寄せる所がないのに似てる。

224 :名無しさん@3周年:04/02/10 04:15
>>170
このサイトに「注目すべき人々」の舞踏の部分がアップされてる(画質はいまいち)。
たくさんリンクが貼ってあるサイトなので、「グルジェフ」で検索してくれ。
この映画は、舞踏以外の部分は観る価値ないと思う。 原作の方がよっぽど面白い。
と言うか、あの原作を映画一本分の長さにまとめるのはそもそも無理がある。

225 :224:04/02/10 04:21
スマン、リンク貼るの忘れたw

ttp://www.bekkoame.ne.jp/~oriharu/jvideo.htm

226 :170:04/02/10 11:52
>>224
 アリガト。

227 :555:04/02/10 12:40
>苦笑もんだな

そうそう、そんでおもしろいのが、アンディがああいった普通の枠組みを
超えた視点からのギャグをやっているのを、アンディのTM瞑想の教師が、
「我々にそぐわない行いだから出て行ってくれ」と勧告するのね。

・・・逆だと思うけど。まあTM教師の浅はかさが浮き彫りにはなる事象だよね。

アンディが「枠」を超えられたのは瞑想のおかげかも知れないというのに。

228 :名無しさん@3周年:04/02/10 17:04
>>227
アンディ・カウフマン・・このような人も稀だね。
でも天才肌のひとは30歳代でなくなるひとが多いな




229 :ゴーゴよ!:04/02/10 18:13
「君の中には、一生をかけた労苦に実を結ばせない元凶である好奇心の虫がまだうずいているのかね?」
これ笑う・・
「注目すべき人々との出会い」から

230 :555:04/02/10 20:12
>229

まあ、「伝染性精神病」の特徴のひとつに「妄想」があるけれど、君もそれっぽいな。


231 :はひょ丸 ◆xVxqW0FG7E :04/02/10 21:09
225の人って電波系なのかな?
   前にもみたことあるけどちょっとついてけない感じ・・・・・。

232 :ゴーゴよ!:04/02/10 21:36
>230


233 :名無しさん@3周年:04/02/10 22:09
精神分析家たちは終わりがどうなるかは心得ている。
彼らがわれわれのなかに潜りこんできたのは治療師として医者としてだった。
それがちょいと自身がつくと、科学者として己の権威を主張するようになった。
すぐさまにも今度は使徒として姿を現すだろう。

DHロレンス

234 :名無しさん@3周年:04/02/10 22:42
蛇といえばZEN TAROTの「政治」も蛇だね。

235 :名無しさん@3周年:04/02/11 10:27
>>230
すぐさまにも今度は使徒として姿を現すだろう。君もそれっぽいな。


236 :名無しさん@3周年:04/02/11 16:04
コラ3馬鹿、230,231,232
そろいもそろって
消えろ


237 :名無しさん@3周年:04/02/12 00:43
チューして

238 :名無しさん@3周年:04/02/12 00:45
いいからチューして

239 :名無しさん@3周年:04/02/12 03:01
>>236,237
こいつらもいれて5馬鹿
おまえも消えろ

240 :名無しさん@3周年:04/02/12 03:11
>>238
盗聴君にチュー!!

241 :名無しさん@3周年:04/02/12 05:06
                       ___
                      /     \     ______
                     /   ∧ ∧ \  /
                    |     ・ ・   | < ハロー、oshoです
                    |     )●(  |  \______
                    \     Д   ノ
                      \____/
                       /    \
                     |     | \
                     | \ \ |\ \
     ―――――――― /    ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ` ヽ
  ー   ー   ー    /                 \
  ――――――    /           ∧    ∧     \
  ー  ー  ー    /          / ヽ  / ヽ     丶
 ―――――  ―― /                          |
 ー  ー   ー    /               ●   ●       |
― ―――― ―  |               __          |
  ー  ー   ー  |         ヽ   /    \   /       | 
 ―――――   ― |          |  |      | |       | 
 ー  ー   ー  |          |  |      | |       |  
―――   ―――  |         /   \ __/ ヽ     |
  ー  ー  ー   ヽ                        /
― ―― ――――― ヽ           ――――      /
  ー  ー  ー     \                     /
 ――  ― ――― ― \ / ̄\             /
                (( | ● | ――――――
                  \_ /      \_ /


242 :555:04/02/12 17:51
>235

まあ、「伝染性精神病」の特徴のひとつに「妄想」があるけれど、君もそれっぽいな。


























モウヤメマショウヨ


243 :名無しさん@3周年:04/02/13 05:07
>242

生意気なんだよ おまえは

偽指導者の使徒ちゃん


244 :sage:04/02/13 06:06
>>242

苦し紛れ

245 :名無しさん@3周年:04/02/15 23:49
新年明けましておめでとうございます。

246 :名無しさん@3周年:04/02/16 15:49
おめでとう

247 :名無しさん@3周年:04/02/16 17:42
うんこしにまたきますた。

248 :名無しさん@3周年:04/02/17 13:58
2月17日。
しかし、サルちゃんも 短い文を書いて、返事を待つような感じで書いてくれたら
盛り上がるかも知れないと思うんだけど、機関銃のようにまくしたてられると、
何でここに書かなくちゃならないのか分からないよね。

僕は昔、恋人にふられた時、そういうパターンに入って一方的に主張して
それが結局 墓穴をほっている事にすら気づかなかったと言うわけ。
話の内容をまとめると結局『あなたは間違っている。僕の話を聞くべきだ』
ってことになる。

249 :名無しさん@3周年:04/02/17 23:26
書いてある内容がどうこういう以前の問題。
人格に問題あるのがびんびん伝わってくるね。
サルちゃんの場合。

250 :名無しさん@3周年:04/02/19 13:21
555はどこいった?

251 :名無しさん@3周年:04/02/20 04:20
すばらしい。すばらしい。ああ、すばらしい、すばらしい。

252 :555:04/02/23 18:58
う〜ん、俺って「使徒」呼ばわりされるほどの大物かあ?(w

まあとにかくちったが元気で良かった。

253 :名無しさん@3周年:04/02/25 11:32
ちったじゃないよ。

254 :名無しさん@3周年:04/02/25 18:49
意識しすぎ・・。

255 :名無しさん@3周年:04/02/28 23:39
OSHO(ラジニーシ)≒麻原彰晃なのに…
なんで今も帰依者があとを絶たないの?
オショーという名称だってオウムにとってのアレフみたいなもんでしょ。
インドやカリフォルニアから追い出されて日本にやってくるとき
しかたなく改称しただけでしょ。
アレフも今もしっかり続いてるみたいだし。
なんで10回も死刑が出されるようなやつにみんな帰依するの?
なんでなのさ?

256 :名無しさん@3周年:04/02/29 09:13
>>255
同じこと書こうとやってきた。 健全なら思うことだよな。

帰依してる奴らは、麻原とオショーは違う!って叫ぶんだろうね。
グルが犯罪者だから同じじゃん。 同じく巧みな話術に騙されてるだけなのにさ。
オショーと出会わなかったら、、、と考えてみ。
自分自身の頭で判断することができるか?
オショーに依存してるのが、カルトとしての事実なのにさ。 


257 :名無しさん@3周年:04/02/29 14:56
>オショーと出会わなかったら、、、と考えてみ。
>自分自身の頭で判断することができるか?

きみは、oshoと出会って自分自身の頭で判断することができなくなった唯一の、
かわいそうなサルなんだね!

258 :名無しさん@3周年:04/02/29 15:54
>>255
考えてみたらよろしい。

ジーザスは死刑になった極悪人なのに、すごい数の信者がいる。
ソクラテスも死刑になった。
仏陀の教えはインドから抹消され、仏教僧は一掃された。

真実を知っている者と言うのはいつでも政治家に取っては敵なんだね。
政治家がコントロールできる情報筋からやって来る情報は鵜呑みにしない。

結局自分の感性と直観を育てていくしか方法がないんだね。

259 :名無しさん@3周年:04/03/02 22:48
そういう答えが返ってくると思った。
真理の宗教は政治に迫害されるってね。麻原も同じこと言ってるし。
それを真に受けたのがアレフの残党。やっぱり同じ思考パターン。
ジーザスと現代のラジ(麻原)をごっちゃにできる時代感覚だから、
ラジ(麻原)も迫害受けたように見えるのでしょう。
だから真理の宗教家と思いたいのでしょう。
言論から心酔してる信者が少なからずいる死刑囚宅間も、
政治からは敵だから仲間に入れてやれ。
自分の感性と直観を信じ切った信念は怖い怖い。
左脳を使うことはないんだね。
現代社会への反骨心からのただ盲信とはどうしても気づけないようだ。

260 :名無しさん@3周年:04/03/02 23:24
>>259
和尚と麻原を一緒にしたいの?時期的に(w
傍から見て手もどこをどうケチ付けたいのか
いまいちよくわからんのだが。読み方が悪いのかな。

和尚は問いかけばっかで答えを与えてくれる存在じゃ無かった。
身内で結束して団結してというイメージがあるのかもしれんが
サニヤシンは少なくとも自分に取っては何かあった時に
助けてくれるような「仲間」でもないし、まして「家族」でもない。
強いて言うなら「同窓生」とでも言うべきか。(苦笑)

あなたの言う様な「絶対的な存在」に憧れるような人は
和尚がこの世を去ったらやっぱり離れて行ったな。

261 :名無しさん@3周年:04/03/02 23:36
盲目盲目っていうけど、一体誰に追従すると言うのか。
和尚に?冗談じゃない(w
盲目的で従順な人間の「明け渡し」なんか価値が無いって。
追従者と弟子との違いは確かに難しいね。

宗教に限らず、惹かれた誰かから学ぶ為に付くのはアリだと思うがの。

262 :260:04/03/02 23:37
× 傍から見て手も
○ 傍から見てても

263 :名無しさん@3周年:04/03/02 23:48
噺家になろうと思ったら、
立川談志に弟子入りするべきか
円楽一門に弟子入りするべきか

264 :名無しさん@3周年:04/03/03 00:05
>>259
ぶっちゃけサニヤシンがサリンまかないかどうか心配な訳だ。
そんな資金力も結束力も努力も根性もまるで無いから安心しる。

未だにオレゴン時代あたりのイメージで話しされてる気がする。

265 :名無しさん@3周年:04/03/03 15:42
>>264 未だにオレゴン時代あたりのイメージで話しされてる気がする。

まあ、無視するのが良いんじゃないですか?
興味があって話しているんなら当然調べているから、
そういうことは書けないはずだし。

そういう人は最初から返事を決めているから
議論しても議論にはならないし。
エナジーを吸い取られるだけだし、スレの質が落ちるし。


266 :名無しさん@3周年:04/03/03 17:17
>そんな資金力も結束力も努力も根性もまるで無いから安心しる。

的確な表現なので、思わず爆笑。

267 :名無しさん@3周年:04/03/04 01:48
>エナジーを吸い取られるだけだし、スレの質が落ちるし。

エナジー吸い取られる?
そういうキモイ疑似科学用語使うのやめれ。

268 :名無しさん@3周年:04/03/04 21:16
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye917790.html
この主催者ってエンカウンターみたいなのやってるのかな?

日本人はタントラとエンカウンターは参加できなかったけど、
やっぱり、こういうのみるとやらせて貰えない意味が解った気がする。

宗教に対してメディアは勉強不足だけど、
マスゴミの連中って殆ど、理数系の劣等感持っていて
すぐ、科学的じゃないなんていうんだわな。


269 :名無しさん@3周年:04/03/05 01:04
>>268
404

270 :名無しさん@3周年:04/03/05 01:12
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1078295298/l50


271 :名無しさん@3周年:04/03/05 11:53
>日本人はタントラとエンカウンターは参加できなかったけど、
>やっぱり、こういうのみるとやらせて貰えない意味が解った気がする。



272 :名無しさん@3周年:04/03/06 01:26
ヴィヴェックだったけ?
彼女は今どうしてるの?

273 :名無しさん@3周年:04/03/07 00:52
>>272
とうの昔に亡くなりましたけど?

274 :名無しさん@3周年:04/03/07 00:56
(゚д゚)

275 :名無しさん@3周年:04/03/07 16:49
えー!死んじゃったの?
だってそんな年じゃないでしょう?
殺されたとか?

276 :名無しさん@3周年:04/03/07 21:08
OSHOが亡くなるより前に亡くなりました。
シュンニョの本に少しいきさつが載ってる。
後は自分で調べれ。

277 :名無しさん@3周年:04/03/25 21:46
ま、一言で言えば自殺と。

278 :名無しさん@3周年:04/03/26 16:32
zenタロットって、どうですか??

279 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:53
普通のタロットと少し雰囲気がちがう。
引いた人を落ち込んだままにしておかない、
ちゃんとクリアーな気付きの状態にまで意識を引き揚げてくれる
いいタロットで、重宝しています。

現実を予測するのではなく、内面を観る助けになるタロットです。

280 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:32
タロットといえば、ダ○さん

281 :名無しさん@3周年:04/03/26 23:49
>>280

おお、OSHOがアメリカ政府に捕まったときに、日本のアメリカ大使館に抗議しにいった方ではございませんか!?

282 :名無しさん@3周年:04/03/26 23:54
基本的に過疎スレなんだからsageで行こうよ・・・

283 :名無しさん@3周年:04/03/28 00:41
sageだけで進行してたらスレ消滅しませんか・・・?

284 :名無しさん@3周年:04/03/28 01:19
>>281
和尚が騒がれた当時、テレビも新聞も見ていなかったので、詳しく知らないのですが、
どんな様子だったのですか?

285 :名無しさん@3周年:04/03/28 04:42
わたしはたわし。

286 :名無しさん@3周年:04/03/28 04:44
こちらはプネーです。
最近シーズンが終り離れる人が多くて寂しいです。
しくしく。

287 :名無しさん@3周年:04/03/28 19:12
日本もむかしとはくらべものにならないくらい瞑想会とかへってきてるにゃあ・・・。

寂、寂、寂・・・。

288 :名無しさん@3周年:04/03/30 09:33
OSHO ACADEMYに行ってから、"Wake Up!!!"が自分の中で、
意識のある状態を呼び起こすためのキーワードになってる。
彼の地での活動の全てが、この目的のために捧げられているからか、
それとも特別な波動で意図して発音された言葉だからか、
日々の生活の中、気付きを保ったり、思い出したりする助けとなっている。

"Wake up!!!"

289 :名無しさん@3周年:04/03/30 12:51
目覚めよ。上げ。
おまいら、議論を恐れてはいかん。議論せよ。
エネルギーが吸い取られるとか、
精神が汚染されるとか、
そういうことを恐れてはいかん。
 精神は絶対に汚染をしらない。エネルギーが常に保存されることは、
科学者でもしっている。
WakeUP ! あんど Wake Down。

290 :名無しさん@3周年:04/03/30 17:13
>>281
ダ○さんって、そういう方なんだ。。。

291 :名無しさん@3周年:04/03/31 10:26
誰が目覚めるんだい?

292 :名無しさん@3周年:04/03/31 11:26
精神が汚染されるとはどのようなことですか?

293 :名無しさん@3周年:04/04/03 00:10
>>271
いつのまにか日本でもタントラグループが開かれるようになったね。
日本人がようやく性に対してそれだけオープンになれるようになったってことなのかな。


294 :名無しさん@3周年:04/04/14 07:26
またシュンニョが来日するね。GWが楽しみ。

295 :名無しさん@3周年:04/04/15 05:41
受動的に見守るという瞑想の技法よりも自己想起のほうが簡単だと言う質問者に対しての応答

296 :名無しさん@3周年:04/04/15 05:42
それは簡単に見える。それが簡単に見えるのは、あなたが自己想起を試すとき、それは真の自己想起ではないからだ。
それはエゴ想起になってしまう。それだから簡単に見える。あなたは真の自己と偽りの自己の区別を知らない。
偽りの自己とは、エゴであり、それはとても微妙で狡猾だから、あらゆる方法で、真の自己のふりをする。

297 :名無しさん@3周年:04/04/15 05:43
何人かの人は、自己想起を通じて到達した。ゲオルギー・グルジェフは、自己想起のメソッドを使った。
だが、彼の弟子のひとりとして光明を得ていないことに注意しなさい。

298 :名無しさん@3周年:04/04/15 05:44
グルジェフは完璧なマスターだった。だが、真の自己とエゴとは、あまりにも混同されやすいというのが問題だ。
あなたが真の自己だと思い込んでいるのは、九十九パーセントの確率で、エゴにすぎない。
このメソッドを試みるなら、自分のエゴを破壊してくれる師が絶対に必要だ。容赦ない師が必要だ。
師があなたのエゴを破壊しないかぎり、自己想起の試みは、あなたを光明に導くのではなく、存在のより暗い境地へと、あなたを導いていく。


299 :名無しさん@3周年:04/04/17 13:52
今回の邦人人質事件について
みなさんはどう思われますか?

300 :はひょ丸 ◆xVxqW0FG7E :04/04/21 21:45
296〜298のソース知りたし。

301 :名無しさん@3周年:04/04/22 00:17
古人も一念を明らかにせんずば
万境に対して迷いが多い、って言ってるもんな・・。

302 :名無しさん@3周年:04/04/27 00:39
私は、次のことに気づき、人々と会う機会を重ねるにつれ、
さらにこれを確信するようになった。
それは、私の思想について何らかの知識を得て、
関心を持つに至ったあらゆる男女、なかでも特に、
私の思想に基づくものとされる何らかの試みの実践をすでに始めている人々の精神には、
何か「まずい」ことが起きているということ、
人を観察する方法を多少なりとも知っていれば、どんなふつうの人でも気づくような、
確実に「完全にまずいこと」が起きているということである。



303 :人間の精神の重心:04/04/27 00:40
……いわゆる「自己観察」の問題、これに関する知識の概要を教わることは、
真実をこれから学ぼうとして努力する、どんな人にとっても欠かせないことではあるが、
これが人間の精神の重心となってしまうと、それは、私が遠い昔に確認および立証したとおり、
いまここにいるあなたがたのなかに私が見ているような、大いに気の毒な結果をもたらさずにはいない。



304 :名無しさん@3周年:04/04/27 01:43
>>300
プラヴァンのHPと思われ

305 :名無しさん@3周年:04/04/27 18:47
ソースを知ったところでどうにかなるものでもあるまい。

306 :名無しさん@3周年:04/04/27 19:47
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20040417/K0016201910042.html
これ本当?

307 :国民年金:04/04/29 01:57
払ってますか

308 :名無しさん@3周年:04/05/02 14:26
あげ

309 :名無しさん@3周年:04/05/10 16:41
ワークショップ 





秋田

310 :名無しさん@3周年:04/05/11 15:12

ネット掲示板に「小学生殺す」

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に6日夜、「明日、大阪の小学生を
殺害しまくります」などの書き込みがあり、大阪府、市両教委は7日、各校に対し、
校内点検と、登下校時の児童、生徒の安全確保などに努めるよう呼びかけた。
同掲示板には4月22日にも同様の書き込みがあった。

5月8日/読売新聞朝刊


311 :名無しさん@3周年:04/05/12 13:04
ごーん

抱くywh時声flpうぃえんぉkvに順hウェyhbんじゅおm期尾fsdに絵w歩k
qぽkcp;skぁ:;ldmんfぃぐあhyびsjんkふぉぴjれふksdm;fぁk
mdflhjbrlkんが;sm、dfdsいぇhjんkも絵ウィいうyhjkんmsだ
kぃヴh日kはjんm、lkふっびぇあvgs部位jんcmkl;:mdkjんzbhk
v不意lkんjcmんsjkblkん、d;kゆgbうjんこdsbvj歩奇異ウェ分f
じぇおいgぶhんじょmkヴぇ憂いkl、絵う品jmk、87いうklm。、ウェmんぉ
う意埴生亜hb氏kんl;jflklbhjめこぢs;るv、mbjhskんdヴァka
わcヴァ背んcdvkjb、梵vmzん、mkklzんjbhvlkんlksdffdさ
えtrhy、区myfんhbdcさえsrgtfxdrslkdfxfmbのんじうyt
yf6rfgytrfyつgf手ryrdyrtfcgvvjhgvcyjghあqwせ
ftgyhんj

ごーん

be sile(ry


312 :名無しさん@3周年:04/05/12 13:12
グルジェフの発言意図をラジ風に歪めてはいけません

313 :名無しさん@3周年:04/05/13 14:34
グルジェフの発言意図がおまえにわかるのかと…

314 :名無しさん@3周年:04/05/14 02:04
>>310
■夢の中へただよう君へ

彼は汚水の風呂の中に頭をつけられても「ごめんなさい。ごめんなさい。」

と言うしかなかった。彼の弟も、やはり自分がいじめられる恐怖におびえながらも
「ごめんなさい。お兄ちゃんを許してください。」と父親に兄の許しをこうしかな
かったのだろう。自分の無力さを恨みながら・・・・・

 意識のない君が、今度目を覚めたら世界が変っていればいいのに・・・

 僕たち大人達を許してください。君が寒空の中に立たされている時にも、
きっと、僕は暖かい部屋で笑っていましたね・・・・・そんなことに気づく日は・・・
自分が、この世界が、嫌いになります。

 君が、通りがかったおばさんに「寒くないかい。シャツ一枚で立っていて」
と自転車置き場で問われた時に「大丈夫です」と応えた君は、なぜ、「僕は殺され
る」と言わなかったの?それほどに親が君を殺すとは思わなかったの・・・それと
も、そんな親でも無意識に、君はかばったのですか・・・・


315 :名無しさん@3周年:04/05/14 02:05
 僕たち大人を許してください。こんなにも日々の中で、大人達は、ちょっとした
ことに弱音を吐くのに・・・・「もう、死にたいと・・・・」君みたいに戦っても
いないのに・・・・

 生きたい君達と、死にたい彼らが、この世界には同時に存在しています。

 愛されている日々にどっぷり浸りながら、「死にたい」と、嘆き生きている彼ら
と、地獄の中にいながら、愛を信じている君らが、同時進行でこの世に存在して
いることを・・・・  
こんな日は、僕も、世界も、すべて消えればいいと投げやりな気分になります。
自分の中にもどうしようもない無力さを感じて。すごく心が疲れてしまいます・・・・
でも、生きてください。お願いだから。

 君が目覚めた時には、きっと世界は変っていることを信じて・・・・

・・・・そうですね。言われなくてもわかっています。努力することが大切なのも
知っています。自分からやれる事を・・・・とも思うのだけれど・・・・。

 でも、今日は君と同じように、この世界を忘れて僕も眠りたい。
明日、世界が変ればいいのに。

 誰か僕を悪夢から覚ましてくれませんか・・・・・

http://www.mental.co.jp/diary/log.htm


316 :名無しさん@3周年:04/05/19 18:47 ID:k/IWvXdD
だれかコア.トランスフォーメーションについて簡単におしえて!

317 :名無しさん@3周年:04/05/20 00:33 ID:UruWUPSw
だれもしらんのか?

318 :雲水とうきち:04/05/20 02:47 ID:rGaxAlck
亀レスですが>>80>>82を書かれた方はまだいらっしゃいますか?
あなたはもしかしてAZIZ関連の方ではありませんか?
前の指摘通りあなたはあの有名なシャ○マさんではないですか?
サマーディーにステージがあること、それも純粋意識・ハート・絶対無の順であること。
しかもあなたは知識からだけでなく自分の体験からそう言っているようにみえます。
私は去年、伊豆でAZIZのリトリートに参加しました。本も読みました。
よかったら話を聞かせて下さい。


319 :名無しさん@3周年:04/05/20 21:29 ID:MnqPH/Z+
>サマーディーにステージがあること、それも純粋意識・ハート・絶対無の順であること。
>しかもあなたは知識からだけでなく自分の体験からそう言っているようにみえます。
>私は去年、伊豆でAZIZのリトリートに参加しました。本も読みました。

君、なかなか修行が進んでいるみたいだね、がんばりたまえ
                              さる

320 :名無しさん@3周年:04/05/20 22:36 ID:aJ+7mD9M
>>317
コラー トランスアフォメーションしたやつならしってるぞ
あの有名なシャ○マさんですう。

321 :雲水とうきち:04/05/20 23:04 ID:rGaxAlck
>>コラー トランスアフォメーション

これってなんですか?

322 :雲水とうきち:04/05/20 23:14 ID:rGaxAlck
禅や仏教で語られるところの『空』の体験は"純粋意識"の場合と"絶対無"の場合がありますよね。
また"純粋意識"のことを『空』、"絶対無"のことを『無』と表現している方もいらっしゃるようです。
OSHOの区分けでいうと"純粋意識"が第五身体で"絶対無"が第七身体です。

323 :名無しさん@3周年:04/05/20 23:45 ID:agdQWNA4
>>321
言葉定義ごっこをしてる、雲水頭基地さんみたいなひとのことでつ。

88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)