5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

_左翼思想から宗教へ_

1 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 20:09
激動の昭和史を駆け抜けた世代の方、お話しませんか?
クリスチャンとか幅広い層の方、どうぞお越しください。

2 :名無しさん@3周年:04/05/02 20:11


3 :名無しさん@3周年:04/05/02 20:12
>>1
全共闘くずれの多くの左翼がその後、層化に入った。
だから層化の中には左翼思想も持ち合わせてる奴もいる。

4 :ケイヒ末 ◆.2Oo6PHNg6 :04/05/02 20:14
【ROM記念】

5 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 20:15
さわやか律子さんて、ご存知ですか?
今はプロボウラーの会長をやってるらしいです。
ボウリングについて熱く語ってました。
現在60歳になるそうです。

あの、さわやかな律子さんが・・もう60歳になったんですね(^。^)

6 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 20:16
>>3
そうでしたか、大変参考になります。

7 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 20:21
私は層化の座談会に逝ったことがあるんですよ。
彼女とね・・・何回か逝ったのです。

彼女はいつもベレー帽を被っていたのです。
座敷で帽子を取らなければならないんで、なんかメンドクなって行かなくなったのです。
もし、彼女が帽子を被ってなかったら・・・

人の運命なんかチョッとしたことで変わるもんですね。



8 :ポールっていうすげーやつ ◆Z2Z6jgZAEc :04/05/02 20:29
体力の限界!

9 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 20:38
ポール・アンカ。→ダイアナ
ポール・マッカトニー。→ビートルズ

こんもんかな?知ってるのは・・・。
二ール・セダカの、恋の片道切符、なんか知ってるかな?(笑

10 :名無しさん@3周年:04/05/02 20:43
思想に染まりやすい人は宗教にも染まりやすいということだね

11 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:11
宗教も思想だよ。
誰でもが世界観というのはあるかと思う。
ニヒリズムでも一つの思想だよ。

12 :名無しさん@3周年:04/05/02 21:16
化粧もダイエットも思想、宗教だよ

13 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:27
>>12
団塊の世代じゃないようだね。
もっと渋めのレスをして貰えないだろうか?

わたしは渋めが好きだから。

14 :名無しさん@3周年:04/05/02 21:32
>>13
他板まで来て宣伝しておいてワガママなのね

15 :名無しさん@3周年:04/05/02 21:34
根拠の無いことを盲信するという点では同じだな

16 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:36
>>14
左翼運動のリアルな経験は?
そんな話をしたいんだよ。

反戦とかね。
今も息づく反戦の心とか・・・
そんな熱いところを語っておくれよ。

17 :名無しさん@3周年:04/05/02 21:38
>>16
目つきのおかしい今井はキライ

18 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:39
激動の昭和史を駆け抜けた世代の方とお話したいです。

19 :名無しさん@3周年:04/05/02 21:41
>>18
そんな人、ほとんど2chしてないよ
パソコンできる人さえ少ないのに

20 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:41
>>17
反戦を語れなされ。

21 :名無しさん@3周年:04/05/02 21:46
>>20
反戦運動してる人って頭が逝ってる
「北朝鮮に核を持つ権利を!」なんてプラカード持ってるし
どこが反戦よ

22 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:52
>「北朝鮮に核を持つ権利を!」なんてプラカード持ってるし

反戦というのは、勿論、反核だよ。
日本にエンタープライズ(米戦艦)が寄航するときでも、当時の左翼は「核をもたない」
反核で一致していた。

23 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 21:53
まあ、もっとも左翼といってもいろいろなんだろうけど。


24 :名無しさん@3周年:04/05/02 22:00
左翼は私利私欲の塊に過ぎん

25 :名無しさん@3周年:04/05/02 22:01
http://www3.to/kokubou/demo_01.html 
自衛隊派遣中止デモの写真
「北朝鮮に核兵器を持つ権利を!」
のプラカードが!!!

26 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/02 22:16
>>25
最近の左翼運動ってのはチョッと理解し難いとこがあるね。

人権屋ってのもチョッと胡散臭いし。
60年代、70年代の左翼はまがマトモだったよ。

代々木系(日本共産党系)、反代々木系(三派などのセクト)に分かれてはいたが・・・
だけどもっとマトモだった。

27 :名無しさん@3周年:04/05/03 01:28
>>26
分かる様な気がする。
もっと庶民の苦に近かったんじゃないかな?
劣化ウランとかフェミとか、ワケワカメなものより、
今生きる糧を、住んでる土地を守るために活動してたよね。
地の塩みたいな人が多かったな。
それに引き換え今の左翼は、なんかこうフワフワしてて所在なさげで、
それでいて妙な攻撃性を持ってる。

28 :名無しさん@3周年:04/05/03 07:07
常日頃、反米オナニーのためにイスラムの味方のふりをして、
イスラエルの空港で銃乱射して無差別大量虐殺までやっちゃう危地害サヨクは、
中国共産党から残酷な弾圧に合い続けて世界中で最も悲惨な目に合っているウイグルの
イスラム勢力の支援をしてあげないのは何故?
大量虐殺に遭ったクルド人の人権に沈黙するのは何故?

中国共産党という名の虐殺犯罪集団に、ウイグルの貧しい女性や子供たちが、
次々に殺されていますよ。

フセイン極左政権という名の虐殺犯罪集団に、クルドの貧しい女性や子供たちが、
次々に殺されていましたよ。


29 :名無しさん@3周年:04/05/03 07:14
左系のキリスト教会ってあるもんな

30 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/03 07:58
その時代、その時代に若者は世相に翻弄されてしまう。

戦中の特攻少年も、戦中は英雄であっても戦後は国民から袋叩きにあっている。
60年代、70年代の若者も、いわゆる時代に翻弄された。
その時代においては、私は正しかったかと思う。
歴史というのはこうして流れるのだ。

今の時代をどう生きるべきか?
右傾化傾向にはある。このままイケイケでもチョッと危険すぎるかとは思うが。
これにブレーキをかけることも非常に大事ではある。
しかしながらその行動原理は、もはやマルクス論では駄目なんだろう。
人間の、唯一、良心に依るしかないのだろう。

万民、普遍的イデオロギーとは何ぞや?
ジョンレノンのイマジンあたりかな?
それは非常にシンプルでいい。

31 :名無しさん@3周年:04/05/03 08:25
 俺の知り合いの牧師曰く、「庶民の味方」を名乗る奴ほど庶民を馬鹿に
している、のだそうだ。実際に活動に参加してそう思い、身を引いた
らしい。確かに、東大卒ウジャウジャで庶民の味方を語る共産党って
本当にイカガワシイと思う。

 昔、三池と安保は一つ、みたいな標語があったらしいが、東大生と
末端の肉体労働者の共闘なんてものがどうやったら成り立つのか、今更
ながら小一時間・・・以下略

32 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/03 09:01
>昔、三池と安保は一つ、みたいな標語があったらしいが、東大生と
末端の肉体労働者の共闘なんてものがどうやったら成り立つのか、今更
ながら小一時間・・・以下略

東大生というのは、いうならば戦後リベラリズムのオピニオンリーダーの気分だったのだろう。
そこで多少なりともアイデンティティーを確立できた訳だ。

それと引き換えに、就職活動とか棒にふった人間も多数いる。
いうならば、経済優先という価値観はそれほどのもんでもなかった。
景気も良かったし。

当時、ヒッピー文化が真っ盛りだったから、この自由な気風が若者に相当影響されていたかと思う。
ヤングパワー炸裂ではあった。
ヤングは時代をリードしていたのである。

中国の紅衛兵も若かった。

33 :名無しさん@3周年:04/05/03 17:26
>>30
右傾化というより
左から真ん中に戻ったんだと思う

34 :名無しさん@3周年:04/05/03 17:51
思い出す・・
アカシアの雨がやむとき

35 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/03 18:33
>>33
国民の半分が、自衛隊の海外派遣に反対していることだし、まあ、健全といいえばそうなのかもしれない。
>>34
サッチンは大人の魅力だったね。
私よりは歳が上なんで姉さんみたいな感覚だったが・・・
美人だった。
歌も上手かったし。
チョッと陰気なとこがあったが・・・
まあ、関口がなんとかカバーしてくれるのだろう。

36 :名無しさん@3周年:04/05/03 19:35
メリケン・ブルースが好き


37 :名無しさん@3周年:04/05/03 19:53
左翼思想+神=宗教

38 :名無しさん@3周年:04/05/03 22:42
つーかね。
バリバリの元左翼教師であった漫画家の
江川達也も、現在「日露戦争物語」を書いて、左翼にねらわれている(笑)
たとえ左翼でも、資料を基に、事実を書こうとすると、どうしても日清・日露を
否定するわけにはいかなくなる。

右傾化右傾化というが、まさに、本物の左翼ではなく、共産主義という前世紀の幻想が
インテリの代名詞であり、内容も知らずに「反日」「反資本」「反戦」に
踊っていた「バカサヨク」が、間違いが明確化して肩身が狭くなっているだけ。



39 :名無しさん@3周年:04/05/03 23:55
天理教にも左翼思想から転じて立派な先生になった方もいる。
佼成会さんにも日教組の幹部だったという方がいるらしい。

40 :名無しさん@3周年:04/05/04 04:50
左翼=共産主義者なのか、
左翼=反資本主義者なのか、
左翼=日本はとにかく悪主義者なのか、

詳しく教えてくれ。

共産党は左翼。これはわかった。社民党は左翼に含めていいのかな。
田中芳樹はどうだろう。

41 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/04 07:02
>>40
マルクスは世界の未来を予言した、あのノストラダムスのように。
しかしながらマルクスの予言よりは違う方向へと世界は動き出した。
階級闘争よりも、世界は国家間の経済的格差が顕著になってきたのである。

考えてみればこんなことは誰にも予測はできたはずではある。
しかしながら、世界がそうなったから・・・結果論として言えるだけの話である。

当時はそんなこと考える人は誰もいなかった。

これとよく似た経緯を辿ってるのが統一教会だ。
まあ、統一教会のことはここで論ずることもないのだがぁ〜。
(つづく)

42 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/04 07:11
>>40
>共産党は左翼。これはわかった。社民党は左翼に含めていいのかな。
>田中芳樹はどうだろう。

国会の議席が左側にあるのが野党だから、左翼なんだろうね。
でも、かつても行動原理であったイデオロギーが崩壊しちゃったから、なんらかしかの行動規範なるものがあるといいね。
宗教には全く関係ないもんがいい。

そういうものが持ち得ないところに、現在の左翼の弱点があるのかと思う。

いずれ資本主義も崩壊していくのだろうし、
今、世界は、こんな混沌とした状況の中を船は進んでいる。

これからの日本は、2ちゃんの炉リオタとかがオピニオンリーダーとして
日本の将来を担っていくのであろう。

炉リオタどもの勇躍発展を祈念する。


43 :名無しさん@3周年:04/05/04 12:24
ロリオタを行動規範として、鋼の団結を勝ち取った2ちゃねらーが、
創価学会のごとく与党をしめるに至る。

うーむ、恐ろしい未来予想図だ。

44 :名無しさん@3周年:04/05/04 21:38
人類は平等であるべきなんだ!貧富の差はないべきなんだ!

人類はこうあるべきなんだ!
と絶叫した時点で、マルクス主義は宗教と化した。

その「あるべき姿」の根拠って、何だったんだろうか。
なぜ、貧富の差はないべきなのか?
なぜ、平等でないといけないのか?その根拠は?
マルクスにとっての良心だったのか。ムカツいたからなのか?

俺はどうしても共産主義は宗教にしか見えない。

45 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/04 22:59
>>44
19世紀の末ころ、マルクスは英国の貧民街を散歩していた。
そのときのマルクスの財布の中身は金があまり入っていなかった。

貧乏人はなんで貧乏人のままで終ってしまうのか?

マルクスが金がなかったばかりに、こんなことを考えてしまった。
いうならばマルクス論は、社会の底辺からの視点で見た世界観なのである。

もしマルクスが、金があってハーレムの様な生活をしていたならば
釈尊のような人生を歩んだかもしれない。

世界はその視点が変われば、変わったように見えるもんである。by机龍之介。


46 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/04 23:03
マルクスは貧乏だけれど、労働しませんでした!!
マルクス主義とは貧乏なインテリの世界像だと思います!!

47 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/04 23:05
イエスさまは貧乏で、
大工で、労働者でした。
法律家のなかにも、聖職者のなかにも、商人のなかにも、役人のなかにも、軍人のなかにも、
真理はなく、しかし、イエスという労働者は真理そのものだったのです。
辛辣な歴史的事実ではないでしょうか。

48 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/04 23:40
労働者はまだいい方で、たしかエジプトでは奴隷が400年もこき使われましたね。
400年といったらかなり長い。
徳川時代が400年くらいかな。

りーずさんは世界史が得意なんですね。
世界史というと、やはりキリスト教と深い関係がある。
そうなんでしょ?

49 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/04 23:44
キリスト教は歴史意識が鋭敏な宗教なのです。

人間は創造から、終末的完成に向けてのときを生きるのです!!

終末的完成というのは、キリストの再臨のことです。

キリストが再臨して、すべてに公正な裁きをくだし、この世は終わります。

その時がくるのをキリスト者は待望しつつ生きるのです。

創造から、終末的完成へ。

キリスト教は歴史意識が鋭敏なのです!!

50 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 00:12
>>49
そうでしたか。
キリスト教史観みたいのがあるんですね。
マルクスの唯物史観は外れてしまいましたが。
ノストラダムスも、もしや的中かと・・・そんな妄想に耽った事もあrました。

キリスト教史観は的中するんでしょうね?

>キリストが再臨して、すべてに公正な裁きをくだし、この世は終わります。

ああ、私は直ぐにニーチェを連想してしまうのですよ。
ニーチェはたしか、神に逆らったばっかりに最後は神経をすり減らしたのでしょうか?
もしや、彼の論文の奴隷になったのが・・・ニーチェ、その人なのかも知れません。
謎の多い方です。


51 :信じる奴は騙される。:04/05/05 01:14
キリスト教の終末思想はいつも章の終わりに付け足しのように
異質な文章が貼り付けてある感じだよね。

52 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 02:22
ドストエフスキーは、「カラマゾフの兄弟」のなかで、
聖僧ゾシマにいわせています。
キリストの再臨はたとえ永遠の後であっても、実現する約束だと。

終末論=再臨信仰はキリスト教の希望の核心です。

53 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 07:24
>>51
>キリスト教の終末思想はいつも章の終わりに付け足しのように

付け足したのは5世紀ころでしょうか?
世界の歴史の流れからすると。
>>52
>終末論=再臨信仰はキリスト教の希望の核心です。

仏教の場合は、菩薩が救世?的な役割を担う事になってますが、
どういうわけか菩薩は子供と遊び戯れているんですよ。

遊ぶ傍で農民が労働してても、菩薩は農民に手伝おうともしない。
ただもくもくと遊ぶのです。

仏教とは、労働と遊びを分別しない一如の法門です。


54 :名無しさん@3周年:04/05/05 13:46
田中芳樹自身はリベラリストで反日で歴史ヲタなだけだと思うが
彼の作品を真に受ける中高生が問題だと思います。
ていうか、私もそうだった……しょぼーん
ヒロイックファンタジーとしては秀逸、だからこそ、思想的影響力が大きいな。

55 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/05 14:20
机さん、おひさしぶりです。
私は団塊の世代ではないですけど、
ジョン・ダワーを読んでから
昭和史にはかなり興味があります。
戦後というのは
日本の文化、日本人の習性を知る上で
最も興味深い時代だと思っています。

>>52
り〜ずさん、はじめまして。
「カラマーゾフ」は私も大好きです。
ところで、ちょっと質問なんですが、
キリストの再臨っていうのは、
キリスト教のすべての教派に信仰されているものなのですか?
私は聖書を読んだかぎりでは、キリストの一回こっきりの
十字架と復活によって、キリスト教徒の救済が確約された
という印象が強いのですが。
それに、終末論や再臨よりも、新約聖書においては最も強調されているのは
隣人愛のような感じがします。
つまり、唯一神や再臨を強く信仰するのはきわめて難しい。
そこで、イエスは十字架について自らの身を呈し、
強い信仰を持たずとも隣人愛を実行するだけで救われる状況を作った、
と私は解釈しているのですが、いかがでしょうか。

56 :名無しさん@3周年:04/05/05 14:31
>隣人愛を実行するだけで救われる状況を作った

宗教以外でそんな簡単に救われる思想とは?



57 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 15:12
終末論と再臨は同じことです。
カトリック教会の正統的な教義です。
この点に関しては、カトリック教会、正教会、プロテスタント教会など、
ある程度、ちゃんとした教会は、全部、同じです。

使徒信条
われは、天地の創造主、全能の父なる天主を信じ、
またその御独り子、われらの主イエズス・キリスト、
すなわち、聖霊によりて宿り、童貞マリアより生まれ、
ポンシオ・ピラトの管下(かんか)にて苦しみを受け、
十字架に付けられ、死して葬られ、
古聖所(こせいしょ)に降りて三日目に死者のうちよりよみがえり、
天に昇りて全能の父なる天主の右に坐し、
かしこより生ける人と死せる人とを裁かんために来り 給う主を信じ奉る。
われは聖霊、聖なる公教会、諸聖人の通功、罪の赦し、肉身のよみがえり、
終わりなき命を信じ奉る。アーメン。

使徒信条に明記されています。




58 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 15:22
キリストが再臨しなくてどうするのですか!!

のんきなことをいっていてはなりません!!

人間の社会は不正なのです。

不正が不正のまま終わってしまうわけではありません。

最後に神の公正な裁きがあるというのがキリスト教です!!

キリストがそれを約束されました。

ほかの人ならともかく、キリストが約束をたがえるわけがありません。

それが常識的にどんなとほうもない約束だとしても、

キリストが約束した以上、たとえ永遠のあとであっても実現すると信じているのがキリスト信徒なのです。

その日は、おそるべき日なのです!!

キリストがあわれんでくださらなくては、だれも救われなかったに違いありません!!


59 :高校生:04/05/05 15:43
昭和史は殺人事件についてのみ異常に詳しい友人が居ます
なんなんだろう

60 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/05 16:38
>>58
私はどうやら再臨の意味を勘違いしていたようです。
過去に起こった事実、すなわち復活のことも再臨ということですね?
私はてっきり、今後、将来にキリストがふたたび現れることを
指して再臨と称しているものと考えていました。
で、話はもどりますが、>>49にキリストが再臨して裁きをくだす、
とありますが、裁きを下すのはキリストなんですか?


61 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 17:07
>>54
>田中芳樹自身はリベラリストで反日で歴史ヲタなだけだと思うが
>彼の作品を真に受ける中高生が問題だと思います。

リベラリストというのは、それだけで反体制的なとこはあったのかと思う。
体制的(価値観)なるものより、あえて違う方向に自分があることに・・・
そこの自らのアイデンティティー求めていた。
そういう生き方だったのだ。
田中が生きた時代というのは。

田中のように学習院を出たからといって、すぐに就職を心配するような空気はなかったのである。

学校給食で、アメリカから支給された脱脂粉乳を飲みながら、ちょっと街に出れば
傷病兵が道端で物乞いをしている。
チョッと郊外に行けば、防空壕とかも残存してる。
家に帰れば、オモチャといえば戦艦とか戦車とかの軍事バージョン。
戦後とはいえ、まだまだ戦争の傷跡は残っていた。

>ヒロイックファンタジーとしては秀逸、だからこそ、思想的影響力が大きいな。

あえて就職せず、東京の山谷とかのドヤ街でニコヨンの生活をしてた者も多かった。
そんな生活に自らのアイデンティティーを求めたもである。

田中のことはよく知らないが、彼の生きた時代はそんな時代だよ。



62 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 17:13
>>55
>日本の文化、日本人の習性を知る上で
>最も興味深い時代だと思っています。

興味のあるものは沢山ありますね。
帝銀事件もそうです。

戦前、戦中、戦後と、大きく変わりましたからね。
非常に興味があるとこです。



63 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 17:18
>>59
>昭和史は殺人事件についてのみ異常に詳しい友人が居ます
なんなんだろう

狭山の女子高校生殺人事件。
あの事件は、たんなる差別問題だけが絡んでるのではないですね。
善枝の家族、親戚、警察、いろんな絡みがあって非常に複雑怪奇です。

酒鬼薔薇事件も複雑ですね、革マルとかも絡んで市民運動までなってる。
謎だらけです。
検死も謎が多い。

64 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 17:32
真言さん、
再臨とは、未来におこることです。
キリストがふたたびきて、すべてに裁きをくだすことです。
裁きをくだすのはキリストです!!

65 :日本聖公会所属:04/05/05 19:08
失礼だが、り〜ず ◆HNUDYzuu5kさまはどこの宗派か?
カトリック、プロテスタント、まさかエホバの証人ではあるまいが。

終末思想、自教だけの救いを強調すると、「カルト」扱いになりますよ。
現在は宗教多元主義の時代ですし。
ローマ法王でさえ、
「様々な川の流れがそれぞれ海にたどり着くように、
様々な宗教に様々な救いの道がある」
と述べています。
 

66 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/05 19:16
>>62
戦前・戦中・戦後に見られる変化、
これは確かに大きな変化でしたが、
これは古来、日本人が持ち続けてきた
クセのようなものが表出したものとはいえませんか?
マッカーサーと天皇
民主主義と天皇制
左翼と右翼
多くの日本人の中ではそれほど区別はつけられていない。
首から上がつけかわっただけ。

67 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 19:16
http://www.cbcj.catholic.jp/senken/domies1.html

り〜ずは多元主義が大キライです。

多元主義とはあれもこれもです。

あれもこれもはダメです!!



68 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/05 19:23
>>64
キリストが裁きを下すのであれば、
そのキリストは神ということになる。
キリストって現実にこの世に現れたのでしょう?
神って視覚で捉えることができるのですか?
視覚で捉えられるのであれば、
その行動というのはかなり限定されるということになる。
行動が限定されるということは、
すでにもうそれは全知全能ではない。
ということは、り〜ずさんのいうキリストってのは
結局は偶像化されたものということになるのじゃあないですか?

69 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/05 19:26
>>67
宗教の一元化、
その行く末はカルトでしかないですよ。
イエス・キリストがなぜ異邦人の救済を主張したのか、
なぜ律法にこだわるファリサイ派の人たちに異論を唱えたのか、
このへんのことが考慮されなくては、
宗教は単なる危険思想となってしまう。

70 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 19:28
神が一度だけ、人の姿をとられたのがキリストです。
これは、本当は絶対にありえないようなことなのですが、
一度だけ、あったのです。

71 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 19:32
キリストが真理です。
キリストの光に照らして、正しい要素はそれが他宗教のなかにあっても排斥しなのがカトリックです。
一方、真理であるキリストからそれているものにまで、寛大になってはならないはずです。

72 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 19:46
>>66
>多くの日本人の中ではそれほど区別はつけられていない。
>首から上がつけかわっただけ。

江戸時代の藩主が、気が狂う(精神病)と家臣は急いで藩主を座敷牢に閉じ込める。
つまり大事なのは、藩主より「お家」だったんですね。
この封建社会の名残は残っていて、
マッカサーと天皇の接見のときは顕著に顕れました。

戦後まだこの流れは引き継いでますね。
リーマンとかは、責任を取るのは大体が中間管理職。
これは武家社会からの伝統ですね。

最近になってマイコンとかが云々されますが、いわゆるこういった流れというのは、
日本人が長い年月において心に深くマイコンされた思想ですね。

日本人は、このマイコンによって日本人特有のモノの考え方をするようになる。
その時代において特攻少年であったり、
また現在はカルトの突撃兵にも成りえる。
この根の部分は殆ど差異はない。


73 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/05 19:59
>>72
じゃ、この日本人的考えってどこからきたのでしょ?
私は以前、ハチの生態について書かれた本を読んだことがあるのですが、
働きバチって、女王バチが分泌する化学物質(?)によって
卵を生めない状態にされるそうです。
でも、その女王バチも自分の親バチの化学物質で
そのようにするようコントロールされているそうで、
結局はハチ社会というのはその昔から伝えられてきた
化学物質によってコントロールされている、
ということになるのだそうです。全くかなしいですね。
日本人の思考ってのもこれと同じようなものなんですかね?

74 :ローマカトリックの一員:04/05/05 20:17
私は、ローマカトリック系聖書研究員の一人ですが、
り〜ず ◆HNUDYzuu5kさまの考えは危険だと思われます。
真言坊主様がおっしゃられているように、
「イエス・キリストがなぜ異邦人の救済を主張したのか、
なぜ律法にこだわるファリサイ派の人たちに異論を唱えたのか」
が大切かと。

また、他でもないバチカン公会議で多元主義が認められました。
大切なことは、「キリストの言葉」に盲従することではなく、
「キリストの言葉が表したかったもの」を研究し、「読解」しなくてはならない。

・「あなたがたのうち、だれか羊を一匹持っていて、それが安息日に
  穴に落ちた場合、手で引き上げてやらない者がいるだろうか。
  人間は羊よりもはるかに大切なものだ。だから、安息日によいことを
  するのは許されている。」

75 :名無しさん@3周年:04/05/05 20:19

>神が一度だけ、人の姿をとられたのがキリストです。
>これは、本当は絶対にありえないようなことなのですが、
>一度だけ、あったのです。

他の宗教で同様のことがあったと主張するものがいたならば、
貴方はそれを避難し、否定するか。
その宗教のことを知らず、自分が得たキリスト教の知識だけを持って、
他宗教を断罪するか。

それが、キリスト教徒に共通のやり方か。

76 :名無しさん@3周年:04/05/05 20:21

>>74
と思ったが、どうやらそうとも言い切れないようだ。
カトリックの中にも、信仰と盲従をきちんと区別できる人が
いるようだ。

77 :名無しさん@3周年:04/05/05 20:25
「たとえ他宗教を信じており、またキリストの教えに触れることが
なかったもの達の中でも、隣人を愛し、己の行動を律し、人のために
働くものがいる。キリスト教徒ではなくても、キリスト教の目指した
ものをめざし、行動するもの達がいる。それを、匿名の基督者と
呼ぼう」

78 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 20:26
>>74

神が人になるなんて、めちゃくちゃなことをいうおバカはキリスト教だけのようです。
ユダヤ教も、イスラム教も、プラトンも、そんなの言語道断です。
ほかの宗教は神が人となるとはいわないようです!!
キリスト教だけが、めちゃくちゃいっているのです!!

79 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/05 20:28
>>77
だいたいそれでいいのではないでしょうか。

キリストが真理です。
キリストの光に照らして、正しい要素はそれが他宗教のなかにあっても排斥しなのがカトリックです。
一方、真理であるキリストからそれているものにまで、寛大になってはならないはずです。


80 ::04/05/05 20:31
こんばんわ

  ∬  ∬  ∬   ∬
⊂■⊂□ t[レ] t[カ] t[i] t[梅] 且~ 且~ t[★] t[ゑ] t[オ]
[鶴] [猫] [猿] [花] [桜] [白] [雲] [天] [宝] [運] [美] [燃]

▼ ▽ ∪
| | |  
 ̄  ̄  ̄

かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを (実方)

[燃]  燃ゆる想ひ(かな?) いただきます。


81 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/05 20:32
>>73
>ということになるのだそうです。全くかなしいですね。

そうですね。実にかなしいことです。

でも本当にかなしいことなんだろうか?
ってのがいわゆる仏教的な考え方かと思う。

まあそれはさておき・・・
実はマイコンていうのは、この「かなしい」という感情は麻痺しますね。
おそらくはこのように、かつての日本人達もアタリマエのように生活していて、
そこに全くの違和感はなかったのかと思う。
いわゆるこれがマイコンのマイコンたる所以なんでしょう。

日本はいわゆる一貫して皇国史観ですね。
武家社会においても天皇ってのは絶大なる権限があったのでしょうし。
いわゆる将軍であってもナンカのお墨付きがなければ将軍にはなりえない。
つまり執権ですからね。
そういうことにしないと日本中に将軍がイパイできちゃうことになっちゃうもんね。

ものの考え方のルーツは、やはり私は天皇にあるかと思う。
どうでしょうか?

でも、ハチの生態って凄いですね。
なんでも∞←このような行動をとって餌のありかを仲間に知らせるそうです。
だからハチって名前が付いたんでしょうね。


82 :名無しさん@3周年:04/05/05 20:59
キリスト教は派手だから、かっこよく見える。
仏教は暗いイメージがするから、ださ!


みんなもそうかい?


83 :名無しさん@3周年:04/05/05 21:06
>>58
アーメン

84 :名無しさん@3周年:04/05/05 21:17
>>78

そうですね。
多くの宗教は 『人が神になれる』 といったような類のことを主張しているように見えます。
聖書は 『神が人となった』 と言っていますね。

キリスト者はこのイエスの死から神の愛をしり、神の恵みを感謝します。

85 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/06 00:01
>>81
日本人のものの考え方のルーツは天皇にある、というのは
たしか…折口信夫も同じような内容のことをどこかに書いていたような…
でも、たしかにそのようなところがないこともないですね。
現代の日本人のセコいところなんかは、そのまんま古事記に登場する神々にも
出てきていますから。やっぱり、日本人にとって天皇ってのは
単なる王様じゃないんですね。認めたくないけど。
要するに、日本人にとって、ハチの化学物質に相当するものが
天皇ということになるわけですか。

86 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/06 00:09
>>82
キリスト教=明るい、きれい、結婚式、派手
仏教=暗い、じめじめ、葬式、ださい

こんな印象を持っている人、たしかに多いと思う。
私も同じ。でも、キリスト教の綺麗さってのは
かなり作り上げられたものだと思う。
一皮むけば、仏教にはありえない怖ろしさが出てくる。
聖書を読めば、ぞーっとするような陰鬱さのにじみ出てくる
ようなところが随所にある。

87 :名無しさん@3周年:04/05/06 00:15
日本人種の血統の純度がいかにも低いように見せかける三国人の工作が
2chには頻繁に見られるが、世界中、純粋な人種などは極めて少ない事など
は当然ある。

問題なのはその純度であり、日本人は、中国人や朝鮮人などと比べて、
極めて純度の高い北方モンゴロイドである事をgm遺伝子が証明している。

日本人種は、純度の高い北方モンゴロイドであり、コーカソイドと
分かれた頃の古モンゴロイド形質を残しているという世界でも珍しい
とても貴重な人種。

世界の宝たる日本人種の血統を絶対に汚してはいけない。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg




88 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/06 00:35
ですから、聖書は現実の陰惨さを反映しているのです。
きれいごとが書いてあるわけではありません。


89 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/06 00:48
教団がきれいごとを塗りつけてるってことはないですか?

90 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/06 00:50
>>79
洗礼は受けなくてもいいのですか?
匿名の基督者でも救済はあるのですか?

91 :名無しさん@3周年:04/05/06 01:08
むしろ、「宗教から左翼思想へ」ではないか。

92 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/06 06:47
>>85
>やっぱり、日本人にとって天皇ってのは
>単なる王様じゃないんですね。認めたくないけど。
>要するに、日本人にとって、ハチの化学物質に相当するものが
>天皇ということになるわけですか。

日本におけるナショナリズムってのは天皇ですね。
これはハチの社会に似てます。
個よりも種の存続を優先させる。

日本国歌はまさに、天皇の皇位継承が永遠に存続されることを願う、国民総意?
の応援歌ですね。
天皇はこの国民の声に答えねばならん。

皇太子の妃である雅子様は、このプレッシャーで大変心を痛めておるんです。
困ったことですね。

(つづく)


93 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/06 06:52
(つづき)
アメリカにおけるナショナリズムというのは、そのテーゼは自由と正義です。
だから日本とはその考え方からして違いますが。

全てはその国の歴史から、マイコンは植え付けられますね。
良い、悪いは別問題ですが。

94 :名無しさん@3周年:04/05/06 06:54
国家というのはまさに宗教ですね。
この点についてはいかが思われますか?


95 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/06 07:03
>>87
>問題なのはその純度であり、日本人は、中国人や朝鮮人などと比べて、
>極めて純度の高い北方モンゴロイドである事をgm遺伝子が証明している。

これは、日本が島国という地理的条件が大いに関係するかと思う。

大陸にすんでいる民族は、つねに他民族の襲撃を受ける場合が多い。
一般的には民族を侵略すると、その部族を根絶やしにするのが普通。
だから侵略された側の男は去勢するとかして、
侵略する側がその侵略された側の女性に種を植え付ける。

いうならば、力の強い勝者の血はこうして継承される。
いわゆる優性思想ですね。
この流れはアウシュビッツへと繋がるんだが・・・。

日本においても、この優性思想が色濃くあったのが瀬戸内海の小豆島。
ここにはライ患者を収容する施設があった。
ここにおいて去勢が行われていたのである。



96 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/06 07:22
>>93
自由と正義ってのは二律背反ですね。
両立することは難しい。
そういえば、これはキリスト教の隣人愛と唯一神信仰とに
該当するのじゃないでしょうか。
ただし、キリスト教のばあいはイエスみずからが
十字架に懸かかることによって二律背反となるのを避けていますが。

97 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/06 07:27
>>92
なるほどなあ。天皇という種を存続させることが
日本という国家(民族?)を維持することにつながるわけですか。
日本人にとってはこむずかしい政治理念や宗教的教義なんて
必要ないわけだ。

98 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/06 07:38
>>96
>自由と正義ってのは二律背反ですね。

自由というのは非常に都合のいいように使えるんで、北朝鮮でも自由民主主義人民共和国、
などと言うてますね。

自由を守るために、ってことでスターリンなどは粛清しましたが、
いやゆる自由というのはナンデモアリの行動原理にもなる。

そんな訳で権力者は「自由」という言葉を節操もなく使いまくりますね。
困ったことですが・・・。

「正義」という言葉にも困ったものです。
これを言われちゃうと返す言葉に苦慮しますね。
言葉というのは、そういうふうに不自由なもんですよ(ニガワラ


99 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/06 07:52
>>94
部族間の争いが、やがては国家という単位に到達した。
この国家という概念のボーダーレスの考えが、いわゆるマルクスの唯物史観だった。

階級闘争は、いわゆるインターナショナルであり、そこに国家は介在していなかったのである。
つまりは右側諸国とか、左側諸国とかいう考えはなかったのである。

思想としては非常に斬新なもので、それゆえに当時の若者はマルクスに魅了された。
既存のものを破壊しなければ・・・なにかを創造できない。
それがマルクス論のテーゼなのである。

国家が宗教ならば、また国家という概念を壊していく。
そんなことを考えていた。

しかしながら、これは今なお答えは見えず。
日本の青年達に今後は下駄を預ける以外にあるまい。
勇躍発展を期すばかりなり。


100 :名無しさん@3周年:04/05/06 08:11
イエスは罪からの自由を人類に与えるため、来た。

101 :名無しさん@3周年:04/05/06 08:12
受け取るかどうかは、各個人に委ねられている。。

102 :名無しさん@3周年:04/05/06 08:14
>>86

キリストへの信仰に生きた人の葬式に出たことはありますか。
聖書は結婚式よりも、葬式にでることの方が人は神への想いを巡らす、
ということを指摘しています。

103 :名無しさん@3周年:04/05/06 10:17
キリストはユダヤのために死んだんだぜ。
神のようにふるまうキリストを殺すことでユダヤ全体への迫害を免れようとしたんだ。
キリストはユダヤ救済のために聖書の予言どおり犠牲となる。
この犠牲は人類のためではなくユダヤ生き残りのためだ。
我々にとってイエスは救世主ではなく教師でしかない。
教師と言っても結局は人類のためでなくユダヤのために尽くす、その程度の教師。
そんなことだから、イエスは聖書をトレースして死んでもなお、
ユダヤの民を迷妄から救いだすことはできなかったんだ。

104 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/06 23:24
みなさん!!

こんばんは。

105 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:28
>>3
各共同→層化という路線の人が多いみたいだな。
今日賛同→層化という流れもあるらしい。

唯物論→層化【本質が何々んだろう?】」
こういう傾向が多かった人が、
55歳〜65歳に多いよ。

106 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:28
こんばんは

107 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:31
1さんは、いないのかな?

108 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/06 23:32
り〜ずは国を愛しているのです!!

109 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/06 23:33
机さんは寝てしまわれたのでしょうか。

110 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:47
机さんいないようですね。

111 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/06 23:49
>>105
私は、層化と全共闘ってのはどうもイメージが会わないんだよ。
彼らはいわゆるリベラルな考え方で、ヒッピー的な空気を好んだ。
よって、東京でいえば山谷あたりに彼らは住み着いた。

当時山谷は、旧来からの日雇い労働者と、インテリ階級がゴッチャになって賑わっていた。
「ここは〜天国、釜が崎〜♪」。ってのは大阪だが・・・
東京においては山谷がまさしく天国だったのである。

彼らは本当に欲がなかった、その欲のなさが彼らのステータスだったのである。
だからわたしは、
現世利益追求の層化とは、イメージが会わないのである。

彼らのその後は、自営業とか、そんな職業についた者が多いと思う。


112 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:52
>>111
そうなんだよ、
でも、中には層化に入って、
サラリーマンとか、公務員になった椰子がいたのさ。

113 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/06 23:53
り〜ずは、全共闘が嫌いです!!

114 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 00:00
>>112
彼らは、大学を出たとしてもほとんどが企業とか役所には就職しなかった。
一部の人間だろう?
リーマンとか公務員になったのは・・・。

115 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/07 00:01
ほとんど普通に就職して、一部の人間が喫茶店のマスターなのではないですか


116 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/07 00:01
机さん
おやすみなさ〜い!!

117 :岸本梵太郎:04/05/07 00:04
マルクスは晩年仏教に帰依しましたが何か?
マルクスの教えを正等に理解して実践してるのは、ドクトル・フロムの属する
フランクフルト学派だけですが何か?
つまり、敗北したのは社会帝国主義であって、社会主義ではないぞよ。
青木雄二や宮崎学を「国家権力」が抹殺に成功したとしても、
社会主義の敗北では全然ないぞよ。正しく歴史とニュ−スを嫁。

118 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 00:14
>>116
り〜ずさん、また明日お話しましょうね。
キリスト教のことをもっと教えてネ。

では、おやすみ〜。


119 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 00:19
>>117
いらっしゃい。
>社会主義の敗北では全然ないぞよ。正しく歴史とニュ−スを嫁。

マルキストは、正しく歴史認識をしていったが故にマルクスから離れて逝ったのではないですか?
それとももっと歴史認識をせよと?

この歴史認識を誤まったがゆえに連合赤軍は悲惨な最期を遂げたのです。

貴殿も危ないな〜〜そんなんじゃ。

まあ、いろいろご教示くだされm(__)m


120 :岸本梵太郎:04/05/07 00:22
晩年のマルクスはインド哲学の研究に没頭してましたが何か?成長の家の奴は
俺は事実を言ってるだけなのに層化の手先と決め付けるから困りもん。
層化は層化で「そんなことは有り得ない」と強制新聞に嘘を書くしさ。
従って、共産党憎しのあまりに嘘をつく成長も層化もカルトでよろしいか。

121 :岸本梵太郎:04/05/07 00:29
あのな〜、きちんと調査をしていないのは「科学」とは呼ばないのだよ。>>119

マルクスの若い頃からの自称「科学的社会主義者」の正体は
へ−ゲル真理教左派にすぎないのだよ。

しかし、日本共産党って馬鹿だねえ。宗教団体なんだから正直に申告すれば
税金を払わなくていいのにね。悪知恵に関しては層化の足元にも及ばんな。

122 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 00:30
>>120
マルクスが晩年にインド哲学をやろうがやるまいが、そんなことに関係なくスターリンは革命をおこしてしまった。
既にその時は歴史は動いてる。
マルクスがどこで野たれ死のうと世界は全く無関心である。

して、貴殿は
>社会主義の敗北では全然ないぞよ。正しく歴史とニュ−スを嫁。

こんなことを言うているが、それは誰が考えたって社会主義は崩壊してるだろ?
正しく歴史とニュースを嫁ば崩壊が建設に七変化するとでも?
白馬童子の手先なのか?
貴殿は?

123 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 00:36
>>121
>マルクスの若い頃からの自称「科学的社会主義者」の正体は
へ−ゲル真理教左派にすぎないのだよ。

いまさら科学的などと、さようなことを言われても私は迷うばかりなり。
この「科学」って言葉に人は騙されちまった。
なにが科学的なのか?
資本主義から社会主義に以降するのが科学的なのか?

貴殿は、もちっと唯物史観を勉強した方がいいよ。
歴史認識の話はそれからだよ。

貴殿が科学的というのであれば、そのように私も科学的でありたい。

124 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 00:45
では、これで寝ます。
おやすみ。

125 :名無しさん@3周年:04/05/07 00:46
>>121
>>121
>しかし、日本共産党って馬鹿だねえ。宗教団体なんだから正直に申告すれば
>税金を払わなくていいのにね。悪知恵に関しては層化の足元にも及ばんな。


確かに、この部分では、
貴殿のいうことには、一理があると思う。
日本強酸党の場合は、
全員が同じしゃべり方なので、
宗教と変わりないのに、
なぜか、宗教団体になって無い。
層化のほうが、支持者が、600万人前後だけど、
強酸党のほうは、党員が50万人。
悪知恵では、層化は悪い。



126 :名無しさん@3周年:04/05/07 00:47
>>124
おやすみなさい。

127 :岸本梵太郎:04/05/07 02:35
>>123he そうだな、解かり易い著作としては、現代書刊・東岡耐(ひがしおか
つよし)著「アメリカ神話の解体」がいいと思うな。著者の目的とは俺の読み方
は違うが、当時から現代までの、自称マルキストやアナ−キスト達が、ガクバツ
マフィアどもの完全な洗脳の元でしか動けなかった事実が解かるよ。

著者にも俺は会って自宅に泊めてもらったこともあるぜ。
既にその時著者は現代インドの聖者、ガンジ−とクリシュナムルティの
熱狂ファンで、どんなに仕事が忙しくて苦しいときでも、
朝夕二回の聖典の読書は欠かした事がないといってたね。

128 :岸本梵太郎:04/05/07 02:59
誤解をすると良くないので言っておくけれど、非暴力と無抵抗主義は違うよ。
非暴力は現行刑法の許す範囲は認めているよ。
専守防衛の権利とか、公共の福祉に適っていれば緊急避難の行為などはね。

129 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 06:35
>>127
>自称マルキストやアナ−キスト達が、ガクバツ
>マフィアどもの完全な洗脳の元でしか動けなかった事実が解かるよ。

歴史(敗戦)の流れと、戦後民主主義教育と、その時代に遭遇したベトナム戦争と、
大学のレジャーワールド化と、
また、その時代のファッション性もあったかもしれない。
そんな複合的な要因が重なって・・・結果として学生は活動に参加していった。

そういった運動は意図されて組織が作られたわけではない。
多数のセクトがあるのはその証拠である。
自然発生的に、またセクトにおいてもそれぞれに多少考え方が違う。



130 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 06:39
>>128
>誤解をすると良くないので言っておくけれど

私は誤解はしてないが、貴殿には誤解が多く見られる。
例えば・・・
>専守防衛の権利とか、公共の福祉に適っていれば緊急避難の行為などはね。

専守防衛は権利ではない。
権利というのは国権の発動である。
この場合の国権の発動とは戦争のことだよ。

131 :名無し仔猫@3周年 ◆.EDMOUBKE2 :04/05/07 12:13
福ちゃん、止めちゃうんだね〜・・・。残念だよなぁ、自民ですら
なけりゃ(ゲラ

132 :名無しさん@3周年:04/05/07 15:35
福ちゃんやめちゃいましたね。

133 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 17:18
三島由紀夫の「奔馬」に、
「忠義とは天皇に自ら握った握り飯を差し出すことだ」。ってのがある。

天皇から「そんなもんは食えるか!」。ってことになれば、その場で腹を切る。
天皇が受け取ったとしても、不敬を詫びて腹を切る。
いずれにしても腹を切るのだ。

福田は詫びて腹を切った。

かつて官房長官の父である赳夫は、「命は地球より重し」。の迷言を吐いて
犯人を金子のお土産まで持たせて釈放した人物だ。
この時は世界から顰蹙?をかったもんである。


134 :り〜ず ◆HNUDYzuu5k :04/05/07 22:28
プロテスタントのある文芸批評家は、2・26事件に、
キリスト教的な、終末的待望を見いだしています。
つまり、彼らはキリスト者が、キリストの再臨を待ちわびるように、
天皇の決断による維新の成就を待ちわびたのです!!

135 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/07 22:52
本来ならば天皇が陣頭指揮をとるのが定石。
しかしながら青年将校が血気ついてしまった。

「もはやこれまで、もう後には戻れぬ」。こう言って天皇裕仁は白馬に跨った。
実は白馬というのは正義のシンボル。
軍馬に白馬はない。元帥しか白馬は乗れぬのだ。

白馬童子は乗っていたがな。
右翼の赤尾敏は白馬が好きだったらしい。
やはり天皇の勇姿に憬れたんだろうね。

136 :名無しさん@3周年:04/05/07 23:07
右翼思想から宗教へ   の 間違いでした。

137 :名無しさん@3周年:04/05/07 23:11
>>136 「維新」だから左翼で良いジャン

138 :り〜ず ◆2RX47Qz/X2 :04/05/08 00:01
り〜ずは右翼なのです!!

139 :名無しさん@3周年:04/05/08 00:27
机龍之介と喪前には名乗って欲しくないぞよ。
どうせ、2chを悪用してライバルを蹴落とそうとするヤシは放置ね。
それとも自作自演かナ〜ッ。

140 :名無し仔猫@3周年 ◆.EDMOUBKE2 :04/05/08 03:48
あー、やっと政権交代か。

>>135
黙示録の白馬かも知らんが
>>138
お前、住所晒せ


141 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 05:45
>>138
国策としては自衛隊海外派遣で、まあいいとしても、
世論では右傾化するのはあまり好ましくはない。

イスラム圏は、アフガニスタンにせよイラクにせよ非常に親日的だ。
日本の連合赤軍は、彼らイスラムの人達からしたら英雄。
この組織を高く評価している。

アメリカのツインタワーに突っ込んだ突撃兵は、おそらく日本の特攻隊から多くを学んだことだろう。
かなり日本文化に敬意をもってるようだ。

岡本公三は彼らにとっては英雄として、今もその名前は不動のものとなっている。
イスラエルの刑務所で拷問を受けて、今はほとんど廃人みたくはなってるが。
なんでもティムポを刑務所に置いてきたようだよ。
身体は宦官みたいになってるんだろうね。
精神的にもトランキライザーなしでは駄目なようだ。

宮本武蔵は両刀使いの達人だが、日本には切り札が両建てある。
これを上手く使うのが外交の達人というもの。


142 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 05:47
×  日本の連合赤軍は
○  日本の日本赤軍は

143 :名無しさん@3周年:04/05/08 11:53
>>138はニセモノですよ。

144 :名無しさん@3周年:04/05/08 11:54

アメ公に我が祖国の「天皇陛下」を守らせる右翼とは何ぞや?

145 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 13:45
ポツダム宣言の時に、日本側は連合国に注文をつけたことがある。
それは国体護持だ。
この尊皇の精神は赤の防波堤として、マッカーサーは高く評価している。
いわゆる尊皇は日米双方において利害は一致しているのだ。

一部右翼は在日系が占めてる。
これも日本の尊皇の精神を上手に利用してるんだね。

統一教会なども、あたかも教会が共産主義の防波堤になっているが如しプロパガンダしているが、
これもまたまた尊皇の精神を上手に利用してるんだね。

このことは歴史をさかのぼらねばならん。
平安時代の壇ノ浦あたりから・・・つまりことは平家滅亡から事態はきてる。

こんな海千山千の世界で、一番困ってるのは雅子妃だね。
いつか日本は皇位継承権を女性に認めるべきである。
また角界もしかり。
悲劇を繰り返さないためにも、ひとつの人権を尊重すべきである。

146 :名無しさん@3周年:04/05/08 14:04
>>145
>一部右翼は在日系が占めてる。
>これも日本の尊皇の精神を上手に利用してるんだね。

>統一教会なども、あたかも教会が共産主義の防波堤になっているが如しプロパガンダしているが、
>これもまたまた尊皇の精神を上手に利用してるんだね。

>このことは歴史をさかのぼらねばならん。
>平安時代の壇ノ浦あたりから・・・つまりことは平家滅亡から事態はきてる。

中学生や高校生のときには、
一部右翼に在日某国の連中が参加しているということを知らないで、
右翼=頭の悪い人という考えで、記憶の書き換えをされてしまったが、
われわれは、尊皇攘夷という思想から解放されなければならないと同時に、
共産主義の魔力からも解放されなければならなかったわけである。
尊皇思想を利用している在日系右翼。
尊皇思想を利用している統一教会。
共産主義のスターリン主義の影響の日本強酸党。
共産主義でも、毛沢東や、トロッキーの影響を受けている新左翼。
マスコミや商業主義が、あおっている昨今の韓国ブーム。

これらから解放されるのは大変なことですね。


147 :名無しさん@3周年:04/05/08 14:18
ニュース速報で満たすレッド。
>333 名前:名無しさん@4周年 投稿日:04/05/08 14:16 ID:tjz+1NEg
>数ヶ月年金を払わなかっただけで、責任をとらされる社会なら
>だれも政治ができなくなる。恐怖政治ではないか。みんなこの異常さに
>気づけよ。創価学会の意を受けたマスコミがつるし上げているだけだ。

最近の韓国ブームといい、
未納問題といい、層化が何かを計画している。

148 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 14:34
>>146
>マスコミや商業主義が、あおっている昨今の韓国ブーム。

マスコミは、民団や総聯にはえらく気を使ってるようだね。
この間の北朝鮮船籍・万景峰号が新潟に寄航したとき、総聯は警告を無視して旗棒を振った。
もしこのこと(総聯)をマスコミが叩いたら大変なことになる。
テレビ局や新聞社にはクレームの電話が鳴りっぱなしで業務に支障をきたす。

このことをよくマスコミは知ってるんで、いわば半島ネタはタブーとなってるのは常識。
このやり方、ってのは戦後の闇市からずっと続いている。
農地解放で、在日はタダ同然で土地を手に入れた。
しかも駅前の一等地である。

日本の若者はしっかりしてるから、そんなのはダイジョオブ。と言いたいとこなんだが・・・
じつは炉リ画像でセンズリしてるのが平均的な日本の青年。

あまり日本の将来のみとうしは明るくないよぉな気がするんだが・・・
気のせいかな?



149 :名無しさん@3周年:04/05/08 14:47
>>148
実は団塊の世代以前から、日本人と、
若い人は、無責任と、せんずり傾向が強くなった。
炉路画像や、普通の画像で、千刷りしているのが、
1945年4月生まれ以降の、
普通の若者の姿。

http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/410.html
これは、某宗教のことを書いたスレッドだけど、
こういう状況もあるし、
ここは、在日外国人が、宗教を利用して、
日本人をだました典型的な方法の結果が書いてある。
駅前の一等地にパチンコ関係や、風俗関係の店が多いのと、
そういうのをただで手に入れられなかった、
某国の人たちが、ある宗教理論を利用して、
日本人の田舎から出てきた若者を、加入させた事例が見られる。
農地解放で、田舎で暮らせなかった若者は、都会で、
某在日外国人が、ただ同然で手に入れた、風俗関係や娯楽の店で遊び、
友達がいないところを、某外国人が、宗教を利用した屁理屈で、
サークル活動という名目で、某宗教に加入してしまう。
娯楽の店で、金を巻き上げられ、
宗教団体で、同じような連中に金を巻き上げられ、
そのお金を、某国に送金して、メロンになって指導者の中に入る。
そういうシステムになっているような予感。

日本の未来は明るくないね。
モーニングなんとかにも、そういう連中が多いらしいし。


150 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 14:47
>>147
>未納問題といい、層化が何かを計画している。

層化が目指してるのは、三大秘法のひとつである国立戒壇を実現することだ。
これは神道である天皇の折伏を前程とする。
折伏された天皇は、改宗して日蓮正宗に帰依する。
この流れは初代・牧口常三郎からの悲願である。
戸田城聖→池田駄作と、いまだもってその流れは勢いを増すばかりである。
小泉もこの流れは止められず。

日本の若者は、この間にも炉リに心を奪われているのである。
哀しきかな。
わが祖国。


151 :名無しさん@3周年:04/05/08 14:58
>>150
初代牧口常三郎は、
一応日蓮正宗という仏教を、理論的支柱にしていたらしいが、
その先生は、新渡戸稲造というキリスト教徒なんだけど、
なぜ、それが、池○駄作氏の時代で、
朝鮮のマスゲームのような展開を見せたのかが良くわからないのだが、
戸田城西氏の時代のころから、急速に、在日某国の影響があったように感じるのだが?

それはそれとして、
天皇を、折伏した場合は、
天皇が、法皇になってしまって、
平安時代のころの、仏教国家になってしまう可能性があるでしょう。
仏教というよりは、駄作マンセイ宗教の様子を示してはいますが、
今上天皇、ないしは、今の高大使が、
層化に、参加してしまう可能性が無いともいえません。
アマテラス=新党の象徴は、すでに地方や都会では、層化に、敗れて、
崩壊寸前ですからね。
民主党も、宗教は、層化じゃなくても、
某外国勢力を大事にしているようなので、
日本のわかものは、千刷りをしている場合ではないのですが、
マスターベーションと、○○ホテルでの、遊びに明け暮れていますね。

152 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 15:10
>>149
URLはおもしろそうだから、後で見るとして・・・

>日本の未来は明るくないね。
モーニングなんとかにも、そういう連中が多いらしいし。

これは、かの有名どころの分派だね。
ネーミングがちょっと素敵なんで、このチョッとしたフィーリングみたいのでのめり込んじゃうのかな?
そういうファッション的な感覚でやる人がいるよね。
サークル活動みたいな感じで。

そういうとこが非常に痛いのだが・・・

153 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 15:25
>>151
>朝鮮のマスゲームのような展開を見せたのかが良くわからないのだが、
>戸田城西氏の時代のころから、急速に、在日某国の影響があったように感じるのだが?

そんなことがあったね。
正本堂が出来たてのころかな?20年くらい前かな?私が知ってるのは。
マスゲームみたいなのをやったことがあるよ。
たぶん半島の影響なんだろうね。
あのマスゲームとそっくりだから。

>今上天皇、ないしは、今の高大使が、
層化に、参加してしまう可能性が無いともいえません。

もし高大使が入信したい。と言いだして、宮内庁はどうするかな?
圧力とか掛ければ・・・もしや?ってのがあるかもしれないけど。

センズリしながらだったら、そんなことになるかもしれない。

かつて日本斜会党が隆盛を極めたころ、協賛党とはなるべく共闘はしたがらなかった。
何故かというと、共闘すると断然協賛党の方が発言力が増すからだ。

この構図は今にも当てはまる。
とにかく、キャスティングボートを握ってる某政党は発言力を持っている。
このことに注視すべきである。
議席の数よりも、また違う力学があるのが政界だ。



154 :名無しさん@3周年:04/05/08 15:43
>>152
モーニング何とか、って、」女性の、
若い女の子が、わいわい騒いでいるやしだよ。

芸能界って、某層化の影響が強いらしいよ。

>>153
高大使が、「あなたに子供ができないのは、神道の影響で、頭が狂うからだ。」とか、
「新党に加入していると、本尊=長男がだめになる。」とか、
層化系の大臣などに言われて、
本気で、それを思い込んで加入してしまったら、
蘇我氏にいわれて、仏教に加入した聖徳太子と、
同じような運命になるかもしれません。
蘇我氏を、層化に変換して、
第2第3の恐ろしい事件がおきるかも?


155 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 16:02
>>154
モーニングなんとかは、母体が統一教会で、そこの分派だよ。

>若い女の子が、わいわい騒いでいるやしだよ。

統一は、いうならば「美味しい話」だからね。
分派したがってる香具師は何人もいるよ。

>芸能界って、某層化の影響が強いらしいよ。

層化は民音という組織をもってるからね、芸能人にとっても層化は美味しいんだよ。
チケットは間違いなくさばけるしね。

芸能界は街道なんかも繋がりがあるかと思うけどね。
以外かとは思うが。

>本気で、それを思い込んで加入してしまったら、

高大使といえども、自分の一存で何でも決められるもんじゃないよ。
たぶん雅子様の出産のときでも、「見届け人」というのは居たかと思う。
宮内庁関係だね。

お子様は間違いなく雅子様の子だと、証明しなければならない。

西洋の王族では多数が集まって見届けをする。
日本の皇室もそうかとおもうけどね。

156 :名無しさん@3周年:04/05/08 16:22
>>155
そうだったんだ、
知らなかった。須磨祖。

助産婦系看護婦数名と、見届け人と医者が居たんですね?
じゃないと、確かめる人が居ないと困る門ね。



157 :名無しさん@3周年:04/05/08 17:41

結婚前に雅子さんの体を通り過ぎた人は何名だったんだろう?
ちょっとえげつないことを考えた・・すまそ

158 :名無しさん@3周年:04/05/08 18:58
机龍之介とやら、お前まだまだガキだなあ。では、大人の語りとは何かって
教えてやるぜ。大人の語りとは、井上光貞先生や吉村作治の様な人を言うのだよ。

井上光貞先生はな、いわゆる「反体制作家」をマインドコントロ−ルして
意のままに操っておられたな。手塚治虫とか松本清張とかが有名だな。
お前もそれ位の器の大きい人間になれよな。

159 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/08 19:14
>>158
松本清張はチャキチャキの左翼だよ。
なんもマイコンはされてない。
松川事件を扱った作品とかも、そのテーゼは他殺の線で一貫してる。
あれは生体反応からの鋭い切り口でペンを走らせてるよ。

松本は義務教育しか受けてない。
この劣等感は彼が有名になっても付きまとっていた。
幼少期からの生活は、あまり恵まれてはいなかったので左翼に傾倒していった。

松本は印刷工をしながら独学で文学の道に進んだんだよ。
彼の作品がチョッと泥臭いのは、プロレタリア文学の特徴。



160 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/08 22:28
>>159
ちょっと前の人間講座で、
半藤一利が松本清張と司馬遼太郎との二人をとりあげて
話をしていましたね。全部は見なかったけど、
けっこうおもしろかった。
そのときの印象が良かったので、
先日、半藤の『昭和史』を買って
ちょっと読み始めているんだけど、
これがめちゃくちゃおもしろい!
机さんは読まれました?

161 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/05/08 22:29
言い忘れ
人間講座ってNHKの番組の題名です。

162 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/08 22:35
>>145
>このことは歴史をさかのぼらねばならん。
>平安時代の壇ノ浦あたりから・・・つまりことは平家滅亡から事態はきてる。

すいません。
平家の壇ノ浦あたりの記憶のことで、気になったものですから。
私の記憶が、その辺も含めて、
まったく思い出せないのですが?



163 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/09 09:27
>>160
松本清張は、私が好きな作家の中のひとりでして、
学生のころは「点と線」とか「ゼロの焦点」などをカッパノベルスで読んでました。
当時は飛行機ってのはそんなに一般化された乗り物ではなかった。
だから、意表をついた展開に息を飲んだもんである。

その後、清張は「砂の器」を発表する。
私はこの長編は、清張の自伝的な作品かと・・・そんな印象をもったもんである。
清張みずからの父子関係を、あの作品に表現したかったのではないか?
自伝とは逝っても情緒的な部分だけだけどね。

この作品はその後、映画化される。これは原作に近い。
最近ではテレビで放映されたが、これは原作には程遠い。そんな印象です。
(つづく)


164 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/09 09:34
>>160
司馬遼太郎は歴史モノが得意な作家だけど、彼の作品はあまり読んだことはない。
だけどエッセイとかは少し読んだ。
やはり歴史への洞察は深いものがあるかと思う。

清張も松川事件を扱った作品があるが、資料収集にも相当に時間をかけたのが推測できる。
国鉄総裁の轢死死体の考察は、鬼気迫るものがある。

>先日、半藤の『昭和史』を買って
ちょっと読み始めているんだけど、
これがめちゃくちゃおもしろい!
>机さんは読まれました?

私は読んでないけど、いずれ昭和史は紐を解かねばならんだらう。


165 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/09 09:44
>>162
>平家の壇ノ浦あたりの記憶のことで、気になったものですから。

平家を壇ノ浦まで追い詰めて、海戦までもっていったところが凄い。
当時京の都は滅茶苦茶で、道端には死体が転げ廻り、一面は死臭でdでもになっていた。
そのころ都は大火で、都は一晩で約三分の二くらいは焼き尽くす。
その後が壇ノ浦合戦。
壇ノ浦後は大地震と、いやはやdでもな時代だったのだ。

あまりのもdでもなので、民衆は「これは平家の怨念だ」。とかいう風評が噂された。
今でも平家の怨霊はある。?
将門の墓が丸の内とかにある・・・。ここでもタタリは今もあるらしい。

しかしながらその真相は闇の中である。

166 :名無し仔猫@3周年 ◆.EDMOUBKE2 :04/05/09 09:47
小沢総理でも良いけど、マッキーに初の女性首相やらせてみたい
気もするが・・・

167 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/09 12:26
ニュース議論などで見かけたコピー。
マス板に限らないが、ここ数年左右の議論が全くかみ合わない理由は「左右各論」
という上部構造と「左右厨論」という下部構造、二段階構造の中で、左の上部構造が
消滅したから。
つまり、右の上部構造は良し悪しは別にして「中韓の反日教育はおかしい」とか「北
の拉致に経済制裁を」「30万人の根拠出せ」「日本の著作物パクるな」など個別の具
体論が展開されてるのに対し、左側の上部構造が全くそれに反論できていないこと。
あるいは存在していないこと。
 だからこういう議論に対して「ウヨ必死だな」「原理、勝共統一カルト!」「引きこもりウヨ(プ」
「精神的弱者」といった罵倒でしか返せない。
本来なら「左右厨論」段階に留まるはずのレッテル貼り、 「朝鮮人死ね」的な右の下部
構造とやり合ってればいいレベルの左が右の上部構造に挑まざるを得ないから「左翼
って馬鹿じゃないの?」という認識が勢いを増していく。
 結局、リアルの御時勢と同様、左の論客が絶滅しかかってる。あるいは、何も言い返せ
ないほど追い詰められてる。だから議論にならない。絶対に個別の議論からは逃げる。
同じ土俵には死んでも上がらない。上がりたくても上がれない。

左翼の人の、上部構造の崩壊で、
マスコミなどでも、まともな反論は聞かれなくなった。

168 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/09 13:28
>>167
現代は、左右の対立というよりも、日本の深いとこで構造的な欠陥を作ってしまった。

たとえば掲示板の元祖である雨蔵板が閉鎖されたのは、京都バス問題。
これはたまたまそういう問題が浮上しただけのことであり、以前としてこれに類じることは
あらゆるジャンルに浸透してる。

銀行が負債を抱えてるのも某国への送金とか、一般銀行でもこれはある。
そしてこの金は再び投資される。
銀行金利がほとんどない現代において、年間1割の儲けがあればオンの字である。
日本の経済構造はこんなふうに変わってきている。
日本人にはこれはなかなか出来ない。
せいぜい炉リ画像でセンズリかくことしかできないのだ。
猿もセンズリくらいはできる。

  (つづく)

169 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/09 13:33
(つづき)
つまり、イデオロギーはあまり意味をもたなくなった。
要領のいい人間にはかなわない。

炉リがセンズリしている間にも、要領のいい人間はセンズリ男から金を出させることを考える。
ザーメンをタダでだしても、
いつか金は見えないところで持ってかれる。
それを気がつかない。

いつか日本はいわゆる「貢ぎ国」なのである。

170 :名無しさん@3周年:04/05/09 15:54
机さん
よーしってまんな! 頭でっかちになって
よー自分では、せーへんのでは!

171 :名無し仔猫@3周年 ◆.EDMOUBKE2 :04/05/09 15:58
>>167
右の連中は、アメリカの腕にぶら下がって周辺諸国に角突き合わせて
りゃ良いと思ってら、そりゃ楽チンだな。

172 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/09 19:21
>>170
ほらほら・・・
先人の歩いてきた道を歩こうとする。
典型的な日本人の発想だよ。

富山の薬売り、とか、こんな商法が日本人には合ってるのだろうね。
ヤオ〇ンて一部上場の会社があった。
この会社も実直な商売で東南アジアまで進出していったが・・・(>_<)
あまり書けないが、結果はごらんのとおり。
「1円の客にも感謝の心」。
これが社訓だった。

いわゆる天野屋利平衛なんだろうね。
関東の商人、ってのは。

173 :名無しさん@3周年:04/05/10 03:37
机とやら、その方の「枠内操作」はまだまだ未熟じゃのう。
そのほう若しかして宮崎学こと山崎渉との論争にさえも敗れてこのスレを
たてたのかのう?わしは「ポツダム焚書」の現場に動員された軍国少年
じゃったが、そのほうのお子様ぶりを見ていると心配になってくるぞよ。

174 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/10 09:15
60年代後半ころは、新宿西口地下街(駅構内)において若者は結集した。
なにをやったかというとリアルで議論をした。
自分の考えを相手に言う。
この訓練は毎日してた。今思えば貴重な体験であった。

ネットが普及した昨今、もうこういったことは経験ができないだろう。
いかに自分の意見をいうのが、現代の子供にとって苦手か?

文部科学省はやっとこのことに気づきはじめた。
いま教育現場は、生徒の発表(トーク)する授業を急きょ増やしてる。

173氏よ、何故自分の考えを言えぬ?
この自論を言うというのは非常に大切な事だ。
女性を功徳のも男にとっては大事な甲斐性というもん。
自論も言えぬのでは、女も口説けん。

175 :名無しさん@3周年:04/05/10 16:46
オナニースレ

176 :名無しさん@3周年:04/05/10 16:56
机サンもWinnyをやると世界観が広がると思うよ。

177 :名無しさん@3周年:04/05/10 22:59
机とやら、そなたおかしいと思った事はないかえ?
何か奇ッ怪な毒物や細菌を使用したと思われる事件が起こるたびごとにぢゃ
必ず731部隊説とやらが出てくるのう。しかしぢゃ、ここでなぜ一度も
「陸軍中野学校」の名前が出て来ないのは変だとは
疑問を抱かなかったのかえ?

178 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/10 23:34
陸軍中野学校は、勿論731部隊とは密接な繋がりはあるが、
しかしどちらかというと中野学校はスパイ養成施設として有名。
いわゆる特務機関だから、なんでもやっていたよ。

戦後直ぐにおきた帝銀事件は、731部隊と深い繋がりがある。
帝銀は池袋から私鉄で一つ目駅の椎名町ってとこにあった。
私はその場所はよくしってるよ。

また、帝銀事件で殺された現場写真もみたことがある。
小学生低学年くらいの男児、その姉らしき中学生くらいの女児、その母親らしき人。
銀行の従業員とかが並んで写ってる写真だ。

毒を飲ませれて非常に苦しんだ様子が写しだされている。
非常に残酷なもんだよ。
手馴れた人間しか出来ない。そう思ったね。

まあ、免罪の事件だね。731部隊を隠匿するために仕組まれたもんだろう。

179 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/10 23:38
>>177
逝っておくが、私は帝銀事件には関係してないからね。
そんなに年寄りじゃないんだよ。


分かっているとは思うが・・・。

180 :名無しさん@3周年:04/05/10 23:57
鼻がかゆい

181 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/11 06:57
>>149
http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/410.html
このURLを見てみたよ。
某教団のことが書いてあるね。

実は私は統一〇会を考察してて、
これは統一と日本の特殊な関係かと思っていたが、この構図は日本の隅々に網の目のように
張りめぐらされてる感じだね。
財界は昔からだが・・・実は最近は急激な勢いで芸能界が狙われている。

日本の婦女子は半島の男優に心を熱くしちゃってんだね。
これも仕組まれたもんだけど、日本はエバ国として全ての人間は某国に送金するような結果になる。

(つづく)




182 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/11 07:07
(つづき)
ことの発端というのは、日本の敗戦から全て歯車が廻りだした。
昭和20年8月6日(広島)、8月9日(長崎)、8月15日(ポツダム)。
この日は、日本人は忘れてはならない。
ここから全てが始まるのだ。

勝者と敗者が15日で逆転する。
海軍・生き残り特攻少年は街に出れば袋叩きにあう。
職業軍人はこの日から肩身の狭いおもいをする。
一般民衆は某国の人間のインネンに震える。
全く変わってしまったのだ。

つまり日本は敗戦国なのだ。某国の人間はいまだにそういう認識がある。
分かてないのは日本人だけ。

183 :名無しさん@3周年:04/05/11 07:22
削除対象アドレス:
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1083663115/429

削除理由・詳細・その他:
5. 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿

この人がこの話題を始めると炉利関係のAA荒らしが始まります

184 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/11 12:50
>>181
>>182
敗戦で、日本は、そのある国家の人間に、
いいように使われてしまっている。

最近の○○ブームを見ていると、
あの国の男優に心を熱くしているのも、
あの○○協会の、日本はエバの国で、
例の国は、イエスの再来の国と考えている彼らのわなにはまっている。


185 :名無しさん@3周年:04/05/12 00:24
宗教批判を建前としている、
軍隊を趣味する面白い人たちを見つけました。

宗教批判は正しいのですが、
ちょっと、右っぽいのが、難点かも?

ttp://www.jade.dti.ne.jp/~shingun/index2.html

186 :名無しさん@3周年:04/05/12 05:13
机とやら、オヌシ本当にマダマダ青いのう。ワシはな、昔な、「八切止夫」なる
歴史学者をな、オヌシの様な洟垂れ小僧の年代の言葉で言えばな、集団ストーカ−
兼マインドコントロ−ルする側ぢゃったがの、あいつは最期まで気付かなんだわ。
その程度の眼力すら持ち合わせてないオヌシを見てるとの、片腹痛いわ。

187 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/13 07:49
>>185
URLを見ました。軍歌みたいのが流れるんで後ほどミュートを消して見てみます。
>>186
dでもな歴史解釈って、義経とジンギスハーンが同一人物、って話は有名。
そういう話は嵌る歴史ファンというのも多いはず。

特に歴史に興味をもちだすのは中年以降が多い。

義経が平泉で女性と落ち合い、そのまま大陸へ行く。
ジンギスハーンの幼名と義経の発音が非常によく似ているのと。
ジンギスハーンの幼少期ってのは謎が多くて、義経と同一人物かも?
とかいう推測がされたんだろうかと思う。

私の自論は、やはりジンギスハーンてのは狩猟民族独特の発想をする。と思ふ。
いやゆる人間てのは育った環境の教育が、人生における行動に表れる。ってことか。
(つづく)

188 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/13 08:02
ベトナム戦争ってのは、米軍が民衆に無差別攻撃するもんだから、民衆はベトコン(開放戦線)に
段々と協力していくようになる。
今度の戦争も、いよいよそんな様相を濃くしていくような気がする。
http://www.mewmew.f2s.com/aljanews1_jap.html
このサイトは、アルジャズィーラ・ニュース
子供の義性画像が載っている。
子供の顔は日本人と非常によく似ている。

情緒的には日本人が攻撃されているような錯覚に陥る。
どうだろうか?反米感情は湧かないだろうか?


189 :机重之介 ◆xjrAm/zs9Q :04/05/13 09:15
イエスは人類のために自ら進んで十字架に向かったと言っているが、所詮神話に過ぎず、イエスが実在した事を証明する歴史的証拠は何も無い
文鮮明に関しては、ただ違法行為を誤魔化すためのでっち上げ
しかし、日本は自ら進んで国やアジアのために命を奉げて下さった方々が沢山いる。
半島人や支那人、左翼は聖書で言うパリサイ人以下だ
捻じ曲げられた歴史を根拠に日本を食い物にする文鮮明の罪はけして軽くは無い
同族殺しの抗日ゲリラが親父では、まともな人間になるのは難しいかもしれんがな


190 :机重之介 ◆xjrAm/zs9Q :04/05/13 09:37
韓国航空各社に相次ぐ脅迫状

【ソウル=黒田勝弘】最近、タイのバンコクで韓国の航空会社などに、韓国
行きの飛行機を攻撃するとの脅迫状が相次いで届き、関係当局を緊張させて
いる、これらの脅迫状は「韓国の利益に反対する組織」という意味の「AKIA
(Anti Korean Interests Agency)」を名乗っており、韓国で被害を受けた東
南アジア系の出稼ぎ労働者による "反韓組織" のしわざと見られている。

 この背景には近年、韓国でアジア各国からの外国人労働者が急増し、韓国
企業のアジア進出も活発化していることに伴い、韓国企業の劣悪な労働環境
や賃金不払い、人権侵害などに対する不満や抗議が頻発しているという状況
がある。
 韓国についてはこれまで「被害者意識」による韓国人自らの反日運動や反
米運動が国際的に関心の対象になってきた。しかし、経済成長を背景に近
年、「加害者的状況」が出ており、アジア各国で韓国批判の声が聞かれるよ
うになっている。
 今回の「AKIA」について韓国の治安当局筋は「韓国から強制退去になった
り、韓国で賃金不払いや不当な待遇を受けたタイなどからの出稼ぎ労働者た
ちの恨みによるものではないか」と語っている。


191 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/05/13 19:12
>>189
>イエスは人類のために自ら進んで十字架に向かったと言っているが、
>所詮神話に過ぎず、イエスが実在した事を証明する歴史的証拠は何も無い

江戸時代の鈴が森というのは、今でいう品川近辺にあった。
品川が江戸の外れにあたるから。
ちょうど鈴が森は場末の処刑場ということになるのだろう。

ここは江戸庶民の娯楽の殿堂であった。
物見高い江戸の庶民は鈴が森でストレスを解消したのである。

イエスの時代においても処刑は官憲が独占しない、いわゆる官民が一体となって処刑に参加した。
通常、不倫の罪あたりでも「石打の刑」がある。

イエスが売春婦を助けたの人は、間違っていれば石打の刑になる女性だった。

いわば処刑というのは日常的に行われていたかと思う。
人権とか、そんな概念もなかった時代であるから。
当時、磔の刑というのは、そんなにインパクトはなかったかと思う。


192 :名無しさん@3周年:04/05/15 16:39
机とやら、オヌシ本当に洟垂れ小僧よのう。「八切止夫」と「トンデモ本」の
区別がつかんとはのう。まあこれにはワシから診ればオヌシが青二才の若造で
あることを考えなかった責任でもある。ではどうじゃ。オヌシ
「小室直樹」と「佐治芳彦」について如何思うておるのか答えてみよ。

193 :名無しさん@3周年:04/06/24 08:05 ID:wJw3reBs
共産思想こそ正義

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)