5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

芦原将軍と松沢病院

1 :優しい名無しさん:04/06/09 23:34 ID:bYObB6te
芦原金次郎(1852-1937)
金沢の櫛職人で前田侯の馬車に乱暴して1882年東京府癲狂院に
入院させられ、88歳で松沢病院で死去した。
躁的誇大妄想を有し、芦原将軍、芦原帝と称し、参観者に勅語を売りつけ、
手製の大礼服を着て一緒に記念撮影に入り料金を要求したりして、
ジャーナリズム的人気者であった。痴呆的人格崩壊には陥らなかった。

芦原将軍や松沢病院について語りませう。

2 :優しい名無しさん:04/06/09 23:37 ID:bYObB6te
芦原将軍ゆかりの松沢病院

筒井康隆「将軍が目醒めた時」(新潮社版筒井康隆全集に収録)

澁澤龍彦「芦原将軍のいる学校」

これは芦原将軍がらみの作品。
芦原将軍ゆかりの松沢病院は現存していますが、わりと近くにマスコミ人がよく利用する
「大宅図書館」(芸能雑誌などが大量にある)があります。
ここにくるマスコミ人の中には、病状やや軽く一時帰宅の行き帰り途中の松沢病院の患者さんと識別がつかない人もいるとの風評。

3 :優しい名無しさん:04/06/09 23:40 ID:bYObB6te
葦原将軍(本名葦原金次郎)は大正から昭和初期にかけて56年間松沢病院の
主だった誇大妄想患者。お見舞いに来た乃木将軍に「貴公も日露戦では苦労
したのう」と声をかけるなど奇行で知られ、時の政府を批判すること度々で
あったという。
最近の研究では、マスコミが葦原将軍の発言を取り上げたのは、葦原がどれ
だけ政府の批判をしても「吉外だから」という理由で免罪されたからであり、
マスコミが「葦原の発言」を隠れ蓑にして政府批判を繰り広げたのだと解釈
されている。

4 :優しい名無しさん:04/06/09 23:44 ID:n4R4yxSI
将軍池っていまでもあるよね。

5 :優しい名無しさん:04/06/09 23:57 ID:bYObB6te
「『松沢病院外史』読了。日本最初の近代精神病院のエピソード史である。
(中略)また、松沢病院の名物男、芦原将軍(躁病による妄想狂)についても、人名辞典で調べてもわからず、
知りたく思っていたのだが、戒名までわかって楽しかった(至天院高風談玄居士)。
もっと楽しかったのは、昭和九年に作られた「松沢音頭」という松沢病院の病院歌(?)のような歌である。
♪ハァー、ここは日の本、アリャセ 松沢病院、ヤットノサ、アリャ、ヤットノサ
  辛い浮世で、辛い浮世で、傷めたる病める心の、エーエ、病める心の安息所
  ソレ、シャンシャンシャンと来て シャンと踊れ、サテ、シャンと踊れ
というもので五番まである。
(中略)松沢病院では、秋に恒例の患者大運動会というものがあったそうだ。
芦原将軍が大礼服を着用し、馬車で場内を一周する頃、運動会は最高に盛り上がりを見せ、
やがてそろいのユカタの患者たちが一斉に「松沢音頭」を踊りくるうのだという。
ユートピアというものは、なんかこういうものではないかという気が私にはする。」

呉智英・著『バカにつける薬』より

6 ::04/06/10 00:02 ID:VgFNkUmu
私が知っているのはこのくらいです。
1-3は某所からの引用。5は手元にあった本から書き起こしました。
『松沢病院外史』を読みたいのですが、現在絶版で図書館をあたってもみつかりません。
芦原将軍や松沢病院について詳しい方、なにか情報ありましたら宜しくお願いします。

>>4
松沢病院の近くにあるんですか?芦原将軍が由来?

7 :優しい名無しさん:04/06/10 00:08 ID:qZyDGTF5
松沢病院は家の近所。
数年前に一泊だけ入院した事あるけど芦原将軍というのは初耳です。

8 :◆rsuC8WZ1hE :04/06/10 00:17 ID:iDR1V7jZ
(-人-) ナム

9 ::04/06/10 00:18 ID:VgFNkUmu
>>7
へぇ。ご近所ですか。
芦原将軍については筒井康隆の『将軍が目醒めた時』という作品がおすすめです。
おそらく、作者の創作も随分入っているでしょうが、芦原将軍がどんな人だったかがわかります。
文庫でもでているので古本屋などに行くとかなりの確率で手に入ります。


10 :優しい名無しさん:04/06/10 00:38 ID:M8evr9V2
松沢に1ヶ月以上いたけどちぃとも知らんかった。

11 :優しい名無しさん:04/06/14 01:28 ID:mj6PI9Ey
>>6
将軍池というのは病院の敷地の中にあって、
その「将軍」が中心になって土木作業をして作った
といういわれの池です。今でも院内散歩のときには
リラックスできていいスポットです。

12 :優しい名無しさん:04/06/15 13:36 ID:J6bv21AZ
松沢病院っつーと

加賀乙彦の「死刑囚の記録」って本 (中公新書) を思い出す。

内容は死刑囚独特の心理状況のルポって感じ。
かなり興味深く、面白いです。おすすめ。
私は中学生の時に読んでかなり衝撃うけますた。
(あんまりひどい鬱の人は読まない方がいいかも。っつーか読む気力ないか)

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)